中国の外縁を一周して 13: 北京、北京西駅から頤和園


1DSC08609-1

*1

 

今回は、北京西駅から頤和園までのバス乗車と、

頤和園の半部ほどを紹介します。

写真は2019年10月19日8時~11時頃の撮影です。

 

 

2a

< 2. ルート地図、上が北 >

 

上: 公共バス、394路(韩家川南站方向)による北京西站から西苑站までのルートです。

濃い緑がバス、薄い緑が徒歩です。

地下鉄を乗り継いでも行けるのですが、都市の風景を見たかったのでバスにしました。

バスなら乗り継ぎはありません。

 

 

下: 頤和園入場までと頤和園内のルート。

緑線が徒歩のルートで、右側のバス停から入場ゲートを通り、そして西側にある石舫までを示す。

今回の紹介は昆明湖に面した頤和園の南側だけになります。

次回は中央の丘を登り、北側を紹介します。

 

 

3

< 3.ホテルの部屋からの眺め >

 

駅の北側を望む。

大きなバスターミナル、北京西站が真下に見える。

 

上: ほぼ真北を望む。

 

下: 少し東寄りを見ている。

並んでいる銀色と青色の屋根がターミナルです。

 

 

 

4

< 4.バスに乗って >

 

上: バスターミナルとホテル。

バスターミナルへはホテルから直ぐに行くことが出来ず、迂回して大通りまで出なければならない。

予めバスの路線番号を調べていたので、乗車のバス停は直ぐわかった。

 

ターミナルの後ろが宿泊したホテル瑞爾威飯店(北京西鉄道駅)です。

便利な位置にありながら安かった。

朝食は別料金で、チェックイン時に払った。

特に問題はなかった。

すぐ横の北京西駅から朝9:15の新幹線に乗らなければならなかったのでここを選びました。

 

 

旅のヒント

新幹線で北京から開封と開封から蘭州に行く場合、1日の本数は結構あるのですが、朝の1本(9時前半発)を除いてみな巨大駅(鄭州や西安)で乗り換えになります。

乗り換えには不安があり、時間ロスもあるので避けた。

 

今回、様々な予約に初めてTrip.comを使いました。

中国のホテルのすべてと一部の航空券に使用。

新幹線は、事前に行っても予約を確約出来ないとのことで、友人に依頼しました。

新幹線も、旅程に余裕があるなら日本語で予約できるTrip.comはお薦めです。

 

航空券の多くは、中国の航空会社で買う方が安かったので直接購入した。

しかし航空会社のサイトは英語や中国語表記であり、トラブルがあると苦労します。

いずれ紹介しますが、結局、中国の友人にトラブルを解消してもらいました。

Trip.comは、日本語で質問を受けるコールセンターがあり、メールや電話でホテルの事などで幾度も確認することが出来た。

但し、オペレーターは日本語を喋る中国人です。

 

Trip.comでのホテル予約で、実害はないのですが少し違和感がありました。

それは予約完了と同時にクレジットカードで料金を支払っておいたのですが、ホテルチェックイン時にまた支払を請求された。

フロントマンはそれはデポジットだったと言ったが、英語や中国語でのやり取りなので納得できず、異議を唱えたが、結局支払った。

 

帰国後、調べると私達がホテルチェックインする前にはTrip.comから返金があった。

またすべてのホテルで、このような形で支払ったわけではなく、様々でした。

北京の1泊を除いて数日前までのキャンセルが無料なのは良かった。

鉄道や航空機、観光拠点などの都合で日程を幾度も組み替え、キャンセルをかなりしたので。

 

結論、Trip.comは中国旅行にはお薦めです。

なお来年、米国を周遊する予定ですが、数は多くは無いが米国でもTrip.comの方が安い場合があります。

 

 

下: 乗車したバス。

このバスは2階建てでした。

中国のバスは降車を知らせる押しボタンが無いので、2階に登ってしまうと、降車に間に合わないと思い上がりませんでした。

後に慣れて来て、降車の停留所が事前に分かるようになると、2階に上がりました。

 

このバスで驚いたのは、警備員が一人、初めから乗車していたことです。

彼はずーと立ったままで、適宜、乗客にマナーを注意しているようでした。

彼はちょうど私の横にいたので、びくびくしたのですが、何も注意されませんでした。

警備員の添乗は北京のこのバスだけでした。

 

 

5

< 5. 頤和園までの車窓の眺め >

 

三日間の滞在中、北京の空はこのような感じでした。

中心部から離れているのか、渋滞は酷くはなかった。

 

やはりレンタルバイクをよく見かけました。

 

 

6

< 6.バス停から頤和園の入場口まで >

 

上: バス停を降りて西(進行方向)に少し進むと、道路の左側に洒落た飲食街があります。

さらに進み分岐を左に行くと、写真のような広く静かな並木道に出ます。

次いでまた分岐を左に進みます。

この辺りは表示がないし、あまり人が歩いていないので危うく迷うところでした。

途中、人に聞いたのでわかりました。

 

中央: やがてたくさん人がいる所に着きました。

ほとんどの人は観光バスの団体のようです。

進んで右側が東門で、さらに右側に切符売り場があります。

 

下: 入場ゲートは人で一杯です。

ゲートの数が多いので、それほど待ちません。

 

バス停から東門まで1km強でした。

 

 

 

7

< 7. 仁寿殿 >

 

上: 仁寿殿の庭にて

中央に麒麟の銅像が見える。

 

下: 玉澜堂の前から浮島の知春亭を望む。

左は文昌阁。

遊覧船が沢山繋がれている。

 

 

8

< 8. 乐寿堂 >

 

上: 先ほどの写真撮影の位置から万寿山を望む。

山の手前の右側に逆さのU字型が見えますが、その向こうに乐寿堂があります。

 

下: 乐寿堂。

清朝の乾隆帝が母の皇后に建てた住まいです。

ここには頤和園最大の太湖石があり、写真の左側に一部が見える。

重量は20トンを越える。

 

 

9

< 9. 長廊 >

 

上: 長廊と昆明湖の間。

人が多くて、とてもじゃないが散策を楽しむどころではない。

 

下: 長廊。

全長700mを越える木造の外廊。

梁に桁に14000もの絵が描かれている。

座ることは出来たが、鑑賞出来る雰囲気ではない。

 

 

 

10

< 10. 昆明湖 >

 

上: 先ほど通って来た文昌阁や玉澜堂が見える。

 

下: 遠くの島は南湖岛。

この湖は南北と東西にそれぞれ1.7kmほどある。

 

この湖の名前がなぜ昆明湖なのか?

後に、私は雲南の巨大な湖、滇池を訪れるのですが、なぜこの名前がついたのか。

北京から昆明まで直線で2100kmも離れているのに。

 

起源前、漢の武帝は雲南征服を果たしたが、この時、長安に滇池に模して昆明池を掘らせ水軍を訓練した。

これにちなんで乾隆帝はそれまでの西湖の名を昆明湖に代えた。

この湖は昔は水運、この時は貯水池として使われた。

 

 

 

11

< 11.>

 

上: 長廊。

 

下: 云辉玉宇牌楼。

この門のような建物は、千寿山の中央建築群の中心軸の出発点で昆明湖側にある。

 

 

12

< 12. 石舫 >

 

上: 石舫。

船体部分は石で上部建物は木造。

乾隆帝の建築物が焼失後、光緒帝が外国の遊覧船に真似て再建した。

伯母の西太后は夏になるとここでよく休憩したそうです。

 

 

13DSC08609-23

< 13.排云殿 >

 

写真中央の排云殿を抜け、一気に千寿山を上って、頂上の佛香阁を目指す。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: 連載 中国の外縁を一周して, history+evolution, <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市&長門市三隅にイエス様現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐ひとみ、と、林哲也、を支援します。(一服タイムの文学者:労働者の皆様へ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

%d bloggers like this: