福知山の神代から戦国時代の息吹を感じる 3: 福知山城


1DSC02666-1

*1

 

 

今回から、福知山の中心部、福知山城と城下町を紹介します。

今回は主に福知山城です。

 

 

2

< 2. ドライブルートと由良川、上が北 >

 

上: ドライブルート

元伊勢内宮を出発して、福知山城横の駐車場までのドライブルートです。

ほとんど宮川と由良川沿いを走ります。

 

下: 由良川、太い青線、赤矢印が福知山。

 

京都府、滋賀県、福井県の府県境に源を発し、西向きに流れ、福知山で急激に折れて、北東に向きを変え、若狭湾に注ぐ。

 

福知山は東の綾部に続く盆地にあるが、標高の低い所では10mに過ぎない。

しかし福知山城から由良川が注ぐ若狭湾まで直線で30kmもある。

この事と折れ曲がっている事で、福知山の城下は幾度も洪水に襲われていた。

 

 

3あ

< 3. 由良川の眺め >

 

由良川の東岸から撮影。

上から順に、下流側、真横、上流(福知山城方面)を見ている。

 

 

4

< 4. 旧山陰街道と明智の丹波攻め、上が北 >

赤矢印が福知山。

 

上: 旧山陰街道

京都から亀山、福知山を抜け、山陰側の鳥取、米子を通り、次いで山陽側に向かい津和野、最終、山口小郡に辿り着く。

福知山から若狭湾に出て丹後に近い旧宮津街道もあった。

福知山は交通の要衝だった。

 

下: 明智の丹波攻め

福知山が発展する端緒は明智光秀がここに「福智山城」を造ったことにある。

 

16世紀後半、明智は信長に命じられ、丹波攻略を始める。

最初、福知山城(旧横山城)の南にある強敵の黒井城を攻める。

しかし背後から八上城の裏切りに遭い苦戦し、信長の命で石山本願寺との戦いに向かいます。

再度、亀山城の攻略から始め、西に順次、城を落とし、最後に黒井城を攻め落とし、丹波攻略を3年かけて終えます。

 

そして亀山城と福知山城を築城し、光秀は亀山城を丹波攻めの拠点とし、娘婿に福知山城を与えた。

光秀は福知山城築城の際、大規模な治水工事を行い、善政を敷いたことでで住民から慕われ、今に「福知山音頭」に唄われ続けている。

 

福知山音頭(江戸時代に出来た)

「 福知山出て 長田野越えて 駒を早めて亀山へ

明智光秀丹波を拡め ひろめ丹波の福知山

お前見たかや お城の庭を 今が桔梗の花ざかり

・・・・・・・・               」

 

その二年も経たない内に、近畿一円を任されていた光秀は本能寺の変を起こし、滅亡した。

 

江戸時代、福知山城は福知山藩の居城でした。

 

 

5

< 5. 福知山城に到着 >

 

上: 城のすぐ横にある無料駐車場。

売店やレストラン、トイレもあります。

 

下: 駐車場から太鼓橋を渡って城に向かう。

 

 

 

6

< 6. 太鼓橋の頂点から >

 

上: 太鼓橋の頂点からの眺め

 

下: 城壁の坂道に来た。

これを登って、天守閣に向かい直ぐに着いた。

 

 

7

< 7.天守閣 >

 

天守閣にはコロナの関係で入場出来ませんでした。

この天守閣は1986年に再建されたものです。

構造は鉄筋コンクリート造ですが、外観は忠実に再現されているとのことです。

木張りの外壁が美しく、優しさすら感じる。

 

 

 

8

< 8. 転用石 >

 

天守台と本丸の石垣は当時のもので、「野面積み」「乱石積み」「穴太積み」と呼ばれる自然石をそのまま利用している。

また寺などの石造物が大量に使用されており、「転用石」とも呼ばれている。

下の写真の所々に見られる。

 

私は天主台の石積みにある小さな自然石に触ってみたが、今にも抜けそうで不安に感じた。

逆に言えば、素晴らしい石積み技術と言える。

 

 

9

< 9.表側 >

 

 

 

10

< 10. 豊磐井 >

 

上: 井戸の深さは50mあり、海面下7mに達する。

 

 

11

< 11. 天守閣の敷地から望む >

見ている方向は、次の地図の矢印通り。

 

上: 黒矢印、ほぼ東を望む。

中央: 赤矢印、由良川の上流を望む。

下: 茶色矢印、城下町を望む。

遠くに由良川の堤が見える。

私が散策するのは、主にこの写真の右半分です。

 

 

12

< 12. 福知山の中心部、上が北 >

 

矢印の中心に福知山城があり、東側から来た由良川が急激に折れ曲がって北上し、さらに土師川(ハゼ)が南側から合流している。

 

 

13

< 13. これから城下町を散策 >

 

上: 城を下って、北側に進みます。

写真の奥に見える小さな陸橋を渡り、由良川の堤に向かいます。

 

下: 旧松村家邸宅。

これは堤から迫り出した土地に建っています。

明治時代以降、大規模な築堤工事を請け負った松村組が、堤防の安全性を証明するために、この地に家を建てたそうです。

 

 

 

 

14

< 14. 明智藪(蛇ヶ端御藪) >

 

光秀が福知山城を築城する際、由良川の向きを変え、巨大な築堤を行い、

城下を洪水から守ろうとした。

さらに堤防の前に、この竹藪を造り、由良川の水流の衝撃を和らげるようにした。

 

これだけでも、光秀はなかなかの知恵者だったと思った。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, essay, <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: , | 1 Comment

Post navigation

One thought on “福知山の神代から戦国時代の息吹を感じる 3: 福知山城

  1. Love to visit some day. 🙂 Photo 1- 天守阁 is my favourite. 👍
    Thank you for sharing.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市にメシアが現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也、を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

%d bloggers like this: