桂林を訪れました 8: 桂林の歴史


    1 桂林 

 

<1.桂林。借用 >

 

今回、桂林の歴史を簡単に紹介します。

後で、少数民族の村や漓江沿いの古い町を紹介します。

私達が良く知っている人物や出来事が、ここ桂林と深く関わっていました。

 

 

この地は神話時代から始まる

 

 2 ヤオ族2

< 2. 瑶族と「丹水浦の戦い」 >

凡例:赤い印が丹水浦。青丸が桂林。赤の矢印が黄河勢。緑の矢印が長江勢。

 

紀元前1万年頃、長江中流域で最初に勢力を持った民族が生まれていたが、後に漢民族となる勢力が黄河中流域で拡大していた。

そして両勢力は黄河と長江の間にある丹水浦(紀元前4000年頃)で戦い、敗れた長江勢は主に南下した。(神話)

その後の民族移動は概ねこのパターンを繰り返すことになる。

そして多くの少数民族と神話が分散していった。

 

雲南の苗族(ミャオ)が良く知られていますが、今回私達が訪問するのは桂林近くの瑶族(ヤオ)です。

この瑶族が創世神である盤古(バンコ)を信仰していることが面白い。

 

 

秦の始皇帝が開いた航路

 

3 運河

< 3.地図の赤い線が霊渠 >

 

 

天下統一を成す始皇帝は、紀元前221年、南越征服の為に漓江に33kmの運河(霊渠)を築いた。

水門で水位を調節する画期的な運河によって、長江(湘江)と南シナ海(珠江)が水運で繋がった。

これにより、西安や北京、上海と結ばれた広州と、その中継地である桂林も発展することになる。

 

 

諸葛孔明南征す

 

4 三国志2

< 4. 諸葛孔明と三国時代の勢力図(AD220年) >

凡例:赤枠は桂林のあった霊陵郡を示す。

 

2~3世紀、蜀(茶色)、魏(緑色)、呉(クリーム色)の三国が覇権を争った。

三国志に登場する蜀の宰相諸葛孔明が桂林と関わりがある。

短い期間だが、蜀は荊州(灰色)を有し孔明が所轄した。

また225年、孔明は反乱を収める為、雲南方面を攻め、桂林近くまで来ている。

当時、この地は蛮族の住む地域とされていたが、勢力圏でもあった。

 

 

鑑真は桂林に身を寄せた

 

5 鑑真2

< 5. 鑑真和上の渡航ルート >

凡例: 赤丸が桂林、二つの青丸が第5回行路の出発地と漂流地を示す。

 

8世紀、唐の高僧鑑真は請われて仏教の戒律を日本に伝えようとした。

しかし彼は幾度も渡航を試みるが失敗していた。

5回目、彼は日本に向けて長江の港(揚州)から出発したが暴風にあい、遙か南の海南島に漂流した。

彼は初め、漓江経由(前述の霊渠)で長江に出るつもりだったが、桂林の都督に請われ1年間滞在した。

この地は仏教が盛んだった。

その後、彼は弟子の日本僧が死んだことにより広州に戻り、揚州に向かいます。

その途中、彼は失明しますが、再度、日本に向けて出港し、念願を果たし日本で没した。

 

後に紹介する大墟古鎮はそんな漓江で栄えた町です。

 

 

日本軍は中国奥深くまで侵攻した

 

6 作戦 

< 6. 大陸打通作戦、1944年4月から12月 >

凡例: 青矢印が桂林を示す。

 

日中戦争末期、米軍による海上封鎖と本土空襲が迫るなか、日本軍は南方資源確保と米軍航空基地の破壊を目指した。

この時、日本軍は兵力50万(中国派遣軍の8割)を投入し、2400kmを南下し制圧したが、米国は太平洋からの空爆に変更したので作戦は無駄になった。

この時、桂林は両軍により二度焼き払われることになった。

 

あとがき

遠い桂林だが、日本と無縁では無かった。

一つ面白い話がある。

この地域にかつて勇猛な部族がいて、倭寇退治に駆り出されたそうです。

以前、私が福建省の客家土楼を訪ねた時、倭寇が山奥まで侵入していたことを知って驚いたことがあった。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

Advertisements
Categories: history+evolution, <japanese language, Series: I visited Guilin | Tags: , , , , , | 2 Comments

Post navigation

2 thoughts on “桂林を訪れました 8: 桂林の歴史

  1. トップの画像は凄く幻想的です(^_-)-☆

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

Dishdessert

Cooking for everyone (La cuisine pour tout le monde)

angelalimaq

food, travel and musings of a TV presenter.

P(dot)TRAVELS

Can poverty travel? Or is it reserved for the privileged? We're undecided, but possibly you could help us decide.

psychologistmimi

Food, Road Trips & Notes from the Non-Profit Underground

Learn Fun Facts

An Archive of Curious Facts for the Curious

anggelinamenulis

Alive and Have Dreams

Orbis Marketing

Orbis Marketing, The Smart Choice

Tales of a Curious mind

Words are wild -To tame WORDS is to master LIFE!

We're the Travelers

Travel Magazine of beginner writers - by traveller dave

Natalie Breuer

Natalie. Writer. Photographer. Etc.

justifiedecstasy

Love beckons,WILL YOU ANSWER THE CALL?Here's to love, this is why i write

Atropa Belladonna Von Coup

reader , writer , poet , person

meatjoeblack.wordpress.com/

“Anybody can make you enjoy the first bite of a dish, but only a real chef can make you enjoy the last.”

Through Open Lens

Home of Lukas Kondraciuk Photography

When Am With You... Whitney Ibe Blog!

Inspirational,Motivational, Lifestyle, Daily Living, Positivity, Religion

%d bloggers like this: