Misunderstanding of war 8: the Vietnam War 2


 

ベトナム戦争、the Vietnam War

< the Vietnam War, Wikipdeia >

In the Vietnam War, both countries repeated big misunderstanding.

While both leaders started the war and the damage was expanded, why didn’t they notice that?

The heads of that time of the U.S. army and the North Vietnam army gathered in one spot.

This time, we learn the cause from the meeting of the reflection on the war 

 

This meeting was done in 1997, and it was 22 years in postwar days. 

Former Defense Secretary McNamara who advanced the Vietnam War under President Kennedy requested meeting to Vietnam.

Their remark was filled to sincerity.

The contents of this meeting are written to “why did we fight? “.

I make some extract from this book, and introduce. 

ベトナム戦争において両国は大きな誤解を重ねた。

両首脳は戦争を開始し、被害が拡大していく中で、なぜそのことに気がつかなかったのか?

米国軍と北ベトナム軍の当時の首脳が一箇所に集まりました。

今回は、その反省の会議からその原因を学びます。

 

この会議は戦後22年経った97年に行われた。

ケネディ大統領の下でベトナム侵攻を進めたマクナマラ元国防長官がベトナム側に会議を要請した。

彼らの発言は誠意に満ちたものでした。

この会談の内容が「我々はなぜ戦争をしたのか」に書かれています。

私はこの本から抜粋し紹介します

本の表紙、why did we fight? 、我々はなぜ戦争をしたのか

< ”why did we fight? “ >

Situation judgment of those days

Misunderstanding of the U.S.:  If the action of Vietnam is allowed, the communist power will occupy the Indo-China whole region. North Vietnam and Viet Cong do not aim at independence movement. But rather they are manipulated by China, and aim at the communist revolution. 

The opinion of Vietnam: we have fought for our independence for a long time、 and if we lost the independence means a slave. Export of communist revolutions is not considered. We do not desire export of communist revolutions.

Misunderstanding of VietnamThe U.S. refused all of our democratic independent state construction, and supported the unjust puppet government. Although we expected the U.S. at first, it turned out immediately that you were an aggressor.

The opinion of the U.S.: We desire the democracy and have not taken the colonial policy.

The history of the Vietnam War shows that the opinion of both countries is true. After all, the reason for the outbreak of war was perfect misunderstanding. When knowing the partner’s history and society mutually,both countries may be able to read real intention each other . One who knows the Vietnam situation well were not even in the White House of a major nation.

There may be some persons who still believe that communization prevention was attained by that the U.S. soldier died in the Vietnam War. However, it is certain that “misunderstanding” is just a reason for a war start.

 

米の誤解: ベトナムを許せば共産主義勢力がインドシナ全域を占領する。北ベトナムとベトコンは独立運動を目指すのではない。むしろ中国に操られて彼らは共産主義革命を目指している。

ベトナムの主張:長く独立を戦って来ており、負ける事は奴隷を意味する。私達は共産革命の輸出を望んでいない。

ベトナムの誤解: 米国は我々の民主的な独立国家建設をすべて拒み、非道な傀儡政権を支援した。最初、我々は米国に期待していたが、すぐに侵略者だとわかった。

米の主張:我々は民主主義を望んでおり、植民地政策はとっていない。

両国の主張が真実であることはベトナム戦争の歴史が示している。結局、開戦理由は完全な誤解であった。互いに相手の歴史と社会を知っていれば、真意を読み取れる可能性があった。ベトナムの状況をよく知っている者は大国のホワイトハウスにさえいませんでした。

ベトナムでの米兵の戦死者によって、共産化阻止が可能になったとまだ信じる人もいるかもしれない。しかし「誤解」こそが戦争開始の理由であることは間違いありません。

 

マクナマラとケネディー、McNamara and  Kennedy

< McNamara and  Kennedy  >

Some misunderstandings

Misunderstanding of VietnamAlthough Chairman Ho Chi Minh of ours sent the letter which desires friendship to President Tallman in 1945 years, you ignored it

The opinion of the U.S.: We did not know well Vietnam those days. Naturally, Mr. Ho Chi Minh was not known. We did not ignore him. 

Misunderstanding of the U.S.:  We feared communization of Asia very much. Why didn’t you explain more the de-Communization to us?

The opinion of VietnamWe had already fought in the jungle for 15 years. That We know was only France, and didn’t know such a thing. 

Misunderstanding of the U.S.In 1965, the our President couldn’t decide the right or wrong of the war. Then, we carried out to an inspection of Vietnam. Just at the moment, you attacked our main base and about 100 persons died. You indicated, “There is no intention of surrendering against the United States”. Then, we advised the President the bombing-of-North-Vietnam start immediately.

The opinion of Vietnam: One commander dogmatically ordered that attack. Only 30 persons’ unit attacked The South Vietnam army. We did not know that there was an American investigating commission there. It is not a fact 

 

誤解のあれこれ

ベトナムの誤解:我々のホーチミン主席が1945年、トールマン大統領に友好を望む書簡を送ったのに無視した。

米国の主張:我々は当時、ベトナムをよく知らなかった。当然、ホーチミン氏を知らなかった。無視したのではない。

米国の誤解: 我々はアジアの共産化を非常に恐れていた。我々になぜ非共産化を説明しなかったのか。

ベトナムの主張: 私達は以前に15年もジャングルに籠もって闘っていたのです。知っているのはフランスぐらいです。そんなこと知るわけがない 。

米国の誤解: 1965年、大統領は戦争をすべきか迷っていた。それで私達がベトナムの視察に行った。ちょうどその日にあなた方は我々の拠点基地を攻撃し、100名近くが負傷した。あなた方は「アメリカに屈服するつもりなどない」と意志表示した。それで直ちに我々は北爆開始を大統領に進言した。

ベトナムの主張:あの攻撃は、一司令官が独断で命令したものです。たった30人の部隊で南ベトナム軍を攻撃しただけです。我々はそこにアメリカの調査団がいることを知らなかった。それは事実ではありません。

Also after this, much mistakes come out further, each enemy’s intentions are misunderstood mutually, and the unripe diplomatic skill of Vietnam, and a belief of the U.S. that Vietnam is intimate with China.

Without knowing an enemy, each heads began war easily and expanded it.

This meeting brought about the wonderful result. It taught us what is required in order for us not to cause any war.

 

この後も、敵の意図を互いに誤解、ベトナムの外交術の未熟、米国は中国とベトナム親密だとの思いこみ、等がどんどん出て来る。

よくもこれだけ相手を知らないで各首脳は戦争を安易に仕掛け拡大したものだ。

この会談は、確かにすばらしい内容をもたらした。私達が戦争を二度と起こさないようにするためには何が必要かを教えてくれた。

 

 

 

 

 

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: misunderstanding of war | Tags: , , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:毛利太郎(福田泰志 )

日本の萩市&長門市にメシアの民現る!!アーメン(一部女性不可)日本共産党(しんぶん赤旗):何でも手作り作品の「エッセイスト・フクダ」:私は、萩高等学校・関東学院大学の卒業生です。頑張れ萩・至誠館大学。私の、スマートフォンは、Google社のピクセル4です。

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。

V.&V.travel

Live life with no excuses, travel with no regret.

%d bloggers like this: