南信州を訪ねて 4: 満蒙開拓平和記念館


 

 1

< 1.満蒙開拓平和記念館  >

 

今日は、満蒙開拓平和記念館を紹介します。

念願かなって、満州移民の実情を知ることが出来たことは幸いでした。

   

満蒙開拓平和記念館について

http://www.manmoukinenkan.com

 

満州移民の実態がわかりやすく展示されています。

また全国で、この種の展示はここだけですので、非常に貴重です。

私達が訪問した時は、多くの人が来ておられました。

 

しかしこの場所はわかりにくいので注意してください。

 

 

2

< 2.阿智村と満州 >

上の地図: 赤丸が阿智村、赤枠がかっての満州、満蒙開拓団の地です。

 

下の図: 県別の開拓移民数。

全国の開拓移民数27万人に対し、長野県は断トツに多かった。

長野県は満蒙開拓青少年義勇軍10万人でも、最大の送り手だった。

 

 

3

< 3.満蒙開拓民の現実 >

この3枚の写真は満州の記録写真です。

館内は撮影が出来ませんので、HPから転載しました。

 

上の写真: 記念館の入場券。

中央の写真: 16~19歳の青少年からなる満蒙開拓青少年義勇軍。

下の写真: 記念館内の展示。

 

  

 4

< 4. 満蒙開拓平和祈念館  >

 

館内は大きくないが、要点を絞ってわかりやすく展示している。

また、学芸員が質問に丁寧に答えてくれ、多くの疑問が解消した。

 

展示内容

*満州移民の歴史

*満州での開拓団の映像

*入植地図や満州の生活。

*敗戦と逃避行。

*引揚げと再出発。

*引揚げ者のコメントと証言ビデオ。

*中国残留孤児と帰国支援事業。

など

 

 

 5

< 5. 満蒙開拓のポスター >

 

参考に、当時の満蒙開拓民募集のポスター。

 

 

 6

< 6. 満蒙開拓民の所在地 >

 

参考に、当時の開拓民の所在地。

 

 

満蒙開拓平和記念館に思う

満蒙開拓は満州事変と共に始まり、農民は国の移民奨励を疑わず希望を抱き海を渡った。

しかし、現実の暮らしは劣悪で、その本当の狙いは軍主導による人間の盾でした。

農民はそれを奥地への配置と敗戦時の置き去りで身をもって知ることになった。

そして長野県の未帰還者は49%に上りました。

その後の引揚げも遅々として進まず、さらに引揚げ者の多くは故郷に帰れず、全国各地の未耕作地に割り当てられた。

 

さらに二つの事実も忘れてはならないでしょう。

それは当時の長野県の自治体と教育者が積極的に移民に関与したこと、満州の中国人がさらに過酷な目にあったことです。

ここで不思議に思うのは、長野県は社会運動が盛んな土地柄でしたが、治安維持法などで反戦派が潰されると、対立する好戦派が攻勢に出た感があることです。

 

ここが開館したのは最近の2013年で、民間施設では日本ではここだけです。

なぜなのか?

それはこの地が長野県でも最大の移民者を出し、悲哀を味わったこともあります。

しかしそれだけではありません。

現在、「戦争する国」の悲劇を伝える語り部、引揚げ者の高齢化が進んでいます。

この地の人々は危機感を持って平和と中国友好に向けて行動したのです。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Advertisements
Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, opinion, Series: visited a southern part of the Shinshu region, travel+photo | Tags: , , | 4 Comments

Post navigation

4 thoughts on “南信州を訪ねて 4: 満蒙開拓平和記念館

  1. 長野県からの中国北東部への開拓団は多かったようですね(^_-)-☆

    • 私がこのことを知ったのは少し前で、ドキュメンタリーを見てでした。
      コメントありがとうございました。

  2. 長野県は私の生まれ育った場所です。
    もう少し生まれる年が早かったら、自分も少年開拓民として送りだされていたかもしれない年代です。
    戦後に引き上げてくることが出来た人達も、八ヶ岳の中腹で未開発の山林に送りこまれて大変な苦労をしていました。
    その子供達と学校が一緒でしたので、彼らの生活の大変さを子供心にも強く感じました。
    それでも帰って来られた人は幸せで、現地で亡くなったり、行方不明になった人達がたくさんいることを身近に聞いていました。

    • そうですか。私が満州からの引揚げ者の悲哀を直接聞いたのは、大学時代に八甲田山に行った時に、温泉で出会った人がそうだったからです。
      コメントありがとうございました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

HEALTHY LIFESTYLE

I CAN'T CONTROL EVERYTHING IN MY LIFE, BUT I CAN CONTROL WHAT I PUT IN MY BODY.😎🍓🍍🍇🍑🍐🍉🍈🍏🍊🍋🍅🍎🍌🍠🍢🍥

bochonok-ot-SAV

С миру по нитке

The Essence Within

Glorious both in spirit and in the letter

@DG

`Fashion |Lifestyle |Beauty`

The Flying Tofu

Japan . Travel . Food

趣パリ探訪

もっと、もっとパリに恋する旅

Japan Oblong

Expats in Japan

blogcuyazar

Kalemin İzi, Gönlün İzidir...

Alpha Antidote Ministries

The place for new beginnings...

お手紙やさん

mailの時代に手書きのよさを。

birgündemba

MBA , bireysel gelişim ve sınırsız düşünme / MBA , self help and thinking limitless

Le paradis de Noémie

les pieds dans l'eau

Elan Mudrow

The Ridges of Intertextuallity

Yellingrosa's Weblog

Poetry, Visual Arts, Music and IT Tech

鉄のパンツ❤️

国際別居婚 London-Japan

%d bloggers like this: