雪の北海道 3: 阿寒湖の新雪を踏みしめて


 

1DSC06229-1

*1

 

 

今回は、阿寒湖岸の雪に埋もれた散策道を紹介します。

日の出後、前日の吹雪が嘘のような快晴の中を歩きました。

辺り一面を包み込んだ新雪が、朝陽に白く輝いていました。

 

 

 

2map

< 2. 阿寒湖、上が北 >

 

上: 阿寒湖下側の赤線が散策ルート。

 

下: 阿寒湖温泉街を拡大。

赤線が散策ルートで、黄色丸がホテル。

このルートは「湖のこみち」の一部で、ホテル阿寒湖荘の裏側から弁慶の足湯を経て、ボッケに行くことが出来、さらにこの半島を一周することが出来ます。

散策したのは2019年1月30日、8:00から往復40分ぐらいでした。

 

 

 

3

*3

 

上: 湖岸から阿寒湖荘と「湖のこみち」の半島を望む。

左側は全面結氷した湖面。

阿寒湖荘の前は温泉が湧きだしている為、一部氷が溶けています。

 

下: いよいよ「湖のこみち」に入ります。

この数日の間に、雪道は幾らか踏みしめられており、歩くと雪面から20~30cm沈む込むが、ブーツを履いていればブーツに雪が入ることもなく歩けた。

但し、歩くのに時間はかかる。

私はかつて秋の頃ボッケまでこの道を歩いたことがあるので、もう一度行こうとした。

ボッケとは、高温の泥土がガス共に噴き出し、煮え立つ池のように見える所です。

 

 

 

4

*4

 

上: 半島側から温泉が阿寒湖に注ぎ、氷が解けている。

この右側に弁慶の足湯がある。

 

左下: 温泉が湖に流れて込む小川。

 

右下: この小川の両サイドをよく見ると、白い小さな花が群生しているように見えます。

雪か氷の結晶が成長したもののようです。

これが「フロストフラワー」と呼ばれるものかはわかりませんが。

 

 

 

5

*5

 

上: 阿寒湖の氷上に一面に積もった雪を望む。

朝陽が昇って来ると、湖上に急に霧が立ち込め、見る間に層を成して覆い尽くした。

さらに陽が昇るにつれ霧は消えてゆき、この散策の間に完全に無くなった。

 

 

6

*6

 

7

*7

 

 

8

*8

 

下: やっと雄阿寒岳が見えるところまで来れた。

 

さらにボッケまで行こうとしたのですが、これより先は雪が踏み固められておらず、行くのを断念し戻ることにした。

 

 

 

9

*9

 

 

10

*10

 

爽快な朝の散策でした。

 

北海道旅行3日目の朝、体も連日のマイナス気温に慣れて、この日のマイナス18℃も苦にはならなかった。

風が無かったことと、防寒対策をしたからなのですが。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: , | 1 Comment

Post navigation

One thought on “雪の北海道 3: 阿寒湖の新雪を踏みしめて

  1. wakasahs15th

    -18℃でしたか。綺麗な景色の中、雪を踏みしめて楽しそうです(^_-)-☆

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:毛利太郎(福田泰志 )

日本の萩市&長門市にメシアの民現る!!アーメン(一部女性不可)日本共産党(しんぶん赤旗):何でも手作り作品の「エッセイスト・フクダ」:私は、萩高等学校・関東学院大学の卒業生です。頑張れ萩・至誠館大学。私の、スマートフォンは、Google社のピクセル4です。

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。

V.&V.travel

Live life with no excuses, travel with no regret.

%d bloggers like this: