book+ film+drama

Capital of Piketty 29: things learned from the book“Capital in Twenty-First Century” 


ピケティの資本論 29: 著書「21世紀の資本」から学んだこと

 

 名称未設定-1 

< graph 1. by “Capital in Twenty-First Century” >

< グラフ1.ピケティの「21世紀の資本」より >

 

This time, I sum up the book “Capital in Twenty-First Century”

著書「21世紀の資本」から学んだことをまとめます。

 

Preface

First I intended to write same introductions before I comment on a Piketty’s book “Capital in Twenty-First Century”

But I touched main disputes of Piketty much, so I will finish this serialization next time.

 

はじめに

私は最初、ピケティの著書「21世紀の資本」を解説する前に、少し入門編を書くつもりでした。

しかしピケティの論点に多く触れることになりましたので、この連載は終わります。

 

Things that I learned from this book

 

A: the mechanism of current expanding disparity.

The profit-earning ratio (4-5%) of a capital exceeds the growth rate (= economic growth rate 1-2%) of labor income, and the proportion of a capital (estate) in national capital keeps increasing.

 

Population continuing to decrease will ensure low growth in future.

The profit-earning ratio of a capital rises by mass money supply (monetary easing), but the decrease does not occur almost.

These two phenomenons have happened practically, but may not have been proved.

Furthermore, the concentrating assets gain additional acceleration more and more without being spent.

 

 

私が著書から学んだこと

 

A: 現在の格差拡大のメカニズム。

資本の収益率(4~5%)が労働所得の成長率(=経済成長率1~2%)を凌ぎ、国富に占める資本(遺産も)の割合は増え続ける。

 

今後も続く人口減が低成長を確実にする。

また資本の収益率は、大量の貨幣供給(金融緩和)により上がりこそすれ低下することはない。

この2点は現実に起こっているが、立証されていないかもしれない。

さらに集中する資産は、消費されずに益々増大に加速度がつく。

 

B: Much in national capital tends to concentrate on certain wealthy class and be increased.

 

By the factor mentioned in above and the increase of arbitrary high income, like the graph 1, the share of top 10% owns 63-72% of the total wealth in Europe and America and continue rising.

 

And also world wealth tends to concentrate on only very few wealthy class.

This is reality of the disparity, and the mechanism permeates among the world.

 

 

B: 国富の多くは一部の富裕層に集中し増加傾向にある。

A項で説明した要因と、恣意的な高額所得の増大により、グラフ1のごとく欧米において上位10%が国富の63~72%を所有しており、上昇し続けている。

 

そして世界の富もごく少数の富裕層に集中する傾向にある。

これが格差の現実であり、そのメカニズムは世界に浸透している。

 

C: There is certain time when the disparity reduced.

Like graph 1, it was during 1910 and 1970.

This was affected by the War and the high economic growth, but the enforcement of certain progressive income tax was effective most.

In other words, Britain and the United States carried out the innovative policy, played a leading role in the world, and a lot of country of the world followed it.

Right, it was a reverse pattern in the present.

 

 

C: 格差が縮小した時期がある。

グラフ1のごとく、1910から1970年の間。

これは戦争、高度経済成長の影響もあるが、累進所得税の施行が効いた。

つまり、英米が率先して革新的な政策を実施し、かつ世界各国がそれに準じたのです。

まさに、今の逆パターンでした。

 

名称未設定-2

< graph 2. by “Capital in Twenty-First Century” >

< グラフ2.ピケティの「21世紀の資本」より >

 

D: The national capital of the developed country became 4 – 6 times of GDP, and tends to expand more.

In during this half a century, the home equity of the Britain, the United States and France came to occupy 40-60% of the nation capital, and the people became rich more.

But the higher income class is, the lower a ratio of their home equity will become.

 

If there is such a large wealth, it isn’t necessary to postpone canceling our financial deficit.

In other words, the government collects a property tax from wealthy class, stops to an indirect tax that directly hits lower-income class, and the deficit and disparity are canceled.

 

 

D: 先進国の国民資産がGDPの4~6倍になり、拡大傾向にある。

ここ半世紀、英米仏の住宅資産が国民資本の40~60%を占めるようになり、国民は豊かになった。

ただ、最上位所得層ほど住宅資産の割合は少ないだろう。

 

これだけの富があるなら、財政赤字解消を先送りにする必要はない。

つまり、低所得層を直撃する間接税ではなく、富裕層から資産税を徴収すれば、赤字も格差拡大も防げる。

 

 

E: I could have self-confidence for talking on this disparity.

In past days, I had a little doubt that the person that represented the disparity might have prejudice.

However, I enriched my understanding about the disparity by knowing the political background and the historical change of the wage, a capital and the disparity.

 

On the next time, I write miscellaneous thoughts and this serialization is the last.

 

 

E: 私は格差について論ずる自信が持てた。

以前は、格差を指摘する側にも偏向があるのではないかと半信半疑であった。

しかし格差、資本、賃金の歴史的な推移と政治的な背景を知って理解が深まった。

 

 

次回、雑感を書き、最後とします。

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, <english language, <japanese language, series: Capital of Piketty | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Capital of Piketty 28: we go beyond globalization 3


1

ピケティの資本論 28: グローバル化を越えて 3

 

  • * 1

 

Last time, we saw that the globalization was in a natural way, and then the reaction of the globalization was easy to occur and was a dangerous incident.

What should we do?

 

 

前回、グローバル化は自然の流れであり、かつグローバル化の反動は起こり易く危険であることも見ました。

私達はどうすれば良いのでしょうか?

 

Preface

According to a Greek myth, Prometheus God stole a fire from the sky, and gave human beings.

Is this fire bringing human beings benefit or evil?

In the same way, a question “Is the globalization an enemy or a friend?” is meaningless.

 

はじめに

ギリシャ神話によると、プロメテウス神は天上の火を盗み人間に与えた。

この火は人間に恩恵と弊害、どちらをもたらしたのでしょうか?

これと同様に質問「グローバル化は敵か味方か?」も無意味です。

 

2

< 2. this result of tax increase and a reduction of taxes >

< 2. ?減税と?増税の結果 >

 

The root of the evil of an ongoing globalization now

As we already saw in this series, the disparity progressing on Japan and the world is more like the action behind the scenes of multinational enterprise and Hedge funds.

 

We will simply look at a movement of the current world economy.

The Japanese industrialist and worker raised the export power desperately.

The economic force improved before long and it caused the strong yen, and the export industry began to suffer from steep rise in sales price.

Explanatory note 1

As for this, the competition country also is the same.

 

Then some countries began to use prohibited strategy.

But it isn’t an illegal act yet.

It is a merger of big banks or huge company, a large reduction of taxes, a wage restrain, a deregulation of pollution control, and a currency manipulation, for the purpose of carrying out for industrial competitiveness reinforcement.

These countries began to do a cheap economic boost in parallel with it.

It was a public work project once, but right now, it became an enormous currency circulation being spread in the world.

The economical corruptness is spreading by combining with these.

Most of these techniques are advantageous to larger country.

 

This corruptness spread so that bad money drives out good money while each country has been exposed to competition before anyone knows.

 

 

現在起こっているグローバル化の弊害の根にあるもの

この連載で既に見た世界や日本で起きている格差の拡大と第26話のヘッジ・ファンドや多国籍企業の暗躍との間には通じるものがあります。

 

今の世界経済の動きを簡単に見てみましょう。

日本の企業家と労働者は必死になって輸出力を高めました。

やがて経済力が向上し円高になり輸出産業は販売価格の急騰に苦しみ始めます。

注釈1

これは競争相手国も同じです。

 

すると何処かの国が、禁じ手を使い始めます(まだ違法行為ではありません)。

それは産業の競争力強化の為に行われた大銀行や巨大企業への合併、大減税、賃金抑制、公害防止の規制緩和、為替操作などです。

これと並行して国は安直な景気浮揚策にも手を染めて行きます。

一昔前までは公共事業(土建工事)でしたが、現在は世界を駆けめぐる膨大な通貨発行(信用創造)です。

これらが相俟って、経済的な悪弊が広がっている。

これらの手法の多くは大国にとって有利です。

 

いつの間にか各国が競争に曝される中で、悪貨が良貨を駆逐するように、悪弊が広がっていったのです。

 

 

Then what should we do?

There is only one answer.

The world must obey minimum positive criterion along with doing free competition.

Europe and America could do it till the 1970s once, but it became impossible now in one country.

Piketty assumes that it is necessary the world enforce a progressive tax to property in cooperation without the omission to prevent disparity.

 

 

それではどうすれば良いのでしょうか?

上記への対策は一つしかありません。

 

世界が自由競争を行いながら最小限度の規範を守ることです。

これを1970年代までは欧米先進国で出来ていたのですが、現在は一国内では不可能になりました。

ピケティは格差を防止するために資産への累進課税を、抜けがないように世界が協力して行うことが必要だとしています。

 

3

  • * 3

 

Can the world cooperate?

We will look back to history a little.

 

There is a strange text in Code of Hammurabi of the 2nd millennium B.C.

“A merchant had purchased a slave in foreign country and returned to his home. After that, an original owner of the slave appeared. Then if it is true, he must release the slave in the case of a fellow countryman.”

The detail is unclear, but it may be a first law of recognizing the right of person being out of the domain at least.

 

There also is the text of the law of recognizing the right of person being out of the domain in “Roman law” and “Lex rhodia de jactu ” of about the first century A.D.

“You should help person of wrecked ship and return the owner the cargo”

It was really a problem discussed from ancient Greece era even if there was plunder.

There was a purpose of promoting the trade with other countries by keeping the security of the voyage and fairness of the business.

 

In other words, even ancient society disciplined oneself, and planned developing together with other countries.

There is not a reason that we cannot so today, but wisdom for it is necessary.

 

Next time, I plan the last article.

 

 

世界は協力することが可能だろうか?

少し歴史を振り返ってみましょう。

 

紀元前2千年紀のハムラビ法典に、奇妙な法文がありました。

「商人が外国で奴隷を購入し帰国した際、その奴隷の元の所有者が現れ、それが事実であれば、同国人の場合は開放しなければならない。」

詳細は不明ですが、少なくとも領域外の人の権利を認めている初出の法律かもしれません。

 

紀元1世紀頃の「ロード海法」、後の「ローマ法」にも、領域外の権利を認めた法文があります。

「難破船の人を救助し、積み荷を持ち主に返却すべき」

実際には略奪があったでしょうが、古代ギリシャ時代から議論されていた問題です。

そこには取引の公正や航海の安全を図ることによって、他国との商業や交易を促進する目的があった。

 

 

つまり、古代社会ですら、自国を律することにより他国間との発展を企図していたのです。

現代の私達に、出来ない理由はないはずです、智恵は必要でしょうが。

 

次回は、最終稿の予定です。

 

 

注釈1.基本的には国内産業を守るために輸入規制をすることが問題で、他にも円高を防ぐ手はあるが、費用発生とインフレの問題、また外国からの非難がつきまとう。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, politics, series: Capital of Piketty | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

Capital of Piketty 27: we go beyond globalization 2


ピケティの資本論 27: グローバル化を越えて 2

 

   1

< 1. Two images were made more than 24000 years apart >

< 1. 24000年の時を越えて >

 

Last time, we saw the evil of globalization.

This time, we loot at a flow of globalization.

 

前回、グローバル化の弊害を見ました。

今回、グローバル化の流れを見ます。

 

A flow of globalization

“Globalization” is that the activity and the viewpoint are spreading over.

 

The globalization has started together with our human history.

We looked at how the culture and civilization had developed with repeating the fusion and incitement beyond various districts and countries, in my series “Go around the world of Buddha statues” “birth of primitive art” and ” history of sickness and medical art”.

It is difficult to find developments that have been never influenced from others, about everything from Venus, motif of wall painting, religion, god statue, and medical art to medicines.

This is similar up to every development, science, language, law, thought, art, and political system.

The motive power comes from trade, conquer, emigration, propagation or information collection.

It is still spreading throughout our earth for more than 100,000 years.

 

 

グローバル化の流れ

「グローバル化」とは活動や視点がより地球規模に広がって行くことです。

 

グローバル化は人類史と共に始まりました。

連載「原初美術の誕生」「仏像を巡って」「病と医術の歴史」で、文化や文明が地域や国を越え、触発と融合を繰り返しながら発展して来たことを見ました。

ビナース像や壁画のモチーフに始まり、宗教と神像の造形、医術や薬物に至るまで、まったく他の影響を受けず独自に発展したものを挙げることは困難です。

これはあらゆる発展、科学、言語、法、思想、芸術、政治制度に至るまで同様です。

その原動力は、交易、征服、移住、布教、より良く暮らす為の情報収集でした。

それは10万年の時を越えて、今も地球全域に広がりつつあります。

 

2

< 2. an expansion tendency of the world trade >

< 2.世界の貿易拡大傾向 >

 

How about now?

Particularly, in the last half century, the degree of dependence on foreign trade in the world has increased from 10% to 30%.

This makes world economy activated and must have made people’s lives wealthier.

In association with it, the world has come to cooperate in a protection and a relief in every field, politics, military affair, economy, finance, and environment.

The representative example is the United Nations, EU, ASEAN, African Union and COP.

This background was the economic exchange, a desiring to peace, and an information and communication revolution.

It’s all are not the result of globalization, but it could not be accomplished without this.

 

 

現在はどうでしょうか

特に、ここ半世紀、世界の貿易依存度は10%から30%まで増大している。

これは世界の経済を活性化させ、人々の生活を豊かにさせているはずです。

これに連れて、世界はあらゆる分野、政治、軍事、経済・金融、環境で、保護や救済を協同するようになりました。

その代表例が、国連やEU、ASEAN、アフリカ連合、COPなどです。

その背景には、経済交流と平和への希求、さらに情報通信革命がありました。

これら総べてグローバル化の結果とは言えないが、これ無くしては成し得なかっただろう。

 

 cop

< 3.  the United Nations Framework Convention on Climate Change >

< 3.COPの気候変動枠組条約 >

 

Although having said that

Would people and nation have accepted globalization unconditionally?

 

If people chose to cut off all from outside, what would happen?

The result can be seen at a part of indigenous people.

It was the best method to avoid aggression for them to live at an isolated outpost.

However, they must have been exposed to the remarkable difference between the civilizations at last.

Looking back at the time, they had shared in a same civilization 1000 – 3000 years ago.

 

Some country disliked the cultural ideas or the products poured from foreign countries, and cut off diplomatic relations for defending the economy and culture.

For example, there was the national isolation policy of Ming Dynasty in China, it of the Edo era in Japan, and the protective trade of each country started from the Great Crash of 1929.

In the case of 1929, it caused the great shrinkage for the world economy in spite of a partial embargo and worsened the panic more.

When the degree of dependence upon foreign trade is rising in particular, the globalization backlash is very dangerous in today.

 

The collapses of the Soviet Union and the Yugoslavian federation of the 1990s were the same movement, and there are same rumors about EU now.

The reaction is easy to happen very much, and the evil becomes very large.

 

 

そうは言っても

人々や国家はグローバル化を無条件に受け入れて来たのでしょうか。

 

人々が外部と遮断する道を選べばどうなるでしょうか。

その顚末を、一部の先住民に見ることが出来ます。

隔絶された地に住むことは、彼らにとって侵略を免れる最善の方法でした。

しかし、最後に、彼らは著しい文明の差を突きつけられることになりました。

その彼らも元を正せば、約1~3千年前には同じ文明を共有していたのです。

 

国が異国からの文物流入を嫌い、経済的・文化的防御の為に国交を断絶したりすることはありました。

例えば、中国の明時代の海禁政策、日本の江戸時代の鎖国、1929年の株価大暴落に端を発した各国の保護貿易がありました。

明の政策は、密貿易と倭寇の隆盛を招いた。

日本の政策は、社会の混乱を防いだかもしれないが、文明の後退を招き、明治維新へと向かわせた。

1929年の場合、部分的な禁輸にも関わらず世界経済に大収縮を起こさせ、恐慌をより悪化させた。

特に貿易依存度が高まっている現代ではグローバル化の反動は非常に危険です。

 

1990年代のソ連邦やユーゴスラビア連邦の崩壊も同様な動きで、現在EUが取り沙汰されています。

反動は非常に起きやすく、弊害は大となります。

 

There is an important thing that we must not overlook here

Human beings have created various laws (norm and regulation) to prevent many troubles and defend mutual right, and there is a fact that human beings are expanding the coverage of the laws more.

The coverage of first law was only inside the tribe.

Before long, the law was applied to a nation, a federation of nations from the last fifth century, and global now.

But it is weak still.

 

The globalization of law is absolutely indispensable because of making equal each person and keeping each person’s security (economy, military affairs, human rights).

 

This continues next time.

 

 

ここで見逃してはならない重要な事があります

人類は、紛争を防止し互いの権利を守る為に法(規範、規制)を作って来たのですが、その適用範囲を拡大させて来たという事実です。

初め、法の適用範囲は部族単位でした

やがて法は国家単位となり、やがて5世紀ほど前から国家の連合、今は地球規模で適用するようになりました、これはまだまだ脆弱ですが。

 

人類が等しく一人ひとりの安全(経済、軍事、人権)を守る為には、法のグローバル化は絶対に欠かせないなのです。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, politics, series: Capital of Piketty | Tags: , , , , , , , , | 2 Comments

Capital of Piketty 25: a difficile mentality hiding in our mind 3


1

ピケティの資本論 25: 私達の心に潜む厄介な心理 3 

 

< graph1. a income change of each income class of Japan, by “Capital in Twenty-First Century”>

< グラフ1.日本の所得階層別の所得推移、by「The World Top Incomeがs Database」>

 

Last time, we look at the situation of income disparity of the U.S.

This time, we confirm how the income disparity progress for the middle class of Japan.

 

前回、米国の所得格差の状況を見ました。

今回は、日本の中間層にとって所得格差はどれほど進行しているかを確認します。

 

Explanation about graph 1

Each income classes were sorted in each range 0.01, 0.1, 0.5, 1, 5, 10% from the highest rank, and in 90% from the lowest rank.

The average income of these classes in 1980 becomes 100 respectively.

The income of the low class (red line) to account for 90% of the population decreases 19% over the entire period.

In contrast, the income of the upper class from 0.01% to 10% increases in all, and the income of the top class 0.01% increases to 72%.

This tendency is similar to the U.S. that I examined last time.

 

 

グラフ1の解説

所得階層を上位から0.01、0.1、0.5、1、5、10%、また下位から90%に分けている。

1980年の平均所得をそれぞれ100としている。

人口の90%を占める下位90%(赤線)の所得が全期間で19%低下している。

逆に、上位0.01%から10%の所得は総べて増加し、最上位層0.01%に至っては72%増加している。

この傾向は前回検討した米国と同様です。

 

Then what is happening to the Japanese middle class?

それでは日本の中間層はどうなっているのだろうか

 

2

< graph 2. these are used from some HP >

< グラフ2. 様々なHPより借用したグラフ >

Explanation: these three graphs show the income decline or disparity of Japan.

But, I cannot get a whole image of the disparity by these graphs.

 

In the lowest graph, I can understand a whole image a little because the population’s change of each class is clear.

Explanatory note of the lowest graph

Income class ————- A line of graph —— Annual income range

the most poor class——black line————- less than 1 million yen

poor class ——————red dash line——– 1 – 2 million yen

lower class —————–green line————-2 – 4 million yen

middle class —————blue dash line——–4 – 8 million yen

upper class —————-purple line ————8 – 15 million yen

wealthy class ————-pink dash line ——-more than 15 million yen

 

According to this graph, we can know that the lower class and the middle class have a lot of the population.

Furthermore, a decrease in the population being more than the middle class is balanced by an increase in the population being less than the lower class.

This shows a possibility that each higher income class is falling to lower class in sequence.

 

 

解説: この三つのグラフは日本の所得低下や格差を示すものです。

しかし今一つ、格差の全体像が見えて来ません。

 

一番下のグラフは階層毎の人口がわかるので少し全体像が見えます。

一番下のグラフの凡例

所得階層       グラフの線       所得範囲

最貧困層    黒実線          年収100万円未満

貧困層      赤破線   年収100万円以上200万円未満

下流階層    緑実線    年収200万円以上400万円未満

中流階層    青破線    年収400万円以上800万円未満

上流階層    紫実線   年収800万円以上1500万円未満

富裕階層       ピンク破線         年収1500万円以上

 

これによると下流階層と中流階層の人口が最も多いことがわかります。

さらに、中流階層以上の人口減少分が下流階層以下の人口増と釣り合っている。

このことは上位所得層が次々に下位へと没落している可能性を示す。

 

How is the actual situation of the disparity?

I made the following chart using two data of National Tax Agency.

Annotation 1.

 

格差の実態は如何に

私が国税庁のデーター「1年勤続者の給与階級別給与所得者数」「1年勤続者の給与階級別平均給与」を使って下記のグラフを作成しました。注意1

 

 3b

< graph 3. average income change of each income class that is one fifth of population >

< グラフ3. 給与階層20%毎の平均給与推移 >

Explanation: These incomes of 1980 become 100 respectively.

Top class is the 5th quintile (blue line), and bottom class is 1st quintile (red line).

The average income of each class in 1995 and 2013, and the drop rate are written in the explanatory note of this graph.

 

An obvious trend of the graph is the income drop of the 2nd quintile (pink line) is more than the 1st quintile (red line).

One of the reasons is because the data limited by longtime employees more than one year.

Annotation 1.

 

But, just like the U.S., the top class is remarkable about the recovery among all drop trends.

As for other class, the income drop trend becomes rapid along with class’s falling.

Japanese middle class (the 3rd and 4th quintile) is not yet as bad as the United States, but the drop of the 2nd quintile suggests the future.

 

解説: 1995年を100としています。

最上位層は第5分位(紺線)、最下位層は第1分位(赤線)です。

グラフ横の凡例に、各階層の1995年と2013年の平均所得と、その騰落率を記しています。

 

このグラフで目につくことは、第2分位(ピンク線)の所得低下が第1分位より大きいことです。

これはデーターが1年以上の勤続者に限定していることが大きく、すべてを対象にすれば妥当なグラフになるでしょう。注意2.

しかし、ここでも米国と同様に、全体に低下傾向の中、最上位層は回復が顕著で、階層が下るにつれ、低下は歴然としています。

日本の中間層(第3、4分位)はまだ米国ほどには酷くないが、第2分位の低下が行く末を暗示している。

 

Summary

Currently, the Japanese middle class has not a crisis mentality so much as the American middle class.

But Japan is approaching the American style of finance, economy and tax rapidly now.

Therefore, our middle class will be forced to fall during disparity that is spreading.

If the disparity becomes any serious, does wise middle class feel a crisis mentality?

 

This continues as another theme next time.

 

まとめ

現状では、日本の中間層は米国の中間層ほどには危機感を持たないだろう。

しかし、日本は今、米国流の金融、経済、税制に急速に近づきつつある。

したがって、やがて格差が開いて行く中で、中間層も没落を余儀なくされるだろう。

賢明な中間層は、どのぐらい格差が深刻になれば危機感を持つことになるのだろうか?

 

次回、別のテーマで続きます。

 

 

注意1: 全給与所得者を毎年、5分割する為に一部の数値を補間計算しています。

またインフレ分を控除し実質所得に修正しています。

 

ここで不思議なことに気づきました。

私はインターネットで最適なグラフを探したのですが見つかりませんでした。

不思議なことに、海外の格差を示すグラフにはわかり易いものがあるのですが、日本の格差用には皆無なのです。

日本政府がそれを隠しているとは思いませんが、残念です。

ピケティは、格差の問題意識が低い国はデーターに不備があると指摘しています。

 

注意2: 不定期のアルバイトなどを算定すれば第1分位の年間所得はもっと低くなる。しかし下落率は、米国に比べ大きくない可能性があります。

それは米国の最低賃金が実質低下しているが、日本は上昇しているからです。

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, politics, series: Capital of Piketty | Tags: , , , , | Leave a comment

Capital of Piketty 24:  a difficile mentality hiding in our mind 2


ピケティの資本論 24: 私達の心に潜む厄介な心理 2 

 

  1 

< graph1. a change of the number in each salary rank of private employees, by National Tax Agency >

< グラフ1. 日本、民間給与所得者の給与階級別人数の推移、国税庁資料 >

 

We saw a mentality of middle class that did not acknowledge the future, last time.

We see how bad the disparity progresses for the middle class, this time.     

 

前回、未来を見ない中間層の心理を見ました。

今回は、中間層にとって格差はどのぐらい進行しているかを見ます。

Preface

Please look at graph 1 based on data of National Tax Agency.

In the graph, it greatly increases that the number of the ranks that is less than income 4 million yen, particularly the bottom rank (less than 2 million yen, red line).

Conversely, the number of the ranks that is more than 6 million yen decreases.

However, only the number of the top rank (more than 15 million yen, black line) increases.

On the other hand, the middle rank (less than 4 million and 5 million yen) remains at approximately the same level.

By the way, the mean yearly income of Japan reached at the most 4,670,000 yen in 1997, and continued decreasing afterwards, and it came to 4,300,000 yen in 2008.

How do you understand the circumstances of disparity from this graph?

” The disparity of Japan has not progressed. Because the middle class is invariableness, and furthermore the lower-income class increases, but a wealthy class also decreases at same time”

Probably many people will interpret this in this way.

I will show the correct answer after we saw the circumstances of American disparity.

はじめに

国税庁のデーターに基づくグラフ1を見てください。

グラフにおいて、所得400万円以下の人々、特に最下層(200万円以下、赤線)では大きく人数が増えている。

逆に、600万円以上の人々の人数は減っている。

しかし、最上位層(1500万円超、黒線)の人数だけが増えている。

一方、中間層(400万円以下、500万円以下)はほぼ横這いです。

ちなみに日本の平均年収は、1997年(平成9年)に最高467万円に達し、その後低下し続け、2008年(平成20年)に430万円になった。

皆さんは、このグラフから格差の状況をどのように把握するだろうか?

「低所得層は拡大しているが富裕層も減り、中間層も変わらないので日本の格差は進行していない。」

または

「低所得層は拡大しているが、中間層の私は安泰なようだ。」

多くの方は、おそらくこのように解釈するでしょう。

先ず、米国の格差の状況を見てから、正解を示します。

What has occurred in America?

米国で起きていること

2

< graph 2. The top decile income share, by “Capital in Twenty-First Century” >

< グラフ2.上位10%の所得階層の総所得に占める割合、「21世紀の資本」より >

Explanation: In comparison with the 1950s, the share of top decile rapidly increases in Britain and the United States, it remains at approximately the same level in Germany and France, and it decrease once and are coming back now in Sweden (North Europe).

 

How does this influence the American middle class and lower-income class?

解説: 1950年代に比べ、富裕層(トップ10%)のシェアは英米2ヵ国で急増し、独仏2ヵ国で横這い、スウェーデン(北欧)は一度低下し、現在戻りつつある。

これは米国の中間層と低所得層にどのような影響を与えているのだろうか?

3

< graph 3. a changes in income of each 20 % class in the U.S. ,by Japanese Cabinet Office >

< グラフ3. 米国、各20%の所得階層毎の所得推移、日本の内閣府資料 >

Explanation: the graph (1) shows nominal income, and the graph (2) shows real income except for the inflation.

We look at the graph (2) from now on.

The 5th tertile (blue line) is the top 20% income class, the first tertile (blue broken line) is the bottom 20% income class.

Only the top class is restoring income after the Lehman Shock rapidly.

The others continue having all decreased the income, and the income drop of the 4th, 3rd, 2nd tertile came to 6-10% in four years.

The income remarkably drops according to drop in the class.

解説: (1)は名目所得のグラフで、(2)はインフレを除いた実質所得のグラフです。

これから(2)のグラフを見ていきます。

第5分位(青線)が最上位20%の所得階層で、第1分位(青破線)が最下層20%です。

最上位層だけがリーマンショック後、所得を急速に回復中です。

他は、すべて所得が低下し続け、第4、3、2位の所得階層の所得低下は4年間で6~10%です。

階層が下がるに連れ、低下が著しいのが見て取れます。

By the graph 2, the income share increase of the top decile was only less than 1% during the same period, but it came to 15% in the past 40 years.

In other words, I suppose that the income of classes except the top class dropped in excess of the graph (2) of graph 3 in the past 40 years.

Summary

When the disparity is progressing, the most important point is that the top class only increase the wealth rapidly, and those otherwise all decrease their wealth.

This structure is a thing by the finance and economic system that is approximately common to current advanced countries.

 

This continues next time.

グラフ2より、同じ時期の最上位10%のシェアは1%未満の増加に過ぎなかったが、過去40年間のシェアは15%(33―48%)に上昇していた。

つまり、最上位層(第5分位)以外の所得は、過去40年間でグラフ3の(2)を遙かに凌ぐ低下があったと推測出来ます。

まとめ

重要なポイントは、格差が進行している時、最上位層だけが急激に富を増やし、それ以外はすべて富みを減らしていることです。

この構造は、現在の先進国にほぼ共通の金融・経済システムによるものです。

次回に続きます。

補足1. 引用したグラフで気づいたことが2点あります。

一つは、グラフ3の(2)の実質所得が格差の進行状況をよく示していることです。

いま一つは、日本のグラフ1に比べ米国のグラフ3の方がはるかに格差がわかりやすいことです。

補足2. 日本と米国の心理の違いについて

心理学調査によれば、米国人は日本人に比べ楽観的であるとされています。

楽観的であることは、失敗を恐れず未来に向けて挑戦的です。

一方、悲観的であることは、慎重で保守的です。

この両方の心理は、人が自然に適応する為に必要だった。

厳しいが広大な環境では、果敢に挑む前者が有利でした。

豊かではあるが限られた環境では、現状維持の後者が有利でした。

しかし、社会自体が徐々に疲弊し始めている時の対応はどちらが有利なのでしょうか?

どちらにとっても、困難な対応を迫られることでしょう。

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, <english language, <japanese language, politics, series: Capital of Piketty | Tags: , | Leave a comment

Capital of Piketty 23: a difficile mentality hiding in our mind


ピケティの資本論 23: 私達の心に潜む厄介な心理 1 

 

  1 

*1

Piketty says that a global taxation is indispensable for rectifying economic disparities.

However, a certain mentality will disturb it.

We consider the difficile mentality that disturbs us when we must embark on rectifying disparities.

 

ピケティは格差の是正に世界的な課税が不可欠としています。

しかし、ある心理が邪魔をすることになります。

これから数回にわたり、格差是正に踏み出せない厄介な心理について考察します。

 

Preface

Probably, one of bigger walls that people cannot embark on rectifying disparities may be consciousness towards “future”.

 

There isn’t a problem in future.

The problem is that people are split into persons having hope in the future, persons already no having it, and having it until now, but persons that will be not able to have it eventually.

Under the consciousness of “future” of each class remaining far apart, the core of this problem hinges on how middle class acknowledges the future.

 

 

はじめに

人々が格差是正に踏み出せない最大の壁の一つは、おそらく「未来」に対する意識でしょう。

未来に問題があるのではありません。

問題の始まりは、未来に希望がある人と、既に希望がない人、今は感じていないがいずれ希望が断たれる人に分かれることにあります。

この問題の核心は、「未来」に対する各層の意識が大きく隔たる中で、社会の中核を担う層が「未来」をどう認識するかにかかっています。

Can our society handle properly on the future?

If same two accidents happen in the present and in the future, the mentality of person tends to emphasize the present more than.

Conversely, person tends to ignore accident that will happen in the far-off future.

This may be called natural mentality.

On the other hand, the human got a mentality “anxious mind” (by secretion of some hormone) that contradicted this, during the process of evolution.

Though the human works on new things by curiosity, this is a big reason that the human can avoid misfortune in the future.

Then, could our society handle properly future misfortunes?

There is a point that we should look out for.

In democratic society, it becomes a point that the middle class that occupies majority considers what shape is a maladjuative society (a sign of future misfortunes).

In fact, a middle class made a mistake in the social innovative changes in history.

 

社会は未来に適正な対処が出来るのか?

人の心理は、現在と未来に同じ事が起きるとしたら、現在を重視する傾向があります。

逆に言えば、人は遠い未来に起きる災厄を無視する傾向があります。

これは自然の心理と言えます。

一方、人類はこれと相反する心理、「心配性」(ホルモンの分泌)を進化の過程で得ました。

これこそは人類が好奇心によって新しい事に取り組みながらも未来で災厄を免れ得る大きな理由です。

それでは、社会は未来の災厄にうまく適応出来ているのでしょうか。

ここで一つ注意すべきポイントがあります。

民主的な社会において、大多数を占める中間層が、社会の不適応状態(未来で起きる災厄の兆候)をどう捉えるかがネックになります。

実は歴史上、中間層が社会の適応を誤らせることがあります。

2

< 2. income inequality of countries, by “Capital in Twenty-First Century” >

< 2.各国の所得格差、「21世紀の資本」より >

Explanation: a line “-◆-”shows Germany.  

A yellow zone shows the Weimar Republic era, and a red zone shows the era from the beginning of the Nazis autocracy till starting the war.

The income inequality decreased in the Weimar Republic era, but suddenly increased in the Nazis era.

 

解説: ドイツを-◆-で示す。黄帯はヴァイマル共和政時代、赤枠はナチス独裁開始から大戦開始までを示す。ヴァイマル共和政時代は格差が低下したが、ナチス時代は急激に悪化した。

One historical example

What kind of people supported the Nazis that have begun the Second World War?

The political party had been finely divided between the left wing and right wing in those days.

Emboldened young men participated in armed battle groups such as the storm troops, but the strong support of the middle class was necessary in order that the Nazis become the top party.

This middle class consists of white-collars, merchants and traders, doctors, public employees.

It is said that they supported the Nazis because of the character of the middle class that is conservative and authoritarian.

In other words, the middle class of that time feared to lose own livelihood, refused the reform in progress, and depended on iron-fist rule for sorting out the confusion.

Thereby, it is a well-known fact to have caused a miserable result.

歴史上の例を一つ挙げます。

第二次世界大戦を始めたナチスを支えたのはどのような人々だったのでしょうか?

当時、政党は左派と右派で細かく分裂していました。

突撃隊のような武闘集団には血気盛んな青年が参加しましたが、ナチスが国会で第一党になるには中産階級の強い支持が必要でした。

この中産階級とはホワイトカラー、商工自営業者、医者、公務員などを指します。

彼らがナチスを支持した理由は、中産階級の保守的で権威主義的な性格からだとされています。

当時の中間層が生活基盤を失うことを恐れ、進行中の改革を拒否し、また混乱を収拾する為に強権に頼ったからでした。

そのことで、逆に悲惨な結果を招いたことは周知の事実です。

3

*3

Summary

In democratic society, even if a problem is taking place in a part, it sometimes happens that the majority including the middle class ignores it, and the problem is left.

It may be said that this is because they were not able to forecast their future precisely.

A level of knowledge of the middle class is high, but they seem to not perform a breakthrough unless the situation comes to the boil.

 

This continues next time.

まとめ

民主的な社会において、一部に問題が起きていても、中間層を含めた過半数がそれを無視し、その問題が放置されることはあります。

さらに、社会が不適応を起こしていても、中間層は現状維持か過去への復帰に固執し、改革に対して積極的に阻止の行動をとることもあります。

これは、彼らが未来を適確に予想出来なかったからとも言えます。

中間層の知識水準は高いのですが、よほど事態が切迫しない限り、彼らは現状打破へと腰を上げないようです。

次回、具体的に格差の進行を例に中間層の立場を考察します。

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, mind, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

ピケティの資本論 21: よくある偏見 1


   1

*1

今までの20話で、格差に直接関わる問題を見てきました。

これから2回にわたり、警世の書に対するよくある偏見について考えます。

 

 

はじめに

皆さんの中には、ピケティの本にこんなイメージをお持ちの方がいるかもしれません。

「警世の書なんか当たったためしが無い!」

「こんな煽動の手には乗らないぞ!」

このことについて考えます。

2

  • * 2

警世の書

1970年に立ち上げられた「ローマクラブ」による報告書「成長の限界」の内容は鮮烈でした。

そこには地球の地下資源が早いものでは30年後には無くなると言うものでした。

現在、既にその期限が過ぎていますが、まだ資源は枯渇していません。

しかし、予測の基本は外れていませんし、そのおかげで世界は枯渇に向けて対策を打って来ました。

水産資源(漁獲)の自然の生産力は1980年代末にピークとなり、その後は養殖により増産を可能にしています。

希少金属や枯渇エネルギーの代替を既に進めています。

このような信憑性の高い報告書が世に出ず、また無視されていたら、おそらく悲惨な結果になっていたでしょう。

オゾン層の破壊の重大さが警告されたことによりフロンガスの使用が禁止され、地球温暖化防止の為に炭酸ガス排出の削減に世界は協力して取り組むようになりました。

人類が長らく嗜好して来たタバコの禁煙運動も然りです。

このような将来の健康や環境、資源を守る為にグロバールな規制を人類は初めて半世紀前から行うことが出来るようになったのです。

3

< 3. ローマクラブが発表した地球の未来像 >

煽動はあるのか

「21世紀の資本」において、ピケティの指摘は鋭いが経済的事実だけを述べるに留まり、歯痒いぐらい非難することを避けている。

一方、「格差はつられた」において、クルーグマンは多くの事例を挙げ政治を食いものにする人々の良心を問うている。

確かにピケティもクルーグマンも保守的ではない。

ピケティはフランスの社会党寄り、クルーグマンは米国の民主党寄りだろう。

しかし、彼らを煽動家と言うなら、彼らの挙げている経済データーや説明が虚偽かを問うべきでしょう。

私は、彼らの提示している経済データーや説明に間違いを見つけることが出来ない、不明なところや仮定に確信を持てない部分はあっても。

彼らの指摘は、概ね正鵠を射ていると思うのだが。

もし彼らを煽動家と言うなら、もっと強大な煽動集団が存在する。

マスコミ、学者、研究機関、政府が結託して煽動している状況は世界で進行している。

これは欧米先進国の中では、米国の国防や経済について最も悪化しているように思える。

巨大企業と超富裕層は、多くの研究機関や研究者を要し、都合の良い学説や調査結果を、豊富な資金力で広告や記事として流している。

実際、二大政党寄りのマスコミや研究機関の数には大きな開きがある。

日本でも、つい最近まで原子力産業において産官学やマスコミとの癒着があったことは周知の事実です。

それは非常に簡単な理由で、皆「金」に弱いのです。

これらについて、いずれ連載「社会と情報」で扱う予定ですが。

次回に続きます。

 

 

Categories: book+ film+drama, economy, history+evolution, <japanese language, mind, opinion, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 19: A fact that has occurred in the world now 2


ピケティの資本論 19: 今、世界で起きていること 2

    1

< 1. Thailand >

 

Last time, we saw the existence of the vast funds that wriggled in the world.

This time, we see how this brings big evil.

 

前回、世界でうごめく莫大な資金の存在を見ました。

今回、これが如何に災いをもたらすかを見ます。

Seeing an insolence of one billionaire

Does everyone have the experience plagued with the speculative funds?

Didn’t we just know it?

 

In 1997, Thai currency was made a short selling by a certain hedge fund, and the currency slumped, and Asian Financial Crisis occurred.

Because of this, business failures and unemployment occurred in large quantities, the damage extended to Asian whole area and Russia, and IMF pumped approximately 20 billion dollars into the rescue of it.

Japan performed the highest possible financial support and grant aid of 30 billion dollars for the economic recovery of Asian countries.

Of course, our tax is included here.

一人の億万長者の傍若無人さを見てみましょう

皆さんは彼らの投機資金で苦しめられた経験がありますか?

皆さんは知らないだけでしょうか?

1997年、タイの通貨が、あるヘッジファンドによって空売りされ、通貨が暴落し、アジア通貨危機が発生しました。

これにより企業倒産と失業が大量発生し、アジア全域とロシアまで被害が及び、IMFは約200億ドル(約2兆円)の救済を行いました。

日本はアジア諸国の経済回復のために300億ドル(約3兆円)の資金援助と無償援助と言う最大級の支援を行った。

当然、ここには国民の税金が含まれています。

2

< 2. Investors George Soros >

 

George Soros who led the hedge fund obtained a large amount of profit, and his assets seems to reach 1,500 billion yen.

He didn’t go against the law, and it all was business.

 

そのヘッジファンドを率いたジョージ・ソロスは巨額の利益を得て、彼の資産は1兆5千億円になったでしょうか。

彼は法に抵触することをしていません、すべて合法的なビジネスです。

3

< 3. a book of George Soros >

 

He wrote about his participation in Asian Financial Crisis with his book “The New Paradigm for Financial Markets by George Soros”.

“After all, somebody would begin on. I just was early most. Rather, I taught the Thailand authorities a weakness of the currency management.”

“In the previous United States, the financial regulation was severe, but it gradually became easy now.”

The deregulation is a perfect fair wind for them.

 

彼はその著書「ソロスは警告する」で、アジア通貨危機への関与についてこう記しています。

「所詮、誰かが手を付けただろう、ただ私が一番早かっただけ。むしろ通貨管理の甘さをタイ当局に教えてあげたのさ」

「昔の米国は金融規制が厳しかったが、徐々に弛緩し、やりやすくなっている。」

規制緩和は、彼らにとって絶好の追い風なのです。

4

< 4. Five countries suffered the most serious damage in Asian Financial Crisis >

< 4. アジア通貨危機の被害が大きかった5ヵ国 >

I introduce one part of the damage

The decline rate of the GDP was 56% in Indonesia, 34% in Malaysia, 30% in Korea, and 27% in Thailand.

The poverty ratio rose to 33% from 15% in Indonesia, and to 23% from 11% in Korea.

By the way, the population of Indonesia is 250 million.

The male suicide rate rose to 60% in Thailand, and to 45% in Korea.

The number of Korean suicides increased to 8,622 people of 1998 from 4,930 people of 1995.

 

What occurred in 500 million people of 5 countries of Asia?

By the remarkable rise of daily commodities and the unemployed person increase, starvation and malnutrition spread.

Furthermore, the budget reduction of the welfare and medical care by an advice of IMF forced them into a predicament.

In Thailand (the population is 67 million) only, the death due to pneumonia, tuberculosis and HIV increased to 50,000 in next five years.

 

Thus, rich person became richer, and poor person became poorer.

 

被害の一端を紹介します

GDPの減少率はインドネシア56%、マレーシア34%、韓国30%、タイ27%でした。

貧困率はインドネシアで15%が33%に、韓国で11%が23%に上昇した。

ちなみにインドネシアの人口は2億5千万人です。

男性の自殺率はタイで60%、韓国で45%上昇した。

韓国の自殺者数は1995年の4930人から1998年の8622人に増加した。

アジア5ヵ国の国民5億人に何が起きたのか。

生活物資(食料など)の高騰と失業者増大で、飢えと栄養失調が蔓延した。

さらにIMFの勧告による福祉・医療予算の削減が輪を掛けて彼らを追い込んだ。

タイ一国(人口6700万人)で、その後の5年間で肺炎、結核、HIVによる死亡者数が5万人増加した。

これには貧困による売春増加の感染症も含まれる。

こうして、富む者はより潤い、貧しい人はより塗炭の苦しみを舐めることになった。

Their arrogance

The speculators acquired big money without making effort by crushing on a weak part of the currency management of Thailand with a large quantity of funds.

When they know that a person will become a serious illness, they make the illness worse, and then they make the person buy costly specific medicines

They don’t choose the means to make big profit.

George Soros caused this big damage, but he didn’t apologize in his book, and the same big evil will be repeated again.

 

彼らの傲慢さ

投機家は通貨管理の弱いタイを大量の資金で潰すことにより、労せず大金を獲得しました。

相手が大病に成りそうだと知れば、悪化させてから特効薬を法外な値段で買わせるのです。

彼らは儲ける為に手段を選ばないのです。

ジョージ・ソロスは、これだけの大きな被害を出したにもかかわらず、彼の著作で一言も詫びていませんし、また同じことを繰り返すでしょう。

What is the problem?

It will be impossible to control desire for money, but we must take some means to minimize the damage.

Today, possessing huge money is equal to give a loose rein to possessing mass weapons.

If a regulation becomes excessive, it causes economic recession.

But the deregulation for finance became excessive today, and the evil will grow bigger in future.

 

This continues next time.

 

問題はどこにあるのか

社会に大きな被害が出た場合、人々はそれが繰り返さないように手段(法整備、政策)を講じて来ました。

あまたいる投機家から犯人を特定出来ない、危機管理が弱いタイ(被害者)が悪いでは済まされない。

旺盛な金銭欲を抑えることは無理でも、被害を最小にする何らかの手段を講じなければならない。

莫大な資金保有は、現状では大量の武器所有を野放しにしているのに等しい。

規制が過ぎると景気後退を招きますが、今まで見てきたように、現状は金融の規制緩和と富裕層への減税が顕著で、放置すれば今後さらに弊害が大きくなるでしょう。

次回に続きます。

Categories: book+ film+drama, economy, history+evolution, opinion, series: Capital of Piketty | Tags: , | Leave a comment

Capital of Piketty 15:  Things in the background of disparity 4


ピケティの資本論 15: 格差の背景にあるもの 4

 1 

< 1. whistleblower Snowden of U.S. Internet surveillance  >

< 1. 米国NSAを告発したスノーデン >

 

Last time, we see U.S. made a major move.

This time, this article becomes the continuation and summary.

 

前回、米国の大転換の理由を見ました。

今回は、その続きと、まとめになります。

Things that the great transformation caused

I am anxious about the current United States and feel uneasy about the future.

The United States is being the first to spread the disparity, and America-style economy and business seems to be confusing the world now.

The United States retreats from the policy of environmental disruption, global warming, and welfare policy.

Besides, The United States gets involved in some dangerous things on military affairs and information management (Internet surveillance).

I feel uneasy about obstructing a cooperative progress of the world.

 

However, I can criticize the United States because some critical information (whistle-blowing) still comes out.

This of the United States is superior.

On the other hand, I am not yet convinced as to why the United States is making the wealthy classes a priority.

Simply, it’s repeated in world history, is it an adherence between the wealthy classes that became enormous and the political power?

For example, the election expense for the President, House and Senate in 2012 reached approximately 500 billion yen.

In other words, person cannot become a politician if person having not enormous funds.

 

Their ancestor ever found a way out with effort and talent.

The United States is a country with a short history, and it were few that the people succeeded to vast wealth from feudal overlord and super-wealth.

People have self-confidence like “I find a way by myself”, and many people continue to strive for a dream, too.

 

However, the actual situation already began the transformation 30 years ago.

 

大転換が招いたもの

私は現在の米国を憂い、将来を不安視しています。

今や、米国は格差を率先して拡大させ、米国流の経済・ビジネスが世界を混乱させているかのようです。

環境破壊や地球温暖化、福祉政策の面でも後退している。

さらには軍事や情報管理(インターネット監視)で危険な事に手を染めている。

これらが世界の協調的な前進を阻害することに危惧しています。

しかし米国から、まだ批判的な情報(内部告発)が出てくるので私は批評出来るわけです。

これは米国の優れたところです。

その一方で、なぜ米国がここまで富裕層を優先するようになってしまったのか、私はまだ釈然としない。

単に、歴史上繰り返されて来た巨大化した富裕層と政治権力との癒着なのでしょうか。

例えば、2012年度の大統領・上下院選での費用は約5000億円に達した。

つまり、膨大な資金が無ければ政治家になれないのです。

彼らの祖先も、かつては努力と才能で活路を開いて来た。

米国は歴史の浅い国で、人々は大領主や大富豪から莫大な財産を相続することはなかった。

国民は「道は自ら切り開く」との自負があり、多くの国民もその夢にすがっています。

しかし、実態は既に30年前から急転回していました。

現在、先進国で最も格差が酷いのは米国、次いで英国です。

既に、富裕層と特権層(パワーエリート)は完全に「守り」に入り、その事実を国民に隠し、夢だけを喧伝しているように見える。

2

< 2. President Roosevelt having done New Deal program >

< 2.ニューディール政策を行ったルーズベルト大統領 >

Summary

The world had increased the disparity until about 1910, but developed country experienced the Great War and the Great Depression, and the developed country carried out a shakeup with an effective demand theory of Keynes, and the disparity reduced until the 1970s.

The point of the shakeup was to keep employment of worker, to promote a pay rise, and to impose progressive taxation on income and assets of wealthy class.

To have performed this daringly was the United States

 

However, a swing-over happened after a while after the war.

After the 1980s, the developed country advocated the monetarism, free competition and small national (welfare retreat), and they charged to deregulation, reduction of tax, and abolition of worker protection.

The causation is unclear, but the population decreases, low economic growth, and high level of unemployment became common in most developed country, furthermore and it resulted in less incentive to work, too.

On the other hand, the economic disparity increased, and fistful super wealthy persons having vast assets came to have power.

 They mobilized a lot of scholars by the rich funding ability, waged a campaign for the criticism against New Deal program and laborer egoism, and the predominance of deregulation, through mass communication.

Moreover they may have come to lead the political world by election support.

I think this is a current tide.

 

I heartily pray for the United States recover as emitting brightness just like the old days.

This continues next time.

 

まとめ

世界は1910年頃まで格差を増大させて来たが、二つの大戦と大恐慌を経験し、先進国はケインズの有効需要論に則り大改革を敢行し、1970年代まで格差は縮小していった。

改革のポイントは、労働者の雇用を守り、賃金上昇を促進し、富裕層の所得や資産に累進課税を課すことでした。

これを最も果敢に行ったのがニューディール政策を実施した米国でした。

しかし、やがて戦後しばらく経つと揺り戻しがおきた。

1980年代以降、先進国はマネタリズムと自由競争を掲げ、規制緩和や減税、小さな国家(福祉後退)、労働者保護の撤廃へと突き進んでいます。

因果関係は不明ですが、先進国の人口減と低経済成長、失業率の高止まりが常態化し、意欲の減退まで起きている。

一方、経済格差が増大し、莫大な資産を有する一握りの超富裕層が力を持つようになった。

彼らは豊富な資金力により多数の学者を動員し、ニューディール批判、規制緩和の優位、労働者エゴのキャンペーンをマスコミ通じて行い、さらには選挙支援によって政界を牛耳ることを可能にしたようです。

これが現在の潮流だと思います。

私は、輝きを放った米国が再起することを心より祈っています。

次回に続きます。

Categories: book+ film+drama, culture+society, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 14:  Things in the background of disparity 3


ピケティの資本論 14: 格差の背景にあるもの 3

1 

< 1. White House >

 

Last time, I introduced the background of disparity progressing in USA.

This time, we see why USA made a major move.

 

前回、米国で格差が進行している背景を紹介しました。

今回、なぜ米国が大転換したかを振り返ります。

Why did the United States make a major move?

The United States was the best country.

An epoch-making constitution establishment and the activity of Lincoln are old good examples.

It was an epoch-making that the United States enforced a progressive taxation for disparity correction and a policy for worker protection together with the U.K. prior to the world in the early 20th century.

The United States participated in World War II, and national irreplaceable blood flowed plenty, and thanks to this, now world peace is keeping.

In addition, the USA media of the 1960s challenged the government to a daring fight based on the conscience.

A great deal of immigration intake is American splendid traditions, too.

Till now, the emigrant was able to become the top (the President, super-wealth) in three generations from the base if they had talent and made every effort.

An American dream was there certainly.

米国はなぜ大転換をしたのか

米国はかって最良の国だった。

画期的な憲法制定やリンカーンの活躍などは古き良き例です。

20世紀前半の労働者保護や格差是正の為の累進課税は、英国と共に世界に先駆けた画期的なものでした。

第二次世界大戦で米国は参戦し、国民の尊い血を流してまで世界の平和を守ってくれました。

また1960年代のマスコミは政府に良心に基づく果敢な戦いを挑んでいました。

大量の移民受け入れも米国の素晴らしい伝統です。

今まで、移民は努力と才能があれば、底辺から三世代でトップ(大統領、大富豪)にもなれた。

そこにはアメリカンドリームが確かにありました。

However, the world situation had changed under USA’s feet.

After the world war, Germany and Japan accomplished rapid economic growth, and the predominance of America began to decline.

In addition, the worker protection that was promoted by Britain and the United States and was spread throughout developed countries caused the frequent occurrence of constant wage increase and strike.

Depending on the world that entered a rapid expansion phase of trade, the imbalance between import and export industries arose in each country.

Thus, stagflation (simultaneous progress of recession and inflation) raged through developed countries.

In addition, the United States entered the Cold War after the world war and greatly became impoverished by the Vietnam War.

Under such circumstances, American economist Friedman established economics “monetarism” that emphasized money supply.

Each country that was helpless with the stagflation restraint came to adopt the monetarism.

The Friedman denied an effective demand policy and a discretionary fiscal policy of Keynes, and was aiming at free economy that hadn’t any regulation.

 

しかし、足下で世界の状況が変わっていたのです。

大戦後、ドイツや日本が高度経済成長を遂げ、米国の優位に陰りが出て来ました。

また英米が推し進め先進国に浸透した労働者擁護は、恒常的な賃上げやストの頻発を招いた。

世界は急激な貿易拡大局面に入ったことにより、国内の輸出入産業間でアンバランスが生じた。

こうしてスタグフレーション(不況とインフレの同時進行)が先進国で吹き荒れた。

また米国は大戦後、冷戦に突入し、ベトナム戦争で大きく疲弊することになった。

こうした中、米国の経済学者フリードマンが貨幣供給量重視の経済学「マネタリズム」を打ち立てた。

スタグフレーション抑制に頭を抱えていた各国はマネタリズムを採用していった。

フリードマンは、ケインズの有効需要説や裁量的な財政政策を否定し、規制の無い自由主義経済を目指していた。

2

< 2. Thatcher and Reagan >

 

In the 1980s, Thatcher and Reagan drew attention by aiming to regain once strong country.

They changed the economy, the finance, the labor policy and the taxation system 180 degrees by using the economics of Friedman, and performed reformation of the society and arms buildup more.

In this era, many business-style that were born in Britain and the United States were in widespread use till present.

Judging from the economic indicator for more than 10 years after that, even if it were not sure whether their reform saved economy and finance at the time, the stagflation went away.

 

1980年代、サッチャーとレーガンは「かつての強い国を取り戻す」ことを目指し脚光を浴びた。

彼らはフリードマンの経済学を武器に経済・金融・労働政策・税制を180度転換させ、さらに社会変革と軍備増強を行った。

この時代、英米から現在普及している数々のビジネススタイル(産業、金融)が生まれた。

彼らの改革が、当時の経済と財政を救ったかは、その後10年以上の経済指標を見ても定かではないが、スタグフレーションは治まった。

3

< 3. Bubble burst growing increasingly severe along with being repeated >

< 3. 繰り返しながら深刻さを増すバブル崩壊 >

Piketty see the two economic reforms of Keynes-style (1930s) and Friedman-style (1980s) as ineffective together.

However, as we saw until now, since the world took the policy of Friedman-style, the large-scale economic bubble and the economic disparity increased.

On the other hand, it did not lead to a great depression.

 

This continues next time.

ピケティはケインズ流(1930代)とフリードマン流(1980年代)の経済改革は共に効果が無かったとしている。

しかし、これまで見て来たように、フリードマン流になってから経済格差の拡大や繰り返す大規模なバブルを生んでいる。

一方、大恐慌には至らないようにはなった。

次回に続きます。

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | 3 Comments

Capital of Piketty 13: Things in the background of disparity 2


ピケティの資本論 13: 格差の背景にあるもの 2

1

< 1. book ”The Price of Loyalty”, the left side is O’Neill >

< 1. 本「忠誠の代償」、左がオニール >

 

Last time, I introduced an opinion of Krugman about the background of disparity in U.S.A.

This time, I introduce opinions of an American businessman (former Secretary of the Treasury) and Piketty.

 

前回、クルーグマンによる米国の格差の背景を紹介しました。

今回は、米国の実業家(元財務長官)とピケティの意見を紹介します。

Background of the disparity progressing now

A. We look at ”The Price of Loyalty” written on the basis of the former Secretary of the Treasury’s disclosure by Ron Suskind.

 

Paul O’Neill was the Secretary of the Treasury in the era of President junior Bush, a moderate Republican and a proven businessman.

His appointment of the Secretary was a strong request by father Bush, and a role of supervisor of junior Bush was expected to him.

According to the book, more policy decision of the White House is only an ingratiating behavior for patrons (big company, lobbyist), and other are to dole out pork-barrel projects and to push forward in accordance with an ideology (neo-liberalism).

 

There isn’t a long-term perspective here, the President demolished the better way that O’Neill had sued for fiscal deficit reduction and corporate health (reflection of the Enron failure), and he performed a large reduction of taxes (pledge) more.

In addition, he carried out the attack on Iraq on schedule.

The White House seems to be controlled by a few power elite (businessman etc.) and supper wealthy class.

Therefore O’Neill who tried to carry out the reform plans was forced out of the government.

 

現在、進行している格差の背景

 A.  元財務長官の暴露を元にロン・サスキンドが著した「忠誠の代償 ホワイトハウスの嘘と裏切り」から見えるもの。

ポール・オニールはジュニア・ブッシュ大統領時の財務長官で、実績のある実業家で共和党穏健派でした。

彼の長官就任は、父ブッシュからの強い要望で、息子のお目付役を期待されていた。

著書には、ホワイトハウスの政策決定は選挙支援者(大企業、ロビイスト、共和党支援者など)のご機嫌取りに終始し、他は人気取りとイデオロギー(ネオリベラリズム)で突き進んで行く姿が描かれている。

そこには長期視点などなく、オニールが訴える財政赤字削減策と企業健全化策(エンロン破綻の反省)を大統領は反古にし、さらに大減税(公約)を行った。

また予定通りのイラク攻撃を実行した。

著作によると、ジュニア・ブッシュの能力と意識は低いことになり、絶大な支援者がいなければ存在しなかったのではと思わせる。

そこにはホワイトハウスが、莫大な選挙資金と交換に、一握りのパワーエリート(企業家など)や超富裕層に支配されている構図が覗える。

したがって企業倫理向上と増税で財政改革を実行しようとしたオニールは更迭された。

 

 

 2

< 2. Friedman, 1912-2006 >

< 2. フリードマン、1912~2006年 >

B.Piketty describes in “Capital in Twenty-First Century”.

In the world, the disparity is progressing rapidly in specially U.S.A. among developed countries from the 1980s.

But there is difference in the appearances.

It is like an infectious disease spread.

 

As for it, there are two factors mainly.

One factor is an unlimited succession to property and a low economic growth prolonged even more.

The income (finance, real estate) produced constantly by huge assets (inheritance) exceeds greatly the labor income not increased by a low economic growth.

Thus this disparity keeps enlarging.

At this rate, there are no chances a new comer recovers.

 

The monetarism advocated by American economist Friedman is a monetary supply theory that calms an economic crisis and a stagflation.

The wealthy class emphasized convenient “deregulation” from the thought of Friedman, and the government carried out it.

 

Piketty describes only this fact, but Krugman gets angry at the connection between business and politics.

 

This continues next time.

 

 

B. ピケティは「21世紀の資本」で述べています。

世界中、先進国では米国を筆頭に、差はあるがいずれも1980年代より、格差が急速に進行している。

あたかも、伝染病が広まるように。

これには大きく二つの要因があり、一つは、現在の無制限の遺産相続と、長引く低経済成長にある(国で異なる)。

巨大資産(遺産)から定常的に生み出される所得(金融、不動産)が低経済成長で伸びない労働所得を大きく上回る為、その差は拡大するばかりです。

これでは新規参入者が挽回する機会がありません。

(彼は、世界が低経済成長になる理由を人口減としているが、更なる原因を説明していない。)

もう一つは金融・経済政策がマネタリズムと規制外し一辺倒になったことで、巨大資産の利殖は絶好調になった。

マネタリズムは米国の経済学者フリードマンが提唱した恐慌やスタグフレーションを静める貨幣供給理論です。

富裕層はフリードマンの思想から都合の良い「規制撤廃」を強調し、政府は実行した。

ピケティはこれらについて淡々と事実だけを述べているが、クルーグマンは政財界の癒着と横暴に怒り心頭です。

次回に続きます。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, economy, history+evolution, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 12: Things in the background of disparity 1


ピケティの資本論 12: 格差の背景にあるもの 1

   1

*1

 

Last time, we looked at the issues of the disparity.

We look at the background of disparity with a focus on U.S.A. four times.

I introduce the main point from some overseas books.

 

前回、格差の問題点を見ました。

これから4回にわたり米国を中心に格差の背景を見ます。

海外の著名人の著書から要点を紹介します。

 

Preface

There are several disparities in any generation, people notice the serious damage and try the correction.

Therefore, they temporarily had been able to lower adverse effects, but it continues because of not being able to eliminate the ingrained discrimination.

On the contrary, when the correction had become radical, the society often was confused.

This repeat may be a history.

I thought that many developed countries became good by democracy and improving awareness of human rights, but the disparity is reviving again now.

 

はじめに

格差(差別)はいつの世にも存在し、社会はその重大さに気付き是正に向かう。

それによって、悪影響を小さく出来たこともあったが、根深い差別を断てず、今も続いているものもある。

逆に、是正が急進的になり、社会を混乱させたこともあった。

この繰り返しが歴史かもしれません。

多くの先進国は民主主義と人権意識の向上で良くなったと思っていたが、今、また格差が復活しつつある。

2

*2

The repeated disparity

In the old days, most imperial collapses had concluded by an invasion of different ethnic groups, but the much was caused by failures of function in the empire.

There were a corruption of powerful persons and a dropping of ruling power, and on the other hand, there were an increase of the dissatisfaction and poverty as for many people.

 

Several centuries ago, the expansion of exploitation and disparity led to a revolution or independence.

There were some people that scrambled for accumulating the wealth and holding power, and other people’s wealth were squeezed approximately reasonably.

Saying that it is rational is because of being performed with obeying the law that the assembly established.

 

There are many factors that a country falls failures of function and declines.

The much start with that the most people become to be suffering from poverty (disparity), because the privileged grasps a lot power, and performs arbitrary management of politics and economy.

Book

“Why nations fail” of Daron Acemoglu is acquainted with this.

 

繰り返される格差

古くは、帝国の崩壊は異民族の侵入で完結したが、その多くは帝国の機能不全に起因していました。

そこには権力者層の腐敗と統治能力の低下、一方で多くの民衆の困窮と不満の増大があった。

数世紀前には、搾取や格差の拡大が革命や独立などに繋がった。

そこには富の集積に奔走し権力を握る人々と、ほぼ合理的に富を絞り取られる人々がいました。

合理的と言うのは、議会が定めた法に抵触しないように行われたからです。

国が機能不全に陥り衰退する要因は多々ありますが、多くは一部の特権層が権力を握り、恣意的な国家・経済運営を行い、益々、大多数の民衆が貧困(格差)に喘ぐことから始まります。

これはダロン・アセモグル&ジェイムズ・A・ロビンソン著「国家はなぜ衰退するのか上・下」に詳しい。

3 図9-8

< 3. share of top decile in total income, by “Capital in Twenty-First Century” >

< 3. トップ十分位の総所得シェア、「21世紀の資本」より >

Explanation: In U.S.A., share of top 10 % in total income is 48 %.

解説: 米国では上位10%の所得層が所得全体の48%を得ている(総資産ではない)。

Background of disparity progressing now

Unfortunately the economic disparity progresses most in the United States, and Europe also progresses, but the degree is different.

I introduce the situation of U.S.A. with American book mainly.

現在、進行している格差の背景

残念ながら経済格差は米国で最も進行し、欧州も程度こそ違うが進行している。

主に米国の学者による米国の状況を紹介します。

* Krugman describes in his book “The Conscience of a Liberal”

Republican Party had confirmed the conservative swing from about 1980s, and was headed to protecting a part profit than equality and fairness.

And the party strengthens solidarity with a small number of moneybags billionaire person and big companies, and got a found and power more.

Thus they accelerated the abolishment of estate tax and the reduction in progressivity of income tax, and abolished the corrective measure that New Deal program had built previously.

In the result, the remarkable disparity of the early 20th century suddenly surfaced again.

Krugman points out about the background factors.

White people having strong discriminatory sentiments against black people had increased a sense of crisis.

 

This continues next time.

 

* クルーグマンは著書「格差はつくられた」で述べています

共和党がおおよそ1980年頃から保守化を強め、平等や公正よりも一部の利益擁護に向い、一握りの超金持ちと大企業との団結を強め、資金と力を得た。

こうして遺産税撤廃、所得税の累進性排除を加速させ、それまでのニューディール政策で築き上げた是正措置は撤廃され、20世紀初頭の著しい格差が再度急浮上してきた。

クルーグマンは、この背景に黒人への強い差別感情を持つ白人達が危機感を募らせた結果だとしている。

次回に続きます。

Categories: book+ film+drama, economy, history+evolution, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 11: What of disparity is issue? 2


ピケティの資本論 11: 格差の何が問題か 2

 

  1

*1

 

This time, I consider the basic issues of disparity.

今回は、格差の基本問題を考察します。

Basic issues of disparity

A: People can’t do the lowest cultural life.

B: People are driven into this situation and can’t escape.

C: As a result, it declines the motivation of people, and the society is retarded, and people’s dissatisfaction smolder.

 

格差の基本問題

A: 人々が最低の文化的生活すら出来ない。

B: 人々が、この状況へと追い込まれ、脱出出来ない。

C: この結果、人々が意欲を低下させ、社会が停滞し、不満が鬱積していく。

Explanation

A: People can’t do the lowest cultural life.

It is the best to have not plunged them into the situation, but welfare policies can give them the chance of the comeback.

 

However, the resources are necessary.

However, our government is going to supplement it by raising the consumption tax for longtime deficit financing already.

When low-income class is expanding, the collection of the indirect tax (consumption tax) inflicts further damage on the society and economy.

It is inevitable by most definitions.

Originally, income tax, moreover progressive tax is most suitable for it.

 

There is also a strong negativism against it, and people can’t embark on legitimate taxation.

“ When it was performed, a wealthy class escapes to abroad, and the economy declines”.

This is like intimidation.

Piketty denies this with the book.

 

Piketty said that vast assets of the wealthy class already have escaped to abroad with tax haven (custom free), and their living base still remains in their country.

In my opinion, the wealthy class that thinks to escape to abroad only uses assets for speculation without using for consumption.

Even if stock prices go up, the economy doesn’t upturn.

We should act to not evade the wealthy class’s paying tax and the world should cooperate for it.

Only when this is performed, each government can do normal economy and social operation.

 

 

解説

A: 人々が、最低の文化的生活すら出来ない。

その境遇に陥れないことが最良ですが、福祉政策等により再起のチャンスを与えることが出来る。

しかし財源が必要です。

ところが既に長年の赤字財政の為、消費増税でそれを補おうとしています。

常識的に見て、ただでさえ低所得層が拡大している中で、間接税(消費税)の徴収は更なるダメージを社会経済に与えるのは必至です。

本来、所得税、それも累進課税が最適なのですが、政府からは聞こえて来ません。

これにも強力な否定論があり、国民は正当な課税へと踏み出せない。

「それが行われると、富裕層が国外に脱出し経済が減速する」と言う脅迫めいたものです。

これをピケティは著書で否定しています。

ピケティ曰わく、既に多くの富裕層の莫大な資産はタックスヘイブンなどで海外に逃避(無税化)しており、また多くの富裕層の生活拠点はそのまま残っている。

私見では、国外脱出を考えるほどの富裕層は資産を消費に使わず投機に使うだけで、株価は上がっても、景気上昇には繋がらないはずです。

これもよく使われる目眩ましで、超金持ちへの援護射撃でしょう。

この税逃れを放置するのではなく、世界は一致協力し、逃げ得を許さないようにする必要があります。

これが行われてこそ、各国政府は正常な経済・社会運営が出来るのです。

どちらにしても、このようなあやふやな脅迫で所得税増税が出来ず、経済と社会を更に悪化させるのは愚の骨頂です。

B: People are driven into this situation and can’t escape.

I introduced some parts of this mechanism already, but the fundamentals are mechanism called an enclosure or discrimination by government, enterprise and society.

 

This disparity occurred by an irregular employment system that was made by the government, and the companies applied it freely, and the people discriminated them.

The irregular employees are placed under a bad condition for marriage, unemployment, childcare, education, medical care, and pension.

Already, the social position of low-income class or irregular employment fixed and it can be said that this disparity entered early stage.

 

If Japan pushes forward this current system, ignores this world situation and continues management and economic management of American style, the deterioration is unavoidable.

 

B: 人々が、この状況へと追い込まれ、脱出出来ない。

このメカニズムの一部は既に紹介しましたが、基本は政府や企業、社会による囲い込みや構造化、差別と呼ばれるものです。

(このことは長谷川公一著(共著)「社会学」有斐閣刊に詳説)

この格差は、政府が非正規雇用制度を作り(規制を外し)、企業がそれを際限なく適用し、周囲(正規雇用者も)が看過し差別することで起こっています。

非正規雇用者は、結婚、失業、育児、教育、医療、年金などで大きく悪条件下に置かれて行きます。

こうなるといつの世も同じですが、その個人と家族、さらに次ぎの世代を担う子孫が這い上がる機会を失ってしまいます。

既に、非正規雇用の身分や低所得層が確定し、格差の初期段階に入ったと言えます。

日本が現行制度を進め、世界情勢を放置し、米国流経営や経済運営を追従し続けるなら、悪化は必至です。

2

*2

C: As a result, it declines the motivation of people, and the society is retarded, and people’s dissatisfaction smolder.

This situation emerges in declining birthrate, immigration clampdown, and high unemployment rate in Europe and America than Japan.

 

Europe and America were getting the worker by immigration intake because of the population decrease of nature, but they became needless when low economic growth continued.

This may be similar to the era of Hitler who imputed the dissatisfaction of people to anti-Semitism because of the spread of unemployment.

 

Next time, we look at the social current being in background of the disparity from 4 overseas books.

C: この結果、人々が意欲を低下させ、社会が停滞し、不満が鬱積していく。

この状況は日本より欧米先進国で少子化や移民排斥、失業率高止まりに現れている。

欧米は自然の人口減を移民受け入れで労働者を確保して来たが、低経済成長が続くと不要になって来た。

これは失業の蔓延による国民の不満を、ユダヤ人排斥に転嫁したヒトラーの時代に似ているかもしれません。

現在、日本の格差も拡大中であり、同じことを続けていれば、同じ轍を踏むことになるかも知れません。

次回、格差の背景にある社会潮流を海外の4冊の本から見ます。

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 9:  Things that make inequality firm 2


ピケティの資本論 9: 格差を強固にするもの 2

      1

< 1. a catastrophic plunge in stock prices of New York >

< 1. ニューヨーク株価大暴落 >

Last time, we looked at the underclass became poor more and the inequality was strengthened.

This time, we look at a wealthy class became richer and the inequality was strengthened.

 

前回、低所得層がより困窮し、格差が強化される状況を見ました。

今回は、富裕層がより豊かになり、格差が強化される状況を見ます。

 

The income decline of underclass and the income increase of wealthy class come out of unitary construction

What would happen to the wealthy class that should have lost many assets at every financial crisis?

When I see an American economic data, they achieved recovery by several years and rather had more large assets.

We will see the situation.

低所得層の所得低下と富裕層の所得増大は一体構造から生まれる

金融危機の度に多くの資産を失ったはずの富裕層はどうなったでしょうか?

米国の経済データーを見ると、数年で復活を遂げ、むしろより多くの資産を持つようになっている。

その状況を見てみましょう。

2バブルの比較

< 2.   American economic recessions, vertical axis: unemployment rate, transverse axis: number of months >

< 2.米国の景気後退期の比較、縦軸:失業率、横軸:月数、>

Explanation: it shows the biggest unemployment rates of the 11 recessions and its periods.

Between this recession periods, being distressed mostly was the underclass.

And for super-rich people, it was the chance of the jump that becomes richer.

解説: 11回の景気後退期の最大失業率とその期間がわかります。

この後退期に、苦渋を多く舐めるのは低所得層でした。

かつ超富裕層がより豊かになる飛躍の機会でもありました。

3図

< graph 3. proportions of income of the top 10 % in America, by“Capital in Twenty-First Century” >

< 3. 米国におけるトップ十分位の所得占有率、ピケティ「21世紀の資本」より >

Explanation: it shows the proportion of the income of top 1%, top 5%-1%, and top 10%-5% in American total incomes.

After 1980, the proportion of income (8-24%) of the top 1% goes down once each economic recession period of graph 2, but suddenly recovers afterwards and increases more.

The proportion of the income of top 10 in American total incomes increased rapidly, it became 48 % in 2010, and the tendency is remarkable as more rich class.

解説: 所得上位1%、5―1%、10―5%層の所得が全米総所得に占める率を示す。

1980年以降、最上位1%の所得占有率(8~24%)がグラフ2の景気後退毎に一度下がるが、その後急激に回復し、より増大している。

所得上位10%の全米所得の所得占有率は急速に増大し、2010年で48%に至り、所得の多い人ほどその傾向が著しい。

What is taking place?

This mechanism is simple, and is to help the cause banks and investment companies by our national tax for emergency countermeasures of government after a collapse of bubble economy.

On the other hand, the government reduced the tax amount from the expense used for the relief of the socially vulnerable, and the underclass became to suffer more.

何が起きているのか

このからくりは単純で、バブル崩壊後の政府の緊急対策で、元凶の銀行、投資会社を国民の税金で助けることにあります。

一方、これに回された税金分だけ弱者対策の費用削減になり、米国の場合、皆保険制度の縮小になり、弱者を苦しめることになる。

“If banks are smashed, it becomes the true Great Depression, and it becomes serious damage having to need ten years or more for revival”

In this way, surprised people have gone to bed crying.

I cannot say badly about doing a financial crisis calm by money supply.

But it is same as helping a diabetic that continues food satiation with insulin repeatedly, and only worsens him after all.

 

「もし銀行などを潰せば、本当の大恐慌になり、復活に10年以上を要し被害は甚大となる」

こうして驚かされた国民は泣き寝入りすることになる。

金融危機を貨幣供給で沈静化させることが間違っているとは言えないが、所詮、飽食を続ける糖尿病患者にインスリンでその場しのぎを繰り返し、悪化させているだけです。

Having contributed to income increase of the top 1 % in graph 3 was capital gain (profits of stock and credit).

Central bank issues lots of currency for economic recovery (monetary easing), and the excess funds of wealthy class and companies invest in speculation, and it invites the next bigger economic bubble.

And if they fail, they are helped also.

 

グラフ3の所得上位1%の所得増大に大きく寄与しているのはキャピタルゲイン(株・債権の売買益)でした。

これは、中央銀行が景気回復の為(金融緩和)と称して通貨を大量に発行し、富裕層や企業の余剰資金は投機に回り、次のより大きなバブルを招いているからです。

そしてまた失敗すれば助けるのです。

4通貨供給量

< 4.  a change of currency circulation of major countries >

< 4.主要国の通貨発行高の推移 >

Explanation: The currency circulations of each central bank are all higher than the GDP growth rate, but only it of Japan (blue line) is low level.

As a result, it became appreciating yen, but the influence of the Lehman shock in 2007 became slight adversely.

 

What did take place by it?

解説: 各国中央銀行の通貨発行量はいずれもGDP成長率よりも高いが、日本の通貨発行量(青線)だけが低水準です。

この結果、円高になったが、逆に2007年のリーマンショックの影響が軽微になった。

(日本は成長率が零に近いので、この低い通貨発行量でもGDP成長率よりも著しく高い。)

この結果、何が起こったのでしょうか。

5株価総額

< 5. a change of total stock price in the world main market >

< 5. 世界主要市場の株価時価総額の推移 >

The difference of the world total stock price in 2007 and 2008 in graph 5 is 7,200 trillion yen (120 yen/dollar).

The difference of Japan exceeds 200 trillion yen, and is equivalent to about half of the GDP.

Only people to be able to ride on this insubstantial thing are possible to continue increasing assets.

Thus, at every economic bubble burst, the inequality of underclass (the weak) and wealthy class spread more.

If it is left unsolved, it keeps deteriorating.

 

グラフ5の2007年と2008年における世界の株価時価総額の差は7200兆円(120円/ドル)です。

日本でもその差は200兆円を超え、GDPの約半分に相当します。

この実体の無いものに便乗し操れる人々は、資産を増やし続けることが可能です。

こうしてバブル崩壊毎に、低所得層(弱者)と富裕層の経済格差はより拡大していきます。

このことは多くの先進国で大なり小なり起きていることで、放置すれば悪化するばかりです。

6所得税率

< 6. the top marginal tax rate of the income tax in main countries, by“Capital in Twenty-First Century” >

< 6. 主要国における所得税の最高税率の推移、ピケティ「21世紀の資本」より >

Explanation: USA and United Kingdom decided on a progressive tax for the inequality reduction as a forerunner in the world once.

解説: 米国と英国はかつて世界に先駆けて、格差縮小のために累進課税に踏み切った。

In fact, government caused the inequality expansion

The asset increase of wealthy class was not taking place in graph 3 from 1940 to 1980.

This is because the U.S. government imposed high progressive taxation (inheritance tax, income tax) of graph 6 only during this period.

In other words, current unhappy result occurred because the U.S. government supported wealthy class in the taxation system and monetary policy.

Besides, the world has imitated this competitively.

The policy change of government is necessary to stop the vicious circle of the economic bubble burst, and to prevent inequality expansion.

 

Economist Krugman blames the American policy change after 1980 ‘s thoroughly in “ The conscience of a liberal”

And Piketty also is similar.

 

This continues next time.

 

実は、政府が格差拡大を招いた

グラフ3で1940~1980年の間は、富裕層の資産拡大は起きていませんでした。

これは米政府がこの期間だけ、グラフ6の高率の累進課税(相続税、所得税)を課していたからです。

つまり米政府が税制と金融政策で富裕層を支援したことから、現在の不幸な結果が生じているのです。

しかもこれを世界が競って真似してしまったのです。

バブル崩壊の悪循環を断ち、格差拡大を防ぐには、政府の政策変更が必要なのです。

クルーグマンは「格差はつくられた」で米国の1980年代以降の政策転換を徹底的に批難しています。

ピケティも著書で、これを世界先進国の潮流として冷静に分析し実態を白日の下に曝しています。

次回に続きます。

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 8: Things that make inequality firm 1


 ピケティの資本論 8: 格差を強固にするもの 1

1

*1

Up to now, we looked at some evils that have occurred actually (economic deterioration and productivity decline).

From now, we look at a situation that economic inequality is strengthened and becomes more serious from now on.

 

今まで、現実に起きている弊害(経済悪化、生産性低下)を見てきました。

これからは、経済格差が強化され、より深刻になる状況を見ていきます。

What makes inequality firm?

Top and bottom of income isn’t bad itself, but it’s an issue that it is strengthened by the economic and social power and the way of recovery is closed.

Circumstances of low-income persons (the weak) are strengthened, and before long the inequality is firmly fixed.

The mechanism is various and we look at two examples, marriage and financial crisis.

 

何が格差を強固にするのか

所得の上下自体が悪いわけでは無い、しかしそれが経済的・社会的な力で強化され、復活の道が閉ざされることが問題です。

多くは低所得者(弱者)の境遇が強化され、やがて格差が定着してしまいます。

そのメカニズムは多岐にわたるのですが、二つの例を見ます。

それは結婚と金融危機です。

2

< graph2. a ratio of marriage of irregular laborers and regular laborers( male employee in 2002) >

< グラフ2. 正規・非正規別の結婚している比率(男性被雇用者、2002年) >

People can’t get married and can’t make a home

Irregular laborers become difficult to marry, because their income is low.

When this happens, they can’t have aim of working for their family, and their willingness to work declines.

If there are not families to assist together, they are difficult to survive difficult situations and to get rest.

Even if they get married, they will be not able to have enough environment of child care and education opportunity for children.

Thus, their families and the progeny become difficult to escape from bottom layer, and more and more the inequality is firmly fixed.

 

This is accelerating the population decline that is the biggest factor of low economic growth of Japan.

 

結婚出来ず家庭が持てない

非正規雇用者は所得が低い為に結婚が困難になります。

これでは家族の為に働くという目標も無くなり、労働意欲は低下します。

支え合う人がいなければ、苦境を乗り切ることや安らぎを得ることは出来ないでしょう。

例え結婚しても、子供に充分な育児環境や教育機会を望めない。

こうして、この人と家族、その子孫は最下層から抜け出すことが困難になり、ますます格差が定着していきます。

このことは日本の低経済成長の最大要因である人口減少に拍車をかけている。

The one that brought the population decline

人口減をもたらしたもの

3

< graph3. a change of Japanese population >

< グラフ3. 日本の人口の推移 >

The total population of Japan continued increasing until 2007 and declined afterwards.

On the other hand, the productive population (15-64 years old) reached the top in 1995 at 12 years ago and declined after that.

In other words, the number of live births gradually began to decrease from 1995 at 15 years ago.

The reason that population decrease was late is because the number of elderly people increased.

 

日本の総人口は2007年まで伸び続け、その後減少に転じている。

一方生産年齢人口(15~64歳)は12年前の1995年に頂点に達し、減少に転じていた。

つまり出生数減は1995年の15年前(生産年齢15歳以上だから)から徐々に始まっていた。

人口減が遅れて生じた理由は、長寿命化により高齢者の数が増えたからです。

5

< graph4. a change of total fertility rate in Japan >

< グラフ4.日本の特殊出生率の推移 >

After the war, two baby booms were contributing to population increase.

However, the third baby boom did not happen in about 2000 that should occur.

What is the factor of the population decline?

 

戦後、2回のベビーブームが人口増に貢献していた。

しかし起こるはずの2000年頃に3回目のベビーブームが起こらなかった。

人口減の要因は何だろうか?

4

< graph5. percentage of lifetime unmarried people in Japan >

< グラフ5. 日本の生涯未婚率 >

The percentage of unmarried people increased from 1980, and declining the number of live births is natural.

This seems to be most cause that the number of live births decreased and the third baby boom did not happen.

The sudden increase of unmarried people operated simultaneously with irregular laborers that increased from 1980s.

 

In other words, the expansion of irregular labors (lower-income class) causes productive population decrease and pushes down economic growth.

 

1980年代から未婚率が増加しており出生数が減ることは当然です。

これが出生数減少と第3回目のベビーブームが起きなかった原因と思われます。

未婚率の急激な増加は1980年代からの非正規雇用(若年層)の増加に連動しています。

(連載「4:所得低下と経済悪化1」のグラフ3「正規雇用者と非正規雇用者の推移」に明確)

この結果の生産年齢人口減によって、労働寄与度(生産性)が1990年代からマイナスに転じている。

(連載「4:所得低下と経済悪化1」のグラフ2「日本の成長要因の変化」に明確)

つまり、非正規雇用(低所得層)の拡大が生産年齢人口減を招き、ここでも経済成長を押し下げている。

6b

< graph6. Unemployment rate by some financial crisis >

< 6. 金融危機による失業率 >

Explanation: it shows the maximum unemployment rate and the period of some countries that caused a main financial crisis.

 

解説: 主な金融危機を起こした国の最大失業率とその期間がわかります。

What the financial crisis causes

The lower-income class (irregular labors) is usually put in the situation being painful in body and spirit by the saving of medical expenses and uneasiness for the future.

Additionally, they are further damaged by heavy unemployment due to financial crisis and reduction of welfare budget by tight budget.

The example is recent Southern Europe including Greece.

It is usual that the welfare budget for unemployment, medical care, preventing disease and pension is severely cut there.

Suffering fatal damage by this is lower-income class (the weak).

Thus, the underclass further cannot escape from, and it expands.  

And labor scarcity, necessary cost of medical care and nursing-care increase rather.

About the tragedy by tight budget, David Stuckler and Sanjay Basu analyze closely in “The body economic”

 

金融危機が招くもの

低所得者層(非正規雇用)は、日頃から将来への不安や医療費の節約で心身共に苦しい状況に置かれています。

その上、不況や金融危機による大量失業、さらに緊縮財政による福祉予算の削減が彼らに追い討ちをかけます。

最近のギリシャなど南欧などがその例ですが、金融危機後、緊縮財政を受け入れる国が多い(IMFの指導によるが正解では無い)。

そこでは失業、医療、病気予防、年金などの福祉予算は大幅にカットされるのが常です。

これによる致命的な被害を受けるのは弱者(低所得層)です。

この削減策により本来防げたはずの自殺、重病、精神疾患、重度障害などが増え、弱者はさらに再起不能に陥り、その数は増大することになります。

こうして、底辺に暮らす人々は更に抜け出せなくなり、また拡大していきます。

また社会全体でみても労働力の低下、必要な医療・介護費用はむしろ増大する。

この問題は、あまり重視されていませんが、現在、世界で金融危機の度に深刻さを増しています。

緊縮政策による低所得者の悲劇について、デヴィッド・スタックラー&サンジェイ・バスは「経済政策で人は死ぬか?」で詳しく分析しています。

Conclusion

The underclass further cannot escape from, and moreover economic deterioration continues for long period.

 

This continues next time.

 

結論

こうして、低所得層(弱者)はより底辺に追い詰められ、抜け出すことが出来ず、さらに長期にわたり経済悪化が続くことになるのです。

 

 

次回に続きます。

Categories: book+ film+drama, culture+society, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 4: Income decline and economic deterioration 1


ピケティの資本論 4: 所得低下と経済悪化 1

    1

< 1. Improvement activity in a workplace >

< 1. 職場の改善活動 >

 

In installments, we look at what the income decline and the unstable employment have caused.

Everyone would realize what is happening in Japan now.

 

これから数回に分けて、所得低下と不安定な就業が何を引き起こしているかを見ます。

今、皆さんは日本で起きていることを肌で感じているはずです。

 

Preface

After the war, Japan and Germany accomplished rapid economic growth and became major economic power.

Even if there were various kinds of factors, there was a characteristic important factor in Japan.

It is the improvement activities of workers, and it is clear that it contributed, but any economic indicators did not show it.

There is an index called productivity, but, in fact, the degree of contribution of the improvement activities is included in the unclear remainder (Total Factor Productivity).

Moreover this Total Factor Productivity tends to fall every year.

 

はじめに

戦後、日本とドイツは高度経済成長を遂げ、有数の経済大国になりました。

その要因は色々あるでしょうが、日本には特徴的な一つ重要な要因がありました。

それは労働者の改善活動で、貢献したのは明確ですが経済指標には現れていません。

生産性と呼ばれる指標がありますが、実は改善活動などの寄与率は不明な残余分「全要素生産性」に含まれています。

しかもこの全要素生産性は、年々低下傾向にあります。

 

2

< 2.Change of Japanese growth factor >

< 2. 日本の成長要因の変化 >

Total Factor Productivity A shows the effect of technique and production engineering (improvement).

Decline of Capital Productivity B seems to mainly depend on a gradual decrease of domestic investment and an increase of overseas investing.

Decline of Labor Productivity C was caused by a drop in working population.

 

全要素生産性Aが技術・生産技術(改善)の効果を示す。

資本生産性Bの低下は国内投資の漸減と海外投資の増大が主だと考えられる。

労働生産性Cの低下は労働人口低下(少子高齢化)による。

 

What the improvement activities (small group activity) brought

Before 50-30 years from now, in workplaces of Japan, many workers improved their work in consort after completed the work every day.

Because of this, quality improvement and reduction in cost advanced.

More than anything, the workers worked in consort and were improving employee motivation.

Japan’s export goods holding superiority were not epoch-making inventions, but were in response to small demands, cheaply and high quality.

Without this corporate culture, an efficiency increase by top-down was opposed as an intensification of labor.

 

Strangely, this improvement activity was unpaid, and wasn’t given expensive reward.

As for this, there was overkill, and anyway, many workers spared no effort in cooperation for the improvement.

This system to improve motivation (ZD, QC) was born in the United States, but Japan added improvement and developed it.

 

改善活動(小集団活動)がもたらしたもの

今から50~30年前、日本の多くの生産現場では、作業終了後、職場が一体になって日々改善を続けていました。

これにより、品質向上とコストダウンが進み、何よりも職場が協力し合い、意欲は高揚していました。

日本が優位に立つ輸出品の顔ぶれを見ると、どれも画期的な発明品と言うより、細かなニーズに応え、安く、品質の高いものでした。

これを支えていたのが改善活動であり、社員が一丸となれる企業風土にあったのです。

この風土が無い組織では、トップダウンによる効率アップは労働強化として抵抗を受けることになり、これが世界の常識でした。

 

不思議なことに、この改善活動は無給で行われていました(高額報酬ではないのです)。

これには行き過ぎもあったのですが、とにかく労働者は協力を惜しまなかったのです。

この労働者の意欲向上システム(ZD,QC)は米国で生まれたのですが、世界で日本だけが工夫を加えて発展させたのです。

 

3

< 3. irregular employment and regular employment >

< 3. 正規雇用者と非正規雇用者の推移 >

 

But how about now?

For approximately 25 years, irregular employment increased in many workplaces.

The irregular employee rate became 38%, and this rise continues furthermore.

Furthermore, the irregular employee rate of 25 years or younger became 72%.

Most of young workers of factory and service sector are occupied by a part-time job or a detachment.

Company and community body accomplished profit increase and deficit cutting by the reduction of these personnel expenses.

 

現在はどうでしょうか

およそ25年前から、職場には非正規雇用者が増えて来ました。

現在、非正規雇用者率は38%になり、さらに上昇が続いています。

さらに25才以下の非正規雇用者率は72%になっています。

工場やサービス部門の若い労働者の多くは、パート、アルバイト、派遣、契約で占められています。

企業や一部公共体は、この人件費の削減で利益増大や赤字削減を成し遂げました。

 

4

< 4.   graph of employment pattern category in Japan >

< 4. 日本の雇用形態別賃金カーブ >

 

Explanation: In 2013 of Japan, the average annual income of the regular employment was 4,140,000 yen and it of irregular employment was 1,680,000 yen.

And the rate between both was 2.5.

The difference in the lifetime wage becomes 238,640,000 yen.

It is apparent from the above-mentioned graph that the income difference spreads with the aging of the young worker, and the increase of the irregular ratio in the future will accelerate it.

 

解説:2013年度、日本の正規平均年収414万円、非正規平均168万円で2.5倍、 生涯賃金2億3864万円の差となっています。

さらに今後、若年労働者の加齢に伴って、上記グラフから所得差が拡大していくことは明らかで、今後の非正規比率の増加が更に拍車をかけます。

 

How would people see this?

Some people conclude it isn’t a problem, and may believe that it rather contribute to a competing power.

 

On the next time, we investigate big problem that this income decline brings.

 

これを人々はどう見るでしょうか?

人によっては、この雇用形態による所得比2.5倍(60%減)に問題は無く、むしろ競争力アップに貢献すると信じているかもしれません。

 

次回、この所得低下がもたらす大きな問題を見ます。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <english language, <japanese language, opinion, politics, series: Capital of Piketty | Tags: , , , , | 2 Comments

社会と情報 41: 新聞と検察、相克と癒着 2


1著書

*1

 

前回に続いて、著書「検察が危ない」から記者クラブの状況を見ます。

 

 2霞ヶ関の司法記者クラブでの

< 2. 霞ヶ関、司法記者クラブでの原告団記者会見 >

 

「一心同体の司法クラブ」(P154~155)から抜粋引用します 

前回からの続きになります。

 

「 被疑者の逮捕、起訴等の節目で地検次席、特捜部長が記者に対して行う会見には、司法クラブの記者だけが参加できる権利を与えられる。しかも、そこではカメラで撮影することも許されないし、録音することも許されない。そこで配られた資料を外部に出すことも禁止される。

それは記者会見ではなく、公式リークと言った方がいい。要するに、自分たちのお仲間にまとめて情報提供して、説明しているだけに過ぎない。

このように、実際に検察の内実を多少なりとも知り得るのは、この閉鎖的な空間にいる司法クラブの記者か、その出身者というごく限られた人間達であり、それ以外の“よそ者”はこの世界に入ってくることは出来ない。

このように、司法クラブの現場記者は恒常的「従軍記者」的な立場で、検察翼賛報道を続けるが、その一方で、新聞等は政治的に検察を利用しようとする動きを見せることもある。

いずれにしても、現役の司法クラブ記者であれ、司法クラブ経験者の社会部遊軍記者であれ、デスクや部長であれ、司法クラブでの経験を基に、検察関係者との人的なつながりを持っている記者にとって、その人的つながり自体が記者としての貴重な財産になっている。

それは、検察が正義であり、社会的に、政治的に大きな影響力を持っているからこそ、財産であり続けるのであり、検察の威信が地に墜ちてしまうと財産価値がなくなってしまう。

こうして、メディアが検察をほとんど批判することなく、一方的に賞賛する報道のなかで、世の中の「検察の正義」に対する信頼はほとんど信仰に近いもになっていく。 」

 

 

明確になったこと

上記の記述は、両者の一体化、特に新聞社が検察に寄り添う状況をうまく説明しています。

 

  • 1.冤罪を生む体質

これまでに紹介した事件は、検察・警察・国税庁と新聞社が暴走し冤罪に繋がったと説明しました。

これについても、著者は両者の一体化に原因があるとしています。

連載37~39話:新聞は誰の味方か 1~3、に詳しい。

 

これほどまでに記者クラブは問題を孕んでおり、海外や「国境無き記者団」、国内からも批判されていながら、大手新聞社は既得権益にしがみついています。

 

3証拠改竄の被告検事

< 3. 郵便不正事件での証拠改竄の被告検事たち >

 

  • 2. 日本の新聞社は権力を監視することが困難 

「原発事故で官僚が情報隠蔽」や「郵便不正事件」などの報道から、あることが見えてきました。

記者クラブに属する新聞社が権力を批判することは困難でした。

しかし記者クラブに属さない雑誌やフリーランスにはそれが期待出来ます。

残念ながら、まだまだその力は弱い、記者クラブの壁が立ちはだかっているからです。

 

多くは追従していると言えるが、時に権力に逆らい、その悪行を暴露する新聞社もまだ健在している。

これは長年、国民が新聞社に権力の監視を期待しているからで、これが無くなると危険な状態になる。

このことが、官僚化の弊害に染まっている朝日を幾分なりとも救っているのでしょう。

連載37話:新聞は誰の味方か1、に詳しい。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , , , | Leave a comment

History of sickness and medical art 30 : China 5


病と医術の歴史 30: 中国 5

 

1三国志

 < 1.   Soldiers of Sanguo Shidai of China >

< 1. 中国、三国時代の軍人 >

 

This time, I introduce medicament, cure, and Chinese alchemy.

 今回は、薬剤と養生、錬丹について見ます。

 

Medicament

“Shennong Ben Cao Jing” is fatherless, the oldest book about materia medica, and was compiled during Later Han and Sanguo Shidai( the 2nd –3rd century).

This book sums up the knowledge and the treatment of the medicament from Zhanguo ( the 4th century B.C.).

 

薬 剤

「神農本草経」は作者不詳で、後漢から三国時代(2~3世紀)に成立した最古の薬物学書です。

この書は戦国時代(紀元前4世紀)からの用薬の経験と薬物学の知識を系統的にまとめている。

 

2神農本草経

 

< 2. “Shennong Ben Cao Jing” >

< 2. 神農本草経 >

 

3麻黄

 

< 3. Ephedra >

< 3. 麻黄 >

 

In the book, there are 365 kinds of medicament, it is categorized as 252 plants, 67 animals, and 46 minerals, and majority of the efficacy is obvious.

For example, ephedra is antidiarrheal, seaweed is used to treatment of lump, glycyrrhiza is alexipharmic, and rheum is a laxative.  

The medicament is categorized into 3 groups.

It consist of 120 kinds of medicament having harmless but weak effect for recuperation, 120 kinds of medicament having harmless and effect for recuperation and treatment, and the rest is such as medicament for destroying tumors in the stomach but being harmful.

And it mentions the production area of medicament, the collection season, the processing process, the most suitable type (pill, powder, and it saturated in alcohol), the taking time, and the taking method.

 

Books about materia medica after the 3rd century were based on this “Shennong Ben Cao Jing”.

In plant medicament, it is well known as a certain kinds of hydrangea is suitable for malaria, ginseng is suitable for recovery of energy, and tetradium ruticarpum is suitable for ascariciding.

Some of the medicaments were from Egypt and India, and Southeast Asia.

 

 

薬物は365種あり、植物252、動物67、鉱物46に分類され、大多数は効能が確かである。

例えば麻黄は下痢止め、海藻は瘤の治療、甘草は解毒、大黄は通便など。

薬物を三種類に分け、無毒だが効果が弱く保養用120種、有益・無毒の保養と医療作用のある120種、残りが有毒で寒熱を除き、胃腸内の腫瘤を破るなどの医療作用があるとした。

また薬物の産地、採集時期、加工製法、適した剤型(丸、散、酒漬など)、服用時期、服用方法にも触れられている。

 

魏・晋代以降(紀元3世紀から)の薬物学の書は、この「神農本草経」を基礎にしている。

植物性薬剤では、ペストにダイフウノキ(高木の種)の油、マラリアにジョウサンアジサイ、精力回復に朝鮮人参、回虫にゴシュユ(低木)が良く知られている。

薬物にはエジプトやインド、東南アジア産のものも見られる。

 

Regimen

The regimen was important means of tonicity, the prevention of disease, and prevent aging.

Many thinkers and medical scientists preached the regimen, and there were two points of view: “Let’s cultivate life with motion” or “Let’s cultivate life with stillness”

” Hundred Schools of Thought” insisted that we have to be according to nature, and do the care of health about eating and drinking, and have the harmony of mind.

Tua Tuo created the exercises borrowing from five animal postures in Qigong。

“ Curing before becoming sickness” had been written in certain medical book.

 

養 生

養生は強壮・疾病予防・老化防止の大切な手段であった。

多くの思想家や医学者が養生法を説き、「静を以って生を養う」「動を以って生を養う」の二つの観点があった。

多くの「諸子百家」は自然に従い、飲食の摂生や精神の調和を主張した。

華陀は気功・導引から五つの動物姿態の模倣体操を編み出した。

「内経」は「未だ病まざるを治す」、すなわち疾病予防が養生上重要であるとした。

 

4練丹

 

 

< 4. Chinese alchemy? >

< 4. 錬丹術? >

 

5硫化水銀

 

 

< 5. Cinnabar > 

< 5.丹砂 >

 

Chinese alchemy and immortality

On the other hand, “Shennong Ben Cao Jing” included the knowledge of Taoism (thought of immortal), and showed the early state of Chinese alchemy.

In this book, it was written that mercury already had effect on the treatment of scabies and the insecticide of louse.

Chinese alchemy is to made the medicament for immortality by means of mixing and producing chemically change to metals such as mercury sulfide (cinnabar), gold or leaden.

A certain book of Taoism in the 4th century was the first important book about Chinese alchemy, and the chemical knowledge became abundance.

Chinese associated the elixir of immortality with remarkable changing of mercury from red ore of mercury sulfide (fig. 5) and the non-corrosive attribute of gold.

In ancient China, the people attached importance to living in this mortal world than afterworld.

Therefore, the First Qin Emperor had searched the medicament for immortality, in best days, kings of Tang (the 7-9th century) drank the medicament for immortality made by Chinese alchemy, and the many kings died by poisoning.

Before long, Taoism came to cultivate the immortality not by medicament of immortality but by Qi (spirit) of his body.

On the other hand, the abundant knowledge by Chinese alchemy developed the chemistry and the metallurgy, and then the world’s first gunpowder was made in China in the ninth century.

 

 

錬丹と不老不死

一方、「神農本草経」には道教(神仙思想)が根強く、錬丹術の初期の様子が見える。

この書には、すでに水銀が疥癬の治療、虱の殺虫剤に効能ありと書かれていた。

錬丹とは、硫化水銀(丹砂)、金、鉛などの金属を化学変化させ調合し不老不死の薬を作ることです。

4世紀の道教の書「抱朴子」は錬丹術の初期の重要な書で、化学的知識も豊富になっていた。

中国では、硫化水銀の赤い鉱石(図5)から水銀への著しい変化、また金の非腐食性に生命の真髄を仮託した。

古代中国では、人々は死後よりも現世に生きることに重きを置いていた。

それが秦の始皇帝の徐福派遣(仙人探し)に始まり、最盛期、唐の王(7~9世紀)は錬丹家が作る不老不死の薬を飲用し、多くは中毒死した。

やがて道教は不老不死を薬でなく、人体内部の気で養う方向に向かっていった。

一方、錬丹術による豊富な知見は、化学と冶金学を発展させ、9世紀には世界最初の火薬が中国で作られた。

 

 

Categories: book+ film+drama, <english language, <japanese language, science, Series: History of sickness and medical art | Tags: , , , , | 2 Comments

社会と情報 39: 新聞は誰の味方か 3


   1運命の人 

< 1. 西山事件を扱ったドラマ、山崎豊子原作  >

 

前回に続いて、主要新聞の事件報道を追います。

記者が見た新聞業界の内実は今回で一端終了します。

 

 

以下の四つの事件報道から見えるもの

はじめに、三つの事件で検察の横暴と暴力、マスコミが加担する例を見ます。

最後に、地方で起きた一事件を巡る加熱報道がもたらす悲劇を見ます。

今回は様々な資料を使いました。

大手新聞二社については仮称AとBで扱い、後に種明しします。

 

2不撓不屈

< 2. 飯塚事件を扱った映画 >

 

  • 「飯塚事件」

1963年、会計事務所の4人の職員が脱税教唆の容疑で逮捕され、7年後に無罪。

この無罪獲得までの闘いが小説「不撓不屈」になり映画化もされた。

 

問題は、検察と国税庁が一緒になって、この会計事務所の顧客先に顧問契約の打ち切り、はては脱税証言をすれば税務調査に手心を加える等の卑劣な手段を使い立件を図ったことです。

結果は、会計事務所所長の粘り勝ちで、国会議員が国税庁の横暴を追及し、手打ちとなった。

 

  • 「西山事件」

1972年、日米間の沖縄返還協定をめぐる密約を毎日の西山記者がスクープした。

しかし彼は首相が米国と裏取引した密約を暴露したことにより、執行猶予1年の有罪判決を受けた。

 

判決では報道機関が適正な手段を使うならばこの秘密文書の告発は問題ないとし、彼の卑劣な行為だけを問題にした。

その判決主旨は、密約情報を持ち出した外務省の女性事務官を彼がたぶらかし、彼女の人格を傷つけたことだとしている。

 

検察は政府上層部(首相?)の意向を受け、「不倫関係による卑怯な入手」を前面に出し彼を追いつめた。

裁判では密約の有無に触れず、マスコミを通じて、彼は破廉恥な記者として社会に印象づけられた。

おかげで、首相と政府は密約の追及をはぐらかすことが出来た(密約はあった)。

 

この手の個人攻撃に対して、個人が独りで大組織に立ち向かうのはほぼ不可能です。

米国でも似たことは起きるが、マスコミが国や大企業の脅し(裁判)に抗して告発者を保護し、報道することになる。

 

もう一つの問題は、毎日がこのスクープを大きく扱わず、焦って西山記者が議員に依頼し国会で追及した。

しかし、それが仇となり告発者が特定されてしまったことです。

新聞社が告発していれば匿名が可能だったはず。

 

3村上

  • * 3

 

*「村上ファンド事件」 (著書「官報複合体」を参考)

2006年、村上ファンドがニッポン放送株でインサイダー取引したとして逮捕され有罪確定。

 

彼は逮捕される数時間前、日頃、取材で顔見知りになっていた著者に電話を掛けて来た。

 

村上:「きょう、生まれて初めて公の場でウソをつきます」

著者:「えっ? どういうことですか?」

村上:「罪を認めるということです。・・記者会見をしますので、ぜひ来て下さい」

著者:「インサイダー取引をやったのですか?」

村上:「新聞を見たでしょう? 罪を認めなければ、僕のほかにも幹部が逮捕をされてしまう。・・本当のところをわかってくださいね」

 

検察から流された「徹底した逮捕起訴は確実」の情報が躍る新聞を見て、彼は仲間と会社を守ろうとした。

 

ポイント: この三つの事例から、検察の横暴と恐ろしさ、個人の抵抗が如何に困難か、それに加えてマスコミが如何に無力で、むしろ同調し弱者を追い込んでいるかがわかる。

 

4主婦行方不明

  • * 4

 

  • 「津山主婦行方不明事件」の報道 (私が直に聞いた話)

2002年、岡山で医師(高橋幸夫)の妻が行方不明となり、口座から大金が引き出され、いまだ犯人と妻が見つからない未解決事件です。

 

2013年、私は講演会でこの医師(「全国犯罪被害者の会」幹事)の悲痛な訴えを聞いた。

彼は、当時の過剰で被害者を踏みにじるマスコミ取材に怒りを露わにし、11年経っても治まらないトラウマに苦しんでいた。

 

事件当時、彼は度重なる取材の自粛を県警通じて「記者クラブ」に訴えた。

A社を幹事会社とする県警記者クラブは、直ぐに反応して以下の申し合わせを行った。

 

「妻の妙子さんが行方不明という状況の中、幸夫さんの肉体的・精神的疲労もピークに達していて、度重なる取材に対し、『これ以上の取材はやめてほしい』と悲痛な声を上げているということです。

・・・

以下の事を申し合わせました。

1. ・・・

2.本人以外への取材に関しても、良識を持って取材活動を行う。

3.幸夫さんに対して、会見を開いてもらえるよう、クラブとして交渉を行い、出来る限り早期の実現に向けて努力する。

・・・

『本人への過熱取材の背景には、県警からの情報の過小さがある』という認識もあり、県警に対して、・・情報の提供を強く要望する・・・ 」

 

しかし、この申し入れの11日後、容疑者に近い人物が自殺し、これにより手掛かりは断たれた。

以前から警察はこの人物の身辺捜査を行っていたのだが、A社が自殺の前日に、この人物を2回電話取材していた。

この取材が原因で未解決事件になったとまでは断定できないが、被害者の医師は、当時の過熱取材と報道が事件解決の道を閉ざしたと訴えた。

 

ポイント: 新聞は、往々にして事件解決や人権を無視してまでも執拗な取材と報道を行い、犯罪を扇情的に扱う傾向がある。

それが視聴者の耳目を集め、新聞の発行部数増につながると信じるからです。

新聞社によって犯罪を扇情的に扱う度合いは異なる。

また犯罪の主体が、国家や企業等による組織的ものか、また与党側か野党側か、はたまた周辺で起きる利己的なものかでも、新聞社によって対応は異なる。

 

 

最後に

3回の連載で取り上げた8件の事例を見ると、日本の主要新聞が如何に本来の姿から逸脱しているかがわかります。

つまり権力(「記者クラブ」を有する大組織)との繋がりを優先するあまり、本来、第四の権力となって国民の為に監視すべき立場を放棄しています。

結局、このことが弱者や人権を無視することに繋がっています。

 

このことは新聞社によって多少異なっていました。

また新聞社の官僚体質とは異なる次元で起きていることもわかりました。

この違いを生む原因については別に取り上げます。

 

私が残念に思うのは、「記者クラブ」等の官公庁と新聞社の癒着構造が、常々、世界や良識ある記者達に批判されているにも関わらず、平然と続けられていることです。

 

 

次回から、新聞と検察が、どのように泥沼にはまっていったかを見ます。

 

種明し、A社は読売です。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , | Leave a comment

社会と情報 36: 著書「朝日ともあろうものが」から見えてくるもの


名称未設定-1

< 1. 著書 >

 

今日は、真相に迫る本を紹介します。

著者は朝日の記者でしたが、朝日を陳腐極まりないと吐き捨てます。

新聞社の日常が暴かれます。

 

著書 : 「『朝日』ともあろうものが」

著者 : 烏賀陽弘道。朝日と雑誌「アエラ」の記者を17年経てフリーランス。

出版社: 徳間書店。2005年刊。

補足 : アマゾンのカスタマーレビュー(33件)の評価が4.5と高い。

 

はじめに

著者は朝日の旧態依然とした官僚的な体質に幻滅し、「幻想を捨てろ」「変えるしかない」と言います。

それは著者が実際に体験したもので偽りはない。

 

私はこの本を読み終え暗澹たる気持ちになった。

この先、どうして民主主義を支えていけば良いのか?

「第四の権力(行政・立法・司法に並ぶ)」と「ウォッチドッグジャーナリズム(権力監視型報道)」をどこが担うのか?

 

幾日が経って、あることに気づいた。

著者は多くの切実な問題をさらけ出してくれた。

そして、多くの問題は朝日だけでなく横並びの新聞業界にも当てはまり、むしろ指摘されていない部分は朝日の良さと言えるのでは・・。

 

名称未設定-2

< 2. 著者 >

 

著者が訴えること

著者は新米記者として地方と大都市で苦労するようすを累々描き、その苦労を馬鹿げているとする。

著者の業績については控え目で、目につくのは上役の横暴と横領、無能さ、そして組織の腐敗と捏造、癒着体質です。

6年後に雑誌記者に転籍となり、その後10年間、著者は活躍の場を得て才能を発揮した。

途中、2年間の米国留学を自ら勝ち取り、果たす。

その後、落ち目の他の雑誌編集に回され、冷や飯を食わされ退職する。

 

全編、悪態に尽きるが、朝日の記者と新聞社の問題点が実感を持って伝わって来る。

日本企業にありがちな年功序列と官僚化による弊害が蔓延している。

それは有能で意欲ある若い人材を殺し、セクショナリズムと自己目的化した取材姿勢を蔓延らせた。

これが天下の新聞社だと言うのだから悲しくなる。

 

しかしそれだけではなく、新聞業界共通の問題も見えてくる。

「記者クラブ」に端を発する、情報発信元(政府、警察、自治体、企業、業界団体など)との癒着がある。

記者クラブの横並び体質は各社を意味の無いスクープ合戦に向かわせる(どうせ発表される情報を他者に抜け駆けて取ること)。

それゆえ真の取材力が育たず、昼夜にわたる個人的な繋がり(家庭訪問、恩の貸し借り)による取材を最良とし、その結果、匿名報道や個人的な癒着が横行する。

記者のエネルギーと論功行賞は、これに集中することになる。

さらに悪いことに、記者クラブの情報待ち姿勢は、自ら問題点を掘り起こす意欲を失わせてしまった。

 

もう一つが「新聞の再販制度(特定の不公正な取引方法)」による業界の過保護で、これが自らに甘い官僚的体質の温床にもなっている。

 

これらは「報道を麻痺させている最大の理由」ですが、私達読者はどっぷり浸かってしまって自覚出来ない。

実は、この事を強く自覚するには米国でのマスコミ経験が必要だったようです。

この著者の烏賀陽弘道や上杉隆、牧野洋などは米国駐在の後、確信を深め新聞社を退職しています。

 

名称未設定-3

< 3.朝日新聞珊瑚記事捏造事件、1989年 >

 

この本から学んだこと

1980年代後半のこととは言え、朝日が如何に官僚化したエリート組織であることがわかった。

さらに記事の捏造が小さなものから常態化していることもわかった。

 

しかし面白いことに気がついた。

著述から読み取れる著者は意欲と創意に溢れ、良い記者になることだけを望み、出世や警世には無欲だと言うことです(無色透明、中庸と言える)。

その著者が希に指摘する、数は少ないが優秀で清廉潔白な記者が非主流(政治部・経済部・社会部)の出世コースから外れた所におり、またペンで世の中を変えたいと望む人(警世の記者)が少なからずいると。

 

私はこの本を読む前、朝日の左派傾向(革新)に不安があった。

しかし著者は、特段その偏向を指摘していなかった。

読み取れるのは、空回りはしているが反権力気質の社風が朝日にはあることです。

それが社会悪や反権力の姿勢を際立たせる捏造記事に繋がるようです。

しかし記者達を洗脳するシステムや権力構造(トップダウン)は見あたらない。

朝日のエリート官僚臭さは大いに問題だが、著者の言う「悪平等意識」が蔓延していることにより独裁者の存在を許さないのかもしれない。

 

 

最後に

朝日の欠陥はよくわかった。

しかし日本の報道、「社会と情報システム」、はさらに多岐にわたる大きな問題を抱えている。

逐次明らかにしていきますが、未だほんの一部しか見ていません。

 

著者がさらに活躍されることを期待し、日本の報道が良くなること切に望みます。

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <english language, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , | Leave a comment

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:毛利太郎(福田泰志 )

日本の萩市&長門市にメシアの民現る!!アーメン(一部女性不可)日本共産党(しんぶん赤旗):何でも手作り作品の「エッセイスト・フクダ」:私は、萩高等学校・関東学院大学の卒業生です。頑張れ萩・至誠館大学。私の、スマートフォンは、Google社のピクセル4です。

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。