ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 31: ワルシャワ1


 

 1dscf8438-2

*1

 

今日から、最後の訪問地、ポーランドの首都ワルシャワを紹介します。

訪れたのは2016年10月4日で、快晴に恵まれました。

今日、紹介するのは早朝の街歩きです。

 

はじめに

夜の明けやらぬ朝、一人で旧市街に向けて歩き始めました。

道に迷いながら約1時間半ほど歩き回り、やっとの思いでホテルに戻りました。

既に出発時刻は迫り、朝食抜きで最後のホテルを去りました。

朝は雲が覆っていたのですが、徐々に快晴となり、昼には素晴らしい観光日和となりました。

写真は撮影順に並んでいます。

 

 

 

 

2

< 2. ホテルを出発 >

 

ホテル「ソフィテル・ビクトリア」を出発し、前の「ピウスツキ元帥広場」を通り抜け、北側を目指しました。

 

上の写真: 左手(西側)の森は「サスキ公園」で、その前に光っているのは「無名戦士の墓」です。

 

中央の写真: 広場の東側。

 

下の写真: 「無名戦士の墓」。

この建物に近づくと、中央にある灯火を二人の衛兵が不動の姿勢で守っていました。

朝は寒く、風が吹き抜けていました。

ご苦労様です!

 

 

 

 3

< 3. 広場を後にして >

 

上の写真: 「サスキ公園」を少し覗いて、ビルの谷間に向かった。

この公園を抜ける時、数人のテレビクルーが立っており、「旧市街はどちらですか?」と聞くと一人が指差してくれた。

 

中央の写真: 国立オぺラ劇場の前を通る。

 

下の写真: 「Miodowa」通りを進む。

ここは高架になっており、右手はかつての宮殿「Branicki Palace Pałac Branickich」で、この下は線路と車道になっている。

 

 

 

 4

< 4.教会 >

 

私はワルシャワ蜂起記念碑の前に来て、右手(東側)に曲がった。

どうやら旧市街に近づいたような気がする。

 

上の写真: 「 Dluga」通りに面している教会「Field Cathedral of the Polish Army」。

 

下の写真: 「Dluga」通りを突き当たった所にある教会「Kościół Dominikanów pw. św. Jacka」。

 

 

 

 

 

 5

< 5. 旧市街がわからない >

 

ここらまで来て、旧市街がどこか分からなくなった。

私には旧市街の雰囲気に思えるのだが。

出勤途上の数人に声をかけても通じないのか、それぞれ指の差す方向が腑に落ちない。

 

上の写真: 「Kościół Sakramentek pw. św. Kazimierza」カトリック教会。

ここは新市街広場でした。

 

中央の写真: 「Church of the Visitation of the Blessed Virgin Mary」教会。

15世紀初頭に建てられた、ゴシック建築では最も古い建物の一つです。

 

ここで行き過ぎたと判断し来た道を戻り、真っすぐ南下した。

 

下の写真: やっと城壁らしいものが見えた。

中央に見える茶色のレンガ積みの門が「Barbakan Warszawski」です。

あれをくぐると、旧市街に入ります。

 

 

 

 

 

 

 6

< 6. 旧市街の市場広場 >

 

上の写真: 先ほどの門を抜けて、城壁内側の右手を見た。

 

下の写真: 旧市街の市場広場。

ライトアップはなく、薄明かりの中で静かに朝を迎える町の風情がありました。

これまで歩いて来て見かけた人は少なく、ほとんどが足早に歩く人でした。

 

 

 

 7

< 7. 聖ヤン大聖堂 >

上の写真: 旧市街の市場広場。

 

下の写真: 聖ヤン大聖堂「Bazylika Archikatedralna」。

14世紀末に建てられもので、ここで多くの皇帝が戴冠式を行っている。

 

 

 8

< 8. 旧王宮 >

 

上の写真: 旧市街の南端にある旧王宮。

 

 

中央の写真: 城壁の外側に沿って歩く。

 

そろそろ帰路に着かなければならないが、何処にいるかわからない。

結局、来た道を戻ることにした。

 

下の写真: 先ほどくぐった「Barbakan Warszawski」が見えて来た。

 

 

 

 9

< 9. 来た道を戻る >

 

下の写真: 「クランシスキ宮殿」が見える。

ここはワルシャワ蜂起記念碑の向かいになる。

 

 

 

 10

< 10. ホテルが見えた >

 

下の写真: 「ピウスツキ元帥広場」に着いた。

右手の森の上に尖塔が小さく見えるのは、スターリン様式の文化科学宮殿です。

巻頭写真はこの建物ので、この写真は前日の夜、雨の中をスーパーまでツアー仲間と行った時に撮影したものです。

 

左手奥に、ホテルがやっと見えた。

張った足を引きずりながら、ホテルに急ぎ、出発には間に合った。

 

写真の説明は帰国後、調べて書いていますが、歩いている時はまったく分からなかった。

旧市街は近くにあり、方向さえ分かっていれば行けると簡単に思っていた。

冷や汗をかいたが、懐かしい思い出になりました。

 

次回に続きます。

 

 

 

Advertisements
Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, <japanese language, travel+photo | Tags: , | 2 Comments

Post navigation

2 thoughts on “ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 31: ワルシャワ1

  1. こんにちは(^^♪
    早朝と言っても暗いうちに出かけられたのですね?知らない土地なのにaquacompass7さんは度胸満点です(^_-)-☆

    • 始め、近いと思ったので安心したのが間違いでした。必死で歩きました。治安は悪くないようでした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

KUSAMER'S

"God Knows I'm Tough Enough"

OpinioniWeb-XYZ

Oltre il bar dello sport: opinioni consapevoli per districarci nel marasma delle mezze verità quotidiane!

The Broad Spectrum Life

Exploring Rhymes, Reasons, and Nuances of Our World

Happiness Between Tails by da-AL

Arts + Cooking + Dancing + Joy + Writing + Tales + Tails

Avni

Religion- Humanity Lord- Karma

五泉市駅前 日の出食堂

日の出食堂的、情報発信と五泉ご当地グルメ『さといも麺』のお話

女の敵は女!35歳以上こじらせ女子からの卒業宣言

アラフォーシングルマザー、独身女性に送る恋愛論

christinamw21

Arts of my path

Syed Abir

“ জীবন মানে অনিশ্চিৎ ভ্রমণ "

Moosmosis

Exploring an Arts & Sciences Education

EXPLORE YOURSELF!

Life is full of experiences. We either get blessings or lessons. Follow your dreams passionately. Stay happy and cheerful. Be an inspiration to everyone you meet.

sandsoftime10

A peek into Megha's mind

Being truth to all..!

Nor happy, not sad...... just tired with what so ever happening with me..... 😣😣😣

BLOGCU YAZAR

KALEMİN İZİ, GÖNLÜN İZİDİR..

unbelsorrisodallitalia.wordpress.com/

意大利旅居記事簿:來自意國的微笑 by Scarlett To

%d bloggers like this: