Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 11:  Visiting Tango Peninsula 3


但馬海岸から丹後半島を巡って 11: 丹後半島を巡る 3

 

1
< 1. Ine bay >
< 1.伊根湾  >

 

I introduce scenes from Ine bay in Tango Peninsula to Amanohashidate today.
This is the end of my itineraries of when I traveled from May 12 to 14, 2016.

 

今日は、丹後半島の伊根湾から天橋立を紹介します。
これで2016年5月12~14日の旅行記を終わります。

 

2

< 2.  Maps show we visited places, its top is the north  >
< 2.旅行したルート、上が北  >
Upper map: A red line shows areas that I already introduced, and a yellow line shows areas that I introduces from this time.
Lower map: a yellow line shows areas that I introduces from this time.
Two red arrows show famous sightseeing areas, Ine bay and Amanohashidate.
上の地図: 赤線がこれまで紹介した所で、黄線が今回紹介する所。
下の地図: 今回、ドライブした所。
赤の矢印が有名な観光地、伊根湾と天橋立です。

 

3
< 3. Ine bay  >
< 3. 伊根湾 >
Upper photo: this is a satellite photo that is a expansion of Ine bey.
The map’s top is the north.
A yellow circle is an observation deck in “Funaya” (boat houses) of Ine bay.
No. 1 and 2 are the shooting locations from the port.
A red arrow shows the direction that I took the lower photo from.

Lower photo:  I watch Ine bay from the south side.

 
上の写真: 衛星写真を拡大。上が北です。
黄丸が伊根湾舟屋群展望台、番号1と2が港からの撮影地点です。
矢印は下の写真を撮影した方向を示します。

下の写真: 伊根湾を南側から見ている。

 

4

<  4. Scenery of When I was crossing a mountain >
< 4.山越えの景色 >

 

This time, the road along the shore from Kyougasaki cape was closed suddenly, so we crossed the mountain and went to Ine bay.

Upper photo: we can see the sea of Tango-matushima distantly.
Lower photo: a stock farm on the way.
There were persons who enjoyed collecting edible wild plants of spring.

 
今回、経ケ岬からの海岸沿いの道が通行止めで、山越えで伊根湾に向かった。

上の写真: 遠くに丹後松島の海が見える。
下の写真: 途中の牧場。
春の山菜採りを楽しむ人々がいた。

 

5
< 5. I am overlooking Ine bay from the observation deck >
< 5.展望台から伊根湾を見下ろす >
These photos are arranged from the top in order of taking the photos from the left side to right side.

The reason why this Ine fishing port is a natural good port is that three elements overlapped.
There is a large volume of fish caught in Wakasa bay.
Then, the bay is oriented to the south that doesn’t suffer from winter angry waves while it faces the Sea of Japan.
Furthermore, the wind has little influence on the big bay because there is an island in the center of the entrance of the bay.

 

上から順番に左側から右側を見ている。

この伊根港が天然の良港なのは三つの要素が重なったからです。
一つは魚影が濃い若狭湾にあること。
次いで、日本海にありながら冬の荒波を受けない南向きにあること。
さらに、湾の入口中央に島があり、風の影響が少ないこと。

 

6
< 6. expansion of boat houses  >
< 6.舟屋群の拡大 >

 

 

7
< 7. Views from No.1 of the map  >
< 7.地図番号1からの眺め >

 

8

<  8. Views from No.2 of the map >
< 8.地図番号2からの眺め >

 
Lower photo: “Funaya” (boat houses).

The first floor is garage-like space at sea level for mooring a boat and families live on the floor above.
It is because the wind has little influence on the Ine bay

 

下の地図: 舟屋の拡大。

舟屋は、1階が船の格納庫で2階が居室になっています。
船を海から直接にこの格納庫に入れることが出来ます。
これも波の影響が少ない伊根湾ならではです。

 

9
<  9.  sceneries between Ine bay and Amanohashidate >
< 9. 伊根湾を出て天橋立まで >

Upper photo: I see the back (the south side) of Wakasa Bay.
Central photo: I see a peninsula at the back of Miyazu bay.
Lower photo: a green thin belt that is extending over the sea is rows of approximately 8,000 pine trees of Amanohashidate.

Thank you for affection you have read this article for a long time.

 

上の写真: 若狭湾の奥(南側)を望む。
中央の写真: 宮津湾の向こうに岬が見える。
下の写真: 緑の細く続く帯が天橋立の約8000本の松並木です。

長らくお読みいただきありがとうございました。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 10:  Visiting Tango Peninsula 2


但馬海岸から丹後半島を巡って 10: 丹後半島を巡る 2

 

1
< 1. Lighthouse of Kyougasaki cape >
< 1. 経ケ岬の灯台 >

I introduce scenes from Tango-matushima to Kyouga-cape.

今日は、丹後松島から経ケ岬までを紹介します。

 

 

 

2
< 2.  map of places we visited >
< 2.今回の訪問地MAP >
Upper photo: this shows the range that we visited this time.
The map’s top is the north.
We started from the left side ( west side).

Lower photo: this shows the range I introduce with my photos.
The map’s top is the south.

No.1= Inugasaki park. No.2= a cape. No.3=Kyougasaki cape.

上の地図: 今回走った範囲です。上が北です。
左側(西側)からスタートしました。

下の地図: 写真で紹介する範囲です。上が南です。
番号1=犬ケ岬園地。番号2=岬。番号3=経ケ岬。

 

 

3

< 3. Views of Tango-matushima from Inugasaki park >
< 3. 犬ケ岬園地から丹後松島を望む >
A cape thrusting into distant sea is Kyougasaki cape that is the northern end of Kyoto prefecture.
As we rotate around that cape, we go along Wakasa Bay.


It is the video of 19 seconds that I shot here.

遠くに突き出している岬が京都の最北端になる経ケ岬です。
あそこ回ると若狭湾に沿って進むことになります。

この場所から撮影した19秒のビデオです。

 

4
< 4. the cape 1 >
< 4. 岬から 1 >
When we are driving a car, I found a favorite cape.
This cape was shown No.2 of the map.

車で走っていて、気に入った小さな岬を見つけました。
この岬は地図番号2です。

 

5
<  5. the cape 2 >
< 5.岬から 2 >
I was surprised that people have made many fields on top of the narrow cape, and moreover have built their graveyard on the tip.
It was just time of the rice planting.
Their village stretches long and thinly on the mountain-side slope across the road.

私が驚いたのは、海に突き出した細い岬の上に田畑を作り、その突端に墓地を設けていたことです。
ちょうど田植えの時期でした。
村は道路を挟んで山側斜面に細長く広がっていました。

 

6
< 6. the cape 2  >
< 6.岬から 3 >

It is a view of the west side from the cape.
Inugasaki cape is seen distantly.
A small fishing port is seen on the way.

岬の突端から西側を望む。
犬ケ岬が遠くに見える。
途中に中浜漁港が見える。

 

7
< 7. Views from the observation deck on the Kyougasaki cape >
< 7. 経ケ岬の展望台から >
I overlook the west side from the observation deck.
Upper photo: Tango-matushima.
Lower photo: an expansion of the upper photo.
A yellow arrow shows the cape having the graveyard.
The sea side of the graveyard is covered in the trees of windbreak.

展望台から西側を見下ろしている。
上の写真: 丹後松島を見ている。
下の写真: 上の写真の拡大。
黄色い矢印が、先ほどの墓地がある岬を示している。
墓地の海側は風除けの木々で覆われている。

 

8

< 8. at the front of Kyougasaki cape  >
< 8. 経ケ岬の手前から >
Upper photo: a hill of Kyougasaki cape is seen.
We climbed from the parking area to the observation deck being in the top.

Lower photo: I look at the opposite direction (the west side).
A bathing beach and fishing village are seen.

Untouched nature remains on the shoreline that we drove a car along, and this is a wonderful place for sea creature (Takeno Beach etc.).

上の写真: 経ケ岬の山が見える。
私達は駐車場からあの頂上にある展望台まで登った。

下の写真: 逆方向(西側)を見ている。
袖志海水浴場と村が見える。

今回、走った海岸線には自然が多く残っており、海の生き物にとって素晴らしい所(竹野海岸など)です。

 

 

9
<  9. Kyougasaki cape >
< 9. 経ケ岬から >
A parking area is seen at the lower right.
The back of this sea is Wakasa Bay.

This continues the next time.

右下に駐車場が見える。
この海の奥は若狭湾です。
駐車場から展望台に登る途中で撮影した。
次回に続きます。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 9:  Visiting Tango Peninsula 1


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 9: 丹後半島を巡る 1

 

1

< 1. The island of Taiza fishing village >
< 1. 間人(たいざ)の城島 >

From today, I introduce Tango Peninsula in North Kyoto.
今日から、京都北部の丹後半島を紹介します。

 

2全体地図
< 2. maps of Tango Peninsula and Amino >
< 2. 丹後半島と網野の地図 >
Upper map: the red line is our route of Tango Peninsula.
The top of the map shows the north.
Today, I introduce No. 1 Amino, No. 2 Taiza, and No. 3 Tateiwa rock.

Lower map: this is a satellite photo that is a expansion of Amino (NO.1) in the upper map.
The top of the map shows the south.
No. 1 is the ancient burial mound of Choshi mountain I introduce today.
NO.2 is a peninsula with an ancient burial mound in the lake, NO.3 is the beach, and No. 4 is Amino fishing port that I introduced previous time.

上の地図: 赤線が私達がドライブした丹後半島のコースです。
上が北です。
今日、紹介するのはNo.1の網野、No.2の間人、No.3の立岩です。

下の図: 上図のNO.1の網野を拡大した衛星写真です。
上が南です。
今日、紹介する銚子山古墳はNO.1です。
NO.2は離湖の古墳がある半島、NO.3は八丁浜、NO.4は網野漁港で、前回紹介しました。

 

3銚子山
< 3.  the ancient burial mound of Choshi mountain >
< 3. 銚子山古墳 >
Upper map: this ancient burial mound was built on the edge of the small hill at the end of fourth century.
The top of the map shows the north.
We walked along the brown line.

Lower map: a detailed map of the ancient burial mound.
The large keyhole-shaped tomb mound in the center is 200 meters in the total length, 20 meters in height, and has two small ancient burial mounds at the both sides.
This ancient burial mound is the largest in the Sea of Japan side, and “ three ancient burial mounds by the Sea of the Japan” including it are all in this Tango Peninsula.

It suggests this area were connected to Yamato sovereignty in Nara, and this king had extensive authority.
In addition, we saw this area were connected with the continent at previous time.

上の地図: この古墳は小高い丘の端に、4世紀末に造られた。
上が北です。
私達は茶色の線を歩きました。

下の地図: 古墳の詳細図。
中央の前方後円墳は全長200メートル、高さ20メートルで、その両側に二つの小さな古墳を持っている。
この古墳は日本海側で最大級であり、丹後半島にはこれを含めた日本海三大古墳がある。

如何にこの地が奈良のヤマト王権に繋がり、ここの王が力を持っていたが伺える。
また、大陸とも繋がりがあったこも前回見ました。

 

 

4a

< 4. walking on the top of the ancient burial mound  >
< 4.古墳の頂上を歩く >
Upper photo: walking the northeast side of the burial mound.
You can see the steps at the end of the road.

Lower photo: a view of top like circle mound from under the steps.

上の写真: 古墳の前方部(北東側)を歩いている。
奥に階段が見える。

下の写真: 階段下から後円部の頂上を見ている。

 

5a

< 5. Views from the burial mound  >
< 5. 古墳からの眺め >
Upper photo: a view of seaside from the circle mound.
When it was built, under this mountain was a lagoon.

Lower photo: a view of the mountain side (southeast side) from the road.

上の写真: 後円部頂上から海側を見ている。
これはパノラマ合成写真で、通常より視野角は広い。
古墳が造られた当時は、この直ぐ下が潟湖だった。

下の写真: 前方部から山側(東南側)を見ている。
丘の上は畑作が行われていた。

 

6
< 6. seashore on the way to Taiza >
< 6. 間人までの海岸 >
Upper photo: a small hill thrusting into the sea is around Taiza.
Lower photo: looking back at our road from Taiza.

上の写真: 海に突き出した小山が間人の城島です。
下の写真: 間人側から来た道を振り返る。

 

7

< 7.  Taiza fishing village >
< 7. 間人(たいざ) >
Upper photo: a small island connecting the village with a bridge.
Central photo: a shrine in the island.
Lower photo: the fishing port.

This port is famous for snow crab, and this area has many legends concerning Prince Shotoku ( the 6th -7th century).
In addition, there was once a custom of facing a dead person toward continent and burying it.
This also indicates the connection with an Imperial Court of Nara in ancient times and with the continent.

上の写真: 城島。
中央の写真: 城島の神社。
下の写真:  間人漁港。

この地はズワイガニ(間人蟹)で有名で、聖徳太子に纏わる伝説が多い。
また、死者を大陸に向けて埋葬する風習がかって残っていた。
ここにも、奈良の古代朝廷と大陸の繋がりがあった。

 

8

<  8. inlet of the port >
< 8. 間人の入り江 >
we see colorful seaweeds in pellucid seawater.

透明な海中に色とりどりの海藻が見える。

 

9
< 9.  going a circuit of the island >
< 9. 島を一周 >

 

10
< 10. Tateiwa rock >
< 10.立岩 >
高さ20mの柱状節理の岩が海岸に突き出している。

Impression
I was often surprised when I went round this peninsula without preparing.
This secluded area facing the Sea of Japan had ever the connection with continent and ancient Nara.
I find an ancient romance in original scenery of Japan.

This continues the next time.
感想
下調べもせずに、この地を巡っていると驚くことが多かった。
この日本海に面したへんぴな地が、かつては大陸と古代の奈良と繋がりがあったのです。
原風景の中に古代のロマンを見た。
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 8:  the early-morning view


但馬海岸から丹後半島を巡って : 朝の景色

 

 

 

1 

< 1.  Sunrise of the lake  >

< 1. 離湖の朝 >

 

I introduce the early-morning view of Amino town facing the Sea of Japan today.

I took a walk around two beaches, a lake and port early in the morning.

It was cloud in the morning, but there was attractive atmosphere.

 

今日は、日本海に面した網野町の朝の景色を紹介します。

早朝、池と港、そして二つの海岸を散策しました。

朝は雲が出ていましたが、風情がありました。

 

 

 

 

2 

< 2.  Sunrise of the lake >

< 2. 離湖の朝  >

The circumference of the lake is about 4 km, and it is the largest freshwater lake in North Kyoto.

A small mountain in the center is a peninsula, and is also an ancient burial mound.

An angler fixedly had looked at a surface of the lake.

 

周囲4kmの京都北部で最大の淡水湖で、海岸まで500mの位置にあります。

中央に見えるのが湖中央に突き出た半島部の小山で、古墳があります。

釣り人がじっと湖面を眺めていました。

 

3-1

3-02

 3-3

< 3.  A beach >

< 3. 八丁浜 >

Upper photo:  view of the west side from a center of the beach.

You can find Amino port in the back of the beach.

 

Central photo:  view of the east side from the west edge of the beach.

The scenery over the beach is Amino town that is famous for Tango Chirimen (a high-quality silk).

 

Lower photo: view of the north east side from the west edge of the beach.

Today, we are going to go in this direction and go around Tango Peninsula.

 

This big sandy beach will be full of swimmers in this summer.

 

https://www.youtube.com/watch?v=8e-DImZiZD8

I shot a video of this beach, and the video footage is 25 seconds.

 

上の写真: 浜の中央から西側を見ている。

奥に網野漁港が見えます。

 

中央の写真: 浜の西端から東側を見ている。

丹後ちりめんで有名な網野の町が広がっている。

 

下の写真: 浜の西端から北東を見ている。

今日は、この方向に進み丹後半島を一周します。

 

ここは大きな砂浜で、夏は海水浴客で賑わうことでしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=8e-DImZiZD8

これはこの浜を映した25秒の映像です。

 

 

 4 港

< 4.  Amino fishing port >

< 4. 網野港 >

 

This port was made in the mouth of a river.

Upper photo:  view of seaside from a place on the breakwater.

Lower photo:  view of the upper stream from same place on the breakwater.

 

When I took a walk, I looked at a small Shinto shrine.

A signboard standing by the shrine said “here is the place of the Legend of Urashima Taro”.

The Urashima Taroa is a famous Japanese fable, and behind the story were concepts concerning Taoist immortality of ancient China.

I hit on an idea.

There are many ancient burial mounds in this Amino town.

This area is in an inconvenient location facing the Sea of Japan, and furthermore, the scale of the port is small.

Nevertheless, the scale of this Amino town is large.

I guess this area was a sea gateway to Korean Peninsula and Mainland China since ancient times.

I enjoyed thinking such thoughts.

 

On the next time, I introduce a maximum ancient burial mound in this district.

 

ここは河口に出来た漁港です。

上の写真: 防波堤に立ち海側を見ている。

下の写真: 防波堤に立ち、川の上流を見ている。

 

散歩していると小さな祠があり、浦島太郎伝説の地と書かれていました。

思い当たることがありました。

この網野町には古墳が多いのです。

さらに日本海に面した不便な地にあって、漁港が小さいにも関わらず、町の規模が大きいのです。

きっと、古来より朝鮮半島や中国大陸との海の玄関口だったのでしょう。

想像しているだけで楽しくなります。

 

次回、この地方で最大の古墳を紹介します。

 

 

 

 5-1

5-2

5-3

< 5. Kotohiki Beach >

< 5. 琴引浜 >

 

This beach is famous for Naki-suna(the sand making sounds when people walk on it), and a beautiful beach surrounded by a nature.

 

This continues next time.

 

ここは「鳴き砂」で知られた海岸で、自然に囲まれた美しい海水浴場です。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 7: Daijyo-ji temple and Maruyama Ōkyo 2


但馬海岸から丹後半島を巡って 7: 大乗寺と円山応挙 2

 

 

 1

< 1.  an enlarged picture in the room of peacock by Ōkyo  >

< 1. 孔雀の間の絵:応挙筆 >

 

I introduce their pictures of Maruyama school in the reception hall of Daijyo-ji temple today.

I borrowed all the photos because persons could not photograph inside this hall.

Their photos are it of  Daijyoji TempleDigital Museum of the Maruyama Schoolhttp://museum.daijyoji.or.jp/index.html

I recommend you to visit it because it is splendid.

 

今日は、大乗寺、客殿にある応挙と円山派の絵を紹介します。

内部では撮影が出来ませんので、写真はすべて借用しました。

主に「大乗寺円山派デジタルミュージアム 」のものです。

ここは素晴らしいので閲覧されることをお薦めします。

 

 

 

2

< 2.  Inside the reception hall >

< 2. 客殿内部 >

Upper fig.:  number 1-9 are main sightseeing places in the first-floor.

There is the pictures which you should look at the corridor on the way.

number 10-11 are rooms in the second-floor.

 

Lower fig.: this shows the first-floor, and the whole and the rooms indicate the Mandala of Buddhism.

This image consists of a Buddhist image room (Kannon Bodhisattva) in the center of the hall, and the Four Devas that defends Buddhism world in four corners.

actually, the Four Devas statues aren’t put on it, and for example, the room at the east corner depicts  the agriculture scenes in connection with Jikokuten ( the Guardian of the East ) that rules economy and agriculture.

 

 

上の図: 番号1から9までが1階の主な見学場所です。

途中、廊下などにも見るべき絵があります。

番号10と11は2階です。

 

下の図: 1階部分の配置図で各部屋が真言の曼陀羅を模しています。

中央に仏間(観音様)があって、4隅に四天王が仏教世界を護持する形になっている。

実際に四天王像が置かれているわけではなく、例えば東の角の部屋は、東方を守護し生産・経済を司る持国天に因んで農耕の模様が描かれている。

また実際の方位とこの仏教上の方位とは異なります。

 

 

 

 3

< 3.  The room of agriculture, in 1795, room number 1. >

< 3.農業の間:呉春筆、1795年作、部屋番号1. >

Upper fig.:  Visitor passes through the entrance, opens the shoji ( sliding paper door), and goes into this room first.

Total painting on the fusuma (sliding door) of three sides depicted seasonal agriculture scenes from the right side.

 

Central fig.: This shows the scene of rice planting that is the enlarged picture of the second fusuma from the left of the upper fig.

Lower fig.:  this shows the threshing scene.

 

They are described only in the light and shade of the sumi (black ink), and person’s heads are largely described.

 

上の図: ここは玄関を抜けて、障子を開けて最初に入る部屋です。

3方の襖絵に、右側から、田植えから稲刈りまでが季節を追って描かれている。

 

中央の図: 上の図の左から2枚目の襖絵を拡大したもので、田植えを示す。

下の図: 稲刈り後の脱穀の様子。

 

すべて墨の濃淡だけで描かれており、呉春は頭部を大きく描く特徴がある。

 

 

 

 

 4

< 4.  the room of peacock by Ōkyo in 1795, room number 2.  >

< 4.孔雀の間、円山応挙筆、1795年作、部屋番号2. >

Upper fig.:  this room is the largest room and is in front of the Buddhist image room.

Pines and peacocks are drawn in gold foil only by the light and shade of sumi.

Parts that are thickly painted with sumi, pine needles and peacock’s wings look like green color.

It is mysterious.

 

Central fig.:  paintings on the fusuma in front of the Buddhist image room.

Lower fig.:  opening the fusuma.

 

Ōkyo died in several months after the completion of this picture.

 

上の図: この部屋は最大の部屋で仏間に面している。

松と孔雀が金箔地に墨の濃淡だけで描かれている。

この構図は本尊の観音の化仏である阿弥陀が孔雀に座することに由来している。

墨が濃く塗られた部分、孔雀の羽根や松葉は緑色に見えるから不思議です。

 

中央の図: 仏間に面した襖絵。

下の図: 同じ襖を開けたところ。

 

応挙はこの絵の完成後数か月後に逝去した。

 

 

 5

< 5.  The room of Japanese fiber banana by Ōkyo in 1787, room nouber 3. >

< 5.芭蕉の間、円山応挙筆、1787年作、部屋番号3 >

This room’s painting depicts a famous politician of Tang, a old man of the white clothing, in connection with Zochoten that rules government.

He drew this on the gold foil with color paints of blue, green, cinnabar, and sumi.

 

 

この部屋は政治を司る増長天に因んで、唐の政治家、郭子儀(白装束の老人)を描いています。

平和と安定の象徴で、お目出度い絵として描かれます。

これは金箔地に青、緑、朱の絵の具と墨で描いています。

 

 

 

 

 

 

 6

< 6. The room of landscapes by Ōkyo in 1787, room nouber 4.  >

< 6.山水の間、円山応挙筆、1787年作、部屋番号4. >

 

This room is for persons of high rank, and was made by exquisite workmanship.

Upper fig.:  these paintings describe that the water falling from deep mountains and dark valleys flows into the sea.

He drew it on the gold foil with only sumi.

 

Lower fig.:  there is a waterfall in deep mountains on the left side.

 

ここは位の高い人を迎えるための部屋で、凝った造りになっています。

上の図: 深山幽谷から流れ落ちる水が、やがて大海に注ぐ様子が描かれている。

中央隅の右側から流れ落ちた水が右に流れ、畳の下をくぐり、やがて左側の大海に至る。

金箔地に墨で描かれている。

 

下の図: 左が深山幽谷から流れ落ちる滝です。

 

 

 

 7

< 7.  The room of puppy, room number 6. >

< 7.狗子の間、山本守礼筆、部屋番号6. >[

Upper fig.:  opening shoji (sliding paper door ) and going in, we can see playing puppies under plum flowers.

Central fig.:  moreover, opening the fusuma(sliding door ), we can go into the room of mountains.

 

In the previous Japanese painting, dog was described as a holy thing, but Ōkyo preferably described puppies as everyday subject matter.

 

上の図: 障子を開けて入ると、梅の花の下で遊ぶ子犬たちに出会う。

中央の図: さらに襖を開けると、秀山の間に至る。

 

以前の日本画では、犬は獅子や狛犬など神聖なものとして描かれていたが、応挙は日常的な素材として子犬を好んで描いた。

 

 

 

 

 

 8

< 8.  Three rooms >

< 8.三つの部屋 >

Upper fig.:  the room of carp by Ōkyo in 1787, room number 5.

Central fig.:  the room of mountains in 1787, room number 7.

Lower fig.:  the room of immortal in 1787, room number 8.

 

上の図: 鯉の間、円山応挙筆、1787年、部屋番号5.

中央の図: 秀山の間、呉春筆、1787年、部屋番号7.

下の図: 仙人の間、秀雪亭筆、1787年、部屋番号8.

 

 

 

 9

< 9.  The room of envoy, room number 9. >

< 9.使者の間、山本守礼筆、部屋番号9. >

This theme is boys in China.

この部屋は兄弟の画家が二つのテーマで絵を描き、これは兄が描いた中国を題材にした「少年行図」です。

 

 

 

 10

< 10.  Two rooms on the second-floor >

< 10. 2階の二部屋 >

Upper two fig.:  the room of monkey by Nagasawa Rosetsu in 1795, room number 11.

It is this picture that I was surprised most.

The expression of the monkey is really rich, and there is dynamism.

This is drawn without a draft at a stroke, so it indicates great ability of the artist.

 

Lower two fig.:  the room of duck, room number 11.

The narrow painting on upper part of on the fusuma describes moth and butterfly.

 

上二枚の図: 猿の間、群猿図、長沢芦雪筆、1795年、部屋番号11.

私が最も驚いたのがこの絵です。

実に猿の表情が豊かで、躍動感がある。

これは下書きなしで一気呵成に描かれており、作者の力量がうかがえる。

 

下二枚の図: 鴨の間、梅花遊禽図、源埼筆、部屋番号10.

襖の上にある細長い絵が、山口素絢筆「蛾蝶図」です。

 

 

Impression

I feel that there are breathing paintings here.

There is also reproduction images here, but we can see their paintings as the placement of the paintings that the artist aimed at.

These all art works were made by Maruyama school.

 

Ōkyo and Maruyama school that were the mainstream in Kyoto in the middle of the Edo period.

It is amazing that their art works gather in the out-of-the-way place of the Sanin region.

 

This continues next time.

 

 

感想

生きている絵を見る思いがしました。

複製画になったものもあるが、作者が意図した絵の配置のままで、私たちは絵を見ることが出来ます。

襖絵だけでなく欄間の彫り物、掛け軸、屏風など、すべてが円山派のものです。

 

江戸時代中期、京都画壇を代表した応挙と円山派の絵が、この山陰の片田舎に集まっていたこと自体も驚きです。

これは応挙の恩返しもあったが、この寺に勢いがあったからだろう。

 

これら作品の制作中の1988年に、天明の京都大火が起こり、アトリエの寺と絵が消失したらしい。

それでも、絵は再度、描かれることになった。

当時の住職と応挙の心意気がすがすがしい。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula | Tags: , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 6: Daijyo-ji temple and Maruyama Ōkyo 1


但馬海岸から丹後半島を巡って 6: 大乗寺と円山応挙 1

 

 1

< 1. a temple gate of Daijyo-ji >

< 1. 大乗寺の山門 >

 

Today, I introduce the temple being on the way to the mountain from Kasumi Port in Hyogo.

There were amazing things in the seemingly ordinary temple.

Many pictures of Maruyama Ōkyo and the pupils were breathing there.

I introduce them several times from now on.

 

今日は、兵庫県の香住港の山側にある寺を紹介します。

一見なんの変哲もない寺に凄いものがありました。

円山応挙と一門の絵がそこで生き続けているのです。

数回に分けて、紹介します。

 

 

About Daijyo-ji temple

This is a temple of the Shingon sect of Buddhism, and it is said that priest Gyogi founded it in the 8th century.

Afterwards, it became extinct, but a chief priest of it achieved the restoration in the end of 18th century of the latter half of the Edo era.

When this chief priest visited Kyoto, he knew the talent of Maruyama Ōkyo, and gave him much money.

After Maruyama Ōkyo became successful as an artist, he provided many pictures to this temple with 12 pupils to show its gratitude.

In this temple, there are more than one hundred of pictures and carvings, and the main works are still used in each room now.

So this temple is called Ōkyo temple.

 

 

 

大乗寺について

ここは真言宗の寺で、行基上人が8世紀に創建したと伝えられている。

その後、廃れていたが、江戸時代後期の18世紀末、ここの住職が再興をはたす。

この住職が京都訪問のおり、応挙の才能を知り、彼に銀三貫目(約50両?)を与えます。

応挙は大成したのち、その恩に報いるために、弟子12名とともにこの寺に絵を提供した。

百点を超える絵や彫り物があり、その主要なものが各部屋に今も当時のまま使用されています。

それで、ここは応挙寺とも呼ばれている。

 

 

2

< 2. a main gate and the stone wall >

< 2.山門と石垣 >

 

 

 

 

3

< 3. the entrance and an Ōkyo statue >

< 3.玄関の応挙像 >

Upper photo: if I passed through the main gate, I saw the excellent entrance hall that an Ōkyo statue was set in the center of.

Essentially, visitor enters the reception hall from this entrance hall, and opens the back shoji and enters a waiting room.

Tourist enters from kitchen of the right hand and pays the admission 800 yen.

And the tourist looks around many paintings of fusuma (sliding door), folding-screen paintings, and fretworks of ranma (transom) in the reception hall along with receiving explanation.

 

 

上の写真: 山門をくぐると立派な玄関が見え、その中央に応挙像があります。

本来、客はこの玄関から客殿に入り、この奥の障子を開けて農業の間(待合の座敷)に入ります。

見学者は、右手の庫裡(台所)から入り、入場料800円を支払います。

そして、説明を受けながら客殿の十数部屋の襖絵、屏風絵、欄間の彫り物を見て回ります。

 

 

4

< 4. the reception hall and a masterpiece of Ōkyo >

< 4.客殿と応挙の代表作 >

Upper photo: the kitchen side of the reception hall.

This building is more than 200 years old.

 

Lower picture: this is a national treasure, the half of folding-screen paintings that Ōkyo described pine trees covered with snow, and other museum has this.

 

上の写真: 客殿の庫裡側。

2百年ほど経た立派な建物です。

 

下の絵: 国宝「雪松図屏風」の半分で、三井記念美術館蔵です。

 

5

< 5. views of the main gate from in front of the reception hall  >

< 5. 客殿の前から山門側を見る >

 

6

< 6. main buildings >

< 6. 主要な建築物 >

Upper photo: the reception hall.

Lower photo: The right hand is Kannon-do hall and the left hand is Yakushi-do hall.

 

上の写真: 客殿。

下の写真: 右手が観音堂で左側が薬師堂。

 

7

< 7. views from in front of the Kannon-do hall >

< 7.観音堂から客殿を見る >

Upper photo: there is a garden between the reception hall and the left mountain, but I couldn’t see it.

Lower photo: Water just spouts out of the top point of a globular stone in the center of the stone washbasin.

The water flowing from the mountain gushed out of it intermittently, but I don’t understand the mechanism.

 

I introduce paintings of Ōkyo next time.

 

 

上の写真: 客殿と左の山の間に庭があるが、見学は出来ない。

下の写真: この手水鉢の中央にある宝珠の先から勢いよく水が飛び出している。

機構はわからないが、山から流れてくる水が間歇的に噴出していた。

 

次回から応挙らの絵を紹介します。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 5: went along Tajima shore


但馬海岸から丹後半島を巡って 5: 但馬海岸を行く

 

1

  • * 1

 

Today, I introduce the scenery from Yumura Onsen to the estuary of Maruyama River.

We saw fisherman villages and beaches while we drove through mountain villages and drove along Tajima shore.

 

今日は、湯村温泉から円山川の河口までの景色を紹介します。

山村を抜け、但馬海岸の海岸線をドライブし、漁村と浜を眺めました。

 

 2map

< 2. sightseeing map >

< 2. 観光地図 >

 

Two red markings show Yumura Onsen and Hamasaka Port that I already introduced.

A-F in the map is mainly spots that I took a picture.

 

赤い印は既に紹介した湯村温泉と浜坂港です。

AからFが写真で紹介する景色です。

 

 

 

 3

< 3. a shrine by a mountain village, A of the map >

< 3. 金屋と熊野神社、地図番号A >

 

On the way to Hamasaka port from Yumura Onsen, there was original scenery of Japan.

The shrine was in the deep forest by a small village.

 

湯村温泉から浜坂港までの途中に、日本の山村に残る原風景がありました。

小さな村のすぐ横の深い森に神社が建っていました。

 

 

 4

< 4. Amarube, B of map >

< 4. あまるべ、地図番号B >

 

Formerly, the railroad bridging of the right hand was famous for beautiful iron bridge, but it was reshaped since a train fall accident of 30 years ago.

 

以前、右手の鉄道架橋は美しい鉄橋で有名でしたが、30年前の列車転落事故により造り直されました。

 

 

5

< 5. Kasumi, C of map >

< 5. 香住、地図番号C >

 

This port town was crowded with crabbing in winter, but was empty at this time.

We had lunch in tribute to crab here.

The sky began to cloud over suddenly.

 

この港は、冬に蟹漁で賑わいますが、この時期は閑散としていました。

ここで蟹にちなんだ昼食を頂きました。

急に空が曇って来ました。

 

 6

< 6. spots near to Kasumi port >

< 6. 香住港の近く >

 

Two lower photos, D of map: a bathing beach.

下2枚の写真、地図番号D: 佐津海水浴場。

 

 7

< 7. neighborhoods of Takeno beach >

< 7. 竹野浜付近 >

Lower photo, E of map: Takeno bathing beach.

下の写真、地図番号E: 竹野浜海水浴場。

 

In the summer about 30 years ago, I came here for sea bathing with my family well.

And I came to Kannabe Kogen of this mountainside for skiing in winter.

I brought back pleasant memories.

 

30年ほど前の夏、家族を連れて海水浴によく来ました。

冬はここの山手にある神鍋高原にもスキーに来ました。

楽しい思い出で蘇ります。

 

 8

< 8.  neighborhoods of the estuary of Maruyama River >

< 8. 円山川の河口付近を望む >

 

Upper photo, F of map: the shoreline of Tango Peninsula extends in the back.

 

Now this sea is calm, but this Sea of Japan becomes stormy in winter.

Thereby, this shoreline becomes rugged, and this sea near to the deep mountains brings rich food.

However, the fisherman must fish at the risk of life.

 

This continues next time.

 

 

上の写真、地図番号F: この奥に丹後半島の海岸線が延びています。

下の写真: この険しい崖の松の木に隼が生息している。

今回の旅行で、幾度か崖に照準を合わせたカメラマン達の姿を見た。

 

今は穏やかな海だが、この日本海は冬に大しけになる。

それで海岸線は荒々しくなり、深い山が迫るこの海は豊かな幸をもたらすことになる。

しかし漁師は命がけで漁をしなければならない。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , | 9 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 4: Pleasure boat of Tajima shore


但馬海岸から丹後半島を巡って 4: 但馬海岸の遊覧船

 

1

  • * 1

 

We went around Tajima shore of San’in Kaigan Global Geopark with a pleasure boat on May 13, 2016.

On this day, it was fine, and I enjoyed watching various strangely shaped rocks along with being blown by a sea breeze.

 

2016年5月13日、午前中、山陰海岸ジオパークの但馬海岸を遊覧船で巡りました。

この日は快晴で、爽やかな潮風に吹かれて奇岩を楽しみました。

 

 

2

< 2. map >

< 2.地図 >

Upper photo: the green range is San’in Kaigan Global Geopark, and spans about 100 km from east to west.

Two yellow wide arrows indicate each range of below two maps, and three blue arrows do the Hamasaka port that our Pleasure boat sailed from.

 

Lower photo: this satellite photo is a view from the north side.

A blue long oval shows the range of the pleasure boat.

We did a round trip of embarkation along the shoreline of approximately 9 km for 50 minutes from 10:00.

 

上の地図: 緑色の範囲が東西100kmに及ぶ山陰海岸ジオパークです。

黄色の矢印は下の地図の範囲を示し、青の矢印は遊覧船が浜坂港から出航することを示している。

 

下の地図: この衛星写真は北側から見ています。

青の楕円が遊覧船の範囲で、矢印は出航を示す。

10時から50分間の乗船で、約9kmの海岸線を往復した。

 

 

 

3

< 3. finally start >

< 3. いざ出発 >

Upper photo: our boarding boat was new glass-bottom boat.

Central photo: Hamasaka Port and the cityscape that we sailed now.

Lower photo: The rugged cliff that we see first.

 

上の写真: 乗船した遊覧船は新造されたばかりのグラスボートでした。

真ん中の写真: 今、出航して来た浜坂港と町並みが見える。

下の写真: 最初に見に入る荒々しい崖。

 

 

4

< 4. strangely shaped rocks >

< 4. 奇岩 >

Lower photo: The pattern of dislocation of the rocks running perpendicularly is similar to a dragon ascending to the sky.

 

上の写真: 鬼門岬。

下の写真: 竜宮洞門。

垂直に走る断層の模様は、龍が天に昇る姿に似ている。

 

 

About San’in Kaigan Global Geopark

These beautiful appearances of shore are constructed from various rocks, which had been created by the volcanic activity, and were changed by repeated mountain making and the abrasive action.

The Japanese archipelago began to separate from a continent since 23 million years ago, and the Sea of Japan was made before long.

It can be said that this scenery and rich and varied seafood are created in this process.

 

山陰海岸ジオパークについて

この海岸の姿は火山活動によって出来た岩が造山運動を繰り返し、侵食されて出来たものです。

日本列島は2300万年前から大陸と分離し始め、やがて日本海が出来ました。

この地の景観や豊かな海の幸は、大陸と一体だった時から日本海形成に至る過程で生み出されたと言えます。

 

 

 

5

< 5. rock reef >

< 5.田井 >

 

This place is dotted with many rocks and fish and seaweed are rich.

 

上の写真: 田井の浜。

下の二枚の写真: 田井の松島。

ここらは数多くの小さな島が点在し、魚や海草が豊富です。

 

 

6a

< 6. best fishing spot >

< 6.絶好の釣り場 >

 

 

 

7a

< 7. islands and sea caves >

< 7.島と洞門 >

Upper photo: Mio Oshima Island.

Lower photo: Shitaara Sea Cave.

 

上の写真: 三尾大島。

下の写真: 下荒洞門。

 

 

8a

< 8. Shitaara Sea Cave >

< 8.下荒洞門 >

Upper photo: A cave of the front made by erosion passes till the left side surface (photo below).

A canoe can pass through this cave.

 

上の写真: 海食で出来た正面の洞穴が、左側面(下の写真)まで抜けている。

この洞窟はカヌーなどで抜けることができます。

 

 

 

9a

< 9. cape and sea cave >

< 9.鋸岬と旭洞門 >

Upper photo: a white point in the middle of the cape is a sea cave of the lower photo.

 

Our boat doubled back here.

 

上の写真: 岬の真ん中に見える白い点は下の写真の旭洞門です。

 

船はここで折り返します。

 

 

10a

< 10. we returned >

< 10. 戻って来ました >

Hamasaka Port is seen in the distant place.

遠方に浜坂港が見えて来た。

 

This video footage from pleasure boat is 17 seconds.

但馬遊覧船から写した17秒の映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=deGBgs9oDKU

 

This continues next time.

次回に続く。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 3:  Japanese cuisine of our inn


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 3: 温泉旅館の料理

 

 1

< 1. Shabushabu >

< 1. しゃぶしゃぶ >

 

Today, I introduce the dinner of our inn.

This was rightly Japanese food, Washoku or Kaiseki ryori in Japanese.

 

今日は、私が泊まった温泉旅館の食事を紹介します。

まさに、これが和食、日本の会席料理でした。  

 

 

2 

< 2.  first served dishes >

< 2. 最初の膳 >

 

 3a

< 3. hors d’oeuvres >

< 3. 前菜 >

Upper photo: side dish consisting of several kinds of small dishes for sake (beer).

Lower photo: a small dish before the main dish.

A tofu on that sea urchin eggs are put is in soup stock.

Ground green soybeans are mixed in bean curd.

 

These are dishes to eat first.

 

上の写真: 数種類の小料理からなる酒の肴(八寸?)。

下の写真: メイン料理の前の小料理(先付?)。

出し汁の中にウニを載せた豆腐がある。

豆腐には磨り潰した枝豆を混ぜられている。

 

これらは最初に食べる料理です。

 

4

< 4. Shabushabu of Tajima beef >

< 4.  但馬牛のしゃぶしゃぶ >

 

Tajima beef is one of brands being representative of Japanese beef, and is using cattle of this district.

Shabushabu is a Japanese dish in which extremely thin slices of meat are cooked by swishing them several times in dashi (soup stock) boiled, dipped in sauce and eaten.

 

但馬牛は日本の肉牛を代表するブランドで、この地方で飼育されている。

しゃぶしゃぶは、薄い肉を煮えた出し汁に通し、タレにつけて食べる鍋料理です。

ここでは写真2の茶色のゴマダレにつけます。

 

5a

< 5. dishes of Tajima beef >

< 5. 但馬牛料理 >

 

These two beef dishes aren’t served as normal cuisine.

Shabushabu, hand-formed sushi, and the roast beef of Tajima beef are one of special dish in this time.

 

この二点の肉料理は、通常の会席料理には出ません。

但馬牛のしゃぶしゃぶ、にぎり鮨、ローストビーフが今回の目玉料理です。

 

 

 

 6a

< 6. simmered dish and sashimi >

< 6. 煮物と刺身 >

Upper photo: simmered hilgendorf saucord.

This fish is caught in the Sea of Japan and is in season autumn and winter.

This high-class fish becomes popular recently.

 

Lower photo: Sashimi of salt-water fish and a prawn.

 

上の写真: ノドグロ(アカムツ)の煮物。

これは日本海で捕れる魚で、旬は秋から冬です。

これは最近、人気が出て来た高級魚です。

 

下の写真: 海の魚の刺身とエビ。

 

 7

< 7. Abalone and tempura >

< 7. アワビと天ぷら >

Upper photo: simmered Abalone.

The abalone is a high-class food of shell inhabiting the reef of the Japanese coast.

This dish had the smell of ocean from the black seaweed, and its flavor was splendid.

 

Lower photo: tempura of fish and vegetables.

 

 

上の写真: 煮たアワビ。

アワビは日本沿岸の岩礁に生息する貝で、高級食材です。

この一品は、海藻(黒い色)から磯の香りがして、味共に素晴らしいものでした。

 

下の写真: 野菜と魚の天ぷら。

 

8

< 8. steamed egg hotchpotch and rice >

< 8. 茶碗蒸しとご飯 >

Upper photo: steamed egg hotchpotch is chawanmushi in Japanese

This is like an egg custard, and consists of an egg mixture flavored with soy sauce and dashi, with numerous ingredients such as shiitake mushrooms, kamaboko, and boiled shrimp into tea-cup-like container.

Lower photo: This three-piece set is rice, soup, and pickles, and our cuisine terminates in this dish.

 

上の写真: 茶碗蒸し。

溶き卵と出し汁の中に多くの小さな具材を入れて蒸した料理。

 

下の写真: ご飯、おつゆ、漬物の三点セットで料理は終わります。

 

9

< 9. dessert >

< 9. デザート >

It is an ice cream and a strawberry.

アイスクリームとイチゴでした。

 

Supplementary explanation

Special dishes of this dinner are Tajima beef, hilgendorf saucord, and Abalone.

I was really impressed by the fact that all dishes took a lot of trouble with cooking, and tastes of these all also were delicious.

Besides, it was splendid that a hot dish or cold dish was served at right temperature appropriately.

This dish is too much quantity for me, old man, but I ate all.

 

With the exception of the beef dishes, the cuisine is seasoned with soy sauce and dashi (soup stock) made from kombu (tangle) or dried bonito.

Therefore, it may be salty for foreign people.

However, I think that this cuisine culture in Japan is worth tasting.

 

 

補足説明

この夕食の目玉料理は但馬牛、ノドグロ、アワビの料理でした。

私はすべての料理に手間がかけられ、美味だったことに感心した。

しかも温かい料理、冷たい料理が適温で適宜出てくることも素晴らしかった。

年配には食事の量が多すぎましたが、すべて食べました。

 

肉料理以外は、醤油、昆布と鰹節などからの出し汁で味付けしてあり、外国の方にはしょっぱいかもしれません。

しかし、この日本の食文化は味わう価値があると思います。

 

a10

< 10. breakfast >

< 10.朝食 >

It is almost basic breakfast.

From the left, it is boiled tofu, pickles, a seasoned dried laver, small fishes boiled down in soy, two whitefish pastes, a seasoned cod roe, a rolled egg, and a dried fish.

A rice and miso soup is added to this.

 

This continues next time.

 

 

概ね定番の朝食です。

左から湯豆腐、漬物、味付け海苔、佃煮(ちりめんじゃこ)、練り物(竹輪)、明太子、卵焼、干し魚などです。

これにご飯と味噌汁が付きます。

 

最後に

今回、この旅館に泊まったのは、新聞広告の特別優待券を手に入れ、安く泊まれたからです。

大満足でした。

 

次回に続きます。

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , | 4 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 2:  Hot spring resort 1


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 2: 温泉 1

 

1 

*1

 

Today, I introduce Yumura Onsen where we visited and a Japanese inn having hot spring.

今日は私が泊まった湯村温泉と温泉旅館を紹介します。

 

 

 2

< 2. the center of Yumura Onsen >

< 2. 湯村温泉の中心 >

Upper photo: you can see a source of hot spring “Ara-yu” by the left side on the river.

上の写真: 川の左側に「荒湯」と足湯が見えます。

 

About Yumura Onsen 

There is this traditional hot-spring resort along a mountain stream in Hyogo prefecture.

If you descend about 10 km from here, can reach the nice-looking Sea of Japan.

This place is within deep mountains having good skiing area in this neighborhood.

You can enjoy ski and crab dish in winter, and do sea bathing in summer.

 

湯村温泉について

兵庫県美方郡の谷川沿いに古くからの温泉街があります。

ここから10kmほど下るときれいな日本海で、この周囲にはスキー場に恵まれた深い山々があります。

冬は蟹料理とスキー、夏は海水浴を楽しむことが出来ます。

 

 

3

< 3. a source of hot spring “Ara-yu” >

< 3. 荒湯 >

Lower photo: local persons boil eggs or vegetables in this hot spring of high temperature like wells.

下の写真: 地元の人がこの高温の熱泉で卵や野菜をゆでている。

 

 

4

< 4. nearby places for a stroll >

< 4. 近くの散策ポイント >

Upper photo: “Yumechiyo” statue.

This is a central character of a NHK drama that was located in this hot spring.

“Ara-yu” is seen on the other side of the river.

 

Lower photo: Syofukuji temple with a splendid tower gate.

 

上の写真: 夢千代像。

これは、この温泉を舞台にしたNHKドラマの主人公です。

川向こうに荒湯が見える。

 

下の写真: 立派な楼門がある正福寺。

 

 

5

< 5. views from heights >

< 5. 高台からの眺め >

Upper photo: I overlooked the hot spring resort on the north side from an observation deck of Kiyomasa Park.

Lower photo: I saw mountains on the south side from our room of the inn.

 

上の写真: 清正公園展望台から北側の温泉街を見下ろす。

下の写真: 旅館の部屋から、南側の山岳部を望む。

 

 

I introduce the hot spring and morning bath of our inn.

宿泊した旅館の温泉、朝風呂を紹介します。

 6

< 6. the hot spring “Tenjin no yu” >

< 6. 旅館の温泉「天神の湯」 >

Upper photo: the bathhouse “Tenjin no yu” was detached from a main building and was built one step higher.

Lower photo: the corridor that leads to the bathhouse from the main building.

 

The inn also has a big bathhouse ” Atago no yu” in the main building, but I introduce only this “Tenjin no yu” because this detached bathhouse is splendid.

The guest changes the use of two bathhouses at morning and at night.

 

上の写真: 右側の一段高い所にある離れの浴場「天神の湯」の外観。

下の写真: 本館からその浴場に通じる廊下。

 

旅館の本館内にも大きな浴場「愛宕の湯」があるのですが、この離れの浴場が素晴らしいので、こちらだけを紹介します。

宿泊客は朝と夜で、二つの浴場の利用を交替します。

 

 

7

< 7.   Indoor bath >

< 7. 屋内の風呂 >

There are outdoor baths and indoor baths in this detached bathhouse.

These two baths are a part of the indoor baths.

 

離れの浴場には、露天風呂と屋内風呂があります。

この二つの風呂は屋内の風呂の一部です。

ここは小さな旅館ですが、お風呂の作りに工夫が凝らされており、サウナや泡風呂など種類も多いです。

少し残念なのは、設備が古いことです。

 

 

8

< 8. two open-air baths >

< 8. 二つの露天風呂 >

Upper photo: a bath that a source of hot spring discharges into is surrounded by a bamboo grove.

Lower photo: A bath with good views is located in the downstream.

 

上の写真: 竹林に囲まれた源泉側のお風呂。

下の写真: その下流にある展望風呂。

 

上のお風呂に加水し適温にした源泉が注ぎ、溢れたお湯が下のお風呂に流れて来る。

したがって二つの風呂の湯温に差があり、適温が選べます。

 

 

9

< 9. artistic bath 1 >

< 9. お風呂の風情 1 >

Upper photo: I look at the bath on the downstream side from the bath of the source side.

Lower photo: This small stream is a flow of hot water.

 

In this hot spring, a large quantity of hot water is flowing constantly.

 

上の写真: 源泉側の風呂から下流側の風呂を見る。

下の写真: この小川が湯の流れです。

 

この温泉は掛け流しで、常時、大量のお湯が流れています。

 

 

a10

< 10. artistic bath 2 >

< 10. お風呂の風情 2 >

 

Probably Japanese age guests will take a bath before a dinner, before going to bed, and also in next morning.

If it is open-air bath of hot spring, it is the best.

 

You are feeling a chill in your face, soaking in hot water in a cloud of steam, and seeing the trees of neighboring mountains that is shining by a morning sun.This will take you to a healing time.

“Namuamidabutsu, Na-muamidabu.”

 

This continues to next time.

 

 

おそらく日本の年配客は、夕食前、就寝前、それから朝風呂にもお風呂に入るでしょう。

それが温泉の露天風呂なら最高です。

 

顔に冷気を感じながら、湯気が立ち込める湯に浸かり、周囲の山々の木々が朝日に照らされるの見ながらの朝の露天風呂は悦楽の境地へと誘います。

南無阿弥陀仏!南無阿弥陀仏!

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 1: First


但馬海岸から丹後半島を巡って 1: はじめに

 

1

  • * 1

 

We traveled in San-in from May 12, 2016 to 14.

I enjoyed hot spring and Japanese food along with looking for original scenery of Japan.

Today, it is the digest

 

2016年5月12日から14日にかけて、山陰を旅行しました。

日本の原風景を探しながら、温泉と日本料理を味わって来ました。

今日は、そのダイジェストです。

 

 2map

< 2. Our traveling area >

< 2. 旅行した所 >

Upper map:   The yellow frame is the range of following map.

Lower map:   A yellow line is the route that we drove, and the range that I took a picture.

Red dot is places to stay.

 

上の地図: 黄色の枠が下の地図の範囲です。

下の地図: 黄色の線が今回、私達がドライブした道筋で、写真撮影をした範囲です。

赤丸は私達が宿泊した場所です。

 

3

< 3. Scenery of mountainous district >

< 3. 山地の風景 >

These mountains and trees were just the season of fresh green.

まさに山と木々は新緑の季節でした。

 

4

< 4. Appearance of a fishing village >

< 4. 漁村のたたずまい >

 

 

5

< 5. Hot spring resort >

< 5. 温泉地 >

Our Japanese trip is always accompanied by hot spring, moreover a kaiseki ryori ( an elegant Japanese meal served in delicate courses) and a morning bath are indispensable.

I very yearned for Japanese food used of seafood when I ate European dishes in the cruise of the Mediterranean Sea.

I introduce at a later date the dish that our hotels served.

 

 

日本人の旅には温泉が付きもので、会席料理と朝風呂は不可欠です。

クルーズでヨーロッパ料理を食べていると無性に海の幸の日本料理が恋しくなりました。

旅館で出た料理を後に紹介します。

 

 

6

< 6. Enjoying San-in shore >

< 6. 山陰海岸を楽しむ >

 

We enjoyed the superb view of the shore on a pleasure boat from Hamasaka Port.

浜坂港で遊覧船に乗り、海岸の絶景を楽しみました。

 

7

< 7. Aspect of shore >

< 7. 海岸の表情 >

 

8

< 8. An original scenery of Japan >

< 8. 日本の原風景 >

The rice field being on a small cape, and many houses standing on the coastal slope remain the mode of old living of Japan.

岬の上に作られた水田、海沿いの斜面に並ぶ家々は、日本の昔の暮らしを物語っています。

 

9

< 9. Ine-wan bay >

< 9. 伊根湾 >

This fishing port is famous for the funaya houses (there is a boathouse in a private house), and the mode comes from blessings bestowed by nature.

ここは舟屋で有名な漁港で、その姿は自然が生んだ良港の賜物です。

 

10

< 10. Daijo-ji Temple in Kasumi >

< 10. 香住の大乗寺 >

 

It was lucky to have visited this temple.

In the old main temple, there are a lot of paintings of painter Oukyo Maruyama of the middle of the Edo era, and we can see it as the sliding panel paintings of each room.

I introduce it at a later date.

 

This continues the next.

 

この寺に出会えたことは幸運でした。

この古い寺の本堂に江戸中期の画家円山応挙と一門の絵が多数あり、それも各部屋の襖絵として見ることが出来ます。

後に、詳しく紹介します。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , , , | 4 Comments

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市&旧萩藩三隅にイエス様現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐ひとみ、林哲也、を支援します。(一服タイムの文学者:労働者の皆様へ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!