北欧3ヵ国を訪ねて 80: 北欧の旅を終えて 1


 

1

< 1. 1984年訪問時のスウェーデン郊外1 >

 

 

私が北欧を訪れたいと思ったのは、日本の進むべき道を知りたかったからです。

そして北欧への羨望と日本への哀惜の念はさらに深まった。

それでも日本への愛着が衰えることはないが。

これから北欧と日本への想いを語ります。

 

 

2

< 2. 2018年の北欧旅行のルート >

 

 

はじめに

私が北欧に初めて関心を持ったのは40年ほど前でした。

当時、日本は高度経済成長のピークを過ぎ、その余韻を残してはいたが、先が見えなかった。(今の方がより見えなくなっているが)

一方、北欧は高度福祉国家として名声を博していた。

 

当時、日本でスウェーデンに関してよく知られていたのはダンスミュージックのABBAとフリーセックスぐらいでした。

一方、数社のスウェーデン・メーカーは日本で今より活躍していた。

 

 

6スェーデン

< 3.1984年11月訪問時のスウェーデン郊外2 >

 

1984年にスウェーデンとデンマークを視察し、現地の企業経営、福祉政策、人々のライフスタイルに深い感銘を受けた。

この1週間ほどの訪問で、私は日本と北欧二ヵ国の差異をつぶさに見聞した。

 

大きなカルチャーショックを受けたが、一言で言えば「家族と日々おおらかに楽しむ北欧」と「がむしゃらに走り続ける日本」の違いでした。

当時、北欧の暮らしに憧れたが、まだ日本の未来に希望を抱いていた。

 

 

 

 

 

 

3コペンハーゲン

< 4.1984年訪問時のコペンハーゲン >

 

 

それから35年経った現在、両者間には更なるギャップが生じていた。

 

日本の経済や社会の水準は概ね世界の30位前後まで低下し、一部の指標では100位前後も増えた。

一方、北欧4ヵ国は概ねほとんどの指標で5位以内を占め、希に10位内もあるが。

 

私は日本の現状を憂う中で、「北欧は手本になりうるのか」また「日本に欠けているものは何か。経済、政治、社会、国民性のどこに問題があるのか」の答えが無性に知りたくなった。

そして自ら北欧を訪れるしかないと決意した。

 

しかも観光ではなく、北欧三ヵ国の社会の実情と文化歴史を直に体得する必要がある。

この為に、一人で公共交通機関を使い、自分の足と口で、人々に接しながら北欧の首都と地方都市を巡ることでした。

 

 

次回に続きます。

 

 

Categories: 連載 北欧3ヵ国を訪ねて, uncategorized | Tags: , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市&長門市三隅にイエス様現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐ひとみ、と、林哲也、を支援します。(一服タイムの文学者:労働者の皆様へ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

%d bloggers like this: