視点 :原発事故後の反応



 福島原発事故後の国民の反応をみていると気になることがある。

がれき処理と原発停止に、国民の気になる反応が現れています。

 この気になる兆候は、別の社会・政治問題にも影を落とすことになります。

要点だけ書きます。

がれき処理の受け入れ反対が各地で起きており、震災処理が滞っています。

自治体の首長が前向きであっても、一部住民が反対の狼煙をあげ、マスコミが取り上げ、処理は遅々として進みません。

あれだけ震災後の復興に国民が協力の態度を示したのに。

これには二つの問題が潜んでいます。

一つは、一部の声に皆が迎合してしまう習性にあります。

以前に比べればボランテイアや募金をする人々は増加しています。

一方自然派で、科学や権威を否定するタイプの人々も常に存在します。

色々な意見があっていいのですが、不安や弊害を煽られたりすると、大半の中間的な人々も声高の人に引っ張られる傾向にあります。

良く言えば中庸なのですが、争いを避け、無難な方に寄る結果なのです。

もう一つは、差別を自ら生んでいるのに自覚がないことにあります。

がれき処理の受け入れ反対がなぜ差別行為なのかといぶかるかもしれません。

世の中にある差別の根にあるものは、すべて不確かな根拠による判別にあります。

男女雇用機会均等法が成立する前は、企業内の女性の給与を平気で一律に男性より下げていました。

確かに弁解の余地はあり、女性の方が会社を腰掛けと考えている節が目立ちました。

しかしだからと言って、全員に摘要するのは論外です。

これと同じ理屈、放射能を含む可能性が他の地域よりもあると言うだけで反対するのも同じです。

原発を総べて停止すべきという論調について。

このことは前回の「原発問題の予見」でも触れましたが、反応が極端です。

私もかっては原発に反対でした。技術者の端くれとして絶対安全神話を信じていませんでした。

だが地球温暖化の為に、クリーンエネルギーへの移行期には原発も仕方ない選択だと思うようになっていました。

今回の事故後の世論、おそらくはマスコミの煽りは異常です。

結論は徐々に減らして行くべきです。

設備や労働などの産業経済的損害、停電による不安全状態、急激に実施することの弊害は多々あるでしょう。

確かに原発一基の最悪事故で数十兆円の損害、数万人の死亡も想定されます。

しかし今回の経験を踏まえ、技術的に対処し可否の選択を行えば、何基かは稼働させることが出来るはずです。

ドイツは以前からクリーンエネルギーへの転換を進め、今回の事故を教訓に向こう10年程度の移行期間を想定しています。

 私が危惧するのは冷静な対応を国民が取れない時に、大きな不幸への選択をとってしまうことが歴史的あるのです。

 日本はその傾向が強いのです。この国民の心性についてはいずれ別にとりあげます。

Advertisements
Categories: culture+society, <japanese language, opinion, politics | Tags: , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Alpha Antidote Ministries

The place for new beginnings...

お手紙やさん

mailの時代に手書きのよさを。

birgündemba

işletme yönetimi ve bireysel gelişim üzerine / ON BUSINESS ADMINISTRATION AND SELF - HELP JOURNEY

Le paradis de Noémie

les pieds dans l'eau

Elan Mudrow

The Ridges of Intertextuallity

Yellingrosa's Weblog

Poetry, Visual Arts, Music and IT Tech

鉄のパンツ❤️

国際別居婚 London-Japan

Sai Raj Krishna

Because, every moment of life is a story worth living and sharing!! 😊

Manić Teodora

Jer ono u šta ljudi poveruju, to će vremenom i postati.❤ Because in what people belive, that's who they will become as the time passes by. ❤

Lifetrap

End The Cycle Of Negativity

Growing Pains

This girl still has a lot of growing to do

Inside That Japanese Book

Learning japanese, reading in japanese and taking notes

Instaology

notes from a Swedish amateur photographer © Ulrika Undén

SI SUPIERAS LO QUE PIENSO

Lo que uno desecha otro lo aprovecha

%d bloggers like this: