徳島の海岸と漁村を巡って 3: 由岐漁港 2


1DSC02834-1

*1

 

今回は由岐港の後半、西由岐を紹介します。

この漁港を歩き、

切実な現実と興味深い歴史を知ることになりました。

 

 

2

< 2. 散策マップ、上が北 >

 

上の白枠が下の地図の範囲を示す。

赤線が前回紹介した東由岐、ピンク線が今回紹介する散策ルートです。

西由岐はピンク線の下側、港の左(西側)の町です。

 

S:スタート地点

A: 東由岐漁協

B: ミセ造りなどが見られる古い町並み

C: 天神社

E: かつて由岐城があった城山公園

F: 八幡神社

 

 

3

< 3. 不思議なもの >

 

上: 写真中央、小山の斜面を覆うコンクリート壁に金属製の階段と回廊が見られます。

はじめ分からなかったのですが、後に驚きの事実を知ることになりました。

 

下: 小魚(イワシ?)の出荷作業が行われていた。

 

 

4

< 4. 広い通り >

 

上: ほぼ中央、南北に延びるもっとも広い通り。

北方向を見ており、真直ぐ行くとJR牟岐線の由岐駅に出会う。

 

下: 東西に延びる通り

中央に見えるのが城山公園がある丘です。

丘の上が平らになっており、かつて由岐城があった。

城の名残りは無いそうです。

 

5

< 5. 八幡神社 1 >

 

上: この道を進むと右手、丘の中腹に八幡神社があります。

この左手が城山公園の丘で、かつては両側の丘は繋がっていた。

 

下: 八幡神社の下に来ました。

 

6

< 6. 八幡神社 2 >

 

上: 八幡神社の境内

実は、私はこの境内が由岐城跡だと勘違いしていて、それらしいものを探したが見つからなかった。

そこでさらに裏山まで踏み込みました。

帰宅後、城山公園が城跡だと知ったのですが。

 

下: 境内の右側に細い登り道があったので、進みました。

すると、この道の右側に看板(写真中央)があり、赤字で「想定 津波高さ」と書いてありました。

その看板の位置から眼下(東側)を見下ろすと、町のすべてが水面下に没することが分かった。

一瞬、寒気がした。

 

 

7

< 7. 八幡神社の岡からの眺め >

 

上: 前述の看板の位置からの眺め

 

下: 岡から西側を眺めた。

 

 

8

< 8. 丘を西側に降りる >

 

上: 墓地が斜面一杯に広がっていた。

 

下: ちょうど、丘を下りきり、振り返ったところ。

 

 

9

< 9. 西由岐を行く >

 

上: 八幡神社が見える

 

下: 漁港に出てから、来た道を振り返った。

 

 

10

< 10. 漁港に戻った >

 

上: 西由岐側を望む

右側、自転車が置いてある向こう側で、ワカメの天日干しが行われていた。

黒いビニールのようなもので上部を覆っていた。

10分ほどの間に、二人がワカメの干し具合を調べに来ていた。

 

下: 東由岐の方を見た

 

私は、ここで持参の弁当を食べた後、次の港に向かった。

 

 

 

* 由岐を歩いて *

 

様々なことを知り、実感することが出来た。

 

11

< 11. 東南海地震による津波の恐ろしさ >

 

上: 散策している時に見つけた表示板

これによると青色で示されるているように、すべての街並みが水面下に沈む。

 

赤色部分が高台で、写真で見た金属製の階段のあった場所です。

八幡神社、天神社、城山公園も標高は高くて10mほどしかありません。

しかし最大津波高さは、下の図(赤矢印)にあるように徳島県沿岸は20mを越えると予想されています。

 

最大津波高さは防波堤などで抑制され、浸水深さは最大10mと想定されているようです。

徳島県のH24年の想定では、美波町の津波による死亡者は2300人だそうです。

 

しかし素人の私ですが、この港にそのような防御効果があるとは思えない。

さらに、津波の第一波(+20cm)は地震発生の12分後、最大波は29分後だそうです。

高齢者が多い中で、どれだけの人が高台に逃げれるのか?

 

如何に日本が脆弱かを知ることになった。

 

 

12

< 12. いにしえの海路 >

 

今回訪れた海部郡の港は、古くから海路としても使用されていた。

 

平安時代、紀貫之が土佐(高知)での国司の任務を終え京都に帰ります。この時、2ヵ月の船旅となり、この様子を「土佐日記」に残しました。

船の航行は海岸に沿い、座礁と海賊を避けながら、多くの港に停泊し、風待ちも行わなければならなかった。

左下地図の赤線が凡その航路で、実際は黒点の港にそれぞれ1から10泊しています。

右下地図の赤丸は予想された寄港地で、下は高知県野根(徳島県宍喰の隣)、上は日和佐(由岐と同じ美波町)です。

 

 

13

< 13. 鎌倉時代から戦国時代 >

 

上: 屋島の戦い

由岐の港は、鎌倉時代には雪の浦や雪湊と呼ばれていた。

源平合戦、屋島の戦いから逃げた平維盛は「平家物語」によると、南下し、

雪の浦(東由岐の大池の辺り)から船で鳴門、和歌山の方に向かったとされている。

 

下: 戦国時代末期の四国の勢力図

当時、由岐の辺りは三好勢が支配していたが、長曾我部が勢力を伸ばし、海部郡一帯の城を南側から攻め落としていった。

この時、由岐城も降伏し、その後、城主の由岐有興は別の戦いで討ち死にしている。

海部郡にはかつて20を越える城があった(多くが城跡)。

今回は日和佐城を眺めることが出来た。

 

 

14

< 14. 由岐漁港 >

 

由岐港の歴史から漁師の活躍、漁業の発展が見えて来る。

 

A: 明治時代の漁師の船、カンコ船(手漕ぎで帆の無い全長7~8m)?

B: 石垣弥太郎

C: 楠本勇吉

D: 延縄漁

E: 毎年10月に由岐で行われる伊勢海老祭り

 

 

由岐・志和岐の二人の漁師がフロンティアとなった。

 

石垣弥太郎は明治21年、カンコ船十隻を従え博多へ出向きました。

鯛の一本釣りではうまくいかず空しく由岐へ舞い戻りましたが、「レンコ」(鯛)のほか「アカモノ」(体表が赤色)が釣れるのを知った弥太郎は、挫けることなく毎年レンコ延縄(図D)に挑戦した。

明治35年には一本釣りの全盛期を迎え、後に以西底引網(九州西岸以西で行われる)へと発展する。

彼が正に北九州の漁場開拓を行ったと言える。

 

カツオ、マグロ漁船員であった楠本勇吉は、明治35年、カツオ漁を目指して岩手県大船渡村へ渡りました。

現地は沿岸漁業の不振で悩んでいましたが、勇吉は意外に豊富な「アカモノ」に目をつけ、故郷でやっていた「てんてん釣り」の漁法を指導した。以後漁獲量は飛躍的に伸び、彼の滞在は28年にも及んだ。

 

この事例を見ていると、明治期に既に地元の沿岸漁業に見切りをつける漁師がいたこと、また遠方へ進出する気概があったこと、さらには漁法の改革が進んでいったことがわかる。

当時、漁業権や縄張りの争いは無かったのだろうか?

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。

A.&V.travel

WHEREVER YOU GO, GO WITH ALL YOUR HEART.

SoundEagle 🦅ೋღஜஇ

Where The Eagles Fly . . . . Art Science Poetry Music & Ideas

人生を最幸に生きる強みと癒しの案内人

25年テレビ番組の取材を経て開業社労士でもあるストレングスコーチがあなたに教える人生を最幸に生きるための自分の強みの見つけ方 あなたが幸せになるためにやることはこれだけだ

Mustafa Güçlü

Edebiyat ve Fotoğrafçılık & Literature and Photography

art gallery

ご訪問ありがとうございます。ヒロ

MiddleMe

Becoming Unstuck

Rain Coast Review

Thoughts on life... by Donald B. Wilson

brimofmylove

Beauty with brains

[Beach House] North Shore Oahu Hawaii

Hawaii North Shore Surf SUP Marine Life Pets

香港在住・旅好き30代女子のブログ

訪れた国は30か国以上♪旅情報と住んでいる香港情報をお届けします

%d bloggers like this: