Posts Tagged With: culture

Bring peace to the Middle East! 19: Israeli-Palestinian conflict 1: voices of the young 1


中東の平和を! 19: イスラエルとパレスチナの紛争 1: 若者の声 1

 

 1あ

< 1. the book >

< 1. 本 >

 

I introduce voices of people living in Israel and Palestine where the conflict continues, several times.

My reference comes from the books reported on the actual place.

“Seeing the Middle East and Arab world in films” finished.

 

これから数回に分けて、紛争が続くパレスチナとイスラエルに住む人々の声を紹介します。

現地をルポした本を参照にします。

都合で、「映画に見る中東とアラブ世界」を終了しました。

 

The book

This book was published in 2003.

The book’s title means “would talk about own honest feeling”.

The author is Yagi Kenji, photographer, is addressing the Palestinian issue, and interviewed 100 people locally.

In the book, he introduces voices of Muslim and Judaist, the will of an Israeli refusenik or a Palestinian suicide bomber.

He does 15 common questions to 45 youths and the readers can understand their thought about the conflict.

The targets of the questions are 25 men, 20 women, 22 Judaist of Israeli, 21 Muslim of Palestinian, 2 persons from other religion, and their age is 15-25 years old.

 

I choose five cases from the questions, summarize the result and introduce my impression and the background in twice.

A note, total number of people isn’t equal to total number of the answers because the answers to the questions have the plural number.

 

 

参照する本

著者は八木健二、「正直な気持ちを話そう」(株)たちばな出版、2003年刊。

彼はカメラマンだが、パレスチナ問題に取り組み、現地で百人にインタビューした。

この本ではイスラム教徒とユダヤ教徒、両者の声と、イスラエルの兵役拒否者やパレスチナの自爆テロ犯の遺書も紹介している。

対象者45人に共通の質問15件を行い、若者の紛争への思いや考えがわかるようにしている。

質問の対象者は男25人、女性20人で、イスラル人(ユダヤ教徒)22人、パレスチナ人(イスラム教徒)21人、他宗教2人、年齢は15~25歳です。

 

私は2回に分けて、その質問の中から5件を選び、その結果を要約し、私の感想と背景について紹介します。

尚、質問に対する回答は複数がありますので、件数の合計と人数は一致しません。

 

 

2あ

< 2. Israel and autonomous Palestinian areas >

< 2. イスラエルとパレスチナ自治区 >

Black dashed line indicates the cease-fire line in 1949, green part does the autonomous Palestinian areas, cream part does Israeli territory, and many triangle marks are Israel forces garrisons.

 

黒破線が1949年の休戦ライン、緑色部がパレスチナ自治区、クリーム部がイスラエル支配地域、三角印がイスラエル軍駐屯地です。

 

 

Question, ” What do you think religion? Do you think that God exists?”

Something seeing from the answers

 

Their religious devotion is fervent, and all the Palestinians believe in God.

 

This may be caused by Palestinian is earnest Muslim, and in addition, their religious devotion is deep when the society becomes hopeless.

 

Four Israelis occasionally doubt God and think that God may bring an evil.

As Israel becomes dominant and rich, the young feels war-weariness from the protracted conflict.

 

質問 「宗教とは何だと思いますか? 神は存在すると思いますか?」

回答から見えるもの

 

両者共に信仰心は篤く、パレスチナ人全員が神を信じている。

 

 

これはパレスチナ人が熱心なイスラム教徒であることもあるが、社会が絶望的な時ほど信仰心が高まることに起因しているのかもしれない。

 

4人のイスラエル人は神に時折、疑いを持ち、災いをもたらす場合もあると考えている。

これはイスラエルが支配的で豊かになるに連れ、若者は長引く紛争に厭戦感を抱くようになったことが起因しているのだろう。

 

3

< 3. the conflict and change of the territory >

< 3. 紛争と領土の変化  >

4 pictures are arranged in order of the following titles from the top, the First Middle East War in 1948, Israeli territory (white) keeps spreading, and the Fourth Middle East War in 1973.

The bottom map shows the autonomous Palestinian areas of the current West Bank.

The red lines show the separation barrier described in mentioned “the other son”, and many blue points are the Jewish settlement that keeps increasing.

 

上から順番に、1948年の第一次中東戦争、拡大を続けるイスラエル領土(白色)、1973年の第四次中東戦争を示す。

一番下の地図は現在のヨルダン川西岸のパレスチナ自治区を示す。

赤線が映画「もうひとりの息子」で写されていた分離壁、青い点が増え続けるユダヤ人入植地です。

 

 

Question, “What is the war?”

Something seeing from the answers

 

質問 「戦争とは何ですか?」

回答から見えるもの

 

The most of them consider in common that the war is an evil and due to a stupid act objectively.

 

I feel that they have a feeling of war-weariness from a lot of the answers.

I think that they together come to regard themselves as the victims by the war and terrorism, during half a century from beginning of the war.

 

However, some Palestinians think they should continue the war for justice.

 

両者共に多くは、戦争は災いであり、愚かな行為であると客観的に見ている。

 

若者の多くは、剥き出しの貪欲さや弱肉強食が戦争をもたらしていると考えている。

また、多く回答から厭戦感が漂っている。

戦争を冷静に見ていると言うより、戦争開始から半世紀を経て、共に戦争やテロの被害者との気持ちが強いようです。

 

しかし、幾人かのパレスチナ人は正義の為に戦争を続行すべきだと考えている。

 

4

  • * 4

 

 

Question, ” Who is in fault concerning the war during this 50 – 100 years? “

Something seeing from the answers

 

質問 「この50年から100年の間、誰が悪いと思いますか?」

回答から見えるもの

 

I was surprised they one-sidedly don’t consider each antagonist in fault.

The answers indicating this are 11 cases of Palestinians, and 17 cases of Israelis, and this tendency is strong in Israeli.

 

I include “both side’s fault, no comment, obscurity, all the members, a fate, and nobody’s fault” in the answers.

The second most answers of Palestinian are 8 cases of neighboring countries (Arab, radicals, Jordan, Iran, Iraq), next 6 cases of the U.S.A, 5 cases of the U.K., and 3 cases of Israel.

There was not Palestinian answering own country is in fault.

 

私が驚いたのは、互いに敵対者を一方的に悪いと見なしていないことです。

 

これを示す回答は、パレスチナ人で11件、イスラエル人で17件あり、イスラエル人にその傾向が強い。

この回答には「両方が悪い、ノーコメント、不明、全員、運命、誰のせいでもない」を含めています。

 

パレスチナ人の回答で次いで多いものを挙げると、近隣諸国(アラブ、急進派、ヨルダン、イラン、イラク)の合計8件、米国の6件、英国の5件、イスラエルの3件が続く。

自国が悪いと答える人はいなかった。

 

 

The reasons that I suppose

  • l The Arab countries began the Middle East war, but they suffered a crushing defeat and recognized Israel with forsaking Palestine.
  • l The neighboring countries only arrange everything to suit their own convenience, and don’t rescue Palestine. Jordan of the east side seems to have been regarded that way in particular. And the oil-producing countries such as Saudi Arabia close to the United States, after all, it brings benefits to Israel.
  • l Various radicals repeat terrorism and let the conflict spread, but the neighboring countries (including Saudi Arabia, Syria, Iran) support each radical separately.
  • l The United States performed various interventions in the Middle East and the Islam zone (Arab and Afghan) more than half a century and planted the war and confusion.
  • l The U.K. established a border in the Middle East after the World War I without permission, and finally escaped when it became problems.

 

 

 

私が推測する彼らが悪いと見なす理由

  • * アラブ諸国は中東戦争を始めたが惨めな敗北を喫し、パレスチナを置き去りにしたままイスラエルを認めた。
  • * 近隣諸国は自国の都合しか念頭になく団結して救援してくれない。東隣のヨルダンは特にそう思われており、またサウジなど産油国は米国に擦り寄り、イスラエルを利することになる。
  • * 過激派がテロを繰り返し、紛争を拡大させているが、近隣諸国(サウジ、シリア、イランなど)はバラバラにそれぞれの過激派を支援している。
  • * 米国は、ここ半世紀以上、中東やイスラム圏(アラブとアフガン)に様々な介入を行い、戦火と混乱を植え付けた。
  • * 英国は、第一次世界大戦後、勝手に中東の国境を定め、もめると最後には逃げた。

 

 

The second most answers of Israeli are 2 cases of Arab, 2 cases of anti-Judea, 2 cases of Europe and America (include the U.K.), and next 1 case of the own country.

There wasn’t person answering Palestine is in fault.

 

 

イスラエル人で次いで多いものを挙げると。アラブ2件、反ユダヤ2件、欧米(英国含む)2件、自国の1件が続く。

パレスチナが悪いと答えた人はいなかった。

 

I was surprised there is the anti-Judea in the answers.

When the world criticizes the severe act of Israel, they seem to consider it as age-old discrimination against Jew (anti-Judea).

Israel became more and more high-handed (the right wing) since Prime Minister Rabin (winning Nobel Peace prize) of the moderates was assassinated in 1995 by the Jewish young man objecting to the peace.

As one of the outcome, the separation barrier began to be made in the West Bank since 2002, and the total extension becomes 700km now.

In contrast, the United Nations did censure resolution, and there is certain American Jew group that stood up to have to correct such Israeli excessive act.

 

The young of the both sides don’t blame the responsibility of the war on each other, and consider that the causes are due to both sides, Arabic neighbor countries, and European and American.

 

This continues next time.

 

ここで注目するのは、反ユダヤが挙がっていることです。

世界がイスラエルの苛酷な行為を非難すると、彼らは昔から続くユダヤ人差別(反ユダヤ)と受け取るようです。

1995年に穏健派のラビン首相(ノーベル平和賞受賞)が和平反対派のユダヤ人青年に暗殺されてから、イスラエルは益々、強権的(右翼的)になっている。

その現れとして、ヨルダン側西岸に分離壁が2002年から造られ始め、現在総延長は700kmにもなっている。

これに対して国連は非難決議をし、こうしたイスラエルの行き過ぎを是正すべきとして立ち上がった米国のユダヤ人団体もある。

 

両者の若者は概ね、戦争の責任を相手国だけに押し付けるのではなく、双方またはアラブ周辺国と欧米にあるとみている。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 6: Daijyo-ji temple and Maruyama Ōkyo 1


但馬海岸から丹後半島を巡って 6: 大乗寺と円山応挙 1

 

 1

< 1. a temple gate of Daijyo-ji >

< 1. 大乗寺の山門 >

 

Today, I introduce the temple being on the way to the mountain from Kasumi Port in Hyogo.

There were amazing things in the seemingly ordinary temple.

Many pictures of Maruyama Ōkyo and the pupils were breathing there.

I introduce them several times from now on.

 

今日は、兵庫県の香住港の山側にある寺を紹介します。

一見なんの変哲もない寺に凄いものがありました。

円山応挙と一門の絵がそこで生き続けているのです。

数回に分けて、紹介します。

 

 

About Daijyo-ji temple

This is a temple of the Shingon sect of Buddhism, and it is said that priest Gyogi founded it in the 8th century.

Afterwards, it became extinct, but a chief priest of it achieved the restoration in the end of 18th century of the latter half of the Edo era.

When this chief priest visited Kyoto, he knew the talent of Maruyama Ōkyo, and gave him much money.

After Maruyama Ōkyo became successful as an artist, he provided many pictures to this temple with 12 pupils to show its gratitude.

In this temple, there are more than one hundred of pictures and carvings, and the main works are still used in each room now.

So this temple is called Ōkyo temple.

 

 

 

大乗寺について

ここは真言宗の寺で、行基上人が8世紀に創建したと伝えられている。

その後、廃れていたが、江戸時代後期の18世紀末、ここの住職が再興をはたす。

この住職が京都訪問のおり、応挙の才能を知り、彼に銀三貫目(約50両?)を与えます。

応挙は大成したのち、その恩に報いるために、弟子12名とともにこの寺に絵を提供した。

百点を超える絵や彫り物があり、その主要なものが各部屋に今も当時のまま使用されています。

それで、ここは応挙寺とも呼ばれている。

 

 

2

< 2. a main gate and the stone wall >

< 2.山門と石垣 >

 

 

 

 

3

< 3. the entrance and an Ōkyo statue >

< 3.玄関の応挙像 >

Upper photo: if I passed through the main gate, I saw the excellent entrance hall that an Ōkyo statue was set in the center of.

Essentially, visitor enters the reception hall from this entrance hall, and opens the back shoji and enters a waiting room.

Tourist enters from kitchen of the right hand and pays the admission 800 yen.

And the tourist looks around many paintings of fusuma (sliding door), folding-screen paintings, and fretworks of ranma (transom) in the reception hall along with receiving explanation.

 

 

上の写真: 山門をくぐると立派な玄関が見え、その中央に応挙像があります。

本来、客はこの玄関から客殿に入り、この奥の障子を開けて農業の間(待合の座敷)に入ります。

見学者は、右手の庫裡(台所)から入り、入場料800円を支払います。

そして、説明を受けながら客殿の十数部屋の襖絵、屏風絵、欄間の彫り物を見て回ります。

 

 

4

< 4. the reception hall and a masterpiece of Ōkyo >

< 4.客殿と応挙の代表作 >

Upper photo: the kitchen side of the reception hall.

This building is more than 200 years old.

 

Lower picture: this is a national treasure, the half of folding-screen paintings that Ōkyo described pine trees covered with snow, and other museum has this.

 

上の写真: 客殿の庫裡側。

2百年ほど経た立派な建物です。

 

下の絵: 国宝「雪松図屏風」の半分で、三井記念美術館蔵です。

 

5

< 5. views of the main gate from in front of the reception hall  >

< 5. 客殿の前から山門側を見る >

 

6

< 6. main buildings >

< 6. 主要な建築物 >

Upper photo: the reception hall.

Lower photo: The right hand is Kannon-do hall and the left hand is Yakushi-do hall.

 

上の写真: 客殿。

下の写真: 右手が観音堂で左側が薬師堂。

 

7

< 7. views from in front of the Kannon-do hall >

< 7.観音堂から客殿を見る >

Upper photo: there is a garden between the reception hall and the left mountain, but I couldn’t see it.

Lower photo: Water just spouts out of the top point of a globular stone in the center of the stone washbasin.

The water flowing from the mountain gushed out of it intermittently, but I don’t understand the mechanism.

 

I introduce paintings of Ōkyo next time.

 

 

上の写真: 客殿と左の山の間に庭があるが、見学は出来ない。

下の写真: この手水鉢の中央にある宝珠の先から勢いよく水が飛び出している。

機構はわからないが、山から流れてくる水が間歇的に噴出していた。

 

次回から応挙らの絵を紹介します。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

何か変ですよ 42: 今、不思議な事が・・・


 

1

< 1. 寄付で豪華な返礼品 >

 

今、米国の大統領選挙で起きていることは、日本と無関係だろうか?

突如降って湧いたようなトランプ氏の過激な発言。

実は、これと日本の「ふるさと納税」が結びつくとしたら?

かいつまんで説明します。

  

 2

< 2. トランプ氏とふるさと納税? >

 

 

米国で起きていること

共和党のトランプ氏は排他的で、民主党のサンダース氏は社会主義志向で、双方とも主流から外れている。

しかし共通していることがある。

双方が両極端な主張を唱え、彼らを支持しているのは低所得層や若者層です。

既存の政党やホワイトハウスに絶望し爆発寸前に見えます。注釈1.

 

これはリフレ策を多く取り入れているヨーロッパ諸国も同様で、右傾化が目立っています。

この原因を難民問題とするのは早計で、これに遡る若年層の高失業率が長期にありました。

ここ半世紀にわたる欧米の経済政策と貧富の差の拡大がありました。

この不満に付け込むように過激で単純な解決案が発せられ、大衆は共鳴し始めている。

 

社会の鬱積しつつある不満を放置すると、何かを切っ掛けに突然爆発し、取り返しのつかないことになります。

歴史は繰り返します。注釈2

 

 

欧米の背景にあるもの

 

3a

< 3. 米国の経済状況 >

 

グラフA: 米国の経済は日本に比べて素晴らしい成長を遂げています。

これは一重に米国のFRBやホワイトハウスのお陰です。

 

グラフB:  グラフAの赤枠の時期、リーマンショックから景気回復までの期間の所得階層毎の実質所得の変化を示しています。

これは、バブルが弾けた後、上位20%の所得は回復するが、残り80%は益々貧しくなっていることを示しています。

 

グラフC: 1970年代以降(黄枠)、上位所得層10%の所得の伸び、シェア50%に今にも届きそうで、格差拡大は確実なのです。

この格差拡大の傾向は欧州も日本も同様ですが、まだ米国ほどには悪化していない。

この日米欧の格差について、私の別の連載で説明しています。注釈3

 

 

4

< 4. 踊る「ふるさと納税」 >

 

 

日本の状況はどうか 

不思議な事例として「ふるさと納税」を取り上げます。

これは納税と言うより寄付なので、個人の自由であり、故郷を思う気持ちを大事にしたい。

しかし、そこには現代を象徴する奇妙なからくりが潜んでいます。

功罪は色々あるでしょうが、ここでは3点について考察します。

 

 

先ず、経済効果を見ます

寄付受け取り側の自治体の多くは財政規模が小さく、税収不足に苦しんでいるはずで、寄付金はすぐに有効利用されるはずです。注釈4.

さらに返礼品(特産品)を地元業者に発注するのですから、地元経済の浮上に繋がる。

 

一方、「ふるさと納税者」が暮らす自治体の住民税と所得税はほぼ同額減額(控除)されます。

例えば、年間給与600万円の独身の場合、年間上限額77000円の「ふるさと納税」を行って、2000円の自己負担だけで残り全額75000円が税金控除されます。

こうして全国から返礼品目当てに別の地方に税金(寄付)が動くだけなのです。

そうは言っても全員が控除するわけではないので、全体で税収は若干増えるでしょう。(現在10%ぐらいか?)注釈5.

もちろん善意の人もいますので、ここでは大勢について語ります。

 

ここまでの説明では、経済効果はプラスマイナスゼロで、全体として増収分だけがメリットと言うことになります。

 

 

5

< 5. ふるさと納税の仕組み >

 

何が問題なのか

「ふるさと納税」の返礼品の相場が寄付の4割だとすれば、前述の例で77000円を寄付して30800円分の肉や魚、焼酎を受け取り、寄付をした人はそれらの購入費用を節約することになる。

この例では、2千円の手数料で15倍相当の商品が貰えるのです。

それも高額所得者になればなるほどその倍率(寄付限度額)がアップします。

この費用は国と自治体が負担、つまり国民の税金なのです。

現住所に納税している人にはこの特権がありません。

 

6a

< 6. ふるさと納税の問題点 「ふるさと納税制度の検証」より >

 

表4より、2013年の「ふるさと納税」は総額142億円、一人平均107000円で、その控除額は住民税43%、所得税34%の計77%でした。

赤線が示すように年を追うごとに、ほとんど控除されるようになっています。

 

表3の赤枠が示すように、所得階層別の寄付金額シェアは、2000万円~1億円の所得階層が35.2%を占め、彼らの所得税控除は最大の40%になっています。

また黄帯の所得層が、寄付金総額のちょうど中位になっています。

つまりこの制度は高額所得者に有利になっており、節税の一手段として便利です。

 

言い方を替えれば、高額所得者向けの還付金のようなもので、贅沢品の無駄遣いに税金が使われていることになる。

 

 

さらに本質的な問題がある

それは個人が税制を恣意的に差配していることです。

本来、税制の大きな役割に再分配制度があります。注釈6.

しかし現状は節税や返礼品欲しさに、特定の焼酎や高級牛肉の購入に税金が使われ、本来必要としている公共サービスや社会福祉などに使う分が減ることになります。

 

 

7

< 7. 何が起きているのか >

 

寄付してもらう自治体は5割の返礼を行っても損をしませんし、寄付する方は節税や節約が出来るので、ブームが加熱して当然です。

グラフDが示すように、「ふるさと納税」は、2013年142億円、2014年341億円、2015年1653億円と幾何級数的に増加しています。

日本は全国的に税収不足なのに、こんな愚かなことが起きているのです。

 

つまり、個人と自治体は我欲につられ、この基本的な社会システムをなし崩しにしているのです。

それを政府は便宜を図り、加勢しているのです。

なぜこのような事が起きるのでしょうか?

 

 

欧米と共通するもの

この「ふるさと納税」は、2008年に耳目を集め、軽い気持ちで始められた。

その後もエコノミストや政府はこの問題に触れない。

そして大方の国民は好感を持って傍観している。

 

皆が傍観している間に、高所得者層の節税や節約が進み、経済格差は徐々に広がって行くことになる。

さらに弱者をカバーする再分配制度も崩して行きますので、追い討ちをかけることになります。

 

グラフEが示すように、国民は日本政府の経済優先を信奉し盲従することにより、欧米と同じ道を急追しているのです。

 

「ふるさと納税」は些細な例ですが、気づかずに悪化を促進させている意味で特徴的な事例です。

これは違法でないタックスヘイブンや、所得税でなく消費税で増税したい政策と同じなのです。

 

今、国民の良識が問われているのです。

 

 

注釈

注釈1

クリントンが良いと言っているわけではありません。

ここ数十年、共和党と民主党への支持離れが徐々に進んでいました。

つまり、既存政党への失望は進んでいたのですが、今回、一気に噴出した。

 

注釈2

当然、ヨーロッパでリフレ策を採用していない国や、社会主義的な国、

難民を多く受け入れている国があり、状況は様々です。

しかし、どこかで難民問題に火がつくと燎原の火のように不満の捌け口として広がりました。

この状況は、19世紀半ばにヨーロッパで帝国主義が始まった時、1920年代にヒトラーが台頭した時と少し似ています。

 

注釈3

欧米の経済格差については「ピケティの資本論 12,14,29」で、

日本については「ピケティの資本論 25」で扱っています。

 

注釈4

税収不足の自治体ほど、寄付金は市民に直結する事業に直ぐ使用され、公共サービス向上と返礼品の売り上げ増で大いにメリットがあるはずです。

しかし、寄付が一過性のブームで終わる可能性がある為、自治体は計画的な事業計画が出来ない。

また返礼品競争の過熱は財政的なメリットを小さくしている。

 

注釈5

通常、寄付の税金控除は確定申告しなければなりません。

しかし、2015年4月からは「ふるさと納税」の控除手続きの簡易化と控除額アップを行いました。

色々、政府は通常の寄付に比べ優遇税制を行っています。

 

注釈6

再分配制度の目的には弱者救済や格差是正もありますが、景気浮揚の効果もあります。

例えば、還付金を高額所得者と低所得者のどちらに与える方が景気浮揚に繋がると思いますか。

低所得者ほど、その金を貯蓄出来ず消費に回さざるを得ないので、実体経済が循環し始めます。

一方、高額所得者は貯蓄か金融商品への投機の可能性が高い。

つまり、再分配制度を崩すことは、景気後退に繋がる可能性もあるのです。

 

 

 

Categories: culture+society, economy, <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 18: Seeing the Middle East and Arab world in films 11: Israeli-Palestinian conflict 1


中東に平和を! 18: 映画に見る中東とアラブ世界 11: イスラエルとパレスチナの紛争 1

 1

< 1. Jerusalem >

< 1. エルサレム >

 

I introduce the main point of Israeli-Palestinian conflict some times from today.

This is a religious war and ethnic cleansing that have continued for more than half a century.

And, the hatred and the fight penetrated into the Middle East, and their peace fades away more and more.

 

今日からイスラエルとパレスチナの紛争の要点を紹介します。

この争いは半世紀あまり続く宗教戦争であり民族浄化です。

そして、憎しみと戦いは中東に蔓延し、平和は益々遠のいている。

 

 

 2

< 2. Israeli-Palestinian conflict >

< 2.イスラエルとパレスチナの紛争 >

Upper photo: a suicide bombing in Israel.

Lower photo: Israeli attacked on the Gaza Strip.

 

上の写真: イスラエルでの自爆テロ。

下の写真: イスラエル軍によるガザ攻撃。

 

The beginning of this conflict

The conflict began between Jew who came over and Palestinian who was living in there from before.

In the early 20th century, a Judaist, Muslim and Christian had coexisted in the area of present Israel.

However, Jew of Europe started movement for rebuilding their nation on Palestine from the end of the 19th century. (Zionism)

 

After the First World War, the U.K. that had governed Palestine supported the movement first, and the League of Nations accepted the establishment of their nation, too. (Balfour Declaration in 1919, and British Mandate of Palestine during 1920-1948)

While the Holocaust attracted sympathy after the Second World War, the U.K. continued to limit immigration to Palestine to control the collision incidents that happened frequently by a Jewish rapid increase.

However, this intensified anti-British struggle by Jewish radicals, the U.K. gave up the mandatory administration by a large-scale blast incident, and entrusted the United Nations with the issue. (King David hotel bombing in 1946)

Then, the United Nations acknowledged that an Arab and a Jew divide this ground and are independent. (United Nations Partition Plan for Palestine in 1947)

The Jew received this and performed the establishment of Israel in 1948, but the Arab refused it.

 

During this time, the conflict became more intense, the Middle East war between Israel and the Arabic countries broke out at last in 1948, and occurred four times in total by 1973.

After that, the terrorism by Palestinian side, and the military offensive and rule expansion by Israel continue. (Lebanese Civil War, Gaza War, construction of separation barrier, and territory expansion)

Many Palestinians became refugees in the shadow of the conflict, and a Jew in the Middle Eastern was persecuted adversely.

 

The films that I already introduced, “ Lawrence of Arabia” “Schindler’s List” “ the other son” vividly talks about these process.

 

 

紛争の発端

争いの発端は、以前から住んでいたパレスチナ人と、後からやって来たユダヤ人にあります。

20世紀始めには、イスラム教徒、キリスト教徒とユダヤ教徒が今のイスラエルの地で共存していました。

 

しかし、19世紀末からヨーロッパで、ユダヤ人が自分の国をパレスチナに再建しょうとする運動を起こします。(シオニズム)

それを第一次世界大戦後、パレスチナを統治していた英国が最初に支持し、国際連盟も建国を認めます。(1919年のバルフォア宣言、1920-1948年のイギリス委任統治領パレスチナ)

第二次世界大戦後、ホロコーストが同情を集める一方、英国はユダヤ人急増で頻発する衝突事件を抑制する為に、パレスチナへの移民制限を継続していた。

しかしこれがユダヤ人過激派による反英闘争を激化させ、大規模爆破事件を切っ掛けに英国は委任統治を諦め、英国は国連にその後を委ねることにした。(1946年のキング・デイヴィッド・ホテル爆破事件)

そして国連はこの地をアラブ人とユダヤ人が分割して独立することを認めた(1947年のパレスチナ分割決議案)

これをユダヤ人は受け入れ、1948年にイスラエルを建国するが、アラブ人は拒否した。

 

この間、紛争は激しくなる一方で、ついに1948年、イスラエルとアラブ諸国との中東戦争が勃発し、1973年までに計4回の中東戦争が起こった。

その後も、パレスチナ側のテロとイスラエルによる軍事攻勢と支配拡大が続く。(レバノン内戦、ガザ侵攻、分離壁建設、領土拡大)

その影で多くのパレスチナ人が難民となり、逆に中東のユダヤ人は迫害された。

 

既に紹介した映画「アラビアのロレンス」「シンドラーのリスト」「もうひとりの息子」はこれらの経緯を如実に語っています。

 

 

What are Jew and Palestinian at odds with each other?

What is Jew?

 

Most people of Israel are Jew who came from all over Europe, Africa, the Middle East, and the world.

Now, by the law of Israel, Jew is defined by being born from Jewish mother or becoming a believer in Judaism.

There is a freedom of religion in Israel, so 5,200,000 Judaists, 1,100,000 Muslim, and 140,000 Christian coexist.

 

それでは、対立するパレスチナ人とユダヤ人とは何か?

 

ユダヤ人とは何者か?

映画「もうひとりの息子」を見て、両者の違いに疑問を持たれた方もおられるかもしれません。

 

イスラエル国民の多くはヨーロッパやアフリカ、中東、世界中から来たユダヤ人です。

現在、イスラエルの法律ではユダヤ人はユダヤ人の母親から生まれたか、ユダヤ教に入信

しているかです。

イスラエルには信仰の自由があり、ユダヤ教徒520万人、ムスリム110万人、キリスト教徒14万人が共存しています。

 

 

 

3

< 3. well-known Jewish American >

< 3.皆さんが良く知っているユダヤ系の米国人 >

 

From the top, scientist Einstein, diplomat Kissinger, economist Bernanke, investors George Soros, and actress Natalie Portman.

 

They emigrated to the United States or are descendant of the emigrant, and the most of them came from Europe.

Jew is a group attaching great importance to Judaism beyond language, and race.

And they have influence in the world as well as the United States and have a strong sense of unity.

 

上から科学者アインシュタイン、外交官キッシンジャー、経済学者バーナンキ、投資家ジョージ・ソロス、女優ナタリー・ポートマン。

 

彼らは米国に移住したか移民の子孫で、多くはヨーロッパから来た人です。

つまり、ユダヤ人は民族や人種、言語を越えたユダヤ教を重視する集団なのです。

そして、彼らは米国のみならず世界に影響力を有し、強固な一体感を持っているのです。

 

Who is Palestinian?

Until the beginning of the 20th century, they are Arab that has always lived in Palestine.

The origin is old, and is considered from that Jews were converted to Islam and became an Arab.

In other words, Jew should be nearer racially than the Israeli that came later.

 

一方、パレスチナ人とは何者か?

20世紀初めまで、パレスチナに以前から住んでいたアラブ人のことです。

古くはユダヤ人などがイスラムに改宗しアラブ化したのが起源です。

つまり、人種的には後から来たイスラエル人よりはユダヤ人に近いはずです。

そうは言っても、この地は三大陸の結節点なので、多くの民族や人種が入り混じっているのですが。

 

 

 4

< 4. well-known Middle Eastern Arabic person >

< 4.著名な中東アラブ系の人 >

 

From the top, current President of Syria Al-Assad, Nissan’s CEO Carlos Ghosn, late President of Egypt Nasser, scholar Edward Saeed, and actor Omar Sharif.

 

上から現シリア大統領アサド、日産CEOカルロス・ゴーン、故エジプト大統領ナセル、学者エドワード・サイード、俳優オマル・シャリーフ。

 

What was the cause of the fight of both?

Jew had survived the history of the persecution for 2000 years, and therefore they strongly united together, and demanded a ground of living in peace.

During the Great War, Europe ruled Palestine and permitted the Jewish settlement as an atonement of the persecution.

However, people to immigrate en masse were only strangers to people that have lived from old times in there and been suddenly ruled.

Thus, the collision incidents advanced to war at last.

 

This continued next time.

 

両者の争いの原因は何だったのか。

結局、2千年の迫害の歴史を生き抜いたユダヤ人が、それゆえに強く団結し、安住の地を求めた。

そして、大戦の間隙を縫って、ヨーロッパがパレスチナを支配し、迫害の罪滅ぼしとユダヤ人の入植を許した。

しかし、従来から住む支配された人々にとって、大挙して入植する人々はよそ者に過ぎなかった。

かくして、小競り合いは遂に戦争へと進んだ。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 5: went along Tajima shore


但馬海岸から丹後半島を巡って 5: 但馬海岸を行く

 

1

  • * 1

 

Today, I introduce the scenery from Yumura Onsen to the estuary of Maruyama River.

We saw fisherman villages and beaches while we drove through mountain villages and drove along Tajima shore.

 

今日は、湯村温泉から円山川の河口までの景色を紹介します。

山村を抜け、但馬海岸の海岸線をドライブし、漁村と浜を眺めました。

 

 2map

< 2. sightseeing map >

< 2. 観光地図 >

 

Two red markings show Yumura Onsen and Hamasaka Port that I already introduced.

A-F in the map is mainly spots that I took a picture.

 

赤い印は既に紹介した湯村温泉と浜坂港です。

AからFが写真で紹介する景色です。

 

 

 

 3

< 3. a shrine by a mountain village, A of the map >

< 3. 金屋と熊野神社、地図番号A >

 

On the way to Hamasaka port from Yumura Onsen, there was original scenery of Japan.

The shrine was in the deep forest by a small village.

 

湯村温泉から浜坂港までの途中に、日本の山村に残る原風景がありました。

小さな村のすぐ横の深い森に神社が建っていました。

 

 

 4

< 4. Amarube, B of map >

< 4. あまるべ、地図番号B >

 

Formerly, the railroad bridging of the right hand was famous for beautiful iron bridge, but it was reshaped since a train fall accident of 30 years ago.

 

以前、右手の鉄道架橋は美しい鉄橋で有名でしたが、30年前の列車転落事故により造り直されました。

 

 

5

< 5. Kasumi, C of map >

< 5. 香住、地図番号C >

 

This port town was crowded with crabbing in winter, but was empty at this time.

We had lunch in tribute to crab here.

The sky began to cloud over suddenly.

 

この港は、冬に蟹漁で賑わいますが、この時期は閑散としていました。

ここで蟹にちなんだ昼食を頂きました。

急に空が曇って来ました。

 

 6

< 6. spots near to Kasumi port >

< 6. 香住港の近く >

 

Two lower photos, D of map: a bathing beach.

下2枚の写真、地図番号D: 佐津海水浴場。

 

 7

< 7. neighborhoods of Takeno beach >

< 7. 竹野浜付近 >

Lower photo, E of map: Takeno bathing beach.

下の写真、地図番号E: 竹野浜海水浴場。

 

In the summer about 30 years ago, I came here for sea bathing with my family well.

And I came to Kannabe Kogen of this mountainside for skiing in winter.

I brought back pleasant memories.

 

30年ほど前の夏、家族を連れて海水浴によく来ました。

冬はここの山手にある神鍋高原にもスキーに来ました。

楽しい思い出で蘇ります。

 

 8

< 8.  neighborhoods of the estuary of Maruyama River >

< 8. 円山川の河口付近を望む >

 

Upper photo, F of map: the shoreline of Tango Peninsula extends in the back.

 

Now this sea is calm, but this Sea of Japan becomes stormy in winter.

Thereby, this shoreline becomes rugged, and this sea near to the deep mountains brings rich food.

However, the fisherman must fish at the risk of life.

 

This continues next time.

 

 

上の写真、地図番号F: この奥に丹後半島の海岸線が延びています。

下の写真: この険しい崖の松の木に隼が生息している。

今回の旅行で、幾度か崖に照準を合わせたカメラマン達の姿を見た。

 

今は穏やかな海だが、この日本海は冬に大しけになる。

それで海岸線は荒々しくなり、深い山が迫るこの海は豊かな幸をもたらすことになる。

しかし漁師は命がけで漁をしなければならない。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , | 9 Comments

地中海とカナリヤ諸島クルーズ 18: クルーズ船の食事


1

< 1. ビュッフェで昼食 >

 

今日は、クルーズ船MSCファンタジア号の食事を紹介します。

贅沢なひと時が待っています。

おおむね、いつでも自由に追加料金なしで飲食が出来ます。

 

 

食事の概要

食事にはビュッフェ、レストランとルームサービスがあります。

食事の情報や時間は毎日の船内新聞「Daily program」に記載されています。

 

ビュッフェでの食事は6:00から25:45まで自由に出来ます。

但し、提供される食事の種類は時間帯で変わります。

コーヒーと紅茶だけは24時間あります。

 

レストランでの食事は朝昼夕、可能ですが、時間とテーブルが決まっています。

キャンセルは不要ですが、遅れると入場出来ません。

3回の食事共、すべて献立表から自由に注文が出来ます。

夕食のコース料理が、一番盛りだくさんです。

 

服装は夕食時のみドレスコードがありますが、朝と昼はありません。

私の印象では、ドレスコードをあまり気にしなくて良い。

外国の方ではたまにラフな人がいましたが、日本人はきちっと守っています。

やはりこの場を楽しむには日本人に合わすことが必要で、それが煩わしければビュッフェが良いでしょう。

 

 

私の利用法

レストランでの食事はすべてほぼ2時間弱要しますので、私はビュッフェで朝昼、レストランで夕食をとりました。

夕食開始時間が毎日18:15なので、夕陽の撮影とかぶる為、この時はビュッフェで食事しました。

レストランで朝食と昼食を幾度か食べましたが、充分に楽しめます。

またルームサービスの朝食も一度だけ頼みましたが、物足りない感じがしました。

 

紹介しているのは、すべて追加料金不要の食事ばかりです。

アルコールはすべて有料です。

 

 2a

< 2. ビュッフェでの食事 >

 

ここは眺めが良く、気ままに食事出来るのが良いです。

残念ながらでディナー用のレストランからはほとんど眺望を楽しむことが出来ません。

申し込み時からキャビンのクラスを上げておくと、それは可能になります。

 

 3a

< 3. ビュッフェの配置 >

 

約100mの範囲に多彩で充分な量の料理が出されていますので、並んで待つことはほとんどありません。

時間帯によれば、テーブルが一杯になり、外人の方に相席をお願いすることになります。

 

 

 

 4a

< 4. ビュッフェ 1 >

飲料、ジュースやコーヒーの種類が少ない。

 

 

 5

< 5. ビュッフェ 2>

 

メイン、デザート、果物などの種類は豊富ですが、日本料理や中華料理などのアジアン料理は皆無でした。

ここでティータイムとしてコーヒーとケーキ、果物を飲食することは自由ですが、時間帯によっては提供されていないことがある。

 

 6

< 6. レストランで朝食 >

 

朝昼夕食共、同じレストランです。

すべて日本語の献立表を見て注文できます。

朝食では、卵料理などアレンジも可能ですが、慣れていないのでスムーズには行かず、これも愛嬌です。

 

 

 7

< 7. レストランでディナー >

 

下の写真のビールは今回、気に入った英国のサイダーBulmers(アルコール度数4.5)です。

給仕してくれるボーイの多くは発展途上国の出稼ぎ者で、彼らにお勧めのビールを手当たり次第聞いた結果が、このビールになりました。

 

 

 

8

< 8. ディナー料理 1 >

 

レストランでのディナーについて

テーブルへの着席はボーイの案内に従います。

参加ツアーの人数に合わせてテーブルが決まりますが、その中で自由に座ることが出来ます。

 

食事は日本語だけで充分で、テーブル付のボーイは英語と日本語の単語がわかります。

料理は概ね、前菜、サラダ、スープ、パスタ類、魚料理、肉料理、デザートから選びます。

それぞれ、その日だけの料理が数種類提供されています。

これらから好きなだけ、お客様は選ぶことが出来ます。

 

各料理の配膳は、テーブル全体の進捗状況に合わせて行われ、最後のデザートが出てくるのが同じになります。

コーヒー、ジュースは有料です。

 

 

9

< 9.ディナー料理 2 >

 

 

感想

クルーズの最大の楽しみはこの食事かもしれません。

レストランでは毎日、異なる料理が食べ切れないほど出てきます。

私は、夕食時、どうしても注文し過ぎてしまいます。

レストランのサービスは充分でした。

アルコール、ビールやワインの種類も豊富です。

 

少し残念なことがあります。

一番はヨーロッパ、イタリア料理ばかりだと言うことです。

12日間も食べていると、変化が欲しくなります。

カジュアルクルーズの為か、食材や味付けに変化や高級感はありません。

おそらく食通の方には満足いただけないでしょう。

 

それでも、体重や1日合計5時間以上の食事時間が気にならない方には、クルーズの食事は最大の楽しみになるでしょう。

 

ほとんど外人客ですが、多くの乗船客は談笑しながら食事を堪能していたように思えます。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 17: Seeing the Middle East and Arab world in films 10: the other son


 

中東に平和を! 17: 映画に見る中東とアラブ世界 10: もうひとりの息子

 

1

  • * 1

 

Today, I introduce the film ”the other son” that was filmed on location in Israel and Palestine.

This film asks what the ethnic battle is through a bond of parent and child.

 

今日は、イスラエルとパレスチナで撮影された映画「もうひとりの息子」を取り上げます。

この映画は親子の絆を通して民族紛争とは何かを問いかける。

 

 

2

< 2. setting of the film >

< 2.映画の舞台 >

Current Israel and Palestine are setting of the film.

現在のイスラエルとパレスチナが舞台です。

 

Summary of the film

-Production-

It was made in France in 2012.

 

-Contents-

This story opens with two families of Israel and Palestine surrounded by separation barriers.

 

The Middle East conflict between a Jew and an Arab continues for half a century.

Giant Israel strengthens the racial discrimination, and weak Palestine increases hatred.

Still the two families were living happily.

 

One day, the parents know that there was an accident at the time of the birth of their sons.

It brought two families conflicted feeling, but before long two sons became ..…

 

映画の概要

 

―製作―

フランス、2012年。

 

―内容―

イスラエルと分離壁で囲まれたパレスチナの二つの家族によって話は展開する。

 

半世紀にわたるユダヤ人とアラブ人の泥沼の中東紛争がある。

強者イスラエルは人種差別を強固にし、弱者パレスチナは憎悪を募らせるばかりです。

それでも二つの家族は幸せに暮らしていた。

 

そんなある日、息子の誕生時に事故があったことを両親は知る。

それは家族に葛藤をもたらすが、やがて二人の息子は・・・・。

 

Story

ストーリ

 

3

< 3. beginning >

< 3.発端 >

Upper photo: sons of the leading player.

Israeli Joseph in the right side, and Palestinian Yacine in the left side.

 

Central photo: a beginning scene of the film.

After this, Joseph takes an examination for conscription, and the accident at the time of his birth becomes clear.

 

Lower photo: their parents.

Joseph’s parents in the left side, and Yacine’s parents in the right side.

For the first time, they know the facts that Yacine and Joseph was mixed up at the time of their birth in a hospital.

 

上の写真: 主役の息子達。

右がイスラエル人のヨセフ、左がパレスチナ人のヤシン。

 

真ん中の写真: 映画の冒頭シーン。

この後、ヨセフは徴兵検査を受け、誕生時の事故が明らかになる。

 

下の写真: 互いの両親。

左がヨセフの両親、右がヤシンの両親。

ここでヨセフとヤシンが出生時、病院で取り違えられたことが知らされる。

 

4

< 4. Yacine returns to his home >

< 4.ヤシンの帰郷 >

Yacine returned home from studying in France.

He received an inspection by Israeli military and came back to his home in the separation barrier.

There were parents, an older brother, and a younger sister welcoming him.

 

ヤシンはフランス留学から帰国した。

彼はイスラエル軍の検問を受け、分離壁の中の我が家に帰って来た。

そこには温かく迎える両親や兄、妹がいた。

 

5

< 5. Joseph >

< 5.ヨセフ >

 

Joseph has enjoyed a freedom before his conscription and has lived with a family happily.

 

By the accident that mixed up them, his parents became not only other persons but also he suddenly belonged to fighting enemy.

Furthermore, he lost his religious identity because his mother was not a Jew.

Even if he desired to be a Judaist, the rabbi pronounced that he could not be it.

 

Then he passes through a checkpoint, and goes to meet his biological family of Palestine.

 

ヨセフは徴兵前の自由を楽しみ、家族と幸せに暮らしていた。

 

取り違え事故によって、両親が他人であるだけでなく、自分は争う敵の一員になった。

さらに母がユダヤ人で無いことは、ヨセフから宗教的アイデンティティーを奪い取った。

ラビは、彼が望もうがユダヤ教徒ではありえないと宣告した。

 

そして彼は検問所を通り、血のつながったパレスチナの家族に逢いに行く。

 

6

< 6. Yacine’s family >

< 6.ヤシンの家族 >

 

Yacine’s family is invited from Joseph’s family, and they go in Israel.

The older brother of Yacine refused to go to Israel that he should hate.

 

ヤシンの家族はヨセフの家族から招待を受けて、イスラエルに入る。

ヤシンの兄は、憎むべきイスラエルに行くことを拒否した。

 

7

< 7. at the end >

< 7.最後に >

 

Each parent and older brother agonizes for anger against enemy and despair, but each mother recognizes this fact before long.

Two sons have a conflicted feeling with the bond of parent and child, but they become friends while they are looking for identity in adverse country.

 

One day, Joseph is stabbed by a ruffian at a shore of Israel, and he come into hospital.

The older brother (biological brother) of Yacine and Yacine came to visit Joseph.

 

Yacine: “I called your parents. They are coming.”

Joseph:   “ My parents? Which ones?”

 

The film ends here.

 

 

互いの両親と兄は敵への怒りと絶望で苦悶するが、やがて母親らはこの事実を受容していく。

息子達は、親子の絆に葛藤しながらも、アイデンティティーを互いの国に探し求める内に、仲良くなって行く。

 

ある時、ヨセフがイスラエルの海岸で暴漢に刺され入院することになる。

そして、ヤシンとヤシンの兄(ヨセフの血縁の兄)が見舞いに来た。

 

ヤシン:「私は君の両親を呼んだ、すぐに来るよ!」

ヨセフ:「私の両親? どちらかな?」

 

ここで映画は終わる。

 

8

There is the whole film of 1 hour and 45 minutes in You Tube, and it is not in Japanese.

YouTubeの映画全編1時間45分、日本語ではありません。

https://youtu.be/iQfsEITimac

 

Sentiments

This film carefully describes “love of the family” happening in maelstrom of the intense ethnic antagonism.

 

The accident of mixed up babies comes to break the reliability of a source of conflict.

How much meaning does the difference of race and religion that creates the hatred between Jew and Arab have?

 

This film shows that there is a hope in the Middle East conflict.

 

 

感想

この映画は、激しい民族対立の渦中で起こる「家族の愛」を丁寧に描いている。

 

一つの赤子の取り違え事故が、両者対立の信憑性を突き崩すことになる。

ユダヤ人とアラブ人の憎悪の根にある宗教や民族の違いはどれほどの意味があるのだろうか。

 

この映画は今の中東紛争にも希望があることを示している。

 

About the Middle East conflict between Israel and Palestine

Unfortunately, the reality is much more miserable.

Therefore I introduce some helpful points of the understanding of the Middle East conflict on the next time.

 

What is Israel and Palestine?

What did the Middle East conflict bring?

 

This continues next time.

 

 

イスラエルとパレスチナの中東紛争について

残念ながら、現実は遙かに悲惨です。

そこで中東紛争の理解の助けになる、いくつかのポイントを次回紹介します。

イスラエル、パレスチナとは何か?

中東紛争は何をもたらしたのか?

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 16: Seeing the Middle East and Arab world in films 9: Refugee issue 2


中東に平和を! 16: 映画に見る中東とアラブ世界 8: 難民問題 2

 

1

< 1. a demonstration against refugees in Eastern Europe >

< 1.東欧の難民反対デモ >

 

I consider the issue of migration and Syrian refugees, today.

今日は、移住による問題とシリア難民を考えます。

 

 

2

< 2. refugees of the current world >

< 2.現在の世界の難民 >

 

The forcibly displaced people in the world are 59,500,000, and 19,500,000 of them are the refugees.

Half of refugees are less than 18 years old, and the maximum birthplace of refugees are three Islamic nations.

 

世界で移住を強いられた人は5950万人、その内、難民は1950万人です。

難民の半数は18歳以下、難民の最大発生地はイスラム圏の三ヵ国です。

 

 

What of the migration is problem?

Harmful influences caused by migration are, in old times, the invasions by great transmigration of race, and at present, the deterioration in the security situation by refugees.

 

Why will the migrator cause the deterioration in the security situation?

The society where different races and religion groups live a life with being mixed together has a risk of the deterioration in the security situation.

This is because the big groups discriminate and enclose small groups, and small groups unite against it.

A crack between both is only going to grow bigger, and at last, the confrontation may become violent by a tension with foreign country and a recession.

This is not only problem in current Europe and America but also universal problem, as well as the Holocaust, the conflict in Yugoslavia, conflict of Northern Ireland.

After all, the problem occurs depending on the discrimination combining with the difference between each race and religion.

 

There is not excellent means solving this at one sweep, but it is important that we know the factor and the measures.

Graph 3 indicates the one example.

 

 

移住の何が問題か

移住によって起きる大きな弊害は、古くは民族大移動での侵略、現在は難民による治安悪化でしょう。

 

移住によって治安悪化はなぜ起きるのでしょうか。

異なる民族や宗教集団が混住している社会は治安悪化の危険性を孕んでいます。

これは大きな集団が小さな集団を差別し囲い込みをすることと、それに対抗して小集団が団結する為です。

こうして両者の亀裂は深くなるばかりで、不況や外国との緊張を切っ掛けに、ついにその対立は暴力的になることがある。

これは現在の欧米だけでなく、ホロコースト、ユーゴ紛争、アイルランド紛争に見られる普遍的問題です。

結局、民族や宗教の違いと差別が相俟って問題が発生します。

 

これを一挙に解決する妙薬はありませんが、その要因と対策を知っておくことは重要です。

一例をグラフ3に示します。

 

 

3

< 3. ratio of NEET in second-generation immigrants and non-immigrants >

< 3. 移民2世と非移民のニートの割合 >

 

The green bar graph shows second-generation immigrant, and the orange does the non-immigrant.

 

In Spain on the extreme right, the NEET (Note 4) ratio is a big difference between 42% of second-generation immigrants and 17% of non-emigrants.

Spain economy is slowing down, so this difference is expanding.

When such situation continues, the security situation of the society will turn worse.

 

In Canada on the extreme left, the difference is few and reverse.

In such society, the deterioration in the security situation is hard to occur, that is there are the measures.

 

 

緑色の棒グラフは移民2世、橙色は非移民を示す。

右端のスペインでは、ニート(注釈4)の割合は移民2世42%、非移民17%と大きな格差がある。

スペインは経済不調もあり、この差が拡大傾向にあります。

このようなことが続くと、その社会の治安は悪化することになる。

 

左端のカナダでは、その差が少なく逆転もしている。

このような社会では治安悪化は起こり難い、つまり対策はあるのです。

 

 

4

< 4. Syrian refugees >

< 4. シリア難民 >

Lower photo: The Syrian refugees occurred from 2011 and rapidly increased to 2016.

The Syrian refugees go toward the country that does not discriminate against immigrants.

 

下のグラフ: シリア難民は2011年から発生し、2016年へと急拡大した。

シリア難民は移民を差別しない国を目指している。

 

 

Handling of Syrian refugees 

The world concluded a treaty for refugee relief half a century ago.

The refugee relief is important from a humanist standpoint, but the persuasion to Europe and America will be useless in the situation that the public sentiment is shifting to the right wing.

In addition, further acceptance of refugees domestically causes a danger of accidental explosion. Note 2.

 

Even so, what we must know is it will connect to big riot and war to ignore this situation with only refusing the refugees. Note 3.

Regardless of great power’s purpose, they are adding oil to the fire by supply weapons and military aid, and the war only spreads in the Middle East more than half a century. Note 4.

In addition, many areas that produce large numbers of refugees are countries that Europe and America colonized or interfered afterwards.

 

It cannot say that Europe and America is not responsible really. Note 5.

 

 

シリア難民への対処

半世紀前、世界は難民救済の条約を結びました。

人道的見地から難民を救済することは重要ですが、欧米が右傾化している状況で説得は無駄でしょう。

また、これ以上の難民受け入れは国内で暴発の危険があります。注釈2.

 

それでも知っておかなければならないことは、難民を拒否するだけでその状況を放置すれば、やがて大きな暴動や戦争に繋がることです。注釈3.

目的がどうであれ、大国は武器供給や軍事援助で火に油を注ぎ続けており、ここ半世紀以上、中東の戦火は拡大するばかりです。注釈4.

また現在、大量の難民が発生しているほとんどの地域はかつて欧米が植民地にし、その後干渉した所です。

欧米にまったく責任が無いとは言えないでしょう。注釈5.

 

 

5

< 5. Syria and Turkey >

< 5. シリアとトルコ >

Upper map: the country that is accepting the biggest refugees is Turkey.

The Turkey is not in the group of Arab, but is a country that is the most aggressive in conflict resolution and refugee relief as a fellow Muslim now.

Besides, the Turkey doesn’t ally with Europe and America easily, and unashamedly says sound argument to Israel.

 

Lower photo: Turkey contacts at a long border with Syria.

 

上の地図: 最大の難民受け入れ国はトルコです。

トルコはアラブでは無いが、現在、イスラムの同朋として紛争解決や難民救済に最も積極的な国です。

しかも欧米に組せず、イスラエルに臆するところがありません。

 

下の地図: トルコはシリアと長い国境線で接しています。

 

In that case, the means is only one

Turkey accepts less than 2 million refugees now.

 

We set up a buffering zone between Syria and Turkey and should provide accommodation for Syrian refugees. Note 6.

Turkey suggests this.

The world cooperates and protects this area with armaments and should promote independence by our help.

 

This continues next time.

 

そうなると手段は一つしかない。

現在、トルコは200万近い難民を受け入れています。

 

シリアとトルコの国境に緩衝帯を設け、そこに難民を収容すべきです。注釈6.

トルコがこれを提案しています。

世界が協力し、この地域を軍事力で保護し、援助によって自立を促すべきです。

それは難民キャンプを発展させたものです。

 

次回に続きます。

 

 

注釈1: ニートとは、15~34歳で就労と就学のいずれも行っていない人を指す。

 

注釈2: ヒトラーが不況による不満のはけ口をユダヤ人に向けたことで、ドイツ国民が彼の独裁を歓迎したと言える。

社会に大きな不況や不安がある時、国民は内外にスケープゴートを求めやすくなり、それを巧みに煽動する者が社会を先導し、最悪、戦争が起きる。

 

注釈3: 明言出来ないのですが、古代の難民の多くは紀元前2千年紀の東地中海の「海の民」のように侵犯を行った。

放浪していたユダヤ人はカナンの地を侵犯し、これを征服したと聖書に記されている。

難民集団はいつまでも定住出来ず生業を得られないなら、貧困と治安悪化が亢進し、紛争やテロの温床になるでしょう。

 

注釈4: 多くは同盟国援助や紛争低減を目指している。

しかし同盟国援助は対立する大国が、対立する紛争当事国を軍事強化する隘路に陥り、ベトナム戦争やイラン・イラク戦争、アフガン紛争の二の舞になっている。

また紛争低減と言えども、供与された大量の最新武器が過激派に回り、また市民生活の破壊を拡大させ、戦争の再生産を招いている。

 

注釈5: 1世紀前に国が犯した侵略を裁き、その責任を問い、賠償させる法はこの世に存在しません。

まして相手は勝利国でかつ多数の大国です。

戦争犯罪で個人を処罰する法とその執行はやっと緒につきました。

今後、世界は協同してこの問題に取り組まないと、いつまで経っても大国の恣意的な軍事行動や侵犯行為の被害に泣くことになるでしょう。

 

注釈6: かつてクロアチアの南部国境地帯が難民を受け入れる緩衝帯とされました。

これは軍事上の防衛線として企図された為、後にユーゴ紛争の火種になった。

またイスラエルは、1世紀あまりで、ほぼ人口5万人の地方都市から800万人の先進国家となりました。

犠牲は大きかったが、無からでも国家の誕生が現代でも可能なことを示している。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 15: Seeing the Middle East and Arab world in films 8: Refugee issue 1


 

中東に平和を! 15: 映画に見る中東とアラブ世界 8: 難民問題 1

 

1

  • * 1

 

I consider refugee issue in twice from now on.

We look at various migrations at first.

 

これから2回に分けて、難民問題を考察します。

はじめに様々な移住について見ます。

 

 

History of human migrations (Note 1)

Our Homo sapiens spread throughout this earth along with migrating for hundred thousands years from the birth.

Most of great transmigration of race was caused by each climate change, it arose on several occasions, and the migration spread like playing billiard. (Note 2)

In ancient times, an Assyrian and a Greek emigrated far and wide to enlarge their commercial domain. (Note 3)

In the middle Ages, a German actively colonized Eastern Europe.

By these results, our ancestors had many parents of different ethnic groups all over the world, and these traces remain in our gene.

This is shown in figure 2.

 

European 60 million people left the mother country and emigrated between the 19th and the 20th century.

In Japan, 3,200,000 people except soldier returned home by this defeat from the emigration area.

About million people emigrated all over the world in 2005.

 

 

移住の歴史 注釈1.

新人類は誕生から十数万年かけて移住しながら地球全域に拡散しました。

多くは気候変動によって、幾たびも民族の大移動が起き、玉突きの如く移住は広がりました。注釈2.

古代、アッシリア人やギリシャ人は商圏を広げる為に遠くまで移住しました。注釈3.

中世、ドイツ人は盛んに東欧に植民しました。

これらの結果、私達の祖先は世界中で混血し、その痕跡が私達の遺伝子に残っています。

それを図2に示します。

 

19世紀から20世紀にかけて、欧州から6000万人が母国を離れ移住した。

日本では敗戦によって軍人を除く320万人が移住先から帰国した。

2005年には2億近い人達が世界中で移民を行った。

 

 

2

< 2. Human migrations and Japanese race >

< 2. 人類の移動と日本民族 >

Upper map: a history of human migrations supposed by genes.

The numerical values indicate how many years ago.

 

Lower map: we are able to understand the roots of Japanese people by our genetic variation.

The blue line shows current Japanese people, and others show an African or a European.

During this 150 thousands years, Japanese ancestors had many parents of different ethnic groups all over the world, and came in the Japanese Archipelago on several occasions.

Because Japan of an island is so, people of the world are of more mixed parentage.

 

上の地図: 遺伝子から推測した人類移動史。

数値は何年前を示す。

 

下の地図: 遺伝子の変異からわかる日本人のルーツ。

青線が現在の日本人を、他はアフリカ人かヨーロッパ人を示す。

過去15万年の間に、日本人の祖先は世界各地で他の人種と幾度も枝分かれし、日本列島にやって来た。

島国の日本でこうですから、世界中の人々はもっと混血していることになります。

 

 

3

< 3. emigrants reached New York >

< 3. ニューヨークに着いた移民 >

 

 

4

< 4. how America’s source of immigrants has changed over time between 1850-2013 >

< 4. 各州で最大を占めるアメリカ移民の母国、1850~2013年の間の変遷 >

その構成は年々変化している。

 

What the migration brings

Immigrant was indispensable for the development of the United States, and approximately 70 million people entered this country in the past two centuries.

President Kennedy who was a grandchild of immigrant spoke it in this way.

“…. The society of imigrants who began the new life. … The country of people having courage to investigate new frontier. …. This is the secret of the United States’s success.”

 

Merchants of overseas Chinese, an Arab, an Indian, and a Jew jumped to the world and played an active part.

In ante-Christum, Propagation would have been late if a Jew hadn’t translated the Bible into Greek in Alexandria. (Note 4)

In the middle ages, the Renaissance might not have blossomed in Europe if there weren’t a Christian that escaped in Baghdad, and an Arab in Toledo.   (Note 5)

How would this society and culture of Japan have turned out if immigrants never have come to this island from beyond the sea?

 

In the 19th century, France having been hurt for labor shortage accepted quickly immigrants from the neighboring countries, and also did it from Algeria in early the 20th century.

The ratio of foreigners in the total population of France was 1% of 1851 and 6% of 2006.

Europe and America accepted many emigrant laborers positively to make up for the population decline due to the drop of the birth rate, and enabled economic growth.

Each country needed the immigrant who could receive dangerous, dirty, and difficult jobs at a low price.

EU that aimed for an ideal confederation of states wanted to cancel the economic disparity of each country, and person and capital could move freely within the region.

 

The motives of migrations are to escape from war, famine, or persecution, and for trade or working.

This doesn’t disappear from the world in the least.

There would not be the present world if migrations were not possible at all.

 

This continues next time.

 

 

移住がもたらすもの

アメリカの発展に移民は不可欠で、過去2世紀で約7000万人が入国した。

移民の孫だったケネディ大統領は、こう述べている。

「・・新しい人生を始めた移民の社会。・・新たなフロンティアを探る勇気を持った人たちの国… それがアメリカの成功の秘密である」

 

華僑(中国人)やアラブ、インド、ユダヤの商人が世界に飛び出して活躍した。

もし紀元前にユダヤ人がアレクサンドリアで聖書をギリシャ語に翻訳していなければ、布教は遅れたことだろう。注釈4.

もし中世に逃れて来たキリスト教徒がバクダードで、またアラブ人がトレドにいなければヨーロッパでルネサンスは開花しなかったかもしれない。注釈5.

もし、海外からこの列島に移住者(渡来者)が来なければ、日本の社会や文化はどうなっていただろうか。

 

19世紀、労働者不足に窮したフランスはいち早く近隣諸国から、また20世紀初頭にはアルジェリアからの移民を受け入れた。

フランスの総人口における外国人の割合は1851年の1%から2006年の6%になった。

欧米は出生率の低下による人口減少を補う為に、労働移民を積極的に受け入れ、経済成長を可能にした。

各国は汚い、危険、過酷な労働を安く請けてくれる移民を必要とした。

理想の国家連合を目指したEUは人や資本が自由に移動出来ることで、各国の経済格差を解消しようとした。

 

移住の動機は飢饉や戦争、迫害から逃れる為、また貿易や就労の為などで、これが世界から無くなることはない。

もし移住がまったく出来なかったら、今の世界はなかったでしょう。

 

次回に続きます。

 

 

注釈1: 人々の移動を指す用語には移住、移民、難民、殖民、居留民などがあり、少しずつ意味が異なりますが、最も広い意味を持つ移住を使います。

 

注釈2: 有名なのはアーリア人やゲルマン人の民族移動などです。

また約6000年前、オーストロネシア人は東南アジアから太平洋諸島へカヌーによって移住しました。

これは中国南部の人々が北方から押し出される形で起きたと考えられます。

 

注釈3: 少し時代は下りますが、華僑(中国人)や倭寇(日本人)は主に商業や貿易が目的で移住しました。

 

注釈4: 当時、貿易都市アレクサンドリアには多くの外国商人がおり、ギリシャ語が普及していました。

ヨーロッパへの布教にはギリシャ語聖書が必要だったのです。

 

注釈5: ルネサンスが始まったのは古代ギリシャの文献が、中東アラブからスペインやイタリアを通じてヨーロッパに紹介されたのが切っ掛けでした。

古代ギリシャの文献はイラクのバクダードでギリシャ語からアラビア語に訳され保存されていた。

スペインのトレドではアラビア語からラテン語に翻訳されました。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , , , , , , | 1 Comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 3:  Japanese cuisine of our inn


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 3: 温泉旅館の料理

 

 1

< 1. Shabushabu >

< 1. しゃぶしゃぶ >

 

Today, I introduce the dinner of our inn.

This was rightly Japanese food, Washoku or Kaiseki ryori in Japanese.

 

今日は、私が泊まった温泉旅館の食事を紹介します。

まさに、これが和食、日本の会席料理でした。  

 

 

2 

< 2.  first served dishes >

< 2. 最初の膳 >

 

 3a

< 3. hors d’oeuvres >

< 3. 前菜 >

Upper photo: side dish consisting of several kinds of small dishes for sake (beer).

Lower photo: a small dish before the main dish.

A tofu on that sea urchin eggs are put is in soup stock.

Ground green soybeans are mixed in bean curd.

 

These are dishes to eat first.

 

上の写真: 数種類の小料理からなる酒の肴(八寸?)。

下の写真: メイン料理の前の小料理(先付?)。

出し汁の中にウニを載せた豆腐がある。

豆腐には磨り潰した枝豆を混ぜられている。

 

これらは最初に食べる料理です。

 

4

< 4. Shabushabu of Tajima beef >

< 4.  但馬牛のしゃぶしゃぶ >

 

Tajima beef is one of brands being representative of Japanese beef, and is using cattle of this district.

Shabushabu is a Japanese dish in which extremely thin slices of meat are cooked by swishing them several times in dashi (soup stock) boiled, dipped in sauce and eaten.

 

但馬牛は日本の肉牛を代表するブランドで、この地方で飼育されている。

しゃぶしゃぶは、薄い肉を煮えた出し汁に通し、タレにつけて食べる鍋料理です。

ここでは写真2の茶色のゴマダレにつけます。

 

5a

< 5. dishes of Tajima beef >

< 5. 但馬牛料理 >

 

These two beef dishes aren’t served as normal cuisine.

Shabushabu, hand-formed sushi, and the roast beef of Tajima beef are one of special dish in this time.

 

この二点の肉料理は、通常の会席料理には出ません。

但馬牛のしゃぶしゃぶ、にぎり鮨、ローストビーフが今回の目玉料理です。

 

 

 

 6a

< 6. simmered dish and sashimi >

< 6. 煮物と刺身 >

Upper photo: simmered hilgendorf saucord.

This fish is caught in the Sea of Japan and is in season autumn and winter.

This high-class fish becomes popular recently.

 

Lower photo: Sashimi of salt-water fish and a prawn.

 

上の写真: ノドグロ(アカムツ)の煮物。

これは日本海で捕れる魚で、旬は秋から冬です。

これは最近、人気が出て来た高級魚です。

 

下の写真: 海の魚の刺身とエビ。

 

 7

< 7. Abalone and tempura >

< 7. アワビと天ぷら >

Upper photo: simmered Abalone.

The abalone is a high-class food of shell inhabiting the reef of the Japanese coast.

This dish had the smell of ocean from the black seaweed, and its flavor was splendid.

 

Lower photo: tempura of fish and vegetables.

 

 

上の写真: 煮たアワビ。

アワビは日本沿岸の岩礁に生息する貝で、高級食材です。

この一品は、海藻(黒い色)から磯の香りがして、味共に素晴らしいものでした。

 

下の写真: 野菜と魚の天ぷら。

 

8

< 8. steamed egg hotchpotch and rice >

< 8. 茶碗蒸しとご飯 >

Upper photo: steamed egg hotchpotch is chawanmushi in Japanese

This is like an egg custard, and consists of an egg mixture flavored with soy sauce and dashi, with numerous ingredients such as shiitake mushrooms, kamaboko, and boiled shrimp into tea-cup-like container.

Lower photo: This three-piece set is rice, soup, and pickles, and our cuisine terminates in this dish.

 

上の写真: 茶碗蒸し。

溶き卵と出し汁の中に多くの小さな具材を入れて蒸した料理。

 

下の写真: ご飯、おつゆ、漬物の三点セットで料理は終わります。

 

9

< 9. dessert >

< 9. デザート >

It is an ice cream and a strawberry.

アイスクリームとイチゴでした。

 

Supplementary explanation

Special dishes of this dinner are Tajima beef, hilgendorf saucord, and Abalone.

I was really impressed by the fact that all dishes took a lot of trouble with cooking, and tastes of these all also were delicious.

Besides, it was splendid that a hot dish or cold dish was served at right temperature appropriately.

This dish is too much quantity for me, old man, but I ate all.

 

With the exception of the beef dishes, the cuisine is seasoned with soy sauce and dashi (soup stock) made from kombu (tangle) or dried bonito.

Therefore, it may be salty for foreign people.

However, I think that this cuisine culture in Japan is worth tasting.

 

 

補足説明

この夕食の目玉料理は但馬牛、ノドグロ、アワビの料理でした。

私はすべての料理に手間がかけられ、美味だったことに感心した。

しかも温かい料理、冷たい料理が適温で適宜出てくることも素晴らしかった。

年配には食事の量が多すぎましたが、すべて食べました。

 

肉料理以外は、醤油、昆布と鰹節などからの出し汁で味付けしてあり、外国の方にはしょっぱいかもしれません。

しかし、この日本の食文化は味わう価値があると思います。

 

a10

< 10. breakfast >

< 10.朝食 >

It is almost basic breakfast.

From the left, it is boiled tofu, pickles, a seasoned dried laver, small fishes boiled down in soy, two whitefish pastes, a seasoned cod roe, a rolled egg, and a dried fish.

A rice and miso soup is added to this.

 

This continues next time.

 

 

概ね定番の朝食です。

左から湯豆腐、漬物、味付け海苔、佃煮(ちりめんじゃこ)、練り物(竹輪)、明太子、卵焼、干し魚などです。

これにご飯と味噌汁が付きます。

 

最後に

今回、この旅館に泊まったのは、新聞広告の特別優待券を手に入れ、安く泊まれたからです。

大満足でした。

 

次回に続きます。

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , | 4 Comments

地中海とカナリヤ諸島クルーズ 16: カサブランカ 4


1 

*1

 

今日は、カサブランカの国連広場で憩う市民の姿を紹介します。

日曜日の午後になるとたくさんの人が集まって来ました。

 

 2

 

この日の午前中、私達がこの国連広場を歩いた時、人はまばらでした。

しかし、再び16:30頃、ここに来た時は大変な人出でした。

観光客や警官を見なかったので一瞬、私は異境に飛び込んだ興奮と不安に包まれました。

その後は、市民の姿を捉えることで無我夢中でした。

 

 

 

 3

 

多くの若い男性が集団になって立ち話をしていました。

横を通る時は少し緊張しました。

 

4

 

様々な年代や肌の色の男女、また単身、カップル、家族を見ました。

時間帯か場所によるのでしょうか、大家族をあまり見ませんでした。

 

 

5 

 

皆の服装は様々でした。

 

6

 

 7

< 7.父子 >

 

母子の親子が多いのですが、珍しく父子だったので声をかけました。

写真を撮らして下さいとお願いすると、父親は子供に了解を取ってから、私にOKを出しました。

これには、少し驚きました。

 

 

 

 

 

 

 8

 

これらの写真には写っていないのですが、不思議な光景がありました。

それは男女の年齢差が大きいカップルをたまに見かけたことです。

これは前回の海岸でも同様でした。

それはお母さんと息子、お父さんと娘のカップルのようですが、家族の繋がりが非常に深いことの現れでしょう。

 

トルコの田舎でも感じたのですが、ムスリムの家族生活にノスタルジーを感じました。

 

 

映像

国連広場を写した50秒の映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=uKEYne1gLlo

 

 

 9

< 9. お別れ >

上の写真: 私達は乗船の締め切り間近に帰って来ました。

右側の数人の男性は、休暇を終えて戻って来た船員達でしょう。

 

下の写真: カサブランカの夕暮れ。

 

これで1日かけて見て回ったカサブランカともお別れです。

私が望んでいたムスリムの生活や心情の一端に触れた素晴らしいひと時でした。

 

次回に続きます

 

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 2:  Hot spring resort 1


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 2: 温泉 1

 

1 

*1

 

Today, I introduce Yumura Onsen where we visited and a Japanese inn having hot spring.

今日は私が泊まった湯村温泉と温泉旅館を紹介します。

 

 

 2

< 2. the center of Yumura Onsen >

< 2. 湯村温泉の中心 >

Upper photo: you can see a source of hot spring “Ara-yu” by the left side on the river.

上の写真: 川の左側に「荒湯」と足湯が見えます。

 

About Yumura Onsen 

There is this traditional hot-spring resort along a mountain stream in Hyogo prefecture.

If you descend about 10 km from here, can reach the nice-looking Sea of Japan.

This place is within deep mountains having good skiing area in this neighborhood.

You can enjoy ski and crab dish in winter, and do sea bathing in summer.

 

湯村温泉について

兵庫県美方郡の谷川沿いに古くからの温泉街があります。

ここから10kmほど下るときれいな日本海で、この周囲にはスキー場に恵まれた深い山々があります。

冬は蟹料理とスキー、夏は海水浴を楽しむことが出来ます。

 

 

3

< 3. a source of hot spring “Ara-yu” >

< 3. 荒湯 >

Lower photo: local persons boil eggs or vegetables in this hot spring of high temperature like wells.

下の写真: 地元の人がこの高温の熱泉で卵や野菜をゆでている。

 

 

4

< 4. nearby places for a stroll >

< 4. 近くの散策ポイント >

Upper photo: “Yumechiyo” statue.

This is a central character of a NHK drama that was located in this hot spring.

“Ara-yu” is seen on the other side of the river.

 

Lower photo: Syofukuji temple with a splendid tower gate.

 

上の写真: 夢千代像。

これは、この温泉を舞台にしたNHKドラマの主人公です。

川向こうに荒湯が見える。

 

下の写真: 立派な楼門がある正福寺。

 

 

5

< 5. views from heights >

< 5. 高台からの眺め >

Upper photo: I overlooked the hot spring resort on the north side from an observation deck of Kiyomasa Park.

Lower photo: I saw mountains on the south side from our room of the inn.

 

上の写真: 清正公園展望台から北側の温泉街を見下ろす。

下の写真: 旅館の部屋から、南側の山岳部を望む。

 

 

I introduce the hot spring and morning bath of our inn.

宿泊した旅館の温泉、朝風呂を紹介します。

 6

< 6. the hot spring “Tenjin no yu” >

< 6. 旅館の温泉「天神の湯」 >

Upper photo: the bathhouse “Tenjin no yu” was detached from a main building and was built one step higher.

Lower photo: the corridor that leads to the bathhouse from the main building.

 

The inn also has a big bathhouse ” Atago no yu” in the main building, but I introduce only this “Tenjin no yu” because this detached bathhouse is splendid.

The guest changes the use of two bathhouses at morning and at night.

 

上の写真: 右側の一段高い所にある離れの浴場「天神の湯」の外観。

下の写真: 本館からその浴場に通じる廊下。

 

旅館の本館内にも大きな浴場「愛宕の湯」があるのですが、この離れの浴場が素晴らしいので、こちらだけを紹介します。

宿泊客は朝と夜で、二つの浴場の利用を交替します。

 

 

7

< 7.   Indoor bath >

< 7. 屋内の風呂 >

There are outdoor baths and indoor baths in this detached bathhouse.

These two baths are a part of the indoor baths.

 

離れの浴場には、露天風呂と屋内風呂があります。

この二つの風呂は屋内の風呂の一部です。

ここは小さな旅館ですが、お風呂の作りに工夫が凝らされており、サウナや泡風呂など種類も多いです。

少し残念なのは、設備が古いことです。

 

 

8

< 8. two open-air baths >

< 8. 二つの露天風呂 >

Upper photo: a bath that a source of hot spring discharges into is surrounded by a bamboo grove.

Lower photo: A bath with good views is located in the downstream.

 

上の写真: 竹林に囲まれた源泉側のお風呂。

下の写真: その下流にある展望風呂。

 

上のお風呂に加水し適温にした源泉が注ぎ、溢れたお湯が下のお風呂に流れて来る。

したがって二つの風呂の湯温に差があり、適温が選べます。

 

 

9

< 9. artistic bath 1 >

< 9. お風呂の風情 1 >

Upper photo: I look at the bath on the downstream side from the bath of the source side.

Lower photo: This small stream is a flow of hot water.

 

In this hot spring, a large quantity of hot water is flowing constantly.

 

上の写真: 源泉側の風呂から下流側の風呂を見る。

下の写真: この小川が湯の流れです。

 

この温泉は掛け流しで、常時、大量のお湯が流れています。

 

 

a10

< 10. artistic bath 2 >

< 10. お風呂の風情 2 >

 

Probably Japanese age guests will take a bath before a dinner, before going to bed, and also in next morning.

If it is open-air bath of hot spring, it is the best.

 

You are feeling a chill in your face, soaking in hot water in a cloud of steam, and seeing the trees of neighboring mountains that is shining by a morning sun.This will take you to a healing time.

“Namuamidabutsu, Na-muamidabu.”

 

This continues to next time.

 

 

おそらく日本の年配客は、夕食前、就寝前、それから朝風呂にもお風呂に入るでしょう。

それが温泉の露天風呂なら最高です。

 

顔に冷気を感じながら、湯気が立ち込める湯に浸かり、周囲の山々の木々が朝日に照らされるの見ながらの朝の露天風呂は悦楽の境地へと誘います。

南無阿弥陀仏!南無阿弥陀仏!

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , | 2 Comments

地中海とカナリヤ諸島クルーズ 15: カサブランカ 3


 

1

< 1. 海岸で釣りを楽しむ親子 >

 

今日は、海岸やショッピングモールで憩う市民の素顔を紹介します。

2016年3月6日、日曜日、14:00~16:00に撮影しました。

 

2

< 2. 霊廟、Mausolée de Sidi Abderrahmane >

 

岩礁の上に立つ白い霊廟が晴れた空と大西洋の青さに映えていました。

多くの人が橋を往来していました。

この辺りは、高級リゾート地から外れており、市民の憩いの場のようです。

風が強いにも関わらず、多くの人々が散策を楽しんでいました。

 

 

3

< 3. 霊廟の周辺 >

 

海岸沿いの道や浜辺には、多くの市民が出ていました。

 

4

< 4. 海岸沿いの道で >

上の写真: 子供が子馬の乗馬で商売をしていました。

下の写真: 高級リゾート地寄りの歩道にたむろする若者達。

 

 

5

< 5. 霊廟近くの岩礁で 1 >

ここにはそれぞれ一組の夫婦らしいカップル、親子、女性が写っています。

実に、良い雰囲気です。

ここには派手さはないが、豊かな時間が流れていました。

 

 

6

< 6.霊廟近くの岩礁で 2 >

上の写真: 西側を見ています。

左手、すぐ近くの海岸にモロッコモールがあります。

 

真ん中の写真: 子供が一人で釣りをしています。

下の写真: 陸地の方を見ています。

 

海岸を写した21秒の映像です。

https://youtu.be/xn7suw1q_UM

 

7

< 7. モロッコモール >

以下の写真は総べてこのモール内の写真です。

 

私はショッピングモールの1階の一部を散策しました。

入口で警備員が手荷物検査をしていました。

その対応は高圧的ではなかった。

 

8

< 8. 中央部 >

上の写真: 中央に大きな水槽があり、海の魚が泳いでいます。

 

モロッコモール内部を写した15秒の映像です。

https://youtu.be/3ld0OX02hGE

 

 

9

< 9. 店舗 >

上の写真: 私達がアイスクリームを食べた店。

店が外側に張り出しており、眩しい陽光を感じながらのひとときでした。

 

 

a10

< 10. 素顔 >

上の写真: 出会った親子。

お母さんに写真を撮っても良いかと聞くと、こころよくお受けしてくれた。

ところが弟の方が恥ずかしがり、お母さんの後ろに隠れてしまいました。

写っているのは兄さんの方です。

 

感想

真っ先に感じたのは、人々は素朴さの中に活力を秘めていることでした。

人々の肌の色は様々で、服装も様々でした。

多様さがあたりまえの世界だとも感じた。

そこには日本の様な均質な社会とは異なる世界がありました。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 13: Seeing the Middle East and Arab world in films 6: The historical backdrop


 

中東に平和を! 13: 映画に見る中東とアラブ世界 6: その時代背景

 

1

< 1. Central player of three films >

< 1. 三つの映画の主役 >

 

There is a common historical backdrop in the setting of “Lawrence of Arabia”, “The Four Feathers” and “The Wind and the Lion”.

It was imperialism, colonization by powerful countries.

I make the argument clear today.

 

 

既に紹介した三つの映画「アラビアのロレンス」「サハラに舞う羽根」「風とライオン」の舞台には共通する時代背景がありました。

それは帝国主義、列強による植民地化でした。

今日は、この問題を整理します。

 

In that time, what was taking place in the Middle East and Arab world?

この時代、中東とアラブ世界で何が起きていたのか

 

 

2

< 2. Colonization >

< 2. 植民地 >

Upper map: The greatest domain of Ottoman Empire.

Lower map:   Colonies at the time of 1914.

上の地図: オスマン帝国の最大領域。

下の地図: 1914年当時の殖民地。

 

An Algerian feudal lord was angry with France that continued avoiding paying a debt, and beat a consul in 1827.

France sent fleets on the pretext of it and Algeria surrendered at last by the armed forces.

France obtained Algeria without a difficulty in this way.

 

Egypt was ruled by the U.K. since 1882 as we saw in the case of “The Four Feathers”.

 

In 1911, Italy having got behind declared the war against Ottoman Empire suddenly to obtain Libya, and made it surrender.

 

Morocco had been an independent country for a long time, and the reason was Morocco could escape from the rule of Ottoman Empire because it was on the west edge,

However, the armed forces of powerful countries had been stationed as we saw in the case of “The Wind and the Lion”, and the scramble began.

In 1912, France divided North Africa with the U.K. and Italy, pushed out Germany attempting to interrupt, and possessed Morocco.

 

1827年、アルジェリアの太守が借金を踏み倒し続けるフランスに怒り、領事を叩いた。

フランスはこれを口実に艦隊を送り、ついには軍隊で降伏させた。

こうしてフランスは難なくアルジェリアを手に入れた。

 

エジプトは「サハラに舞う羽根」で見たように1882年から英国に支配されていた。

 

1911年、遅れをとっていたイタリアは、リビアを手に入れる為に突然、オスマン帝国に宣戦布告し、これを降伏させた。

 

モロッコは、西の端にあったおかげでオスマン帝国の支配を逃れ、長らく独立国であった。

しかし、「風とライオン」で見たように列強の軍隊が駐留し、取り合いが始まっていた。

1912年、フランスは北アフリカを英国とイタリアで分割し、割り込もうとしたドイツを排除し、モロッコを領有した。

 

 

3

< 3. Middle Eastern colony >

< 3. 中東の植民地 >

 

The subjection of the Middle East began between 1920 and 1921, Syria and Lebanon was ruled by France, and Jordan, Palestine and Iraq was ruled by the U.K.

This stamped on the independence, the promise with the Arab of “Lawrence of Arabia”.

When the U.K. had governed Palestine, it was the beginning of the present conflict in Israel to have promised Jewish return.

 

In this way, powerful countries took advantage of Ottoman Empire’s weakness, had divided the Middle East and Arab world from about the 1870s, and subsequently had did the most of Africa.

 

中東は、1920から21年にかけて、シリア・レバノンはフランスの支配、ヨルダン・パレスチナ・イラクはイギリスの支配となった。

これは独立の為に戦ったアラブ、「アラビアのロレンス」の人々との約束を踏みにじるものでした。

英国がパレスチナを統治し、ユダヤ人の帰還を約束したことが、今のイスラエル紛争の発端になった。

 

こうして欧州列強は、1870年代頃より、オスマン帝国の弱体に付込み、中東とアラブを手に入れ、次いでアフリカ全土を分割していった。

 

 

4

< 4. Colonies in the world in 1914 >

< 4. 1914年の世界の殖民地 >

 

Why did imperialism rise suddenly?

Since the mid-19th century, why did powerful countries fiercely compete for acquiring colonies by the armaments?

 

Some reasons.

Along with the changes of the industrial structure and economy in the powerful countries, they needed to expand the export of capital, the import of the food or raw materials, and the export of industrial products.

The domestic economy suffered from big recession many times, and the government had to turn away the people’s dissatisfaction from their own countries.

The prohibition of slave trade in the mid-19th century forced the economy and trade of related countries to change.

 

Furthermore, a decline of the U.K., a rise of Germany and America, and advancing southward of Russia happened, and the balance of power among nations begun to collapse.

They worked synergistically and it began.

 

Before long, if a large amount of capital was spent in the colony and the people’s residence to the colony advanced, the powerful countries needed to keep that security.

Like this, the powerful countries came to have to continue forcing it even if the colony management was deficit.

After all, the powerful countries used tax, and flowed the people’s blood, and then they oppressed many colonies.

 

This irrationality is due to the fact that they fall into the competition for acquiring colonies in large part with being tormented by uneasiness.

 

 

なぜ帝国主義が勃興したのか

19世紀中期以降、なぜ列強は軍事力によって植民地獲得にしのぎを削ったのだろうか。

 

いくつかの理由

列強の経済と産業構造の変化に伴い、列強は資本輸出、食料と原料輸入、工業製品輸出の拡大が必要になった。

その国内は幾度も大不況に見舞われ、政府は国民の不満を外部に逸らす必要があった。

19世紀半ばの奴隷貿易の禁止は、該当国の経済と貿易に変革を迫った。

 

さらに、英国の衰退、ドイツと米国の台頭、ロシアの南下など、国家間の均衡が崩れ始めた。

これらが相乗して始まった。

 

やがて植民地に多額の資本が投入され、国民の居留が進むと、列強はそれらの安全を守る必要が生じた。

こうなると植民地経営が赤字であろうが、列強はそれを強行し続けなければならなくなった。

結局、列強は税金を使い、国民の血を流したあげくに植民地を虐げることになった。

 

この不合理は、列強が不安に苛まれ、領土獲得競争に陥ったことが大きい。

 

5

< 5. The imperialism caused the World War >

< 5. 帝国主義は世界大戦を招いた >

 

Lesson of the history

As described above, the imperialism made the independence reproduction (democracy and economic independence) of the ex-colony difficult.

 

However, there is more.

The competition for acquiring colonies converged to the opposition between the two huge groups (Triple Entente, Triple Alliance) before long.

In Balkan Peninsula, as one bullet desiring for national liberation was shot, the two huge groups fought to the full extent of the power, and Europe became weak.

 

After all, they checked opponents by territory expansion and armaments reinforcement, and destroyed themselves due to have depended on expansion of the alliance.

 

In the days of the law of the jungle, there were some countries that did not this folly in Europe.

It is Switzerland or Sweden.

 

This continues next time.

 

歴史の教訓

既に見たように、帝国主義はかつての植民地の自立再生(民主主義、経済自立)を困難にした。

 

しかしそれだけではない。

領土分割競争は、やがて2大陣営(三国協商、三国同盟)による対立へと収束していった。

そうしてバルカン半島での民族解放を求める一発の銃弾から、2大陣営が死力を尽くし戦い、欧州は弱体化した。

 

結局、列強は領土拡大と軍事力増強で相手を牽制し、さらに同盟拡大に頼ったことにより、自滅した。

これは今風に言えば、抑止力を高め集団的自衛権を行使したことになる。

第二次世界大戦後、国連でこの過ちを二度と犯すまいと議論されたのだが・・・・

 

当時、弱肉強食の時代にあって、この愚を犯さない国が欧州内にあった。

それはスイスやスウェーデンなどです。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 1: First


但馬海岸から丹後半島を巡って 1: はじめに

 

1

  • * 1

 

We traveled in San-in from May 12, 2016 to 14.

I enjoyed hot spring and Japanese food along with looking for original scenery of Japan.

Today, it is the digest

 

2016年5月12日から14日にかけて、山陰を旅行しました。

日本の原風景を探しながら、温泉と日本料理を味わって来ました。

今日は、そのダイジェストです。

 

 2map

< 2. Our traveling area >

< 2. 旅行した所 >

Upper map:   The yellow frame is the range of following map.

Lower map:   A yellow line is the route that we drove, and the range that I took a picture.

Red dot is places to stay.

 

上の地図: 黄色の枠が下の地図の範囲です。

下の地図: 黄色の線が今回、私達がドライブした道筋で、写真撮影をした範囲です。

赤丸は私達が宿泊した場所です。

 

3

< 3. Scenery of mountainous district >

< 3. 山地の風景 >

These mountains and trees were just the season of fresh green.

まさに山と木々は新緑の季節でした。

 

4

< 4. Appearance of a fishing village >

< 4. 漁村のたたずまい >

 

 

5

< 5. Hot spring resort >

< 5. 温泉地 >

Our Japanese trip is always accompanied by hot spring, moreover a kaiseki ryori ( an elegant Japanese meal served in delicate courses) and a morning bath are indispensable.

I very yearned for Japanese food used of seafood when I ate European dishes in the cruise of the Mediterranean Sea.

I introduce at a later date the dish that our hotels served.

 

 

日本人の旅には温泉が付きもので、会席料理と朝風呂は不可欠です。

クルーズでヨーロッパ料理を食べていると無性に海の幸の日本料理が恋しくなりました。

旅館で出た料理を後に紹介します。

 

 

6

< 6. Enjoying San-in shore >

< 6. 山陰海岸を楽しむ >

 

We enjoyed the superb view of the shore on a pleasure boat from Hamasaka Port.

浜坂港で遊覧船に乗り、海岸の絶景を楽しみました。

 

7

< 7. Aspect of shore >

< 7. 海岸の表情 >

 

8

< 8. An original scenery of Japan >

< 8. 日本の原風景 >

The rice field being on a small cape, and many houses standing on the coastal slope remain the mode of old living of Japan.

岬の上に作られた水田、海沿いの斜面に並ぶ家々は、日本の昔の暮らしを物語っています。

 

9

< 9. Ine-wan bay >

< 9. 伊根湾 >

This fishing port is famous for the funaya houses (there is a boathouse in a private house), and the mode comes from blessings bestowed by nature.

ここは舟屋で有名な漁港で、その姿は自然が生んだ良港の賜物です。

 

10

< 10. Daijo-ji Temple in Kasumi >

< 10. 香住の大乗寺 >

 

It was lucky to have visited this temple.

In the old main temple, there are a lot of paintings of painter Oukyo Maruyama of the middle of the Edo era, and we can see it as the sliding panel paintings of each room.

I introduce it at a later date.

 

This continues the next.

 

この寺に出会えたことは幸運でした。

この古い寺の本堂に江戸中期の画家円山応挙と一門の絵が多数あり、それも各部屋の襖絵として見ることが出来ます。

後に、詳しく紹介します。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , , , | 4 Comments

地中海とカナリヤ諸島クルーズ 14: カサブランカ 2


 

1

< 1. 旧メディナの時計台、The Old Medina。地図No7 >

 

今日は、私が見たカサブランカの全体像を紹介します。

 

 

 

 2a

< 2. カサブランカの地図、上が北です >

3本の線が、徒歩やバスから見た所です。

赤線は海岸沿いの10kmの道で、後半はリゾート地帯になっている。

青線の道は不確かなのですが、高級住宅街がありました。

緑線はカサブランカの中心部です。

数字は、写真撮影のおおよその位置を示します。

 

 

3

< 3. 港の近く >

上の写真: 地図No1。左側にGare de Casa-Port駅、右に行くと国連広場、Station Place des Nations Unies。

 

下の3枚の写真: 地図No1~2。旧メディナ、The Old Medina、の壁が見える。

この一帯は、貧しい人々が暮らす地域のようです。

 

 

4

< 4.ハッサン2世モスクの近く >

上の写真: 地図No2。ハッサン2世モスクの駐車場から西側を見る。

中央の写真: 地図No2~4。内陸側の街並み。

下の写真: 地図No2~4。内陸側の邸宅街。

港から離れるにしたがって、家並みが立派になっていく。

 

 

 

5

< 5. コルニッシュ通り、Boulevard de la Corniche >

上の写真: 地図No3。サウジアラビア王家のモスク。Mosquée Al Saoud.

毎年、サウジ王家は近くの別荘に来るそうで、モロッコ王家と親しい。

 

下の2枚の写真: 地図No3から4の途中まで。高級ホテル、レストラン、カフェが並ぶ高級リゾート地。

風は強いが、日曜日なので多くの市民が海岸に来ていた。

 

 

 

6

< 6. モロッコモール、Morocco mall >

上の写真: 地図No3~4。内陸部と結ぶ市電。

真ん中の写真: 地図No3~4。モロッコモールの内陸部側に広がる街並み。

下の写真: 地図No4。海の端にあるモロッコモール。

水族館、映画館を併設した北アフリカ最大のショッピングセンター。

 

次回、このモールと海岸で憩う人々を詳しく紹介します。

 

 

7

< 7.高級邸宅街、地図No5付近 >

上の写真: 海岸の道路から内陸部に入る。

真ん中の写真: イベントを行っていた。

下の写真: 高級住宅街。

 

 

8

< 8.中心部、地図No6付近 >

上の写真: ハッサン2世通り、Avenue Hassan II。

真ん中の写真: フランス植民地時代、1930年に建てられたサクレ・クール大聖堂、Cathedrale Sacre Coeur。

 

下の写真: アラブ連盟公園、Ligue Arab Park。

 

 

9

< 9.国連広場付近、地図No7付近 >

上の写真: 国連広場。Station Place des Nations Unies。

真ん中の写真: 国連広場近くの土産屋に行く。

 

午後、もう一度国連広場を訪れると、たくさんの人出がありました。

別に紹介します。

 

 

10

< 10. 旧メディナ、The Old Medina、地図No7 >

総べて旧メディナ内のスークの様子。

ここは商品の品質が悪く、夜の治安が非常に悪いと添乗員から忠告された。

閑散としており、興味を惹くものはなかった。

 

感想

カサブランカは私が思っていたより発展しおり、全体としては清潔感があった。

建物を見ていると、貧富の差がかなりあるようで、貧しい人々が取り残されている感じがした。

人々の服装は、現代的なものから民族的なものまで、これまた混在している。

私は治安が悪くない印象を持ったのですが、現地ガイドは、私が国連広場から市電には乗って南側に行きたいと言うと、治安が悪いので行かないように忠告した。

 

次回から、カサブランカの人々の憩う姿を紹介します。

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , | 1 Comment

Bring peace to the Middle East! 12: Seeing the Middle East and Arab world in films 5: The Wind and the Lion


中東に平和を! 12: 映画に見る中東とアラブ世界 5: 風とライオン

 

1

*1

 

I introduce the film “ The Wind and the Lion” starring Sean Connery today.

The film is based on a kidnapping that happened in Morocco.

One Arabic patriarch defied Europe and America.

 

今日は、ショーン・コネリー主演の映画「風とライオン」を取り上げます。

これは、モロッコで起きた誘拐事件の映画化です。

一人のアラブの族長が欧米に挑んだ。

 

 

2

< 2. Setting of the film >

< 2. 映画の舞台 >

 

The black dot is the town Tangier where the kidnapping case happened.

Raisuli who caused the incident was a patriarch of Rif area (above red line).

In this area, many revolts happened against the rule of powerful countries in Europe.

 

黒丸が誘拐事件の起きた町タンジールです。

事件を起こしたのはリーフ地方(赤い線より上)の族長ライズリーでした。

この地方では、欧州列強の支配に対して幾度も反乱が起きている。

 

Summary of the film

― Production ―

The U.S. made it in 1975.

 

― Contents ―

The setting was the time that powerful countries in Europe competed with each other in order to rule the North Africa.

The Kingdom of Morocco that lasted for nearly 400 years had formed a friendship with Europe for a long time, but the independence began to be violated from the late 19th century.

 

In 1904, Raisuli that had Mohammed’s blood line kidnapped American Eden mother and children for aiming at elimination of foreign power.

As soon as the U.S. President Roosevelt scheduled to have re-election knew this, he dispatched the Marine Corps to Morocco for the rescue.

 

Raisuli released the mother and children subject to the withdrawal of the foreign soldiers, but he was arrested by the armed forces of Germany and France.

This was a betrayal by a Moroccan feudal lord of his relatives.

Mrs. Eden received protection of the United States Marine Corps to rescue Raisuli, subordinates of Raisuli increased more, and the rescue succeeded after a heroic fight.

 

 

映画の概要

―製作―

米国、1975年。

 

―内容―

舞台は欧州列強が北アフリカの支配を巡って凌ぎを削っていた時代です。

400年近く続くモロッコ王朝は、長らく欧州と友好政策を採っていたが、19世紀後半から独立が侵され始めていた。

 

1904年、モハメッドの血を引くライズリーは、外国勢力の排撃を目指し、米国のイーデン母子を誘拐し連れ去った。

再選を控えていた米国大統領ルーズベルトはこれを知ると、奪還のためにすぐさま海兵隊をモロッコに派遣した。

 

ライズリーは外国兵の撤退を条件に母子を釈放したが、ドイツとフランスの軍隊に捕らえられた。

これは身内のモロッコ太守の裏切りであった。

イーデン夫人は、ライズリーを救出する為に米国海兵隊の援護を受け、さらにライズリーの部下も加わり、壮烈な戦いの末に救出は成功した。

 

 

Story

ストーリ

 

 3

< 3. Raisuli >

< 3.ライズリー >

 

He is a Berber and was able to speak English.

The Berber had been an indigenous people before Arab came over, and is Muslim.

They occupy the half of population of Morocco, and the royal family that has lasted until today is Berber.

 

彼はベルベル人で、英語が話せた。

ベルベル人はアラブ人がやって来る前の先住民で、イスラム教徒です。

彼らはモロッコの人口の半数を占め、現在に続く王家もベルベル人です。

 

 

 

 4

< 4. Mrs. Eden >

< 4.イーデン婦人 >

 

She was kidnapped, but she was attracted by his personality.

彼女は誘拐された。

しかし、彼女は彼の人柄に惹かれて行く。

 

 

 5

< 5. President Roosevelt >

< 5.ルーズベルト大統領 >

 

These are the president doing his election campaign, and a scene of the dispatch of Marine Corps.

遊説中の大統領と海兵隊の出動シーン。

 

 

 6

< 6. Dramatic rescue operation >

< 6. 救出劇 >

 

Mrs. Eden who was angry at betrayal led the Marine Corps to rescue him.

Berber goes toward the rescue.

The Marine Corps attacks a palace.

 

A letter from Raisuli arrived to Roosevelt who became the winner.

“I (Raisuli), like the lion, must remain in my place, while you, like the wind, will never know yours.”

 

At the last, Raisuli leaves on the back of sun falling into the desert.

 

裏切りに怒ったイーデン夫人が救出を先導する。

救出に向かうベルベル人部族。

海兵隊が宮殿を攻める。

 

勝者となったルーズベルトの下にライズリーからの書簡が届く。

「あなたは風のごとく、私はライオンの如し。・・」

 

ラストで、ライズリーは砂漠に落ちる夕陽を背景に去って行く。

 

People who defied powerful countries

In the Rif area of Morocco, Berber fought against Spain (1893, 1909, 1920) three times.

In 1920, a patriarch Abd el-Krim beat off Spain for a period of time in the third fight, and he founded a republic.

However, he was beaten by French military, and the republic collapsed in 1925.

This became the pioneer of national liberation movement of Morocco.

 

列強に抗った人々

モロッコのリーフ地方では、ベルベル人が三度スペイン(1893、1909、1920年)と戦った。

1920年、族長アブド・アルカリームが蜂起した三度目の戦いでは、一時はスペインを追いやり、共和国を建国した。

しかし介入したフランス軍に敗れ、1925年に共和国は崩壊した。

これはモロッコの民族解放運動の先駆けとなった。

 

 

 

7

< 7. Abdelkader El Djezairi and his fight >

< 7. アブド・アルカーディールと戦い >

Two of lower pictures: It is Battle of Smala in 1843, and a series of pictures.

下の二枚の絵: 1843年のBattle of Smala。続きの絵です。

 

Abdelkader El Djezairi is called the father of national liberation movement.

Novelist Victor Hugo described him as ” A valiant military officer and dignified religious leader”.

 

When France began to invade Algeria, he who was a leader of Islam declared jihad against it.

In 1831, their liberation army made an attack against a Foreign Legion first, and French military was made complete fools of by them.

At the peak, they had 12000 soldiers, and gained control of 2/3 of the territory.

However, the French military thoroughly burnt down villages being in favor of the liberation army and massacred these villagers.

Thus, the support of the people collapsed, and the whole family of about 60,000 was driven into the desert.

In 1842, they got away into Morocco and plotted a comeback.

However, in 1847, they suffered crushing damage and surrendered after the fight during sixteen years.

 

France released him though confined him at first, and he became a recipient of a decoration.

He got respect from an ally and enemy.

 

This continues next time.

 

 

民族解放運動の父と呼ばれている人物がアブド・アルカーディールです。

小説家ヴィクトル・ユーゴーは彼を「凛々しい軍人、威厳のある宗教指導者」と形容した。

 

フランスがアルジェリアを侵略し始めると、イスラム教の指導者であった彼はジハードを宣言した。

1831年、彼ら解放軍は外人部隊への襲撃を皮切りに、盛時には12000の兵を要し、フランス軍を翻弄し、領土の2/3を制圧した。

しかしフランス軍は、開放軍に味方する村々を徹底的に焼き払い、村人を殺戮していった。

こうして民衆の支持は崩れ、6万人ほどの一族郎党が砂漠に追い込まれ、1842年にはモロッコに逃れ、再起を図った。

しかし1847年、壊滅的な損害を受け、16年間の戦いの末に投降した。

 

彼は幽閉されるも釈放されフランスから受勲されるなど、敵味方から敬意を払われた人物だった。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | Leave a comment

地中海とカナリヤ諸島クルーズ 13: カサブランカ 1


 

1

< 1. ハッサン2世モスク、午後撮影 >

 

これから、数回に分けてモロッコのカサブランカを紹介します。

人々の暮らしぶりや休日の素顔に焦点を合わします。

今日は、巨大なハッサン2世モスクを紹介します。

 

観光地の概要

モロッコ王国は北アフリカの東の端にあり、イスラムの国です。

カサブランカは大西洋に面し、モロッコの商業・金融の中心地です。

首都ではありませんが、人口は415万人で最大の都市です。

 

ハッサン2世モスクは8年がかりで1993年に完成した。

建物内に2万5千人、外の全敷地に8万人が収容可能です。

高さ200mのミナレットは世界最大級です。

 

 

2

< 2. カサブランカ、両方共、上部が北です >

 

上の地図: 緑マークはクルーズ船で、赤マークが私達の主な訪問地です。

No1はハッサン2世モスク、No2はモロッコモールと海岸、No3は国連広場・旧メディナです。

 

下の写真: ハッサン2世モスク。

青い矢印は私達の進入方向です。

建物の長軸はメッカ、東方を向いている。

 

私達は2016年3月6日、日曜日の9:00から16:00まで、カサブランカを楽しみました。

朝は非常に厚い雲で覆われていたが、昼頃には快晴になりました。

午前中はツアーバスで主にNo1とNo3の観光、買い物、昼食です。

午後は、私達二人だけでクルーズ会社のシャトルバスに乗り、No2とNo3を自由散策しました。

 

 

3

< 3.港 >

上2枚の写真: 着岸前、朝7時頃のカサブランカ港。

右側にモスクもミナレットが見える。

 

下3枚の写真: 朝の港周辺。ハッサン2世モスクに向かう途中。

 

4

< 4.ハッサン2世モスク >

上の写真: モスク境内への入り口から。午後の撮影。

下3枚の写真: 上から順番に境内中央から入り口側、西側の海方向、モスク全景を見ている。

 

 

 

5

< 5. ミナレット >

上の写真: 天を貫く塔。

下の写真: 左の入り口前で、順番待ちです。

 

 

6a

< 6. 内部1階 1 >

上の写真: 2階席は女性用です。

下の写真: 奥に窪み、ミフラーブが見える。

この方向にメッカがあり、信者は礼拝する。

 

 

 

 

7

< 7. 内部1階 2 >

上の写真: 右側の海側からの日差しはモスク内をモノトーンに照らし、厳粛さを醸し出し、中央部はライトで温かみを感じさせる。

白い大理石と天井の木組みが神による安寧と加護を実感させる。

 

下の写真: 柱の所々にある鍾乳飾りが美しい。

これを見るとスペインのアルハンブラ宮殿を思い出す。

 

a11

https://www.youtube.com/watch?v=PKuKLJlqbS8

28秒のビデオ映像です。

 

 

8

< 8.内部1階 3 >

2階席の下側を見ている。

この木組みの天井を見ていると、グラナダのアルハンブラ宮殿、バルセロナのグエル邸を思い出す。

ジブラルタル海峡を越えて、スペインと北アフリカに根付く文化、イスラム芸術が今も生きている。

 

 

 

9

< 9. ミナレットの下部 >

ここから地下1階に下りる。

 

 

a10

< 10. 地下1階のアブルーション >

上2枚の写真: アブルーションは手や体を清めるところです。

このハスの花びらの形をした円形盤の中央から水が出て来ます。

ガイドが清めの実演をしている。

大きいほうが男性用で、小さいほうが女性用です。

 

下の写真: モスクからでて来た時は、厚い雲が消え、日差しがまぶしくなっていた。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , | 3 Comments

Bring peace to the Middle East! 10: Seeing the Middle East and Arab world in films 3: Schindler’s List


中東に平和を! 10: 映画に見る中東とアラブ世界 3: シンドラーのリスト

 

1

  • * 1

 

Today, I introduce the masterpiece “Schindler’s List”.

This describes a Jewish genocide (the Holocaust) that happened during World War II.

You will get a flash of anger and feel tears welling up.

 

今日は、名作「シンドラーのリスト」を取り上げます。

第二次世界大戦中に起こったユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)を扱っています。

涙と怒りが込み上げてくる映画です。

 

 

2
< 2. Setting of the film, 1939-1945 >

< 2. 映画の舞台、1939-1945年 >

Upper map:   Beginning the World War II, Germany invaded the east mainly.

Lower map:   A map of the Holocaust during the World War II.

Star mark is city with ghetto, skeleton mark is extermination camp, and black mark is concentration camp (prison or forced-labor camp).

Red arrow shows Krakow where a factory of Schindler was in Poland.

There is Auschwitz extermination camp near that.

 

For a long time, Jewish people of Europe have emigrated to Eastern Europe and America for escaping from persecution, but the situation turned worse since when Nazi began autocracy in 1933.

Besides, when German military invaded Eastern Europe, Jewish people were forcibly shut in by ghetto and camp, and their escape and emigration became mostly impossible.

 

 

上の地図: 第二次世界大戦が始まると、ドイツは主に東方に侵攻した。

下の地図: 大戦中のホロコースト地図。

星印はゲットー(居住地)、ドクロ印は絶滅収容所、黒四角は他の収容所(監獄、強制労働所)です。

赤矢印は、シンドラーの工場があったポーランドのクラクフです。

近くにアウシュヴィッツ絶滅収容所があります。

 

以前から西欧のユダヤ人は迫害を逃れ東欧や新大陸などに移住していたが、ナチスが独裁を始めた1933年頃から状況は悪化した。

しかもドイツ軍が東欧に侵攻してくると、ユダヤ人は強制的にゲットーや収容所に閉じ込められ、ほとんどが逃亡や移住が不可能になった。

 

Summary of the film

― Production ―

It was made in The U.S.A. in 1993.

The director is Steven Spielberg, and Liam Neeson is playing the role of Schindler.

 

― Contents ―

It is a fictionalization of true-life story.

The setting is Poland under German military occupation during World War II.

A German businessman Schindler aimed at making a profit in the war, and came over here from Germany.

He bought a deceased company and employed Jews from ghetto as cheap laborer and entrusted a Jewish accountant with the management.

Because he was a playboy and a member of Nazi party, he ingratiated himself to Schutzstaffel (SS), and his company accomplished rapid growth as a munitions factory, by being provided with the benefit of the military.

 

However, since a coldhearted man was assigned a new post of the head chief at near Płaszów Concentration Camp, the massacre and cruelty to Jews became widespread.

When the danger approaches Jewish workers of his factory before long, he has a change of heart, and begins to devote himself to Jewish relief.

 

Furthermore, he plans harboring Jews as the personnel necessary for his munitions factory, for preventing Jews from being sent to extermination camp.

Therefore, he makes “List”, corrupts and deceives the Schutzstaffel (SS) by himself almost, and succeeds in their rescue.

He became penniless at last.

 

More than 1100 Jews were able to survive after the war in this way.

 

 

映画の概要

―制作―

米国、1993年、スティーヴン・スピルバーグ監督、リーアム・ニーソン主演(シンドラー役)。

 

―内容―

この映画は実話を題材にしています。

舞台は第二次世界大戦中のドイツ軍占領下のポーランドで、ドイツ人実業家シンドラーは戦争で一儲けを狙いドイツからやって来た。

彼は潰れた工場を買い取り、安価な労働力としてゲットーのユダヤ人を雇い、ユダヤ人会計士に経営を任せていた。

彼は遊び人でナチ党員でもあったので、ナチス親衛隊にうまく取り入り、軍需工場として便宜を図ってもらいながら急成長を遂げる。

 

しかし、近くのプワシュフ強制収容所に冷酷な所長が赴任してくると、ユダヤ人への虐待や殺戮が横行するようになる。

やがて工場に働くユダヤ人にも危険が迫って来ると、彼の心境に変化が現れ、ユダヤ人の救援に心砕くようになる。

 

さらに、彼はユダヤ人が絶滅収容所に送られるの防ぐ為に、ユダヤ人を軍需工場要員として匿うことを企てる。

その為に「リスト」を作り、ほぼ彼一人で親衛隊員らを買収し騙し、見事救出に成功する。

ついに彼は無一文になった。

 

こうして、1100人以上のユダヤ人が戦後も生き残ることが出来た。

 

 

Story

ストーリー

 

3

< 3. Storm of persecution >

< 3.迫害の嵐 >

 

Poland occupied by the German military became a hell for Jews.

They were discriminated against by the citizen, too.

 

ドイツ軍に占領されたポーランドはユダヤ人にとって地獄になった。

彼らは市民からも差別された。

 

4

< 4. Schindler >

< 4. シンドラー >

Central photo: A Jewish accountant and Schindler.

 

真中の写真: ユダヤ人会計士とシンドラー。

 

5

< 5. A new head chief of Concentration Camp >

< 5.新しい収容所所長 >

 

The head chief described by this film despised Jews abnormally and massacred them without hesitating.

He, Amon Göth was actual person and was executed in the war criminals after the war.

 

映画で描かれている所長は、異常なまでにユダヤ人を蔑視し、殺戮を躊躇せずに行った。

彼、アーモン・ゲートは実在の人物で、戦後、戦争犯罪人で死刑になった。

 

6

< 6. Rescure >

< 6.救出 >

 

Schindler makes “List” and negotiates with Göth head chief or other soldiers.

The rescue from freight trains protected by many German soldiers is very dramatic.

 

シンドラーはリストを作成し、ゲート所長ら軍人らと交渉する。

ドイツ兵に守られた貨物列車からの救出劇はハラハラドキドキの連続です。

 

 

7

< 7. The last >

< 7. ラスト >

Upper photo: He is presented a gold ring by Jews saved by him.

Lower photo: By his will, his grave was made in Israel.

The bereaved families of the people he rescued gathered around it.

 

上の写真: 救ったユダヤ人から、金歯から作った指輪をプレゼントされる。

下の写真: 彼の遺言により、墓はイスラエルに設けられた。

その周りに、彼が救った人々の遺族が集まった。

 

 

What was running on in this time?

この時代に何が起きていたのか

 

 8c

< 8. Jewish emigration before the world war >

< 8.大戦までのユダヤ人の移住 >

From the late 19th century, Jews immigrated to the East Coast (mainly New York) of the American for escaping from persecution.

It was continued after when Hitler began autocracy in Germany in 1933.

Later, they come to have political ability to move the United States and are supporting Israel strongly.

 

19世紀後半から、ユダヤ人は迫害を逃れ、米国の東海岸(ニューヨーク)へと多くが移住していた。

それはドイツでヒットラーが独裁を始めた1933年以降も続いた。

後に、彼らは米国を動かす政治力を持つようになり、強力にイスラエルを支援することになる。

 

 

 

 

9

< 9. Jewish emigration after the world war  >

< 9.大戦後のユダヤ人の移住 >

 

Jews who lived in Palestine in 1917 was approximately 50,000 people, but the population was increased by the emigration such as people expelled from Nazis, following the British mandatory administration times,

After the forming of the Israeli state in 1948, the population increased rapidly and became 8 million at the present day.

 

1917年、パレスチナの地に住むユダヤ人は5万人ほどだったが、英国の委任統治時代を経て、ナチスに追われた人達などの移住で増加した。

1948年のイスラエル建国以降は、その数は急速に膨れ上がり、現在800万人となった。

 

 

Lesson of the history

The Jew that was despised so much is a strong people like supporting Israel and the United States now.

At this moment, it is hard to imagine the persecution for 2000 years by Christian in Europe.

 

The people that had been persecuted seem to have begun new persecution.

It seems to be difficult to cut off the persecuted fear.

The prohibition to the doctrine violation that every religion has may cause justification of persecution.

 

This continues next time.

 

 

歴史の教訓

あれほど蔑視されたユダヤ人は、現在、イスラエルや米国を支える強力な民族となった。

欧州のキリスト教徒による2千年の迫害はまるで嘘のようです。

 

迫害された人々は新たな迫害を始めたようです。

迫害された恐怖を、断ち切ることは難しいようです。

あらゆる宗教が持つ教義違反への戒めは迫害の正当化を招くことがある。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, mind, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

地中海とカナリヤ諸島クルーズ 11: バルセロナ 2


1

 

< 1. グエル邸の屋上の煙突 >

 

今日は、賑わう市場と世界遺産のグエル邸を紹介します。

これらはランブラス通りにあります。

 

 2

< 2. サン・ジョセップ市場 1 >

 

この市場はランブラス通りに面している。

なんでも揃っているが青果・鮮魚・菓子類が目立ちました。

果物の多彩でカラフルさに目を奪われました。

 

 3

< 3. サン・ジョセップ市場 2 >

お菓子の手作りのセットやカラフルさは見ているだけでも楽しくなります。

市民もいるのですが、多くは観光客で大賑わいでした。

 

 

 4

< 4. ランブラス通り >

下の写真: 右の建物がオペラのリセウ大劇場です。

 

街路樹は冬の装いですが、日差しのある所では暖かく気持ちが良かった。

世界中から観光客が来ているようです。

 

 

 

 5

< 5. 通りとゲエル邸 >

上の写真: ランブラス通りと交わる通り。

下の写真: 別の通りに面したグエル邸の正面。

思ったより小さい、これが世界遺産?

ところが中に入って驚き!!

 

 

 

 6

< 6. グエル邸 1 >

上の写真: 地下の厩舎。

下の写真: 地下から1階への階段途中から見上げた。

この建物は地下1階、地上4階です。

 

 

 7

< 7. グエル邸 2 >

上の写真: 中2階の玄関。

ちなみに1階は馬車庫で、どおりで暗かった。

 

真中の写真: 上の写真の階段を昇っているところ。

下の写真: 階段を昇ったところにある部屋で、窓の外が玄関のある通り側です。

この2階がメインフロアで、ここだけでおよそ9つの部屋がある。

 

 

 8

< 8. グエル邸 3 >

2階中央にある吹き抜けが圧巻でした。

見たことのないような装飾パターンの数々、さらに抑制の効いた、冷たさを感じる色調には驚かせる。

金色が使われていても派手さはない。

階段や窓のデザインは、それぞれに個性がある。

 

 

 

 9

< 9. グエル邸 4 >

上の写真: 吹き抜けの天井を見上げた。

下の写真: 4階の寝室の一つ。

 

この建物はアントニ・ガウディが34歳、1886年(-1890年)に建築した個人の邸宅です。

彼が建築家としてデビューして3年目の初期の作品です。

 

感想

狭い敷地にも関わらず、巧みな構成によって多彩な部屋の数々が生まれている。

また吹き抜けは狭さを感じさせない。

その天井を見たとき、色調は異なるが、サグラダ・ファミリアの天井に通じる有機的なものを感じた。

 

木組みの天井やあらゆる装飾にヨーロッパの様式、アルハンブラ宮殿に見るイスラム様式、大航海時代のスペインのムデハル様式、ポルトガルのマヌエル様式を感じることが出来た。

私は、ここでもガウディの凄さに感動した。

 

 

 10

< 10. バルセロナとの別れ >

 

これで2度目のバルセロナともお別れです。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , | Leave a comment

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市にメシアが現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也、を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!