Capital of Piketty 25: a difficile mentality hiding in our mind 3


1

ピケティの資本論 25: 私達の心に潜む厄介な心理 3 

 

< graph1. a income change of each income class of Japan, by “Capital in Twenty-First Century”>

< グラフ1.日本の所得階層別の所得推移、by「The World Top Incomeがs Database」>

 

Last time, we look at the situation of income disparity of the U.S.

This time, we confirm how the income disparity progress for the middle class of Japan.

 

前回、米国の所得格差の状況を見ました。

今回は、日本の中間層にとって所得格差はどれほど進行しているかを確認します。

 

Explanation about graph 1

Each income classes were sorted in each range 0.01, 0.1, 0.5, 1, 5, 10% from the highest rank, and in 90% from the lowest rank.

The average income of these classes in 1980 becomes 100 respectively.

The income of the low class (red line) to account for 90% of the population decreases 19% over the entire period.

In contrast, the income of the upper class from 0.01% to 10% increases in all, and the income of the top class 0.01% increases to 72%.

This tendency is similar to the U.S. that I examined last time.

 

 

グラフ1の解説

所得階層を上位から0.01、0.1、0.5、1、5、10%、また下位から90%に分けている。

1980年の平均所得をそれぞれ100としている。

人口の90%を占める下位90%(赤線)の所得が全期間で19%低下している。

逆に、上位0.01%から10%の所得は総べて増加し、最上位層0.01%に至っては72%増加している。

この傾向は前回検討した米国と同様です。

 

Then what is happening to the Japanese middle class?

それでは日本の中間層はどうなっているのだろうか

 

2

< graph 2. these are used from some HP >

< グラフ2. 様々なHPより借用したグラフ >

Explanation: these three graphs show the income decline or disparity of Japan.

But, I cannot get a whole image of the disparity by these graphs.

 

In the lowest graph, I can understand a whole image a little because the population’s change of each class is clear.

Explanatory note of the lowest graph

Income class ————- A line of graph —— Annual income range

the most poor class——black line————- less than 1 million yen

poor class ——————red dash line——– 1 – 2 million yen

lower class —————–green line————-2 – 4 million yen

middle class —————blue dash line——–4 – 8 million yen

upper class —————-purple line ————8 – 15 million yen

wealthy class ————-pink dash line ——-more than 15 million yen

 

According to this graph, we can know that the lower class and the middle class have a lot of the population.

Furthermore, a decrease in the population being more than the middle class is balanced by an increase in the population being less than the lower class.

This shows a possibility that each higher income class is falling to lower class in sequence.

 

 

解説: この三つのグラフは日本の所得低下や格差を示すものです。

しかし今一つ、格差の全体像が見えて来ません。

 

一番下のグラフは階層毎の人口がわかるので少し全体像が見えます。

一番下のグラフの凡例

所得階層       グラフの線       所得範囲

最貧困層    黒実線          年収100万円未満

貧困層      赤破線   年収100万円以上200万円未満

下流階層    緑実線    年収200万円以上400万円未満

中流階層    青破線    年収400万円以上800万円未満

上流階層    紫実線   年収800万円以上1500万円未満

富裕階層       ピンク破線         年収1500万円以上

 

これによると下流階層と中流階層の人口が最も多いことがわかります。

さらに、中流階層以上の人口減少分が下流階層以下の人口増と釣り合っている。

このことは上位所得層が次々に下位へと没落している可能性を示す。

 

How is the actual situation of the disparity?

I made the following chart using two data of National Tax Agency.

Annotation 1.

 

格差の実態は如何に

私が国税庁のデーター「1年勤続者の給与階級別給与所得者数」「1年勤続者の給与階級別平均給与」を使って下記のグラフを作成しました。注意1

 

 3b

< graph 3. average income change of each income class that is one fifth of population >

< グラフ3. 給与階層20%毎の平均給与推移 >

Explanation: These incomes of 1980 become 100 respectively.

Top class is the 5th quintile (blue line), and bottom class is 1st quintile (red line).

The average income of each class in 1995 and 2013, and the drop rate are written in the explanatory note of this graph.

 

An obvious trend of the graph is the income drop of the 2nd quintile (pink line) is more than the 1st quintile (red line).

One of the reasons is because the data limited by longtime employees more than one year.

Annotation 1.

 

But, just like the U.S., the top class is remarkable about the recovery among all drop trends.

As for other class, the income drop trend becomes rapid along with class’s falling.

Japanese middle class (the 3rd and 4th quintile) is not yet as bad as the United States, but the drop of the 2nd quintile suggests the future.

 

解説: 1995年を100としています。

最上位層は第5分位(紺線)、最下位層は第1分位(赤線)です。

グラフ横の凡例に、各階層の1995年と2013年の平均所得と、その騰落率を記しています。

 

このグラフで目につくことは、第2分位(ピンク線)の所得低下が第1分位より大きいことです。

これはデーターが1年以上の勤続者に限定していることが大きく、すべてを対象にすれば妥当なグラフになるでしょう。注意2.

しかし、ここでも米国と同様に、全体に低下傾向の中、最上位層は回復が顕著で、階層が下るにつれ、低下は歴然としています。

日本の中間層(第3、4分位)はまだ米国ほどには酷くないが、第2分位の低下が行く末を暗示している。

 

Summary

Currently, the Japanese middle class has not a crisis mentality so much as the American middle class.

But Japan is approaching the American style of finance, economy and tax rapidly now.

Therefore, our middle class will be forced to fall during disparity that is spreading.

If the disparity becomes any serious, does wise middle class feel a crisis mentality?

 

This continues as another theme next time.

 

まとめ

現状では、日本の中間層は米国の中間層ほどには危機感を持たないだろう。

しかし、日本は今、米国流の金融、経済、税制に急速に近づきつつある。

したがって、やがて格差が開いて行く中で、中間層も没落を余儀なくされるだろう。

賢明な中間層は、どのぐらい格差が深刻になれば危機感を持つことになるのだろうか?

 

次回、別のテーマで続きます。

 

 

注意1: 全給与所得者を毎年、5分割する為に一部の数値を補間計算しています。

またインフレ分を控除し実質所得に修正しています。

 

ここで不思議なことに気づきました。

私はインターネットで最適なグラフを探したのですが見つかりませんでした。

不思議なことに、海外の格差を示すグラフにはわかり易いものがあるのですが、日本の格差用には皆無なのです。

日本政府がそれを隠しているとは思いませんが、残念です。

ピケティは、格差の問題意識が低い国はデーターに不備があると指摘しています。

 

注意2: 不定期のアルバイトなどを算定すれば第1分位の年間所得はもっと低くなる。しかし下落率は、米国に比べ大きくない可能性があります。

それは米国の最低賃金が実質低下しているが、日本は上昇しているからです。

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, politics, series: Capital of Piketty | Tags: , , , , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

wanderlustplusone

Blog about the fun of travelling with children to weird and wonderful places across the world.

Musings of PuppyDoc

Poetry Behind a White Coat

Aotea Media

Photography | Promotion | Social Media | Creative Concepts | Graphic Design | Marketing | Video production | Video Marketing

Cradle of Joy

Food, Reviews and much more

Azzalea Arsyidna

Jika Kau Sedih Tersenyumlah dan Jika Kau Bahagia Tertawalah "AISHI-B217AN"

太郎

政治 風景 映画 芸能 有名人 ニュース 健康 医療 文化 放射能 中高年

Life in Minutes

Living in the moment

Indian e Tourist Visa

e tourist visa for India, ETV India, Urgent Tourist Visa for India, Visa online, e-Tourist Visa process

createdbymeggan

Writings - Crafts -Photography - Party Planning and more...

go_be_adventurous

let's capture life.

Motivations & LifeStyle Cave

motivational, Godly writer&Lifestyle Blog

inte fan gör det det

Alla säger:det ordnar sig....inte fan gör det det..

%d bloggers like this: