Posts Tagged With: asia Japan

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 9:  Visiting Tango Peninsula 1


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 9: 丹後半島を巡る 1

 

1

< 1. The island of Taiza fishing village >
< 1. 間人(たいざ)の城島 >

From today, I introduce Tango Peninsula in North Kyoto.
今日から、京都北部の丹後半島を紹介します。

 

2全体地図
< 2. maps of Tango Peninsula and Amino >
< 2. 丹後半島と網野の地図 >
Upper map: the red line is our route of Tango Peninsula.
The top of the map shows the north.
Today, I introduce No. 1 Amino, No. 2 Taiza, and No. 3 Tateiwa rock.

Lower map: this is a satellite photo that is a expansion of Amino (NO.1) in the upper map.
The top of the map shows the south.
No. 1 is the ancient burial mound of Choshi mountain I introduce today.
NO.2 is a peninsula with an ancient burial mound in the lake, NO.3 is the beach, and No. 4 is Amino fishing port that I introduced previous time.

上の地図: 赤線が私達がドライブした丹後半島のコースです。
上が北です。
今日、紹介するのはNo.1の網野、No.2の間人、No.3の立岩です。

下の図: 上図のNO.1の網野を拡大した衛星写真です。
上が南です。
今日、紹介する銚子山古墳はNO.1です。
NO.2は離湖の古墳がある半島、NO.3は八丁浜、NO.4は網野漁港で、前回紹介しました。

 

3銚子山
< 3.  the ancient burial mound of Choshi mountain >
< 3. 銚子山古墳 >
Upper map: this ancient burial mound was built on the edge of the small hill at the end of fourth century.
The top of the map shows the north.
We walked along the brown line.

Lower map: a detailed map of the ancient burial mound.
The large keyhole-shaped tomb mound in the center is 200 meters in the total length, 20 meters in height, and has two small ancient burial mounds at the both sides.
This ancient burial mound is the largest in the Sea of Japan side, and “ three ancient burial mounds by the Sea of the Japan” including it are all in this Tango Peninsula.

It suggests this area were connected to Yamato sovereignty in Nara, and this king had extensive authority.
In addition, we saw this area were connected with the continent at previous time.

上の地図: この古墳は小高い丘の端に、4世紀末に造られた。
上が北です。
私達は茶色の線を歩きました。

下の地図: 古墳の詳細図。
中央の前方後円墳は全長200メートル、高さ20メートルで、その両側に二つの小さな古墳を持っている。
この古墳は日本海側で最大級であり、丹後半島にはこれを含めた日本海三大古墳がある。

如何にこの地が奈良のヤマト王権に繋がり、ここの王が力を持っていたが伺える。
また、大陸とも繋がりがあったこも前回見ました。

 

 

4a

< 4. walking on the top of the ancient burial mound  >
< 4.古墳の頂上を歩く >
Upper photo: walking the northeast side of the burial mound.
You can see the steps at the end of the road.

Lower photo: a view of top like circle mound from under the steps.

上の写真: 古墳の前方部(北東側)を歩いている。
奥に階段が見える。

下の写真: 階段下から後円部の頂上を見ている。

 

5a

< 5. Views from the burial mound  >
< 5. 古墳からの眺め >
Upper photo: a view of seaside from the circle mound.
When it was built, under this mountain was a lagoon.

Lower photo: a view of the mountain side (southeast side) from the road.

上の写真: 後円部頂上から海側を見ている。
これはパノラマ合成写真で、通常より視野角は広い。
古墳が造られた当時は、この直ぐ下が潟湖だった。

下の写真: 前方部から山側(東南側)を見ている。
丘の上は畑作が行われていた。

 

6
< 6. seashore on the way to Taiza >
< 6. 間人までの海岸 >
Upper photo: a small hill thrusting into the sea is around Taiza.
Lower photo: looking back at our road from Taiza.

上の写真: 海に突き出した小山が間人の城島です。
下の写真: 間人側から来た道を振り返る。

 

7

< 7.  Taiza fishing village >
< 7. 間人(たいざ) >
Upper photo: a small island connecting the village with a bridge.
Central photo: a shrine in the island.
Lower photo: the fishing port.

This port is famous for snow crab, and this area has many legends concerning Prince Shotoku ( the 6th -7th century).
In addition, there was once a custom of facing a dead person toward continent and burying it.
This also indicates the connection with an Imperial Court of Nara in ancient times and with the continent.

上の写真: 城島。
中央の写真: 城島の神社。
下の写真:  間人漁港。

この地はズワイガニ(間人蟹)で有名で、聖徳太子に纏わる伝説が多い。
また、死者を大陸に向けて埋葬する風習がかって残っていた。
ここにも、奈良の古代朝廷と大陸の繋がりがあった。

 

8

<  8. inlet of the port >
< 8. 間人の入り江 >
we see colorful seaweeds in pellucid seawater.

透明な海中に色とりどりの海藻が見える。

 

9
< 9.  going a circuit of the island >
< 9. 島を一周 >

 

10
< 10. Tateiwa rock >
< 10.立岩 >
高さ20mの柱状節理の岩が海岸に突き出している。

Impression
I was often surprised when I went round this peninsula without preparing.
This secluded area facing the Sea of Japan had ever the connection with continent and ancient Nara.
I find an ancient romance in original scenery of Japan.

This continues the next time.
感想
下調べもせずに、この地を巡っていると驚くことが多かった。
この日本海に面したへんぴな地が、かつては大陸と古代の奈良と繋がりがあったのです。
原風景の中に古代のロマンを見た。
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , , , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 15: Seeing the Middle East and Arab world in films 8: Refugee issue 1


 

中東に平和を! 15: 映画に見る中東とアラブ世界 8: 難民問題 1

 

1

  • * 1

 

I consider refugee issue in twice from now on.

We look at various migrations at first.

 

これから2回に分けて、難民問題を考察します。

はじめに様々な移住について見ます。

 

 

History of human migrations (Note 1)

Our Homo sapiens spread throughout this earth along with migrating for hundred thousands years from the birth.

Most of great transmigration of race was caused by each climate change, it arose on several occasions, and the migration spread like playing billiard. (Note 2)

In ancient times, an Assyrian and a Greek emigrated far and wide to enlarge their commercial domain. (Note 3)

In the middle Ages, a German actively colonized Eastern Europe.

By these results, our ancestors had many parents of different ethnic groups all over the world, and these traces remain in our gene.

This is shown in figure 2.

 

European 60 million people left the mother country and emigrated between the 19th and the 20th century.

In Japan, 3,200,000 people except soldier returned home by this defeat from the emigration area.

About million people emigrated all over the world in 2005.

 

 

移住の歴史 注釈1.

新人類は誕生から十数万年かけて移住しながら地球全域に拡散しました。

多くは気候変動によって、幾たびも民族の大移動が起き、玉突きの如く移住は広がりました。注釈2.

古代、アッシリア人やギリシャ人は商圏を広げる為に遠くまで移住しました。注釈3.

中世、ドイツ人は盛んに東欧に植民しました。

これらの結果、私達の祖先は世界中で混血し、その痕跡が私達の遺伝子に残っています。

それを図2に示します。

 

19世紀から20世紀にかけて、欧州から6000万人が母国を離れ移住した。

日本では敗戦によって軍人を除く320万人が移住先から帰国した。

2005年には2億近い人達が世界中で移民を行った。

 

 

2

< 2. Human migrations and Japanese race >

< 2. 人類の移動と日本民族 >

Upper map: a history of human migrations supposed by genes.

The numerical values indicate how many years ago.

 

Lower map: we are able to understand the roots of Japanese people by our genetic variation.

The blue line shows current Japanese people, and others show an African or a European.

During this 150 thousands years, Japanese ancestors had many parents of different ethnic groups all over the world, and came in the Japanese Archipelago on several occasions.

Because Japan of an island is so, people of the world are of more mixed parentage.

 

上の地図: 遺伝子から推測した人類移動史。

数値は何年前を示す。

 

下の地図: 遺伝子の変異からわかる日本人のルーツ。

青線が現在の日本人を、他はアフリカ人かヨーロッパ人を示す。

過去15万年の間に、日本人の祖先は世界各地で他の人種と幾度も枝分かれし、日本列島にやって来た。

島国の日本でこうですから、世界中の人々はもっと混血していることになります。

 

 

3

< 3. emigrants reached New York >

< 3. ニューヨークに着いた移民 >

 

 

4

< 4. how America’s source of immigrants has changed over time between 1850-2013 >

< 4. 各州で最大を占めるアメリカ移民の母国、1850~2013年の間の変遷 >

その構成は年々変化している。

 

What the migration brings

Immigrant was indispensable for the development of the United States, and approximately 70 million people entered this country in the past two centuries.

President Kennedy who was a grandchild of immigrant spoke it in this way.

“…. The society of imigrants who began the new life. … The country of people having courage to investigate new frontier. …. This is the secret of the United States’s success.”

 

Merchants of overseas Chinese, an Arab, an Indian, and a Jew jumped to the world and played an active part.

In ante-Christum, Propagation would have been late if a Jew hadn’t translated the Bible into Greek in Alexandria. (Note 4)

In the middle ages, the Renaissance might not have blossomed in Europe if there weren’t a Christian that escaped in Baghdad, and an Arab in Toledo.   (Note 5)

How would this society and culture of Japan have turned out if immigrants never have come to this island from beyond the sea?

 

In the 19th century, France having been hurt for labor shortage accepted quickly immigrants from the neighboring countries, and also did it from Algeria in early the 20th century.

The ratio of foreigners in the total population of France was 1% of 1851 and 6% of 2006.

Europe and America accepted many emigrant laborers positively to make up for the population decline due to the drop of the birth rate, and enabled economic growth.

Each country needed the immigrant who could receive dangerous, dirty, and difficult jobs at a low price.

EU that aimed for an ideal confederation of states wanted to cancel the economic disparity of each country, and person and capital could move freely within the region.

 

The motives of migrations are to escape from war, famine, or persecution, and for trade or working.

This doesn’t disappear from the world in the least.

There would not be the present world if migrations were not possible at all.

 

This continues next time.

 

 

移住がもたらすもの

アメリカの発展に移民は不可欠で、過去2世紀で約7000万人が入国した。

移民の孫だったケネディ大統領は、こう述べている。

「・・新しい人生を始めた移民の社会。・・新たなフロンティアを探る勇気を持った人たちの国… それがアメリカの成功の秘密である」

 

華僑(中国人)やアラブ、インド、ユダヤの商人が世界に飛び出して活躍した。

もし紀元前にユダヤ人がアレクサンドリアで聖書をギリシャ語に翻訳していなければ、布教は遅れたことだろう。注釈4.

もし中世に逃れて来たキリスト教徒がバクダードで、またアラブ人がトレドにいなければヨーロッパでルネサンスは開花しなかったかもしれない。注釈5.

もし、海外からこの列島に移住者(渡来者)が来なければ、日本の社会や文化はどうなっていただろうか。

 

19世紀、労働者不足に窮したフランスはいち早く近隣諸国から、また20世紀初頭にはアルジェリアからの移民を受け入れた。

フランスの総人口における外国人の割合は1851年の1%から2006年の6%になった。

欧米は出生率の低下による人口減少を補う為に、労働移民を積極的に受け入れ、経済成長を可能にした。

各国は汚い、危険、過酷な労働を安く請けてくれる移民を必要とした。

理想の国家連合を目指したEUは人や資本が自由に移動出来ることで、各国の経済格差を解消しようとした。

 

移住の動機は飢饉や戦争、迫害から逃れる為、また貿易や就労の為などで、これが世界から無くなることはない。

もし移住がまったく出来なかったら、今の世界はなかったでしょう。

 

次回に続きます。

 

 

注釈1: 人々の移動を指す用語には移住、移民、難民、殖民、居留民などがあり、少しずつ意味が異なりますが、最も広い意味を持つ移住を使います。

 

注釈2: 有名なのはアーリア人やゲルマン人の民族移動などです。

また約6000年前、オーストロネシア人は東南アジアから太平洋諸島へカヌーによって移住しました。

これは中国南部の人々が北方から押し出される形で起きたと考えられます。

 

注釈3: 少し時代は下りますが、華僑(中国人)や倭寇(日本人)は主に商業や貿易が目的で移住しました。

 

注釈4: 当時、貿易都市アレクサンドリアには多くの外国商人がおり、ギリシャ語が普及していました。

ヨーロッパへの布教にはギリシャ語聖書が必要だったのです。

 

注釈5: ルネサンスが始まったのは古代ギリシャの文献が、中東アラブからスペインやイタリアを通じてヨーロッパに紹介されたのが切っ掛けでした。

古代ギリシャの文献はイラクのバクダードでギリシャ語からアラビア語に訳され保存されていた。

スペインのトレドではアラビア語からラテン語に翻訳されました。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , , , , , , | 1 Comment

Glistening white Himeji Castle 1


白く輝く美しい姫路城 1

 

       1 

< 1. Himeji Castle >

< 1. 姫路城 >

 

Today, I introduce Himeji Castle.

I visited the Himeji Castle after major renovations on New Year’s Day.

This is called another name as “White Egret Castle”, and is a world’s cultural heritage and a national treasure.

It is an extreme of the Japanese tradition beauty

 

今日は、姫路城を紹介します。

私は大修理を終えた姫路城を元旦に訪れました。

これは別名「白鷺城」と呼ばれ、世界文化遺産であり国宝でもある日本の伝統美の極みです。

 

 

 2

< 2. The past and present of the Himeji Castle >

< 2.姫路城の今昔 >

 

Upper fig.: A picture of the Himeji Castle of the early Meiji period.

Lower photo: The aerial photograph before the renovations in 2007.

The top of the both pictures indicates the north, the moat is seen at the under side, and Ote-mon Gate (main gate) is seen at the center of it.

 

上の図: 明治初期の姫路城の絵。

下の写真: 大修理前、2007年の航空写真。

両方共に、上が北で、下側に堀、その中央に大手門が見える。

 

 

3

< 3. The Himeji Castle and the castle tower >

< 3. 姫路城と天守閣 >

 

Upper map: A red line shows my visiting route to the castle tower, and a blue line does it from the castle tower.

We can go up to the top floor of the castle tower.

The top of the map is the north direction.

 

Lower fig.: It shows the structure of the castle tower.

The structure of the castle tower becomes a building built on the stone wall of 15m in height that has six floors and is 32m in height, and then there is the first floor within the stone wall.  

This is the best wooden building in all Japan, and two “large pillars” of about 1m in the root diameter are 25m in height, and penetrate through this wooden building from the basement to the fifth floor.

 

The castle tower was increased the white remarkably by virtue of the roofing tiles and plaster coatings having been repaired entirely in “Restoration of Heisei”.

 

上の図: 赤線が天守閣まで、青線が天守閣からの見学ルートを示します。

天守閣の最上階まで上ることが出来ます。

地図の上が北方向です。

 

下の図: 天守閣の構造を示します。

この天守閣は石垣の高さ15m、その上の建物は6階で高さ32m、地下(石垣内)1階構造です。

これは日本最高峰の木造建築で、高さ25m、根本直径約1mの二本の「大柱」が地下から5階まで貫通しています。

 

今回の「平成の修理」によって、天守閣の瓦と漆喰が全面補修されたことにより、一段と白さを増しました。

 

4

< 4. Finally, I entry into the castle >

< 4. いよいよ入城 >

 

Upper photo: I pass through Ote-mon Gate, and get a panoramic view of the Himeji Castle from the open space.

Lower photo: I pass through an entrance gate, and enter the first castle gate “Diamond Gate”.

 

上の写真: 大手門を抜けて、広場から姫路城の全景を望む。

下の写真: 入城口を抜けて、最初の城門「菱の門」に入る。

 

5

*5

 

6

< 6. Finally, I entry into to the castle tower >

< 6. いよいよ天守閣へ >

 

Upper photo: I stand just under the castle tower.

I go into the building soon.

 

Lower photo: I overlook the west side from the window of the lower floor of the castle tower.

 

上の写真: 天守閣の直ぐ下。

もうすぐ建物に入って行きます。

 

下の写真: 天守閣下層の窓から西側を見下ろす。

 

7

< 7. Inside the castle tower 1 >

< 7. 天守閣内 1 >

These are pictures of the 1st floor or 2nd floor.

There were many visitors, so we had to wait our turn for going up on this floor.

 

Seeing this wooden construction, I could feel that many samurais walked through the passageway for several hundred years.

 

これらは1階か2階の写真です。

多くの見学者がいたので、この階で登城の順番を待ちます。

 

この木造からは数百年の歴史、武士が行き交う当時をしのぶことが出来そうです。

 

 

8

< 8. Inside the castle tower 2 >

< 8. 天守閣内 2 >

 

Furthermore, I am going to the top floor.

Central photo: “ West large pillar” is seen in the photo, and it is one of “large pillar”.

This floor is the 5th floor, and the part is the top of the pillar.

The iron plate seen in the photo seems the sliding prevention of the pillar.

 

This continues next time.

 

さらに最上階に向けて上って行きます。

中央の写真: 「西大柱」が見えます、これは「大柱」の一本です。

この階は5階で、柱の最頂部になります。

鉄板で滑り防止の補強がなされているようです。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , , | 2 Comments

Akashi Strait and Akashi Kaikyo Bridge in the early winter 2


初冬の明石海峡と明石海峡大橋 2

 

1

< 1. Akashi Kaikyo Bridge >

< 1. 明石海峡大橋 >

 

Today, I introduce a beautiful spot looking down Akashi Strait from a mountaintop.

It is the roof of a building of Traffic Advisory Service Center in Osaka gulf.

 

今日は、山頂から明石海峡を見下ろす絶景ポイントを紹介します。

それは大阪湾海上交通センターのビル屋上です。

 

 

About Traffic Advisory Service Center in Osaka gulf.

From this roof, we can look around 360 degrees such as Osaka gulf, Kobe, Akashi Strait, Seto Inland Sea, without an obstacle.

This is a facility of Japan Coast Guard.

Prior to use, please register at the entrance.

The use time is from 9:00 to 17:00.

The information, please look at http://www6.kaiho.mlit.go.jp/osakawan/link/link.htm.

 

About this photography

It was very fine on this day, so I felt great.

The photography is from 9:00 to 9:30 on December 9, 2015.

The following photos are arranged in order of the photography of the west direction from the south direction counterclockwise.

 

大阪湾海上交通センターについて

この屋上からは、360度、障害物なしに大阪湾、神戸、明石海峡、瀬戸内海が見渡せます。

ここは海上保安庁の施設です。

使用前に玄関で記帳して下さい。

使用時間は9:00~17:00です。

情報は、http://www6.kaiho.mlit.go.jp/osakawan/link/link.htmを見て下さい。

 

撮影について

この日は、非常に天気が良かったので気分爽快でした。

撮影は2015年12月9日の9:00~9:30です。

以下の写真は南方向の撮影から反時計回りで西方向の撮影への順に並んでいます。

 

2

< 2. Turning to the south >

< 2.真南を向いている >

 

3

< 3. View of Osaka gulf >

< 3.大阪湾を望む >

The top of Kongo-san was seen a little out of far distant cloud.

遥か遠く雲の上に金剛山の頂が覗いている。

 

4

< 4. Kobe harbor at far place of the opposite shore >

< 4.対岸の遠くに神戸港 >

 

Today, colored leaves, and blue of sea and sky are splendid.

Osaka is veiled in a haze.

今日は、紅葉と海と空の青さが素晴らしい。

霞がかかって大阪は見えない。

 

5

< 5. Turning to the north >

< 5.真北を向いている >

 

The opposite bank of this Akashi Strait is Akashi city.

明石海峡の対岸は明石です。

 

6

< 6. Harima Sea >

< 6.播磨灘 >

 

7

< 7. Turning to the west >

< 7.真西を向いている >

 

Shodo-shima Island is seen in the distance of the Seto Inland Sea.

At last, I enjoyed colored leaves this year.

 

瀬戸内海の遠くに小豆島が見える。

今年、やっと紅葉を満喫しました。

 

 

 

 

Categories: <english language, travel+photo | Tags: , , , , , , , , | 1 Comment

Taking a picture of nature 8: Autumn of plateau


自然を撮る 8: 高原の秋

1

  • * 1

 

I introduce photos offered by an acquaintance.

Today, I want you enjoy seeing some autumn scenes of plateau.

This photo’s season is late.

 

知人が提供してくれた写真を紹介します。

今日は、高原の秋を堪能していただきます。

少し時期がずれてしまいました。

 

 2

  • * 2

 3

  • * 3

 4

  • * 4

 5

  • * 5

 6

  • * 6

 7

  • * 7

 

These pictures were taken around Nagano prefecture at a year ago last autumn.

これは去年の秋、長野県を中心に撮影した写真です。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , , | 4 Comments

社会と情報 62: 戦った報道 19


1 凱旋

< 1.日露戦争の凱旋 >

 

今回は、1900年代から1930年代、明治末期から昭和初期にかけての国民の窮状を具体的に見ます。

  

三つの時期について窮状を見ます

 

 2 傷痍軍人

< 2. 傷痍軍人 >

 

1900年代を中心に 文献1.

日清・日露の戦役が世の中を変えた。

 

廃兵(傷痍軍人)

日露戦争(1904、05年)によって、死傷病者は出征兵士の49%、46万に上った。

当時、人口4600万人、就業者2500万人の66%が農林業従事者で農家数540万戸であった。

特に農家の場合、彼らは主要な働き手であったので、その家族は路頭に迷うことになる。

 

苛税

国民総生産に占める全政府支出は1890年に11%であったが、1900年19%、日露戦役以降の1910年に38%に上昇してから、1920年25%、1930年38%となった。

1910年、国の一般会計歳入の内訳は、直接税の所得税・営業税が8.5%にしか過ぎなかった。

地租税11%と残り間接税の類80.5%が多いため、低所得層(庶民と農民)の負担が大きく、益々生活は苦しくなっていく。 注釈1.

累進性の無い税制、間接税中心の当時の税制は富裕層や企業には有利だった。

これは当時の選挙民は一握りの富裕層だったので直接税導入が猛烈な反対に合い困難だったことによる。

 

この上、戦時公債の引受、「愛国心」を計られる半強制的な軍資献納金が追い討ちをかけた。

その結果、税金を払えないことによる財産の差し押さえは1900年代の10年で約10倍に増加した。

 

3 村の身売り相談

< 3. 村の身売り相談 >

 

1920年代前半を中心に  文献2.

第一次世界大戦の好景気の反動による戦後恐慌が世の中を変えた。

 

農民の困窮

1922年頃、自作農家で32戸中11戸、小作農家で35戸中14戸が、赤字に陥っていた。

小作人は小作料と高利の借金に喘いでいた。

農民は寄生虫やトラホームに罹患し健康者は1割しかいなかったし、小学児童の弁当の副食は8割が梅干しだけであった。

こうして小作争議は1918年に全国で256件であったのが、1926年には2751件と膨れあがった。

 

農家の苦境の背景に何があったのか。

1910~40年の自作農は約30%に過ぎず、他は小作(一部自作も含む)であった。

またこの時期、米の反収が伸びない上に、1920年の戦後恐慌から1930年の間に米価は60%下落した。

この間、消費者物価は26%下落した。

1918年の米騒動以降1930年代前半までに、朝鮮米の徴発量は日本の産出量の約4%から14%に増え、昭和東北大凶作(1931~1932年)では不足分の7割を賄った。

しかしこれが日本の長期米価低下を招き、朝鮮半島の人は40%もの消費減に耐えなければならなかった。

彼らは満州に脱出するか、満州からの稗や粟でしのいだ。

 

もっとも、第一次世界大戦の好景気では、米価の高騰で農村は潤ったこともあった。

同時に、都市部では大正デモクラシーを謳歌し、労働者の賃金は上昇し、1920年代前半はまだ賃金水準が維持されたので恐慌の影響が少なかった。

むしろ都市部ではインフレ時に苦しむことになった。

 

4 昭和恐慌

< 4. 昭和恐慌、銀行の取り付け騒ぎ >

 

1930年代前半を中心に 文献3.

1923年の関東大震災、1927年の金融恐慌、1929年の世界大恐慌、1930年の昭和恐慌が続き社会は悪化の一途を辿った。

 

失業

企業の利益率は半分になり、賃金も2割減となり、会社の倒産が相次ぎ、賃金の不払いも増加し、大量解雇が発生した。

失業者は1930年から増え始め、31年に280万人、失業率8.9%でピークに達した。

労働争議は1925年に全国で293件だったのが、1931年998件とピークを迎えた。

この膨大な失業者のうち、工場労働者の約4割、鉱山労働者の約2割が帰農した。

ただでさえ貧しい農村に人が溢れ、困窮は極限に達した。

こうして農村部で人口過剰が問題となり、移民が説かれた。

 

農村の窮乏

都市部の購買力減はさらに農作物の価格を1929年から31年かけてさらに約60%低下させた(32年にかけてほぼボトム)。

さらに1931年、34年に東北・北海道が凶作に見舞われ、自作農で60%、小作農で75%が赤字農家に転落した。

税金が納められず、土地や収穫物を差し押さえられる農家が続出した。

 

こうして昼食抜きの児童が増え、東京へ娼婦として売られる娘が続出した。

1934年の身売りは約2万人で、娘を一人売ると親は約1年分の所得を得ることが出来た。

小作争議はこの年に更に最大を更新し6824件となった。

 

5 経済格差

< 5. 所得格差 >

解説: 日本(赤線)は明治から太平洋戦争が始まるまで所得格差は高いままだった。

ドイツ(青線)では第一次世界大戦以後の社会主義政権で所得格差は是正されたが、ヒトラーの独裁が始まってから所得格差が急増したが、それでも日本よりもましだった。

 

 

まとめ

満州事変に至る約30年間の庶民の困窮状態を見ました。

 

この間、農家は日本の一人当たり実質成長1.3倍(注釈2)の経済発展から取り残され、さらに悪化し、豪農と貧農の格差も開いていた。

一方、都市と工業は大きな発展を遂げたが、第一次世界大戦の好景気と戦後恐慌を経て、経済格差が広がった。

労働者では熟練度や企業規模(産業の二重構造)などによって賃金格差が生じ、また軍需産業重視の施政によって財閥化が進んだ。

肥大化する財政と累進性の無い税制(注釈3)は低所得者を益々追い詰めた。

こうして欧米先進国と比べて所得格差は群を抜いて高くなった。

 

さらに政府と軍需産業との癒着、疑獄事件、大企業や財閥優先の経済政策は国民の怒りと失望を買った。

こうした不満の爆発から、1931年に満州事変が起こり、日本は戦争への道を突き進んだ。

 

次回は、経済的な謎、なぜ国民は満州侵攻を受け入れたのかを探ります。

 

 

注釈1: 上記間接税の類には郵便電信収入なども含めている。1910年一般会計歳入の公債・借入金は0.5%に過ぎないが、特別会計の規模は一般会計の1.7倍あった。この特別会計でさらに莫大な軍事費が支出され、収入は公債・借入金が大半であった。いずれこの支払いも国民の税金とならざるを得なかった。日清戦争だけは賠償金で国民の負担は減った。また個人消費が国民総生産に占める割合は90~70%なので、庶民の税負担率はさらに増す計算になる。

 

注釈2: 「世界経済の成長史 1820~1992年」マディソン著、(p77、p143)によると1913~50年の一人当たり実質GDPの平均複利成長率は0.9%、人口は1.6倍となる。つまり30年間で実質GDPは一人当たり1.3倍、全体で2.1倍になる。この一人当たりの成長率は同期間のアジア11カ国(台湾、タイ、韓国、中国など)の中で群を抜いて良かった。

 

注釈3: 高所得に比例する所得税などの直接税が低く、酒税などの消費に比例した間接税が高かったので、低所得者ほど税率が高くなり貧富の差は開くことになる。

 

文献1:「集英社版日本の歴史18」p202~210。「日本経済史」石井寛治著p193~196.「数字でみる日本の100年」国勢社刊、p276~。

 

文献2:「数字で見る日本の100年」国勢社刊、p116,p270。「経済学大系7 日本経済史」学文社刊、p147、p159。「日本経済史」放送大学教育、p100、p150。振興会刊。図説日本史、東京書籍刊、p201、p221。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

The society and the information 58: News media has fought 15


社会と情報 58: 戦った報道 15

 

1明治時代の引き札

< 1. An advertisement handbill in Meiji Period, military personnel was popular >

< 1.明治時代の広告チラシ、軍人が人気 >

 

This time, I supplement with the last explanation about the social change that happened under a war regime.

 

今回は、戦時体制下で起こった社会的変化の補足説明になります。

 

 2憲兵

< 2. Military policeman >

< 2. 憲兵 >

 

I divide the social change into two elements

 

People’s thought and feelings were changing unconsciously

One is a surge of national sentiments such as patriotism or a chain of hatred.

When people endured hardship in a battlefield or their relative died of wounds, they felt stronger resistance in being pointed out that going into battle is useless.

This was connected to strict defending of national interests.

 

People intensely criticized the coward attitude of the government toward the Triple Intervention that had to abandon a territory.

 

Furthermore, because they couldn’t abandon China that they obtained in exchange for a life of Japanese soldiers 290,000, and couldn’t withdraw from it, again enlarged the war.

 

 

社会的変化を二つに分けます

 

しらずしらずのうちに国民の思想や心情が変化していく

一つは憎しみの連鎖や愛国心などの国民感情の高まりです。

さらに、出征し辛酸を舐め、また身内が戦傷死した場合、それを無駄だったとすることに人々は強い抵抗を感じます。

これが国益の厳守に結びつきます。

国民は領地を返還させられた三国干渉で政府を弱腰と猛烈に批難し、また日本将兵29万の命と引き換えに手に入れた中国を放棄出来ないとして、撤退が出来ず戦争を拡大することになった。

 

Another is the spreading of the weapon use and military spirit.

I investigated the spread of guns in “Our war 17-22” series before.

As a result, it was clear that the spread of guns caused the increase of the crime victim.

In other words, it changed to the society approved of violence, and settled troubles by violence.

This is clear at a glance if we see an action movie of Hollywood.

Similarly, if the martial spirit penetrates the whole society, the autocratic behaviors increase to many families such as Spartan discipline.

 

Thus, they would get used to the national interest, violence, and regulation.

 

もう一つは、武器使用と軍人精神の波及です。

以前、「私達の戦争 17~22」で銃の普及を検証しました。

その結果、銃の普及は犯罪被害者の増大を招いていました。

見方を変えれば、暴力を是認し暴力で解決する社会に変容したのです。

これはハリウッドのアクション映画を見れば一目瞭然です。

同様に軍人精神が浸透すれば、スパルタ教育など社会から家庭まで専制的な振る舞いが増大します。

こうして社会は国益や暴力、攻撃、統制に慣れて行きます。

 

3 1936年小学校読本

< 3. Elementary school language Reader in 1936 >

< 3. 1936年の小学校国語読本 >

 

The government led the people for war regime reinforcement

First, war weariness had been prevalent for almost people, so the government praised military personnel and encouraged to become good military personnel.

In addition, they assumed a hypothetical enemy, incited fear, and encouraged battling spirit.

Every military power practiced this.

For this purpose, education, public information, and oppression (prohibition of criticism) were important.

 

国が戦時体制強化の為に国民をリードする

初めは国民誰しも厭戦的です、そこで国は軍人を讃えて良き軍人になることを奨励します。

また仮想敵国を想定し恐怖を煽り、戦闘意欲を鼓舞するようにもなります。

古今東西、軍事大国はこれを実践して来ました。

これら教宣には教育と広報、批判禁止(弾圧)が重要です。

 

If expressing the article before last in other words, it is summarized as follows.

* A big menace near at hand.

* We should defend the national interests (territory) that we paid large sacrifice to obtain to.

* The near enemy is thing we should despise, and the repulse is easy.

This will be the most effective sentence that instigates the people.

 

 

前々回の某新聞の記事を言い換えればこうなります。

大きな脅威が迫りつつある。

多大な犠牲を払った国益(領土など)を死守すべき。

目前の敵は蔑視すべきもので、撃退は容易である。

これは国民を煽る最も有効な言葉でしょう。

 

4 在郷軍人会

< 4. A local veterans’ association >

< 4. 在郷軍人会の集合写真 >

 

On the other hand, it does not attract attention, but there is local veterans’ association as the example which raised an effect steadily.

This association was organized by the reserve duty that was available for mobilization of wartime and reached 3 million people in the 1930s.

Japanese population at the time was approximately 60 million people.

At first, the purpose was an education training of military personnel, but this became the implementing group to uplift their fighting spirit by the military leadership later.

In each place, this played a major role by protest and the boycott to anti- authority newspapers (Asahi and Mainichi), and by the promotion of the emigration to Manchuria and Mongolia.

Japan learned this system from Germany.

 

Thus, people regarded the continent invasion as national interests and accepted a war and the government of national unity.

However, people cannot embark on war only in this.             

 

I think about the economic factor on the next time.

 

一方、目立たないが着実に効果を上げた例として在郷軍人会があります。

在郷軍人会は、戦時動員可能な予備役によって構成され、1930年代には300万人に達していた。

当時の日本人口は約6000万人でした。

当初、これは軍人の教育鍛錬が目的であったが、後に軍主導による戦意高揚の実践部隊となっていった。

これは各地で、反権力新聞(朝日や毎日)への抗議や不買運動、満蒙開拓移民の推進で大きな役割を担った。

日本は在郷軍人会の制度をドイツに倣った。

 

こうして国民は大陸侵攻を国益とみなし、戦争と挙国一致体制を受容するようになっていた。

しかしこれだけで戦争に踏み出せるわけではない。

 

次回は経済的な要因について考えます。

 

 

 

 

 

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: The society and the information | Tags: , , , , , , , , | 4 Comments

Travel to Tottori prefecture 6: Uradome Coast


鳥取旅行 6: 浦富海岸

     1

  • * 1

I introduce a part of coast along the Japan Sea, and it is the last of this travel.

Here is the west side of Sanin Kaigan Global Geopark.

 

今日は、鳥取旅行の最後で、日本海の海岸を一部紹介します。

ここは東西100kmにわたる山陰海岸ジオパークの西の端です。

2map

< 2. We drove on this road. The north side is upper of this map. >

< 2. 今回の走行ルート、地図の上が北方向 >

Upper map: a yellow line shows the road, and it is about 70 km in the east and west.

Lower map: this is the map expanding a red frame of the upper map.

I took these pictures on the yellow line from Uradome Coast of the east to Ajiro harbor of the west with about 3 km.

Photos 3,4,5 are arranged in the order of the photographing.

上の地図: 黄色線がドライブルートで、東西約70kmになります。

下の地図: これは上図の赤枠を拡大した地図です。

写真は黄色線、東の浦富海岸から西の網代漁港の間、約3kmの範囲内で撮影しました。

写真3,4,5は、撮影順に並んでいます。

3
< 3. Uradome Coast >

< 3. 浦富海岸 >

These photos were photographed on the west of Uradome Coast. 

写真は浦富海岸の西側で撮影したものです。

4

  • * 4

Upper photos: this road that a white car is seen on at the photo’s left is along the coast.

Auto parks were laid on this road at pivotal points, and the views from these were wonderful.

I photograph these from here.

上の写真: 左側に白い車が見える所が道路で、海岸沿いを走っています。

この道路には、要所要所に駐車場が設けられており、そこからの眺望が素晴らしいです。

写真はここから撮りました。

5

  • * 5

Upper photo: a ship can be seen beyond a large rock island.

This seems a sightseeing ship for islands tour setting off from Ajiro harbor.

Lower photo: a view of Ajiro harbor from a pass.

Tottori Sand Dunes can be seen on the opposite shore indistinctly.  

上の写真: 岩の島の向こうに遊覧船が一隻見える。

これは網代港から発着している浦富海岸の島巡りの遊覧船だろう。

下の写真: 網代港に入る峠から港を見下ろした。

対岸遠くに、鳥取砂丘がおぼろげながら見える。

Afterword

As for this travel, we focused on the sightseeing of a grand mountain, a temple of a mountain, and a seacoast, excluding sightseeing of flowers.

Also, we enjoyed seafood of Sanin and a hot spring.

It was more refreshing travel because it was fine weather.

 

During this series, two foreign nationals asked for the information of two sightseeing spots.

I was delighted that foreign nationals acknowledged Japanese virtues.

I have following travel plans in this year.

It is the 5 countries of the Balkan States including Croatia of August, Guilin in China of September, and Nagano prefecture of October.

Thank you for reading my travel report.

あとがき

今回の旅行は、花巡りを省き、雄大な山と山岳寺院、海岸の観光に絞りました。

それと、山陰ならではの海の幸と温泉を楽しみました。

天気が良かったので、爽快な旅になりました。

今回の連載中に、米国とロシアの方から大山と三徳山三仏寺の問い合わせがありました。

海外の人々に、日本の良さを知ってもらえてブログ冥利に尽きます。

今後、以下の旅行を予定しています。

8月のクロアチア含むバルカン5ヵ国、9月の中国の桂林、10月の長野県。

楽しい旅行記を掲載したいと思っています。

ありがとうございました。

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: , | 2 Comments

Capital of Piketty 24:  a difficile mentality hiding in our mind 2


ピケティの資本論 24: 私達の心に潜む厄介な心理 2 

 

  1 

< graph1. a change of the number in each salary rank of private employees, by National Tax Agency >

< グラフ1. 日本、民間給与所得者の給与階級別人数の推移、国税庁資料 >

 

We saw a mentality of middle class that did not acknowledge the future, last time.

We see how bad the disparity progresses for the middle class, this time.     

 

前回、未来を見ない中間層の心理を見ました。

今回は、中間層にとって格差はどのぐらい進行しているかを見ます。

Preface

Please look at graph 1 based on data of National Tax Agency.

In the graph, it greatly increases that the number of the ranks that is less than income 4 million yen, particularly the bottom rank (less than 2 million yen, red line).

Conversely, the number of the ranks that is more than 6 million yen decreases.

However, only the number of the top rank (more than 15 million yen, black line) increases.

On the other hand, the middle rank (less than 4 million and 5 million yen) remains at approximately the same level.

By the way, the mean yearly income of Japan reached at the most 4,670,000 yen in 1997, and continued decreasing afterwards, and it came to 4,300,000 yen in 2008.

How do you understand the circumstances of disparity from this graph?

” The disparity of Japan has not progressed. Because the middle class is invariableness, and furthermore the lower-income class increases, but a wealthy class also decreases at same time”

Probably many people will interpret this in this way.

I will show the correct answer after we saw the circumstances of American disparity.

はじめに

国税庁のデーターに基づくグラフ1を見てください。

グラフにおいて、所得400万円以下の人々、特に最下層(200万円以下、赤線)では大きく人数が増えている。

逆に、600万円以上の人々の人数は減っている。

しかし、最上位層(1500万円超、黒線)の人数だけが増えている。

一方、中間層(400万円以下、500万円以下)はほぼ横這いです。

ちなみに日本の平均年収は、1997年(平成9年)に最高467万円に達し、その後低下し続け、2008年(平成20年)に430万円になった。

皆さんは、このグラフから格差の状況をどのように把握するだろうか?

「低所得層は拡大しているが富裕層も減り、中間層も変わらないので日本の格差は進行していない。」

または

「低所得層は拡大しているが、中間層の私は安泰なようだ。」

多くの方は、おそらくこのように解釈するでしょう。

先ず、米国の格差の状況を見てから、正解を示します。

What has occurred in America?

米国で起きていること

2

< graph 2. The top decile income share, by “Capital in Twenty-First Century” >

< グラフ2.上位10%の所得階層の総所得に占める割合、「21世紀の資本」より >

Explanation: In comparison with the 1950s, the share of top decile rapidly increases in Britain and the United States, it remains at approximately the same level in Germany and France, and it decrease once and are coming back now in Sweden (North Europe).

 

How does this influence the American middle class and lower-income class?

解説: 1950年代に比べ、富裕層(トップ10%)のシェアは英米2ヵ国で急増し、独仏2ヵ国で横這い、スウェーデン(北欧)は一度低下し、現在戻りつつある。

これは米国の中間層と低所得層にどのような影響を与えているのだろうか?

3

< graph 3. a changes in income of each 20 % class in the U.S. ,by Japanese Cabinet Office >

< グラフ3. 米国、各20%の所得階層毎の所得推移、日本の内閣府資料 >

Explanation: the graph (1) shows nominal income, and the graph (2) shows real income except for the inflation.

We look at the graph (2) from now on.

The 5th tertile (blue line) is the top 20% income class, the first tertile (blue broken line) is the bottom 20% income class.

Only the top class is restoring income after the Lehman Shock rapidly.

The others continue having all decreased the income, and the income drop of the 4th, 3rd, 2nd tertile came to 6-10% in four years.

The income remarkably drops according to drop in the class.

解説: (1)は名目所得のグラフで、(2)はインフレを除いた実質所得のグラフです。

これから(2)のグラフを見ていきます。

第5分位(青線)が最上位20%の所得階層で、第1分位(青破線)が最下層20%です。

最上位層だけがリーマンショック後、所得を急速に回復中です。

他は、すべて所得が低下し続け、第4、3、2位の所得階層の所得低下は4年間で6~10%です。

階層が下がるに連れ、低下が著しいのが見て取れます。

By the graph 2, the income share increase of the top decile was only less than 1% during the same period, but it came to 15% in the past 40 years.

In other words, I suppose that the income of classes except the top class dropped in excess of the graph (2) of graph 3 in the past 40 years.

Summary

When the disparity is progressing, the most important point is that the top class only increase the wealth rapidly, and those otherwise all decrease their wealth.

This structure is a thing by the finance and economic system that is approximately common to current advanced countries.

 

This continues next time.

グラフ2より、同じ時期の最上位10%のシェアは1%未満の増加に過ぎなかったが、過去40年間のシェアは15%(33―48%)に上昇していた。

つまり、最上位層(第5分位)以外の所得は、過去40年間でグラフ3の(2)を遙かに凌ぐ低下があったと推測出来ます。

まとめ

重要なポイントは、格差が進行している時、最上位層だけが急激に富を増やし、それ以外はすべて富みを減らしていることです。

この構造は、現在の先進国にほぼ共通の金融・経済システムによるものです。

次回に続きます。

補足1. 引用したグラフで気づいたことが2点あります。

一つは、グラフ3の(2)の実質所得が格差の進行状況をよく示していることです。

いま一つは、日本のグラフ1に比べ米国のグラフ3の方がはるかに格差がわかりやすいことです。

補足2. 日本と米国の心理の違いについて

心理学調査によれば、米国人は日本人に比べ楽観的であるとされています。

楽観的であることは、失敗を恐れず未来に向けて挑戦的です。

一方、悲観的であることは、慎重で保守的です。

この両方の心理は、人が自然に適応する為に必要だった。

厳しいが広大な環境では、果敢に挑む前者が有利でした。

豊かではあるが限られた環境では、現状維持の後者が有利でした。

しかし、社会自体が徐々に疲弊し始めている時の対応はどちらが有利なのでしょうか?

どちらにとっても、困難な対応を迫られることでしょう。

Categories: book+ film+drama, culture+society, economy, <english language, <japanese language, politics, series: Capital of Piketty | Tags: , | Leave a comment

Travel to Tottori prefecture 4: Sanbutsu-ji temple of Mt. Mitoku


鳥取旅行 4: 三徳山三仏寺

1

< 1. the main hall of the temple is seen to the left >

< 1.左に本堂が見える >

Today, I introduce a more Japanese style of mountain’s temple.

I had a good experience here.

 

今日は、日本らしい山の寺を紹介します。

私はここで良い体験をすることになりました。

 2c

< 2. I visited the inside of a red frame of this guide map  >

< 2. 三徳山案内図、赤枠を拝観 >

 

About Sanbutsu-ji temple of Mt. Mitoku

This here was in the place where we slightly went up a rivers flowing through Misasa hot spring.

Various 16 halls were built in a line between the elevation of 240 m on the 900m high Mt. Mitoku.

Lower than the main hall (the red frame of the map) are Buddhist temples, and upper than it are seminary’s halls for mountaineering asceticism (Shugendo) built on the steep ridgeline.

The beginning was said that the Nageire Hall (national treasure) was built by En no Gyōja in the early of the 8th century.

 

 

三徳山三仏寺について

ここは三朝温泉を流れる川を少し遡ったところにあります。

標高900mの三徳山の山肌、標高差240mの間に16ほどの御堂が並んでいる。

本堂より下(地図の赤枠)は天台宗の寺で、それより上は険しい尾根に建つ修験道場です。

8世紀初め、役行者が山頂近くに投入堂(国宝)を建てたのが始まりとされる。

3

< 3. appearance of some Sanbutsu-ji temples >

< 3. 三仏寺の様子 >

4

< 4.   the main hall of Sanbutsu-ji >

< 4.  三仏寺本堂 >

Upper photo: The main hall on right side.

We can go up to the seminary’s halls for mountaineering asceticism from the right side of the main hall.

Lower photo: Inside the main hall.

 

上の写真: 右手に本堂。本堂の右手から修験道場へ登る。

下の写真: 本堂内。

5

< 5. a Kongou-Zao-Daigongen ( god statue) of Shugendo, by HP >

< 5. 金剛蔵王大権現、国重要文化財、宝物殿、HPより >

This was made in the 12th century and enshrined in the Nageire Hall.

I saw it for the first time and was surprised at the dynamism and the realistic face.

 

This face is same as the fierce look of Buddha statues, and the fabricator is father of Unkei that was representative of Buddhist sculptor of the Kamakura era.

En no Gyōja began the mountaineering asceticism Buddha statues just had spread in Japan.

He learned Buddhism at the first, before long aimed at mountain worship, and realized the Kongou-Zao-Daigongen of Japanese god.

This statue is a deity only in Japan, but the fierce look is same as Myoo of Buddha statue.

これは12世紀に作られた蔵王大権現で投入堂に祀られていた。

始めて見たのですが、躍動感と迫真の形相に驚きました。

この形相は仏像の憤怒相ですが、作ったのは鎌倉時代の仏師を代表する運慶の父なのです。

仏像が日本に普及したばかりの時代に、役行者は修験道を始めた。

彼は仏教を学び、やがて山岳信仰を目指し、金剛蔵王大権現を感得した。

この大権現は日本だけの神像ですが、その形相は明王(密教の仏像)のものです。

6

< 6. a view of the Nageire Hall from the place shown with a blue frame of the map >

< 6. 地図の青枠で印された投入堂遙拝所から撮った投入堂 >

It is splendid that this is made in a hollow of cliff and is Buddhist architecture of the 12th century (the late stage of the Heian era).

I was not able to go up to the seminary’s halls for mountaineering asceticism because I was light-duty garment.

 

Afterword

I didn’t know this place is so wonderful place until I go to this temple.

Even more than the scenery, it was important to have known the relation of Myoo, Kongou-Zao-Daigongen, En no Gyōja and father of Unkei.

 

This continues next time.

 

 

これは崖の窪みに作られていること、12世紀(平安時代後期)の仏教建築が今に残っていることが素晴らしい。

修験道場へは軽装で登ることが許されず、私は投入堂に行けなかった。

あとがき

私は、この寺に行くまでこんなに凄い所とは知りませんでした。

景観もさることながら、明王、金剛蔵王大権現、役行者、運慶の父(康慶)の関わりを知ったことが得難い。

次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | 2 Comments

Travel to Tottori prefecture 3:  Misasa hot-spring resort area


鳥取旅行 3: 三朝温泉

 

1

< 1. garden of Saiki-bekken hotel in the morning >

< 1. 斉木別館の朝の庭 >

Today, I introduce Misasa-Onsen and our Japanese-style hotel.

今日は、宿泊した三朝温泉と旅館を紹介します。

 

About Misasa-Onsen

Misasa-Onsen is along a river flowing from a back valley of Kurayoshi city facing the Sea of Japan in Tottori.

This hot spring is the second biggest hot spring in Tottori, and the history is very old, at 850 years ago.

Famous great writers of Meiji era visited here much.

We stayed in Saiki-bekken that is a long established and Japanese-style hotel.

 

Photo 1: a bird like river cormorant came flying from anywhere, and stayed at the lower left of the pond in the morning.

 

 

三朝温泉について

三朝温泉は日本海側の町、鳥取県倉吉を山間に入った川沿いにあります。

この温泉の集客数は鳥取県内で二番目に多く、歴史は古く、850年もあります。

明治時代の著名な文豪が多く訪れていました。

私達は、老舗の旅館である斉木別館に泊まりました。

写真1: 朝、一羽の川鵜らしい鳥が池の左下に飛来して来ました。

竹林とサツキ、池の鯉と鳥、4棟の離れが実に趣があります。

2

< 2. Saiki-bekken hotel >

< 2. 斉木別館 >

Upper photo: a whole view of this hotel from the front door side.

Central photo: a view of garden of dusk.

Lower photo: a bamboo grove is located in front of an outdoor hot spring bath.

 

上の写真: 玄関側から見た旅館の全景。

中央の写真: 夕暮れの庭。

下の写真: 竹林が迫る露天風呂。

3

< 3. Dinner >

< 3. 夕食 >

We took this dinner along with seeing a bamboo grove in another room.  

There were 12 kinds of dish and we added two kinds else.

The lower photo is the menu served first: hors d’oeuvres, sliced raw fishes, and small bowls.

These are variously seasoned dishes made of seaweed, soybean curd (tofu), squid and fishes.

 

夕食は竹やぶが見える別室で食べました。

料理の品数は12種有り、他に2種類追加しました。

一番下の写真は、最初に出された前菜や造り、椀物です。

これらは海草や豆腐、イカや魚を様々に味付けしたものです。

4

< 4. some dish >

< 4. 料理 >

A: a boiled dumpling of taro.

B: a grilled Spanish mackerel that is in season.

C: a pan cooking of wild duck.

D: tempura of Octopus and shrimp, and salt.

E: a dessert.

A : 里芋の団子を茹でたもの。

B : 季節の魚、鰆の焼きもの。

C : 合鴨の鍋。

D : 蛸と海老の天ぷらと塩。

E : デザート。

We got satisfaction in the taste and the quantity.

If this Japanese food is compared to something, it may be Vivaldi’s “The Four Seasons”.

On the other hand, European food seems to be like Handel’s “Music of the Royal Palace Fireworks.

 

それぞれの料理は少ないのですが、味と量、共に充分満足しました。

この和食を例えるならヴィヴァルディのバイオリン協奏曲「四季」のようなものかもしれません。

それに対して欧州の料理はヘンデルの「王宮花火の音楽」のように思えます。

5

< 5. the hot spring resort area and an outdoor hot spring bath of another hotel >

< 5. 温泉街と別の旅館の温泉 >

Upper photo: a view of the hot spring resort area from Kajika bridge in the morning.

We heard the great chorus of Kajika frogs when we took a walk through here in the morning.

Many fireflies will dance in the summer here.

Central photo: there was a traditional Japanese-style hotel when we took a walk along a hot spring town street.

Lower photo: This outdoor hot spring bath is thing of Misasa-Kan hotel that we used in the middle of a night walk.

We could enjoy these baths of two hotels devised respectively.

These photos of hot springs borrowed from HP of each hotel.

Afterword

The noon was hot, but the night walk was cold.

I have visited at this hot spring resort area more than 20 years ago, but it seems to have changed.

We enjoyed atmosphere of hot springs after a long separation.

 

On the next time, I introduce a mountain temple in the steep place.

 

 

上の写真: かじか橋からの眺めた朝の温泉街。

朝、ここを散策するとカジカ蛙の大合唱が聞こえました。

夏は蛍が乱舞するそうです。

中央の写真: 温泉街で見かけた伝統的な旅館建築。

下の写真: この温泉は、夜の散策の途中で入った三朝館のものです。

2館の浴槽は、それぞれ工夫されていて楽しめました。

二枚の温泉の写真は、すべて旅館のHPから借用したものです。

あとがき

昼は暑かったが夜の散策は寒いぐらいでした。

この温泉街は20年以上前に来たことがあるのですが、変わってしまったようです。

久しぶりに温泉情緒を楽しみました。

次回は、急峻な所にある三徳山三仏寺を案内します。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , | 10 Comments

Travel to Tottori prefecture 2: Nature and scenery of Mt. Daisen


鳥取旅行 2: 大山の自然と風景

1

< 1. a top-down view of Hiruzen Kogen from Kimendai (viewing platform) >

< 1. 鬼女台から蒜山高原を見下ろす >

Today, I introduce the nature and the scenery of Mt. Daisen that I strolled around.

今日は、大山を散策して出会った自然と風景を紹介します。

 2

< 2. views of Hiruzen Plateau and Shimane Peninsula >

< 2. 蒜山高原と島根半島を望む >

Upper photo: I saw beyond a leisure land to Mt. Daisen from Hiruzen Plateau.

Central photo: A top-down view of Hiruzen Kogen from Kimendai of Daisen Parkway.

Lower photo: I saw Miho Bay from Masumizu Plateau, and could see beyond it to Shimane Peninsula.

 

上図: 蒜山高原からレジャーランドの向こうに大山を望む。

中央図: 大山パークウェイの鬼女台から蒜山高原を見下ろす

下図: 桝水高原から眼下に美保湾、その向こうに島根半島が見える。

3

< 3. a mountain torrent >

< 3. 木谷沢渓流 >

This is a mountain torrent that is near Kagikake-Touge along Daisen Parkway.

The forest surrounded by fresh green leaves shining beautifully, the bubbly stream with lashing hard against rocks, and these were just Japanese early summer.

 

ここは鍵掛峠に近い大山パークウェイ沿いにある渓流です。

照り映える新緑に包まれた森と岩をはみ泡立つ流れは、まさに日本の初夏でした。

4

< 4. Daisen-Ji Temple and the approach >

< 4. 大山寺と参道 >

Upper photo: Traditional inns are located in a line along the main approach to the temple.

Central photo: There is the main gate of the temple on where we reach the peak of the approach.

There is the main hall of the temple in this back.

Lower photo: The approach going around the left side there is a stone pavement to a shrine.

上図: 昔ながらの旅館が並ぶ大山寺の参道本通り。

中央図: 参道本通りを上り詰めた所にある山門。この奥に本堂がある。

下図: そこを左に迂回して大神山神社に向かう石畳の参道。

5

< 5. Kin-Mon >

< 5. 金門 >

When we diverge to the right side from the approach to the shrine, we can see it.

This photo is a view of the downstream from Moto-Dani valley.

As winter comes, the snowcapped big rocks are very beautiful.

 

On the next time, I introduce Misasa hot-spring resort area and our inn.

ここには、先ほどの石畳の参道を途中で右に上ると出られます。

写真は元谷側から、下流側を写しています。

ここは冬になると、雪を被り、水墨画の風情になります。

次回は、三朝温泉街と旅館を紹介します。

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , | 6 Comments

Travel to Tottori prefecture 1: Grand Mt. Daisen


鳥取旅行 1: 大山の雄姿

1

*1

I went around a mountain, seashore and a hot spring of Tottori prefecture by car at May 21 and 22.

The main sightseeing spot is Mt. Daisen, Misasa-Onsen (hot spring), Sanbutsu-ji (temple), Tottori Port, Uradome Coast.

Today, I introduce grand Mt. Daisen.

 

私は5月21、22日に鳥取県の山と海岸、温泉を車で巡りました。

主な観光地は、大山、三朝温泉、三徳山三佛寺、鳥取港、浦富海岸です。

今日は、大山の雄姿を紹介します。

 2

< 2. map of Mt. Daisen, the upper side of this map is north side >

< 2. 大山の地図、上部が北方向 >

The alphabet of these photos shows the shooting location on this map.

写真のアルファベットはこの地図の撮影地点を示している。

 

About Mt. Daisen

Mt. Daisen is a volcanic mountain located in Tottori Prefecture, Japan.

This mountain has an elevation of 1,729 meters, and the highest in the Chūgoku region. 

The central part was blown off by an eruption that happened tens of thousands of years before, and an approximately 1 km of ridgeline of C type continues.

The width of the ridgeline is only 20-30 centimeters, and the left and right of the ridgeline are several hundred meters of steep cliff, and traversing is prohibited.

The foot of the mountain is about 35km in a north and south direction, and the snowcapped aspect from the west is compared to Mount Fuji.

This has been the subject of mountain worship from ancient times. 

Today, this area attracts widespread popularity as a national park, leisure on the plateaus, ski, and mountain climbing.

 

 

大山について

大山は中国地方の最高峰(1729m)で、独立峰の火山です。

数万年前の噴火で中央部が吹き飛び、C型の稜線が1km程続いている。

その稜線の巾は数十㎝しかなく、左右は数百mの絶壁で絶えず崩落しており、縦走は禁止されている。

山の裾野は南北35kmあり、雪を被った西側からの姿は富士山に例えられる。

ここは古くから山岳信仰、現在は国立公園として高原のレジャー、登山、スキーで親しまれている。

今から約40年前、私はここに登山やスキーに幾たびか来ました。

稜線を怖々歩いたことが懐かしい。

その後、家族を連れて、蒜山高原には幾たびもドライブで訪れました。

ここは懐かしく、好きな山です。

3

< 3. views from south side >

< 3. 南側からの雄姿 >

A: a view from Syouou S.A. of Chūgoku Expressway.

B: a view from Kimendai (viewing platform) of Daisen Parkway.

D: in the middle of Daisen Parkway.

A: 中国自動車道の勝央SAからの眺め。

B: 大山蒜山パークウェイの鬼女台(展望台)からの眺め。

D: 大山蒜山パークウェイより。

4

< 4. a view from Kagikake-Touge (viewing platform) >

< 4. 鍵掛峠(展望台)からの眺め >

5

< 5. a view from Moto-Dani in the north side of Mt. Daisen >

< 5. 大山北側の元谷から >

I rose to Moto-Dani by walking for about 30 minutes from Daisen-Ji.

元谷へは大山寺側から徒歩で30分ほど昇って行きます。

6

< 6. views from the north side and the west side >

< 6. 西側と北側からの眺め >

G: a view from Masumizu-Kougen. A view from this west side is called Hoki-Fuji.

H, I: in the middle of till Daisen I.C. of Daisen Parkway.

G: 桝水高原からの眺め。この西側からの眺めが伯耆富士と呼ばれます。

H、I: 大山寺から大山IC間の道路から振り返った眺め。

Afterword

As the altitude of the moving route became high, it became cool, and I could enjoy comfortable drive.

Blessed with splendid weather, the colors of fresh green and flowers were just gorgeous.

 

On the next time, I introduce other nature and scenery of Mt. Daisen. 

 

あとがき

標高が高くなるにつれ涼しくなり快適なドライブを楽しめました。

すばらしい快晴に恵まれ、新緑と花々が目に鮮やかでした。

次回は、他の大山の自然と風景を紹介します。

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: | 9 Comments

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市にメシアが現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也、を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!