北欧3ヵ国を訪ねて 8: 憩い愉しむ人々


1DSC03995-1

< 1.コペンハーゲンの運河  >

2018/06/07  Thu. 17:16 撮影

 

 

今日は、北欧のライフスタイルの一端を垣間見ます。

そこから日本には無い生き方や働き方が見えて来ます。

 

 

 

* スウェーデン

 

2

< 2. ストックホルム >

 

上の写真: ストックホルム大学の中庭。2018/06/01 Fri. 14:02 撮影。

 

大学の構内は非常に広く、このような広場はほんの一部にすぎない。

芝生に居るのは多くが若いグル―プでしたが、幼子を連れた父親もおり、様々な人々がここに来て、寛いでいるようです。

 

下の写真: 市内中央にある円形の広場Karlaplan。

2018/06/01 Fri. 16:55分 撮影。

 

老若男女のカップルや家族、または一人でベンチに腰かけていました。

 

 

3

< 3. メーラレン湖 >

 

上の写真: ヨットを楽しむ家族。2018/06/03 Sun. 10:36 撮影。

 

大小様々なボートやカヌーも見ました。

 

 

下の写真: 湖水浴を楽しむ人々。2018/06/03 Sun. 12:09 撮影。

 

泳いでいる人もいたが、日光浴で肌を焼く人が多かったように思う。

 

 

 

4

< 4. カールスタート >

 

上の写真: 河畔の広場で寛ぐ人々。2018/06/04 Mon. 16:45 撮影。

 

 

下の写真: 日光浴を楽しむ若い人々。2018/06/04 Mon. 17:13 撮影。

 

私がここに立っていると、若い女性グループが川にせり出した奥のテラスに行き、やおら服を脱ぎだした。

そしてビキニ姿になり日光浴を始めた。

 

 

皆さん! 撮影の時間を見て頂きたい。

この光景は平日の午後4時を過ぎたばかりなのです。

私がカールスタート駅を降りて町に出たのは午後4時半でした。

しかし町の至る所に市民が溢れ、公園や河畔で市民は寛いでいた。

つまり、4時になると市民は仕事を止め、皆が生活をエンジョイしているのです。

実は、私が34年前に北欧の企業視察を行った時も、5時になると社員たちは突然退社を始めたのです。

この光景が、目の前で再現されており、さらに1時間早いのです。

 

今回の旅行で、この光景は北欧三ヵ国に共通していることがわかりました。

現在、北欧では週33時間労働を目指しています。

つまり週休二日として9時出勤16時退社なのでしょう。

したがって朝8時台、ジョギングやサイクリングに汗を流している人が居ることは何ら不思議ではなかった。

 

翻って日本はどうでしょうか?

 

 

 

* ノルウェー、オスロ

 

 

5

< 5. 湖Sognsvann >

 

上の写真: 自転車で訪れた人。2018/06/05 Tue. 8:41 撮影。

 

 

下の写真: 湖畔をジョギングする人。2018/06/05 Tue. 8:41 撮影。

 

朝、湖に着いた時は非常に寒かった。

訪れたオスロでは、昼には20℃を越えるのですが、朝は5℃以下だったと思います。

冬、ここは雪に覆われ、クロスカントリースキー絶好の地になるのでしょう。

 

 

 

6

< 6. 郊外の島Ulvøyaに掛かる橋 >

 

上の写真: オスロ中心部から5kmほど湾に沿って南下した所にある島Ulvøyaに掛かる橋。

2018/06/05 Tue. 15:05 撮影。

 

下の写真: 橋の上からダイビングを楽しむ若者達。

2018/06/05 Tue. 15:06 撮影。

 

ここでも不思議に思ったのが、「彼らは平日のこの時間になぜここに居られるのか?」と言うことでした。

 

 

7DSC02917-11

< 7. オペラハウスの前 >

 

ギラギラ照りつける陽射しの中で寛ぐ人々。2018/06/05 Tue. 15:44 撮影。

 

湿気が少ないとはいえ、風が無いこの暑さの中、長く座っていることは私には辛い。

しかし、彼女らは太陽の陽射しを歓迎している。

 

 

 

* デンマーク

 

 

8

< 8. ロスキレ >

 

上の写真: 市立公園。2018/06/07 Thu. 13:17 撮影。

 

なぜ学生たちがこの時間に公園で遊んでいるのだろうか?

自然の中で過ごすことが学習課題なのだろうか?

 

 

下の写真: 大聖堂前の広場で寛ぐ市民。

2018/06/07 Thu. 13:44 撮影。

 

団体や観光バスを見かけなかったので、周辺からの訪問者、そしてほとんどが町の人だろう。

北欧三ヵ国で、首都から離れた町を観光していてると、このような光景をよく見た。

様々な町の広場では、市民は平日の午前午後にもかかわらず、このように寛いでいた。

 

 

 

9

< 9. コペンハーゲン、運河クルーズにて >

 

上の写真: 日光浴を楽しむ人々。2018/06/07 Thu. 16:39 撮影。

 

 

下の写真: 運河で泳ぐ子供達。2018/06/07 Thu. 16:42 撮影。

 

 

北欧の人々はなぜこうも太陽の陽射しを求めるのだろうか?

 

北欧の冬、例えばストックホルムの12月で太陽は9時頃に昇り15時頃には沈む。

さらに冬の間、ヨーロッパも含め、空は厚い雲で覆われ続けている。

酷い時は、ストックホルムの最低日照時間は一月十数時間ということもある。

私がかつて11月末に北欧を訪れた時、1週間ぶりに雲間から太陽が覗いた時、ツアー仲間は歓喜の声を上げた。

 

北欧にとって6~8月の陽射しは自然の最高の贈り物なのでしょう。

 

 

 

10

< 10. コペンハーゲン、ヘルシンオア >

 

上の写真: コペンハーゲン、ノアポート駅Nørreport St近くにある植物園。

2018/06/09 Sat. 15:13 撮影。

 

この辺りは王宮、美術館、博物館が多く、コペンハーゲン発祥の地ですが、緑溢れる公園も多い。

多くの人が公園の芝生に座り寛いでいた。

 

 

下の写真: ヘルシンオアの街。2018/06/08 Fri. 16:35 撮影。

 

クロンボー城への観光客は通常、この町中を通らず、港沿いに駅舎間を往復するだけのようです。

したがって町は静かで、市民が寛ぐ午後のひと時になっていた。

 

 

* あとがき

 

皆さんに一番知って頂きたい事は、北欧の人々は労働時間がかくも短く、家族や恋人、友達と日々エンジョイしていることです。

かつ、北欧五ヶ国の国民所得、産業の国際競争力、人間開発指数のランキングは世界でほとんどが上位10番以内、それもトップに並ぶのです。

 

先ずは世界にこのような国があり、自らこの道を切り開いて来たことを知って頂きたい。

この経緯や成功の要因を追い追い説明していくつもりです。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, 連載 北欧3ヵ国を訪ねて, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市にメシアが現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也、を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

%d bloggers like this: