Posts Tagged With: Europe

Bring peace to the Middle East! 73: Why was it exhausted ? 11: When did the world stand at a crossroad? 2


中東に平和を! 73: なぜ疲弊したのか 11: 何が岐路になったのか? 2

 

1

< 1. Soweto of South Africa >

< 1. 南アフリカのソウェト >

Last time, we saw that the degree of colonization will determine whether a country is being exhausted.
This time we look at some clear examples where certain history has determined the difference of exhausted country.
前回、国が疲弊しているかしていないかは植民地化の程度でほぼ決まることを見ました。
今回は、歴史が国の疲弊の差を決定付けた明確な例を幾つか見ます。

 

2植民地2a
< 2. Compare adjacent countries >
< 2. 隣接する国を比較します >
Introduction
Many people believe that Japan was not invaded by other countries and have acquired peace and prosperity because Japanese peoples are superior.

So, if two countries belong to same ethnic groups and same religions, do they get the same results?
What is going to happen to once one country that was split in two ?

For example, comparing North Korea and Korea, Bolivia and Chile, East Germany and West Germany, and Botswana and South Africa, then the described premise will be suspicious.

 

はじめに
日本民族が各段に優れているからこそ、他国から侵略されず、平和と繁栄を手に入れたと信じる人は多い。

それでは民族や宗教が同じであれば、同じ結果を得られたのでしょうか。
かつては一つであったが分割された2カ国はどうなったのでしょうか。

例えば、北朝鮮と韓国、ボリビアとチリ、東ドイツと西ドイツ、ボツワナと南アフリカなどを比べれば、先ほどの前提は怪しくなります。
What made the difference?

何が違いを生んだのか?

 

3朝鮮2n

< 3. Light and dark change of the Korean Peninsula >
< 3.朝鮮半島の明暗 >

 

The left-hand satellite picture: Korean Peninsula in night.
You can see the economic difference between North Korea and Korea (lower side) at a glance.

Chart on the upper right: GDP per capita.
Chart on the lower right: Stage of corrupt government. The darker the red color is, the worse the stage of it becomes.

The Korean Peninsula was divided after World War Ⅱ, and North Korea was occupied by the Soviet Union.
On the other hand, South Korea was under the US occupation.
As a result, the current gap of GDP per capita between the both countries becomes 22 times.
左の衛星写真: 夜の朝鮮半島。北朝鮮と韓国(下側)の経済の差が一目でわかります。
右上の図: 一人当たりのGDP。
右下の図: 政治の腐敗度。濃い赤色ほど悪い。

朝鮮半島は大戦後に分割され、北朝鮮はソ連占領下に置かれた。
一方、南側の韓国は米国占領下に置かれた。
この結果、現在の両国の一人当たりのGDPの差は22倍になった。

 

4ドイツ2

< 4. Fate of divided Germany >
< 4. 分割ドイツの運命 >

 

Divided Germany after World War Ⅱ had the same fate as Korean Peninsula.
The gap of GDP per capita between the eastern Germany occupied by Soviet Union and the West Germany occupied by Western countries had become about tripled at the time of integration in 1990. Annotation 1.
In the shadow of this German integration, the nation had to endure a lot of hardship to compensate for the difference in economic power, but they were able to get over it.

Before being divided into two parts, these adjoining countries had been one country each, and the ethnic groups, religion, culture were same.
For 70 or 40 years, in the counter country, the economic development was hindered and the degree of corruption of politics became worse.

This is known as a failure by the communist regime.

 
これと同様の結果を招いたのが大戦後のドイツ分割でした。
ソ連占領下の東ドイツと西側占領下の西ドイツの一人当たりのGDPの差は、1990年の統合時には約3倍に開いていた。注釈1.
このドイツ統合の陰で、国は経済力の差を埋め合わせる為に多大な苦労を強いられたが、乗り越えることが出来た。

分割前、これら隣接する国は一つであって、民族や宗教、文化は同じだった。
それが70と40年の間に、一方の国は経済発展が阻害され、政治の腐敗度が高進したのです。

これは共産主義体制による失敗として知られています。

 

5ボツアナ2b
< 5. Sadness at the southern edge of Africa >
< 5. アフリカ南端の悲しみ >

Upper photos: The capital city of South Africa on the left, and the capital city of Botswana on the right.

Chart on the lower left: GDP per capita.
Chart on the lower right: Stage of corrupt government.

Botswana borders on South Africa at the southern age of Africa.
The South Africa is well known for apartheid (racial discrimination), but Botswana is only known as the kingdom of wild animals such as Okavango Delta.
Both countries are different ethnic group and language, but Christians account for half of each population.

The gap of GDP per capita between the Botswana that indigenous people are majority and the South Africa once dominated by white people is 1.2 times currently.
Surprisingly, the Botswana has higher economic power and the political corruption is lower.
This difference is due to the country was received harsh control in the colonial period.

Fortunately, in the Botswana, a diamond mine exceeding one-third of GDP was discovered in the year following the independence.
On the contrary, despite having been the same British colony, the South Africa, received a ferocious apartheid due to the existence of big diamond mine.

 

上の写真: 左が南アフリカの首都で、右はボツワナの首都です。
下左の図: 一人当たりのGDP。
下右の図: 政治の腐敗度。

ボツワナはアフリカ南端の南アフリカと国境を接している。
南アフリカはアパルトヘイト(人種差別)で良く知られているが、ボツワナはオカバンゴ湿地帯などの野生動物の王国として知られているぐらいでしょう。
両国は民族や言語も異なるが、それぞれキリスト教徒が半数を占める。

先住民が多数を占めるボツワナとかつて白人が支配した南アフリカとの一人当たりのGDPの差は現在1.2倍ある。
驚くことにボツワナの方が経済力が上で、政治の腐敗度も低いのです。
この違いは、植民地時代に過酷な支配を受けたかの違いによる。

幸いなことにボツワナではGDPの1/3を超えるダイヤモンド鉱山が独立の翌年に発見されたのです。
逆に、南アフリカは同じ英国の植民地でありながらダイヤモンド鉱山の存在によって苛烈なアパルトヘイトを受けることになった。

 

6ボリビア2a
< 6. Things that happened to descendants of Inca >
< 6. インカの末裔に訪れたもの >

Upper photos: Children in Bolivia on the left, and Children in Chile on the right.
Chart on the lower left: GDP per capita.
Chart on the lower right: Stage of corrupt government.

上の写真: 左がボリビアの子供達、右がチリの子供達。
下左の図: 一人当たりのGDP。
下右の図: 政治の腐敗度。

 

The same thing happened to the South America.
The Bolivia is in the mountains, and bordering Chile on the coast.
Currently, the economic power per capita of Bolivia is only one-third of the Chile. Annotation 2.

Both countries belonged to the Inca Empire, next became a Spanish colony since the 16th century, and were fulfilling independence in the early 19th century.
In both countries, Christians became the majority.

It seems like the same situation, but what made the difference?
The hint is in the ethnic composition.
The percentage of indigenous peoples is 55% in the Bolivia but less than 5% in the Chile.
In other words, the Chile is a white country containing mixed-blood.
This difference began with Potosi mine in the Bolivia having produced large amounts of gold and silver from the 16th century.
By Spaniards, the indigenous peoples of the Bolivia were overworked in this mine and the Chile began to play a role as a food production base by migrants from Western Europe.

The harsh domination left this serious aftereffect there, too.
This continues to the next time.

 
これと同じことが南アメリカでもあります。
ボリビアは山間部にあり、海岸部のチリと国境を接しています。
現在、ボリビアの一人当たりの経済力はチリの1/3.6倍に過ぎない。注釈2.

両国は共にインカ帝国に属していたが、16世紀からスペインの植民地になり、19世紀初めには独立を果たしていた。
共にキリスト教徒が大半を占めている。

同じ境遇のように思えるが、何が違いを生んだのだろうか。
そのヒントは民族構成にある。
先住民の割合はボリビアでは55%だが、チリでは5%以下に過ぎない。
つまりチリは95%が混血を含む白人系の国なのです。
この違いは、16世紀よりボリビアのポトシ鉱山が大量の金銀を産出していたことに始まる。
スペイン人によってボリビアの先住民はこの鉱山で酷使され、チリは西欧からの移住者によって食料生産基地の役割を果たすようになったのです。

ここでも過酷な支配を受けたことが後遺症となっている。
次回に続きます。

 

注釈1.
アンガス・マディソン著、「世界経済の成長史 1820~1992年」、p181より。

注釈2.
世界銀行による国内総生産額 (一人当り購買力平価)では世界でチリ51位(2013年)、ボリビア120位(2013年)です。

Categories: culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 72: Why was it exhausted ? 10: When did the world stand at a crossroad? 1


中東に平和を! 72: なぜ疲弊したのか 10: 何が岐路になったのか? 1

 

1

< 1. Various countries >
< 1. 様々な国 >

A is Japan, H is Bolivia, I is Syria, and C is Switzerland.

Aは日本、Hはボリビア、Iはシリア、Cはスイスです。
Now in the world, there are countries that enjoy prosperity and peace, on the other hand, there are countries that suffer from poverty and conflict.
What was this gap caused by?
There is something we need to learn from it.

 

今、世界には繁栄と平和を享受している国がある一方で貧困と紛争に喘ぐ国がある。
この落差は何に起因しているのだろうか?
そこには我々が学ぶべきものがある。

 

2植民地の影響b
< 2. See the differences in the world >
< 2.世界各国の違いを見る >

Upper map: Gross domestic product, per-capita GNP. The rate is higher as much as the darker blue color.

Lower map: Degree of corrupt politics. the degree is worse as much as the darker red color.

 

上の図: 一人当たりの国内総生産GDP。濃い青色ほど高い。
下の図: 政府の腐敗度。濃い赤色ほど悪い。

 
Introduction
We may have accepted this gap as a matter of course.
But, what will you think abut it if this gap is caused by certain common cause?
Let’s see the current state of the world easily.

 

I think that the representative of good countries are A Japan, C Switzerland, D America, and E Australia. Annotation 1.
These countries have the high gross domestic product, are low degree of political corruption, and have not become civil war.

 

The countries over 180 on other continents are struggling mightily.
In many cases, the economy is stagnant, the public safety is bad, and the politics is corrupt.

 

Once America and Australia were colonies, but became a white country.
Switzerland has not become a colony.
Japan has never been dominated by other countries at all.

 

The common point among these is only that it is not a country of people (indigenous people) under colonial rule.
Besides, it is important that these countries have not experienced Communist dictatorship. Annotation 2.

 

はじめに
私達はこの落差を当然な事として受け入れている。
しかし、この落差がある共通の原因で起こっているとしたらどうだろうか?
世界の現状を簡単に見てみましょう。

 

順調な国の代表としてはA日本、Cスイス、Dアメリカ、Eオーストラリアでしょう。注釈1.
これらの国は国内総生産が高く、政治の腐敗度も低く、内戦もない。

 

他の大陸の180ヵ国を越える国々は悪戦苦闘している。
多くは経済が低迷し、治安が悪く、政治は腐敗している。

 

かつてアメリカとオーストラリアは植民地だったが、白人の国になった。
スイスは植民地になっていない。
日本はまったく他国に支配されたことがない。

 

これらに共通しているのは植民地支配を受けた人々(先住民)の国ではないことに尽きる。
他に、共産主義による独裁を経験していないことも重要です。注釈2.

 

3植民地2b

< 3. a few countries just did not experience colony >
< 3. 植民地を経験していない国 >

 

The world is almost full of colonized countries except for Europe, Russia and Japan.

植民地になっていない国はヨーロッパ、ロシア、日本を除いてほとんどない。

 

4aaa

< 4. 過酷な植民地化を逃れた国々 >

 

Countries that escaped from harsh colonization
Will a country always be exhausted if it became a colony?
Rare countries could escaped from the difficulty even if these countries were colonized and the indigenous people are a major part.

 

French Tahiti (annotation 4) in the South Atlantic Ocean and French Guiana in the South America are rather supported because the both are less resource or have harsh natural conditions.

 

F Botswana in Africa is a relatively smooth country even within harsh colonies.
The Botswana was the poorest country at the time of independence in 1966, but has achieved steady economic growth. Annotation 5.
This was because several kings cooperated and secured independence for own country through a diplomacy at that time.
But it seems an important reason is because there were no products or mineral resources in there.

 

In other words, a country without resources to rob escaped the difficulties.

 

B Thailand is only country that has kept up own independence even in colonized Southeast Asia, and has not experienced miserable civil war. Annotation 6.
This reason was because not only the excellent diplomacy skills of the royal family but also this area was a buffer zone of British forces and French forces.

 

As in Thailand, C Switzerland and A Japan in a small country could escape the difficulty of colonization by primarily geopolitical reasons.

 

Also, even if a country was a colony, the circumstances will change if white settlers account for the majority.

 

At that time, E Australia, was similar to D the U.S., could not make a social system to abuse the indigenous people and to rob the produce because of the barren land, so these settlers had to make an equal society for getting engaged in production by themselves.
In the meantime, the indigenous people were suffering the harsh destiny and reduced the population.

 

Summarizing the complicated history daringly, the common point among these countries is that a harsh domination structure by colonies did not form in it.
Unfortunately, these were rare cases.

 

This continues to the next time.

 

過酷な植民地化を逃れた国々
植民地になれば必ず疲弊すべき国になるのでしょうか。
例え植民地化され、先住民が主体の国でも稀に難を逃れた国はあります。注釈3.

 

南大西洋に浮かぶフランス領のタヒチ(注釈4)と南米のギアナは、資源が少ないか過酷な自然条件なため、むしろ支援を受けています。

 

Fボツワナは過酷な植民地となったアフリカにあって、比較的順調な国と言えます。
1966年の独立当時、最貧国でしたが、順調な経済成長を遂げています。
注釈5.
これは当時、複数の王が協力し外交によって自立性を維持したからでした。
しかし、ここでも重要なのは、ここには産物も鉱物資源もなかったからでした。

 

つまり、搾取すべき資源が無い国は難を逃れたのです。

 

Bタイは、植民地化された東南アジアにあって唯一独立を通し、内戦の憂き目に合っていない。注釈6.
これは王家の優れた外交手腕のおかげもあったが、実は、英仏勢力の緩衝地帯にあったからです。

このタイと同様に主に地政学的な理由で、小国のCスイスやA日本が植民地化の難を逃れたと言えます。

 
また、たとえ植民地だったとしても、白人移住者が大半を占めてしまうと状況は変わります。

 

EオーストラリアはDアメリカと同様なのですが、当時、不毛な大地ゆえに先住民を酷使し産物を奪取する社会体制が成り立たず、入植者達は自ら生産に携わる平等な社会を作るようになったのです。
この間に、先住民は過酷な憂き目に合い、人口を減らしていくことになるのですが。

複雑な歴史を敢えて要約すると、これらの国々の共通点は、植民地による苛烈な支配構造が出来なかったことです。
残念ながら、これらは稀なケースでしかないのですが。
次回に続きます。

 
注釈1.
他にも、西欧や北欧、北米に良好な国はあります。
西欧は植民地化を行った国なので省きます。

注釈2.
共産主義の独裁を経験した国も疲弊する国家へとなってしまうのですが、ここでは話を簡略化するために割愛します。

注釈3.
植民地になった国の多くは先住民(黒人、インディオなど)が主体です。
しかし、入植者の白人や強制連行された黒人が先住民より多い国もあります。

注釈4.
IMFによる国内総生産額 (一人当り購買力平価)では世界で46位(2012年)です。

注釈5.
世界銀行による国内総生産額 (一人当り購買力平価)では世界で69位(2013年)です。
これは世界の平均75位より高い。

注釈6.
今の王家になってからは内戦や戦争の難を逃れているが、軍部によるクーデターは幾度も起こっている。
その度に、王が仲裁に入り、事態の悪化を逃れている。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 71: Why was it exhausted ? 9: The mentality of the imperialism 2


中東に平和を! 71: なぜ疲弊したのか 9: 帝国主義の心性 2

 

1

*1

 

We again look at last part of their real intention, and I sort out the points of it.

 

前回に続いて事例を数点記し、まとめます。
帝国主義に走った人々の心に迫ります。
Case E
Victor Yugo, a 19th-century French writer of “Les Miserables”, said as follows at a celebratory feast of slavery abolition commemoration in 1879.

“Please advance southward!
Africa has no history.
But Africa is important for our world.
If people live in Africa, they are savages.
Invest your excessive desire in Africa!
At the same time, solve all social problems! ”

While suing social justice in his own country, he was discriminatory against the non Western world. Annotation 1.

 
事例E
19世紀フランスの「レ・ミゼラブル」の著者ヴィクトル・ユーゴは1879年、奴隷制廃止記念の祝宴でこう述べた。

「 南下したまえ!
アフリカには歴史がない。
しかしアフリカは世界にとって重要だ。
アフリカに人が住んでいれば、それは未開的野蛮だ。
諸君の抱く過剰なものをアフリカにつぎこみ給え!
同時に諸君のもろもろの社会問題を解決し給え! 」

国内で社会的正義を訴える一方で、非西欧世界に対しては差別的でした。注釈1.

 

2-1-1
< 2. New Caledonia >
< 2. ニュー・カレドニア >

 

Case F
I quote the description of New Caledonia from a book written about the French colonies issued in 1888. Annotation 2.

“On this vast land, the population of 70 thousand were reduced to 23 thousand people for less than half a century.
The causes of the population decline were various.
…..
British, Spanish, American, Australian hunted indigenous people at the beginning of colonial occupation, but we did not hunt indigenous people.
France treats all barbarian as human, and we will not be criticized as the colonization upon a grave. ”

 
事例F
1888年に発行されたフランスの植民地について書かれた本から、ニュー・カレドニアの記述を引用します。注釈2.

「この広大な土地で半世紀も経ないうちに人口7万が2万3千人になった。
人口減少の原因はさまざまである。
・・・・
イギリス人、スペイン人、アメリカ人、オーストラリア人たちは植民地占領の当初に原住民狩りをしたが、我々は原住民狩りをしていない。
フランスは・・・すべての野蛮な民族に対して人間的であり、『墓場の上に植民化』しようとするといった非難を浴びることはないだろう。」

 
Case G
In 1905, one Catholic pastor said at a meeting for protection of indigenous people. Annotation 3.

” In France, people are punished for stealing and thieving, but why are not the same people punished for it in distant area that black people live near the equator in Africa, and Chinese wearing different clothes live in?
One reason of it is egoism.
This is forbidden by good sense and Christian spirit.
There are two types of morality here.
…..
Action that hurts us are forbidden to other person, and the same action is forgiven when we gain the benefit of it.
…..
We are expanding our influential sphere, making a marketing channel for products, doing colonization, and civilizing, etc. ”

 
事例G
1905年、ある原住民保護の集会で一人のカトリック牧師が言った。注釈3.

「フランス本国で泥棒や盗みは罰せられるのに、遠いアフリカの赤道下の黒人や衣服の違う中国人のところでは罰にならないのか。
エゴイズムによるものがある。
それは理性やキリスト教精神によっては禁じられているものだ。
二種類の道徳がある。
・・・
我々を害するものは他の人々には禁じられ、その同じことがわれわれの得になる時は許されている。
・・・我々の影響圏を拡大し、商品の販路をつくり、植民化し、劣った人種を文明化するなどいっているのだ。」

 

3

*3
Case H
I quote from an article on imperialism of “Histoirie de l’Europe” published in 1994. Annotation 4.

“The rise in this nationalism did not compromise the sense of solidarity of the entire Europe that had been handed down from generation to generation.
This is because, in large part, this emotion has been fostered by collective superiority consciousness towards other countries in the world.
Adversely, It was also strengthened from the fear of being threatened someday by foreign forces, especially Asian powers. ”

 
事例H
1994年刊行の歴史教科書の帝国主義から引用。注釈4.

「このナショナリズムの高まりは、長らく引き継がれてきたヨーロッパ全体の連帯感を損ないはしなかった。
というのは、この感情は世界の他の国々に対する、集団的な優越意識によって醸成されてきた、という部分が大きかったからである。
またそれは、裏返しに、いつの日か、外国の勢力、特にアジアの勢力によって脅かされるのではないかという恐怖心からも強められていた。」

 
Why did the West Europeans begin the imperialism?
Why did the people forgive their deprivation, even though people pulling the imperialism had economic and political incentives ?
I think that the people were able to avoid the guilty conscience by the following psychology.

* Superiority of Western European civilization: They considered different culture, social system, or custom as rudeness.

* Superiority of Christian : Anything was permitted for the purpose of missionary work towards heathen.

* Superiority of white folks: All folks except white folks were regarded as undeveloped.

* Fear of foreign civilization: They were anxious about invasion from Asia. Annotation 5.

* Competitive spirit within Western Europe: each country feared becoming a loser if lagging the competition.

These were created from the situation of the time, but if we think about it well, we can notice it may happen outside the Western Europe.

The important is that it happens at any time unless we hard control ourself.

This continues to the next time.

 

西欧人はなぜ帝国主義に走ったのか?
帝国主義を牽引した人々には経済的・政治的な動機があったとしても、なぜ国民はその収奪行為を許したのだろうか?
私は国民が以下の心理によって罪の意識を回避出来たと考える。

* 西欧文明の優越: 異なる文化・社会制度・風習を低俗と見なす。
* キリスト教の優越: 異教徒への宣教の為には何でも許される。
* 白人の優越: 白人以外の人種をすべて未発達と見なす。

* 異文明に対する恐怖: アジア等の侵略を懸念。注釈5.
* 西欧内の競争心: 競争に遅れると敗者になる恐怖。

これらは当時の状況から生まれたものですが、よくよく考えてみると西欧以外でも起こりうるものです。

要は、よほど自制しない限り何時でも起きることなのです。

 
次回に続きます。

 
注釈1.
参考文献「ヨーロッパがみた日本・アジア・アフリカ」のp45より.

注釈2.
同上のp174より.

注釈3.
同上のp182より.
注釈4.
同上のp151より.
詳しくは「ヨーロッパの歴史・欧州共通教科書」のp322より。

注釈5.
特に1905年の日露戦争後の日本に対して。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , | Leave a comment

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 35: ワルシャワ5


1dsc00342-1

*1

 

 

今日は、ワジェンキ公園の残りを紹介します。

今日で、この旅行の紹介を終わります。

長らくのお付き合い有難うございました。

 

 

 

2

< 2.ワジェンキ宮殿の2階 >

 

 

 

 

3

< 3.ワジェンキ宮殿内 >

 

 

4

< 4.ワジェンキ宮殿 >

 

 

5

< 5.公園で見かけた動物たち >

 

上の写真: 孔雀がいる。

下の写真: 左の木の陰をリスが走っている。

この公園内で、他にもリスを見ました。

 

 

 

6

< 6.広々とした公園 >

 

 

 

7

< 7. ホワイトハウス >

 

18世紀に建てられたかつての王族の住居。

 

 

8

< 8.かつての温室 >

 

下の写真: 18世紀に東方の植物として珍重されたオレンジなどの樹木を寒い季節の間、養成するための温室の原型。

太陽光を取り入れる為に窓が大きくなっている。

現在は劇場になっている。

 

 

 

9

< 9.ショパン像 >

 

下の写真: 毎年夏に、この像の前でショパンコンサートが行われる。

 

 

 

10

< 10.お別れ >

 

上の写真: 柳の木の下に座り、故郷の自然を眺めるショパンを表現している。

 

下の写真: ワジェンキ宮殿横の道路。

ここからバスに乗り、空港まで行って、ポーランドを後にしました。

 

 

あとがき

異郷の世界を楽しく巡って来ました。

 

荒涼とした原野、のどかな田園地帯、鬱蒼とした森林を駆け抜けて来ました。

北の広大なバルト海に接した五つの国が交易と戦争で関わり続け、千年の歴史と文化を築きあげて来ました。

旧市街の街並みから、私はロシアとヨーロッパとの関わりを読み解くことが出来ました。

 

モスクワやサンクトペテルブルグのロシア帝国時代の有名な建物はイタリアの建築家の手になるものが多い。

バルト三国も、訪問前のイメージとは異なり、特に旧市街が非常にヨーロッパ風でした。

ワルシャワの古い建物は当然、ヨーロッパの影響が強い。

一方で、スターリン様式やタマネギ風の屋根の教会に見られるように、ロシアやソ連時代の影響が残っている。

 

私はそこに暮らす人々と話をする貴重な機会を得ました。

そして今まで疑問に思っていた幾つかの歴史的事件や社会問題について理解を深めることが出来ました。

 

色々、各地のスーパーに入り、豊富な生活用品や食品などを見ていると経済は発展しているようでした。

 

ポーランドは東欧の遅れた国とのイメージがあったのですが、戦火からの再建をやり遂げて発展している。

バルト三国も、かつての苦難を乗り越えて順調に発展している。

ロシアの都市部の発展は良いが、車窓から見た地方の暮らしは遅れているようでした。

 

この地域の歴史やロシアの様子を知ると、やはり不安がよぎる。

石油安でロシアの景気後退が深まると、世界がナショナリズムに突き進んでいるように、ロシアは容易に道を踏み誤る可能性がある。

それは私は数人のロシア人との会話から、ロシアの偏向報道を感じたからです。

翻って、日本の報道もここ数年、自由度が低下して来ているので不安です。

 

 

また、旅行の仲間で面白い人がいました。

高齢の女性が一人でツアーに参加しておられたのですが、非常にお喋りで、好奇心旺盛な人でした。

しかし、話をしているうちに、彼女は苦難にあっても、いつも挑戦し続け、道を切り開いて来ました。

その積極性と能力は人並み外れていました。

 

そして最後にわかったことは、彼女の息子さんが芥川賞を受賞された作家だったことです。

やはりこれぐらいの女性だからこそと感心したものでした。

 

やはり旅行は面白く、刺激に満ち溢れたものです。

 

 

これで終わります。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | 5 Comments

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 34: ワルシャワ4


 

1dsc00135-1

*1

 

 

今日から、ワジェンキ公園を紹介します。

陽光に輝く黄葉、湖面、宮殿を見ながら広葉樹林の中を散策しました。

孔雀やリスが晩秋を惜しんでいました。

2017年10月4日に訪れました。

 

 

 2

< 2. ワルシャワの中心街 >

 

上の写真: スターリン様式の文化科学宮殿。

 

 

 

 3

< 3. いよいよワジェンキ公園 >

 

下の写真: ワジェンキ公園の北側から入園、無料。

これはクラクフ郊外通りを2kmほど南下した所にある大きな庭園で、ポーランドの最後の王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキによって18世紀に30年をかけて造営された。

 

 

 

 4

< 4. ワジェンキ宮殿が見える >

 

上の写真: ポーランド王ヤン3世ソビェスキの像。

1683年、オスマン帝国15万の軍による第二次ウィーン包囲に対して、彼はわずか3000の騎兵で中央突破し、勝利に導き、ヨーロッパを救った英雄と讃えられた。

この像は、これを記念している。

 

下の写真: 池の奥にワジェンキ宮殿(水上宮殿)が見える。

ヤン3世ソビェスキの像の前から見ている。

 

 

 

 5

< 5. ワジェンキ公園  >

 

上の写真: ヤン3世ソビェスキの像がある橋。

 

 

 

 6

< 6. ワジェンキ宮殿に向かう  >

 

 7

< 7. ワジェンキ宮殿に迫る >

 

この宮殿は造園を命じた王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキが、夏の宮殿として使用した。

彼は前の所有者が浴場として使用していた建物を改造した。

この建物はポーランド・リトアニア共和国が滅亡した後、ロシアに売却され、第二次世界大戦ではドイツに美術品は盗まれ破壊されたが、修復された。

 

 

 

 8

< 8. ワジェンキ宮殿の南側 >

 

 

 

 9

< 9.ワジェンキ宮殿の南側の池  >

 

 

 

 10

< 10. いよいよワジェンキ宮殿に入る >

 

 

 

 

 11

< 11. ワジェンキ宮殿内 >

 

上の写真: 宮殿のホールで学習する子供達。

 

下の写真: 宮殿のホールから池の北側を見る。

 

 

あとがき

実は、この時期、例年なら黄葉が美しいのだそうですが、この年の夏が小雨だった為、残念ながら多くの黄葉が茶褐色を帯びていました。

従って、あまり黄葉の写真を撮っていません。

それでも遠目には美しかった。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, <japanese language, travel+photo | Tags: , , | 4 Comments

Bring peace to the Middle East! 69: Why was it exhausted ? 7: The period background of imperialism 2


中東に平和を! 69: なぜ疲弊したのか 7: 帝国主義の時代背景 2

1a

*1

Last time we saw why the imperialism began.
However, the explanation lacks a certain something.

前回、なぜ帝国主義が始まったのかを見ました。
しかし、何か大事なことが抜けている。

 

2

*2

 

What did it lack?
In the previous explanation, it is difficult to understand why competition for getting parts of colony began in the 1880’s.
There must be a common motive for Western countries, and I think it eventually led to two great wars.

In the latter half of the 19th century, there are some important changes that occurred in the Western Europe.

A: Capital exports and emigrants from the Western Europe had doubled every 10 years.
For example, the development of steamboats expanded a maritime traffic, and the export value was growing every year.
After the Industrial Revolution, the economy and the science technology developed, so the difference in national power between the UK and the US or the Germany was decreasing in size.

B: Although the economic recession had already occurred repeatedly, finally a major depression lasted for about 20 years since 1873.
As a result, each country took a protective trade policy, and at a same time nationalist sentiment intensified.

C: A thought “The Western Europe is superior to the other world and develops” had been timely widespread .
The people adopted Darwin’s theory of evolution, and they were convinced that the excellent Western civilization was evolving through the principle of the survival of the fittest.

D: In 1884, 14 Western countries held a conference in Berlin, and decided the rules of partition of Africa, then after that the competition for getting parts of colony began.

At that time, the Africa was an unexplored area where fever disease spread in, and the colony of the Western Europe was only 10% in it.
A conflict occurred when countries (Belgium etc.) that had lagged behind in getting of colony tried to enter it.
In order to prevent this conflict, certain rule ” the country that first occupied and dominated colony is granted the control of it” was stipulated.
Thus, the competition began.

Although there is a part overlapping with the previous explanation, you may notice a strange something.

 
何が抜けているのか
前回の説明では、1880年代から植民地獲得競争がなぜ始まったが分かり難い。
やはり西欧諸国に共通する動機があるはずで、やがてそれが二度の大戦へと繋がったように思える。

19世紀後半、西欧に起きていた重要な変化を挙げます。

A: 西欧からの資本輸出と移民が10年毎に倍増した。
例えば蒸気船の進歩が海上交通を発展させ、輸出額は毎年伸びていった。
また産業革命後、経済と科学技術が発展し、これによって英国と米国やドイツなどの国力差が縮小した。

B: 既に景気後退が繰り返し生じていたが、ついに1873年から大不況が約20年間続いた。
これによって各国は保護貿易に転じ、また愛国主義の風潮が高まっていった。

C: まさにこの時期、「西欧は世界に優越し発展する」との思想が広まっていた。
彼らはダーウインの進化論を取り入れて、優れた西欧文明は適者生存により発展していると確信した。

D: 1884年、西欧14カ国がベルリン会議を開き、アフリカ分割のルールを決め、この後、植民地獲得競争が始まった。

当時、アフリカは熱病が蔓延する未開の地で、1割が西欧の植民地となっていただけであった。
そこで、植民地獲得に遅れをとっていた国(ベルギー)が参入しようとして衝突が起きた。
この争いを防ぐ為に、ルール「先に占領し支配した国が領有する」が定められた。
こうして競争が始まった。

これは前回の説明と重複するところもあるが、こうして見ると不思議な事に気づく。

 

3

*3

What is it?
That is certain mentality of the Western Europe that appears in the above paragraph C and D, and it is probably more intense than East Asia.

If I were to use one word, it will be a feeling of superiority passing over a self-confidence of Westerners.
They who were Christian and White despised pagans and different races.
They understood a social system that was different from their society as deteriorating or undeveloped society.
What an inconsistent stance. Annotation 1.

 
それは何か
それは前述のC,D項に現れている西欧の心性で、おそらく東アジアより強烈と思われます。

敢えて言うならば、それは西欧人の自信を通り越した優越感でしょうか。
キリスト教徒であり白人である彼らは異教徒や異なる人種を蔑んだ。
彼らは自分達の社会制度と異なるものは劣化か未発達だと捉えるところがある。

例えば、欧米は東京裁判において日本を「平和に対する罪」などで裁いた。
この罪は侵略戦争に対して言っているのですが、この60年前のベルリン会議で、欧米は侵略を合法化していたのです。
如何にも矛盾しています。注釈1.

 

4

*4

 

What is the mentality of the imperialism?
In the age of European Imperialism, the brutality of the Western Europe that was shown in colonies was based on a strong discriminatory sentiments and contempt.

This would have lowered resistance sentiments toward exploiting and controlling the colonies.
Although this mentality was also common to the empire of Japan and the fascism of Nazi Germany.

Then, what has happened?
In 1914, the First World War began from one assassination incident in the Balkans.

In the competition for colony, the Western countries did not big fight against each other.
However, during the competition, eventually the greed of larger countries and the backlash of the colony must have exploded.

Knowing this process, the judgment of whether the imperialism was holding down internal conflicts or was preparing the world war depends upon the person.
I have the latter view.

This continues to the next time.

 

帝国主義の心性とは何か
帝国主義の時代、西欧が植民地で行った蛮行に通底しているのは、強烈な差別感情、蔑視でした。
これが植民地への搾取や支配への抵抗感を低くしたことでしょう。
もっとも、この心性は大日本帝国やナチスドイツのファシズムにも共通していたのですが。

 
その後、何が起きたのか
1914年、バルカン半島での一つの暗殺事件から第一次世界大戦が始まります。

植民地争奪では西欧各国は互いに大きな戦闘をすることはなかった。
しかし、植民地の獲得競争の中で、やがて大国の強欲と植民地の反発は爆発することになった。

この経緯を見て、帝国主義が内紛を抑えていたのか、はたまた世界大戦を準備していたのかは判断が別れます。
私は、後者の見方に立ちます。

 
次回に続きます。

 

 
注釈1.
この60年間の隔たりをどう見るのか。
それまでの西欧の激しい対立と戦争の歴史、特に二つの大戦の経験から、彼らは大いに反省し、自らも含めて侵略行為に制裁を科そうとしたのだろうか。
残念ながらそうは思えない。
米国による広島への原爆投下や、ベトナム戦争などから察すると、やはり欧米の異人種・異教徒への蔑視と復讐心は強烈で、自戒をあまり期待できないようです。

私は東京裁判の意義を認めるが、この心性に人類共通ではない特有の恐ろしさを見る。
しかし、この章では深く立ち入らない。

 
参考文献
帝国主義については下記図書を主に参考にしました。
「概説 世界経済史Ⅱ」p176-191.
「早わかり 世界史」p254-259.
「世界の歴史 帝国の時代8」第二章。
「世界歴史地図」ムーア著、第9章。
「丸善エンサイクロペディア 大百科」p1778.
「帝国主義」アンドリュー・ポーター著。

 

 

 

 

Categories: culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | 2 Comments

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 33: ワルシャワ3


1dsc09884-1

*1

 

今日は、王宮広場からクラクフ郊外通りを紹介します。

紺碧の空に映える建物や通りを歩き、ショパンの関わりある場所を巡りました。

 

 

2a

< 2. 王宮広場 >

 

上の写真: 奥が、既に紹介した旧市街で、右手が旧王宮です。

中央に立っているのはジグムント3世の像です。

この王がポーランド・リトアニア共和国(1569-1795年間、現在のポーランド、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナを含む大国)を継承し、1596年に首都をクラクフからワルシャワに移した。

 

下の写真: 旧市街を見ています。

建物の間の通りを行くと旧市街広場に戻ります。

 

 

3a

< 3.旧王宮 >

 

上の写真: 現在博物館になっている旧王宮。

ジグムント3世の居城だっただけでなく国会などしても使用された。

第二次世界大戦で完全に破壊されたが再建された。

 

中央の写真: 旧王宮の中庭。

 

下の写真: 中庭のポスター。

これらは1956年のポーランドのポズナン暴動とハンガリー動乱を扱っているようです。

この事件はソ連でフルシチョフがスターリン批判をしたことに端を発して、両国の民衆がソ連と自国の共産政権への不満から暴動となった。

ポーランドは自国で鎮圧し死傷者は百名ほどであった。

しかしハンガリーはソ連軍によって鎮圧され2万人近くが死に、20万人が難民となった。

 

 

 

4a

< 4.王の道を行く >

 

上の写真: 今回紹介するコース。

Sは王宮広場で、Eは徒歩観光の終点で、この間はクラクフ郊外通りです。

この通りを右側(南)に真っすぐ行くと、中心市街地の新世界通りを抜け、後に紹介するワジェンキ水上宮殿公園に至り、この道は「王の道」の一部です。

Aは大統領官邸、Bは道を挟んでチャプスキ宮殿とワルシャワ大学、Cは聖十字架教会、Hは私達のホテル。

 

中央の写真: 王宮広場からクラクフ郊外通りを見ている。

 

下の写真: クラクフ郊外通りから王宮広場の方を見ている。

 

 

5

< 5.クラクフ郊外通り  >

 

上の写真: 王宮広場の方を見ている。

 

中央の写真: ポーランドの国民的詩人の像。

彼はショパンと同時期に活躍した。

 

下の写真: ”Kościół seminaryjny w Warszawie”

17世紀に造られ始め18世紀のファサードを持つカトリック教会。

詩人の像と大統領官邸の間にある。

 

6

< 6.大統領官邸 >

 

上の写真: クラクフ郊外通りの中頃から南側を見ている。

 

中央の写真: 大統領官邸の前に立つポーランドの英雄像。

彼は19世紀始め、ナポレオンに従って祖国ポーランドの為に戦い、戦死した。

彼は池田理代子の漫画『天の涯まで ポーランド秘史』の主人公となっている。

 

奥の大統領官邸はかつて貴族の館で、18世紀に一部劇場として開放され、ここでショパンが初めてのピアノ演奏会を行った。

 

下の写真: 18世紀に建てられた後期バロック様式のヴィジトキ教会。

学生のショパンがこの教会の日曜ミサでオルガニストをしていた。

 

 

7

< 7. ワルシャワ大学 >

 

上二つの写真: ワルシャワ大学。

かつてショパンはこの大学内の中・高等学校で学んだことがあった。

 

下の写真: クラクフ郊外通りの中頃から北側を見ている

 

 

 

8

< 8.ショパンのゆかりの地 >

 

上の写真: ユニークな像が入り口を飾る建物。

 

下左の写真: かつてのチャプスキ宮殿、現在は美術アカデミー。

写真は正面左側の建物で、ショパン一家は1827~1830年までこの3階で暮らした。

1830年、彼がウィーン滞在中にワルシャワでロシアからの独立を求めて「十一月蜂起」が勃発し、帰国を断念し、パリに赴いた。

ショパンにとっては、ポーランドで最後の家となった。

 

下右の写真: これはショパンのベンチで、ショパンゆかりの地に幾つも置かれている。

ベンチには説明が書かれており、ボタンを押すとショパンの曲が流れてくる。

 

 

9

< 9.聖十字架教会 >

 

上の写真: 鐘楼はクラクフ郊外通りのほぼ北の端に建つ聖十字架教会。

下二枚の写真: 聖十字架教会の内部。

ショパンの心臓が右の柱に埋められている。

彼は39歳の若さで肺結核でパリに死すが、彼は埋葬を嫌い、遺言に従いこの教会に眠ることになった。

 

 

10

< 10.広場や通りの人々 1 >

 

11

< 11. 広場や通りの人々 2 >

 

下の写真: 先ほど紹介した美術アカデミー(チャプスキ宮殿)の奥の建物。

 

 

ワルシャワ・ゲットについて

前回紹介した最高裁判所の脇にワルシャワ・ゲットーの境界跡と記念碑がありました。

その位置は下の地図の黒の矢印で、黒の楕円枠は城壁で囲まれた旧市街、黒の四角枠は私達のホテルです。

赤枠が第二次世界大戦中に設置したワルシャワ・ゲットーで、如何に巨大かがわかります。

 

私達はポーランドがホロコーストの主な舞台だったことを知っています。

一つには悪名高きアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所がポーランドにあったからでしょう。

ナチス・ドイツが殺戮したユダヤ人約600万の内、300万人はポーランドに暮らすユダヤ人でした。

 

 

 

12map1b

< 12.ワルシャワ・ゲットー >

 

これらの地図と写真は1939年から1945年までのワルシャワ・ゲットーに関するものです。

*当時のワルシャワ・ゲットーが赤枠で示されています。

*1942年、ゲットーのユダヤ人の絶滅収容所への移送。

*1940年、ゲットーの壁建設

*1943年、ワルシャワ・ゲットーのユダヤ人が武装蜂起した報復にドイツ軍は街を焼き払い掃討した。

*1943年、ワルシャワ・ゲットー蜂起の鎮圧戦の最中に連行される人々。

 

 

私はユダヤ人で気になっていたことを、前回のポーランド女性に聞いてみた。

 

質問1:

「映画『シンドラーのリスト』では、ポーランド人がユダヤ人迫害に同調したように描かれているが、どう思いますか?」

 

答え:

「監督はユダヤ系アメリカ人なので迫害を際立ったさせるために、ポーランド人を悪く描いているのでしょう。

ポーランド人は、多くのユダヤ人を受け入れた国であり、他の場面ではユダヤ人を助けている」

 

質問2:

「リトアニアではユダヤ人がソ連の手先になって裏切り、ユダヤ人が嫌われたが、ポーランドではどうだったのか?」

 

答え:

答えは明瞭ではなかったが、ポーランド人はユダヤ人を嫌っていないと言いたいようでした。

 

 

ポーランドのユダヤ人 注釈1

ユダヤ人は中世より西欧での迫害を逃れて東欧への移住を進めていた。

西欧では、例え住むことが許されても、限られた町で職業と人数に制限があり、多くのユダヤ人の暮らしは劣悪で人数も少なかった。

 

ユダヤ人は15世紀にはすでにワルシャワで暮らしていた。

民族的に寛容なポーランドでは、ユダヤ人はごく一部の大都市の旧市街を除いて、基本的にどこでも自由に住むことができた。

18世紀末以降、緩和が進み、旧市街にユダヤ人が住むようになった。

19世紀半ばより、キリスト教徒もユダヤ教徒も比較的裕福な人々は近代市街地やその郊外へと居を移していき、旧市街などには貧困層が集中して住むようになった。

この状態は20世紀のはじめまで続いた。

この時代、ワルシャワのユダヤ人人口は急増し、ユダヤ人の自治共同体が急成長した。

第二次世界大戦直前のワルシャワ市には全人口の30%にあたる38万人のユダヤ人が暮らしていた。

ワルシャワは、ニューヨークに次いでユダヤ人人口の多い都市だった。

 

ワルシャワ・ゲットーの歴史

1939年、ドイツ軍がポーランドに侵攻し、ワルシャワは占領された。

ユダヤ人居住区でチフスが流行していた為、1940年、隔離の為にゲットーが建設され、その中に45万人が詰め込まれ封鎖された。

このユダヤ人は強制労働に駆り出され、食料配給は必要摂取カロリーの10分の1に過ぎなかった。

 

1942年7月、ユダヤ人の絶滅収容所への移送が始まるが、この時までに8万人が飢えと病で死亡していた。

これに抵抗してユダヤ人は暗殺を手始めに武装蜂起し、ワルシャワ・ゲットー蜂起を起こした。

しかしドイツ軍による1か月の鎮圧で、全住民は移動させられゲットーは破壊された。

住民は瓦礫で圧死し、捕虜は銃殺され、残りは強制収容所で死んだ。

 

1945年、ソ連軍が到着するまでにワルシャワで生き残ったユダヤ人は約200人だった。

 

次回に続く。

 

 

 

注釈1

説明は主にウィキペディアによる。

 

 

 

 

Categories: culture+society, 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 68: Why was it exhausted ? 6: The period background of imperialism 1


中東に平和を! 68: なぜ疲弊したのか 6: 帝国主義の時代背景 1

 

1
*1
We have seen who has scattered the disaster to the world until now.
It seemed like ordinary people fascinated by demons.
However, this eventually will push our world into the mire.

これまで誰が世界に災厄を撒き散らしたのかを見て来ました。
それは悪魔に魅入られた普通の人々のように思える。
しかし、このことがやがて世界を泥沼に突き落とすことになる。

 

map
< 2. colonial countries that were once controlled by Western Europe >
< 2. かつてヨーロッパの植民地だった国 >

 

Introduction
Later, we see that the imperialism which colonized almost all countries of this earth was deeply involved in the confusion and conflicts of present developing countries.
But before that, there is something we need to confirm.

That is to say, why was the imperialism that was selfish, violent and ruthless done by the people.
Why did the people do the inhumane exploitation?
Why could the people be cruel to indigenous people?
This was at most half a century ago.

Until now, we’ve looked at some cases, but people easily sacrifice other people.
If the imperialism was done by not so much demon but consensus of ordinary people, even now, their minds do not change, it may be a possibility of repeating easily.

 

はじめに
後に、地球上のほぼすべての国を植民地化した帝国主義が、現在の発展途上国の混迷と止まない紛争に深く関わっていることを見ます。
しかし、その前に確認したいことがあります。

それは身勝手で、暴力的で、無慈悲であった帝国主義がなぜ行われたのかと言うことです。
なぜ人々は人道に反する搾取を行ったのか?
またなぜ人々は先住民に対してあれほど残虐になれたのか?
これはたかだか半世紀前のことです。

今まで、事例を見て来ましたが、人々はいとも簡単に他者を犠牲にします。
もし、帝国主義が悪魔ではなく普通の人々の総意で行われていたとしたら。
今でも、その心性は変わらず、容易に繰り返す可能性があるかもしれません。

 

3

*3

 

What is the imperialism?
It is a policy to make other country a colony and dependent country by military power.
Although there was an expansionism and conquestism from a long time ago, especially it refers to the policy done by nations that became a monopoly capitalism stage since the end of the 19th century.
It began with the African division of Western Europe and then spread to the world.

The essential point is like that, but strangely the opinion of historians about it has divided.
The imperialism is an undeniable fact, but they can not identify its motive.
It is largely divided into three opinions. Annotation 1.

A: A capitalist state developed through the industrial revolution was seeking many export destinations for not only goods but also excessive capital to the world.

B: At that time, economic depression repeatedly had occurred, income disparity was bigger than now, the dissatisfaction was accumulating in the countries.
In addition, the reversal of economic power was occurring among countries having many colonies (Britain) and countries no having it (Germany).
Thus, the Western European countries tried to divert the public’s dissatisfaction by making an advance outside the area, and it became a competition.

C: The imperialism progressed sequentially by the interaction between the ruling side and the colonial side, and the factors differed from region to region.
In addition to the two above-mentioned reasons, the major factors were for recovering the losses due to prohibition of a slave trade, and the resistance and looting in the locale against the Westerners’ residents and immigrants.
After all, it was tangled with the past Western intervention, and it headed for further intervention.

In other words, rather than that the imperialism was initiated for a purpose, it can be said that it occurred as a result of various factors overlapping.

 
帝国主義とは何か

軍事力で他国を植民地や従属国にする政策。
古くから膨張主義や征服主義はあったが、特に19世紀末以降、独占資本主義段階に至った国家が行った政策を指す。
これは西欧のアフリカ分割から始まり、その後、世界に蔓延していった。

要点はこうなるが、不思議なことに歴史学者の意見が分かれている。
帝国主義の事実は動かせないのですが、その動機を確定出来ないのです。
大きく三つに分かれています。注釈1.

A: 産業革命を経て発展した資本主義国家は、商品だけでなく過剰な資本の輸出先を世界に求めていた。

B: 当時、恐慌が繰り返し発生し、今より所得格差は大きく、国内に不満が鬱積していた。
また植民地を多く持つ国(英国など)とそうでない国(ドイツ)で経済力の逆転が起こりつつあった。
こうして西欧諸国は、域外に進出することで国民の不満をそらそうとし、競争することにもなった。

C: 帝国主義は支配側と植民地側との相互作用で順次進行し、地域ごとで要因が異なる。
主要な要因としては、上記二つの理由に加えて、奴隷貿易の禁止による損失挽回の動き、西欧人の居留民や移民に対する現地の抵抗や略奪などがある。
これにしても、以前からの西欧の介入で紛糾し、さらなる介入を招いたことになる。

つまり、帝国主義は目的を持って始められたと言うよりは、対立国との競争、国内の不満回避、植民地との紛争を巡って、いつしか泥沼に突き進んだしまったと言える。

 

4

*4

 

Something seen from a misunderstanding
There are persons who say that the former action is not exploitation against East Asia because the Empire of Japan made huge investments (dam and railroad) for it.

Actually, the imperialist countries of the Western Europe came to have large loss due to deployment of troops and investment in the locale, and the people disliked it in the late stage.
Even so, the governments continued to take the policy for securing the colonial security and prestige of the state.

Similarly in Japan, the people amassed a huge debt (foreign bonds) for the war, lost everything in the defeat, and had to keep returning the foreign bonds even after the war.

In other words, in the time of the imperialism, it expanded because there were people got profit even though the government and the people were suffering.

 

This continues to the next time.

 
誤解の先に見えるもの
かつて大日本帝国は東アジアに莫大な投資(ダム、鉄道など)をしたのだから、搾取ではないと言う人がいる。

実は、西欧の帝国主義国家も軍隊派遣や現地への投資で、政府としては損失が大きく、末期には国民に嫌われていた。
それでも植民地の安全確保や国家の威信の為に続行された。

日本も同様で、戦争の為に莫大な借金(外債)を行い、敗戦ですべてを失っただけでなく、戦後も外債を返却し続けなければならなかった。

つまり、帝国主義の時代、政府と国民は苦しんでいても、利を得る存在があるからこそ拡大していったのです。
次回に続きます。

 
注釈1.
この説明は主に「講座/世界史5 強者の論理/帝国主義の時代」p.44を参考にしています。

Categories: culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , | 4 Comments

Bring peace to the Middle East! 67: Why was it exhausted ? 5: History repeats itself


中東に平和を! 67: なぜ疲弊したのか 5: 歴史は繰り返す 

1a

< 1. a border fence along the US–Mexico border >
< 1. メキシコの壁  >

 

Last time we looked at that the treacherous social situation is occurring in the United States.
Here we trace back history a bit and examine this has been possible situation any time.

前回、危惧すべき社会状況が米国で起こっていることを見ました。
ここで少し歴史を遡り、このような状況がいつでも起こりうることを見ます。

 

2
< 2. Drought >
< 2. 旱魃  >

What is the president trying to sacrifice now?
The US president is trumpeting that other countries steal interests of the United States with unfair trade and that immigrants are depriving the public of their jobs.

Although there may be such an aspect, the many causes are due to the diplomacy and trade agreements in the past, and naturally the major nation (company) must have gained more profit.
For example, as a background of increasing Mexican immigrants, cheap imported corn from the US by the North American Free Trade Agreement (NAFTA) in 1994 robbed Mexico’s fifteen million farmers’ life. Annotation 1.

Furthermore, he is going to carry out terrible policies aiming only for prosperity of their own country on the sacrifice of other countries.

For example, he is trying to destroy the Framework Convention on Climate Change, but this will have a huge impact on the world.
Currently, the global warming is progressing, the drought in the world has already caused the rise in wheat prices repeatedly and it has caused sea level rise too.
With this discard, the US industry (16% of the world’s CO2 emission) will undoubtedly increase the emission.
And the unity of the world will be disturbed, then global warming will accelerate further.
As a result, huge hurricanes frequently must have come to the United States, and the world that passively observed it will pay the penalty.

The selfish policy of major nations will drive the world into a corner all the more because its national strength is large, with everything such as environment, war, or economy.

Actually, the current American society is similar to the era when Europe moved to imperialism from the 1870s, and also the time of Hitler’s dictatorship.

 
今、大統領は何を犠牲にしようとしているのか
米国大統領はしきりに他国が不公平な貿易で米国の利益を奪い、移民が国民の職を奪っていると喧伝している。

その一面はあるかもしれないが、多くは今までの外交や貿易協定によるもので、当然、大国(企業)がより利益を得ているはずです。
例えば、メキシコ移民が増大する背景に、1994年の北米自由貿易協定(NAFTA)による米国からの安価な輸入トウモロコシがメキシコの1500万人農民の仕事を奪った。注釈1.

さらに、他国の犠牲の上に自国の繁栄を目指す恐ろしい政策が行われようとしている。

例えば、気候変動枠組条約を破棄しようとしているが、これは世界に大打撃を与える。
現在、地球温暖化が進み、すでに世界で大旱魃による小麦価格の暴騰が繰り返され、また海面上昇を招いている。
この破棄により米国の産業(世界のCO2排出量の16%)は気兼ねなく排出を増やすだろう。
そして世界の結束は乱れ、さらに地球温暖化が加速することになるだろう。
その結果、米国には大型ハリケーンが頻繁に来襲し、それを傍観した世界にも報いは訪れる。

大国の身勝手な政策は、その国力が大きいだけに、環境・戦争・経済などあらゆることで益々世界を窮地に落とし入れることになる。

実は、今の米国社会はヨーロッパが1870年代から帝国主義に突き進んだ時代、またヒトラー独裁の時代と似ているのです。

 

3

*3
The time of Hitler
Here we can compare the current American society with the German society of the Nazis easily.

“Communists and Jews are putting our nation into turmoil! Let’s recover our former territory!”
Hitler’s statement was gaining tremendous popularity, and he was able to become a dictator.

What is it about Hitler took hold in the mind of people?
Its reason is due to that he attributed all cause of the deterioration to others, then proposed a method without pain for the public by sacrificing others (exclusion, expansion of territory).

Hitler is fascism, and Trump is called populism.
Although there are different things in these, there are similarities too.
The both deny existing elite layers (politicians, intellectuals, mass media) and declare that they can solve easily with exclusionary policies. Annotation 2.
And people who supported the two men are middle class in Germany and White in the United States.
People can easily accept the reckless proposal to sacrifice others if they become safe.

Furthermore, there are more interesting similar features.
At first, Hitler showed being on worker side and exclaiming against owners of capital.
However, from halfway, he sponged on some capitalists and accomplished the dictatorship with the cooperation of the military.

From the beginning, he didn’t have logical and constructive assertion, so the policy was only patchwork response.
When the people noticed that they were deceived by his snow job, it’s too late.

This continues to the next.

 
ヒトラーの時代
ここで今の米国社会とナチスのドイツ社会を簡単に比較します。

「共産主義者とユダヤ人が国家を混乱に陥れている! かつての領土を取り戻せ!」
このヒトラーの発言が絶大な人気を呼び、彼は独裁者になることができた。

ヒトラーの何が多くの心を捉えたのでしょうか。
それは悪化の原因を他者に帰し、自身は痛みを伴わない方法、つまり他者を犠牲にする方法(排除、領土拡大)を提案したからです。

ヒトラーはファシズムで、トランプはポピュリズムと呼ばれています。
これは異なるところもありますが、共通点があります。
二人は共に既存のエリート層(政治家、知識人、マスコミ)を否定し、排他的な手法でいとも簡単に解決すると明言する。注釈2.
そして二人を支持した人々はドイツでは中間層、米国では白人です。
人はいとも簡単に、自身が安泰なら他者を犠牲にする無謀な提案を受け入れてしまうのです。

さらに面白い類似の特徴があります。
ヒトラーは最初、労働者の味方で資本家を非難する素振りを見せていた。
しかし途中から裏で、一部の資本家にすがり、軍部の協力を得て独裁を成し遂げた。

元々、彼には論理的で建設的な主張がなかったので、政策はその場しのぎに過ぎなかった。
後に国民はその巧みさに騙されたと悔しがったが、後の祭りでした。
次回に続きます。

 

注釈1.
2017年1月、大統領はNAFTA再交渉を明言。

注釈2.
排他的な手法とは、ヒトラーの場合はアーリア人以外を強制排除(抹殺)、そして軍事力による自国の領土拡張でした。
トランプの場合は、白人とキリスト教徒以外の排除、保護貿易と2か国間交渉による自国優位です。

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , | 5 Comments

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 31: ワルシャワ1


 

 1dscf8438-2

*1

 

今日から、最後の訪問地、ポーランドの首都ワルシャワを紹介します。

訪れたのは2016年10月4日で、快晴に恵まれました。

今日、紹介するのは早朝の街歩きです。

 

はじめに

夜の明けやらぬ朝、一人で旧市街に向けて歩き始めました。

道に迷いながら約1時間半ほど歩き回り、やっとの思いでホテルに戻りました。

既に出発時刻は迫り、朝食抜きで最後のホテルを去りました。

朝は雲が覆っていたのですが、徐々に快晴となり、昼には素晴らしい観光日和となりました。

写真は撮影順に並んでいます。

 

 

 

 

2

< 2. ホテルを出発 >

 

ホテル「ソフィテル・ビクトリア」を出発し、前の「ピウスツキ元帥広場」を通り抜け、北側を目指しました。

 

上の写真: 左手(西側)の森は「サスキ公園」で、その前に光っているのは「無名戦士の墓」です。

 

中央の写真: 広場の東側。

 

下の写真: 「無名戦士の墓」。

この建物に近づくと、中央にある灯火を二人の衛兵が不動の姿勢で守っていました。

朝は寒く、風が吹き抜けていました。

ご苦労様です!

 

 

 

 3

< 3. 広場を後にして >

 

上の写真: 「サスキ公園」を少し覗いて、ビルの谷間に向かった。

この公園を抜ける時、数人のテレビクルーが立っており、「旧市街はどちらですか?」と聞くと一人が指差してくれた。

 

中央の写真: 国立オぺラ劇場の前を通る。

 

下の写真: 「Miodowa」通りを進む。

ここは高架になっており、右手はかつての宮殿「Branicki Palace Pałac Branickich」で、この下は線路と車道になっている。

 

 

 

 4

< 4.教会 >

 

私はワルシャワ蜂起記念碑の前に来て、右手(東側)に曲がった。

どうやら旧市街に近づいたような気がする。

 

上の写真: 「 Dluga」通りに面している教会「Field Cathedral of the Polish Army」。

 

下の写真: 「Dluga」通りを突き当たった所にある教会「Kościół Dominikanów pw. św. Jacka」。

 

 

 

 

 

 5

< 5. 旧市街がわからない >

 

ここらまで来て、旧市街がどこか分からなくなった。

私には旧市街の雰囲気に思えるのだが。

出勤途上の数人に声をかけても通じないのか、それぞれ指の差す方向が腑に落ちない。

 

上の写真: 「Kościół Sakramentek pw. św. Kazimierza」カトリック教会。

ここは新市街広場でした。

 

中央の写真: 「Church of the Visitation of the Blessed Virgin Mary」教会。

15世紀初頭に建てられた、ゴシック建築では最も古い建物の一つです。

 

ここで行き過ぎたと判断し来た道を戻り、真っすぐ南下した。

 

下の写真: やっと城壁らしいものが見えた。

中央に見える茶色のレンガ積みの門が「Barbakan Warszawski」です。

あれをくぐると、旧市街に入ります。

 

 

 

 

 

 

 6

< 6. 旧市街の市場広場 >

 

上の写真: 先ほどの門を抜けて、城壁内側の右手を見た。

 

下の写真: 旧市街の市場広場。

ライトアップはなく、薄明かりの中で静かに朝を迎える町の風情がありました。

これまで歩いて来て見かけた人は少なく、ほとんどが足早に歩く人でした。

 

 

 

 7

< 7. 聖ヤン大聖堂 >

上の写真: 旧市街の市場広場。

 

下の写真: 聖ヤン大聖堂「Bazylika Archikatedralna」。

14世紀末に建てられもので、ここで多くの皇帝が戴冠式を行っている。

 

 

 8

< 8. 旧王宮 >

 

上の写真: 旧市街の南端にある旧王宮。

 

 

中央の写真: 城壁の外側に沿って歩く。

 

そろそろ帰路に着かなければならないが、何処にいるかわからない。

結局、来た道を戻ることにした。

 

下の写真: 先ほどくぐった「Barbakan Warszawski」が見えて来た。

 

 

 

 9

< 9. 来た道を戻る >

 

下の写真: 「クランシスキ宮殿」が見える。

ここはワルシャワ蜂起記念碑の向かいになる。

 

 

 

 10

< 10. ホテルが見えた >

 

下の写真: 「ピウスツキ元帥広場」に着いた。

右手の森の上に尖塔が小さく見えるのは、スターリン様式の文化科学宮殿です。

巻頭写真はこの建物ので、この写真は前日の夜、雨の中をスーパーまでツアー仲間と行った時に撮影したものです。

 

左手奥に、ホテルがやっと見えた。

張った足を引きずりながら、ホテルに急ぎ、出発には間に合った。

 

写真の説明は帰国後、調べて書いていますが、歩いている時はまったく分からなかった。

旧市街は近くにあり、方向さえ分かっていれば行けると簡単に思っていた。

冷や汗をかいたが、懐かしい思い出になりました。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, <japanese language, travel+photo | Tags: , | 2 Comments

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 30: ビルニュスからワルシャワへ


1dsc09559-1

< 1. ポーランドにて >

 

 

今日は車窓から見たビルニュスからワルシャワまでの景色を紹介します。

撮影日は2016年10月3日の午後です。

 

 

バスの走行距離は約460kmで、6時間以上走りました。

走行中、雨が降ることはなかったが、ほとんど厚い雲に覆われていました。

写真は撮影順に並んでいます。

 

 

2

< 2.ビルニュスとの別れ >

 

上2枚の写真: ビルニュス。

下の写真: 郊外。

 

 

3

*3

 

 

4

*4

 

 

 

5

*5

 

6

< 6. コンビニ >

 

中央の写真: 集団墓地。

今回走ったビルニュスからワルシャワの間で大きな墓地を幾つも見ました。

やはり南下するに連れて人口密度が高くなって来たのか、道路沿いに見かけるようになった。

皆、キリスト教徒の墓地だった。

 

下の写真: トイレ休憩に寄ったコンビニ。

 

 

 

 

7

< 7.国境 >

 

上の写真: 先ほどのコンビニすぐ横の交差点から見た村。

 

中央の写真: これから下の写真はポーランドになります。

 

 

 

 

8

*8

 

9

*9

 

 

10

*10

 

 

11

*11

 

 

12

*12

 

これ以降は、暗くなり写真を撮りませんでした。

 

 

あとがき

バルト三国から南下するにつれ、大地に緩やかな起伏が多くなり、原生林を見ることはかなり減りました。

バルト三国もポーランドも、農家のたたずまいは経済的な差があまりなかったように思う。

しかし写真No.11のような綺麗な一戸建ての団地を、バルト三国やサンクトペテルブルグの郊外で見ることはなかった。

私が車窓から見た農村の民家は、ロシアが一番貧しく、古いままのような感じた。

 

参考に、各国の一人当たりのGDP(2013年)を高い方から見ると、エストニア26000ドル、リトアニア25000ドル、ロシア24000ドル、ポーランドとラトビア23000ドルでした。

ちなみに2016年の日本は39000ドルでした。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, economy, 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | Leave a comment

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 29: ビルニュス 4


1dsc09328-1

*1

 

 

今日で、ビルュニスとお別れです。

この日は、霧と紅葉に抱かれた街を堪能することが出来ました。

最後に、ロシアとバルト3国について感じたことを記します。

 

 

 

2map

< 2. 地図、黄色の矢印が北側 >

 

上の地図: 赤い線が旧市街の徒歩観光ルートです。

Gは夜明けの門で、赤いアドバルーン状の印は展望台です。

Pは聖ぺテロ&パウロ教会です。

 

下の図: 展望台からの眺めを再現しています。

赤いアドバルーン状の印が展望台です。

赤い線が旧市街の徒歩観光ルートで、中央の高い塔は聖ヨハネ教会です。

 

 

 

3

< 3. 家並み >

 

民家や中庭などを撮影しました。

 

下の写真: 民芸店のある中庭。

壁に数体の聖人像などがはめ込まれ、木の右枝には木彫りのフクロウが見えます。

 

 

4

< 4. 印象に残ったもの >

 

左上の写真: 夜明けの門のイコン。

少し時間が経ってから戻ってみると、窓が開いていて、イコンを見ることが出来ました。

 

右上の写真: 夜明けの門の直ぐ近くにあるテレサ教会の屋根の黄金の王冠。

この手の王冠は聖カジミエル教会にもあった。

私は他の国であまり見かけたことがない。

 

左下の写真: No.3の写真の中庭に面した民芸店。

ここは夜明けの門の外にありました。

 

右下の写真: No.5の写真の展望台の柵。

この無数の鍵は、恋人達が一生別れることが無いようにと鍵を掛けていったものです。

 

 

 

5

< 5. 展望台Subačiaus apžvalgos aikštelė >

 

霧の為に、この写真ではうまく伝えられませんが、展望台の紅葉は素晴らしかった。

眼下に、紅葉する木々の向こうに数々の教会群が霧に霞んでいる景観は幻の中世を忍ばせます。

 

下の写真: 中央の一番高い鐘楼はビルニュス大学横の聖ヨハネ教会でしょう。

私達はあの前を右から左に通って行きました。

 

この目の前で、高々25年ほど前にソ連軍、75年ほど前にはドイツ、ポーランド、ソ連の軍隊が蹂躙していったのです。

 

 

 

 

6

< 6. 聖ぺテロ&パウロ教会 1 >

 

驚きの教会です。

外見は小さく、それほど古くもなく、一見何の変哲もない教会でした。

しかし、内部に入るとその素晴らしさに目を奪われます。

かつてドイツの小さな村で見たヴィース教会の驚きを思い出します。

 

この教会は1668年から7年間で造られたが、内装には30年を要している。

これは当時の一将軍が、自分の廟として造らせたものでした。

中は2000体以上の漆喰彫刻で飾られている。

極彩色や黄金色による派手さはないが、白地一色の空間と彫刻群は地元の人にとって清楚で親しみのあるものになっているのだろう。

きっと人々はリトアニアの歴史や聖書、神話の世界に引き込まれていくことだろう。

 

 

 

7

< 7. 聖ぺテロ&パウロ教会 2 >

 

 

 

8

< 8.聖ぺテロ&パウロ教会 3  >

 

 

 

9

< 9. 聖ぺテロ&パウロ教会 4 >

 

左の写真: 入退出扉側。

その扉の左側を拡大したものが下の写真です。

 

右の写真: 大鎌を持った骸骨の像。

ロシアとバルト三国の教会を訪れて、何カ所かで教会を出る時に、人間の死を連想させる絵や像を見かけた。

信者に生と死を意識させ、さらに復活を印象付ける場合もあった。

 

またロシアとバルト三国の教会を訪れて気が付いたのは、スペインの教会と違って、こちらにはイエスの痛ましい磔刑直後の生々しい像を見かけなかったことです。注釈1.

当然、十字架の像は別です。

 

 

 

 

10

< 10. 様々な旧市街の光景 >

 

上の写真: ある店先。

カラフルな貸し自転車でしょう。

 

中央の写真: バルト三国の名物、琥珀。

 

現在でも世界の琥珀の90%はバルト海沿岸で算出される。

バルト三国は未開の地でヨーロッパの果てのイメージがある。

しかし、この地域で採れる琥珀は紀元前2千年紀から中東の文明に知られていた。

そして地中海からユーロッパを抜け、バルト諸国を通りエストニアの北端に至る。この「琥珀の道」が最古の交易ルートの一つとして活躍していた。

ローマ帝国が誕生する遥か前のことです。

 

 

下の写真: 道路沿いの民家の壁。

若い芸術家に作品の発表の場を提供しているのだそうです。

 

 

 

ロシアとバルト3国の旅行を通じて感じたこと。

まだポ-ランド訪問が残っていますが、バルト3国への思いを記します。

 

私が今回の旅行で知りたかった事の一つはバルト三国の苦しみでした。

また今のロシアは脅威なのかを知りたかった。

この二つは、バルト三国にとっては切実な問題です。

 

切実な問題とは

リトアニアは2015年9月から徴兵制を復活させたが、これは2014年からのロシア介入によるウクライナ内戦の二の舞を恐れているからです。

ちなみに人口325万のこの国の兵員は2万人ほどで、対するロシアは77万人です。

ロシアの脅威に対してバルト三国は、2004年にNATOに加盟し、2016年から更なる派遣軍の増強を受けている。

 

だが旅行中に、この軍事的な緊迫を感じる場面に出会うことはなかった。

しかし、バルト三国がロシア(ソ連)から受けた仕打ちを知れば、人々の恐怖は理解出来る。

さらに、各国に暮らすロシア住民とウクライナ内戦の発端を考えれば現実味を帯びてくる。

 

 

だがそれだけではない。

私がロシア旅行で会った二人のロシア人の話から、その恐怖はさらに現実味を帯びてくる。

彼らの発言について、既に、この旅行記で書いていますが、この件に関してまとめると以下になります。

 

「かつてソ連邦に属していた国は我々のものである。」

この発言はウクライナとチェチェンについて語ったものですが、バルトについても同様と推察します。

 

「ロシア人はバルトのような小国に関心はない。」

この発言の真意を汲み取るのは困難ですが、すぐ国境を接しているところに暮らす教養ある若者の発言にしては違和感がある。

 

また彼らと話していて、ロシアに批判的な話をすると、いとも簡単に「それは欧米のプロバガンダです」と吐き捨てる。

この口調に、私はロシアのマスコミを含めた情報統制とプロパガンダを感じる。

ちなみにロシアの「世界報道自由ランキング」は148位/180ヵ国です。注釈2.

 

ソ連邦の時代、バルトを含め東欧諸国の人々はモスクワによる徹底した情報統制を経験している。注釈3.

従って、バルトの人々は、例えロシア人が大らかであっても、国のプロパガンダによって侵略に肯定的になることを知っている。

おそらくは、ゴルバチョフやエリツインが潰えた後は、この情報統制が復活したのだろう。

 

またロシアはプーチンが大統領になった頃(2000-2008)に急成長を遂げたが。

その後、成長は止まり、毎年10%ほどのインフレを起こしている。

観光していて、私は地方の経済は取り残されていると感じた。

このような時、強面が売りのトップは、他の大国も同様だが、不満から国民の目を逸らす為に、外部に対して暴挙に出やすい。

 

私は少ない情報での感想だが、このような恐れを感じているバルト三国に同情している。

 

 

今思うこと

命を賭けて独立を望む小国があり、これを無視し軍事力で抑圧する大国がある。

往々にして当事国の国民や、外国の人は無関心である。

 

いつか、これら小国の自由と権利が踏みにじられる時がやって来るかもしれない。

このことを私達はアジアや中東でつぶさに見て来た。

私は彼らの自由と権利を世界が守るべきだと思う、これが世界の正義となるべきです。

 

幸い今、NATOが抑止力となってくれている。

もし、西欧がこの保護を放棄するれば、いずれこの地域が紛争地となり、やがて災厄は蔓延していくことになるだろう。

その過程は、中東紛争で見た通りです。

 

 

最も重要な事

大国の振る舞い(外交、経済政策)は影響が大きいだけに非常に重要です。

したがって大国は自ら正義を実践すべきであって、身勝手は抑制しなけらばならない。

身勝手な大国に対して、多数の国が団結して、方向転換を促すべきです。

ましてや、その大国への盲従する愚は避けるべきです。

 

また、世界が協力して報道の自由度を確保する体制作りが必要です。

米国やロシアなど大国の報道の自由度低下は不安です。

日本も最近は低下傾向にあり、ついに72位に転落し、世界で中位になってしまった。

 

 

次回に続きます。

 

注釈1.

スペイン・カスティーリャ=ラ・マンチャ州シウダー・レアル県、Puerto Lápice 村にあるカソリック教会Nuestra Señora Del Buen Consejoで、私はロー人形のようなイエスの生々しい痛ましい像を見ました。

 

注釈2.

国境なき記者団が発表する2016年度のもの。

米国は41位でした。

 

注釈3.

参考図書は「操られる情報」1984年刊、パウル・レンドヴァイ著。

 

 

Categories: culture+society, 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , | 1 Comment

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 28: ビルニュス 3


 

1dsc09158-1

*1

 

 

今日はビルュニス旧市街観光の残りを紹介します。

2016年10月3日、月曜日の朝、霧に包まれた町を歩きました。

 

 

 

2mapa

< 2. 地図 >

 

上の地図: 徒歩観光したルート。上が北方向。

紫線は夜の街歩き、赤線は前回紹介した旧市街、紺線は今回紹介する旧市街です。

 

 

中央の地図: この旅行で歩いた旧市街。上が東方向。

上の地図と同じ色でルートを示している。

二つのオレンジ枠は後に紹介するヴィリニュス・ゲットーだった所です。

 

下の地図: 今回の徒歩ルート。上が東方向。

今回の紹介はSから始まり、Eで終わります。

途中のGは市庁舎広場の噴水に近く、ゲットーの表示があるところです。

 

 

 

3

< 3. 市庁舎広場の噴水近くから >

 

上の写真: 南側の中央に旧市庁舎が見える。

中央の写真: 中央に東側の聖母マリア教会。

下の写真: 北側のニコラス正教教会の鐘楼が見える。

 

 

 

4

< 4. 市庁舎広場から夜明けの門通りに入る >

 

上の写真: 左に聖カジミエル教会の屋根が見える。

No.1の写真が拡大したものです。

 

中央の写真: 聖カジミエル教会の正面。

1604年にイエズス会よって建てられ、帝政ロシアの時代には頭の王冠がタマネギに付け替えられ、正教教会になった。

ソ連時代は「無神論」博物館にさえなった。

 

 

 

 

5

< 5.様々な教会  >

 

上の写真: 中央に聖三位一体教会が見える。

この教会はカトリックとロシア正教会の習合によって生まれた宗派の教会。

 

中央の写真: 中央奥に夜明けの門が見える。

その左にテレサ教会の正面が見える。

 

下の写真: ピンク色で外観が変わっている聖霊教会。

上の写真の人だかりがその場所です。

リトアニアにおけるロシア正教の中心的な存在。

ここは観光客や参拝客が多かった。

 

 

 

 

6

< 6. 夜明けの門 >

 

上左の写真: 夜明けの門をくぐると城外になる。

左側の建物に小さな扉があり、そこから階段を上ると中央のイコンを拝める。

無料です。

 

上右の写真: この門は昔の城壁でした。

この旧市街には城壁は一部しか残っていない。

 

下の写真: 黄金に輝くイコン。

このイコンは今も奇跡を起こす力があると信じらていると聞きました。

私は階段を上って、すぐ横まで行ったのですが、諦めて戻りました。

東アジアの物見遊山の観光客が、敬虔な信者達をしり目に我勝ちに占拠する姿を見て、悲しくなったからでした。

 

 

7

< 7.夜明けの門を出て >

 

上の写真: 門から来た道を振り返っています。

中央の写真: 門を外側から見ている。

下の写真: 少し離れた所から門を見ている。

 

これだけキリスト教会が多いのにユダヤ教のシナゴーグが見当たりませんでした。

 

 

二つの悲しい歴史

 

 

8a

< 8. 近代リトアニアの生い立ち  >

 

A: 署名者の家。

ピリエス通りに面した「Signatarų namai」の表記がある建物で、場所は地図のSの辺りです。

 

B: ポーランド・リトアニア共和国(1569-1795)の最大版図、1619年頃。

現在の国境を重ねて表示。

 

C: 三度に亘るポーランド分割(1772-1795)の推移。

リトアニアはプロシア(ドイツ)、ロシア、オーストリアで分割され、最後にはロシア領に組み込まれた。

赤丸がビルニュス。

 

D: 第二次世界大戦以降(1939~)、バルト三国はソ連によって占領された。

 

E: 1920年、ポーランドのビルニュス進攻。

ゲディミノ大通りをカテドゥロス広場の大聖堂に向かって進軍。

 

 

リトアニアの独立を巡って

1918年、上記「署名者の家」で始めてリトアニアの独立宣言が行われ、他のバルト三国も同じ年に行った。

1990年、リトアニアは2回目の独立宣言を行い、1年後、バリケード事件の年に他のバルト三国も行った(「リガ3」で紹介済み)。

 

この2回の独立は、バルト三国の悲しみを象徴し、特にリトアニアは悲惨でした。

それは、リトアニアがヨーロッパのポーランドやドイツとロシアに挟まれていたからでした。

バルト三国の南部は東西の大国が領土を拡張する時は、いつも修羅場になった。

 

18世紀末以降、国土の大部分はポーランド・リトアニア領からロシア帝国に組み込まれていった(No.8の地図BとC)。

ところが第一次世界大戦にかけてロシア革命(1905、1917)が勃発すると、

民衆はかつての支配国のドイツ、ソ連の革命軍(赤軍)と反革命軍、ポーランド寄りに分かれて戦った。

その間隙を突いて、1918年に前述の独立宣言を行い、諸外国から承認された。

 

しかし、その後もソ連とポーランドによって領土は分割され、1939年、ついにナチスドイツが進攻し、密約によりソ連領とされた(No.8の写真D)。

第二次世界大戦の1940年、ソ連が侵攻して来たが、41年には独ソ戦が始まった。

民衆は独立を目指し、広大な原生林に隠れながら抵抗運動(パルチザン)を行った(No.9の写真A)。

 

この間、多くのリトアニア人は国外脱出を図り(米国など)、ソ連は見せしめの大量虐殺とシベリア抑留でこれを弾圧した。

特にスターリンによる粛清は過酷を極め、また偽パルチザンやスパイの暗躍,また

裏切りによって人々は疑心暗鬼になっていった。

 

やがて、1985年、ゴルバチョフのペレストロイカが始まると、バルト三国に雪解けが起きた。

けっして平坦な道ではなかったが、タリンの「歌の革命」(No.9の写真B、現在のもの)、3ヵ国による「人間の鎖」(No.9の写真C)、リガの「バリケード事件」(No.9の写真D)を経て、バルト三国は真の自由を得た。

 

 

なぜ人は独立の為に戦うのだろうか?

バルト三国を巡っている時、上記の問いが脳裏から離れなかった。

私には独立の為に命を捨てる覚悟はないだろう。

 

ビルニュスの青年に、1991年の独立について添乗員に聞いてもらった。

彼の感想を要約します。

 

「今でも、この戦いの評価が分かれている。

若い自分としては、独立によって自由を得られたことが大きい。

今は、大学を出ても就職先に困る欠点はあるが、昔は、何もなく貧しかった。

年寄の中には、昔の方が良かったと言う人もいる。」

 

参考: 現在、リトアニアの失業率は10%ほどです。

 

私は少し安堵した。

独立闘争が美化されておらず、国民が冷静に歴史を見ていると感じたからです。

これは想像を絶する分断との闘いだったからかもしれない。

実は、ポーランドでも同じような質問していますが、後日、紹介します。

 

一方、問題もある。

それは反乱を防止する目的などで占領地の住民を強制移住させ、そこにロシア人を移民させていることです。

地域によればロシア人の比率が高く(エストニアのナルバなど)、不満が鬱積するとロシアへの統合を求め分裂するかもしれない。

そうすればウクライナと同様の事が起きる。

 

小国バルト三国は、今もロシアの一挙手一投足に怯えているのではないだろうか?

その一方、ロシアの人々は無関心であった。

 

 

 

9

< 9.バルトの闘い >

 

 

 

10

< 10. ビルニュス・ゲットー 1 >

 

上の写真: 市庁舎広場の噴水近くの西側に延びる通路。

この撮影場所はNo.2地図のGです。

 

下左の写真: この通路の右手入口に「ビルニュス・ゲットー」の説明板がある。

下右の写真: 「ビルニュス・ゲットー」の説明板。

 

 

 

 

 

 

11

< 11.ビルニュス・ゲットー 2  >

 

A: 1902年当時の市庁舎広場。

No.3の下の写真とほぼ同じ方向を撮影している。

 

B: 1939年、ドイツ軍の制服を来たリトアニア軍がビルニュスに進軍。

奥にカテドゥロス広場の大聖堂が見える。

 

C: ビルニュス・ゲットーの入り口(1941年以降だろう)。

 

D: ビルニュス・ゲットー内の様子(1941年以降だろう)。

 

E: ビルニュス・ゲットーで1942年に結成されたパルチザン。

 

 

ユダヤ人の悲劇、ビルニュス・ゲットーについて

ヨーロッパ各地を旅行していると、ユダヤ人と関わる不思議な発見をすることがある。

 

ハンガリーのブタペストでシナゴーグを訪れ、ドイツ軍による大規模なユダヤ人虐殺を知った。

シナゴーグ内で座っていると「あなたはスペイン人ですか?」と数回聞かれ、不思議に思った。

 

後に、スペインのトレドを訪れた時、レコンキスタ終了後の1492年にゲットーが造られたことを知った。

 

実はこのことが、ブタペストでの質問に繋がったようです。

キリスト教徒の国、ヨーロッパではユダヤ教徒を忌避していたのですが、このスペインの事件以降、排斥されたユダヤ人は、ヨーロッパを東へ東へと移動したのです。

そして東欧やロシアに入ったのでした。

 

このリトアニアのビルニュスには16世紀からユダヤ人が住むようになり、18世紀末以降は「リトアニアのエルサレム」と称されるようになった。

さらに第二次世界大戦が始まると、ドイツ軍占領下のポーランドを逃れてユダヤ難民が押し寄せ、ビルニュスのユダヤ人人口は15万人に膨れ上がった。

 

そして、ドイツ軍の進攻と共に惨劇が始まった。

この初期に杉原千畝領事がカウナスでユダヤ人を大量に救ったのでした。

 

1941年、ドイツの保安警察と反ユダヤ主義のリトアニア人補助兵がユダヤ人虐殺を始めた。

次いで、ヴィリニュス・ゲットーが造られ、ユダヤ人はそこに隔離された。

 

1943年、ヒムラーの「労働できるユダヤ人は強制労働収容所へ移送し、それ以外の者は全て殺害せよ」との命令により、移送と殺害が始まった。

この間に、抵抗運動は起きたが、最後は森に逃げた。

 

1944年、ソ連軍がヴィリニュスを再占領した時、2500人ほどのユダヤ人が隠れて生存していただけであった。

ニュルンベルグ裁判(1945-46)で、ホロコーストの3人の証人の一人は、このビルニュス・ゲットーのユダヤ人でした。

 

イスラエル建国時や中東戦争で活躍した人、イスラエルの強硬派の指導者にはロシアや東欧での苦難や戦いを経験した人が目立つ。

悲しい巡り合わせです。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: culture+society, 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: , , | Leave a comment

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 27: ビルニュス 2


 %ef%bc%91dscf8310-1

*1

 

今日からビルュニスの旧市街を紹介します。

2016年10月3日、月曜日の朝、町全体が霧に包まれていました。

新市街1カ所と旧市街の半分ほどを紹介します。

 

 

 %ef%bc%92map2

< 2. 地図 >

 

上の地図: リトアニアを示しています。上は北です。

首都ビルニュスは国の右下の方にあり、他の二カ国の首都が海に近いのとは異なります。

これは広大なリトアニア帝国の名残であり、また都市が交易で発展していなかったことに関係しています。

 

中央の地図: ビルニュスの拡大です。上は北です。

赤い線は前回紹介した夜の街歩きのルートで、ホテルからカテドゥロス広場の大聖堂までを示しています。

 

Aは杉原桜公園です。

 

黒枠は今回紹介する旧市街の半分です。

 

下の写真: 上記の黒枠部分です。上は東方向です。

赤線は前夜歩いたゲディミノ大通りです。

 

Sは朝、観光バスを降りて徒歩観光を始めたカテドゥロス広場です。

黄線は徒歩観光のルートです。

Eは今回紹介する最後の地点です。

 

以下の写真は撮影順に並んでいます。

 

 

 

 

 3

< 3. 朝の光景 >

 

 

 

 

 

 4

< 4. 杉原桜公園 >

 

上の写真: ネリス川の西側(下流)を見ている。

写真の右手に杉原桜公園が広がっている。

 

中央の写真: 杉原桜公園。

毎年春になると、この公園の200本の桜が咲きます。

桜は杉原千畝生誕100年を記念して2001年に植樹されたものです。

茶色の石碑が杉原千畝領事の記念碑です。

 

この右手を入ると私達のホテルがあります。

 

下の写真: 杉原千畝領事の記念碑。

 

 

杉原千畝について

彼は東洋のシンドラーと呼ばれる。

第二次世界大戦中、リトアニアの臨時首都であったカウナスに領事として赴任していた。

1940年、ナチス・ドイツの迫害によりポーランドなどから逃れて来たユダヤ人に、外務省の訓令に反してビザを発行した。

彼らはロシア経由で避難し、命を救われた。

 

 

 

 

 5

< 5. 町の光景 >

 

上の写真: ネリス川。

 

 

 

 

 6a

< 6. 徒歩観光の始まり >

 

上左の写真: カテドゥロス広場の大聖堂と鐘楼。

この大聖堂は18世紀の改築によってクラシック様式になった。

この塔の基礎は13世紀の城壁の塔が使われている。

 

上右の写真: この鐘楼の下部にある記念プレート。

これは以前紹介したバルトの道(人間の鎖)のリトアニア側の端を示す。

 

下の写真: カテドゥロス広場からゲディミノ大通りを望む。

 

 

 

 

 7

< 7. 大聖堂の内部 >

 

上左の写真: バロック様式の聖カジミエルの礼拝所。

聖堂を入って右奥にある。

 

 

 

 8

< 8. カテドゥロス広場から始める >

 

上の写真: 左に大聖堂、右に再建中の王宮がある。

 

中央の写真: カテドゥロス広場の木々。

 

下の写真: 旧市街のメイン通りのピリエス通り。

振り返ると、丘の上にゲディミナス城の塔が見える。

 

 

 

 

 9

< 9. ピリエス通り >

 

上の写真: 聖ヨハネ教会が奥に見える。

14世紀にリトアニアがキリスト教を受け入れて建設が始められ、18世紀の火災の後、バロック様式で改築された。

現在は離接するビルニュス大学の教会になっている。

 

下の写真: 聖ヨハネ教会の鐘楼、旧市街で最も高い。

 

 

 

 10

< 10. 二つの教会 >

 

上の写真: ピリエス通りの突き当りに小さな正教会が見える。

 

下の写真: 聖ミカエル教会。

 

 

 

 11

< 11. 聖アンナ教会 >

 

上の写真: レンガで作られた聖アンナ教会。

今回紹介する徒歩観光の終点にある。

16世紀後半に建てられたゴシック様式の教会。

1812年、ナポレオンがロシアへ攻め上がる途上、この教会を見て「フランスに持ち帰りたい」と語ったほど美しい。

 

下の写真: 奥に見えるのはベルナルディン教会。

 

 

 

あとがき

このリトアニアは数奇な運命と言うか、過酷な歴史を負った国です。

そしてビルニュスの旧市街にもその痕跡がある。

 

他のバルト二ヵ国はドイツ人(騎士団)によって経済と文化が発展し、宗教はプロテスタントになったと言える。

その一方、独立まで長らくドイツ人が支配層に君臨した。

そのことが、タリンやリガのドイツらしい町並みを造った。

 

しかし、ビルニュスの旧市街の趣は異なる。

かつてリトアニアは13~18世紀、黒海に接する大帝国で、ロシアを圧することもあった。

やがてロシアへの対抗上、接していたヨーロッパの大国ポーランドと連合した。

しかし、ポーランドが政治と文化で支配的になっていった。

また、この国は農業国で都市の経済発展が進まなかったので、リトアニア人は農民として地方に住んでいた。

1931年当時、ビルニュスの住民はポーランド人66%、ユダヤ人28%、ロシア人4%で、リトアニア人は1%未満であった。

ソ連支配後のポーランド人追放により、現在はリトアニア人が58%です。

リトアニア全体ではリトアニア人83%、ポーランド人6%、ロシア人5%です。

 

こうしてビルニュスの街並みは他のバルトと異なるものとなり、宗教はポーランドの影響でカトリックが主流となった。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: , , | 4 Comments

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 26: ビルニュス 1


 1dsc08937-1

< 1.リトアニア国立ドラマ劇場 >

 

 

今日から、バルト三国で最後の国、リトアニアの首都ルニュを紹介します。

今日は、夕暮れのビリュニスと、夜の街歩きを紹介します。

訪れたのは2016年10月2日、日曜日です。

 

 

 2

*2

 

リガから南下し田園地帯を抜けて、やがて販売店やアパート群が見えて来ました。

ビルニュスの人口は56万人で、リガの70万人とタリン42万人の中間です。

 

 

 3

*3

 

 

 

 4

*4

 

思ったより大きく近代的な都市だと感じました。

 

 

 

 5

*5

 

 

 6

< 6.夕食のレストランへ >

 

バスを降りて、レストランに向かっている。

下の写真: このレストランでリトアニア料理を食べました。

 

 

夜の街歩き

私達は夕食後、新市街にあるホテル「Best Western Hotel」に到着した。

次いで、添乗員に案内してもらってショッピングモール「Vilniaus Centrinė Universalinė Parduotuvė」(open10:00-22:00)に行きました。

 

その後、皆と分かれて、私達夫婦は旧市街に向いました。

ネリス川を渡り、メインストリートのゲディミノ大通りを抜けて、片道2.5kmを歩きました。

 

 

 

 7

< 7.カテドゥロス広場 1 >

 

上の写真: カテドゥロス広場から今歩いて来たゲディミノ大通りを振り返る。

 

中央と下の写真: カテドゥロス広場の大聖堂と鐘楼。

 

 

 

 8

< 8.カテドゥロス広場 2 >

 

私達はまたこの広場を次の日に観光ツアーで歩くことになります。

 

 

 

 9

< 9.カテドゥロス広場 3 >

 

途中、ほとんど観光客らしいグループを見かけることはなかった。

見たのは、おそらくは地元の人々で、多くは足早に帰宅する人のようでした。

広場のベンチには幾つもの恋人のシルエットがあった。

 

照明のある大通りや広場を歩いた感じでは、治安に不安を感じるような所はなかった。

実に、感じの良い都市だと思いました。

 

 

 

 10

< 10.ホテルに戻る >

 

上の写真: 行政府広場から見たゲディミノ大通り。

中央の写真: 帰る途中。

私達のホテルの近くにある大天使ラファエル教会が見えます。

 

下の写真: ネリス川の向こうに大天使ラファエル教会が夜空に浮かび上がっている。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, <japanese language, travel+photo | Tags: , , | 2 Comments

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 24: リガ 3


1dsc08541-1

*1

 

今日は、首都リガ紹介の3回目です。

 

 

2

< 2. リガの地図 >

 

地図: 今回紹介する範囲で、上が南です。

黄色線が徒歩観光ルート。

Sは前回に続いて聖ペテロ教会、Aは猫の家、Bは火薬塔、Cはスウェーデン門、Dは聖ヤコブ教会、Eはドゥァマ広場。

 

下左の写真: 前回紹介した聖ペテロ教会。

 

下右の写真: 猫の家に向かっていく途中の通り。

 

 

3

< 3. 猫の家 >

 

上の写真: 猫の家はリーヴ広場に面している。

 

下の写真: 猫の家。

屋根の上の猫は、かつて反対方向を向いていた。

この家の裕福なラトビア商人が、ビッグ・ギルドに加わりたいと願った。

しかしギルドはドイツ人が支配的であった為、拒否された。

そこで怒った商人は、猫の尻をギルドに向けた。

 

 

4

< 4. 火薬塔 >

 

上左の写真: 薬草酒の販売店。

添乗員に連れられて皆は店内に入りました。

試飲するとアルコールが効いて、雨に濡れて冷えた体が一気に火照りました。

結局、小瓶を買いました。

このリガの町には、いくつか同様の店があるようです。

 

上右の写真: これで2度目の火薬塔です。

 

下の写真: 奥に赤いレンガ積みの城壁があり、さらに奥に火薬塔の緑の屋根が見えます。

写真のすぐ右側にスウェーデン門がある。

前日の夜、この通りの左側のレストランで食事をしました。

 

 

 

5

< 5. スウェーデン門の今昔 >

 

上の写真: 現在のスウェーデン門。

左が外側から、右が内側から写した写真です。

 

下の写真: 1991年のバリケード事件の写真。

スウェーデン門の外側にはトラックを置き、内側で市民が暖を取っています。

 

 

6

< 6.聖ヤコブ教会 >

 

上の写真: 聖ヤコブ教会の横から見たイェーカバ通り。

突き当りにドゥァマ広場が見える。

右側に碑が見え、「1991年、バリケード」と書かれている。

 

下の写真: 聖ヤコブ教会。

この教会の最初の記録は13世紀と古く、15世紀に建て直された。

 

 

7

< 7. ラトビア国会議事堂の今昔 >

 

上の写真: ラトビア国会議事堂。

この建物はイェーカバ通りに面し、聖ヤコブ教会と向き合っている。

 

下の写真: 1991年のバリケード事件の写真。

右にラトビア国会議事堂、左に聖ヤコブ教会が見える。

多くの市民が集まっており、数台のトラックが見える。

 

 

8

< 8. 三人兄弟 >

 

上の写真: 「三人兄弟」の建物を左右から見ている。

 

下の写真: この三つの建物は中世の住宅で、外観は当時の姿をほぼ保っている。

右の17番が15世紀のもので、リガの一般住宅としては最も古い。

中央の19番が17世紀中頃のもの。

左の21番が17世紀後半のもので、土地が少なくなった為か窮屈になっている。

しかし窓税の廃止により、17番に比べて窓を大きくとっている。

 

 

 

9

< 9. 昼食のレストラン >

 

ここは聖ヤコブ教会のすぐ近くにあるニンニク料理の店です。

私は始めてニンニク入りのビールを飲みました。

美味しく、温まりました。

 

 

10

< 10. ドゥァマ広場に戻って来ました >

 

下の写真: イェーカバ通りからドゥァマ広場のリガ大聖堂の雄姿を再び見ることになりました。

右に少し見る赤い建物は証券取引所で、風格があります。

 

 

11

< 11. ドゥァマ広場の今昔 >

 

下の写真: 1991年1月のバリケード事件の写真。

上下の写真はほぼ同じ位置から撮影しています。

ここでも多くの市民と車が集まっています。

 

 

 

12

< 12. バリケード事件 >

 

1991年1月のバリケード事件について

1991年の8月までに、すべてのバルト三国がソ連の軛を脱し独立した。

そして同年12月にソ連は崩壊した。

ラトビアで起きたこの事件は、これらと深く関わっていました。

 

既に紹介したように、1988年、エストニアのタリンで「歌う革命」が起きていた。

これを境に、バルト三国はソ連支配からの独立を共同で目指し始めました。

 

一方、ソ連国内ではゴルバチョフ主導のペレストロイカにより、連邦内の各共和国の意見が反映されるようになっていた。

しかしモスクワでは旧体制への揺り戻しが起き、混乱していた。

こうした中、リトアニアが1990年3月、一番に独立を宣言しました。

 

すると1991年1月、リトアニアの首都ビルニュスで親モスクワ派がデモを敢行し、これに呼応してソ連軍の戦車が侵攻し、14人の死者と数百人の負傷者が出た。

この様子はメディアを通じて世界に伝えられ、世界の同情を集めた。

 

この翌日、ソ連軍はリガの占拠を開始した。

これに対して数万の市民は車や廃材を持ち込み、旧市街の要所にバリケードを造り、非暴力で防衛した。

この日(13日)、エリツインがタリンを訪問し、エストニアの支持を表明した。

1月20日、モスクワで10万人のデモが起こり、バルト三国への支持を訴えた。

 

こうして同年の8月、残り二か国は独立宣言に至る。

この間のリガの死傷者は6人でした。

 

 

あとがき

この美しく静かな中世の街並みと石畳は、バルト三国の人々の自由への熱望と英知を秘めていたのです。

バルト三国は数百年に及ぶ異民族や最後のソ連による支配に喘ぎ続けていた。

しかし彼らは、非暴力と三国の協力をもって、さらに世界の支持を得て、ほぼ無欠の革命と独立を成し遂げたのです。

 

私はこの事件の写真を見ながら、その石畳の上に立っていた自分に熱いものを感じています。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, history+evolution, <japanese language, politics, travel+photo | Tags: , , , | 2 Comments

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 23: リガ 2


 1dsc08339-1

< 1.中央市場 >

 

 

今日は、首都リガ紹介の2回目です。

訪れたのは2016年10月2日(日)です。

 

 

 

 2map

< 2.リガの地図、すべて上が南です >

 

上の地図: 今回紹介する範囲。

黄色枠が今回紹介する旧市街の観光ルート。

Aは最初に訪れた中央市場、Bは科学アカデミー。

 

下の地図: 黄色枠の拡大。

黄色線が徒歩観光ルート。

Sはスタート地点、Cはドゥァマ広場、Dは市庁舎広場、Eは聖ペテロ教会。

 

 

 

 

 3

< 3.雨のリガ >

 

外は土砂ぶりの雨でした。

 

上の写真: リガ市街。

下の写真: ダウガヴァ川。

 

 

 4

< 4.中央市場 1 >

 

午前中で土砂ぶりの雨にも拘わらず地元の人で賑わっていました。

 

上の写真: 中央市場は大きな4つの建物からなるのですが、隣接の露天市場もある。

左遠方に見えるのは科学アカデミーで、スターリン・クラシック様式の21階の建物です。

モスクワでも見ましたが、ソ連時代のシンボル的な建物が当時の共産圏の首都に見られます。

 

下の写真: チーズなどの乳製品のコーナーです。

チーズやバーターなどを買いました。

 

この建物は、20世紀初頭に建てられた時は、ヨーロッパにも例がない大きさと設備だった。

大戦中はドイツ軍が使用していた。

 

バルト三国からポーランドを観光中、現地ガイドの口から、ソ連や大戦中のドイツの支配にまつわる話がよく出て来た。

こんなところにも、大国の狭間で喘いだ国の悲哀を感じる。

 

 

 

 5

< 5.中央市場 2 >

 

上の写真: 蜂蜜の売店。

ここではハーブ入りの蜂蜜を買いました。

 

旅先で買い物をする時と帰宅して初めて味わう時は実に楽しいものです。

たまに、予想が外れてがっかりすることもありますが。

ちょうど今、毎朝、パンに塗って味わっています。

 

下の写真: 海産物や魚介類の売店。

今回の旅行中で食べたニシン料理が美味しかったので缶詰を買いました。

25年以上前、ドイツや北欧で食べたニシン料理が塩辛くて単調な味だったのですが、今回のどの訪問国でも良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 6

< 6.中央市場 3 >

 

 

 

 7

< 7.ドゥァマ広場 1 >

 

上と中央の写真: リガ大聖堂。

13世紀初め、教皇が派遣した北方十字軍が上陸し占領し、ここを宗教的中心地として教会の建設を開始した。

現在の形になったのは18世紀後半でした。

この大聖堂もタリンの大聖堂と同様に地盤沈下を起こしていた。

中には入っていません。

 

 

 

 

 8

< 8.ドゥァマ広場 2 >

 

 

 

 9

< 9.ブラックヘッドのギルド >

 

上の写真: ブラックヘッドのギルドに向う途中。

 

下の写真: 市庁舎広場に建つブラックヘッドのギルド。

左手の教会は聖ペテロ教会。

 

この建物はドイツ軍の空襲で破壊されていたが、2000年に完全に再建されたものです。

この元の建物はギルドによって15世紀に建てられた。

正面には美しい時計、ハンザ同盟の4つの都市の紋章、ギリシャ神話の像があり、入り口の右側には、建物名の由来になった黒人の浮彫が見える。

 

当時は、この市庁舎広場がリガの中心で、祭りや条例の布告、刑の執行も行われていた。

ブラックヘッドのギルドの向かいに再建された市庁舎がある。

 

 

 

 

 10

< 10.聖ペテロ教会 >

 

上の写真: 市庁舎広場の中央に建つ、リガの守護神ローランド像。

ドゥブロブニクのルジャ広場にもこの像が立っていました。

ヨーロッパの自由都市の象徴で交易とも関係しているようです。

 

下左の写真: 聖ペテロ教会。

13世紀の初めに建てられ、18世紀にほぼ現在の姿に改築された。

 

下右の写真: 来た道を振り返った。

遠くに見える尖塔の屋根は聖ヤコブ教会です。

この辺りは次回紹介します。

 

 

 

 11

< 11.聖ヨハネ教会 >

 

上の写真: 聖ヨハネ教会。

この建物は13世紀に創立され、16世紀に再建されたゴシック様式の教会。

古い様式の教会を再建した為か、低い為か通常見られる側壁が見られない。

 

写真の聖ペテロ教会との間にある石畳とこの教会は雨に濡れて何やら中世の陰鬱さを感じさせる。

 

この教会の壁には二人の修道士が志願して埋められているが、これと似た話はクロアチアの首都ザグレブでも聞いた。

信仰の篤さに驚く。

 

下の写真: ブレーメンの音楽隊の像。

これは聖ペテロ教会の横に立っている。

これはハンザ同盟都市のブレーメンと関係があるようです。

 

 

あとがき

中世ヨーロッパの時代、ドイツの貴族や商人が東方に植民し、チェコやポーランドの支配層になったことは知っていたが、バルト三国にまで及んでいたことには驚いた。

また12世紀の十字軍はエルサレム進攻が目的だと思っていたが、布教と領土、商圏獲得の為に、この地まで剣を携えて乗り込んで来たことにも驚いた。

 

このような遥か昔の事件を、現地に立ち、実感出来ることが旅の魅力でもあります。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: | 2 Comments

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 22: リガ 1


 

1dsc08188-1

< 1. 内側から見た旧市街の城壁(右) >

 

今日から、ラトビアの首都リガを紹介します。

 

2mapa

< 2.リガの地図、すべて上が北です >

 

上の地図: ラトビア全体を示す。

首都リガは湾の奥に流れ込むダウガヴァ川の河港として発展した。

 

このロシアの奥深くに端を発する1000kmを越える川と良港がドイツ商人の入植を盛んにさせ、この地はハンザ同盟を経て経済発展した。

その後、ロシアのバルチック艦隊の拠点にもなった。

現在のリガの人口は70万人。

ラトビアの人口は200万人、面積は九州の約2倍。

 

中央の地図: 今日紹介するリガ。

黄丸は宿泊ホテル、赤矢印はユーゲントシュティール建築群、黄枠は旧市街、黄矢印は火薬塔です。

ホテルRixwell Elefant Hotelから旧市街までの距離は約4kmです。

旧市街の長さは川に沿って約1kmある。

 

下の地図: リガの主要観光地、旧市街とユーゲントシュティール建築群を示す。

 

 

3

< 3.車窓から見たリガ市内1 >

 

 

4

< 4.車窓から見たリガ市内2 >

 

5

< 5.旧市街に到着 >

 

上の写真: 旧市街の一角に到着。

ここからバスを降りて、火薬塔を目指す。

 

下左の写真: 火薬塔。

14世紀に建てられ、17世紀に再建された火薬の保管庫です。

昔はここから外は砂丘で、街はぐるっと砂丘に囲まれていたが、その後、稜郭と堀で囲まれた。

塔の表面にはロシア軍の攻撃による砲弾が埋め込まれている。

 

下右の写真: 外側から見たスウェーデン門。

リガに残る唯一の城門。17世紀に城壁を利用して住宅が建てられた際に造られた。

当時、近くの兵舎に住んでいたスウェーデン兵がよく利用したのでこの名がついた。

 

 

 

6

< 6.旧市街 >

 

上の写真: 外側から見た城壁。

この向い(右手)にあるレストランで夕食をとりました。

 

下の写真: 夜の旧市街。

夕食後、外に出るととっぷりと暮れていました。

 

 

7dsc08195-1

< 7.レストランのある棟  >

 

長い店舗棟の端の壁に多くの紋章が描かれていた。

すぐ左に火薬塔がある。

 

 

8

< 8.ホテル >

 

上の写真: ホテルRixwell Elefant Hotelの最上階から西側を見ています。

2016年10月2日(日)の朝、夜半からのどしゃ降りがまだ続いていました。

 

下の写真: ユーゲントシュティール建築群がある通りに着きました。

ここでバスを降りて、ストレールニエク通りを徒歩で観光します。

傘を差してカメラを写すことになりました。

 

リガはバルト三国の三つの首都の中で最も栄えて最も美しく、よく観光宣伝の写真に使われるのですが、生憎の雨となりました。

 

 

 

 

9

< 9.ユーゲントシュティール建築群1 >

 

ユーゲントシュティール建築群は19世紀後半から20世紀初頭にかけてドイツに起こった芸術様式です。

この地が如何にドイツと密接していたかがよくわかります。

この通りはソ連時代、放置され痛んでいたのですが、修復が進んでいます。

 

これは当時ヨーロッパで流行した世紀末芸術、フランスのアール・ヌーヴォー、スペインのモデルニスモ(ガウディ)と期を一にしている。

 

ここの特徴は動植物、女性のシルエットが主なモチーフになっている。

しかし、その顔はグロテスクにも思える。

パリやバルセロナの世紀末芸術とは少し趣を異にしているようです。

 

 

10

< 10.ユーゲントシュティール建築群2 >

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, travel+photo | Tags: , , | 1 Comment

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 21: 車窓から見たリガまでの景色


 %ef%bc%91dsc08044-1

*1

 

 

今日は、バスの車窓から見たタリンからリガまでの景色を紹介します。

 

 

 2

< 2. ドライブルート >

 

上の地図: 青線が今回走った道路と思われます。

走ったのはエストニアの首都タリンからラトビアの首都リガまでです。

途中、A点とB点を通過したのは確認できました。

 

下の写真: 昼食後、タリンの旧市街を出た所からバスに乗って、次のリガに向けて出発します。

これ以降の写真はすべて撮影順に並んでいます。

 

 

 3

< 3. タリンの街並み >

 

これらの写真はタリンの中心部を出発してから私達のバスで15分以内の様子です。

走るとすぐ木々に囲まれた閑静な住宅街を抜けることになります。

小さな首都だと言うことがわかっていただけると思います。

 

 

 4

< 4. 郊外 1 >

 

これらの写真は出発してから20分ほどの景色です。

 

 

 5

< 5. 郊外 2 >

 

郊外に出ると、道路の両側はほとんど上の写真か、下の写真のような樹林に囲まれています。

写真は変化のあるもの、特徴のあるもの、景色の良いものを選んでいますので、実感としては退屈なバス旅行かもしれません。

私に取っては、自然や暮らしがわかるので、楽しいのですが。

 

 

 6

< 6. 途中の景色 1 >

 

上の写真: この手の光景を時折見かけるのですが、不思議な感じがします。

一人でサイクリングやランニングしたりする姿や、道路脇を一人か二人で歩いていたりする人を見たのですが、周囲に民家やバス停、建物を見なかった。

私なら不安です、また冬はどうするのか不思議に思いました。

 

中央の写真: 今回のドライブでは、大きな川を数回渡りました。

ロシアの中央部に比べて、やはり海沿いは水や川に恵まれている。

 

下の写真: この道路と上の川との写真は、地図のA地点のものです。

 

 

 7

< 7.  途中の景色 2 >

 

上の写真: この街並みもA地点のものです。

 

中央の写真: 看板に地図のA地点の表示が見えます。

この看板と上のA地点の街との間にはバスで30分ぐらいの距離があります。

 

 

 8

< 8. 国境検問所のなごり 1 >

 

上の写真: 広い耕作地の中にポツンと小島のような森があり、その中に一軒の民家が見える。

日本のような民家が密集している農村地帯の景観は道路から見ることが少ない。

 

中央の写真: 地図のB地点です。

今は検問所は無くなっているのですが、その建物がレストランとコンビニになっています。

 

下の写真: 検問所跡の駐車場から今走って来た道を振り返っています。

 

 

 9

< 9. 国境検問所のなごり 2 >

 

上の写真: 国境検問所跡の駐車場からラトビア側を見ている。

 

下二枚の写真: これからの写真はすべてラトビアの景色です。

景観はエストニアと変わらないと思いますが。

 

 10

< 10. ラトビアの景観 1 >

 

上の写真: 私の記憶では、この日のドライブで道路沿いで見た教会はこれを含めた二カ所のみだったと思います。

すべて歴史的なものではなく、現在の村人の為だと思います。

 

中央の写真: 広大な森と耕作地が見えます。

 

下の写真: 植林を思わせます。

 

 

 11

< 11. 特徴ある景観 >

 

上の写真: タリン以降、この一瞬がバルト海を見た最後でした。

地図では海沿いを走っているのですが、海からは離れているか、樹林に遮らて見るチャンスはなかった。

これから訪れる三つの首都リガ、ビリニュス、ワルシャワは川沿いにはあるが海からは離れています。

 

中央の写真: 実は中央の構造物は珍しく微かに高い起伏の上に建っているのです。

エストニアの最高標高は318m、ラトビアの98%は標高200m以下です。

この地域はほんとうに平な平原なのです。

 

下の写真: 大きな湖です。

 

 

 

 12

< 12. 街 >

 

車窓から見た郊外の民家は、ロシアに比べ、エストニアやラトビアの方が勝っているように見えた。

ロシアのものは痛みが多く、古いようです。

 

13

< 13. リガに入った >

 

夕暮れも近づく頃、大きな川や湖を渡るとリガの街並み見え始めました。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, <japanese language, travel+photo | Tags: , , | Leave a comment

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 19: タリン 2


1dsc07767-1

*1

 

今日は、首都タリンの港と旧市街の一部を紹介します。

 

 

2map

< 2. 地図、すべて上が北です。 >

 

上の地図: 首都タリン。

番号1のホテルと番号2の「歌の原」は前回紹介しました。

番号3の港と番号4の青枠の旧市街を今回紹介します。

青枠は支配者達が居を構えた丘の上にある「山の手」です。

 

番号5の赤枠の旧市街は次回紹介します。

赤枠は商人や職人が築いた平地の「下町」です

旧市街の大きさは両方で一辺800mぐらいです。

 

下の地図: 旧市街の「山の手」の拡大です。

赤線が今回紹介する徒歩のルートで、Sから歩き始めて、eの展望台まで行きました。

 

ライブカメラ: 世界遺産「タリンの旧市街」のラエコヤ広場。

現在、ちょうどクリスマスマーケットが行われています。

次回、「下町」で紹介します。

TALLINN TOWN HALL SQUARE – VIEW FROM RESTAURANT DOM

https://balticlivecam.com/cameras/estonia/tallinn/tallinn-town-hall-square/

 

 

3

< 3. 港 >

 

上の写真: フェリー乗り場のターミナルです。

中央の写真: 中央奥に旧市街の教会の尖塔が見えます。

下の写真: ターミナルから埠頭を望む。

 

この港から対岸のヘルシンキ、フィンランド湾の奥にあるサンクトペテルブルグ、またバルト海を抜けてヨーロッパに渡ることが出来ます。

 

この地は、ロシアとスカンディナヴィア半島を結ぶ軍事戦略地点として、またノヴゴロド(ロシアの前身)と西欧を結ぶ中継貿易で繁栄を築いた。

この港は13世紀にハンザ同盟(最北端)に加わり、14世紀、デンマークからドイツ騎士団がこの地を買い取り、エストニアとラトビア(バルト三国の北側2ヵ国)にドイツ人の影響が残ることになった。

 

 

4

< 4. 市街 1 >

 

番号4と5の写真は、港から「山の手」のトームペア城までの3kmほどの車窓からの眺めです。

 

 

5

< 5. 市街 2 >

 

緑溢れる落ち着いた街並みです。

 

 

6dsc07662-1-1

< 6.トームペア城 1 >

 

この塔は「のっぽのヘルマン」と呼ばれ、15世紀の姿を留めている。

 

エストニア人の砦があったこの丘「トームペア」に、13世紀初頭、ドイツの騎士団とデンマークによる北方十字軍が城を造った。

その後、支配者が幾たびも替わり、18世紀初頭からロシアがこの地を支配し、この城は宮殿へと改造されていった。

 

 

 

7

< 7.トームペア城 2 >

 

下の写真: 右手は宮殿側で、国の議会が入っているので見学が出来ない。

 

 

 

8

< 8.アレクサンドル・ネフスキー聖堂 >

 

上の写真: トームペア城側から見たアレクサンドル・ネフスキー聖堂。

1901年、当時支配していた帝政ロシアによって建てられたロシア正教会。

ここだけ違和感のある建築でした。

この中に日露戦争で沈没したバルチック艦隊の記念プレ-トがかけられている。

このバルチック艦隊は、エストニアとラトビアの港から出航した。

中を見学したが、写真を撮ることが出来ませんでした。

 

下の写真: アレクサンドル・ネフスキー聖堂の側面。

この道を奥に進み、坂を下ると「下町」に行くことが出来る。

 

 

9

< 9.山の手の街並み >

 

上の写真: 右手にアレクサンドル・ネフスキー聖堂、左手にトームペア城。

中央の写真: 上の写真の中央にある通りに入っていく。

下の写真: 大聖堂(トームキリク)周辺の建物。

この辺り教会関係者の住居だったのだろう。

 

 

10

< 10. 大聖堂(トームキリク)周辺 >

 

上2枚の写真: この大聖堂はタリンの中心的なプロテスタント教会。

13世紀にデンマーク人がここにカトリック教会を建設し、その後、火事で焼失したが18世紀に再建された。

 

見学しましたが撮影は出来ませんでした。

中は古く簡素でしたが、16世紀からの品々が集められており、まるで中世の田舎の教会に迷い込んだようでした。

 

下2枚の写真: 風情のある通り。

 

 

11dsc07754-1

< 11. 展望台からの眺め  >

 

地図のe地点にある展望台から旧市街の北東方向を望む。

奥はタリン湾です。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | Leave a comment

Blog at WordPress.com.

Ray Hecht

Now stateless

Brainwashing in Islam ​ - মগজ ধোলাই ​

❣Emotional Queen👑

🎭दो चेहरें हैं,दो लहज़े हैं मेरे...और हर सवाल के दो जवाब "एक मैं जो लिखती हूँ दूजा तुम जो जानते हो"!! 👑Queen Of My Own Thought❣ #MyBlogMyFeeling

日本の日常

普段の日本をそのままに

The Viking Mike

All Talk, All Sports, All the Time ...

V' al Rescate

BY VALENTINA MALLARINO

No

Hm

Federal Resistance

Stopping Tyranny in its Tracks through free information

internationaldialoguesblog.wordpress.com/

A compilation of radio shows and commentary on global politics, business, culture

Sajeda Amro view

My own view of the world (even though I have no balcony) as a Palestinian girl

Jay Colby

Life, Inspiration & Motivation

Nigar zindani

Imagining hoping believeing makes unreal so real..

Top Ruby on Rails ebooks

No two persons ever read the same book. –Edmund Wilson

Genç Yazarlar Kulübü

Edebiyatı tüccarlardan alıp,halka vereceğiz.

Dishdessert

Cooking for everyone (La cuisine pour tout le monde)