人はなぜ愚行を繰り返すのか? 5: もし危機を自覚出来ていたら


12.png

< 日本を押し、倒す人 >

 

知らずに危険に遭うことはあっても

甚大な被害を知って、わざわざ危険を選ぶ人はいない

 

結局、愚行とは予測できる危機を無視し、自滅することだろう。

 

なぜ人は社会の危機に無頓着なのか?

 

A 危機が隠されている

B 危機から目をそらされている

C 指導者自身が危機に気付いていない

 

これが主な理由です。

 

歴史を振り返れば幾らでも事例はあります。

 

A 太平洋戦争で、敗北を隠し勝利を発表し続けた大本営。

隠蔽と虚言は与党の体質と言うより、それを生み出す日本の体質。

 

B 原発はクリーンエネルギーと喧伝した政府機関と企業。

世論誘導は他国でも起こり得るが日本では容易に起こる。

 

C 日中戦争で、中国は簡単に敗北し泥沼にならないと考えた軍指導部。

悪い状況を愛国心鼓舞で乗り切れる為、現実を無視しがちなのが日本。

 

この事例からわかるように、一部の人が警鐘を鳴らしていたにも関わらず、

国民は災厄が訪れるまでまったく気が付かなかった。

 

こうしてみると危機を自覚できないのは、国民側だけの問題でないことがわかる。

 

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, economy, 連載 人はなぜ愚行を繰り返すのか?, uncategorized | Tags: , , | 2 Comments

Post navigation

2 thoughts on “人はなぜ愚行を繰り返すのか? 5: もし危機を自覚出来ていたら

  1. 興味深い記事でした。
    愚行録という貫井徳郎さんの小説がありますね。
    なんでも他人のせいにする話ですね。
    (=^・^=)

  2. コメントありがとうございます。訴え続けてもなかなか手応えはないのですが、コメントをいただくとうれしいです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市&長門市三隅にイエス様現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐ひとみ、と、林哲也、を支援します。(一服タイムの文学者:労働者の皆様へ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

%d bloggers like this: