北欧3ヵ国を訪ねて 47: オスロ 6: ヴァイキング船博物館


1dsc02507-1

< 1.ヴァイキング船博物館の入口 >

 

 

今日はヴァイキング船の実物を紹介します。

その巨大さに圧倒されます。

後半で、北欧ヴァイキングについて語ります。

 

 

2

< 2. 博物館まで歩く >

 

ノルウエー民俗博物館からヴァイキング船博物館まで歩きました。

この間、およそ450m、歩いて10分以内です。

 

上: 途中の住宅街。

下: ヴァイキング船博物前の駐車場。

観光バスと観光客で一杯でした。

 

 

* オスロのヴァイキング船博物館について

ここにはオスロ・フィヨルドに面したオーセベリ「Oseberg」、ゴクスタ「Gokstad」、トゥーネ「Tune」で発掘された三隻のヴァイキング船と埋葬品が展示されている。

この発掘地の三ヵ所を写真6の地図に頭文字で示している。

発掘品を修復し展示している。

展示のヴァイキング船越しの壁に、フィヨルドから旅立つ遠征航海の迫力ある映像を上映していた。

 

オーセベリの発掘

834年に、この船と共に女王が古墳に埋葬された。

船はオーク材で出来ており、全長22m、幅5mで、9mほどのマストを持ち、帆を張って航行できた。

左右にオール穴が30あり、漕ぐことも出来た。

舵取りオール、鉄の錨を備えている。

船首と船尾は同じ形をしており、船は前後同じように進むことが出来た。

船首と船尾の模様は馴染みのある細長い獣が絡まっているものです。

この船は沿岸航行用らしい。

 

ゴクスタの発掘

これも埋葬船で、王かもしれない男性の遺体があった。

船はオーク材で出来ており、全長24m、幅5mで、マストを持ち、オーセベリよりも大きく遠洋航海もできた。

船の建造は890年頃。

 

トゥーネの発掘

これも埋葬船で、もっとも不完全な形で発見された。

全長は22m程度で、900年頃の建造。

 

 

3

< 3. オーセベリのヴァイキング船 1 >

 

上: 入口を入って直ぐに巨大なヴァイキング船が見えた。

 

下: 中央の階段上から同じ船を見た。

 

大きさに圧倒される。

これらの船でノルウエー・ヴァイキングは1000年頃には北米まで到達していた。

これはコロンブスよりも500年も早かった。

彼らの航海能力と旺盛な冒険心が、様々な探検家を生み出し、そしてノルウェーは20世紀中頃には世界の商船隊の10%を保有するまでになった。

 

4

< 4. オーセベリのヴァイキング船 2 >

 

船腹のオール穴、舵取りオール、埋葬品の別のヴァイキング船の船首。

 

 

5

< 5. オーセベリの副葬品のソリと車 >

 

上: 馬二頭で引かれたこのソリは実際に使用されていた。

本体はブナ材、滑る底板はオーク材です。

 

下: この車も馬で引くことが出来たが、実用的ではなく宗教儀式だけに使われたらしい(キリスト教以前の北欧神への祭儀)。

 

 

 

6

< 6. 展示物の補足説明 >

 

上: オスロ・フィヨルドを示す。

赤の文字は遺跡オーセベリ「Oseberg」、ゴクスタ「Gokstad」、トゥーネ「Tune」の頭文字を示す。

この辺りはノルウエー・ヴァイキング発祥の地です。

 

茶色の線は、後に私がフェリーでコーペンハーゲンに向かう航路です。

後にオスロ・フィヨルドの景色を紹介します。

 

中: オーセベリ古墳の発掘。

 

下: ゴクスタ船の再現模型。

 

 

 

7

< 7. ヴァイキングの姿 >

 

ヴァイキングは金属製の兜、鉄製の鎖帷子、木製の盾、大型の斧などで武装した。

 

 

 

8

< 8. ヴァイキングの暮らし >

 

上: ヴァイキングの暮らし(フェロー諸島)。

農耕を行い、家畜を飼い、石を積み上げ土と草で屋根を覆った家屋に住み、小舟を使う様子が描かれている。

(スカンジナビアの大陸側では木製の家屋)

 

下: ヴァイキングの航海の様子。

 

 

 

9

< 9.ヴァイキングの遠征 >

 

如何に広範囲に遠征し、交易していたかがわかる。

 

 

* ヴァイキングとは何か

 

私が35年前、スウェーデンとデンマークを訪れた時、豊かでゆったりと暮らす彼らがかつて荒れ狂ったヴァイキングの末裔とはとても思えなかった。

そして今回、私は三ヵ国のヴァイキング博物館と故地を訪れ、ヴァイキングとは何か、またその末裔とは何かを知ろうとした。

 

ヴァイキングは破壊と略奪を常習とする海賊だったのか?

それとも交易者であり冒険家、はたまた移住者だったのか?

 

スカンジナビアのヴァイキングは農民、漁民であり、この地に多い湖や川、入り江の近くに住んだ。

そして喫水の浅いボートで各地と行き交った。

この地は寒冷で氷河地形の為、作物栽培に適さず、人口の集中が起こらず村が散在するだけでした。

 

やがて彼らは9世記頃から、武装集団化しヴァイキング船に乗り、交易と略奪を始めるようになる。

最初、彼らは海が荒れる冬までに帰って来た。

西に向かったヴァイキングは幾たびもイングランド、パリ、ノルマンディーなどに侵攻し、ヨーロッパを恐怖に陥れた。

やがて遠くはグリーンランド、東に行ってロシアからイスタンブールまで遠征した。

 

彼らは季節的な移動から越年、そして定住した。

11世紀中頃にはヨーロッパへの植民が完了し、後にヨーロッパ王朝の一翼を担うことになった。

この間、スカンジナビア内では国家が誕生し初め、そしてヴァイキングの侵略は鳴りを潜めた。

 

 

10a

< 10. 倭寇 >

上: 17世紀、倭寇と明官兵(左)の戦い

下: 倭寇の航路。

 

 

 

* なぜヴァイキングが始まったのか

 

実は日本にも東アジアに悪名を轟かした海賊がいた。

北九州西部はかつて倭寇の拠点だった。

倭寇は14世紀から16世紀にかけて朝鮮半島と中国、沖縄などで交易と略奪を行った。

 

倭寇の活動は前半と後半で異なるが、元々彼らは海での交易を生業とした。

やがて朝鮮半島の争乱や中国(宋)の海上交易の禁止で、彼らは密貿易、争い、略奪するようにもなった。

倭寇は日本人だけでなく中国人を含む多民族の集団になっていた。

彼らの子孫から大商人や台湾を奪還する中国側の将軍(鄭成功)が誕生した。

 

なぜ長崎の諸島が、倭寇の拠点になったのか?

それはこの地は朝鮮半島に近く、対馬海流に接するからです。

 

 

それではなぜヴァイキングの遠征が始まったのだろうか?

幾つかの説があり定かではありませんが、倭寇と似ているところがある。

 

紀元前から、スカンジナビアの人々は細長い船を作り、移動と交易を行っていた。

豊富な木材を利用し堅牢な船を作る技術を培っていた。

やがてマスト装備した帆船での遠洋航海が可能になった。

 

一方、8世紀末、ヨーロッパではカール大帝がキリスト教布教を口実に異教の地(バルト海沿岸)への征服を拡大していた。

スカンジナビアの人々は、これに対抗し、また混乱に乗じて略奪するようになったのだろう。

 

 

* なぜヴァイキングは終息したのか

 

一番大きく影響したのは、彼らによるアイスランドや西欧各地への大量の定住化が進んだことだろう(デンマークとノルウェー・ヴァイキング)。

彼らはキリスト教に改宗し、現地で王朝を作り、溶け込んでいった。

 

同時に、スカンジナビアに誕生した王朝もキリスト教に改宗し、西欧と同胞となっていった。

バルト海から東方で活躍したスウェーデン・ヴァイキングは、ドイツの港湾都市を中心としたハンザ同盟の力に押され、その後協調するようになった(この12世紀頃、北ヨーロッパは中世の経済停滞を脱し始めていた)。

 

 

ヴァイキングの末裔を語る時、彼らに残虐性が受け継がれていると言えるのだろうか?

では倭寇の末裔はどうだろうか?

 

結局は、交易を生業とする人々が混乱の中で密貿易や、異教徒や異民族間の対立で抗争に走ったのだろう。

やがて両者は略奪では無く、対等で自由な交易こそが最善策と知ることになった。

 

 

* ヴァイキングが遺したもの

 

現在の北欧、ここ半世紀余りの経済発展と福祉国家への大変身は、ヴァイキングと関りがあるのだろうか?

 

同様に、日本が明治維新後、西洋化を急速に成し遂げ、大発展を遂げたこと侍(サムライ)と関りがあるのだろうか?

結論から言うと、名誉と順応のサムライ文化と言うより、江戸時代に培われた組織労働を大切にする農民文化が、工場労働への以降をスムーズにさせたと言えるのではないか(注釈1)。

 

 

今の北欧を語る時、衰退一方の日本と大きく異なる社会文化があることに気づく。

それは個人を尊重する一方で、法遵守によって社会の維持を図ることです。

逆に日本では、個を犠牲にし、広範な社会に通用する規範を無視してまで首領ドンに従うことです(ヤクザ社会と同じ)。

 

北欧には特徴的な直接選挙の文化があります。

これはノルウェー・ヴァイキングが植民したアイスランドにかつて見られた。

元々、この文化はスカンジナビアに通じるものでした。

既にみたように、大規模な農業社会が出現しなかったことで中央集権化が遅れ、人々は権力者に依存しない社会文化を育てた。

 

その一例が、アイスランドに伝わるサガ(口承文学)に遺されている。

村で犯罪を犯した者が、共同体の集会で「平和喪失」を宣言されることがあった(ゲルマン社会に共通)。

これによりこの犯罪者は共同体を追われるだけでなく、さらに誰が彼に危害を加え、殺しても良いことになる。

 

こうして警察などの権力機構に頼らず、共同体で社会を統制した。

日本では村八分や恥の文化で対応したと言える。

 

これらが今の国民全員によるボランティア参加、高い政治意識、汚職の少ない政治、そして産業界と労働界の協調にも繋がっているのです。

 

また北欧のチャレンジ精神も優れたものの一つです。

 

ヴァイキングが交易を重視した理由の一つに、奢侈品の入手があった。

有力者は航海後、村人に奢侈品などを配った。

これは南太平洋や北米などにもみられる文化です。

異郷の地に大遠征することは彼の名誉を高めることだった。

この精神は今も息づいており、北欧の人々は海外に出ることを厭わず、家族も喝采を送るのです。

 

このことが世界を市場にするオンリーワン企業の多さ、科学技術と教育の重視、IT化(キャシュレス化)の先取りなどに繋がっている。

また半世紀前、西欧では社会主義離れが進んでいる中で、逆に福祉国家へ大きく舵を切ったことにも現れているように思える(他の要因が大きいだろうが)。

 

* あとがき

 

北欧を巡って来て、暮らしやさと生きやすさを肌身で感じた。

だからと言って、精神文化の違いを無視して北欧の体制をそのまま導入することは無理だろう。

 

例えばIT化の為のマイナンバー制度は社会や政府への不信感があり、日本では成功しない。

またスウェーデンでは自殺が多いが、これは尊厳死が多く、日本のように追い込まれての自殺ではない。

これに関連して、北欧の高齢者は福祉制度が整っていても、出来るかぎり自立して暮らそうとする。

 

このような違いを乗り越える方法が、私には見えて来ない。

だからと言って、このまま日本の没落を座視して待つわけにも行かないのだが・・・

 

次回に続きます。

 

 

 

注釈1

「名誉と順応のサムライ文化」は「名誉と順応」著者池上英子より拝借。

 

「組織労働を大切にする農民文化・・」のくだりは「日本社会史における伝統と創造」著者トマス・C・スミスより拝借。

 

 

 

Advertisements
Categories: culture+society, 連載 北欧3ヵ国を訪ねて, history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

joe's blog

Don't knock built a door

SkyLibrarian Ranvling - Wildlife Blog and Novel

I am working on gathering fund for a book campaign which will be utilised in support of the WWF-Malaysia conservation project on Borneo elephants in Sabah and other wildlife.

Maldito silencio

Un blog de Jesús Miguel Pacheco Pérez

theolounge.blog

einer wilden welt weise worte / for a wild world wise words

トラック選手 コニ太郎の日記

サイクリング 写真 ラン二ング 商品レビュー

Lilly's Wonderland

Food Travel and more!

Best Indian Food Blog

ALL INDIAN FOODS UNDER ONE ROOF

Reflexiones. Líneas de vida con Vals y Nika

Variedad de poemas sobre experiencias vividas, derechos de autor reservado

My Pets Weird Behavior

Lets Talk About Pets.

Daily Life's Journey

"There's always something good in everyday."

TEJIENDO LAS PALABRAS

CON LOS HILOS INVISIBLES DEL ALMA

Cumbria | The Lake District

An Eclectic Mix Of Revelation By Baldy. A Blog About Cumbria, Home Of The UNESCO Lake District National Park. Photographs, Paintings, Sketches & More. Mountains Are My Bones; Rivers My Veins; Forests My Thoughts.

Authentic Writer

The best Shayri, poetry, Story,philosophy , blogs & novel Writer

The Flying Tofu

Japan . Travel . Food

Gabriele ROMANO 📎 bLOG

Post, news, diary... All the world around me, ALL THE WORDS AROUND YOU

PEMBANGUNAN MENERANGI DAN MENCERDASKAN

Jln Gereja Moria RT25 RW06 Kelurahan Liliba Kupang NTT

Crazartt

Good things are going to happen@Mehakkhorana

フラワーエッセンスの不思議

フラワーエッセンスのエネルギーで皆さんを神秘の世界へと誘います。

%d bloggers like this: