北欧3ヵ国を訪ねて 51: オスロ 10: オスロ湾の島を尋ねる


1DSC02731-1

*1

 

今回は、オスロ湾に面した島をバスで巡ります。

海沿いに素晴らしいリゾートエリアが広がっていました。

そこには豊かで嬉々とした暮らしぶりがありました。

 

2

< 2. 紹介するルート >

 

 

上: 上が北。

黄線はAの市庁舎前からBのバス停までの徒歩ルート。

この周辺に同じ名称のバス停が幾つかあり、バスNo.の確認が必要。

BはJernbanetorget。

 

ピンク線はBから乗ったNo.85バスのルート。

普通の公共交通機関の路線バスを利用した。

このバスは先ずDまで行って折り返し、次いでEに行き、ここで少し時間待ちしてから、まったく逆のコースをBまで戻ります。

 

当初は途中で降りて散策し、30毎に来る次のバスに乗る予定だったのですが、そのまま乗って往復した。

往復の乗車は14:30頃からの約1時間でした。

ⅮはMalmøya、EはUlvøyaです。

 

Cはエーケベルグの丘で、画家ムンクが度々散策していたところだそうです。

ここで有名な「叫び」を構想し、連作を描いています。

ここへはトラムで行ける。

 

この日はこのバス乗車以外に11ヵ所を見学する予定だったので、気が急いていました。

また前日は、列車の遅れでホテル着が深夜2時を過ぎていたので疲れが出ていました。

 

下: 海側の市庁舎前にある彫刻が見える。

ここから歩き始める。

 

 

 

3

< 3.バスに乗る >

 

写真はすべてバスの車窓からの撮影で、ほぼ撮影順に並んでいます。

 

上: 前方に見える観覧車はオスロ中央駅の前にある。

 

中: 大規模な再開発が行われているウオータフロント。

右手の白い建物が後に訪れるオスロ・オペラハウスです。

 

下: これはウオータフロントのちょうど裏手。

 

 

 

4

< 4. ムンクが見た景色? >

 

上: 裏手からウオータフロントを見る。

 

中: 道路は崖にへばり付く様に走り、高くなって来た。

 

下: 眼下にオスロ湾が見える。

 

きっとムンクもこのようなオスロ湾を見下ろしたことでしょう。

 

 

 

5

< 5. 最初の島に渡る >

 

中: 最初の島に渡る橋が前方に見える。

下: 橋からウオータフロント側を望む。

 

 

6

< 6. 奥に続く島に向かう >

 

下: ちょうど橋を渡っているところで、右側車窓の景色。

 

橋を渡り切ると直ぐMalmøyaのバス停(地図D)があり、バスはここで折り返す。

 

 

7

< 7. 最初の橋に戻る途中 >

 

 

8

< 8. 次の島に向かう >

 

上: 次の橋が見えて来た。

 

中: ちょうど橋を渡っているところで、右側車窓からの景色。

電車が見える、この上は広い台地で住宅街が広がっている。

 

下: 同様に右側の景色。

 

 

9

< 9. 島の中央部へ >

 

中: ここが島の中央部でバス停Ulvøya(地図E)があります。

写真右側に小さなスーパーがありました。

バスはここで時間待ちして、来た道を戻って行きます。

 

下: この坂道を下ると海水浴場があるようです。

 

 

 

10

< 10. 来た橋に戻る >

 

上: 高台にずらっと家が並んでいる。

左端に橋が見えた。

 

中: 橋の中央で学生らが、海へのダイビングを楽しんでいた。

高校生らしい男女が一緒になって騒いでいた。

左側では数人の男性が釣りをしていた。

 

下: 橋の上から右側を望む。

 

この後、ウオータフロントまで戻るのですが、一つ手前のバス停で降りて散策を始めました。

 

 

*あとがき

 

オスロ市街からこのバスに乗る人はほとんどいなかった。

乗って来た人は少なく、それも中高生だけで、皆島内で乗り降りした。

平日の昼過ぎなのに、春休み中なのか、島内に学生の姿を多く見た。

それにしても、のんびり自然を満喫する姿が羨ましい。

 

島で見たハウス全てが大きいわけではないが、ボートと桟橋、ボート小屋が海と海岸を埋め尽くしている。

この辺りのハウスはサマーハウスかもしれないが、充分に都心に通える距離なので、レジャーハウスと住居の兼用が出来る。

 

実に豊かな暮らし、それも自然と一体になった暮らしがそこにはあった。

 

どうか皆さんも一度は訪れてください。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, 連載 北欧3ヵ国を訪ねて, travel+photo, uncategorized | Tags: , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:毛利太郎(福田泰志 )

日本の萩市&長門市にメシアの民現る!!アーメン(一部女性不可)日本共産党(しんぶん赤旗):何でも手作り作品の「エッセイスト・フクダ」:私は、萩高等学校・関東学院大学の卒業生です。頑張れ萩・至誠館大学。私の、スマートフォンは、Google社のピクセル4です。

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。

V.&V.travel

Live life with no excuses, travel with no regret.

%d bloggers like this: