北欧3ヵ国を訪ねて 61: フェリー 3


1DSC03603-1

*1

 

 

今回は、室内の紹介、そしてクロンボ―城の眺めからコペンハーゲン港への入港までを紹介します。

 

 

 

2

< 2. 船内の紹介 >

 

中: フロント階の直ぐ下の階。

 

下: その階の窓側にこのモニターがあったと思います。

 

朝4時頃からデッキに出てクロンボ―城の撮影を狙っていたのすが、いつまで経っても見えません。

それで船の位置を示すものは無いかと探していると、モニターを発見した。

モニターを見ると、赤い船の印はまだ海峡に入っていませんでした。

この時刻は6:07で、クロンボ―城に最接近したのは7:57でした。

 

 

3

< 3. 船内の様子 >

 

上: フロント、案内所のある階。

 

中: 船内の紹介。

 

 

4

< 4. 両側に陸地が見えて来た >

 

上: 前方左舷のスカンジナビア半島。

 

中: 前方右舷のシェラン島。

 

下: 前方に微かに海峡らしきものが。

 

 

5

< 5. やっと海峡が見えた >

 

上: 左はスウェーデンのヘルシンボリ、右はデンマークのヘルシンオアです。

この海峡の幅は4kmで、スカンジナビア半島とシェラン島の距離が最も近い。

 

中: ヘルシンボリ側。

 

下: ヘルシンオア側の先に、クロンボ―城が見え始めた。

7:50です。

 

 

この海峡の狭さが、このクロンボ―城を歴史的に有名にした。

このことがハムレットの舞台になった理由かもしれない。

 

中世の時代、ドイツを除く西欧諸国は北方交易の為、船で北海からバルト海に行くには、この海峡を通過せざるをえなかった。

ドイツだけはリューベックから直接、バルト海に出ることが出来た。

このことがこの都市をハンザ同盟の中心都市にした。

この頃、バルト海からヴァイキングが去って久しく、ハンザ同盟も盛りを過ぎ、交易は各王国が主導権を担っていた。

中世初期の交易は地中海が注目されていた。

 

14世紀、デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3王国間連合が結ばれた。

この盟主となったデンマーク王は戦争による疲弊した財政を立て直す為に、この地にクロンボ―城を作り、通行税を徴収し始めた。

これが財政を豊かにさせた。

 

第二次世界大戦時、ドイツがノルウェーに侵攻した大きな理由は、英国海軍のバルト海進出とノルウェーの海運を封じる為でした。

 

この海域は西欧、北欧、東欧、ロシアにとって非常に重要だったのです。

 

 

 

6

< 6. クロンボ―城 >

 

下: 最も近くなったところ。

 

 

 

7

< 7.  離れて行く >

 

 

 

8

< 8. 私のキャビン >

 

二段ベッドの二人部屋を一人で使ったので、狭くはなかった。

シャワーも使った。

安価なので窓はないが、気にはならない。

静かでよく寝れた。

 

 

 

9

< 9. コペンハーゲン港が見えた >

 

上: コペンハーゲン港。

 

下: 中央に要塞島が見える。

これはかって英国との海戦でデンマーク側の守りの要になったことだろう。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: 連載 北欧3ヵ国を訪ねて, travel+photo, uncategorized | Tags: , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市にメシアが現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也、を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

%d bloggers like this: