A separation from the carp


carp

< 1. left is the red carp, center is big white carp, right is red and black-dappled small carp, photo from October,2011 >

 

Today, I would like to talk about slightly lonely story that I obtained a good lesson by.

It began from keeping some goldfishes and some carps together.

 

今日は、少し寂しくて、教訓を得た鯉の話をします。

それは金魚と鯉を一緒に飼うことから始まりました。

 

carp and goldfish 

< 2. left is big goldfish, right are three young carps, photo from October,2011 >

 

The beginning of it

My wife has brought some young goldfishes.

After several years from when I began to keep it with an aquarium, only red goldfish survived and grew big.

The red goldfish has pursued other goldfishes and is evil and has vitality.

 

Around Five years ago, because she got three young carps, I decided to keep it with two aquariums separately.

Before long, the largest white carp grew until over 20 cm, had the glittering silver beauty, and became larger than the red goldfish.

 

 

ことの始まり

妻が金魚の稚魚を数匹持って帰って来ました。

水槽で飼い始めて数年経つと、赤い金魚だけが一匹生き残り、大きくなりました。

赤い金魚は他の金魚を追いかける性悪で生命力のある金魚でした。

 

5年ほど前、鯉の稚魚を三匹貰いましたので、二つの水槽で別々に飼うことにしました。

やがて一番大きい白い鯉は20cmを越えるまで成長し、銀色に照り輝く美しさがあり、赤い金魚よりも大きくなっていました。

 

Then, I bought an aquarium of 60cm and put into it the three carps and the red goldfish together daringly.

Before long, the red goldfish came to occasionally pursue the white carp.

One day, the white carp had been floating.

Since then, red and black-dappled small carp came to be pursued by the red goldfish and died.

 

Therefore I released the red goldfish to the big pond one year ago.

 

 

そこで60cmの水槽を買い、思い切って三匹の鯉と赤い金魚を一緒に入れました。

やがて赤い金魚が白い鯉をときおり追いかけるようになりました。

私は、それを見つけると水槽に長い箸を入れ、赤い金魚を追い払うことまでしました。

しかし、ある日、白い鯉は浮いていました。

その後、一番小さな赤黒の鯉が赤い金魚に追われるようになり、やがて死にました。

 

そこで、1年前、赤い金魚を大きな池に放ちました。

 

red carp

< 3. The red carp surviving till the last, photo from September, 2014 >

 

The red carp survived in solitude grew up to near 30cm, and then the aquarium became small.

A few days ago, I released the red carp to the pond in my walking course.

I am looking in the pond for meeting the carp every day, but I cannot meet.

However, the carp seems to be living healthily.

 

残った赤い鯉は一匹ですくすくと成長し30cm近くになり、水槽が手狭になりました。

数日前、この鯉を私の散歩道にある池に放ちました。

毎日、姿を見たくて池を覗きますが、会うことはかないません。

しかし、どうやら元気に暮らしているようです。

 

What the red carp taught me

When the red goldfish clung to these carps, the white carp was the most sensitive and escaped.

On the other hand, the second biggest red carp hardly moved, even if the red goldfish clung to it.

In light of the situation of two dead carps, I found that the super-sensitive response by fearing and hating would ruin itself.

I disliked the red goldfish and had feeling of the pity to the white carp, but I got over it.

 

In this way, many goldfishes and carps went away from my side.

 

 

鯉が教えてくれたこと

赤い金魚が鯉達にまとわりつくと、白い鯉が一番、過敏に逃げていました。

一方で、二番目に大きな赤い鯉は、金魚が寄って来ても、ほとんど動きませんでした。

二匹の死んだ鯉を見ていると、怖がったり嫌がったりして過敏な反応することは身を滅ぼすことになると気づかされました。

私は赤い金魚が嫌いで、白い鯉に憐憫の情を抱いていましたが、吹っ切れるものがありました。

 

こうして多くの金魚と鯉が私の側から去っていくことになりました。

 

 

 

 

Categories: essay, <english language, <japanese language | Tags: , | 4 Comments

Post navigation

4 thoughts on “A separation from the carp

  1. wakasahs15th

    こんばんは(*^_^*)
    小説の物語の様な話しです。
    やはり鯉ですね。30cmにもなれば水槽ではどうにもなりません。
    我が家にも金魚がいますが随分、成長のスピードが違います。

    • 鯉の成長が早くて驚きました。水槽で飼うのは無理がありますね。今回、長期に旅行するため、手放しました。

  2. 金魚ってどうしても追い掛け回しますね。
    うちでも一匹が他を追いかけまわして、皆旅立ってしまいました。
    それ以来金魚は飼っていません。
    一匹の金魚を飼っているときは良かったのに、一匹じゃ寂しいだろうと思って仲間を入れるとどちらかがいなくなるって、自然界の摂理かどうかは分かりませんが、生き物を飼うのは難しいですね。

    • あいりがとうございます。そうですか同じなんですね。少し罪悪感が軽くなりました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:毛利太郎(福田泰志 )

日本の萩市&長門市にメシアの民現る!!アーメン(一部女性不可)日本共産党(しんぶん赤旗):何でも手作り作品の「エッセイスト・フクダ」:私は、萩高等学校・関東学院大学の卒業生です。頑張れ萩・至誠館大学。私の、スマートフォンは、Google社のピクセル4です。

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。

V.&V.travel

Live life with no excuses, travel with no regret.

%d bloggers like this: