何か変ですよ26: 憧れだった曾野綾子さま


 曾野綾子

< 曾野綾子 >

 

私はかつて彼女の美貌と著作に魅せられました。

彼女の作品に溢れる温かさと慧眼に惹かれた。

しかし私は、いつしかむなしさを感じるようになった。

「出産したらお辞めなさい」で、ついにその思いは確定的となりました。

彼女の影響が大きいだけに、何が問題なのかを記します。

 

私は彼女の紀行文や随筆を読んだことがありました。

若い頃、その著書から安らぎを得たこともありました。

しかしその後、マスコミに散見する彼女の言動には違和感を持ちました。

 

ある時、彼女の中東を巡る紀行文を読んでいたら、ユダヤ人を小馬鹿にする文に出会いました。

それは、彼女が強固なカトリック信者だと認識した瞬間でした。

 

笹川良一

< 笹川良一 >

 

 

かつて、日本財団の講演を企業の動員で聞かされたことがありました。

その講師は、日本文化を賞賛するあまり、他国の歴史や文化を稚拙に矮小化していた。

彼は立派な学歴があったが、数カ所だけ実にお粗末な内容でした。

もっとも、参加者は、その問題に気づいてはいないようでした。

この財団は右翼のドン、競艇の笹川氏によって創立され、その会長が曾野綾子氏だったのです。

 

彼女は「日本文化や歴史の尊厳を傷つける者、汚点を指摘する者」に反対する勢力の代表だったのです。

女性の労働力

< 先進国との差は歴然。復職だけでなく待遇、所得、人権の問題もあります。 >

 

何が問題なのか?

保守と革新、右翼と左翼の両方があってこそ、世の中は釣り合っています。

だからこそ、読者には是非とも注意してもらいたい。

社会を見る目、社会の実情を知る姿勢を放棄してはならない。

往々にして、一方に偏る人は、感情に流され実証的に判断することに弱い。

今回の発言に関わる状況、産休後の復帰困難さ、シングルマザーの困窮、人口減少などの実情を知れば、今回の愚かな発言はなかったでしょう。

私達は、安易、安逸に流されてはならない。

辛口の社会学者上野千鶴子氏の言説を参考にするのも手です。

 

上野千鶴子

< 上野千鶴子 >

 

幸い、世論が曾野氏の発言に否定的だったことが救いです。

 

 

 

 

Advertisements
Categories: <japanese language, opinion, Series: Something is strange | Tags: , , | 5 Comments

Post navigation

5 thoughts on “何か変ですよ26: 憧れだった曾野綾子さま

  1. お早うございます(*^_^*)
    色んな勉強をさせて戴きました。
    有難うございました。

  2. Happy October, my friend!

    May this month be a wonderful and inspiring one for you and your loved ones!

    Take care and be well, always~ Cheers!! 😀

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

Sajeda Amro view

My own view of the world (even though I have no balcony) as a Palestinian girl

Jay Colby

Life, Inspiration & Motivation

Nigar zindani

Imagining hoping believeing makes unreal so real..

Top Ruby on Rails ebooks

No two persons ever read the same book. –Edmund Wilson

Genç Yazarlar Klübü

Edebiyatı tüccarlardan alıp,halka vereceğiz.

Dishdessert

Cooking for everyone (La cuisine pour tout le monde)

angelalimaq

food, travel and musings of a TV presenter.

P(dot)TRAVELS

Can poverty travel? Or is it reserved for the privileged? We're undecided, but possibly you could help us decide.

psychologistmimi

Food, Road Trips & Notes from the Non-Profit Underground

Learn Fun Facts

An Archive of Curious Facts for the Curious

anggelinamenulis

Alive and Have Dreams

Orbis Marketing

Orbis Marketing, The Smart Choice

Tales of a Curious mind

Words are wild -To tame WORDS is to master LIFE!

We're the Travelers

Travel Magazine of beginner writers - by Traveller Dave

Natalie Breuer

Natalie. Writer. Photographer. Etc.

justifiedecstasy

Love beckons,WILL YOU ANSWER THE CALL?Here's to love, this is why i write

Atropa Belladonna Von Coup

reader , writer , poet , person

%d bloggers like this: