徳島の海岸と漁村を巡って 8: 鞆浦を訪ねて 1


1DSC03199-1

*1

 

今回から、2回に分けて鞆浦漁港を紹介します。

小さな漁港ですが、地の利を生かした良い漁港だと思いました。

 

 

2ss

< 2. 宍喰から鞆浦へのルート >

 

上: 宍喰から鞆浦へのルート、上が北。

赤枠が既に紹介した宍喰の散策範囲です。

オレンジ線がドライブルートです。

黄枠が鞆浦です。

 

下: 鞆浦、上が南(上図と向きが逆)。

オレンジ線が宍喰からのドライブルート。

黄枠が鞆浦の今回紹介する散策ルート。

赤枠が次回紹介する手倉湾。

黒矢印は漁協、黄矢印は海部川の撮影地(次回)、赤矢印は宍喰浦(那佐湾)の撮影地。

赤四角は海部城跡。

 

 

3

< 3.那佐湾と宍喰浦 >

 

上: 左の宍喰浦に挟まれた那佐湾の向こうに宍喰が見える。

 

下: 宍喰浦。

 

 

4

< 4. 鞆浦漁協 1 >

 

ここに到着したの9時45分でした。

競りが行われており、様々な魚種が見られました。

訪問した時間が異なるからかもしれませんが、鞆浦の方が由岐、日和佐、宍喰の漁港よりも大きな魚が沢山獲れているようでした。

 

素人の見立てですが、この港は大きな海部川上流の栄養が海に注ぎ沿岸漁業に恵まれ、また大きな河口は上流の材木の切り出しと海上運搬に有利に働いたことでしょう。

 

5

< 5. 鞆浦漁協 2 >

 

魚を入れる大きなコンテナや陸揚げ用のコンベヤなどが目立ちました。

 

下: ブリでしょうか。

 

 

6

< 6. 漁協の2階の展示物 >

 

トイレを借りに2階に上がりました。

漁に関する幾つかの展示がありましたので紹介します。

 

上: 鞆浦大式、定置網の一種。

元々は富山湾で生まれた定置網で、後にこちらでも使われるようになったらしい。

徳島県内では最大の定置網のようで、全長1300mもある。

 

下: 定置網漁の写真のようです。

 

漁協の人に聞きました。

遠方に出る漁としては高知沖まで行っているが、徳島ではこの鞆浦だけが行っているとの答えでした。

大きな船を見ることが出来ませんでしたが、大きな屋根付きのドッグがありました。

漁協の魚を見て、多いですねと聞くと、ここでも「少ない」との返事が返って来た。

 

 

7

< 7. 漁協の周辺から散策を始める >

 

上: 漁協の階段から南西方向を見下ろす。

川が見え、その先に従来の漁村が広がる。

 

下: 漁協の西側を見る。

この山に海部城跡がある。

山の手前のこの一帯だけは新築の家が多い。

若い漁師に古い町並みの事を聞くと、最近引っ越してきたばかりなので知らなかった。

 

 

8

< 8. 川の橋から >

 

上: 網袋を持った一人の漁師が漁協へ急ぐ。

網袋の中は、さざえかウニのようでした。

重そうなのでさざえかな?

下の写真の船から一人の漁師が下船して、歩き出した所です。

この奥の山が、海部城跡のある山です。

 

下: 川の上流を見ている。

川の右も海部城跡のある山です。

 

 

* 海部城と鞆浦について :

 

実は海部城が出来た16世紀(室町時代末期)、この山は河口に浮かぶ島だったようです。

ここは海と川を監視し、守るには最適な場所だったでしょう。

後に埋め立てられが進み、今は大きな海部川とこの小さな川に挟まれるようになった。

これを築城したのは海部氏ですが、元々は宍喰を拠点にしていたが、こちらに転居したようです。

海部氏は三好(阿波国と畿内を領有)に属していたが、高知の長曾我部との最前線となり、後に攻められ落城した。

 

今は、鞆浦を含む海部町と宍喰町が合弁して海陽町となった。

古い時代、海部は海運力と上流の木材業で発展した。

15世紀の兵庫の港(兵庫関)への入港記録「兵庫北関入船納帳」によると、海部船籍は全国10位であった。

阿波(徳島)では海部54隻、宍喰20隻、平島(阿南?)19隻で、海部が圧倒的に優位であった。

また同じ記録によると、当時、海部(鞆浦)と宍喰の木材の扱い量は阿波の約半数であった。

如何に、この地域の海運力が秀でていたかがわかる。

また室町時代から「海部刀」がこの地で生産されていた。

 

 

 

9

< 9. 街歩きを始める >

 

橋を渡って真直ぐ通りを進むと巨石が右手に見えた。

 

上: 大岩慶長・宝永地震津波碑

大きな石の表面の二ヵ所に碑文が見える。

左が慶長地震津波碑、右が宝永地震津波碑。

 

慶長地震津波碑: 1605年、高さ約30mの津波が7回来て、男女百人あまりが海に沈んだ。

 

宝永地震津波碑: 1707年、高さ約30mの津波が三度来たが、死者は出なかった。

 

本当に、徳島南部の海岸は幾度も巨大津波の被害に遭っていた。

 

不思議に思うのは、東北大震災の福島原発事故で、巨大津波を国も電力会社も想定外として平然としていたことです。

おそらく地元の漁港には幾つも巨大津波の碑が建っていたことでしょう。

一部の歴史学者は指摘しても、他に問題視した人はいなかったのでしょうか?

 

 

10

*10

 

11

*11

 

上: 港に面した広場の中央にあった建物。

民家ではなく、郵便局などの公共の建物のようでした。

 

下: 日蓮宗 吉祥山 法華寺

上記の建物から東方向に延びる道の奥には寺があった。

 

 

12

< 12. 古い民家が軒を並べる >

 

しかし、東由岐ほどには古い漁村の民家を見なかった。

 

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: , | Leave a comment

Post navigation

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。

A.&V.travel

WHEREVER YOU GO, GO WITH ALL YOUR HEART.

SoundEagle 🦅ೋღஜஇ

Where The Eagles Fly . . . . Art Science Poetry Music & Ideas

人生を最幸に生きる強みと癒しの案内人

25年テレビ番組の取材を経て開業社労士でもあるストレングスコーチがあなたに教える人生を最幸に生きるための自分の強みの見つけ方 あなたが幸せになるためにやることはこれだけだ

Mustafa Güçlü

Edebiyat ve Fotoğrafçılık & Literature and Photography

art gallery

ご訪問ありがとうございます。ヒロ

MiddleMe

Becoming Unstuck

Rain Coast Review

Thoughts on life... by Donald B. Wilson

brimofmylove

Beauty with brains

[Beach House] North Shore Oahu Hawaii

Hawaii North Shore Surf SUP Marine Life Pets

香港在住・旅好き30代女子のブログ

訪れた国は30か国以上♪旅情報と住んでいる香港情報をお届けします

%d bloggers like this: