Posts Tagged With: animal

平成イソップ物語 14: 津波とモグラ


 

 1a

*1

 

 

昔々、ある所にモグラがたくさん住んでいました。

そこは山と海に囲まれた平和な所でした。

しかしある日から事態は急変しました。

 

 

 

2

*2

3

*3

 

 

モグラ達がたくさん集まっています。

 

一匹の白いモグラが大声で皆に訴えています。

「皆、聞いてくれ!

津波が来たら、我々の住んでいる所は海に沈んでしまうぞ!」

 

誰かが聞きました。

「そんなことが起きたら大変だ。 どうすれば良いのですか?」

 

 

白いモグラが答えました。

「それは海岸に堤を作るしかない。

そうすれば海からやって来る大きな波を防ぐことが出来る。

私達は土を掘って集めることが出来る。

今やらなくて何時やるのだ!」

 

 

皆は騒ぎ始めた。

「この話は本当かな?」

「しかし万が一、津波が来たら終わりだぞ。」

 

 

この時、一匹の子供モグラが母さんに言いました。

「以前、僕は地中を深く掘っていた時、底の方で水が流れているのを見たことがある。」

 

お母さんは言いました。

「山にたくさん雨が降れば、洪水になるかもしれないね。」

 

母さんは周りのモグラに危惧を伝えましたが、皆は口を揃えて言いました。

「お前は津波の恐ろしさを無視するのか。話にもならない。」

 

 

やがて皆は力を合わせて堤を造ることにしました。

 

そんなある日、その親子はこの浜を去り、離れた高台に住み始めました。

 

やがて数年が過ぎて、雨が降る日が多くなりました。

 

ついに川が増水を始め、堤で囲まれた浜は水没してしまいました。

 

とうとう津波は来ませんでした。

 

 

 

4

*4

 

 

 

 

 

 

Advertisements
Categories: culture+society, essay, <japanese language, Series: New fables of Aesop | Tags: , , | 2 Comments

平成イソップ物語 13: 熊と狐


 1

*1

 

 

 

ある所に、秋になると鮭がたくさん遡上してくる川がありました。

そこでは熊と狐と多くの動物が仲良く暮らしていました。

しかし鮭の量が減り始めていました。

 

 

 2

*2

 

 

熊以外の動物達が鮭の漁について話し合っています。

 

「皆、熊だけに鮭の漁を任しておいて良いのだろうか?」

「しかし、我々は熊が採ってくれた残り物を貰って暮らしている。」

「我々が鮭を漁することは難しいし、第一、熊が我々の漁を許さないだろう。」

「しかし、このままでは鮭が減っていくのは確実だ。」

 

3

 

*3

 

 

狐と他の動物達は熊の所に話しに行きました。

すると熊は皆を威嚇しながら言いました。

 

「お前たちは、これから鮭が遡上してくる川に近づいてはならない。」

 

皆は仕方なく引き下がりました。

 

 

 

4

*4

 

 

 

やがて月日は流れました。

 

熊の数が増え、また密漁する動物も増えて鮭の数はどんどん減っていました。

 

皆は危機感を持ち、対策を話し合いました。

 

「やはり、我々がこの川を守るべく鮭の漁を規制すべきだ。」

「皆を集めて、熊の所へ行こう!」

 

 

 

 

5

*5

 

 

この時、狐のリーダーが言いました。

 

「今、熊を怒らすのはまずい。ここはやはり熊に従うべきです。」

 

この狐は熊とこっそり話をしました。

 

「どうか我々狐にだけは鮭の残り物を確保して下さい。」

 

それを聞いた狐達はリーダーに大変感謝しました。

 

一方、足並みの乱れた他の動物達は規制を諦めざるを得ませんでした。

 

 

そして、また月日が流れました。

 

とうとうこの川に鮭が遡上しなくなり、熊も狐も、他の動物も死に絶えてしまった。

 

 

 

追記

これは核兵器禁止条約と核拡散防止条約における日米の姿勢を揶揄したものではありません。

 

 

 

Categories: essay, <japanese language, Series: New fables of Aesop | Tags: , | 4 Comments

New fables of Aesop 11: White snakes and black snakes


平成イソップ物語 11: 白蛇と黒蛇

 

1

  • * 1

 

Once upon a time, white snakes and black snakes had lived in grassland.

White snakes hadn’t poison, but black snakes had it.

 

昔々、ある草原に白蛇と黒蛇が住んでいました。

白蛇には毒がありませんが黒蛇は毒を持っていました。

 

2

  • * 2

 

White snakes once gathered and talked.

“ If we have poisonous fang, we also become stronger”

“ We need to get poisonous fang”

 

They went in front of God.

“ God! We want to get poisonous fang”

 

God answered.

“ I can fulfill your wish, but you surely will regret. Therefore you should wait”

Some white snakes that didn’t assent to it transformed oneself into black color by sinking their body’s into tar pond.

 

ある時、白蛇達は集まって相談しました。

「毒牙があれば我々も強くなれるぞ!」

「我々も毒牙が必要だ!」

 

皆は神様の所に行きました。

「神様、我々にも毒牙を下さい」

 

神様は答えました。

「皆の望みを叶えても良いが、きっと後悔することになるから、待っていなさい」

 

納得できない白蛇達は、タールの池に体を浸け、真っ黒に変身しました。

「これで我々も身を守れるぞ!」

 

3

  • * 3

 

A few years later, human beings came to this grassland.

 

The snakes that transformed oneself into black color became panic.

“Human beings randomly kill black snakes having poisonous fang”

“If this goes on, we also are killed”

“We hastily must take off our black hide”

 

それから月日が流れ、人間達が草原にやって来ました。

 

黒く変身した白蛇達は慌てました。

「人間達は、毒牙を持った黒蛇を手当たり次第に殺しているぞ!」

「このままじゃ我々も殺されるぞ!」

「皆、黒くなった皮を早く脱ごう!」

 

4

< 4. Molting, 脱皮 >

 

All black snakes were dead, and white snakes that couldn’t take off the black hide in time also were dead.

 

A surviving white snake murmured.

“What does protect us?   We can’t know the answer unless we look at the future as long as possible”

 

 

黒蛇は皆、殺されてしまい、黒い皮を脱ぐのが間に合わなかった白蛇も殺されてしまいました。

 

生き残った白蛇がつぶやきました。

「何が身を守るかは、先の先まで読まないとわからないね」

 

 

 

Categories: essay, <english language, <japanese language, mind, Series: New fables of Aesop | Tags: , | 4 Comments

Awaji Island of early autumn: Nature that I found at my kitchen garden


cluster amaryllis

< 1. cluster amaryllis >

 

The voice of insects that told the vestiges of summer heat already disappeared and autumn came gradually.

From my yard and my kitchen garden, I introduce the autumn harvest and the breath.

 

暑さの名残を告げる虫の声も消え、いつしか秋が訪れました。

自宅の畑と庭から、秋の実りと息吹を紹介します。

 

 full moon on Osaka Bay 

< 2. full moon on Osaka Bay >

 

a full view of my kitchen garden, a fruit and a flower of pumpkin, eggplant 

< 3. a full view of my kitchen garden, a fruit and a flower of pumpkin, eggplant >

 

.  beans and flowers

< 4. beans and flowers >

 

This year is a good harvest

We did not need to buy other than cabbage and lettuce about vegetable for over one month, because the vegetables that could be taken from my kitchen garden were good harvests.

This summer, there were many delightful things.

Any one of two kinds of watermelons and oriental melons being fresh came to be provided at the dessert almost everyday.

The malus of my yard produced first the red fruit after ten years when we planted it.

 

今年は豊作

今年は畑から採れる野菜が豊作で、ここ1ヶ月以上、野菜でキャベツとレタス以外は買わずに済みました。

今年の夏は、嬉しいことがたくさんありました。

採れたての小玉ズイカ、黄ズイカ、まくわうりのいずれかが毎日のように食卓のデザートに上るようになりました。

庭の姫リンゴが、植えて10年経って初めて赤い実を付けました。

 

an insect and a butterfly, a watermelon, malus 

< 5. an insect and a butterfly, a watermelon, malus >

 

Impressive encounter

Although there were a lot of new things this year, I introduce to you impressive encounter at the end.

It was a time when I did watering to the green soybean that we planted as always every year.

Suddenly, a small brown thing went ahead several meters quickly.

If I looked gingerly, it was a small rabbit.

It is settling in for about one week.

Therefore the watering became my fun.

It seemed to have escaped from the mountain nearby.

The rabbit is not going to escape in a large way.

This situation is new one since we started the kitchen garden ten years ago.

Until now, I have had a chance to nurture a larva of swallowtail butterfly attaching to leaf of carrot.

It is a good old memory.

 

 

ときめく出会い

今年は始めてのことが多かったのですが、最後に感動的な出会いを紹介します。

それは毎年植えている枝豆にいつものように水やりをしている時でした。

突如、茶色の小さなものが数m小走りに動きました。

恐る恐るのぞくと小さなウサギでした。

ここ1週間ほどは、住み着いてくれています。

それからと言うもの、水やりが楽しくなりました。

近くの山から逃げて来たようです。

ウサギはまだ私達には懐いていませんが、大きく逃げようともしません。

このようなことは、10年前から畑をしてから始めてのことです。

今までに、人参の葉についたアゲハチョウの幼虫を蝶まで育てたことがありました。

幼虫の世話、蝶との別れが今でも、懐かしく思い出されます。

 

the rabbit

< 6. the rabbit >

 

I thank to be able to contact with this nature these days.

 

自然と触れ合えることに感謝する今日この頃です。

 

 

Categories: essay, <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 6 Comments

New fables of Aesop 4 : pigeon and hawk


pigeon

Once upon a time, two islands were floating on a north sea.

The pigeon had lived on one island, and the hawk had lived on the other island.

遙か昔、北の海に二つの島が浮かんでいました。

一つの島にはハトが、他方にはタカが暮らしていました。

island

In a certain year, because it snowed most early, nuts and small animals decreased dramatically.

The hawk was troubled by famine, and then became attacking the pigeon of the neighboring island.

その年は雪が早く降って木の実が少なく、リスなどの小動物が激減した。

タカ達は餌に困り、隣の島のハトを襲うようになりました。

hawk

The pigeon also was also troubled by hunger.

Since pigeon’s fellows became to be attacked by the hawk, they gathered to discuss by all members.

“ Even if we fight, never get a chance of victory. We have hidden in holes, and must wait till good time. ”

Many of birds with a family have thought so.

 

“ An attack is the greatest defense. We should fight bravely all together. “

When a young man spoke like it, the place soon filled with extraordinary excitement.

Anybody was not able to propose other opinion, and then the pre-emptive strike was decided.

 

“ We  cannot survive by hiding or battling. Once, we have seen the bird dancing in the southward sky in the distance. We should leave toward south far. “

Some birds have felt sure of it.

 

 

ハト達も飢えに苦しんでいました。

仲間が襲われるようになったので、皆で話し合いました。

戦っても勝算はない。穴に隠れて時の過ぎるのを待つべきだ。」

家族を持つ者達の多くはそう思っていました。

「攻撃は最大の防御である。皆で団結し勇敢に戦うべきだ。」

若者が発言すると、やがてその場はその熱情に沸き立って行きました

他の案は沈黙せざるを得ず、先制攻撃が決まりました。

「戦うことも隠れることも勝算はない。遠く南の空に舞う鳥を見ることがある。南を目指し旅立つべきだ。」

一部の者は、確信していました。

 

pigeons flew

The day of execution came at last.

A group of the brave pigeons flew in early morning toward the island of hawk.

There was a group of the pigeon that flew toward southern sky a little late.

At last, the birds disappeared from both islands mostly.

 

Then, many years passed.    

Migratory birds have come to visit the island of pigeon only in summer.

The birds that eat fish have only lived in the island of hawk.

 

The birds are the posterity of birds that escaped the battle and took another selection those days.

 

とうとう決行の日が訪れました。

勇敢なハトの一団は朝早く、タカの島を目指し飛び立ちました。

少し遅れて、南の空に向かって飛び立つハトの一団がありました。

ついに両方の島からほとんど鳥はいなくなりました。

それから月日は流れました。

ハトの島には渡り鳥が夏だけ飛来するようになりました。

タカの島では魚を食べる鳥だけが暮らすようになりました。

その鳥達は、当時、戦いを逃れて別の選択をしたものの子孫だったのです。

 sea gulll

Since family love and brotherly love blazes up, people become bravery, but reckless.

Probably, selection of battle evasion will be important although it is accompanied by courage and wisdom, difficulties.

家族愛、同胞愛は激しく燃え上がり、人を勇敢にもし、無謀にもします。

戦い回避の選択は智恵と勇気、苦労を伴うが、重要でしょう。

Categories: culture+society, essay, <english language, <japanese language, Series: New fables of Aesop | Tags: | 2 Comments

Birth of primitive art 5 : the last Brightness of cave art


 

< fig.1、Trios Freres cave、shaman >

This time, we look at the wonderful arts in the last of glacial epoch Europe.

These were in the fate that disappears suddenly soon.

 

At first, it is the Altamira cave (about 14500 years ago) in Spain.

It is close to a sea and is on a gently sloping karsts hill (altitude 160 m.).

 

今回は、氷河期ヨーロッパの最後を飾る素晴らしい美術品を見ます。

これらはやがて忽然と姿を消す運命にありました。

最初は、スペインのアルタミラ洞窟(約14500年前)です。

北側に海があり、標高160mのなだらかなカルスト丘陵にある。

< fig.2, the big roof >

 

 

< fig.3, a bison >

 

The mural paintings were concentrated in the big roof fig.2 (entering the entrance of fig.4, immediately left-hand side).There were pictures of 25 animals drew with red, black and brown.

The pictures were many bisons, deer, wild boar, horse and a person like shaman.

The stereoscopic effect and reality of bison fig.3 are increasing by many colors, gradation and shadow processing.

This is the highest level of Old-Stone-Age pictures.

It is presumed that one author drew the all pictures of the big roof, and the cave had been managed together.

Probably, the bison that emerge in abysmal darkness by a swinging torch may seem to be alive completely.

壁画が集中しているのは大天井図2(図4の入口入って直ぐ左手)で、25頭の動物絵が赤・黒・褐色で描かれている。

とくにバイソンが多く、鹿、猪、馬などのほか、呪術師らしい人物もある。

バイソン図3は、多色彩、ぼかしと陰影処理により、立体感と写実性が増している。これは旧石器時代絵画の最高水準です。

この大天井は一人の作者がすべて描いたと推定され、洞窟が共同で管理されていたことを伺わせる。

真っ暗闇の中、揺らぐ一つの灯明で浮かび上がるバイソンは、まるで生きているように見えただろう。

< fig.4,Altamira Cave、The lower left is an entrance. full length 270 m, Spain >

 

The first Peoples came to the cave about 19000 years ago.

The People did not live inside the cave (fig.4), but dug the hole in the cave entrance, and were making it the dumping ground.

Because of the thrown-away bone, it turned out that rich woods and many hunting animals were in the circumference of the cave.

The drawing animals accord with the hunting animals.

It seems that the peoples repeatedly used the cave as a meeting place during the long period.

Various small groups came and went the vast domain between France and Spain.

約19000年前に人々が洞窟に最初にやって来た。

人々は洞窟内部(図4)には住まず、洞窟入口内に穴を掘りゴミ捨て場にしていた。

捨てられていた骨から、洞窟周辺は豊かな森、多くの狩猟動物がいたことがわかる。

描かれている動物は、狩猟対象と一致する。

人々は長い期間を通じて何度も繰り返しそれぞれの洞窟を集合場所として使ったようである。

色々な小集団がフランスとスペインの間の広大な領域を行き来していた。

< fig.5、reindeer and fish >


< fig.6、Two bisons、full length 61cm in right-hand side>

 

We look at other distinctive arts from an old thing.

Fig. 5 is a developed figure of commanding sticks was made of hartshorn. This was found in Lortet cave of 17000 years ago in France.

There are a reindeer of right edge looks back, and the legs of two reindeers before it.

And the four salmons seem to poke the deer from the bottom under the legs.

Probably, this drew the spectacle in which a group of reindeer just has been going across a river to which the salmons have been ascending.

They caught the moment that they excited most. The vigorous figure was expressed by simple line engraving.

 

Fig. 6 shows the relief that was made of clay on the floor in Tuc d’audoubert cave of 15000 years ago in France.

One pair of bison at last minute copulation was expressed.

Fig.1 was a copy of mural painting in Trois Freres cave of 15000 years ago in France. This cave connected with the above-mentioned cave.

It is visible to shaman who imitated the figure of a deer, or the personified person.

他の特徴ある美術を古いものから見てみる。

図5は、フランス、ロルテ洞窟出土、17000年前の鹿角製指揮棒の展開図である。

右端に後ろを振り返るトナカイ、その前に2頭の脚が見える。

しかも、その足の下で、4尾の鮭が下から鹿を突いているように見える。

これは鮭が遡上している河をトナカイの群れが渡る光景を描いているのだろう。

彼らは最も興奮する瞬間を捉えた。その躍動感ある図をシンプルな線刻で表現している。

図6は、フランス、チュック・ドードゥベール洞窟、15000年前の床面の粘土製浮き彫りである。

今まさに交尾寸前の雌雄一対のバイソンを表現している。

図1は、上記洞窟と連なっているトロワ・フレール洞窟にある同時代の絵画の一部を模写したものです。それは鹿の姿を真似たシャーマか擬人化された人物に見える。

< fig.7、 line drawing carved into the rock in Addaura cave >

 

Fig. 7 shows the line drawing carved into the rock of about 10000 years ago in Addaura cave of Italy.

Eight persons become a round ring and dance around two lying persons in the picture.

Strangely、the dancers are wearing the mask to which a beak attached. Two persons of middle are bind a head and a leg with a rope, and their penis is rising up.

This is associated with the scene of a sacrifice.

In those days, did the ceremony that wore mask already start?

I will tell the perspective of cave arts next time.

図7は、イタリア、シチリア島のアッダウラ洞窟の線刻画(約10000年前)です。

中央に横たわる二人の周囲を8人が丸い輪になって踊る様子が描かれている。

異様なのは、踊り手は嘴のついた仮面をかぶっている。真ん中の二人は首と足を綱で縛られ、男根が勃起していることです。

これは生け贄のシーンを連想させます.

この頃、既に仮面を被った儀式が始まっていたのだろうか。

次回は、洞窟美術の全体像を語ります。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Birth of primitive art | Tags: , , , , , , , , , | Leave a comment

Origin of mind sir.17 // Humankind’s tragedy and catastrophe


Invasion of Normandy in the movie 、ノルマンデイー上陸作戦

< Invasion of Normandy in the movie >

 This time, it becomes the opposite of the last theme ” humankind’s strength.”

 This theme is the problem that it has occurred frequently and I fear most.

The humankind has the mentality of big defect.

However, I think there is always a road if well aware of it.

 Grooming  グルーミング

< Grooming : it is an important appeasement policy. by Kyoto University>

I think that unification of a social hierarchy and a one male one female system became a key to the development of humankind.

However, this seems not to be researched. Though if possible, I want you to clarify with game theory etc.

The social hierarchy will be a developed type of a mock fitting and does not persist in a land like a territory.

Many animals had the hierarchy mutually accept superiority or inferiority for a limited time only.

By that, they made it possible to avoid conflict and to cooperate.

The social hierarchy of the animal kingdom differs from the class conflict of human society.

The greatest difference is the boss shift in a cycle of several years.

It is determined by a boss individual’s fighting power, and the superiority or inferiority of friend support.

Therefore, although a leader uses violence, he also performs protection of the weak and a female.

If it is not made, a boss will lose at the next conflict (it is the same as an election of human society).

Composition of the Humankind’s tragedy 人類悲劇の構造

< Composition of the Humankind’s tragedy >

The kind of conflict is not exhausted for humankind, a big war, a race slaughter, a slave system, the left wing and the right wing, a man and a woman, etc.

It seems that a chimpanzee society will be have a male massacre in a territorial fight.

Other animals cooperatively don’t slaughter like humankind.

 Why does it happen only to humankind?

At the beginning, please see chimpanzee society (left fig.).

This society is maintained by the social hierarchy and the altruistic behavior, and is strongly connected by the sympathy.

The chimpanzee has the three outstanding abilities except for humankind.

The sympathy becomes conversely hostile to the person of a different territory.

Humankind added two elements than the three abilities that the chimpanzee has.

It is the family and the society had culture and can be accumulated

The former induced the strong love to a family and it became the strongest sympathy in the earth.

The latter develops rapidly from about tens of thousands of years.

It produced various growth possibilities.

When the state was born, accumulation of economy, military affairs, knowledge, and social-related (bonds) took place.

However, the accumulation will make a difference and a wall from all dimensions.

A pink’s circle of the right figure is same with a chimpanzee.

The green ring of the outside is shown that the firm unification by society and culture.

This means a family, the village, the tribe, the race, and the state.

This connects every class with the strongest love, and can be said to be the expansion version of a social hierarchy.

The red ring of outside shows that it is very competitive to other society.

After all, the humankind was the strongest and became cruel because it.

Jesus Christ of Israel, mozi (Bokushi ) of China, and Shin ran of Japan said as follows.

Epistle to the Romans 13-9

[…if there be any other commandment, it is summed up in this word, namely, Thou shalt love thy neighbor as thyself. ]

Jian ai (kenai) 3

[ It is accordant to the providence of the universe not to separate each other, to love each other and to help each other. ]

Tan’isho 5

[ Shin ran had chanted the Buddhist invocation once for a deceased father and mother’s memorial service. ]

Next time you will see the symbol which humankind’ mentality and culture induced

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , | Leave a comment

Origin of mind sir.15 // wonder of brain and growth


 

illusion// Are A and B the same brightness?  :  錯視//AとBは同じ明るさ?

< illusion// Are A and B the same brightness?  :  錯視//AとBは同じ明るさ? >

***

Last time we looked at growth of brain and evolution.

This time we look at the wonder of brain and the growth of children’s mind.

 Seeing the whole aspect of evolving brain and social behavior finishes.

 ***

心の起源 連載15 // 脳の不思議と発達

前回(連載14)は脳の進化と肥大化を見ました。

 今回は、脳の不思議と子供の知能の発達について見ます。

 今回で、脳と進化、社会行動の全貌を見終わることになります。

  ***

A and B of the upper figure are the same brightness. However, to our eyes, it does not see so.

It is worldwide the same and not changes according to a culture or an environment.

That is the result of a brain performing image processing which amplifies a difference automatically.

It becomes legible by the result of the image processing that amplifies a difference automatically in a brain.

The cerebral nerve circuit can make the difference of a signal amplify automatically.

The capability is very larger than the dynamic range of a camera.

This is one of the cognitive functions common to man.

Although this may also have affected our thinking, we cannot be aware of it.

***

上記図のAとBは同じ明るさです。しかし私達の目にはそう見ません。

世界中同じで、文化や環境でそう見えるのではありません。

それは脳が自動的に差を際立たせる画像処理をすることによって見やすくなるのです。

脳神経回路は自動的に信号の差分を増幅させるように出来ているのです。

その能力はカメラのダイナミックレンジより非常に大きい。

これは人間に共通する認知機能の一つです。

これは私達の思考にも影響を与えているかもしれませんが、私達はそれを自覚することが出来ないのです。

 

wonder of brain  :  脳の不思議 

 

< wonder of brain  :  脳の不思議 >

***

We look at the experiment of the brain of an animal.

If the amygdaloid body is destroyed, the ape will eat a snake it feared if normal.

The amygdaloid body is the old type of brain creates feeling of dislike or anger. It is the same for man.

When the midbrain of a quail was transplanted to the embryo of a hen, it walked like the hen after birth, but it cried like the quail.

It means that the action that cries borrows the others’ body and had been hereditary.

The embryo means the egg cell that began generating after fertilization.

An original basis of the eye was transplanted to another embryo, and the frog of three eyes was born.

Then, the striped pattern appears only in the animal has stereovision was produced in the brain.

Since each side of a face has two eyes, the frog cannot perform stereovision. The eye added to the front made it possible.

In the example of a quail and a frog, it turns out that the brain has flexibility.

Only a trained chimpanzee and humans can operate laughter (feeling) intentionally.

Being able to control the laughter, it shows that the consciousness suppress the emotion.

This can be said to be the example of important humanity.

Moreover, the laughter is also the complicated feeling evolved in the society.

***

動物の脳の実験を見ます。

サルの扁桃体を破壊すると、正常では恐れる蛇を口に入れて食べてしまう。

扁桃体は古い脳で、嫌悪や怒りの感情を作り出すところで、人間も一緒です。

ウズラの中脳を鶏の胚に移植すると誕生後、鶏のように歩くが、ウズラのように鳴いた。

鳴く行為が他者の体を借りて遺伝したことになります。

胚とは受精後に発生を始めた卵細胞を言います。

胚に眼の原基を移植し、三つ眼のカエルを作った。すると脳内に本来立体視する動物にしか出来ない縞模様が現れた。

カエルは眼が顔の反対側にあり立体視が出来ないが、前を向いた追加の眼によりオーバーラップした情報を処理するようになったらしい。

ウズラとカエルの例では、脳は柔軟性を持っていることがわかります。

訓練されたチンパンジーとヒトだけが笑い(感情)を意識的に操作出来る。

笑いを制御出来ることは、意識が感情を押さえることを可能にしているのです。

これは人間たる所以と言えます。

また笑う行為も集団社会を営む中で進化した複雑な感情です。

 

development of intelligence : 知能の発達 

 

< development of intelligence : 知能の発達 >

***

The initial imitation is that a baby gives an imitation of pushing out a tongue in several days after the birth.

The baby of a chimpanzee also has.

It is wonderful that action of imitating is built at the same time as birth.

Without the action that imitates man or reacts, the culture hasn’t been stacked.

Probably development of language is also the same.

On two months after a baby’s birth, the baby can follow a direction of mother’s eyes.

This is the conjugate gaze.

Also a chimpanzee unreliably performs this.

The conjugate gaze is beginning that a baby reads the hearts of others.

The Imitation and the gaze require advanced intelligence.

On three and a half months after a baby’s birth, the baby feels abnormalities that a blue rotor plate pressing down the red board of an obstacle.

This shows that the baby understands physical properties(hard etc.)and the law of causality.

The man has fundamental things, such as language and the law of causality, since birth.

A heredity portion is indispensable although it develops through growth.

***

初期模倣は生後数日で舌の突き出しを真似ることです。チンパンジーの赤ちゃんにもある。

初期模倣のすばらしいのは、真似るという行動が誕生と共に組み込まれていることです。

これがなければ文化が積み上がって行きません。おそらく言語の発達も同様です。

生後2ヶ月の人の赤ちゃんは母親の視線を追うことが出来ます。

これは共同注視です。

 これはチンパンジーも確実ではないが出来ます。

 共同注視は他者の心を読む始まりと言えます。

 模倣、注視には高度な知能が必要です。

生後3ヶ月半で、青い回転板が障害物の赤い板を押さえて倒れることに異常を感じる。

これは硬いなどの物性や因果律を理解していることを示す。

言語や因果律などは、人間は生まれた時から基本的なものを持っているのです。

それは成長を通じて発展するのですが、遺伝部分が不可欠なのです。

***

Until now, it has explained based on knowledge scientific mainly.

From next time, we will focus about the history of humankind and Japan culture.

***

今回までで、主に科学的な知見を元に心の全体像をつかもうとしてきました。

次回からは、人類史と日本について迫って行きます。

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , | Leave a comment

Origin of mind sir.14  // a brain


 

brain 脳
***

Last time we looked at the origin of family.

This time we will see the changes in the brain occur in connection with evolution.

*** 

前回(連載13)は家族の起源を見ました。

今回は、進化に連れて脳がどのように変化したかを見ます。

 

structure and evolution of brain : 脳の進化と構造

 

< structure and evolution of brain : 脳の進化と構造 >

***

As we have seen, our brains obtained the base program of the social behavior by evolution.

The trace is in a cerebral structure.

Brain development is divided into three steps.

It consists of the oldest brain stem, the cerebral limbic system located centrally in brain and the newest cerebrum wrapped them (figure upper right).

This corresponds to evolution of primitive animal, to reptiles, into the mammals.

While three steps of brains respectively react, it has structure adjusted as a whole.

An old brain reacts in an instant, and the last brain synthesizes much information, and judges the last intentionally.

The phylogeny is in the figure upper left.

For humans, a blue cerebrum is large and also outside cerebrum neocortex is the maximum most.

Furthermore, the portions that developed only into human beings’ brain are two language centers.

When we talk and hear, it is always functioning.

The proportion of the brain neocortex in the brain is 80% in the human, it is 35% on the average of the mammal.

***

既に見たように脳には、進化で得た社会行動の基本プログラムが保存されているはずです。

その痕跡が脳の構造にあります。

脳の発達は大きく分けて3段階あり、最古の部分が脊髄に直結している脳幹、次いで中央部(大脳辺縁系)、最後がそれらを包む形の大脳です(図右上)。

これは原初的な動物から爬虫類、最後に哺乳類への進化に対応しています。

三段階の脳がそれぞれ反応しながら、全体として調整する構造になっています。

古い脳は瞬時に反応し、最後の脳は多くの情報を総合し遅れて最後の判断を意識的に行うのです。

そのことが図左上の系統発生に現れています。

ヒトでは青色の大脳が大きく、さらに一番外側の大脳新皮質が最大なのです。

さらに人類の脳だけに発達した部分が二つの言語中枢です(図左下)。

我々が話しをする時、聞く時には必ずここが機能しています。

***

The microphotograph of the neuron network within a brain is upper left figure, and the figure of the junction between nerves is located at the lower right.

If I say one special feature to the brain, it is that nerve connection (synapse) of several 100 trillion is carrying out parallel processing to serve both as memory and operation (a supercomputer is the example).

This is the wonderfulness of the brain of an animal. However, there is also a problem.

It is unable to perform correction of the error simply, by reason that the cerebral control of memory and operation are almost automatic.

***

図左上に脳内の神経細胞網の顕微鏡写真、右下に神経間接合部の図があります。

脳の特徴を一つだけ挙げるとしたら、数百兆の神経接続(シナプス)が記憶と演算を兼ねて、並行処理をしていることだと言えます(スパコンがその例)。

これが動物の脳の凄さです。しかし問題もあります。

それは脳の演算や記憶の制御はほぼ自動的で、複雑で、一度偏りが生じるとプログラム変更のように簡単に再インストールが出来ないのです。

 

growth of brain : 脳の肥大化 

 

< growth of brain  : 脳の肥大化 >

***

Although there are various theories, I can’t assertive it and can say following things in general.

The weight ratio of the brain became large as it evolves into a great ape and human beings from the primates.

Probably, this kept pace with development of tool using, language using, and social behavior.

The proportion of the cerebrum neocortex in the brain is 80% in the human beings.

It is 35% on the average of the mammal.

This part has been growing since the chimpanzee that makes about 100 groups, and is related to the scale of the social grouping.

Furthermore, human beings’ frontal lobe (upper right figure) is carrying out growth near double compared with the chimpanzee.

The frontal lobe is a part demonstrates most human ability.

It is a part that performs to make a long-range plan, to encourage oneself toward a target, controls feeling, and to act intentionally.

Furthermore, this portion is required in order to induce art, and war and a physical theory.

***

色々学説があり、断言は出来ないのですが、概ね以下のことが言えると思います。

先ず霊長類、大型類人猿、そして人類へと進化するにつれ、脳は他と較べて体重比で大きく、増大傾向にあります。

これは道具使用、言語使用、社会行動の発達と並進したのでしょう。

特にヒトの大脳新皮質の脳に占める割合は80%で、哺乳類では35%です。

この部分は約100頭の集団を作るチンパンジーの頃から大きくなっており、社会集団と関係しています。

人類の前頭葉(右上図)がチンパンジーよりも倍近く肥大化しています。

これは最も人間らしい能力、長期計画を立て目標に向かって自分自身を鼓舞し、感情を制御し意識的に行動することを行う部分です。

さらに芸術や戦争、相対性理論を生む為に必要なのでしょう。

***

Why did growth of this brain occur?

Probably, development of the high eyesight of a life on a tree and dexterous fingers became the trigger at first.

After that, the transfer to the savanna by drying stimulated a walk in erect posture from bipedal locomotion like chimpanzee, and the birth canal in a pelvis was reduced.

Then, the female came to give birth to a small prematurely born baby.

A baby’s growth became late and a long period of time late again, and the gigantic brain was attained.

The family was born for child rearing.

The society where a family and a group live together was begun and born on the earth.

Last time, I explained this circumstance.

Strange to say, the time when a stone tool becomes complicated at and a new kind with a big brain is born was a glacial epoch of arctic cold.

Next time (sir.15) we will see the wonder of brain and the Intelligence development of child.

Page [ Origin of mind ] is a table of contents.

***

それではこの脳の肥大化はなぜ起きたのでしょうか?

最初は樹上生活の高い視力と器用な手指の発達が引き金になったのでしょう。

乾燥化による草原への転出が、二足歩行から直立歩行を促し、骨盤の産道縮小が生じます。

そのために小さい未熟児を生むようになりました。

赤ん坊の成長が遅くまた長期間となり、脳の巨大化が可能になりました。

育児の為に家族が生まれ、集団社会との並立という地球上始めての画期が起きたのです。

この間の説明は前回行いました。

不思議なことに石器が複雑になり脳が大きい新しい種が誕生する時期は極寒の氷河期でした。

 

次回(連載15)は、脳の不思議と子供の知能発達を見ます。

頁「心の起源」に目次があります。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, science, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , , | 3 Comments

Origin of mind sir.13  /  Origin of family


 

 family 家族

***

Last time we easily looked at the evolution during the preceding 5 million years.

 After a certain incident in during this period, human beings become the strongest animal in the earth.

 This time we will look at this. What was the incident?  What did it bring human beings?

 ***

 

前回(連載12)は500万年間の人類の足跡を足早に見ました。

 この間に人類が地球最強の動物になり得た事件が起きたのです。

 今回はその事件とは何か、それが人類に何をもたらしたかを見ます。

 The origin of the family of humanity : 人類の家族の起源

 

< The origin of the family of humanity : 人類の家族の起源 >

***

The accident occurred in the land of Africa and it was a prologue to the big change.

 It begins to be fossil hominid that he had made a simple hut began 1.8 million years ago.

They place many stones in a circle, made it leaning against a branch in the shape of a cone there.

 The chimpanzee that lives in the jungle moves the bed on the tree every day.

 This is to avoid lice.

***

アフリカの地で異変が起きたのですが、それは大きな変革への序章でした。

それは180万年前に始めて化石人類が簡単な小屋を造ったことに始まります。

それは円形に石を並べ、枝を円錐状に立て掛けた小さなものです。

実は現在のジャングルに暮らすチンパンジーは木の上の寝床を毎日のように移動します。

これはシラミなどの寄生虫を避けるためです。

***

Mankind has been faced with an increase in a childcare period and premature birth of baby by the enlargement of the brain and upright walking.

 If a female gives birth to three children, it must concentrate on childbirth and childcare in about ten years.

This was a big issue.

 Then, the dwelling for childcare in the savanna was needed first.

 For a long time, a male (father) that performed distribution of food and defense from many carnivores on the savanna was needed for a female and a child.

 On the other hand, although the chimpanzee male near an ancestor copulates, they perform neither a child’s childcare nor food distribution.

 The sex solved this big issue.

 A swelling (pink of the hips of a photograph) of a sexual skin like a chimpanzee will be lost, and they will copulate at any time.

 The present family of “one male one male” was born after this.

 Male reduces the struggle between the males and females became able to receive assistance from the male.

 Bonobo began to use sex for appeasement behavior 1 million years ago before us.

 ***

人類は直立歩行と脳の肥大化の為に、育児期間の増大と赤子の早産に直面していました。

雌は数人の子供を生むと、ほとんど出産と育児に専念しなければならなくなりました。

これは大問題です。

そこで先ず必要になったのが育児の為の住居です。

長期間、草原の肉食動物からの防御と食料の配給をしてくれる雄が必要になります。

一方、祖先に近いチンパンジー雄は交尾するが子供の面倒も給餌も一切行いません。

この大問題があることで解消される事になったのですが、それはセックスでした。

チンパンジーのような性皮の腫れ(写真のお尻のピンク色)が無くなり、彼らは恒常的に交尾を行うようになったらしいのです。

このことによりそれまでの複雄複雌から単雄単雌の現在の家族が誕生したのです。

雄は雄間での闘争を減らし、雌は長期に援助を受けることが出来るようになったのです。

我々より100万年前に、セックスによる社会変革を成し遂げたのはボノボなのです。

***

The marks of the change at this time remain also in the man of today.

 The females became lousy by living in the same place for a long time.

 The females with few hairs are more resistant to the skin disease and the epidemic.

 Melamine pigment appeared 1,200,000 years ago, and their skin was protected instead of the hairs.

 Probably, it is the vestiges of this incident that many modern women shave useless hair.

 ***

この時の変化の跡が現代人にも残っています。

当時、長く同じ場所に住むことによりシラミが多く湧くようになりました。

毛の少ない雌の方が皮膚病や伝染病に罹りに難くなります。

120万年前にメラミン色素が出現し、それが毛の変わりに皮膚を守ったのです。

現代女性が無駄毛を剃るのは、この事件の名残、雄が雌の健康と安産を望む反映なのでしょう。

 ***

Abridged sentence.

 Human beings will be connected with the strong bonds called husband and wife.

 The family contributed to cultural formation and succession through childcare, and became the foundation to social development.

  Next time we will see brain.

 ***

以下にまとめます。

    人類は進化途上、突如夫婦と言う強い絆で結ばれることになった。

 夫婦は充分な子育てを通じて文化形成と継承に貢献し、強い絆は次ぎの社会発展への礎となりました。

 次回(連載14)は脳について少し詳しく見ます。

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Origin of mind sir.12 / Evolution during 5 million years


 

cave paintings in Lascaux, 15000 years ago : ラスコーの洞窟壁画

< cave paintings in Lascaux, 15000 years ago : ラスコーの洞窟壁画 >

***

The Last time, we looked at the relation between sex and society and the culture caused by these things.

This time, we will easily find the evolution during the preceding 5 million years since our early ancestors (fossil men) first separated from Chimpanzee.

***
前回(連載11)は進化と文化で育まれた性への欲求・意識と習慣がどのようなものかを見ました。

今回はここ500万年間の人類の祖先(化石人類)の足跡を簡単に見ます。

evolution of fossil men 1 : 化石人類の進化

 

< evolution of fossil men 1 : 化石人類の進化 >

***

The first evolution of fossil man is in fog. It is sure that common ancestors of chimpanzee and us lived in the jungle in Africa.
 
An ape-man separated from the ancestor stepped forward one step in the prairie.

This was the beginning of a great leap.

The posterity soon pushed on to evolve the civilization that covers all the earths.

From 5 million to 2 million years ago, they progressed to erection and cerebral hypertrophy depending on the life and bipedal locomotion in the prairie.

There was a significant change in about 2 million years ago.

A stone tool of left in this figure is the oldest thing, 2.5 million years ago.

A stone tool of right was made about 1 million years after that.

They made hunting in groups, to build the hut, use fire, lost body hair, and also went out of Africa first.

This shows that cerebral development and the situation of social life changed.

***
発端は霧の中ですが、チンパンジーと我々の共通の祖先がアフリカのジャングルにいました。

その祖先から別れた猿人は草原へと一歩を踏み出しました。

これが大躍進の始まりで、やがて地球を覆い尽くす文明へと突き進みます。

500~200万年前の段階における進化のポイントは、草原での生活と二足歩行から直立、脳の肥大化へと進んだことでした。

200万年前の前後に大きな変化がありました。

図中の左の石器は250万年前の最古のもので、右はそれから約100万年後に作られたものです。

彼らは集団で狩りをし、小屋を造り、火を使い、体毛を失い、さらにアフリカを始めて出ました。

上記のことは脳の発達と社会生活のパターンが変化したことを示しています。

evolution of fossil men 2 : 化石人類の進化 

 

< evolution of fossil men 2 : 化石人類の進化 >

***

The speed of evolution rose rapidly tens of thousands of years ago.

Neanderthal was active from about 100,000 years ago.

They became increasingly like modern man.

In extreme cold of the ice age in Europe, they made sharp stone tools (left in fig.), clothes out of fur, build big hut and hunting in big groups by design

They first performed the burial courtesy (ctr. in fig.) and enshrined animal’s bone

They supported a disabled person in a cave for tens of years.

***
数万年前から急激に進化の速度が上昇します。

ネアンデルタール人(旧人)の誕生は古いのですが、活躍が目立つのは10万年前ぐらいからです。

彼らの容姿は現代人に似ており、氷河期の極寒のヨーロッパで、切れ味の良い石器(図、上の左)と衣服を作り、大きな小屋を建て共同作業で狩りをした。

化石人類最初となる埋葬儀礼(図、中央)や祀りを行い、障害者を長期に洞窟で扶養した。

***
At last, the modern man was born to Africa about 10 million years ago and spread to the whole earth.

It is important that Cro-Magnon lived in Europe.

Their hunting, tools (upper right in fig.), clothes and intelligence made more progress.

However, a bigger change is that they first made the cave painting, a bison image (under in fig.), the Venus image, and the flute which they in order to enjoy music.

Since the accessories at the time of burial had a difference, there is that the difference of wealth and poverty arose.

It is found out that the difference between wealth and poverty have occurred.

***

ついに約10万年前、アフリカの地に、現代人が誕生し地球上へと生活範囲を広げていった。

特に画期となったのは最後の氷期をヨーロッパで暮らしたクロマニョン人でした。

彼らの知能は進み、道具(図、上の右)や衣服、集団による狩りが一段と高度になりました。

しかしもっと大きな変化は、洞窟壁画やバイソン像(図、下)、ビーナス像、横笛などを始めて制作したことでした。

さらに手間をかけて作った装飾品を埋葬時に添える例が増え、貧富の差が生じたことでした。

 ***

From 30000 to 15000 years ago, it seems to have suddenly the blossomed in Europe.

What happened to their group then?

Their long seasonal settlement first began and occurred and their trade range also spread.

This can strengthen the bonds of family and friends and would have prompted the development and succession of their culture.

Then the ice age went away and the land of snow and ice changed to the forest.

Farming and stock farming start soon and the city was made.

 ***

この大変化の下地は10万年前からあったのですが、ヨーロッパのほぼ3万~1万5千年前に突如として開花したように見えます。

その時、彼らの集団に何が起きたのでしょうか。

それまでの移動中心から季節的な定住が集団で行われるようになり、また交易範囲も広がりました。

このことが家族や仲間の紐帯を強め、文化の継承や発展を促したのでしょう。

その後、氷河期が去り、氷雪の原野は森林に覆われた山野へと変わりました。

やがて農耕や遊牧が始まり、都市が誕生していくことになりました。

***
Abridged sentence.

l If various fossil men were born and disappeared. And remained man was modern man have slender body and an enlarged brain, and walk with upright posture.

l Our intelligence and social behavior were changed significantly on the last 500 million years.

Human beings became the strongest animal in the earth according to the incident of 180 million years ago.

Next time (sir.13) we will see this.

***
以下にまとめます。

種々の化石人類は生まれては消えていきました。そして残ったのは肥大化した脳と直立歩行をする華奢な体型の現代人でした。 現代人の知能や社会行動は、この500万年の間にも徐々に発達し、さらに200万年前以降と3万年前以降に大きく発展したのです。
次回(連載13)は、人類が地球最強の動物になり得た根源を180万年前に起きたある事件に求めます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Origin of Mind sir.9 / marvelous altruistic behavior


 

trustworthy face or untrustworthy face

< trustworthy face or untrustworthy face : by Princeton university >

今回は利他行動の不思議さを見ます。
 前回(連載8)は擬闘と助け合い(互恵的利他行動)の起源を見ました。

 
一つは蜜蜂の行動と現代に生きる私達の深層心理に迫ります。
altruistic behavior 

< 利他行動とシミュレーション >

前回、互恵的利他行動の開始には血縁による利他行動が必要なことを示しました。

自然界には蟻や蜂にこの好例が見られます。

働き蜂や蟻(雌)はなぜ子供を産まず姉妹を一生懸命育てるのだろうか?

その理由は雄雌の遺伝子に原因があり、遺伝子の複写度合いは姉妹同士で75%、自分の子であれば50%と低下するためです。

自分の子よりも女王蜂の子である姉妹を育てる方が、自分に近い遺伝子を残せる。

結局、美談ではなく進化の摂理、身内の遺伝子をより多く残そうとした結果なのです。

今まで見てきたように自然界にはある状態で釣り合いがとれて安定するということが起こっています。

ハト派とタカ派、チンパンジーや人の生まれた時の男女比率は皆1:1になっています。

重要なことは、進化と同様に正解があるのではなく、個々の存在が集団の中でバランスを取った結果だということです。

またシミュレーションによってバランスが取れて行動が定着するとしていますが、最初になぜそれが発生したのか、どの遺伝子命令と行動が関わっているのか?

わからないことはまだ多くあります。

mind that altruistic behavior made

< 利他行動が育んだ心理 >

最初の図にあるように、私達は他人の心理や性格などを瞬時に判定しようとします。

それは進化で育まれた利他行動を支える重要な心性なのです。

以下に三つの心理テストを示します。

4枚のカードによる論理の推論テストで、表がアルファベット、裏が数字のカード。

「もし表がAならば裏は3」のルールが正しいか調べる。どの2枚のカードをめくるべきか。

このままでは正解率は低いが、ルールを「もし飲酒するならば20歳以上」に変えて、番号6のカードを「飲んでいるものが不明の12歳の人」に変えると正答率が上昇する。

これは人物評価などの社会的文脈を与えた為と考えられる。

数多くの人物写真を記憶するテストだが、そのままでは記憶枚数は少ない。

しかしその写真を見るときに悪い人物評判を聞かせると記憶数は上昇する。

この二つの実験から、人は相手が信頼出来る人物かを注視する心性が根付いると言えそうである。

最後に囚人のジレンマと呼ばれるゲームです。

これは二人の囚人が協力して(口裏を合わせて)黙秘を続ければ共に刑期は短くなるが、どちらかが先に認めると、その囚人のみ刑期がさらに短くなる設定である。

実際、起こると考えられるのは片方が先に裏切る場合だろう(1回切りとして)。

しかしテストでは3~6割の人が協力して黙秘を選んだ。

これは元来、我々は人を信頼する傾向にあることを示している。

以下にまとめます。

 *        進化や行動は、自然界や集団内のバランスが取れた結果です。

 *        人間は助け合う為に、他人の裏切りを見分け記憶し、かつ無意識に信頼を優先する傾向が備わっている。

 次回(連載10)は、なぜ社会が形成され、何が社会の構造を決めるのかを簡単に見ます。

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , | Leave a comment

Origin of Mind sir.8 /心の起源 /Origin of Social Behavior


前回(連載7)はチンパンジーの暮らしぶりを見ました。

非常に複雑なその社会行動には驚かれたはずです。

 今回は重要な二つの社会行動がなぜ生まれ進化したかを要点だけ見ます。

 mobbing= conventional fighting

< 儀式的な闘争 >

なぜ動物も人間も戦うのでしょうか?

欲しい物を奪い合うことは動物にとって日常茶飯事です。

しかし不思議なことに、ほとんどの場合、死闘を繰り広げる動物はいません。

実は死闘を徹頭徹尾行う種はチンパンジー(縄張り争い)と人類だけでしょう。

ここでは徹頭徹尾戦わない、なぜ示威行為や擬闘で留めるかを見ます。

図はなぜそうなるかを示しています。

わかりやすい例は、少しの肉を奪うために死んでは元も子もない。

威嚇だけで適当なところで決着をつけ、弱い方は引き下がる。

こうして草原の肉食動物や鮎の縄張り争いが定着することになりました。

しかし問題もあります。弱い者はいつも引き下がることになります。

また働きもしないのに餌を得る者が増えてしまいます。

自然界はうまく出来たものでこの問題を補う行動も生まれていました。

altruistic behavior

 

< 利他行動 >

地球上で勢力を誇る動物達は大概集団生活が得意です。

集団には短所もありますが、外敵に対してと困窮時に助けを得られるメリットが大きい。

なぜ動物は助け合うのでしょうか?

簡単な例は、大きな獲物を狩って残った肉を腐らせるより分けて、次の機会にもらう方が良い。

しかし分け与えた相手が次ぎの機会にくれない場合が問題です。

こうした状況で動物達は、初回は協力(分け与え)を行うが、次回からは相手の態度に合わして、協力か非協力かを決めて行動します。

この行為が成功するには、相手の識別とその行為の記憶能力が不可欠となります。

こうして生き残る集団、進化する種は知能と利他行動を発達させていったと考えられます。

図は集団内の協力派と非協力派の推移を説明しています。

このような利他行動を互恵的利他行動と呼びます。

利他行動には別の種類もあります。

主要なことを以下にまとめます。

*      儀式的な闘争は個々の大きい損害(死)を食い止める効果があり、集団にも得策となる。

*        利他行動(助け合い)は、長い目で見れば個体が生き延びるには必要なものだった。

*        これらは当事者にその意識がなくても良い、変異で行動傾向に変化が出れば取捨選択され、適応度の高いものが生き延びる。

*        知能が高くなれば、その効果を高める作為が働き、高度は社会行動へと進むだろう。

*        両極端のハト派・協力派(非暴力者・お人好し)とタカ派・非協力派(乱暴者・裏切り者)を想定すれば集団内に半数づつの存在となる。これは面白い結果で、教訓になる。

*        儀式的な闘争と互恵的利他行動から、順位制が生じ発展し、その集団は安定と強化を可能にしたのだろう。

  

次回(連載9)は、原点と言える血縁による利他行動と現代人に残っている利他行動の進化の跡を見ます。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , | Leave a comment

Origin of Mind sir.7 心の起源


 

chimpanzee

前回(連載6)は霊長類の進化と大型類人猿の様子を見ました。

今回は我々の遺伝子とほとんど同じチンパンジーの暮らしぶりを写真で見ます。

chimpanzee1

 

< チンパンジー1 >

これらの写真や図はアフリカのジャングルでの暮らしぶりを示します。

説明は正確ではありません。

①. 母と子供  :雄は子供の世話をしない。母だけで数年間数匹の子育てを行う。

②. 木の実割り :二つの石を使って殻を割る。子供はそれを横で見て学ぶ。

③. 子供の遊び :小さい兄弟同士でよく遊ぶ。

④. 蛇の扱い  :怖い物は枝などを使って確かめる。道具をよく使う。

⑤. 蟻釣り   :樹の穴に巣くう蟻に草の茎を差し込み、引き出す。

⑥. 追い出し  :おそらく、隣りの群れから来た若い雌を大人の雌が追い払うところ。

⑦. レインダンス :雨が降った時に集団が興奮し、示威行動のようなダンスを希に行う。

⑧. 集団移動  :ボスの引率で縄張り内を餌の場所まで移動。

⑨. 木の実採り :集団で熟れた木の実や蟻を捕りに高い木に登る。

chimpanzee2

 

< チンパンジー2 >

①. 雌を巡って :ボスが雌を囲っており、若い者が迫っている。

②. 狩りの後  :ボスは狩りの獲物を一人占めするが、一部は協力者や雌に与えられます。

③. 力較べ   :ボスの座を巡る戦いの一つに、このような示威行動があります。

④. 威嚇    :毛を逆立てて歯を剥き出し唸りながら睨め付けます。

⑤. 共同戦線  :ボスの座を奪う為には、第2位や3位の雄が共に協力することがあります。

⑥. 不明    :何か年寄りの勇み立つのを制止しているように見えます。

⑦. 格差    :力の無い側が服従の意志を見せて、相手がそれを受諾したところ。

⑧. 挨拶    :道で取りすがりに、順位の低い方から手をだして挨拶をしなければならない。

⑨. グルーミング :集団内の大人も子供も、仲良くなるために毛繕いを頻繁に行う。

⑩. グルーミング :序列に従って並ぶ。

如何に人間社会と似ていることでしょうか。以下にまとめます。

*チンパンジーは地域によって異なる食文化を持っている。

*複数の道具の使用と簡単な道具(蟻釣り枝)作りを行う。

*順位は体力と社会的知能(協力と信頼の勝ち取り)によって決まり、数年単位で替わることが多い。

*順位争いは死を賭けた暴力ではなく、示威行為や擬闘によって行われる。

*順位の存在と挨拶、帰順などの行為が集団の安定と強化を生んでいるようである。

*遊ぶと学ぶ行為が文化を育んでいる。

*ヒトと大きく異なるのは、雄が雌と子供達と家庭を作らないことである。

次回(連載8)は、動物に普遍的に見られる社会行動がどのような理由で存在しているのかを見ます。

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , | Leave a comment

Origin of Mind sir.6 心の起源


Tarsier メガネザル
< メガネザル >

今回は最もヒトに近縁で、進化上の祖先に近い霊長類を概観します。

前回(連載5)は遺伝の働きと進化の基本メカニズムについて見ました。

  

 Evolution of the primates  霊長類の進化

< 霊長類の進化 >

霊長類は1億年前に誕生したが、小型で樹上生活を選びました。

この戦略は哺乳類の誕生に似て、後に大発展へを招くことになります。

哺乳類は小型ながら温血と胎生が氷河期を切り抜けさせた、恐竜の絶滅を尻目に。

樹上を選んだことにより霊長類はやがて高度な立体視と高機能な四肢を得ることになり、これは脳を発達させもした。

4000万年前、座り器用に手を使い、脳の視覚野と知能野の増大したサルが現れた。

2200万年前、寒冷化で熱帯に生き残ったサルから類人猿が分岐した。

ぶら下がり移動に適するように手が長くなり尾が短くなった。

700万年前までに、ヒトとチンパンジーの祖先にあたる大型類人猿が分岐した。

脳の中でも社会的知能を担う大脳新皮質の割合が増大した。

500万年前にヒトの直系にあたる猿人が分岐し、その200万年後、チンパンジーからボノボが分岐した。

このようにして1億年の間にネズミに似たものからチンパンジーやゴリラ、さらにヒトへと進化しました。

それは不思議な空間ジャングル-貧素な食料(葉、木の実)しかない三次元に張り巡らされた迷路(枝)、が育んだと言えそうです。

大型類人猿 The Great Ape

 

< 大型類人猿 >

大型類人猿は我々の遺伝子と脳の構造が非常に似ており、チンパンジーが最も近い。

4種類のサルはそれぞれ生活の場、食料、集団関係と大きさ、雌雄の体型差等に違いがあります。

一覧の上段から、生態=生息地:食性:生活空間:年間の最大生活範囲:隣接集団との関係。

2段目、社会=集団の大きさ:集団構成:群れから出る者:宥和行動:雄間関係。

3段目、生殖=雄が雌よりも大きい:発情兆候:周期内交尾日数:交尾様式。

これらはかなり異なる暮らし方をしています。

生態で際立つのは、チンパンジーの生活範囲が際立って大きく雑食なことです。

チンパンジーとボノボは最も近縁なのに隣接集団に対して敵対的か友好的で著しい差があります。

社会については、チンパンジーとボノボの集団数が大きく、前者の付き合い方は多彩で順位制が強い。

一方ボノボは順位制が弱く、仲良く暮らす為に性的行為を多用する。

生殖の交尾様式の差が集団構成の差に関連しています。

面白いことに雄雌の体格差にも違いがあり、ヒトはボノボに近い。

これらは何を物語っているのか。

生活範囲、食性、生殖関係などが社会構造と密接に関連していることを示しています。

順位制が強固で集団規模が大きいチンパンジーがジャングルの王者だったことも示唆的です。

20世紀初め、チンパンジーは200万頭もいました。

これらは以下のことを示しています。

*        霊長類が樹上で得た脳と四肢の発達が、大型類人猿への進化をもたらした。

*        大型類人猿の社会構造は生活環境に対応しており、順位制は集団を大きくし強力にしたようである。

次回(連載7)は、チンパンジーの暮らしぶりを写真で紹介します。

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , | Leave a comment

Origin of Mind sir.5 心の起源


 

Butterfly

< 雌が雄を選ぶ >

 前回(連載4)は遺伝子の働きと遺伝する行動について見ました。

今回は遺伝の働きと進化の関わりについてもう少し掘り下げます。

heredity influences behavior

 

< 遺伝が行動に影響する例 2>

一見精神的なものや知能が遺伝によって影響されている例を見ます。

あるモンキチョウの雌が、ある時点から雄を選り好みするようになりました。

その理由は雌の遺伝子に突然変異が生じ、雄が出すフェロモンの種類により反応に違いが生じたからです。

私達は男女の好き嫌いを純粋に心の働き、意識的なものだと考えますが、すべてではないにしろ直感―遺伝による原始的な選択基準や生育環境による無意識、が作用しているはずです。

ラットの群れから、迷路を早く抜ける能力(知能)を持つグループとそうでないグループに分けて、それぞれのグループ内だけで交配を続けます。

するとやがて両者のグループには目立った能力の差が生じました。

この結果をもって人間の優生遺伝を奨励することにはなりません。

人間社会は非常に複雑で有用な能力は複合的なものです、また選別することにも問題があります。

チンパンジーとヒトに特徴的なものとして、よく遊びよく学ぶという現象があります。

このことと好奇心には関係があります。

この好奇心と呼ばれる人間らしく不思議な心の作用は、実は脳内物質ドーパミンの分泌に影響されています。

この作用の真逆にある心配性は、セロトニンの分泌に影響されています。

これらの分泌を担う神経と遺伝子は、他の動物に比べ、進化を辿るようにチンパンジーからヒトへと発達しています。

私達人類は、旺盛な好奇心と大いなる心配性を持って、未知の世界を大胆にあるときは危険を回避しながら冒険をして来たのです。

これを可能にしたのが、ドーパミンとセロトニンという化学物質というわけです。

現代社会に特有と思われがちな統合失調症と鬱病は上記の働きのバラツキに過ぎないのです。

最もすばらしいことは、私達が愛する人と一緒にいて至福の時を感じるのはドーパミンが大量に脳内に放出されているからなのです。

what evolves a living thing?
< 何が進化させているのか? >

これから少し頭を使う作業に入ります。

「何が進化と呼ばれる現象を作りだしたのか」、もっとも重要なポイントです。

理解する上で大事な点は二つあります。

一つは遺伝子に変異が生じ、遅れてその一部が発現することです。

もう一つはそれによって個体の適応度にわずかな差が生じることです。

適応度は、ある生物の繁殖期までの生存率と生涯に子を生む繁殖率を掛け合わせたものです。

例えば、二匹の雄雌つがいが子供を4匹生んで、その内1匹が早世し、残り3匹が交配して同様に子供を生んだら、適応度は(4-1)/4*4/2=1.5となります。

もし何らかの遺伝子の変異が個体に生じ、他に比べその適応度が少し上昇したとしましょう。

先ほどのネズミの迷路学習で優れた者は餌にありついた後、無事帰還する確率が上がるでしょう。

逆に多様な遺伝子を持っているグループに対して、自然環境が変化することにより適応度に差が生じることもある。

それを図のように試算すると、1万分の1匹が14万年後には群れの99%を占めることになります。

このようにして生命の進化と退化が生じてきたのです。

クロマニヨン人によるネアンデルタール人の大虐殺を想定しなくても、氷河期の化石人類の交代を説明出来ます(群れの大きさは食料と外敵によって制限される)。

人類に近い種の進化による分岐はおおよそ数十万年でした。

これらは以下のことを示しています。

*        知能や感情の一部は遺伝していると想定される。

*        進化は遺伝子の変異と適応度の差によって、年月をかけて生じる。

次回(連載6)は、私達に近縁な霊長類を観察し、ヒトの特徴を振り返りたいと思います。

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , | Leave a comment

心の起源 連載1


*はじめに*

 「心とは何か?」 これに答えるのは難しいが、人の心がどのように進化して来たかはおおまかに言えそうです。 

出来る限り最新の科学的な知見を集め、心の誕生と発展の過程を概観しました。

 それは宇宙誕生に始まり、生物からチンパンジー、そして人間へとつながる壮大なドラマでもあります。

おもしろい話題を取り上げながら要点のみ示し、詳細な考証はいずれ別の連載として始めます。

  

< 図1 心の起源 >

心の進化と発達を見る時、いわゆる知能もありますが、ここでは社会性に絞って説明します。

それは人類が他の生物と比べて著しく発達させたのが、共感や助け合いなどの社会的行動だからです。

またこのことが知能、言語や芸術性などの能力の発展に関わったのです。

同時に、心は文化や社会を発展させ、またそれによって心は育てられもしてきたのです。

人間らしさと呼ばれる行動も、実は動物にその始まりは見られます。

ただ人類のそれは、動物と比べると非常に両極端な面を持ち合わせています。

献身的な人類愛が感動を与える反面、残虐な民族浄化には憎悪を感じます。

それらを善悪のような価値観のフィルターを通さず、これからの説明を見ていただきたいと思います。

< 図2 共感 >

最初に、共感について見てみます。

共感は単純な心の働きにも見えますが、実は非常に高度な知能が必要なのです。

また高度であればあるほど、すばらしい助け合いが可能となります。

(この助け合いを互恵的利他行動と呼ぶことがあります。)

図2の上段枠は霊長類で最も進化した大型類人猿の行動をとりあげました。

結果だけの列挙なのですが、それぞれ実に巧みで感動的なシーンがそこにはあります。

いたわりの心は多くの動物に広く認められます。

チンパンジーが雨になると一緒になって踊り出す時があったり、ゴリラやチンパンジーが、いわゆる私達が正義と呼ぶ行為を見せ始めていることには驚かされます。

さらにチンパンジーとボノボは最も近縁なのですが、敵味方への対応に著しい違いがあることも興味深いです。

図2の下段枠は化石人類から現世人類の行動を取り上げました。

ここでは私達が美徳と感じている人間らしさを掲げてみました。

するとどうでしょう。

確かに内容の違いはあるでしょうが、霊長類から化石人類にその始まりを確認出来ます。

犠牲について違和感を持たれるかもしれませんが、後にその具体例を見ます。

厳密に犠牲と言えるか問題もありますが、自分に多少不利益が及ぶ行為をとる例は数多く見られます。

親鳥が狐から巣を守る行動や、飼われた鶏集団の食事の順番(つつきの順位)がその例でしょう。

こうして共感がもたらすものを見ましたが、この共感とは何かをまだ説明していません。

この共感の発達を説明するのことがこの連載の主要な役割でもあります。

取り敢えず、「共感とは相手の気持ちを理解し、感情移入が出来ることです」としておきます。

次回は、共感をもたらす能力と文化の不思議な関係にスポットライトを当てます。


Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , | Leave a comment

お奨め本 :チンパンジー/フランス・ドゥ・ヴァールの著作


the age of empathy

 彼は著名な動物行動学者で、特にチンパンジーの社会行動を活写することにかけては追従を許さない。なぜチンパンジーなのか? それはチンパンジーの社会行動と知能がずば抜けて優れていることにある。それらを理解出来れば、人間の心と社会行動の起源がわかるかもしれない。少なくとも読者は、「人間だけが素晴らしい知能を持っている」という奢りを捨てることが出来るに違いない。

彼の本を奨める理由は、そのおもしろさにある。特に「チンパンジーの政治学」1998年刊(原典1979年)、がおもしろい。これは自然に似せた広大な飼育場で、20頭ほどのチンパンジーがボス交代を巡って大騒ぎをする様子を描いている。そこで繰り広げられる駆け引きはまさに人間と同じである。名前を付けられた当事者達が、半年から数年かけて政変劇を繰り広げ、ボスは栄枯盛衰を味わうことになる。一匹の豪傑だけが活躍するのではなく、多くの仲間の離反や協力が世代交代を進めることになる。

チンパンジー Chimpanzee

<ウィキペディアから転載>

チンパンジーの他の研究にはアフリカのジャングルでの野外観察、研究棟での心理実験があるが、それぞれ一長一短がある。彼の方法が優れているのは、一望出来る展望台から群れの全行動をほぼ連続して観察出来ることにある。ジャングルは自然ではあるが、遮蔽物の為に観察は難しい。ただ批判もある。彼の記述は、それらの行動をあまりにも恣意的に表現しているとされる。確かにそれらにインタビュー出来ないので、確かめる方法はない。しかし他の研究と照合すれば、決して造り話と否定出来ないだろう。

彼の他の本を紹介します。「利己的なサル、他人を思いやるサル」1998年刊。この本は多くの霊長類から広く社会行動の事例を収集している。「共感の時代へ」2010刊「THE AGE OF EMPATHY」。これは最新の本で、共感が如何に動物達に普遍的に備わっているかを語ってくれている。

 社会正義や仁愛は、孔子やイエスが訴える遙か昔から存在していた。

Categories: book+ film+drama, culture+society, <japanese language | Tags: , , | Leave a comment

Blog at WordPress.com.

IMPREINT journal

The official bulletin of the artist IMPREINT created to repost excerpts from 'En plein air'.

The Little Mermaid

MAKING A DIFFERENCE, ONE STEP AT A TIME...

HEALTHY LIFESTYLE

I CAN'T CONTROL EVERYTHING IN MY LIFE, BUT I CAN CONTROL WHAT I PUT IN MY BODY.😎🍓🍍🍇🍑🍐🍉🍈🍏🍊🍋🍅🍎🍌🍠🍢🍥

bochonok-ot-SAV

С миру по нитке

The Essence Within

Glorious both in spirit and in the letter

@DG

`Fashion |Lifestyle |Beauty`

The Flying Tofu

Japan . Travel . Food

趣パリ探訪

もっと、もっとパリに恋する旅

Japan Oblong

Expats in Japan

blogcuyazar

Kalemin İzi, Gönlün İzidir...

Alpha Antidote Ministries

The place for new beginnings...

お手紙やさん

mailの時代に手書きのよさを。

birgündemba

No ordinary life , always ask for more / Sıradan olmaya hayır ! Her zaman dahasını iste !

Le paradis de Noémie

les pieds dans l'eau