北欧3ヵ国を訪ねて 50: オスロ 9: オスロ市庁舎


1DSC02645-1

*1

 

今回は、オスロ市庁舎を紹介します。

この建物は、港に面した広場に建っています。

 

 

2

*2

 

上: 港側からの眺め。

下: 建物左側面(西側)の彫刻。

私は建物手前、左側から周り、正面玄関に向かった。

 

3

*3

 

上: 市庁舎横の公園。

下: 市庁舎の正面玄関から外側(北側)を望む。

 

 

4DSC02660-5

< 4. 正面入口 >

 

 

5

< 5. 正面入口の脇 >

 

両側に16枚の木彫りがあり、北欧神話を示している。

 

 

 

7

< 6. 入って直ぐの1階大広間 1 >

 

ほぼ全面に描かれた絵は色彩が鮮やかで、デフォルメされている。

絵の内容は、ドイツ軍占領下の国民の苦しみを描いたものです。

この建物の建設は、ちょうど第二次世界大戦にまたがっており、この間にドイツ軍の占領を受けていた。

 

ここでは毎年12月、ノーベル平和賞の授与式が行われている。

 

 

6

< 7. 入って直ぐの1階大広間 2 >

 

上: この階段を昇って2階に進みます。

 

 

 

 

8

*8

 

下: ムンクの部屋。

ムンクの絵「人生」が掛けられている。

これは元々、ドレスデンにあったのだが、ヒトラーが毛嫌いし返還したものです。

往々にして独裁者はこのような絵を嫌うようです。

 

 

9DSC02674-14

< 9. 港側の正面にある彫刻群 >

 

この労働者の彫刻群はノルウェーを代表する彫刻家ヴィーゲランによるものです。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: 連載 北欧3ヵ国を訪ねて, travel+photo | Tags: , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:毛利太郎(福田泰志 )

日本の萩市&長門市にメシアの民現る!!アーメン(一部女性不可)日本共産党(しんぶん赤旗):何でも手作り作品の「エッセイスト・フクダ」:私は、萩高等学校・関東学院大学の卒業生です。頑張れ萩・至誠館大学。私の、スマートフォンは、Google社のピクセル4です。

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。

V.&V.travel

Live life with no excuses, travel with no regret.

%d bloggers like this: