Posts Tagged With: culture

Bring peace to the Middle East! 36: I beg a favor of you.


中東に平和を! 36: お願いがあります

 

1

*1

I ask a favor of many people around the world.
Please tell me your opinion about peace of the Middle East.

 

世界の皆さんにお願いがあります。
中東の平和について、ご意見を聞かせて下さい。

 
One thing I ask you to
I began this serialization ”Bring peace to the Middle East!” on this March, and a half year passed since it.
I knew how the present conditions and the history of the Middle East are miserable, but haven’t hopes for peace yet.

Under the circumstances, I think that the Middle East escapes from the quagmire is impossible.

An important matter I think now is “ problems of your side, or points that your side should make a compromise”.
Because the problems of your enemy is already known.
Furthermore, in history of conflict around the world, mutual understanding is indispensable to get peace without unilateral complete defeat.

Therefore I want to know how a Muslim and a Jew living in the Middle East have understood this problems.

 
お願いしたいこと
私はこの連載「中東に平和を!」を3月から始めて半年が過ぎました。
中東の現状と歴史が如何に悲惨であるかを知りましたが、未だに展望が開けません。

今のままでは、中東は泥沼化からの脱出が不可能だと思えます。
現在、私が重要だと感じているのは「自分の側にある問題点、歩み寄るべき点」です。
なぜなら、既に敵対側の問題点はよく知られいる。
さらに世界の紛争史において、一方の完敗以外で平和を得るには相互理解が不可欠です。

そこで、中東に暮らす人々、ムスリマやユダヤ人が問題点をどう見ているかを知りたい。

 

Please write your thought about the following questions about “conflict and peace of the Middle East”.
you answer any one of the questions.
It is also good to be written by person except the Middle East or to write about the topic except these questions.

Question A: What of your side (country, denomination, race, principles) is an obstacle to the peace?

Question B: What should your side improve to approach peace?

Question C: What of your side causes a quagmire of the conflict ?

Question D:  What do you want to the rest of the world except the Middle East?

 
「中東の紛争と平和」に関して以下の質問についてお考えを書いてください。
どれか一つで結構です。
中東以外の人の書き込み、質問以外の話題でも結構です。

質問A: あなたの側(国、宗派、民族、主義)の何が平和の障害になっているか?

質問B: あなたの側の何が改善されれば、平和に近づくのでしょうか?

質問C: あなたの側の何が紛争を泥沼化させているのか?

質問D: 中東以外の世界に望むことは何でしょうか?

 
About description
Less than 500 characters, please.
Please write your country, sex, and age if possible.

 
記入について
500文字以内にしてください。
出来れば、お住まいの国、男女の別、年齢を記入して下さい。

 

My blog
Japanese blog

私のブログ
日本語のブログ

「アクアコンパス 3」 http://blog.goo.ne.jp/aqacompass
「アクアコンパス2」  http://aqacompass.seesaa.net/
「学のブログ」     http://ameblo.jp/aqacompass
「アクアコンパス5」  http://blogs.yahoo.co.jp/aquacompass5
「アクアコンパス 8」 http://aquacompass.blog.fc2.com/

The blog written in Japanese and English.

英語を併記したブログ

“aquacompass 7” https://aquacompass7.wordpress.com/
“aquacompass 8” http://aquacompass8.blogspot.jp/
“ aquacompass-eng” http://aquacompass-eng.blogspot.jp/
“aquacompass9” http://yamadamanabu.livejournal.com/

Thanks in advance.

This serialization still continues.

 
よろしくお願いします。
この連載はまだ続けます。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , | 9 Comments

Bring peace to the Middle East! 33: chain of retaliation 3 : in Syria and Lebanon


中東に平和を! 33: 報復の連鎖 3 : シリアとレバノンで

 

1
*1
This time, I keep track of the chains of retaliations that happened in Syria and Lebanon.

 

今回は、シリアとレバノンで起こった報復の連鎖を追います。

 

2

< 2. Countries during the conflict, by Uppsala Conflict Data Program >
< 2.紛争中の国、 >

 

The green areas show countries during the conflict.
The line graph is a change of the number of conflicts. ( annotation 1)

 

緑色は紛争中の国を示す。
折れ線グラフは3種類の紛争件数の推移。(注釈1)

 

3s
< 3. The death toll from conflicts, By Uppsala Conflict Data Program >
< 3.紛争による死者数 >

 

The size of circles is proportionate to total death tolls since 1989.
The line graph is a change of annual death tolls of conflicts.

 

丸の大きさが、1989年以降の累計死者数の多さを表している。
折れ線グラフは紛争3種類による死者数の推移。

 

Preface
Conflicts are now taking place in the world everywhere.
Therefore, one third of the world’s population lives in the disputed area, annual number of war deaths is 50,000-100,000, and forcibly displaced people worldwide amounts to 60 million people.

 

It is difficult to find only complete assailant in many cases of conflict.
In conflicts, a small collision escalates into military struggles while a quarrel continues.

 

はじめに
現在、世界の至る所で紛争が起きている。
その結果、世界人口の1/3は紛争地域に住み、毎年の戦死者は5~10万人、住まいを追われた人は6000万人に上ります。

 

多くの紛争で完全な加害者だけを見つけることは困難です。
多くの紛争は、いがみ合いが続く中で、小さな衝突から武力闘争に拡大している。

 
In Syria
Current Syria is in a state of the civil war that “the Arab Spring” triggered in 2011, but hatred and discord had filled already.
President Assad (father of the current President) became irritated with a confrontation posture of “the Moslem Brotherhood” after 1970, performed many containment, and arrested one of the leader in 1976.
In 1979, when he died, the Islamic extremist attacked the Syrian military academy for a retaliation and killed 83 cadets. (Alawites, annotation 1).
In 1980, Syrian military forces raided a village and murdered more than 200 villagers.
In another district, they arrested 8,000 or more, and the commander shouted, “I keep killing 1,000 people per day until the Moslem Brotherhood disappears.”

 

The same year, the Moslem Brotherhood planned an assassination of Assad, but it failed.
The Syrian military forces shot to kill approximately 1,000 people of the Moslem Brotherhood in a cell as retaliation for it.
This time, high government official in favor of
Assad was assassinated .
In 1982, the Syrian military forces killed 10,000-40,000 citizens in a main city of the Moslem Brotherhood. (Hama massacre)
The Moslem Brotherhood exploded a bomb in the capital against this holocaust, sacrificed 200 people, and started on terrorism that attacks citizen.

 

The Syrian government killed leaders of Muslim, citizen and labor union.
In 1982, the younger brother of President Assad who commanded many erasure boasted that he had been killing approximately 40,000 people.

 

The main point
While each massacre was repeated, it expanded, but this is a typical pattern of the world disputes.
To prevent a catastrophe, this initial stage of conflict is very important.

 
シリアで
現在のシリアは「アラブの春」が引き金になった2011年以降の内戦状態ですが、その前に憎悪と不和が沸騰していました。

 

アサド大統領(現大統領の父)は1970年以降、「ムスリム同胞団」の対決姿勢に業を煮やし、数々の封じ込めを行っていたが、1976年、指導者の一人を捕らえた。
彼が死亡すると、1979年、イスラム過激派は報復としてシリア軍士官学校を襲い、士官候補生83人(アラウィー派、注釈2)を殺害した。
1980年、シリア軍は村を急襲し、200人以上の村民を殺した。
また別の地区では8000人以上を逮捕し、司令官は「同胞団がいなくなるまで、一日1000人を殺す」と叫んだ。

 

同年、同胞団はアサドの暗殺を謀るが失敗する。
シリア軍は、この報復として監房内で同胞団の囚人約1000名を射殺した。
今度は、アサドに近い政府高官が暗殺された。
1982年、シリア軍は同胞団の拠点都市で1~4万人の市民を殺害した(ハマー虐殺)。
同胞団は、この大虐殺に対抗して首都で爆弾を炸裂させ200人を犠牲にし、市民へのテロ攻撃を始めた。

 

シリア政府は、ムスリムの指導者、市民や労働組合の指導者を殺した。
1982年、数々の抹殺の指揮を執って来たアサド大統領の弟は約4万人を葬ったと豪語した。

 

要点
双方の殺戮は繰り返すうちに拡大していったが、これは世界の紛争の典型的なパターンです。
大惨事を防ぐには紛争の初期段階が重要です。

 

4

*4

 
In Lebanon
In Lebanon, three groups of Islam and four groups of Christianity had coexisted till that time.

 

However, when Palestinian and PLO (annotation 1) flowed into Lebanon from Jordan because Israeli military forces had driven them away, a violence case happened by sectarian struggle in 1970.

 

In 1976, Syrian military forces invaded Lebanon by a request of Lebanese government, and repressed PLO of Sunnites to protect Shiites.
In 1978, the Syrian military forces in Lebanon cannoned and violated an agreement with Israel, which was triggered by the provocation of a school of Christianity (Maronite Church).
Israel was hostile toward it, and Israeli military forces invaded Lebanon, but the collision of these two countries was avoided by the good offices of the United States.

 

In 1982, a radicals attempted to assassinate an Israeli ambassador to Great Britain. (annotation 2)
Taking this opportunity, Israeli military forces again invaded Lebanon as retaliation for PLO.
This was a plan Israel had warmed up for a long time.
Thus, only for ten weeks, Lebanon was destroyed thoroughly, and 20,000 people of Lebanese and Palestinian were murdered.
The war was stopped by the good offices of the United States, and PLO left from Lebanon.

 

After that time, a radical young man in favor of Syria assassinated a Lebanese President in favor of Israel with bomb.
And, militiamen of the Maronite Church slaughtered nearly 3000 people of Palestinian refugees camping in Lebanon under the supervision of Israeli military forces. (Sabra and Shatila massacre in 1982)

 

The main point
Finally, Lebanese Civil War became mired in involving neighboring countries due to the war between Israel and Palestine.

 
レバノンで
レバノンでは、キリスト教4派とイスラム教3派が共存していた。
しかし、1970年、イスラエル軍にヨルダンを追われたパレスチナ人とPLO(注釈4)がレバノンに流入したことにより、宗派対立による暴力事件が起きた。
1976年、レバノン政府の要請によりシリア軍がレバノンに侵攻し、シーア派を守る為にスンナ派のPLOを制圧した。
1978年、レバノンのシリア軍はキリスト教一派(マロン派)の挑発に乗り、イスラエルとの協定に違反する砲撃を加えた。
これに反発してイスラエル軍はレバノンに侵攻したが、米国の仲介で両国の衝突は避けられた。

 

1982年、過激派がイスラエル駐英大使の暗殺未遂事件を起こした。(注釈2)
これを機に、イスラエル軍はPLOへの報復を口実にレバノンに再び侵攻した。
これはイスラエルにとって以前から温めて来た作戦だった。
こうして10週間で、徹底的にレバノンは破壊され2万人近いレバノン人とパレスチナ人が殺された。
米国の仲介により戦闘は停止され、PLOはレバノンを去った。

 

その後、イスラエル寄りのレバノン大統領はシリア寄りの過激派青年に爆殺された。
またマロン派の民兵がイスラエル軍監視の下でレバノンのパレスチナ難民キャンプで3000人近くを虐殺した(1982年、サブラー・シャティーラ事件)。

 

要点
結局、イスラエルとパレスチナとの戦争が周辺国を巻き込んで、レバノンを内戦に引き込んだ。

 
Summary
A conflict only begins from a trifling collision accident, but after all it expands a war by mere revenge and breaking.
In the background of many cases of conflict of the Middle East, various sectarian conflicts and interstate confrontations cause serious harm to it.

 

This continues the next time.
まとめ
最初は、些細な衝突事件から始まるが、後は単なる復讐による潰し合いになる。
中東での衝突の背景に、宗派間と国家間の対立が大きく災いしている。

 
次回に続きます。

 

注釈1
紛争は「国家暴力=state-based violence」「非国家暴力=non-state violence」「一方的な暴力=one-sided violence」に分けられている。

注釈2
アサド大統領はシーア派の一派で、少数派のアラウィー派に属している。

注釈3
PLO=パレスチナ解放機構。
パレスチナ人とPLOはイスラム教スンナ派です。

注釈4
この犯行グループのリーダーはかってPLOに属していたがアラファト議長に除名されると、PLO要人の暗殺を行い、イラクやリビアの手先としてテロを行っていた。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 29: about terrorism 9 : Two combatants


中東、戦争と平和 29: テロについて 9: 二人の戦闘員

 

1

< 1. Kamikaze Special Attack Units >
< 1. 神風特別攻撃隊 >

 

Today, we approach the difference from the terrorism of the Middle East, through confessions of two combatants.

今日は、二人の戦闘員の告白を通じて、中東のテロとの差異に迫ります。

 

 

2

< 2. Kaiten Special Attack Units >
< 2. 回天特別攻撃隊 >

 

Farewell note of a suicide attacker
“Mother, please forgive me .
I think about the sadness of my family.
However, it must be an importance for me, but I can’t think seriously so.
Now, I am thinking of me as a child of this country more than as a child of mother, because I know that my small life even become a big key of the enemy destruction.
But surely I think to be able to die with having pride that I am a child of father and mother.
(annotation 1)

This is a farewell note of a dead youth at Kaiten Special Attack Units in the end stage of the Pacific War.
They had to enter the navy while he was still in college.
One day, they were said from a senior officer suddenly.
“The person who wants to enter the special attack units should apply by tomorrow morning”
In the result, 40 out of 400 people applied for it, and he was one of then.
Though, after all, the remaining youths also were assigned to the special attack units.
(annotation 2)

This note indicates this young man’s thought, “ As much as possible, I want to stop the crisis of our country destroyed by own life.”
I see a dignity (self-sacrifice) common to all humankind to the youth who applied for it.
This suicide attack was a brave act from Japanese side, but the U.S.A. (enemy country) viewed it as an insane action and seemed to be afraid of it.

This was a desperate measure that the Navy brass created on the occasion of an approaching defeat.
But there were many youths who responded it by own life.
This background had a factor of Japanese culture including Bushido, but the most important was the war situation being continuous for half a century such as creating many war heroes.

This is a thing to be connected with a Palestinian suicide bomber mentioned above, except at “killing private citizens” and ” blessing”.

 

 

ある自爆攻撃者の遺書

「母さんお許しください。
私は家の人々の嘆きを考える。
けれどもこれほど私に重大に思えるくせに、何でもないことはないのだ。
お母さんの子がひとたび戦争に出て、そしてそこに敵撃滅の大きな鍵を私の小さな命であがなえることを知った時、やっぱり、私だってお母さんの子としてよりも、祖国の子としての自分を顧みるようになるのです。
でも私は、きっと私がお父さんの子であり、お母さんの子供だったことを叫んで死んでゆけることと思います。」注釈1.

これは太平洋戦争末期、人間魚雷「回天」で死んだ若者の遺書です。
彼は大学在学中に学徒出陣で海軍に入ることになった。
彼らはある日、突然、上官から「特別攻撃隊に入隊したい者は明日朝までに志願すること」と言われた。
その結果、400人中40名が志願し、彼はその一人でした。
もっとも残りの若者も後日、強制的に特攻に配属された。
注釈2.

この遺書から若者の「亡国の危機を自らの命で少しでも食い止めたい」との思いが伝わってくる。
私は、志願した若者に人類共通の尊厳、自己犠牲を見る。

この自爆攻撃は日本から見れば勇敢な行為だが、米国(敵国)から見れば狂気の沙汰と恐れられただろう。
これは軍上層部が迫る敗戦で生み出した苦肉の策でしたが、自らの命でそれに応える若者が多くいたのです。
これには日本文化(武士道など)の素因もあるが、数々の軍神を生んだようにやはり半世紀にわたる戦争の常態化が引き起こしたと言える。

これは前述したパレスチナの自爆テロ犯の遺書と「民間人殺害」、「神への祈り」で異なるものの、通じるものがある。

 

3 首都グロスヌイ、2000年
<3. Terrible sight of the capital of Chechnya in 2000>
< 3. チェチェンの首都の惨状、2000年 >

 

Explanation of a bomb terrorist
Chechen Islamic militant caused a bomb terror in Russia, and the criminal was arrested.
He spoke like this to the authorities.
“I murdered tens of people, but, the Russia killed tens of thousands people of our citizens.”

He thinks his act is nothing more than insufficient retaliation.

 
ある爆破テロ犯の弁明
チェチェンのイスラム武装勢力がロシアで爆破テロを起こし、犯人が逮捕された。
彼は当局に対してこう述べた。

「私は数十人を殺したが、ロシアは我々市民を数万人殺したではないか。」

彼は、自分の行為を不十分な報復でしかないと捉えている。

 
Difference from the terrorism of Palestine
Thing being common to two examples mentioned above and the terrorism of Palestine is a response a small armaments does against huge armaments.

I pick up this example from the world.
Guerrilla is subtly different from the terrorism, but these are used in the similar situation.

パレスチナのテロとの相違
上記二つの例とパレスチナのテロで共通していることは、巨大な軍事力に対する弱小側の対応だと言うことです。

この例を世界から拾ってみます。
テロとゲリラは微妙に違うのですが、共によく似た状況で用いられています。

 

 

4
< 4. Spanish independence war by Goya >
< 4. ゴヤが描いたスペイン独立戦争 >

 

Guerrilla in wartime.
The Spanish guerrilla against Napoleon forces in Spanish independence war.
The Chinese guerrilla against Japanese military in the Japan-China War.
The Yugoslav Partisan against German military in the World War II.
The guerrilla of Viet Cong against the U. S. Armed Forces in the Vietnam War.
These were mainly fights local citizen performed against the invading army.

Terrorism during a conflict
The terrorism having aimed at abolition of Apartheid in South Africa.
The terrorism by the IRA having aimed at independence of Ireland in the U.K.
The terrorism aiming at independence of Palestine in Israel.
The terrorism by Islamic extremist advocating anti-western idea all over the world.
It is said that these aim at giving the authority fear mainly.

A difference of killing combatants is outstanding between these terrorism and these guerrillas, but it is only difference in situation.

In fact, there are many private citizens massacred by regular army in the war, such as Dresden bombing, Chongqing bombing, atom bomb on Hiroshima and Nagasaki, retaliation to guerrilla (Nanjing Incident and My Lai Massacre).

 
戦時下のゲリラ。
スペイン独立戦争でのナポレオン軍に対するスペインのゲリラ。
日中戦争での、日本軍に対する中国のゲリラ。
第二次世界大戦での独軍に対するユーゴスラビアのパルチザン。
ベトナム戦争での米軍に対するベトコンのゲリラ。
これらは主に現地の市民が侵略軍に対して行ったものです。

 

5

<5. Former IRA>
< 5. かつてのIRA >

 

紛争中のテロ。
南アフリカでのアパルトヘイト撤廃を目指したテロ。
英国でのアイルランド独立を目指したIRAのテロ。
イスラエルでのパレスチナ独立を目指すテロ。
世界中で反欧米を唱えるイスラム過激派によるテロ。
これらは主に権力側に恐怖を与えることを狙っていると言えます。

これらゲリラとテロでは戦闘員殺害の差が目立つが、状況の違いでしかない。
実は、戦争において正規軍が民間人を殺戮することは、ドレスデン爆撃、重慶爆撃、広島長崎の原爆投下、ゲリラへの報復(南京事件、ソンミ村事件)など数多くの大量殺戮があった。

 

Important thing
Terrorism is a crime that we should hate.

However, there were lots of villainy before then, such as discrimination, destruction and slaughter.
Originally, it should be brought to justice as war crimes together.
Unfortunately it is difficult to punish rulers, and it is usual that the information is deflected by these rulers.

The important thing is we don’t look away from the background that the terrorism occurs on.

Mutual understanding was indispensable for the end of bloody conflict that happened in the world.
When there was not it, there only was submission or erasure.

On the next time, I approach a relation of religion and terrorism.

 

 
重要なこと
テロは憎むべき犯罪です。
しかし、多くはそれまでに数多くの非道(差別、破壊、虐殺)があったのです。
本来は共に戦争犯罪として裁かれるべきものです。
残念なことに支配者を罰することは困難で、さらにその情報は支配者によって偏向させられるのが常です。

重要な事は、私達がテロが生まれる背景から目をそらさないことです。

世界で起きた血みどろの紛争の終結には、必ず相互理解が不可欠でした。
それが無い時は、忍従か抹殺しかありませんでした。

 
次回は、テロと宗教の関係を追います。

 

 
注釈1
本「特攻隊だった僕がいま若者に伝えたいこと」p40より。

注釈2
日本の特別攻撃の航空(神風)・海中(回天)・海上を合わせて約6000名が死んだ。
冥福をお祈りします。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, mind, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , , | Leave a comment

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 29: ローマ3、終わり


 

1

< 1.コンスタンティヌスの凱旋門、4世紀  >

 

 

今日は,この旅行記の最後になります。

ローマを紹介して、この旅行を簡単に振り返ります。

 

 

 

 

2

< 2.サンタンジェロ城、2世紀 >

 

 

 

 

 

 

3

< 3.テヴェレ川沿い >

上の写真: テヴェレ川の向かいにアヴェンティーノの丘が見える。

ここはローマの発祥の地となった七丘の一つで、5世紀に遡る教会がある。

 

中央の写真: このテヴェレ川の右岸がアヴェンティーノの丘。

下の写真: 「真実の口」の彫刻があるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会。

 

 

 

 

4

< 4. パラティーノの丘 >

上の写真: 手前の広場は紀元前の戦車競技場跡、チルコ・マッシモ。

その後ろはパラティーノの丘で、最も歴史が古く、ローマ建国神話に繋がる紀元前8世紀に遡る。

この丘の奥に古代ローマの遺跡で有名なフォロ・ロマーノがある。

 

下2枚の写真: 上記の拡大。

 

5

< 5.コロッセオ >

 

 

あまりにも有名な円形競技場コロッセオです。

左にコンスタンティヌスの凱旋門がある。

 

 

 

 

 

6

< 6. コロッセオとフォロ・ロマーノ >

 

コロッセオの向こうにフォロ・ロマーノが見える。

 

 

 

 

7

< 7. チビタベッキアに向けて 1 >

 

いよいよ帰国の途に着きます。

チビタベッキア港からジェノバに戻り、ミラノから空路で帰国です。

 

 

 

8

< 8.チビタベッキアに向けて 2 >

 

この日は折しも曇天で、旅行の終わりがよりわびしくなりました。

 

 

ローマに思う

イタリアは私にとって古代ローマから中世に至るヨーロッパ史を知るには重要な所と考えていました。

しかし、今回ミラノ、ジェノバ、ローマを観光して、その思いは萎えてしまいました。

特に、ローマの中心部の街並みを見るにつけ、すべてが古いままのたたずまいであることに不安を感じた。

 

これでは観光地としては良いが、発展への妨げになるのではないかと思えた。

 

 

私は人類の未来を知る為に、以前は先史から古代史を理解することが大事だと考えたが、今は直接的に中世以降の世界の紛争や戦争に関心があります。

その意味で、私にはローマが遠い存在になってしまったようです。

 

 

 

 

 

9

*9

 

この旅行を終えて

 

この15日間の旅行、内12日間のクルーズは、私達夫婦にとって貴重な経験でした。

出発前、初めてのことで色々不安はあったが添乗員のおかげで無事、かつ充分な満足感を持って終えることが出来た。

 

数々の思いでが蘇ります。

イタリア3都市、スペイン2都市、モロッコ1都市、大西洋の2島を観光した。

冬の地中海と大西洋を経験し、大航海時代の始まりを告げる2島を見た。

この島では、大自然を感じることが出来た。

アフリカのイスラム圏であるカサブランカを体験した。

二度目のスペインで、ガウデイとピカソに触れることが出来た。

クルーズ船内の生活をエンジョイし、クルーズならでは街歩きを楽しんだ。

様々な遺跡、景色、洋上の朝日夕日を写真に撮った。

そして、海外の人々と船内や町歩きで触れ合うことが出来た。

 

すべて貴重で楽しい思い出になりました。

 

 

 

 

 

 

10

*10

 

 

長らくこの旅行記にお付き合い頂きありがとうございました。

 

10月には、ロシア、バルト三国、ポーランドを巡る旅に行きますので、報告することを楽しみしています。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , , , , , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 28: about terrorism 8 : terrorists and a conscientious objector


中東、戦争と平和 28: テロについて 8: テロ犯と兵役拒否者

 

1

< 1. a suicide bombing in Israel >
< 1.イスラエルでの自爆テロ >

 

We get to the heart of 3 youths feeling desperate in Palestine and Israel.

今日は、パレスチナとイスラエルの3人の若者の必死の思いに迫ります。

 
Farewell note of a suicide bomber
A youth performed a suicide bombing in a route bus of Jerusalem and had written this note three days ago.


…….
I feel blessed in becoming a member of Hamas being a tolerant organization. (annotation 1)
……
First I am murdered in a bomb, and I feel blessed to be able to murder our enemy at the same time.
This is not because I want to murder but because I wish Palestinian live a life in common with other race.
…….
My father and mother, and all the relatives, I was not forced to go ahead this way.
…….
I pray to God for leading my family to heaven through me on the day of judgment.
…….
Please don’t feel sorrow at my departure, and don’t cry.
If God chooses it, we may meet soon in heaven. ”
(annotation 2)

He learned Islam in a graduate school and additionally aimed at lawyer.
However, he expected the Liberation of Palestine, and murdered 20 private citizens by this incident.

Why did he perform this cruel suicide bombing?

 
ある自爆犯の遺書
この遺書はエルサレムの路線バスで自爆テロを行った若者がその3日前に書いたものです。

「・・・・
ハマス(注釈1)という寛大な組織の一員にして下さり、・・・幸せに思います。
・・・・
まず私が爆弾に殺され、同時に敵を殺せることを幸せに思います。
私は殺人がしたいからではなく、パレスチナ人が他の民族と同じように生きることを望んでいるからです。
・・・
お母さま、お父さま、親戚のみなさん、私はこの道を進むことを強制されたわけではありません。
・・・
最後の審判の日、神が私を通じて家族を天国に導くことを、神に祈ります。
・・・
私の旅立ちを、悲しみ、泣かないで下さい。
神が望まれるならば、私達は近いうちに天国で会えるでしょう。」
(注釈2)

彼は大学院でイスラムを学び、さらに法律家を目指していた。
しかし、彼はパレスチナ解放を望み、この事件で民間人20人を殺した。

なぜ彼は残酷な自爆テロを行ったのだろうか?

 

 

2

< 2. Lebanese refugee camp in where battle continues. in July 2007 >
< 2. 戦闘が続くレバノンの難民キャンプ、2007年7月 >

 

Family of a terrorist
A Japanese photojournalist was making a book of photographs of a Palestinian girl.
He visited her family after four years.
Her house in a camp was destroyed by bombardment, and this family lived at a relative’s house in Beirut.


Her mother protested against right wing militiamen who had ruled the camp, so she was hit with a gun, and underwent major surgery.
Her father received a cannonball of Israeli military and was operated on.
Her eldest brother had worked in a factory in the camp but he was arrested by Israeli military.
He was tortured and ousted, then he went to Africa, and has suffered heavy disease.
Her second brother died during a battle in the camp.
The husband of her eldest sister was hit by bomb fragments of Israeli military, and he has suffered total paralysis.
Her uncle received a bullet of radicals to eyes, but narrowly escaped death.
Her younger brother was killed in bombardment. “
(annotation 3)

There was not her older sister (18 years old) here.
A small group of guerrillas that she led entered Israel, and she was caught by Israel after a battle.
She received torture in a prison, but seems to still live.

Many people may think so.
“I can understand her sorrow and hatred, but why does she fight?
Because, there is surely the retaliation of Israel that is much more severe and indiscriminate.”
Maybe these youths merely be hell-bent on revenge?

These two terrorists of Palestine would maybe think as mentioned below.
” At a crisis of destroying our country, we don’t care our own life.”

 

あるテロ犯の家族
日本のフォトジャーナリストがパレスチナの少女の写真集を作っていた。
彼は4年ぶりに彼女の家族を訪れた。
この家族は、キャンプの住まいを砲撃で破壊され、ベイルートの親戚の家に居候していた。
「母親はキャンプを支配した右派民兵に抗議して、銃で殴られ大手術をした。
父親はイスラエル軍の砲弾を受け手術した。
長男はキャンプの工場で働いていたが、イスラエル軍に逮捕され、拷問され、追放されてアフリカに渡り重い病気になった。
次男はキャンプでの交戦中に死亡した。
長女の夫は、イスラエル軍の爆弾の破片が当たり全身不随になった。
叔父は過激派の銃弾を目に受けたが、命を取り留めた。
弟は爆撃で死んだ。」
(注釈3)

そこに彼女の姉(18歳)の姿はなかった。
この姉が率いるゲリラの小グループがイスラエルに進軍し、交戦の末、彼女は捕まった。
彼女は収容所で拷問を受けたが、まだ生存しているらしい。
この収容所は、国際赤十字もアムネスティも立ち入ることが出来ない。

多くの人は思うだろう。
「彼女の悲しみと憎しみは理解出来るが、なぜ戦うのか?
イスラエルのはるかに過酷で無差別な報復が返って来るのに。」
この若者達は単に復讐の鬼と化したのだろうか?

このパレスチナの二人のテロ犯の胸中にあるのは「亡国の危機にあっては、自分の命を厭わない」ではないだろうか?

 

 

3
< 3. Israeli high school students refused to do military service in 2014 >
< 3.イスラエルの高校生が兵役拒否で投獄、2014年 >

 

a statement of a conscientious objector

“……
Our Israeli nation has extended a pure Jewish residential area by force since the founding of the country.
But I cannot understand how a security of the area becomes supported strongly.
I cannot understand how it is useful for our society to do attack being more cruel and large-scale than Palestinian terrorism, for suppressing the resistance of Palestine.
…..
The majority of Israeli people want to change such a situation.
…….
The Israeli military men and capitalists perform every thing to maintain their authority.
………
Our true enemies are these people.
Jew and Arab should confront them together.”
(annotation 4)

This is a statement that third-year high school students in Israel sent to the prime minister when they refused to do military service.
This youth seems to have understood a sentiment of the above-mentioned terrorist.

 
ある兵役拒否者の声明文

「・・・・
イスラエル国家が建国以来、力づくで造ることに固執している純粋なユダヤ人居住地域が、どのように我々の安全を強化するのか私は理解出来ません。
パレスチナのテロによる抵抗を抑圧するために、テロよりもさらに残酷で大規模な攻撃がどのようにして私の社会のためになるのか、私は理解出来ない。
・・・・
大多数のイスラエル国民が、このような事態を変えたいと望んでいます。
・・・
イスラエル軍人と資本家は権力を維持するためにあらゆることを行います。
・・・・
これらの人々が真の敵であり、・・・。彼らにこそ、アラブ人とユダヤ人は共に立ち向かうべきです。
・・・」
(注釈4)

これはイスラエルの高校3年生達が兵役拒否運動を行い、首相宛に出した声明文です。
この若者には前述のテロ犯の思いが通じているようです。

 

4
< 4. A boy throws a stone at an Israeli tank >
< 4.イスラエルの戦車に投石する少年 >

 

Afterword
From the times of the Ottoman Empire to the beginning of the 20th century, Christian, Jew, and Muslim had coexisted peacefully in same town Jerusalem of Palestine.
But this area was transformed into a horrific battlefield due to a large influx of Jewish settlers.

During the initial stage, the Palestinian side did not almost act terrorism to aim at unrelated private citizens and foreigners.
In addition, it was said that the suicide bombing acts counter to Islam, but it gradually came to be allowable for jihad driving out the invader.

After all, as war escalates, growing inequality of military power differentiated how to fight between both groups.
This continues the next time.

 
あとがき
オスマン帝国の時代から20世紀の始めまで、パレスチナではキリスト教徒、ユダヤ教徒、ムスリマは同じ町エルサレムで平和に共存していた。
それが修羅場と化したのは、ユダヤ人の大量入植後のことです。

初期には、パレスチナ側は無関係な民間人や外国人を狙うテロをほぼ行わなかった。
また自爆テロはイスラム教に反するとされていたが、徐々に侵略者を追い出す聖戦の為なら可とされるようになった。

結局、戦争がエスカレートするにつれ、軍事力の差が両集団の戦いの違いになった。

次回に続きます。

 

注釈1
「ハマス」(HAMAS)は,1987年12月,パレスチナ・ガザ地区で発生したインティファーダを契機に反イスラエル運動がパレスチナ全域に拡大した際,同地区の「ムスリム同胞団」の最高指導者シャイク・アフマド・ヤシン(2004年にイスラエルによる掃討で死亡)が,武装闘争によるイスラム国家樹立を目的として設立したスンニ派武装組織。

注釈2
引用要約、「正直な気持ちを話そう」p141より。

注釈3
引用要約、「パレスチナ」p96より。

注釈4
引用要約、「正直な気持ちを話そう」p95より。

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 28: ローマ 2


 1

< 1. トレビの泉 >

 

今日はローマの2回目で、トレビの泉とバチカンを紹介します。

 

 

2

< 2. 多くの彫刻 >

 

一番上左の写真: トリトーネの噴水。ベルニーニ作、17世紀。

一番上右の写真: 十字路の建物の角にあった彫刻。

下から2枚の写真: テーヴェレ河にかかるポンテ ・ ヴィットーリオ ・ エマヌエーレ 2世橋、1886年。

 

 

 

3

< 3. 様々な建物 >

一番上の写真: ヴェネツィア広場のヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂、1911年。

上から2番目の写真: テーヴェレ河に建つサン・ジョヴァンニ・バッティスタ・デイ・フィオレンティーニ教会。16世紀。

一番下の左: トラヤヌス市場の傍にある戦士の塔。初期建築は12世紀。

 

 

 

4

< 4. トレビの泉 >

 

古代ローマ時代の泉を改造して1762年完成。

中央に水を司るポセイドーンが立ち、左に豊饒の女神デーメーテール、右に健康の女神ヒュギエイアが配置されている。

 

多くの人だかりで、好位置で写真を撮るのは困難でした。

 

 

 

 

 

5

< 5. バチカン市国 >

上2枚の写真: カトリックの総本山サンピエトロ大聖堂。

下の写真: サンピエトロ大聖堂からサンピエトロ広場を見る。

 

 

 

 

 

6

< 6. いよいよ入場 >

上の写真: サンピエトロ広場のオベリスク。

下の写真: サンピエトロ大聖堂の正面から入場。

 

 

 

 

 

7

< 7. サンピエトロ大聖堂内1 >

 

 

 

8

< 8. 大聖堂内の美術品 >

上の写真: ミケランジェロのピエタ。1499年、高さ174cm、大理石。

下の写真: ラファエロの「キリストの変容」。1520年。

 

 

9

< 9. 大聖堂内部2 >

 

 

10

< 10. 大聖堂内部3 >

 

2本のビデオ映像、大聖堂内20秒、広場17秒です。

https://www.youtube.com/watch?v=UKeoEQzBKac

 

https://www.youtube.com/watch?v=lJlURVcxEuY

 

 

サン・ピエトロ大聖堂  

使徒ペテロの墓所上に建てられたギリシア十字プランを基本とし中央に壮大なドーム(直径42m)を架した盛期ルネサンス建築。

 

旧聖堂はローマ皇帝コンスタンティヌス1世によって324年に創建された。

1452年教皇ニコラウス5世が改修に着手し,その没後工事は中断したが,教皇ユリウス2世が16世紀初めに工事を再開した。

その後、私達が良く知る芸術家が関わった。

ラファエロが1515年―1520年、ミケランジェロが1547年―1564年(大ドームを設計)、等と監督を務め,イタリア・ルネサンス最大の建築事業となり、1626年に完成した。

 

聖堂の前のサン・ピエトロ広場を囲む半円形の円柱回廊は1657年―1667年にベルニーニが建造。

 

 

ただただ巨大さ、壮麗さ、著名な作家による美術品の多さ、それと観光客の多さに圧倒されました。

 

 

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 27: about terrorism 7 : Love and hate of Mossad


中東に平和を! 27: テロについて 7: モサドの恩讐

 

1

< 1. The bombing incident of a Hotel >
< 1. ホテル爆破事件 >

Why does the Israeli Mossad perform severe terrorism?
We can understand the weight of history and the sadness of the Middle East from the background.

イスラエルのモサドはなぜ苛烈なテロを行うのでしょうか?
その背景から、歴史の重みと中東の悲しみが伝わって来ます。

 

Two hawkish persons
The severe terrorism by Israel has two backgrounds, and it is divided between before and after the founding of Israel in 1948.

For example, a career of Dagan ( the director of Mossad) that I introduced the last time shows it.

He was born in Ukraine in 1945, but his families were almost killed by genocide of Jews ( pogrom and Holocaust) that swept across Soviet Union and Eastern Europe in those days.
He came over to Israel at last in 1950.

However, Middle East war that had already begun, so this area became a place of the battle with Palestine.
He as a soldier achieved distinction on anti-terrorism operation in Gaza Strip and Lebanon, and he as a guerrilla soldier was feared as “an emperor in the world of darkness”.

In this way, he was indispensable for Israel.

 

二人のタカ派
イスラエルの苛烈なテロには二つの背景があり、それは1948年のイスラエル建国以前と、それ以降に分かれます。

例えば、前回紹介したモサド長官ダガンの経歴にそれは現れています。

彼は、1945年にウクライナで生まれたが、彼の一族は当時、ソ連と東欧で吹き荒れていたユダヤ人虐殺でほとんど殺害された(ポグロムとホロコースト)。
彼はやっとの思いで1950年、イスラエルにやって来た。

しかし、既に始まっていた中東戦争により、そこはパレスチナとの攻防の地になっていた。
彼は軍人として、ガザ地区やレバノンにおいて対テロ作戦で功績を挙げ、ゲリラ戦士として「闇世界の帝王」として恐れられるようになった。

こうして彼はイスラエルに不可欠な人物になった。

 

2

< 2. Former prime minister of Israel Begin >
< 2. ベギン元首相 >

The Begin of a hawkish person (holding office 1977-1983) has a similar shadow.

He was born in Belarus ( at that time, a Poland territory) in 1913, but the family was murdered by Nazi.
He participated in Israeli terror organization Irgun in 1942 and became a leader afterwards.

This organization bombed a military headquarters (Jerusalem) of the U.K. that got the evidence of military struggle of Jewish Agency (annotation 1), and caused a catastrophe (annotation 2) in which 91 people were killed .
Because of this, the U.K. came to be cautious about the mediation for Palestine and left this area.

In 1977, he rallied small opposition parties and formed Likud Party, became the first prime minister of the right wing, and adopted a hard-line policy (territory expansion and respecting of Judaism) that formed subsequent Israel.
It shifted away from the reconciliation and coexistence with Palestine that Labor Party of previous ruling party advocated.

After the Fourth Middle East war, in 1979, he concluded a peace treaty with Egypt by a mediation of the U.S., and won Nobel Peace Prize

He showed his real ability as hawkish position afterwards.
In 1981, the Israeli air force bombed Iraqi nuclear sites suddenly, and he made a statement, “I never permit weapons of mass destruction development”.
The United Nations Security Council criticized it with one accord, but the Israeli people strongly supported it.

In the next year, the Israeli military invaded and attacked in Lebanon, and Lebanese Civil War intensified.
The Palestinian refugee slaughter (annotation 3) occurred by Lebanese militia that the Israeli military supported, and several thousand people were slaughtered in two days.
In the next year, he was criticized by people on the invasion and slaughter, and resigned.

 

 

タカ派のベギン元首相(在任1977-1983)にも同様の影があります。

彼は1913年にベラルーシ(当時ポーランド領)に生まれたが、家族はナチスに殺された。
1942年にイスラエルのテロ組織イルグンに参加し、その後リーダーとなった。

この組織はユダヤ機関(注釈1)の武力闘争の証拠を握ったイギリス軍司令部(エルサレム)を爆破し、死者91名の大惨事(注釈2)を引き起こした。
これにより、イギリスはパレスチナとの仲介に及び腰になり、この地から去ることになった。

1977年、彼は少数野党を糾合しリクード党を結成し、右派で初めての首相となり、その後のイスラエルの強硬路線(領土拡大、ユダヤ教尊重)を敷いた。
それまでの与党労働党が唱えるパレスチナとの融和・共存からの方向転換であった。

第4次中東戦争後の1979年、彼は米国の仲介でエジプトと平和条約を締結し、ノーベル平和賞を受賞した。

その後、彼はタカ派の本領を発揮して行く。
1981年、イスラエル空軍は突然イラクの核施設を爆撃し、彼は「大量破壊兵器開発を許さない」との声明を出した。
国連安保理はこれを満場一致で非難したが、イスラエル国民はこれを大いに支持した。

次の年、イスラエル軍がレバノンに侵攻し、レバノン内戦は激化した。
この時、イスラル軍が加担したレバノン民兵によるパレスチナ難民虐殺(注釈3)が起き、2日間で数千人が虐殺された。
翌年、彼はこの侵攻と虐殺で国民の批判さらされ辞任した。

 

3
< 3. Palestinian refugee slaughter (annotation 3) >
< 3. パレスチナ難民虐殺事件(注釈3)>

 

What happened in the Middle East?
In early phase of the founding of Israel, the people supported an reconciliation with Palestine (the Labor Party), but became supporting the hawkish position (the Likud Party) before long.
It was associated with a tragedy which happened in the Middle East.

As an example, I introduce a rescue operation of the Mossad.
In a night of 1971, an Israeli naval missile boat went on sea of Syria through the Mediterranean Sea raged by bad weather, and anchored off a shore.
Three Mossad agents transferred from the missile boat to a rubber boat, then swam till the beach, changed clothes, and left for Damascus.

They put some Jewish young women and boys in a light truck attaching a canvas top, and left for same beach taking advantage of darkness of the night.
When they arrived it, sent a signal by a flashlight, then a rubber boat came to pick them up, and everybody was able to flee into Israel safely.

The rescue operation of a Jew from Syria was performed approximately 20 times in 3 years from 1970, and approximately 120 people became the Israeli person.

If the agents were caught locally, a torture and ghastly death waited for them.
It was performed in the strict confidence because it might endanger the family that stayed in Syria if their escape was known.

 
中東で何が起きたのか
イスラル建国の初期、国民はパレスチナとの融和派(労働党)を支持していたが、やがてタカ派(リクード党)を支持するようになっていった。
それは中東で進行していた悲劇と関わっていました。

一例として、モサドによる救出作戦を紹介します。
1971年、イスラエル海軍のミサイル艇が悪天候で荒れ狂う夜の地中海をシリアの海岸に向かい、沖で停泊した。
そして、三人のモサド工作員が、船からゴムボートに乗り移り、次いで泳ぎ、浜辺で服を着替えてダマスカスに向かった。

そこで幌をかけた小型トラックに幾人かのユダヤ人の若い女性と少年を乗せ、夜陰に乗じて海岸と向かった。
そこに着くと、懐中電灯で合図を送り、ゴムボートが迎えに来て、皆イスラエルに無事逃れることが出来た。

このシリアからユダヤ人を救出する作戦は1970年から3年あまりの間に約20回行われ、120名ほどがイスラエルの人となった。

工作員は、現地で捕まれば拷問と凄惨な死が待ち受けていた。
また逃亡したことが知れると、シリアに残った家族に被害が及ぶので極秘裏に行われた。

 

4

< 4.  Former prime minister Meir ordered the rescue operation >
< 4. この救出作戦を命じたメイア首相 >

 

5
< 5. Jewish refuge from the Arab countries >
< 5.アラブ諸国からのユダヤ難民 >

 

What made Israel more extreme?
From the old days, Jew took a role in foreign trade etc. in the Arab world, and had lived a life peacefully.
However, after the founding of Israel, the persecution against a Jew was strengthened in the neighboring Arabic countries, and the Jews who ran away to Israel appeared one after another.

These people (Mizrahim) were treated in a low rank in comparison with people ( Ashkenazim) that emigrated from Europe, and had gotten disgusted with the Israeli government.
The Begin, prime minister of Israel, severely criticized the ruling party on a mistake of the Middle East war, gained the Mizrahim to his side, and could take the political power.

Thus, Hatred and discrimination produce further hatred and discrimination, and the chasm between the both is deepened more and more.

This continues the next time.

 
何がイスラエルをより過激にしたのか
昔から、ユダヤ人はアラブで対外貿易を担うなどして平和に暮らしていた。
しかしイスラエル建国以降、周辺のアラブ諸国ではユダヤ人への迫害が強まり、イスラエルに逃げ出すユダヤ人が続出した。

この人々(ミズラヒム)は、ヨーロッパから移住して来た人々(アシュケナジムなど)に比べ下位に扱われており、イスラエル政府に反発を感じていた。
ベギン元首相は、与党の中東戦争の失策を痛烈に批判し、このミズラヒムを味方に着け、政権を奪うことが出来た。
こうして憎しみと差別が更なる憎しみと差別を生み、亀裂は深くなるばかりです。
次回に続きます。

 

 
注釈1 : 1929年に創設されたエルサレムに本部をもつユダヤ人の国際的機関。パレスチナにユダヤ人の本拠を設けるというシオニストの計画の対外機関として,資金集め,パレスチナへのユダヤ移民の監督,イギリスとの交渉にあたり,国際連盟ではユダヤ人の利害を代弁した。

注釈2 : 1946年、キング・デイヴィッド・ホテル爆破事件。

注釈3 : サブラー・シャティーラ事件。

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | Leave a comment

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 26: マラガ 2


1

< 1.ピカソの像 >

 

 

今日は、マラガの後半、ピカソに関連するものを主に紹介します。

 

 

 

2

< 2. カテドラルからメルセー広場に向かう >

 

上の写真: カテドラルの北側。

中央の写真: 賑やかな通り。

下の写真: 通りのベランダ。

 

 

 

 

 

3

< 3. サンティアゴ教会 >

上の写真: 教会の正面。

マラガがキリスト教徒に奪還された3年後の1490年に建設された。

ピカソが洗礼を受けた教会らしい。

入場しなかった。

 

下の写真: 教会の尖塔。

尖塔の側面の模様にはイスラム文化(ムデハル様式)の影響が色濃く残っている。

 

 

 

 

 

 

4

< 4. メルセー広場とピカソの生家 >

上の写真: 通りからメルセー広場が見えた。

中央の写真: メルセー広場。

この広場の奥の方にピカソの像(No.1の写真)と生家がある。

ピカソはこの広場で10才まで遊んだ。

 

下の写真: 正面の建物の左側1階に、生家への入り口がある。

入場しなかった。

 

 

 

5

< 5. ピカソ美術館 >

 

美術館のホームページ。

http://www.museopicassomalaga.org/en/history-mpm

 

上の写真: 16世紀の宮殿を改造した美術館。

塔の左側に入り口がある。

ピカソの親族からの寄贈された200点ほどの作品が収められている。

 

下の写真: 美術館内。

 

 

6

< 6. ピカソの美術館作品 1 >

ピカソの作品を古い方から並べました。

 

No.1: OLGA KHOKHLOVA IN A MANTILLA、1917年作。

No.2: MATHER AND CHILD、1921年作。

No.3: WOMAN WITH RAISED ARMS、1936年作。

 

ピカソについて

ピカソは1881年にマラガで生まれ、11歳にはここを出てスペイン内の二か所の美術学校で学んだ。

21歳で、パリに居を構え制作に専念し、その後もフランスで活動し、1973年に死去した。

 

 

彼はキュビスム(No.3、4のような作品)の創始者の一人ですが、彼の作風はめまぐるしく変化した。

その変化の陰に、数多くの女性がいた。

ピカソはその出会いから多くのインスピレーションを受けたが、悲劇的な結末をむかえた女性もいた。

美術館の解説で、多くの妻や子供のエピソードが絵に込められているのが面白かった。

 

 

 

 

7

< 7. ピカソの美術館作品 2 >

 

No.4: JACQUELINE SEATED、1954年作。

No.5: BATHER PLAYING、1958年作。

No.6: BATHER、1971年作。

 

 

8

< 8.アルカサバ >

 

上の写真: パセオ・デル・パルケ通りから見た。

中央の写真: 西側から見た。

下の写真: 埠頭から見た。

 

この城塞は古代ローマの要塞跡に、11世紀中期にイスラム教徒によって建設された。

残念ながら入場していないが、写真で見る限りグラナダのアルハンブラ宮殿と似た造りです。

 

やはり、この地にはイスラム文化が色濃く残っていたに違いないと思った。

 

 

 

 

9

< 9. 市役所の前で >

 

街歩きを終えて戻っている時、マラガ市役所の前で、報道陣に囲まれた一団がいた。

彼らは、テロ犠牲者の家族だそうです。

 

治安が良いこの地でテロがあったことに驚いた。

 

 

10

 

< 10. マラガとお別れ >

 

これでマラガの紹介は終わります。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 24: about terrorism 4 : the background 2


中東に平和を! 24: テロについて 4: その背景 2

1

< 1. al Qaeda >
< 1. アルカイダ >

We again look at the Middle East situation, and the background for intensification of the armed struggle in the Middle East.

前回に続いて、中東情勢と武装闘争激化の背景を見ていきます。

 

 

2

< 2. the Arab Spring in Egypt >
< 2. エジプト、アラブの春 >

A conflict between laicism and Islamic Renaissance
Nasser criminalized groups like the Moslem Brotherhood (belong to Sunni, since 1928) because conventional party politics caused confusion, and started a one-party dictatorship.
This will produce the serious conflict with Islamic groups in the future.

In 1958, Syria founded United Arab Republic (till 1961) together with Egypt to depend on Nasser’s reputation.
The Syrian Moslem Brotherhood also aiming at Islamic Renaissance had opposed Baath party (was active in Syria and Iraq) that advocated modernization, socialism, and pan-Arab-ism.
In 1970, the Moslem Brotherhood moreover resisted it after the military coup occurred by General Assad (father of current President).
The Assad was a secularist and represented Islam Alawites (Shiah) of the minority.
Because Assad repeated severe oppression for the Moslem Brotherhood, the resistance of it declined before long, but a part of it radicalized in Egypt and Syria, and this assassinated Sadat.

In 1979, Iran founded the Islamic Republic from a regal government by rejecting the longtime intervention by Europe and America.
This encouraged Arab of the same Muslim to aim at the Islam Renaissance.
世俗主義とイスラム復興運動の対立
ナセルは従来の政党政治が混乱を招いたとしてムスリム同胞団(スンニ派、1928年~)等の団体を非合法化し、一党独裁に舵を切った。
このことが後々、イスラム教団との深刻な対立を生むことになった。

1958年、シリアはナセルの名声を頼ってエジプトとアラブ連合共和国(~1961年)を作ったことがあった。
シリアのムスリム同胞団もイスラム復興運動を目指し、近代化と社会主義、汎アラブ主義を掲げるバ-ス党(シリアとイラクで活動)と対立していた。
ムスリム同胞団は1970年のアサド将軍(現大統領の父)による軍事クーデター以降、これに抵抗した。
アサドは世俗主義者でかつ少数派のイスラム教アラウィー派(シーア派)を代表していた。
アサドはこの同胞団に対して苛酷な弾圧を繰り返したので、やがて同胞団の抵抗は衰微したが、エジプトとシリアで一部が過激化し、これがサダトを暗殺した。

イランは1979年に、長年の欧米による介入を退けて、王政からイスラム共和国を建設した。
これは同じイスラム教徒のアラブ人に、イスラム復興運動を勇気づけることになった。

 

 

3

< 3. principal roles (?) in the Middle East >
< 3. 中東の主役?たち >

From the top, Assad of Syria, Maliki of Iraq, Abdullah of Saudi Arabia.

上から、シリアのアサド、イラクのマリキ、サウジのアブドゥッラー。
In addition
Triggered by the Gulf War inf 1991 after Soviet Union withdrawal, Al-Qaeda (Osama bin Laden) that had fought for Muslim in Afghanistan turned for anti-Americanism.
After 2003, they made the terrorism radical as anti-Western and anti-laicism in Iraq that came to be confused and impoverishment by the previous economic blockade and the Iraqi War (2003-2011 years).

In the 2010s, the Iraqi autonomous government executed mass layoffs of Sunni (soldier etc.) that held a majority until then.
In addition, the Syrian Assad Administration (Shiah) oppressed Sunni of the majority when a demonstration occurred in the Arab Spring (2011).
Thus, the extremists of the Sunni were connected with Iraqi one and Syrian one.
Then, Islamic nation (ISIL) parted from al Qaeda (Sunni), and extended their influence as if to fill the niche between other extremists and government troop.

It was the United States to have enhanced the military strength of al Qaeda and Iraq.
And it were the U.S. and the U.K. to have begun the Gulf War hastily and the Iraqi War by making up the reason.

It occurred in the Middle East that a fall of Egypt being representative of laicism, a hard battle of the Arabic countries and Palestine, on the other hand, the military intervention by the western, and the Israeli prosperity by the help of the western, too.
So, Arab came to aim at the Islamic Renaissance in the opposite direction from the past.
Then, one part of them radicalized like “a cornered mouse will bite the cat”.
さらに加えて
アフガニスタンでムスリムの為に戦っていたアルカイダ(オサマ・ビンラーディン)はソ連軍撤退後、1991年の湾岸戦争を切っ掛けに反米に転じた。
2003年以降、彼らはそれまでの経済封鎖とイラク戦争(2003-2011年)で疲弊、混乱したイラクで反欧米、反世俗主義でテロを先鋭化させていった。

2010年代になると、イラク自治政府はそれまでの大勢であったスンニ派(軍人など)を大量解雇した。
またシリアのアサド政権(シーア派の一派)はアラブの春 (2011年)でデモが発生すると、多数派のスンニ派を弾圧した。
こうしてスンニ派の過激派はイラクとシリアで繋がることになった。
この中で、イスラム国(ISIL)がアルカイダ系(スンニ派)から分かれ、武装勢力や政府軍の抗争の間隙をぬって拡大していった。

このアルカイダやイラクを軍事強化したのは米国であり、湾岸戦争を性急に、またイラク戦争をでっち上げて始めたのも米国と英国でした。

こうして世俗主義の代表エジプトの凋落、アラブ諸国とパレスチナの苦戦、一方欧米の軍事介入と欧米援助によるイスラエルの隆盛は、アラブに真逆の選択、イスラム復興運動に向かわせた。
その中で「窮鼠猫を噛む」如く一部が過激化した。

 

4

< 4. in a mosque >
< 4. モスクにて >

Further background
I answer following questions and will clear up the main point.

A: “Why is there a lot of military autocracy in Arab countries in the Middle East ?”

This area continues to suffer from heavy damages by the rule (colony) of different ethnic groups for over several centuries, such as late industrialization, low literacy rate, and landlord system.
In addition, many borders that ignored inhabitants were demarcated by some colonial powers in the early 20th century, and most of royal house given by them national territory were only puppets.
Under such circumstances, it was fate to lead to military autocracy from the royal house that lost the trust.

B: “ Why do Islamic groups fiercely conflict with secularist rulers? ”

There is some problems of the Islam as for it, but, in the Middle East, I think it is to due to the fact that the persons that ever contributed to the independence were leaders of Muslim than a simple martialist.

C: “Why can’t the Arab countries work cooperatively for Palestinian independence ? ”

This answer is the same as question A, but an oil generation negatively affect more.

Most of oil-producing countries (Saudi Arabia, Persian Gulf countries) continue an outdated autocracy system by the royal house.
Furthermore, Europe and America supports it, so the Arabic democratization and solidarity in the Middle East fade away by supporting these non-democratic governments.
This situation leads to the oppression against the Arab Spring and to supporting extremists, and the news aren’t leaked outside, too.

Probably, the biggest factor of the intensified struggle is that people cannot trust the domestic government and the Western, and just have to strongly connect together in only local Islamic community.

This continues the next time.
さらなる背景
要点を次の疑問から読み解きます。

疑問A 「なぜ中東アラブには軍事独裁が多いのか」

中東アラブは数世紀も続いた異民族による支配(植民地)の後遺症で、遅れた産業化、低識字率、大地主制などにより、安定した民主的な基盤が育っていなかった。
それに加え、20世紀前半の宗主国による住民を無視した国境の線引きと、あてがわれた王家は傀儡に過ぎなかった。
これでは、信頼を無くした王家から軍事独裁に至るのは宿命でした。

疑問B 「なぜ世俗主義者の支配者とイスラム教団は熾烈な抗争をしてしまうのか」

イスラム世界の問題もあるでしょうが、中東アラブではかつて独立に貢献した人々は、単なる軍人よりもムスリマの指導者だったことが影響している。

疑問C 「なぜアラブ諸国は、パレスチナ独立の為にまとまって行動出来ないのか」

これは疑問Aと同じですが、さらに石油が災いしている。
産油国(サウジ、湾岸諸国)では王家による時代遅れの独裁体制が続いている。
さらに欧米がこれを支援し、非民主的な政体を擁護することで、中東アラブの民主化と団結は遠のいている。
これはアラブの春の弾圧や過激派支援に繋がり、またその事実は外部に漏れることがない。

おそらく闘争激化の最大要因は、人々が政府や欧米を信頼出来ず、地域のイスラム教団でのみ強く繋がるしかないからでしょう。
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 25: マラガ 1


 

1

< 1.カテドラルの尖塔 >

 

今日から、スペインの太陽の海岸(コスタ・デル・ソル)に位置するマラガを紹介します。

 

 

 

2map

< 2.マラガの地図 >

地図の上が北です。

上の地図: 赤い点がマラガです。

下の地図: 黄色い線が徒歩観光したルート。

Sから徒歩観光を始め、No.2、3、4を巡り、またSに戻った。

 

 

 

 

3

< 3. 早朝のマラガ港 >

 

日の出前に、船は着岸していた。

ここは人口57万人をようするスペイン第6位の都市で、大きな港がある。

 

 

 

 

 

 

4

< 4. マラガの海岸通り >

 

下の写真: マラガ市役所。

海岸に沿って伸びるパセオ・デル・パルケ通り。

 

 

 

 

 

5

< 5. パセオ・デル・パルケ通りからアラメダ・プリンシパル通りへ >

海岸に沿って伸びるパセオ・デル・パルケ通りの歩道にはヤシの木が茂り、朝から日差しが眩しかった。

 

上の写真: マラガ大学。

下の写真: ここを進むとアラメダ・プリンシパル通りに入るが、ここで右に曲がり、マルケス・デ・ラリオス通りに入る。

 

 

 

6

< 6. マルケス・デ・ラリオス通り 1 >

 

ここは大きなショッピング街です。

 

 

 

 

7

< 7. マルケス・デ・ラリオス通り 2 >

ここは市民や観光客で賑わう通りでした。

 

 

 

 

 

8

< 8. 面白いもの >

 

この人形はマルケス・デ・ラリオス通りからカテドラルに向かう道の上部にあった。

 

 

 

 

9

< 9.カテドラル 1 >

 

 

 

 

10

< 10. カテドラル 2 >

 

16世紀に建設が始まったが、資金不足のため右の塔が未完成のまま18世紀中頃に工事が終了した。

 

 

マラガに想うこと

マラガはピカソ生誕の地で、ガウディ生誕の地と同様に地中海に面している。

鮮やかな色使いと時代を革新する大胆な芸風を生む共通の何かが、スペインのこの地域にはあるのだろうか。

マラガは東にグラナダ、北にコルドバに近く、キリスト教徒がイスラム教徒をイベリア半島から追い出すわずか5年まで、イスラムの地でした。

 

今はイスラム文化を遺すものが見当たらないが、貿易で栄えるこの港町は、7百年間のイスラム文化とキリスト教文化が融合し、刺激しあったのだろう。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 11:  Visiting Tango Peninsula 3


但馬海岸から丹後半島を巡って 11: 丹後半島を巡る 3

 

1
< 1. Ine bay >
< 1.伊根湾  >

 

I introduce scenes from Ine bay in Tango Peninsula to Amanohashidate today.
This is the end of my itineraries of when I traveled from May 12 to 14, 2016.

 

今日は、丹後半島の伊根湾から天橋立を紹介します。
これで2016年5月12~14日の旅行記を終わります。

 

2

< 2.  Maps show we visited places, its top is the north  >
< 2.旅行したルート、上が北  >
Upper map: A red line shows areas that I already introduced, and a yellow line shows areas that I introduces from this time.
Lower map: a yellow line shows areas that I introduces from this time.
Two red arrows show famous sightseeing areas, Ine bay and Amanohashidate.
上の地図: 赤線がこれまで紹介した所で、黄線が今回紹介する所。
下の地図: 今回、ドライブした所。
赤の矢印が有名な観光地、伊根湾と天橋立です。

 

3
< 3. Ine bay  >
< 3. 伊根湾 >
Upper photo: this is a satellite photo that is a expansion of Ine bey.
The map’s top is the north.
A yellow circle is an observation deck in “Funaya” (boat houses) of Ine bay.
No. 1 and 2 are the shooting locations from the port.
A red arrow shows the direction that I took the lower photo from.

Lower photo:  I watch Ine bay from the south side.

 
上の写真: 衛星写真を拡大。上が北です。
黄丸が伊根湾舟屋群展望台、番号1と2が港からの撮影地点です。
矢印は下の写真を撮影した方向を示します。

下の写真: 伊根湾を南側から見ている。

 

4

<  4. Scenery of When I was crossing a mountain >
< 4.山越えの景色 >

 

This time, the road along the shore from Kyougasaki cape was closed suddenly, so we crossed the mountain and went to Ine bay.

Upper photo: we can see the sea of Tango-matushima distantly.
Lower photo: a stock farm on the way.
There were persons who enjoyed collecting edible wild plants of spring.

 
今回、経ケ岬からの海岸沿いの道が通行止めで、山越えで伊根湾に向かった。

上の写真: 遠くに丹後松島の海が見える。
下の写真: 途中の牧場。
春の山菜採りを楽しむ人々がいた。

 

5
< 5. I am overlooking Ine bay from the observation deck >
< 5.展望台から伊根湾を見下ろす >
These photos are arranged from the top in order of taking the photos from the left side to right side.

The reason why this Ine fishing port is a natural good port is that three elements overlapped.
There is a large volume of fish caught in Wakasa bay.
Then, the bay is oriented to the south that doesn’t suffer from winter angry waves while it faces the Sea of Japan.
Furthermore, the wind has little influence on the big bay because there is an island in the center of the entrance of the bay.

 

上から順番に左側から右側を見ている。

この伊根港が天然の良港なのは三つの要素が重なったからです。
一つは魚影が濃い若狭湾にあること。
次いで、日本海にありながら冬の荒波を受けない南向きにあること。
さらに、湾の入口中央に島があり、風の影響が少ないこと。

 

6
< 6. expansion of boat houses  >
< 6.舟屋群の拡大 >

 

 

7
< 7. Views from No.1 of the map  >
< 7.地図番号1からの眺め >

 

8

<  8. Views from No.2 of the map >
< 8.地図番号2からの眺め >

 
Lower photo: “Funaya” (boat houses).

The first floor is garage-like space at sea level for mooring a boat and families live on the floor above.
It is because the wind has little influence on the Ine bay

 

下の地図: 舟屋の拡大。

舟屋は、1階が船の格納庫で2階が居室になっています。
船を海から直接にこの格納庫に入れることが出来ます。
これも波の影響が少ない伊根湾ならではです。

 

9
<  9.  sceneries between Ine bay and Amanohashidate >
< 9. 伊根湾を出て天橋立まで >

Upper photo: I see the back (the south side) of Wakasa Bay.
Central photo: I see a peninsula at the back of Miyazu bay.
Lower photo: a green thin belt that is extending over the sea is rows of approximately 8,000 pine trees of Amanohashidate.

Thank you for affection you have read this article for a long time.

 

上の写真: 若狭湾の奥(南側)を望む。
中央の写真: 宮津湾の向こうに岬が見える。
下の写真: 緑の細く続く帯が天橋立の約8000本の松並木です。

長らくお読みいただきありがとうございました。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 10:  Visiting Tango Peninsula 2


但馬海岸から丹後半島を巡って 10: 丹後半島を巡る 2

 

1
< 1. Lighthouse of Kyougasaki cape >
< 1. 経ケ岬の灯台 >

I introduce scenes from Tango-matushima to Kyouga-cape.

今日は、丹後松島から経ケ岬までを紹介します。

 

 

 

2
< 2.  map of places we visited >
< 2.今回の訪問地MAP >
Upper photo: this shows the range that we visited this time.
The map’s top is the north.
We started from the left side ( west side).

Lower photo: this shows the range I introduce with my photos.
The map’s top is the south.

No.1= Inugasaki park. No.2= a cape. No.3=Kyougasaki cape.

上の地図: 今回走った範囲です。上が北です。
左側(西側)からスタートしました。

下の地図: 写真で紹介する範囲です。上が南です。
番号1=犬ケ岬園地。番号2=岬。番号3=経ケ岬。

 

 

3

< 3. Views of Tango-matushima from Inugasaki park >
< 3. 犬ケ岬園地から丹後松島を望む >
A cape thrusting into distant sea is Kyougasaki cape that is the northern end of Kyoto prefecture.
As we rotate around that cape, we go along Wakasa Bay.


It is the video of 19 seconds that I shot here.

遠くに突き出している岬が京都の最北端になる経ケ岬です。
あそこ回ると若狭湾に沿って進むことになります。

この場所から撮影した19秒のビデオです。

 

4
< 4. the cape 1 >
< 4. 岬から 1 >
When we are driving a car, I found a favorite cape.
This cape was shown No.2 of the map.

車で走っていて、気に入った小さな岬を見つけました。
この岬は地図番号2です。

 

5
<  5. the cape 2 >
< 5.岬から 2 >
I was surprised that people have made many fields on top of the narrow cape, and moreover have built their graveyard on the tip.
It was just time of the rice planting.
Their village stretches long and thinly on the mountain-side slope across the road.

私が驚いたのは、海に突き出した細い岬の上に田畑を作り、その突端に墓地を設けていたことです。
ちょうど田植えの時期でした。
村は道路を挟んで山側斜面に細長く広がっていました。

 

6
< 6. the cape 2  >
< 6.岬から 3 >

It is a view of the west side from the cape.
Inugasaki cape is seen distantly.
A small fishing port is seen on the way.

岬の突端から西側を望む。
犬ケ岬が遠くに見える。
途中に中浜漁港が見える。

 

7
< 7. Views from the observation deck on the Kyougasaki cape >
< 7. 経ケ岬の展望台から >
I overlook the west side from the observation deck.
Upper photo: Tango-matushima.
Lower photo: an expansion of the upper photo.
A yellow arrow shows the cape having the graveyard.
The sea side of the graveyard is covered in the trees of windbreak.

展望台から西側を見下ろしている。
上の写真: 丹後松島を見ている。
下の写真: 上の写真の拡大。
黄色い矢印が、先ほどの墓地がある岬を示している。
墓地の海側は風除けの木々で覆われている。

 

8

< 8. at the front of Kyougasaki cape  >
< 8. 経ケ岬の手前から >
Upper photo: a hill of Kyougasaki cape is seen.
We climbed from the parking area to the observation deck being in the top.

Lower photo: I look at the opposite direction (the west side).
A bathing beach and fishing village are seen.

Untouched nature remains on the shoreline that we drove a car along, and this is a wonderful place for sea creature (Takeno Beach etc.).

上の写真: 経ケ岬の山が見える。
私達は駐車場からあの頂上にある展望台まで登った。

下の写真: 逆方向(西側)を見ている。
袖志海水浴場と村が見える。

今回、走った海岸線には自然が多く残っており、海の生き物にとって素晴らしい所(竹野海岸など)です。

 

 

9
<  9. Kyougasaki cape >
< 9. 経ケ岬から >
A parking area is seen at the lower right.
The back of this sea is Wakasa Bay.

This continues the next time.

右下に駐車場が見える。
この海の奥は若狭湾です。
駐車場から展望台に登る途中で撮影した。
次回に続きます。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 22: about terrorism 2 : an assassination


中東に平和を! 22: テロについて 2: ある暗殺

 

1
< 1. Assassination of President Sadat >
< 1. サダト大統領の暗殺 >

From today, I use some examples as a reference and will look at the situation that massacre has been spread over in the Middle East.
This massacre includes battle, and terrorism (assassination, suicide attack) by the government side or the anti-government side.
we see the assassination of an important person by an extremist first.

今日から、中東で殺戮が蔓延していく状況を幾つかの事例を取り上げて見ていきます。
この殺戮には戦闘状態、政府側と反政府側によるテロ(暗殺、自爆攻撃)などがあります。
最初に、過激派による要人暗殺を見ます。

 

 

2
< 2.  Sadat and Mubarak (the later President) at this incident >
< 2. この事件当時のサダトとムバラク(後の大統領) >

The assassination incident
In 1981, the Sadat President of Egypt was assassinated at the commemorative ceremony of the Fourth Middle East War (1973) that he began.
By this war, the Middle Eastern War (since 1948) between the Arabic countries and Israel that had been repeated for four times became the end.
However, Egypt first approved Israel among the Arabic countries by the conclusion of peace accords (1979), and cut off the Palestinian problem.
This seemed like a big betrayal from people and the Arabic countries.

暗殺事件
1981年、サダト・エジプト大統領は自ら始めた第4次中東戦争(1973年)の記念式典で暗殺された。
この戦争で、4回続いたアラブ諸国とイスラエルの中東戦争(1948年~)は終わった。
しかし、エジプトは平和条約締結(1979年)により、アラブで最初にイスラエルを承認し、パレスチナ問題を切り捨てた。
これは国民とアラブからすれば大きな裏切り行為に映った。

 

3

< 3. the Fourth Middle East War  >
< 3.第4次中東戦争 >

I introduce a sentence of a thinker of an Islamic fanaticism that this assassination group had believed in.

“It is important that we fight against a near enemy than a far-off enemy.
We must flow the blood of Muslim until the achievement of the victory by the jihad.

It isn’t useful that we started the battle against the imperialism

It is our duty to concentrate on great cause of Islam, and establish divine law in our country, …

The battlefield of jihad exterminates the leaders of the unbeliever and is to replace it with complete discipline of Islam. ”
( from “What Went Wrong” )

They think that the leaders who held hands with Europe and America made own country and Arab countries confusing and slumping.

 

この暗殺グループが信奉していたイスラム過激思想家の文を紹介します。

「近い敵と戦うことは遠い敵と戦うよりも重要である。
ジハードではムスリムの血は勝利の達成まで流さなければならない。
・・・
帝国主義に対する闘争を開始することは誇るべき有用な仕事ではなく、時間つぶしであっ
た。

 

イスラムの大義に集中するのが我々の義務であり、我々の国に神の法を確立し、・・・。
ジハードの戦場は、不信仰者の指導部を根絶して、完全なイスラム的秩序と置き換えることにある。・・・」
(「イスラム世界はなぜ没落したのか?」p161より)

彼らは自国とアラブが低迷し混乱したのは欧米と手を結んだ指導者によると考えている。

 

4

< 4. Nasser made a coup d’etat succeed >
< 4. クーデターを成功させたナセル >

Why did they go to extremes?
I cannot lump innumerable extremists, but as for the birth, there is peculiar circumstances of Middle Eastern and Arab.
It is Middle East war (between Israel and Palestine), the military intervention by Europe and America (supporting Israel and the Iraqi War etc.), and the despotic governance of Arab countries.
Here, I easily look back on the Egyptian sufferance history.

Egypt had experienced the long history of colonial ruled by different ethnic groups.
After Islamic Empire that achieved great unification, Egypt was ruled by Turkish dynasty since the thirteenth century, then by Osman empire, and was invaded by Napoleon in the 18th century.
Subsequently, it was governed by the Albanian dynasty (Muhammad Ali), next became a colony of Britain in the late 19th century, and became an token independence kingdom in the early 20th century.

An epoch of revolution began before long.
In 1952, an officer corps expelled an king by a military coup and worked on the modernization.
In 1956, President Nasser declared the nationalization of the Suez Canal, and after the second Middle East war against the Israel, Britain and France forces, he obtained this.
He received help of the Soviet Union for Aswan High Dam construction, and pushed forward construction of an Arabic socialist state.
However, in 1967, Nasser was defeated completely by the third Middle East war against Israel and reduced his prestige.

Military regimes like this in Egypt continued in common with other Arabic countries.

This continues the next time.

 
彼らはなぜ激化したのか?
無数にある過激派を一括りに論ずることは出来ませんが、その誕生には中東アラブに特有の事情があります。
それは中東戦争(イスラエルとパレスチナの対立)、欧米の政治・軍事介入(イスラエル支援、イラク戦争など)、アラブ諸国の強権的な政体などです。
ここでは、エジプトの苦難の歴史を簡単に振り返ります。

エジプトは悲運な長い歴史、異民族による支配の歴史を背負っていた。
大統一を果たしたイスラム帝国だったが、エジプトは13世紀からトルコ系王朝、次いでオスマン帝国に支配され、さらに18世紀ナポレオンに侵攻された。
続いてアルバニア系王朝(ムハンマド・アリー)の支配を受け、19世紀後半になると英国の植民地になり、20世紀初めに形だけの独立王国となる。

やがて画期が訪れます。
1952年、将校団が軍事クーデターで国王を追放し、近代化に取り組みます。
1956年、ナセル大統領はスエズ運河の国有化を宣言し、イスラエル・英仏軍との第2次中東戦争の末、これを手に入れた。
彼はアスワン・ハイ・ダム建設のため、ソ連の援助を受け、アラブ社会主義政策を進めた。
この時、エジプト国民とアラブ諸国は民族の隆盛が間近だと沸き立ち、エジプトはアラブの盟主となった。
しかし、1967年、ナセルはイスラエルとの第3次中東戦争で完敗し、名声を落としていった。

エジプトも他のアラブ諸国と同様に軍事独裁政権が続くことになった。

 
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 9:  Visiting Tango Peninsula 1


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 9: 丹後半島を巡る 1

 

1

< 1. The island of Taiza fishing village >
< 1. 間人(たいざ)の城島 >

From today, I introduce Tango Peninsula in North Kyoto.
今日から、京都北部の丹後半島を紹介します。

 

2全体地図
< 2. maps of Tango Peninsula and Amino >
< 2. 丹後半島と網野の地図 >
Upper map: the red line is our route of Tango Peninsula.
The top of the map shows the north.
Today, I introduce No. 1 Amino, No. 2 Taiza, and No. 3 Tateiwa rock.

Lower map: this is a satellite photo that is a expansion of Amino (NO.1) in the upper map.
The top of the map shows the south.
No. 1 is the ancient burial mound of Choshi mountain I introduce today.
NO.2 is a peninsula with an ancient burial mound in the lake, NO.3 is the beach, and No. 4 is Amino fishing port that I introduced previous time.

上の地図: 赤線が私達がドライブした丹後半島のコースです。
上が北です。
今日、紹介するのはNo.1の網野、No.2の間人、No.3の立岩です。

下の図: 上図のNO.1の網野を拡大した衛星写真です。
上が南です。
今日、紹介する銚子山古墳はNO.1です。
NO.2は離湖の古墳がある半島、NO.3は八丁浜、NO.4は網野漁港で、前回紹介しました。

 

3銚子山
< 3.  the ancient burial mound of Choshi mountain >
< 3. 銚子山古墳 >
Upper map: this ancient burial mound was built on the edge of the small hill at the end of fourth century.
The top of the map shows the north.
We walked along the brown line.

Lower map: a detailed map of the ancient burial mound.
The large keyhole-shaped tomb mound in the center is 200 meters in the total length, 20 meters in height, and has two small ancient burial mounds at the both sides.
This ancient burial mound is the largest in the Sea of Japan side, and “ three ancient burial mounds by the Sea of the Japan” including it are all in this Tango Peninsula.

It suggests this area were connected to Yamato sovereignty in Nara, and this king had extensive authority.
In addition, we saw this area were connected with the continent at previous time.

上の地図: この古墳は小高い丘の端に、4世紀末に造られた。
上が北です。
私達は茶色の線を歩きました。

下の地図: 古墳の詳細図。
中央の前方後円墳は全長200メートル、高さ20メートルで、その両側に二つの小さな古墳を持っている。
この古墳は日本海側で最大級であり、丹後半島にはこれを含めた日本海三大古墳がある。

如何にこの地が奈良のヤマト王権に繋がり、ここの王が力を持っていたが伺える。
また、大陸とも繋がりがあったこも前回見ました。

 

 

4a

< 4. walking on the top of the ancient burial mound  >
< 4.古墳の頂上を歩く >
Upper photo: walking the northeast side of the burial mound.
You can see the steps at the end of the road.

Lower photo: a view of top like circle mound from under the steps.

上の写真: 古墳の前方部(北東側)を歩いている。
奥に階段が見える。

下の写真: 階段下から後円部の頂上を見ている。

 

5a

< 5. Views from the burial mound  >
< 5. 古墳からの眺め >
Upper photo: a view of seaside from the circle mound.
When it was built, under this mountain was a lagoon.

Lower photo: a view of the mountain side (southeast side) from the road.

上の写真: 後円部頂上から海側を見ている。
これはパノラマ合成写真で、通常より視野角は広い。
古墳が造られた当時は、この直ぐ下が潟湖だった。

下の写真: 前方部から山側(東南側)を見ている。
丘の上は畑作が行われていた。

 

6
< 6. seashore on the way to Taiza >
< 6. 間人までの海岸 >
Upper photo: a small hill thrusting into the sea is around Taiza.
Lower photo: looking back at our road from Taiza.

上の写真: 海に突き出した小山が間人の城島です。
下の写真: 間人側から来た道を振り返る。

 

7

< 7.  Taiza fishing village >
< 7. 間人(たいざ) >
Upper photo: a small island connecting the village with a bridge.
Central photo: a shrine in the island.
Lower photo: the fishing port.

This port is famous for snow crab, and this area has many legends concerning Prince Shotoku ( the 6th -7th century).
In addition, there was once a custom of facing a dead person toward continent and burying it.
This also indicates the connection with an Imperial Court of Nara in ancient times and with the continent.

上の写真: 城島。
中央の写真: 城島の神社。
下の写真:  間人漁港。

この地はズワイガニ(間人蟹)で有名で、聖徳太子に纏わる伝説が多い。
また、死者を大陸に向けて埋葬する風習がかって残っていた。
ここにも、奈良の古代朝廷と大陸の繋がりがあった。

 

8

<  8. inlet of the port >
< 8. 間人の入り江 >
we see colorful seaweeds in pellucid seawater.

透明な海中に色とりどりの海藻が見える。

 

9
< 9.  going a circuit of the island >
< 9. 島を一周 >

 

10
< 10. Tateiwa rock >
< 10.立岩 >
高さ20mの柱状節理の岩が海岸に突き出している。

Impression
I was often surprised when I went round this peninsula without preparing.
This secluded area facing the Sea of Japan had ever the connection with continent and ancient Nara.
I find an ancient romance in original scenery of Japan.

This continues the next time.
感想
下調べもせずに、この地を巡っていると驚くことが多かった。
この日本海に面したへんぴな地が、かつては大陸と古代の奈良と繋がりがあったのです。
原風景の中に古代のロマンを見た。
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , , , , | 2 Comments

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 22: クルーズ船での愉しみ


1

< 1. レセプション・ホール >

 

今日は、クルーズ船内の楽しみ方を紹介します。

私達は初めて経験したのですが、大いに愉しみました。

詳しく奉公します。

 

 

 

2

< 2.エンタテイメント >

上の写真: 2000名収容のシアター。

中央の写真: たくさんのバーやカフェ、レストランで演奏が行われている。

下の写真: レセプション・ホールでのクラシック演奏。

 

私達夫婦は、ほぼ毎日、シアターで約90分のショーを見ました。

ショーは夜2回あり、夕食の前後で見れるようになっています。

入場は無料で、入退出も自由です。

ショーは歌(オペラのダイジェスト、ポップスなど)とダンス、アクロバットを融合させたもので、人気歌手の物真似もあります。

英語かイタリア語で行われますが、言葉を理解出来なくても楽しめます。

出演者は毎回同じで、新鮮味は欠けますがイタリアのショーを楽しめるのが一番です。

 

小編成のバンド演奏や歌は、毎夜、船内の6か所以上で無料で行われています。

多くの客が連れだってペッボトル(水)持参で、会話と音楽を楽しんでいました。

 

 

 

3

< 3. ダンスレッスン >

https://www.youtube.com/watch?v=NpDaW_FGH3k

ダンスレッスンの18秒間のビデオです。

 

毎日数回、何処かで30分以上のダンスレッスンが行われています。

自由に参加出来ます。

私は社交ダンスを期待していたのですが、多くはスピーディーでリズミカルなダンスが多い。

インストラクターは男女二人で、すべてを指導していました。

彼らは、チークダンス、フォークダンス、コミカルなダンス、はては太極拳まで教えてくれました。

 

私はステップについていくのがやっとでしたが、多くの参加者は楽しんでいました。

ダンスを愉しみにしている日本人客が多かったのには驚いた。

ダンスフロアーのあるバーが数か所あり、夜になるとダンスを楽しむことが出来ます。

外国の方と混じって、ダンスをするのも楽しいものです。

 

 

 

4

< 4. ゲーム >

毎日、何らかのゲームがあり、うまくやれば簡単な賞品がもらえます。

自由に参加できます。

私は一つだけ参加しました。

 

 

 

 

5

< 5. コンテスト >

コンテストも色々ありますが、これは料理コンテストです。

コックの手本を見聞きしてから、三人の参加者が競いました。

脇でいつも場を盛り上げる若いアシスタント達(メキシカンスタイル)が楽しい。

イタリア語が主で、英語も少し喋れるようです。

 

 

 

6

< 6. クラフト >

 

これは台紙と紙のリボンを使って作るクラフトです。

私達は3回ほど参加しましたが、直ぐに外国の人と親しくなれます。

日本人は概して器用なようです。

写真はイタリアの親子です。

 

 

 

 

7

< 7. ちょっと贅沢 >

上の写真: 多くのお客さんは、このようなカフェやバーでくつろいでいます。

中央の写真: 私たちも、フォーマルデイナーにはそれなりの恰好で・・・

下の写真: 船内には常設のショップがあるのですが、クルーズも終わりかけると臨時の売店が並びます。

 

 

 

 

 

 

8

< 8. ジャグジー >

上の写真: 船首側から中央を眺める。

3月中旬なのですが天気が良い日には、デッキは人で一杯になる。

風が無ければ寒くありません。

 

下2枚の写真: 屋根付きプール。

 

私たちは終日クルーズの時に、ジャグジーに2回入りました。

湯温は少し低めですが、写真のような屋根付きジャグジーなら寒くはありません。

部屋で水着を着ておき、サンダルを履いてバスタオルを持って行きます。

何人かと一緒に入るのですが、嫌な思いをすることはありませんでした。

むしろ、世界中の人と気安く声をかけるチャンスでした。

イタリア?やドイツ?、シンガポールの人に声かけ、中には大変喜んでくれる人もいました。

 

 

 

 

9

< 9. デッキを散歩 >

上2枚の写真: 船首側から中央を眺める。

 

下の写真: 船尾側のプールがあるデッキ。

 

このデッキで写真撮影や散歩を楽しみました。

船尾側デッキは、船首側と違って広い視界が得られる。

 

 

 

10

< 10. 出会い >

上の写真: 早朝、写真撮影の為にデッキに出ていると、後ろから声をかける人がいました。

彼は、娘さんが日本人と結婚したことを私達に嬉しそうに話してくれました。

彼はイタリア人ですが、我々と片言の英語と日本語で歓談した。

 

ビュッフェやエレベーターなどでも、幾度が外国の方と言葉をかけ合うことがあった。

概ね気安く応対してくれるのはドイツ人のようです。

これはドイツ人が遠方からクルーズに来ることで客層が異なっているからかもしれません。

 

下の写真: 彼はレストランのボーイで、家族を残して出稼ぎに来ている。

彼の故郷はモーリシャスで、いつか帰って観光業で働くのが夢のようです。

日本人担当のボーイの多くは、東南アジアや南米の人でした。

 

クルーズ旅行とバス旅行の大きな違いは、外国の方と何日間も一緒に暮らすことで、思わぬ出会いがあるかもしれません。

 

 

感想

今回のツアー参加の動機は、大げさに言えば一生に一度、クルーズ旅行をしておきたかったからです。

初めての経験なので、色々不安があり、充分に準備しました。

結果は、スリに2回あった以外は、すべて予想以上の満足が得られました。

 

一方で、三つの事に気付きました。

やはり英語の出来ないことは残念でしたが、たとえ英語が出来ても、世界の人達(イタリア、フランス、スペイン、中国)と交流出来ないことを思い知りました。

もっとも遠方からクルーズに来る外国人は英語が話せる人もいるようでしたが。

 

イタリア人などヨーロッパのクルーズ客の様子を見ていると、寄港地での観光や、船内の楽しみ方に日本人と大きな違いがある。

彼らは日本人のように個人や夫婦がパック旅行で観光を楽しむのではなく、特に地元イタリア人は子連れの家族や親類縁者が大勢一緒に休暇を楽しむようです。

彼らは寄港地でも、徒歩かシャトルバスなどで現地に向かい、自由に街歩きを楽しむようです。

彼らにとってクルーズは贅沢な観光と言うより、皆でのんびり楽しむ船旅のようです。

 

私達夫婦にとってクルーズ旅行は合わないと感じた。

やはり好奇心を満足させる為には、バスで観光地を巡り、朝夕、ホテル周辺を精一杯歩き回り、探索する旅が私達には必要でした。

クルーズ旅行は異なる自然や国を一度に見れるメリットはあるのですが、バス旅行は地域全体の繋がり、自然や歴史、文化を全体で捉えることが出来る。

 

人によっては、食事などでツアー参加者との接触時間が長くなり、面倒臭くなるかもしれません。

結局、クルーズは余暇を楽しむ余裕があり、足腰が弱ってから参加すべきだと思った。

日本からのツアー同行者の多くは、私達よりも高齢でクルーズの常連さんでした。

 

今回は4回の終日クルーズがあり、色々参加して得難い経験をした。

これもまた楽しい旅だった。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, essay, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 8:  the early-morning view


但馬海岸から丹後半島を巡って : 朝の景色

 

 

 

1 

< 1.  Sunrise of the lake  >

< 1. 離湖の朝 >

 

I introduce the early-morning view of Amino town facing the Sea of Japan today.

I took a walk around two beaches, a lake and port early in the morning.

It was cloud in the morning, but there was attractive atmosphere.

 

今日は、日本海に面した網野町の朝の景色を紹介します。

早朝、池と港、そして二つの海岸を散策しました。

朝は雲が出ていましたが、風情がありました。

 

 

 

 

2 

< 2.  Sunrise of the lake >

< 2. 離湖の朝  >

The circumference of the lake is about 4 km, and it is the largest freshwater lake in North Kyoto.

A small mountain in the center is a peninsula, and is also an ancient burial mound.

An angler fixedly had looked at a surface of the lake.

 

周囲4kmの京都北部で最大の淡水湖で、海岸まで500mの位置にあります。

中央に見えるのが湖中央に突き出た半島部の小山で、古墳があります。

釣り人がじっと湖面を眺めていました。

 

3-1

3-02

 3-3

< 3.  A beach >

< 3. 八丁浜 >

Upper photo:  view of the west side from a center of the beach.

You can find Amino port in the back of the beach.

 

Central photo:  view of the east side from the west edge of the beach.

The scenery over the beach is Amino town that is famous for Tango Chirimen (a high-quality silk).

 

Lower photo: view of the north east side from the west edge of the beach.

Today, we are going to go in this direction and go around Tango Peninsula.

 

This big sandy beach will be full of swimmers in this summer.

 

https://www.youtube.com/watch?v=8e-DImZiZD8

I shot a video of this beach, and the video footage is 25 seconds.

 

上の写真: 浜の中央から西側を見ている。

奥に網野漁港が見えます。

 

中央の写真: 浜の西端から東側を見ている。

丹後ちりめんで有名な網野の町が広がっている。

 

下の写真: 浜の西端から北東を見ている。

今日は、この方向に進み丹後半島を一周します。

 

ここは大きな砂浜で、夏は海水浴客で賑わうことでしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=8e-DImZiZD8

これはこの浜を映した25秒の映像です。

 

 

 4 港

< 4.  Amino fishing port >

< 4. 網野港 >

 

This port was made in the mouth of a river.

Upper photo:  view of seaside from a place on the breakwater.

Lower photo:  view of the upper stream from same place on the breakwater.

 

When I took a walk, I looked at a small Shinto shrine.

A signboard standing by the shrine said “here is the place of the Legend of Urashima Taro”.

The Urashima Taroa is a famous Japanese fable, and behind the story were concepts concerning Taoist immortality of ancient China.

I hit on an idea.

There are many ancient burial mounds in this Amino town.

This area is in an inconvenient location facing the Sea of Japan, and furthermore, the scale of the port is small.

Nevertheless, the scale of this Amino town is large.

I guess this area was a sea gateway to Korean Peninsula and Mainland China since ancient times.

I enjoyed thinking such thoughts.

 

On the next time, I introduce a maximum ancient burial mound in this district.

 

ここは河口に出来た漁港です。

上の写真: 防波堤に立ち海側を見ている。

下の写真: 防波堤に立ち、川の上流を見ている。

 

散歩していると小さな祠があり、浦島太郎伝説の地と書かれていました。

思い当たることがありました。

この網野町には古墳が多いのです。

さらに日本海に面した不便な地にあって、漁港が小さいにも関わらず、町の規模が大きいのです。

きっと、古来より朝鮮半島や中国大陸との海の玄関口だったのでしょう。

想像しているだけで楽しくなります。

 

次回、この地方で最大の古墳を紹介します。

 

 

 

 5-1

5-2

5-3

< 5. Kotohiki Beach >

< 5. 琴引浜 >

 

This beach is famous for Naki-suna(the sand making sounds when people walk on it), and a beautiful beach surrounded by a nature.

 

This continues next time.

 

ここは「鳴き砂」で知られた海岸で、自然に囲まれた美しい海水浴場です。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 21: テネリフェ島 3


1

*1

 

今日は、テネリフェ島の最大都市、州都のサンタ・クルス・デ・テネリフェの街歩きを紹介します。

雨も上がり素晴らしい天気になり爽やかなひとときを過ごしました。

 

 

 

2

< 2. テイデ山からサンタ・クルス・デ・テネリフェへに向かう >

上の写真: かつては州都で世界遺産にもなっているラ・ラグーナ。

手前は飛行場の滑走路。

 

中央の写真: サンタ・クルス・デ・テネリフェの内陸側の街並み。

下の写真: 港に面した中心部のスペイン広場。

 

この街歩きは、2016年3月8日の14:30から約2時間、距離で約3km歩きました。

スペイン広場から始め、近くのスーパーに立ち寄り、公園を目指して上がり、後は下って、クルーズ船に乗船しました。

 

3

< 3.街歩き開始 >

街並みは、自然あふれる小さな島とは思えない立派で落ち着いた雰囲気があります。

 

 

 

 

4

< 4.ガルシア・サナブリア公園 に到着 >

下の写真: 公園に入ります。

垣根などはなく、入場はフリーです。

 

 

5

< 5.ガルシア・サナブリア公園 1 >

下の写真: 公園の中心部にあるモニュメント。

 

 

 

 

 

6

< 6.ガルシア・サナブリア公園 2 >

下の写真: 公園の見学を終えて休息をとったカフェ。

サービスや周囲の景観は良かった。

 

 

 

 

7

< 7.港に向かって下る  >

幹線道路に沿って下る。

花や木々が至る所に配された落ち着いた観光都市の趣があります。

 

 

 

8

< 8.港に到着  >

上の写真: Monumento a la victoria. 勝利の像。

この像は先ほどの道を下って、港に出た角にありました。

 

中央の写真: 私達のクルーズ船。

下の写真: 港に面した道路沿いの歩道。

 

 

9

< 9.いよいよお別れです  >

上の写真: この下に降りて、クルーズ船の送迎バスに乗ります。

奥にスペイン広場が見えています。

 

下の写真: 船上から見たテイデ山。

写真中央に少し雪を被った頂きが、私たちが通過して来た外輪山の東側です。

夕刻になると、また雲が出てきました。

これでこの島ともお別れです。

 

感想

私が当初期待した大航海時代を忍ばせるものに触れる機会はなかったが、予想もしていなかった大自然の美しさを見ることが出来た。

 

この島は、15世紀までベルベル系の先住民が暮らす島に過ぎなかった。

しかし、スペインが大航海時代初期にここを占領し、やがてアメリカ大陸への中継地として発展した。

後に、イギリスがこの地の支配を狙ったが、この攻撃を跳ね返した。

その後、自由貿易港として栄え、リゾート地として栄えている。

 

大西洋の火山島の歴史と自然と今を垣間見ることが出来た1日でした。

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo, uncategorized | Tags: , , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 7: Daijyo-ji temple and Maruyama Ōkyo 2


但馬海岸から丹後半島を巡って 7: 大乗寺と円山応挙 2

 

 

 1

< 1.  an enlarged picture in the room of peacock by Ōkyo  >

< 1. 孔雀の間の絵:応挙筆 >

 

I introduce their pictures of Maruyama school in the reception hall of Daijyo-ji temple today.

I borrowed all the photos because persons could not photograph inside this hall.

Their photos are it of  Daijyoji TempleDigital Museum of the Maruyama Schoolhttp://museum.daijyoji.or.jp/index.html

I recommend you to visit it because it is splendid.

 

今日は、大乗寺、客殿にある応挙と円山派の絵を紹介します。

内部では撮影が出来ませんので、写真はすべて借用しました。

主に「大乗寺円山派デジタルミュージアム 」のものです。

ここは素晴らしいので閲覧されることをお薦めします。

 

 

 

2

< 2.  Inside the reception hall >

< 2. 客殿内部 >

Upper fig.:  number 1-9 are main sightseeing places in the first-floor.

There is the pictures which you should look at the corridor on the way.

number 10-11 are rooms in the second-floor.

 

Lower fig.: this shows the first-floor, and the whole and the rooms indicate the Mandala of Buddhism.

This image consists of a Buddhist image room (Kannon Bodhisattva) in the center of the hall, and the Four Devas that defends Buddhism world in four corners.

actually, the Four Devas statues aren’t put on it, and for example, the room at the east corner depicts  the agriculture scenes in connection with Jikokuten ( the Guardian of the East ) that rules economy and agriculture.

 

 

上の図: 番号1から9までが1階の主な見学場所です。

途中、廊下などにも見るべき絵があります。

番号10と11は2階です。

 

下の図: 1階部分の配置図で各部屋が真言の曼陀羅を模しています。

中央に仏間(観音様)があって、4隅に四天王が仏教世界を護持する形になっている。

実際に四天王像が置かれているわけではなく、例えば東の角の部屋は、東方を守護し生産・経済を司る持国天に因んで農耕の模様が描かれている。

また実際の方位とこの仏教上の方位とは異なります。

 

 

 

 3

< 3.  The room of agriculture, in 1795, room number 1. >

< 3.農業の間:呉春筆、1795年作、部屋番号1. >

Upper fig.:  Visitor passes through the entrance, opens the shoji ( sliding paper door), and goes into this room first.

Total painting on the fusuma (sliding door) of three sides depicted seasonal agriculture scenes from the right side.

 

Central fig.: This shows the scene of rice planting that is the enlarged picture of the second fusuma from the left of the upper fig.

Lower fig.:  this shows the threshing scene.

 

They are described only in the light and shade of the sumi (black ink), and person’s heads are largely described.

 

上の図: ここは玄関を抜けて、障子を開けて最初に入る部屋です。

3方の襖絵に、右側から、田植えから稲刈りまでが季節を追って描かれている。

 

中央の図: 上の図の左から2枚目の襖絵を拡大したもので、田植えを示す。

下の図: 稲刈り後の脱穀の様子。

 

すべて墨の濃淡だけで描かれており、呉春は頭部を大きく描く特徴がある。

 

 

 

 

 4

< 4.  the room of peacock by Ōkyo in 1795, room number 2.  >

< 4.孔雀の間、円山応挙筆、1795年作、部屋番号2. >

Upper fig.:  this room is the largest room and is in front of the Buddhist image room.

Pines and peacocks are drawn in gold foil only by the light and shade of sumi.

Parts that are thickly painted with sumi, pine needles and peacock’s wings look like green color.

It is mysterious.

 

Central fig.:  paintings on the fusuma in front of the Buddhist image room.

Lower fig.:  opening the fusuma.

 

Ōkyo died in several months after the completion of this picture.

 

上の図: この部屋は最大の部屋で仏間に面している。

松と孔雀が金箔地に墨の濃淡だけで描かれている。

この構図は本尊の観音の化仏である阿弥陀が孔雀に座することに由来している。

墨が濃く塗られた部分、孔雀の羽根や松葉は緑色に見えるから不思議です。

 

中央の図: 仏間に面した襖絵。

下の図: 同じ襖を開けたところ。

 

応挙はこの絵の完成後数か月後に逝去した。

 

 

 5

< 5.  The room of Japanese fiber banana by Ōkyo in 1787, room nouber 3. >

< 5.芭蕉の間、円山応挙筆、1787年作、部屋番号3 >

This room’s painting depicts a famous politician of Tang, a old man of the white clothing, in connection with Zochoten that rules government.

He drew this on the gold foil with color paints of blue, green, cinnabar, and sumi.

 

 

この部屋は政治を司る増長天に因んで、唐の政治家、郭子儀(白装束の老人)を描いています。

平和と安定の象徴で、お目出度い絵として描かれます。

これは金箔地に青、緑、朱の絵の具と墨で描いています。

 

 

 

 

 

 

 6

< 6. The room of landscapes by Ōkyo in 1787, room nouber 4.  >

< 6.山水の間、円山応挙筆、1787年作、部屋番号4. >

 

This room is for persons of high rank, and was made by exquisite workmanship.

Upper fig.:  these paintings describe that the water falling from deep mountains and dark valleys flows into the sea.

He drew it on the gold foil with only sumi.

 

Lower fig.:  there is a waterfall in deep mountains on the left side.

 

ここは位の高い人を迎えるための部屋で、凝った造りになっています。

上の図: 深山幽谷から流れ落ちる水が、やがて大海に注ぐ様子が描かれている。

中央隅の右側から流れ落ちた水が右に流れ、畳の下をくぐり、やがて左側の大海に至る。

金箔地に墨で描かれている。

 

下の図: 左が深山幽谷から流れ落ちる滝です。

 

 

 

 7

< 7.  The room of puppy, room number 6. >

< 7.狗子の間、山本守礼筆、部屋番号6. >[

Upper fig.:  opening shoji (sliding paper door ) and going in, we can see playing puppies under plum flowers.

Central fig.:  moreover, opening the fusuma(sliding door ), we can go into the room of mountains.

 

In the previous Japanese painting, dog was described as a holy thing, but Ōkyo preferably described puppies as everyday subject matter.

 

上の図: 障子を開けて入ると、梅の花の下で遊ぶ子犬たちに出会う。

中央の図: さらに襖を開けると、秀山の間に至る。

 

以前の日本画では、犬は獅子や狛犬など神聖なものとして描かれていたが、応挙は日常的な素材として子犬を好んで描いた。

 

 

 

 

 

 8

< 8.  Three rooms >

< 8.三つの部屋 >

Upper fig.:  the room of carp by Ōkyo in 1787, room number 5.

Central fig.:  the room of mountains in 1787, room number 7.

Lower fig.:  the room of immortal in 1787, room number 8.

 

上の図: 鯉の間、円山応挙筆、1787年、部屋番号5.

中央の図: 秀山の間、呉春筆、1787年、部屋番号7.

下の図: 仙人の間、秀雪亭筆、1787年、部屋番号8.

 

 

 

 9

< 9.  The room of envoy, room number 9. >

< 9.使者の間、山本守礼筆、部屋番号9. >

This theme is boys in China.

この部屋は兄弟の画家が二つのテーマで絵を描き、これは兄が描いた中国を題材にした「少年行図」です。

 

 

 

 10

< 10.  Two rooms on the second-floor >

< 10. 2階の二部屋 >

Upper two fig.:  the room of monkey by Nagasawa Rosetsu in 1795, room number 11.

It is this picture that I was surprised most.

The expression of the monkey is really rich, and there is dynamism.

This is drawn without a draft at a stroke, so it indicates great ability of the artist.

 

Lower two fig.:  the room of duck, room number 11.

The narrow painting on upper part of on the fusuma describes moth and butterfly.

 

上二枚の図: 猿の間、群猿図、長沢芦雪筆、1795年、部屋番号11.

私が最も驚いたのがこの絵です。

実に猿の表情が豊かで、躍動感がある。

これは下書きなしで一気呵成に描かれており、作者の力量がうかがえる。

 

下二枚の図: 鴨の間、梅花遊禽図、源埼筆、部屋番号10.

襖の上にある細長い絵が、山口素絢筆「蛾蝶図」です。

 

 

Impression

I feel that there are breathing paintings here.

There is also reproduction images here, but we can see their paintings as the placement of the paintings that the artist aimed at.

These all art works were made by Maruyama school.

 

Ōkyo and Maruyama school that were the mainstream in Kyoto in the middle of the Edo period.

It is amazing that their art works gather in the out-of-the-way place of the Sanin region.

 

This continues next time.

 

 

感想

生きている絵を見る思いがしました。

複製画になったものもあるが、作者が意図した絵の配置のままで、私たちは絵を見ることが出来ます。

襖絵だけでなく欄間の彫り物、掛け軸、屏風など、すべてが円山派のものです。

 

江戸時代中期、京都画壇を代表した応挙と円山派の絵が、この山陰の片田舎に集まっていたこと自体も驚きです。

これは応挙の恩返しもあったが、この寺に勢いがあったからだろう。

 

これら作品の制作中の1988年に、天明の京都大火が起こり、アトリエの寺と絵が消失したらしい。

それでも、絵は再度、描かれることになった。

当時の住職と応挙の心意気がすがすがしい。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula | Tags: , | Leave a comment

何か変ですよ! 45: 様々な脅威 1


 

1

*1

 

前回、日本は自ら交通事故や銃犯罪を減らし安全を手に入れていることを見ました。

しかし、私たちの世界にはまだまだ脅威が溢れています。

身近なものに天災、原発事故、戦争があり、将来的には資源や食料の枯渇、難民、地球温暖化などが懸念されます。

少し問題点を整理しましょう。

 

 

前回に続いて

米国は銃規制が実施出来ずに袋小路に陥っているように見える。

島国の日本か見ればこの野放しは理解し難い。

一方で、英米のある州や都市だけで自ら銃規制を実施しているところもある。

厄介なのは、「自衛用の攻撃出来る武器」に矛盾がある。

特に殺傷性が高い武器ほど、例えばナイフよりもマシンガンほど被害を増大させることは明らかです。

 

 

 

 

3

*2

 

 

見えて来たもの

ここまで話が進めば、歴史を例に挙げなくても軍備が紛争や戦争を増大させることを理解出来ると思います。

もっとも現実に戦争を回避し侵略を防止するには軍備が必要で、その保有方法が重要なのですが。注釈1.

 

同様に、軍備と軍事同盟を正当化する為に、自衛権や集団的自衛権を持ち出すのも、短絡的と言えます。

自衛権や集団的自衛権(軍事同盟)について憲法学者に論争がありますが、軍事専門家(戦略研究者)にとっても軍事同盟の評価は難しく意見が別れています。

つまり、これらは戦争を防止する打ち出の小槌ではないのです。

 

これらは歴史的に、当然の事として受け入れられて来たが、2回の大戦を通じて世界はその恐ろしさを自覚しました。

しかし、残念ながら超大国の拒絶にあい国連憲章にその文言を入れることが出来なかった。

そして、また同じ道を突き進んでいる、まるで銃の氾濫と同じように。

 

核ミサイル攻撃や戦争ともなれば被害は甚大です。

数万人で済めばよいが、数百万人、いや地球に人類が住めなくなるかもしれません。

くれぐれも注意して事を進めなければなりません。

一度道を踏み外せば、戻れないことを肝に銘じて下さい。

 

 

 

2a

*3

 

原発事故について

今、日本は原発の利用で迷走しています。

 

一番のネックは原発事故をどう見るかです。

推進する政府や関連団体を信用する人々は事故を無視するだろうし、そうでない人は危険だと思うでしょう。

 

学者の試算では一基の事故で最悪の場合で数十万人が死に、その地域は永遠に汚染されたままになります。

しかし、現実にそのような大災害は起きていない。

チェルノブイリ原発事故による死者数は、各種団体が数十人から数万人以上と発表しています。

どちらにしても交通事故や殺人による累計死者数と比べると特に大きいわけではない。

経済を優先するなら、既存の原発を捨てるのは惜しいだろう。

 

一つ、事故に対する信頼性を判断するヒントがあります。

原発事故では、被害者は一般国民で、加害者は原発事業体とに別れています。

さらに高度な科学技術と巨大産業によって成り立つ事も見逃せません。

このようなケースでは、多くは情報の隠蔽や捏造が起こり問題点が国民に届かなくなります。

残念ながら、それを是正する文化は日本では未成熟です。注釈2.

 

 

4

*4

 

原発が普及するにつれ世界中で想定外の原発事故が起きている。

初期にあれほど楽観的だった米国や日本の関係者や学者は、事故が起こるたびに、安全基準を引き上げ続けて来ました。

これは今までの文明の利器とは異なります。

その違いは、設備の巨大さと放射能事故の異常さに由来します。

初期の安全性は各部品の寿命(確率)でしたが、最近の日本では耐震性で評価されています。

しかし最も恐ろしいのはヒューマンエラーで、他の利器に比べ一瞬のミスが大災害を招きます。注釈3.

 

今後もヒューマンエラーや地震、さらにはテロによる原発事故が心配です。

絶対起きないと言う方が科学的ではない。

そうは言っても、どのぐらいの規模で、何年後に起きるかはわからない。

百年前に大噴火を起こした火山島に住む人もいれば、4百年前に津波で村が壊滅しても人はその土地を離れず住むことになるものです。

なかなか、先の心配をすることは難しい。

 

こう考えればいかがでしょうか。

例えば、原発を小型化して各市町村に実施の判断を任せるのです。

仮定として、事故が起きれば最悪1000人の死者が出て、永久に村には住めないとする。

発生確率は、向こう30年間に10%(でたらめ)。

当然、この場合、補助金や奨励制度が一切無い条件です。

 

きっと、国民は妥当な判断をすることでしょう。

 

次回に続きます。

 

 

注釈1

連載「私たちの戦争」「人類の歩みと憲法」で少し詳しく説明しています。

 

注釈2

日本は集団への帰属意識が高く、組織内での内部告発が低調です。

また、国境無き記者団が発表しているように日本における報道の公正さの水準は低く、さらに低下傾向にあります。

また、報道圧迫の発言が政府高官や議員から出ても、国民の反応が低いことにも現れています。

このような状況では、企業や政府に都合の悪い情報は出なくなります。

 

注釈3.

連載「原発問題の深層」で少し詳しく説明しています。

 

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , | Leave a comment

何か変ですよ! 44: 本当に恐ろしいことは・・・


 1

 

安全や平和を守るには我々は何を優先すべきか?

身近な所にその答えはあります。

 

 

2

< 2. 日本の交通事故と銃による死者数 >

 

車社会と銃社会

日本では、交通事故の死者は毎年約4千人、銃による死者は毎年10人ほどで共に減少しています。

米国では、交通事故の死者は毎年約3万人、銃による死者は毎年約3万人で近年増加傾向にあります。

尚、米国の人口は日本よりも2.5倍多い。

 

両国共に、非常にたくさんの人が死んでいますが、日本の方が遥かに安全で平和です。

この違いにヒントがあり、最も本質的な視点が隠れています。

 

交通事故と銃犯罪には共通点があり、それは国民が被害者にも加害者にもなることです。

そこで、日本では加害者の発生を減らすべく、警察が交通違反と暴力団の取り締まりを強化することで、共にピークの1/4に減らすことが出来ました。

一方、米国では有効な施策がとれず、特に、銃による死者は増加傾向にあります。注釈1.

米国の一人一丁以上の銃保有率は、明らかに銃犯罪と自殺者の増大を招いている。注釈2.

 

そこには基本的な社会通念の違いがあります。注釈3.

日本では、銃は武器と考えられ禁止されているが、米国では逆に防具または抑止力とみなされ奨励されている。

 

3

< 3. 米国の交通事故と銃による死者数 >

上の図: 米国の銃社会の一面。

下の図:赤線が銃殺人、青線が交通事故死。

 

 

このことから言えること

人々は毎年多くの人が周囲で死亡していても、その事件や事故に自分が遭遇するとは考えず、ましてや加害者になるとは思わない。

しかし、加害者の発生を極力減らすことで、社会の安全性は格段に高まる。

米国社会は、銃によって死者だけでなく、あらゆる犯罪も増大させてしまった。

 

米国はなぜ日本のように銃規制が出来ないのだろうか?

色々理由はあるが、一つ重要なことがあります。

それは一度、銃が蔓延してしまうと、そこから徐々に銃を無くすことが困難だと言うことです。

その理由は、個人にとって銃使用(攻撃)のメリットは明確だが、保有する損失がほとんどないことで保有競争に陥り易いことによります。

しかし社会全体、長期的にみればその損失は非常に大きいのです。

この理解は重要で、最新科学でかなり解明されています。注釈4.

 

 

まだ解決手段は一つ残っており、かつて各国で、日本でも行われたことはあります。

 

 

4

< 4. タカハトゲーム >

重要な用件として、ハトは全員に餌が行き渡るメリット、タカは怪我をするデメリットがある。

 

皆さんに知って頂きたいこと

安全や平和を確保することは容易ではありません。

目先の危険や恐怖に目を奪われ、一歩道を踏み誤ると取り返しのつかないことが起こりうるのです。

そして逆戻りは困難で、行き着くところまで行ってしまうのです。

 

それは日本の明治維新から太平洋戦争への道、米国のトールマンドクトリンからベトナム戦争への道、英国の委任統治領パレスチナから中東戦争への道が語ってくれています。

このことから教訓を得ることは難しいが、一度進み始めると止めることが不可能だったことだけは理解出来るはずです。

 

一つの問題点が判明しても、まだまだ現実の恐怖や他の危険がこの社会にはあります。

 

次回に続きます。

 

 

注釈1

かつて米国の銃保有率は、銃規制世論の高まりを受けて低下傾向にあったのですが、現在はまた高まっている。

米国の二大政党は銃規制と銃擁護と正反対の政策を採っており、州や年代によって銃保有率と犯罪発生に差があります。

 

注釈2

テロ事件が起きると銃が買われ、その必要性が訴えられるが逆効果です。

米国の2003年から10年間の銃による死者は35万人で、テロによる死者は312人で、その差には1千倍の開きがある。(US版『WIRED』より)

むしろ銃が増えるほど、犯罪と自殺者が増える。

米国の自殺は銃によるものが多く、銃の保有率と自殺率はほぼ比例している。

この状況は、私の連載「私達の戦争17~22: 銃がもたらすもの1~6」で詳しく説明しています。

 

注釈3

米国では、憲法で自衛権として銃の保有と自警団が認められています。

これは建国時、英国から銃で独立を勝ち取った事、さらには北米原野を銃で開拓していった経緯が今に尾を引いていると言えます。

この自警団と各州の独立性を堅持する姿勢により、第二次世界大戦後の国連で米国が戦争拡大の主要因であった集団自衛権を強く唱えることになり、米国の離反を恐れた各国が条約に盛り込まざるを得なかったのです。

もし盛り込むことが出来なければ、米国議会が批准せず、国連による団結は瓦解したのです。

 

注釈4

この手の問題は、タカ―ハトゲームと呼ばれるゲーム理論で扱われています。

これは闘争を好む固体と闘争を好まない固体が、一つの集団内で淘汰を繰り返しながら安定する状態をシュミレーションしています。

その結果は多くの人にとって常識とは異なりますが、実際の動物社会と比較しながら研究が続いています。

この理解は、社会や進化への理解を助けてくれます。

本「進化ゲームとその展開」佐伯・亀田編著、共立出版刊をお奨めします。

認知科学、進化論、動物行動学、心理学で研究されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , , | Leave a comment

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市にメシアが現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也、を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!