桂林を訪れました 13: 龍脊棚田 3


1

*1

 

今日は、ヤオ族の村を歩きます。

 

2

< 2. 村を行く >

 

私たちは民家を抜けて、もっと上にある村を目指して歩き始めた。

ここに掲載している写真は12:24から12:39に撮影したものです。

 

 

3

< 3. 村の門 >

 

多くの民家が集合しているが、上下で村が幾つかに分かれている。

これは、これから登っていく村の門で、風水にかなっているそうです。

この門は清時代の1883年に、繁栄と魔除を願って村人300人が運んで来て造ったものです。

扉の左の武将の胸に陰陽を表す太極図が彫られている。

私は、念願の道教との関連物をやっと見つけることが出来た。

 

 

4 (2)

<4.橋の風情 >

 

村人の写真は、ガイドさんが相手に了解をとってから撮影しています。

昼の休憩で、村人が談笑しているのでしょうか。

近くのトン族は橋を共有の建物として壮麗に作るが、ここでも屋根付の憩いの場として使っていた。

 

 

5

< 5. 人々 >

 

この写真以外にも見かけたのですが、昼でも多くの女性は共同で働いていた。

頭のタオルはヤオ族の習俗のようです。

ここでも高齢化が進んでいる。

 

 

6

< 6. 暮らし >

 

石の門扉のあった村の最上部に来ました。

上の写真: 村の中央を流れる川の上流に共同の洗い場が見えます。

その川の下流では数羽の鶏が、村人の流した残飯などをついばんでいる。

 

下の写真: 洗い場です。

ちょうど二人の女性が洗濯をしている。

右の屋根は杵つき小屋です。

 

7

< 7. 村の利器 >

上の写真: 洗い場。

右側に竜の形をした流水口が見える。

 

左下の写真: 杵つき小屋。

杵の後ろの容器に流水が溜まると杵が跳ね上がり上下運動を繰り返す。

昔はここで穀物を粉砕していたが、今は使っていない。

右下の写真: 民家の床下の水車。

 

 

次回は、ヤオ族の村の最後の紹介です。

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: I visited Guilin, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Post navigation

2 thoughts on “桂林を訪れました 13: 龍脊棚田 3

  1. wakasahs15th

    ここでも高齢化ですか。若者は都会へ出て行くんですね(^^)/

    • 多くの文化伝統を見に行こうとしたら、観光化していても過疎が進んでいました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市&長門市三隅にイエス様現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐ひとみ、と、林哲也、を支援します。(一服タイムの文学者:労働者の皆様へ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

%d bloggers like this: