Posts Tagged With: history

南信州を訪ねて 6:  昼神温泉と周辺


 1dsc05090-1

< 1. 昼神温泉 >

 

 

今日は、昼神温泉と朝市、阿智神社の奥宮を紹介します。

のどかな温泉郷と、静寂な神域に浸って来ました。

 

 

 

 

 2map

< 2. 昼神温泉周辺の地図 >

地図の上側は西方向です。

 

二つの白い矢印は、「ヘブンスそのはら」のロープウェイの上下の駅を指している。

上駅で星空を堪能しました。

赤い矢印は、阿智神社の奥宮を示しています。

青い矢印は、私達が宿泊した「湯本ホテル阿智川」です。

黄色の線は朝市の場所です。

昼神温泉は青い矢印から始まり、黄色の線の辺りが中心部になります。

中央を流れているのが阿智川です。

 

 

 

 %ef%bc%93

< 3. 昼神温泉と宿泊したホテル >

 

上の写真: 橋の上から阿智川上流を望む。

両側に温泉宿がある。

 

中央の写真: 宿泊した「湯本ホテル阿智川」。

 

下の写真: このホテルの露天風呂と洞窟風呂。

ホテルの写真を借用。

 

 

昼神温泉について

ここは昭和48年、偶然に発見された比較的新しい温泉郷です。

ここは規模が小さいのですが、古い温泉街にあるようなけばけばしさがなく、自然に囲まれた落ち着いた温泉郷です。

温泉宿は20軒ほどですが、全体にゆったりとした感じがします。

 

 

 

 

 

 4

 

< 4. 昼神温泉の朝市 >

 

写真撮影時はまだ早く、準備中で人出が無かったが、やがてたくさんの宿泊客が来ました。

結構、品揃えが豊富で、私達は野菜と果物をたくさん買いました。

 

 

 

 

 

 

 5

< 5. 阿智神社の奥宮に向かう >

 

上の写真: 阿智川の上流に向かう。

下の写真: こんもりとした小さな丘の麓に奥宮の鳥居がありました。

 

 

 

 6

< 6. 社殿 >

 

鳥居をくぐり、参道を少し登ると丘の頂上に来ました。

高い杉の木が神域を包み込み、早朝でもあり周囲は薄暗い。

その奥の平地に、社殿と舞台が見えました。

 

 

 

 

 7

< 7. 磐座 >

 

この丘の高みに磐座があり、社殿から道が続いています。

磐座(いわくら)とは、神が降臨する岩で、社殿が常設される以前の古代信仰の場所です。

岩の長軸は東を向いている。

 

 

 

 

 8a

< 8. 阿智神社の奥宮の位置 >

 

地図の上側が西方向です。

赤の矢印が社殿、黄色の矢印が磐座の位置を示す。

この丘は二つの支流が合流して阿智川になる場所にある。

如何にも、周囲から隔絶した神域を思わせる雰囲気がある。

 

 

 

 

 9

< 9. 一方の支流 >

 

 

 10

< 10. 合流地点の川 >

 

朝の冷気の中、神域の森といい、清流といい、すべてがすがすがしい気持ちにさせます。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: visited a southern part of the Shinshu region, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 34: chain of retaliation 4 : Israel and Palestinian 1


中東に平和を! 34: 報復の連鎖 4 : イスラエルとパレスチナ 1

 

1

*1
I look back on the endless wars of between Israel and Palestinian from now on.

これから、イスラエルとパレスチナの泥沼の戦いを振り返ります。

 
Preface
When I see the Middle East conflict, I am surprised there are the composition of many conflicts and these are very complex.
For example, focusing on only large things, there are sectarian struggles, interstate confrontations, and ethnic conflicts.
And then, there are many more conflicts among extremists, between government and anti-government, between the United States and Russia (the Soviet Union), and the West and the Middle East.

 
はじめに
中東紛争を見る時、実に多くの対立の構図が絡まっていることに驚かされます。
大きなものでも宗派間、国家間、民族間、過激派間、政府と反政府、米国とロシア(ソ連)、欧米と中東などがあります。

 

2

*2

Looking at only sectarian struggles, there are main conflicts among Islam, Jewish religion, and Maronite Church of Christianity (Lebanon).
And then, there are in Islam the conflicts among Sunni, Shiah (Iran, Syria), Alawites (the hierarchy of Syria), Wahhabi (Saudi Arabia).
Furthermore, in the USA, evangelical Christian (Republican Party support) and Judaist (Democratic Party support) support Israel and it makes the struggle deep.
Judaist, Christian and Muslim that have worshiped a same God continue being opposed to each other more than 1,000 years.

 

Looking at only interstate confrontations in the Arab of the Middle East, various conflicts have taken place among autocratic state (military affairs, kingship), Islamic state (Iran, Saudi Arabia), secular nation (socialism, Arab nationalism), non-Arab country (Turkey, Iran), and oil country.
This interstate confrontation stems from racial or borderline problems that resulted from having been a colony, an opposition that resulted from the Cold War, and securing the oil.
For example, nation of absolute monarchy (Saudi Arabia, Persian Gulf countries) which is a rich oil-producing country tries to smash the democratization of the surrounding nations for maintaining own autocracy system, and it is intensified by the financial power, armaments, and a supporting of European and American.

 
例えば、宗派間の対立にしても、イスラム教のスンナ派、シーア派(イラン、シリア)、アラウイ派(シリア支配層)、ワッハーブ派(サウジアラビア)、キリスト教マロン派(レバノン)、ユダヤ教が対立しています。
さらに米国のキリスト教福音派(共和党支持)とユダヤ教徒(民主党支持)がイスラエルを支援し、対立を深めています。
大きく言えば、ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が同じ神を仰ぎながら千年以上も対立し続けている。

中東内の国々に限っても、独裁国家(軍事、王政)、イスラム国家(イラン、サウジアラビア)、他の国家(社会主義、アラブ民族主義)、アラブと非アラブ(トルコ、イラン)、産油国などが対立を招いている。
この国家間の対立には、植民地だったことに端を発する国境と民族問題、また冷戦に由来するもの、そして偶然が生んだ原油が大きく関わっている。
例えば、豊かな産油国である王政国家(サウジアラビア、湾岸諸国)は独裁体制の維持の為に、周辺諸国の民主化勢力を潰そうとし、さらにその財力、軍事力、欧米の支援が一層拍車をかけている。

 

 

3

*3

 

All these opposition didn’t begin as one.
For example, I look at an engagement of the United States.
The United States spent total cost 300 trillion yen on the Iraqi War (2003 – 2011), and Iraq fell into a state of confusion.
Before it, the United States defeated the Iraq in the Gulf War (1991), but had given military assistance to the Iraq to defeat Iran during the Iran-Iraq war (1980 – 1988).
Besides, the United States began assistance to Israel in the middle of the Middle East war (1948 – 1973) between Palestine and Israel.
However, the United States hardly interfered in the Middle East until the early 20th century.

 

The reason the United States began to interfere to the Middle East was for warning against the Soviet Union, and securing of oil, and then supported Israel afterwards.
To support Israel is due to election circumstances in the United States, and Israel becomes a bridgehead in the Middle East.

 

In the composition of such opposition that connected with each other complicatedly, it is not easy to find fundamentally cause of these conflicts and the solution.

 
However, there is one clear thing.
It is said that the incidents that set off a train of these wars happened from the mid-20th century, and the tinderbox spread sequentially afterwards.
It is important to know the background and groundwork that cause conflict easily in the Middle East, but it is also important to know the extended process of the conflict.

 

これらすべての対立が一斉に始まったわけではない。
例えば、米国を見ます。
米国はイラク戦争(2003~11年)で総費用300兆円を費やし、イラクは混乱状態に陥りました。
それ以前、米国は湾岸戦争(1991年)でイラクを叩き、イラン・イラク戦争(1980~88年)ではイランを叩く為にイラクに軍事支援を行いました。
さらには、米国はイスラエルとパレスチナの中東戦争(1948~73年)の途中からイスラエルに加担を始めました。
しかし米国は20世紀前半まで中東にほとんど干渉していなかったのです。

 

米国が中東に干渉し始めたのはソ連への牽制、石油確保の為で、その後イスラエル支援に舵を切りました。
イスラエルの支援は米国内の選挙事情と中東での橋頭保になるからでした。

このような複雑に絡み合う対立の構図にあって、紛争原因の特定と解決法を見出すことは容易ではありません。

 

しかし、明らかなことが一つあります。
それは、紛争の発端になった事件が20世紀中頃から起こり始め、その後、紛争の火種が順次広がっていったことです。
中東に紛争を招きやすい背景や素地があることは重要ですが、紛争の拡大過程を知ることも重要です。

 

4

*4

 

We try to see a process of the Middle East war between Israel and Palestine which became the greatest cause in a beginning of the Middle East conflict from now on.

 

We look back at the history of the Middle East war in reverse, and we want to find “which began the war?”
Later, we will know what this means.

 

This continues the next tome.

 

これから、中東紛争の最初で最大の原因になったイスラエルとパレスチナとの中東戦争の過程を見て行きます。

 

私は両者間の戦争を逆に辿り、「どちらが抗争を始めたのか?」を探って行きます。
これが何を意味するかは、後でわかることになります。
次回に続きます。

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 33: chain of retaliation 3 : in Syria and Lebanon


中東に平和を! 33: 報復の連鎖 3 : シリアとレバノンで

 

1
*1
This time, I keep track of the chains of retaliations that happened in Syria and Lebanon.

 

今回は、シリアとレバノンで起こった報復の連鎖を追います。

 

2

< 2. Countries during the conflict, by Uppsala Conflict Data Program >
< 2.紛争中の国、 >

 

The green areas show countries during the conflict.
The line graph is a change of the number of conflicts. ( annotation 1)

 

緑色は紛争中の国を示す。
折れ線グラフは3種類の紛争件数の推移。(注釈1)

 

3s
< 3. The death toll from conflicts, By Uppsala Conflict Data Program >
< 3.紛争による死者数 >

 

The size of circles is proportionate to total death tolls since 1989.
The line graph is a change of annual death tolls of conflicts.

 

丸の大きさが、1989年以降の累計死者数の多さを表している。
折れ線グラフは紛争3種類による死者数の推移。

 

Preface
Conflicts are now taking place in the world everywhere.
Therefore, one third of the world’s population lives in the disputed area, annual number of war deaths is 50,000-100,000, and forcibly displaced people worldwide amounts to 60 million people.

 

It is difficult to find only complete assailant in many cases of conflict.
In conflicts, a small collision escalates into military struggles while a quarrel continues.

 

はじめに
現在、世界の至る所で紛争が起きている。
その結果、世界人口の1/3は紛争地域に住み、毎年の戦死者は5~10万人、住まいを追われた人は6000万人に上ります。

 

多くの紛争で完全な加害者だけを見つけることは困難です。
多くの紛争は、いがみ合いが続く中で、小さな衝突から武力闘争に拡大している。

 
In Syria
Current Syria is in a state of the civil war that “the Arab Spring” triggered in 2011, but hatred and discord had filled already.
President Assad (father of the current President) became irritated with a confrontation posture of “the Moslem Brotherhood” after 1970, performed many containment, and arrested one of the leader in 1976.
In 1979, when he died, the Islamic extremist attacked the Syrian military academy for a retaliation and killed 83 cadets. (Alawites, annotation 1).
In 1980, Syrian military forces raided a village and murdered more than 200 villagers.
In another district, they arrested 8,000 or more, and the commander shouted, “I keep killing 1,000 people per day until the Moslem Brotherhood disappears.”

 

The same year, the Moslem Brotherhood planned an assassination of Assad, but it failed.
The Syrian military forces shot to kill approximately 1,000 people of the Moslem Brotherhood in a cell as retaliation for it.
This time, high government official in favor of
Assad was assassinated .
In 1982, the Syrian military forces killed 10,000-40,000 citizens in a main city of the Moslem Brotherhood. (Hama massacre)
The Moslem Brotherhood exploded a bomb in the capital against this holocaust, sacrificed 200 people, and started on terrorism that attacks citizen.

 

The Syrian government killed leaders of Muslim, citizen and labor union.
In 1982, the younger brother of President Assad who commanded many erasure boasted that he had been killing approximately 40,000 people.

 

The main point
While each massacre was repeated, it expanded, but this is a typical pattern of the world disputes.
To prevent a catastrophe, this initial stage of conflict is very important.

 
シリアで
現在のシリアは「アラブの春」が引き金になった2011年以降の内戦状態ですが、その前に憎悪と不和が沸騰していました。

 

アサド大統領(現大統領の父)は1970年以降、「ムスリム同胞団」の対決姿勢に業を煮やし、数々の封じ込めを行っていたが、1976年、指導者の一人を捕らえた。
彼が死亡すると、1979年、イスラム過激派は報復としてシリア軍士官学校を襲い、士官候補生83人(アラウィー派、注釈2)を殺害した。
1980年、シリア軍は村を急襲し、200人以上の村民を殺した。
また別の地区では8000人以上を逮捕し、司令官は「同胞団がいなくなるまで、一日1000人を殺す」と叫んだ。

 

同年、同胞団はアサドの暗殺を謀るが失敗する。
シリア軍は、この報復として監房内で同胞団の囚人約1000名を射殺した。
今度は、アサドに近い政府高官が暗殺された。
1982年、シリア軍は同胞団の拠点都市で1~4万人の市民を殺害した(ハマー虐殺)。
同胞団は、この大虐殺に対抗して首都で爆弾を炸裂させ200人を犠牲にし、市民へのテロ攻撃を始めた。

 

シリア政府は、ムスリムの指導者、市民や労働組合の指導者を殺した。
1982年、数々の抹殺の指揮を執って来たアサド大統領の弟は約4万人を葬ったと豪語した。

 

要点
双方の殺戮は繰り返すうちに拡大していったが、これは世界の紛争の典型的なパターンです。
大惨事を防ぐには紛争の初期段階が重要です。

 

4

*4

 
In Lebanon
In Lebanon, three groups of Islam and four groups of Christianity had coexisted till that time.

 

However, when Palestinian and PLO (annotation 1) flowed into Lebanon from Jordan because Israeli military forces had driven them away, a violence case happened by sectarian struggle in 1970.

 

In 1976, Syrian military forces invaded Lebanon by a request of Lebanese government, and repressed PLO of Sunnites to protect Shiites.
In 1978, the Syrian military forces in Lebanon cannoned and violated an agreement with Israel, which was triggered by the provocation of a school of Christianity (Maronite Church).
Israel was hostile toward it, and Israeli military forces invaded Lebanon, but the collision of these two countries was avoided by the good offices of the United States.

 

In 1982, a radicals attempted to assassinate an Israeli ambassador to Great Britain. (annotation 2)
Taking this opportunity, Israeli military forces again invaded Lebanon as retaliation for PLO.
This was a plan Israel had warmed up for a long time.
Thus, only for ten weeks, Lebanon was destroyed thoroughly, and 20,000 people of Lebanese and Palestinian were murdered.
The war was stopped by the good offices of the United States, and PLO left from Lebanon.

 

After that time, a radical young man in favor of Syria assassinated a Lebanese President in favor of Israel with bomb.
And, militiamen of the Maronite Church slaughtered nearly 3000 people of Palestinian refugees camping in Lebanon under the supervision of Israeli military forces. (Sabra and Shatila massacre in 1982)

 

The main point
Finally, Lebanese Civil War became mired in involving neighboring countries due to the war between Israel and Palestine.

 
レバノンで
レバノンでは、キリスト教4派とイスラム教3派が共存していた。
しかし、1970年、イスラエル軍にヨルダンを追われたパレスチナ人とPLO(注釈4)がレバノンに流入したことにより、宗派対立による暴力事件が起きた。
1976年、レバノン政府の要請によりシリア軍がレバノンに侵攻し、シーア派を守る為にスンナ派のPLOを制圧した。
1978年、レバノンのシリア軍はキリスト教一派(マロン派)の挑発に乗り、イスラエルとの協定に違反する砲撃を加えた。
これに反発してイスラエル軍はレバノンに侵攻したが、米国の仲介で両国の衝突は避けられた。

 

1982年、過激派がイスラエル駐英大使の暗殺未遂事件を起こした。(注釈2)
これを機に、イスラエル軍はPLOへの報復を口実にレバノンに再び侵攻した。
これはイスラエルにとって以前から温めて来た作戦だった。
こうして10週間で、徹底的にレバノンは破壊され2万人近いレバノン人とパレスチナ人が殺された。
米国の仲介により戦闘は停止され、PLOはレバノンを去った。

 

その後、イスラエル寄りのレバノン大統領はシリア寄りの過激派青年に爆殺された。
またマロン派の民兵がイスラエル軍監視の下でレバノンのパレスチナ難民キャンプで3000人近くを虐殺した(1982年、サブラー・シャティーラ事件)。

 

要点
結局、イスラエルとパレスチナとの戦争が周辺国を巻き込んで、レバノンを内戦に引き込んだ。

 
Summary
A conflict only begins from a trifling collision accident, but after all it expands a war by mere revenge and breaking.
In the background of many cases of conflict of the Middle East, various sectarian conflicts and interstate confrontations cause serious harm to it.

 

This continues the next time.
まとめ
最初は、些細な衝突事件から始まるが、後は単なる復讐による潰し合いになる。
中東での衝突の背景に、宗派間と国家間の対立が大きく災いしている。

 
次回に続きます。

 

注釈1
紛争は「国家暴力=state-based violence」「非国家暴力=non-state violence」「一方的な暴力=one-sided violence」に分けられている。

注釈2
アサド大統領はシーア派の一派で、少数派のアラウィー派に属している。

注釈3
PLO=パレスチナ解放機構。
パレスチナ人とPLOはイスラム教スンナ派です。

注釈4
この犯行グループのリーダーはかってPLOに属していたがアラファト議長に除名されると、PLO要人の暗殺を行い、イラクやリビアの手先としてテロを行っていた。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , , | Leave a comment

南信州を訪ねて 4: 満蒙開拓平和記念館


 

 1

< 1.満蒙開拓平和記念館  >

 

今日は、満蒙開拓平和記念館を紹介します。

念願かなって、満州移民の実情を知ることが出来たことは幸いでした。

   

満蒙開拓平和記念館について

http://www.manmoukinenkan.com

 

満州移民の実態がわかりやすく展示されています。

また全国で、この種の展示はここだけですので、非常に貴重です。

私達が訪問した時は、多くの人が来ておられました。

 

しかしこの場所はわかりにくいので注意してください。

 

 

2

< 2.阿智村と満州 >

上の地図: 赤丸が阿智村、赤枠がかっての満州、満蒙開拓団の地です。

 

下の図: 県別の開拓移民数。

全国の開拓移民数27万人に対し、長野県は断トツに多かった。

長野県は満蒙開拓青少年義勇軍10万人でも、最大の送り手だった。

 

 

3

< 3.満蒙開拓民の現実 >

この3枚の写真は満州の記録写真です。

館内は撮影が出来ませんので、HPから転載しました。

 

上の写真: 記念館の入場券。

中央の写真: 16~19歳の青少年からなる満蒙開拓青少年義勇軍。

下の写真: 記念館内の展示。

 

  

 4

< 4. 満蒙開拓平和祈念館  >

 

館内は大きくないが、要点を絞ってわかりやすく展示している。

また、学芸員が質問に丁寧に答えてくれ、多くの疑問が解消した。

 

展示内容

*満州移民の歴史

*満州での開拓団の映像

*入植地図や満州の生活。

*敗戦と逃避行。

*引揚げと再出発。

*引揚げ者のコメントと証言ビデオ。

*中国残留孤児と帰国支援事業。

など

 

 

 5

< 5. 満蒙開拓のポスター >

 

参考に、当時の満蒙開拓民募集のポスター。

 

 

 6

< 6. 満蒙開拓民の所在地 >

 

参考に、当時の開拓民の所在地。

 

 

満蒙開拓平和記念館に思う

満蒙開拓は満州事変と共に始まり、農民は国の移民奨励を疑わず希望を抱き海を渡った。

しかし、現実の暮らしは劣悪で、その本当の狙いは軍主導による人間の盾でした。

農民はそれを奥地への配置と敗戦時の置き去りで身をもって知ることになった。

そして長野県の未帰還者は49%に上りました。

その後の引揚げも遅々として進まず、さらに引揚げ者の多くは故郷に帰れず、全国各地の未耕作地に割り当てられた。

 

さらに二つの事実も忘れてはならないでしょう。

それは当時の長野県の自治体と教育者が積極的に移民に関与したこと、満州の中国人がさらに過酷な目にあったことです。

ここで不思議に思うのは、長野県は社会運動が盛んな土地柄でしたが、治安維持法などで反戦派が潰されると、対立する好戦派が攻勢に出た感があることです。

 

ここが開館したのは最近の2013年で、民間施設では日本ではここだけです。

なぜなのか?

それはこの地が長野県でも最大の移民者を出し、悲哀を味わったこともあります。

しかしそれだけではありません。

現在、「戦争する国」の悲劇を伝える語り部、引揚げ者の高齢化が進んでいます。

この地の人々は危機感を持って平和と中国友好に向けて行動したのです。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, opinion, Series: visited a southern part of the Shinshu region, travel+photo | Tags: , , | 4 Comments

Bring peace to the Middle East! 32: chain of retaliation 2 : What is bad?


中東に平和を! 32: 報復の連鎖 2: 何が悪いのか?

 

1
*1

Here, we get back to a basic theme.
Why is a soldier and terrorist to kill citizens bad ?
There is no longer any doubt about it, but it has an important meaning.

 

ここで基本的な問題に立ち返ります。
なぜ兵士やテロリストが一般市民を殺しすことは悪いのでしょうか?
これに疑いの余地はないのだが、非常に重要な意味があります。

 

2

< 2. Srebrenica massacre. Annotation 1. >
< 2. スレブレニツァの虐殺。注釈1.>

Terrorism is a crime!
The World Trade Center bombing in September 11, 2001 gave a serious shock to the whole world.
As a result, the U.S. President immediately declared, “this is war!”, and began the war on terrorism with enthusiastic support of the people.
This case well shows that massacring citizens produces bigger hatred.

 

Well then, in the Yugoslav wars, what kind of a reaction did the world show to the slaughter of Bosnian citizen performed by military? ( annotation 1)
In 2016, the International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia pronounced a judgment of 40-year imprisonment to the ex-President who commanded the slaughter.
In fact, this person was a hero for Serbian citizens, and the extradition did not advance for 13 years.

 

By the way, it is fairly recent that all the world other than the countries concerned came to
judge war crimes after the war in this way.

 

テロは犯罪だ!
2001年9月11日の世界貿易センタービルの破壊は全世界に衝撃を与えました。
これを受けて、米国大統領は即刻、「これは戦争だ!」と宣言し、国民の熱狂的な支持を得て対テロ戦争を始めました。
この事件は、一般市民の殺戮が大きな憎悪を生むことをよく示しています。

 
それではユーゴ内戦時、軍によるボスニア民間人の虐殺はどうだったのでしょうか。注釈1.
2016年、国連戦争犯罪法廷は、虐殺を指揮した元大統領に禁錮40年を言い渡した。
実は、この人物はセルビア人にとっては英雄で、13年間も引き渡しは進まなかった。

 

ところで、このように戦争犯罪を戦争後に当事国以外が裁くようになったのは最近のことなのです。

 
What is important?
War is the largest disaster that the human race brought, but, on the other hand, the human race has brought about various policies that prevent conflict and war in a long time.

 

One of the policies is the application of the war crimes including “ crimes against peace” “crimes against humanity” after the World War II.
This progress occurred only half a century ago while the history of war for 5,000 years.

 

More important is the human race continues bringing about preventive measures strenuously.

 

何が重要なのか?
戦争は人類が生み出した大きな災厄ですが、一方で、人類は長い年月をかけて戦争や紛争を防止する方策を生み出して来た。
その一つが第2次世界大戦以降、「平和に対する罪」「人道に対する罪」を含めた戦争犯罪の適用です。

 

いまだに自国のこれら戦争犯罪を認めたくない人々がいるのも事実ですが、5000年に及ぶ戦争の歴史にあって、この進歩は高々半世紀前のことなのです。

 

重要なことは、人類が営々と防止策を生みだし続けていることです。

 

3

*3

What is a meaning of judging it by war crimes (law)?
In fact, most of law has been created to prevent conflict.

 

In prehistoric times, a taboo and custom were created for prevention of conflict, and ritualized fighting grew, a council of elders was created for to avoid expansion of struggles as a reconciliatory role.
Those rules bore fruit in “Code of Hammurabi” or “the Ten Commandments” before long.

 

At this point in time, these had to depend on authority of God.

 

In more recent years, human society came to aim at having consistency in the system of law by a concept of “justice”.

 
戦争犯罪(法)で裁くことの意味
実は、多くの法は紛争を防ぐ為に整備されて来たのです。

 

先史時代、紛争防止の為にタブーや慣習が生まれ、拡大を避ける為に闘争の儀礼化、調停役としての長老会などを生み出しました。注釈2.
やがてそれら取り決めが「ハムラビ法典」や「旧約の十戒」などに結実しました。
この時点で、これらは神の権威に頼らなければなりませんでした。
また世界宗教の開祖(イエス、釈迦、ムハンマド)の教えが、紛争を抑える役目を果たしました。

 

やがて、時代が下ると「正義」の概念によって、社会は一貫性のある法体系を目指すようになった。

 

4

*4
What is justice?
In fact, this is a difficult problem, but there is one thing it is sure.
It is that the human race can decide “justice” by ourselves now.

 

I assume, ” Justice is a judgmental standard that a society judges whether a human act is right or bad” .
Seeing it from a viewpoint of conflict, I can say, “ a bad act is an act to cause a conflict, and to spread it”.

 

One of the bad acts to cause a conflict and to spread it is to increase people’s hostility and hatred to extreme.

 

At last we can see what is bad.

 

“You must not bomb a hospital ship.
You must not abuse a captive.
You must not use cluster bomb or poisonous gas.”

 

These produce the massacre of noncombatants and citizen, the people feel strong hatred for it, and will accept the retaliation of the further massacre.
By punishing such war crimes, our world becomes preventing the harshness of war and the civil war.

 
正義とは何か?
実は、これが難題なのですが、ひとつ言えることは現在、人類は「正義」を自ら決めることが出来るようになったことです。

 

とりあえず「正義とは、人間の行為を正しいか正しくないかを判断する基準」とします。
これを紛争の観点から見るなら、「正しくない行為とは、紛争を招き、拡大する行為」でしょうか。
「紛争を招き、拡大させる行為」の一つは、人々に極度の敵愾心や憎悪を募らせることでしょう。

 

これでやっと、何が悪いのが見えて来ました。

 

「病院船を爆撃してはならない。
捕虜を虐待してはならない。
クラスター爆弾、毒ガスを使用してはならない。」

 

これらは非戦闘員や一般市民の殺戮を生み、これに対して人々は強烈な憎悪を抱き、更なる殺戮の報復を容認するようになる。
端的に言えば、このような戦争犯罪を罰することで、戦争や内戦の苛烈化を防ぐ意味があるのです。

 

At the end
What is the terrorism that the Middle Eastern extremists perform in the world?

 

This only drives people around the world to hate for the Middle East, Arab and Islam, and rather the extremist’s hope only more goes away.
Already, the world as well as the Middle East is filled with hostility, and it bring a vicious circle that puts the Middle East in a difficult spot moreover.
Their terrorism is unlike past terrorism in one country as for making enemies of the world, and the result is greatly different.

 

I wish that the extremists, neighboring people, and particularly Islamic leaders think about a series of the human wisdom .

 
This continues the next time.

 

 

 

最後に
それでは中東の過激派が世界で起こしているテロはどうなのでしょうか?

これによって世界中の人々が中東アラブとイスラムへの憎悪を高めるだけで、過激派の望むものは遠ざかるだけです。
すでに中東だけでなく世界は敵愾心で満ち溢れ、それがまた中東を一層窮地に陥れる悪循環を生んでいる。
過去のような一国内のテロとは異なり、欧米と世界の人々を敵にするのでは結果は大きく異なります。

過激派、周辺の人々、特にイスラム教の指導者はこの一連の人類の知恵に思いを巡らしていただきたい。

次回に続きます。

 

注釈1
1995年、ボスニア・ヘルツェゴビナ内のスルプスカ共和国のカラジッチ元大統領がスレブレニツァでボスニア系民間人8000人の虐殺を指揮した。
セルビアのミロシェヴィッチ元大統領も同様の戦争犯罪で裁判中、病死した。

注釈2
その端的な例が北米先住民にあります。
部族内で殺人が起きると、部族が穢されたとして部族全員で厄払いの儀式を行った。
そして犯人は追放されるが、数年して犯人は自身の請願により復帰した。
ここでは、両親族間で生じる復讐心を儀式と追放で抑制している。
人類は、意識するしないに関わらず、紛争防止の巧みな策を設けて来た。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 31: chain of retaliation 1 : in the end


中東に平和を! 31: 報復の連鎖 1: その果てに

 

1a

*1

We looked at some assassinations, terrorism and the background till now.
From now on, we examine a chain of retaliation taking place in the Middle East, such as massacre repeated.
This time, I explain the final stage that a society arrives at when assassinations and terrorism rage, through the history.

 

今まで、暗殺とテロ、そしてその背景を見て来ました。
これからは、殺戮が繰り返される中東、その社会で起きている報復の連鎖について考察します。
今回は、暗殺やテロが吹き荒れる社会の行き着く先を歴史から読み解きます。

 
What there is in the end of assassinations and terrorism?
Looking around the world, the assassinations and terrorism were a desperate resistance of weak group, or an initial state of revolution.
Even the American constitution predicates a citizen fights with a weapon.
( annotation 1)

 

The situation starts with assassinating a influential person or a leader of an opposition group, but will invite a chain of genocide and the retaliation adversely.
Thus, massacre and violence spread, and more terrible tragedy will attack the society.

 

I explain the examples.

 
暗殺とテロの果てに
世界を見渡すと、暗殺やテロは弱者集団の必死の抵抗であったり、革命の初期状態だったことがある。
米国の憲法ですら、武器を持って市民が戦うことを含意している。(注釈1)

 

事態は、暴虐な権力者や反対派の指導者を暗殺することなどで始まるが、逆に大量虐殺や報復の連鎖を招くことになる。
こうして殺戮や暴力が蔓延し、さらに恐ろしい悲劇が襲うことになる。

 

その例を読み解きます。

 

2a

*2

In the case of Japan
Rightly, the situation were same as 1920s and 1930s in Japan. (annotation 2)

 

In those days, the extensive people’s movement had happened, so the government ruled by local military groups by central figures of the Meiji Restoration was finished, and party politics began to move for the first time.

 

However, the unripe government was attacked by the growing disparity caused by a military-first policy, several depressions, and an aftermath of the Communist Party revolution.
The domestic situation became turbulent, the protest movement became harsh, and the government began to oppress it by the military and police.
At last, the assassination of a leading figure continued by young officers or right wing and the society was unified.
Thus, Japan became a complete military affairs autocracy again.

 

In the background, there was an important change that the Japanese society became affirmative for war and violence, while the Japanese military had steadily advanced an invasion in the continent for preparing for a potential threat from imperialism Great Powers, Europe and America, or Russia.

 
日本の場合
1920と1930年代がまさにその状況でした。(注釈2)

 

当時、広範な国民運動が起こり、明治維新の立役者らによる地方軍閥主導の政治を脱し、初めて政党政治が動き出した。
しかし、それまでの軍事優先による格差拡大と数度の恐慌、共産革命の余波が未熟な政府を襲った。
国内は騒然とし抗議行動が苛烈化し、政府は軍と警察による弾圧を始めた。
ついに、右翼や軍の青年将校による要人暗殺が続き、社会は一本化された。
こうして、日本は再度、完全な軍事独裁国家となった。

 

この背景に、帝国主義列強の欧米とロシアの脅威に備えた軍の大陸侵攻が着々と進み、国内は戦争と暴力に肯定的になっていたことがある。

 

3

*3

In the case of Germany
The situation were same as 1920s and 1930s at the birth of Nazi government. (annotation 3)

 

The society and the economy got into the worst situation by suffering the aftereffects of the World War I.
The people lost sight of the future of own country, and various policy opinions (including socialism and communism) were in conflict.
At first, they were aimed at a socialist state, but the military authorities having taken a place in the World War I came to rule the politics before long.

 

The unemployment rate became 30%, so the young men who lost a job formed radicals group and repeated fighting in city and each place.
Nearly 100 people died only for one month in Prussia, and the injured person surpassed 1,000 people.
Under such circumstances, an violence revolution attempt that Hitler participated in in Munich occurred.
They attacked the capital of Prussia by weapon of the military authorities and aimed at to usurp political power.
The people felt hopeful about the proposal of Hitler, the revival of empire, the nationalism (anti-emigrant and anti-Semitism), and the totalitarianism (fascism).

 

After this, the Nazi that Hitler led was received enthusiastically by people, and a dictatorial regime was born.

 
ドイツの場合
ナチス政権誕生期の1920と1930年代も同様でした。

 

第一次世界大戦の尾を引き、社会と経済は最悪へと突き進んだ。
国民は国の行く末を見失い、様々な路線(社会主義、共産主義など)が対立していた。
始めこそ社会主義国家を目指していたが、やがて大戦時の軍部が政治を支配するようになっていた。

 

失業率は30%になり、失業した青年らは過激派集団を形成し都市や各地で抗争を繰り返した。
プロイセン州だけで1ヶ月100名近くが死に、負傷者は1000人を越えた。
こうした中、ミュンヘンでヒトラーが関わる暴力革命未遂事件が発生した。
彼らは軍部の武器によりプロイセンの首都を襲い政権奪取を狙っていた。
国民はヒトラーが唱える帝国復活や民族主義(移民・ユダヤ人排斥)、全体主義(ファシズム)に希望を見た。

 

この後、ヒトラー率いるナチス党が熱狂的に受け入れられ、独裁政権が誕生した。

 

4

*4

What was taking place there?
These two examples have a certain thing in common.
Firstly these societies deepened confusion and stagnation, and the demonstration for reform and dissatisfaction escalated into violence cases.
As a result, the people wanted to quiet the confusion and clung to a stronger power to step forward powerfully.
And two fascism shook the world.
But it doesn’t always occur on the end of the confusion of the assassination and terrorism.
(annotation 3)

 

An important thing is to create more powerful military power finally, even if the violence was a small blow at first.
One of these may be Islamic nation (ISIL).

 

Unfortunately the power having the powerful armaments often becomes tyrannous, and it becomes the thing unlike the hope of the people.
I can say the reason is “It takes a thief to catch a thief.”

 
何が起きていたのか
この二つの例に共通していることがある。
始めに、社会は混乱と低迷を深め、改革を求めるデモや不満による暴力沙汰が起きた。
その結果、国民はその混乱を鎮め、力強く踏み出すためにより強力な権力にすがった。
そして二つのファシズムが世界を震撼させることになった。
但し暗殺とテロの先に、いつもこれが起きるわけではありません。(注釈4)

 

大事なことは、これら暴力は始め小さな一撃であっても、やがて拡大し混乱すると、最後にはより強大な力を生むことになるのです。
その一つがイスラム国(ISIL)かもしれません。

 

残念な事に、その力は往々にして強大な軍事力を有し暴虐となり、国民の希望とは異なるものになるのです。
その理由は、「毒をもって毒を制する」と言えます。

 

 

5

*5

 

Thing we must not overlook
In either case, a violence produces many violence, and people will be trained to accept abnormal circumstance before long.

 

In the Middle East, the family is subjected to violence and killed, the town is destroyed, people suffer a difficult life even to live, and such a state continues for half a century.
Will the children grow up in a normal way?
The dilapidation of people’s mind is imperative.
Where does the future of this society go toward?

 

This continues the next time.

 

見逃してはならないこと
いずれの場合も暴力が暴力を生み、やがて人々は正常では居られなくなることです。
暴力を受け虐殺される家族、破壊された町、生きることすら困難な生活、このような状態が半世紀も続く中で、子供がまともに育つでしょうか。
精神の荒廃は必然です。
この社会の行く末は・・・・・。

 
次回に続きます。

 

注釈1
18世紀後半に制定された合衆国憲法修正第2条。
「規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるので、
人民が武器を保有し、携帯する権利は、これを侵してはならない」

注釈2
私のブログ「社会と情報:戦った報道 1~26」に詳しい。

注釈3
私のブログ「戦争の誤謬 : ヒトラー総統の誕生 1、2」「図解 ヒトラー総統の誕生」「ナチスの亡霊」に詳しい。

注釈4
日本とドイツは、社会の混乱時に独裁者を求める傾向が世界で最も強い。
これはエマニエル・トッドが指摘するように、両国が直系家族の文化だからです。
この文化は、遺産分配や兄弟関係の有り様から、「権威と不平等」を受け入れます。
したがって、中国、ロシア、中東またはフランス、米国では異なった反応が起こるでしょう。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 30: about terrorism 10 : fight of believer


中東に平和を! 30: テロについて 10: 信者の戦い

 

1

< 1. Japanese-Russo War >
< 1.日露戦争 >

We can understand “God and heaven” that a suicide bomber of the Middle East wrote, by knowing how believers confronted own massacre.

信者が殺戮とどう向きあったかを知ると、中東の自爆テロ犯が語る「神と天国」が見えて来ます。

 

2 ドロヘダ攻城戦
< 2. Siege of Drogheda >
< 2.ドロヘダ攻城戦 >

Certain Christian
“I believe firmly that this is a righteous judgement of God on these barbarous wretches, who had imbrued their hands with so much innocent blood.”

This is a sentence of the report at when British Cromwell (1599-1658) suppressed rebel armies in Ireland. (Siege of Drogheda in 1649)
At this time, the citizens and monks in the city were almost slaughtered as well as combatants.
He justifies own act as Protestant provided justice to Catholic.

The example of such a justification is also seen in the Crusades.
This increased participants in the Crusade, and on the other hand, it caused plunder and massacre to increase.

 
あるキリスト教徒

「これは、無実な人々の血でその手を染めた野蛮な恥知らずどもへの、神の正しき裁きであると私は確信する。」

これは英国のクロムウェル(1599-1658)がアイルランドで反乱軍を鎮圧した時の報告書の一文です。(ドロヘダ攻城戦、1649年)
この時、戦闘員だけでなく、ある都市の市民や修道士などがほぼ全員虐殺された。
彼はプロテスタントがカトリックに裁き(復讐)を与えたとして、自らの行為を正当化している。

このような正当化の事例は十字軍遠征にも見られる。
参加した者には免責が与えられ、戦闘で死んだ者は殉教者になるとされた。
これは十字軍への参加者を増大させた一方、略奪や殺戮を横行させる結果となった。

 

3

< 3. armed priest >
< 3. 僧兵 >

Certain Buddhists
At previous night of all-out attack of the Russo-Japanese War (1904), a Japanese army Buddhist priest told to believers.
“This war doesn’t contradict Sessho-kai (a Buddhist precept of the prohibition of killing living things.), and rather this is a battle for peace.”
And soldiers of the believer charged ahead with saying “Namuamidabutsu (Buddha in paradise)” all together.

In the Russo-Japanese War, this denomination (Jodo Shinshu sect of Buddhism) thought a national feeling of unity is necessary, and encouraged the believers to accepts military service.
Since a long time ago, the believers of the denomination performed against samurai groups fierce fights with weapon of farming implements on several occasions, and they kept self-government.

 

ある仏教徒

日露戦争の旅順総攻撃の前夜(1904年)、日本の従軍僧が信者らに「この戦争は仏教の殺生戒に矛盾せず、平和の為の戦いである」と語った。
そして、信者の兵士らは一斉に「南無阿弥陀仏」と唱えて突撃していった。

日露戦争において、この宗派(浄土真宗)は挙国一致であるべきとして、兵役に積極的に応じている。
古くからこの教団信徒は農具を武器に武士団と壮絶な戦いを行い、自治を守り通したこともある。(福井県の吉崎御坊など)

 

4

< 4. the yellow turban rebellion >
< 4.黄巾の乱 >

Originally, the Buddhism had a prohibition of indiscriminately killing living things and a non-war.
But Japanese large temples had employed armed priests since a long time ago.
The Buddhist fought in Korean Peninsula, China, and Southeast Asia.
In Goguryeo (kingdom of Korea), armed priests in the Korean Peninsula had fought against a great number of invaders of China and nomads with a weapon for defending own country.
In China, a certain school of Taoism caused the yellow turban rebellion, and the Three Kingdoms period began(184 – ).
Next a certain school of Buddhism caused a rebellion, and it led the birth of the Ming (1368 – ).
In China, a large group of farmers that were led by religious organizations caused many revolutions many times.

 
本来、仏教は殺生を禁じ非戦のはずですが、古くから日本の大寺院は武装した僧兵を養っていた。
朝鮮半島や中国、東南アジアでも仏教徒は戦った。
高句麗時代、朝鮮半島の僧兵は中国や騎馬民族の侵略に対し武器を持って戦い、国を守った。
中国では、道教の一派(太平道)が反乱(黄巾の乱)を起こし三国時代(184年~)が始まり、また仏教の一派(白蓮教)が反乱(紅巾の乱)を起こし明(1368年~)の誕生に至る。
この白蓮教は清の時代にも反乱を起こしている。

 

5
< 5. Crusade >
< 5. 十字軍 >

Fight of believer
Looking around the world, it may be said that there was not the religion that did not ever fight.
The enemy was a pagan (sect), devil, unbeliever, in addition an invader and plunderer.
Many widely accepted religion universally has Love and mercy in the doctrine, and infrequently includes the abstinence from taking life.

Why do these believers perform fierce fights in violation of the fundamental creed?
At many fact pattern, religious organizations greatly had influenced it.
It may be said there was a result that the sense of unity and infallibility of the religion was raised by the organizations.

It isn’t a problem usually, but when our society begins to become confused and corrupt, it will bring a bad habit.
信者の戦い
世界を見まわして、かつて戦わなかった宗教はなかったと言えます。
その敵は異教徒(分派)、悪魔、不信仰者に始まり、侵略者、略奪者であった。
広く受け入れられている宗教の教義には愛と慈悲が普遍であり、稀に不殺生も含まれます。

なぜ信者は根本教義に反して壮絶な戦いを行うのでしょうか?
その多くは教団の力が大きく影響しており、宗教がもたらす一体感と無謬性が高度に高められた結果と言えます。

通常、問題にならないが、社会が混乱し疲弊しだすと悪弊が生じることになる。

 

Is there a thing you can understand?
The Palestinian suicide bomber wrote about “God and heaven” in his farewell note.
Because he can go to heaven, did he practice the terror?

As those facts of the world show, first there were necessity for the fight, and the people alleviated a conflict of own death and murder with resorting to God and Buddha.

In world history, many religious organizations have permitted fighting, but Jesus and Buddha will grieve at this.
Probably, I think that Mohammed points out the mistake if he see the present confusion of the Middle East, too.

It isn’t limited to Islam that suicide bombers talk about “God and heaven”.
It is only one of the light and shade that religion brings.

 

This continues the next time.

 
通じるものはあるのか
パレスチナの自爆テロ犯は遺書で「神と天国」を語っていました。
彼らは天国に行けるから自爆を行ったのでしょうか?

世界の例からわかるように、先ず戦う必要に迫られ、次いで死や殺人への葛藤を神や仏が和らげることになるのです。

歴史上、多くの宗教教団は戦いに免罪符を与えることがありますが、イエスや釈迦はこれを嘆いたことでしょう。
おそらくマホメッドも、今の中東の混乱を見れば間違いを指摘したことでしょう。

自爆テロ犯が「神と天国」を語るのは、イスラムに限ったことではないのです。
宗教がもたらす明暗の一つに過ぎないのです。
次回に続きます。

Categories: culture+society, <japanese language, mind, opinion, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , | Leave a comment

Visited a southern part of the Shinshu region 1: Narai-juke, a post town


南信州を訪ねて 1: 奈良井宿

 

1

< 1. Narai-juke >
< 1.奈良井宿 >

 

From now on, I introduce a Southern part of Nagano prefecture that we traveled in summer.
Today, I introduce the Narai-juke that is a one of old post towns.

 

これから、夏に旅行した長野県南部を紹介します。
今日は古い宿場町の奈良井宿を紹介します。

 

Abut this trip
We went round each place by our car.
The period is from August 19 to 22, 2016.
I can’t introduce the sightseeing of the 20th due to a drizzle.
But it was fine weather every day except for the day.

 
今回の旅行
車で各地を巡りました。
期間は2016年8月19日から22日までです。
20日の観光は霧雨で紹介出来ませんが、他は快晴に恵まれました。

 

2訪問地2
< 2. visited places >
< 2.今回の訪問地 >
Upper side of the photo is the north side.

 

No. 1: Narai-juke.
We walked around the old post town.

 

No. 2: Komagane highland.
We played with our grandchildren in the riverbank.

 

No. 3: Achi village
We visited the Peace Memorial Hall for Volunteer Pioneer of Manchuria and Mongolia, and the inner shrine of Achi-jinja Shrine.
We stayed at Hirugami Onsen, a hot spring resort and went to the morning market.

 

No. 4: “Heavens Sonohara” , a plateau.
We had gazed at the star-sprinkled sky while sitting on the plateau at the night.

 

No. 5: Jibusaka Kougen, a plateau.
We enjoyed a view from the peak called a horseback.

 

上側が北です。

 

番号1: 奈良井宿。
宿場町を散策した。

 

番号2: 駒ヶ根高原。
河原で孫と遊びました。

 

番号3: 阿智村。
満蒙開拓平和祈念館、阿智神社奥宮を訪問した。
昼神温泉に宿泊し、朝市に行きました。

 

番号4: ヘブンスそのはら。
夜の高原で満点の星空を観察しました。

 

番号5: 治部坂高原。
峰(馬の背)から眺望を楽しみました。

 

3map

< 3. Maps of Narai-juke >
< 3.奈良井宿の地図 >

 

Upper photo: the five land traffic routes in the Edo period.
Nakasen-do Road is indicated in a brown line connecting between two red points, and connected Edo and Kyoto.

 

Central photo: upper side of the photo is the north side.
A elongated town is Narai-juke, and if you go to the right-hand road, you can arrive at Edo.

 

Lower photo: the expansion of Narai-juke.
We parked our car in a parking area B and crossed a big bridge.
we started to take a walk from the east end S, and turned back at the west end E.

 
上の写真: 江戸時代の五街道。
中山道は茶色線で、赤丸の京都と江戸を結んだ。

 

 

中央の写真: 写真上が北。
中央の街並みが奈良井宿で、右に行けば江戸に至る。

 

 

下の写真: 奈良井宿の拡大。
駐車場Bに車を止めて、大きな橋を渡った。
東端のSから散策を始め、西端のEで折り返した。

 

 

Narai-juke
Narai-juke was one of the post towns on the Nakasen-do Road, and was flourished by travelers who prepared crossing the “Torii Pass” which was hardest pass on the Kiso.
In addition, Narai-juke is at the highest altitudes in the Nakasen-do Road, and the town having approximately 1km long is the longest post town in Japan.
Narai-juke was established as a relay station in 1601, and there were 8 various accommodations for samurai and average people.
Narai-juke was famous for the wood industry such as lacquerware and hair comb, and these were popular as a souvenir of travelers.

 

Nakasen-do Road connected between Edo and Kyoto, and passed through mountain area unlike Tokai-do Road passing along sea shore.
In despite of flat road, Tokai-do Road had defects such as getting stuck at swollen rivers, and strict controls.
Thus, 67 post towns and Narai-juke on Nakasen-do Road prospered in the Edo period.

 
奈良井宿
ここは中山道の宿場町で、木曾の難所、鳥居峠を南に控え、多くの旅人が泊まった。
また中山道の中で最も標高が高く、約1kmの街並みは日本最長の宿場町です。
1601年に宿駅に指定され,江戸時代後期には本陣1軒・脇本陣2軒・旅籠5軒があった。
江戸時代から曲げ物、櫛、漆器などの木工業が盛んで、旅の土産物として人気があった。

 

中山道は京都と江戸を結び、海岸沿いの東海道に比べ山間部を通った。
平坦な東海道であったが、増水した川での足止め、厳しい取り締まりなどの欠点があった。
こうして中山道の67箇所の宿場、そして奈良井宿は江戸時代に栄えた。

 

4

< 4. parking area B >
< 4.駐車場Bにて >

 

Upper photo: Kiso-Ohashi bridge.
this is a largest class in wooden bridges which don’t have a supporting beam.

 

Central photo: I saw the east side from the top of the bridge.
Going this direction, the road goes through Shiojiri and reaches Edo.

 

Lower photo: I saw the west side from the top of the bridge.
There is Torii Pass in this side and the road reaches Kyoto.

 
上の写真: 木曽の大橋。
橋脚を持たない木製の橋としては大きい。

 

中央の写真: 橋の上から東側を望む。
塩尻を抜け江戸に至る。

 

下の写真: 橋の上から西側を望む。
こちら側に鳥居峠があり、京都に至る。

 

5
< 5. finally enters the post town >
< 5.いよいよ宿場に入る >

 

Upper photo: the east end S.
Lower photo: the street.
There is a water fountain at the near left side.
These were 6 water fountains for travelers passing through Narai-juke.

 
上の写真: 東端の地点S.
下の写真: 街並み。
左側の手前に水場がある。
ここには6か所の水場があり、当時の旅人の喉を潤した。

 

6

< 6. appearance of the street, 1 >
< 6. 街並み 1 >

 

7
< 7. appearance of the street, 2 >
< 7. 街並み 2 >

 

8

< 8. inside view of 3 houses >
< 8. 建物の中を覗く >

 

Upper photo: a shop of folk art object.
Central photo: a shop of lacquerware.
Lower photo: a Japanese inn.
There are some inns, ryokan and minshuku opening now.

 

上の写真: 民芸品の店。
中央の写真: 漆器の店。
下の写真: 旅館。
現在も営業している旅館や民宿があります。

 

9

< 9. I reach the west end soon >
< 9. そろそろ端に来ました >
Upper photo: a temple.
Central photo: a Shinto shrine was seen at the back of the street.
Here is the west end E.

 

Lower photo: Kosatsu site(street bulletin board).
This is the site that Shogunate and feudal lords wrote a law and rules to the board and put up it here.

 
上の写真: 浄龍寺。
中央の写真: 通りの向こうに神社が見えて来た。
ここが西の端、地点Eです。

 

下の写真: 高札場。
ここは幕府や領主が法律や掟を板に書いて掲げた場所です。

 

10

< 10. at the west end of the post town >
< 10. 宿場の西端 >

 

Upper photo: I see the Shinto shrine from the street.
Lower photo: I see the street from the Shinto shrine.
There is a water fountain and Kosatsu site at the near left side.

 

This continues the next time.

 
上の写真: 通りから鎮神社(しずめ)を見る。

 

下の写真: 鎮神社から通りを見る。
左側の手前に高札場と水場が見える。

 
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: visited a southern part of the Shinshu region, travel+photo | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 29: about terrorism 9 : Two combatants


中東、戦争と平和 29: テロについて 9: 二人の戦闘員

 

1

< 1. Kamikaze Special Attack Units >
< 1. 神風特別攻撃隊 >

 

Today, we approach the difference from the terrorism of the Middle East, through confessions of two combatants.

今日は、二人の戦闘員の告白を通じて、中東のテロとの差異に迫ります。

 

 

2

< 2. Kaiten Special Attack Units >
< 2. 回天特別攻撃隊 >

 

Farewell note of a suicide attacker
“Mother, please forgive me .
I think about the sadness of my family.
However, it must be an importance for me, but I can’t think seriously so.
Now, I am thinking of me as a child of this country more than as a child of mother, because I know that my small life even become a big key of the enemy destruction.
But surely I think to be able to die with having pride that I am a child of father and mother.
(annotation 1)

This is a farewell note of a dead youth at Kaiten Special Attack Units in the end stage of the Pacific War.
They had to enter the navy while he was still in college.
One day, they were said from a senior officer suddenly.
“The person who wants to enter the special attack units should apply by tomorrow morning”
In the result, 40 out of 400 people applied for it, and he was one of then.
Though, after all, the remaining youths also were assigned to the special attack units.
(annotation 2)

This note indicates this young man’s thought, “ As much as possible, I want to stop the crisis of our country destroyed by own life.”
I see a dignity (self-sacrifice) common to all humankind to the youth who applied for it.
This suicide attack was a brave act from Japanese side, but the U.S.A. (enemy country) viewed it as an insane action and seemed to be afraid of it.

This was a desperate measure that the Navy brass created on the occasion of an approaching defeat.
But there were many youths who responded it by own life.
This background had a factor of Japanese culture including Bushido, but the most important was the war situation being continuous for half a century such as creating many war heroes.

This is a thing to be connected with a Palestinian suicide bomber mentioned above, except at “killing private citizens” and ” blessing”.

 

 

ある自爆攻撃者の遺書

「母さんお許しください。
私は家の人々の嘆きを考える。
けれどもこれほど私に重大に思えるくせに、何でもないことはないのだ。
お母さんの子がひとたび戦争に出て、そしてそこに敵撃滅の大きな鍵を私の小さな命であがなえることを知った時、やっぱり、私だってお母さんの子としてよりも、祖国の子としての自分を顧みるようになるのです。
でも私は、きっと私がお父さんの子であり、お母さんの子供だったことを叫んで死んでゆけることと思います。」注釈1.

これは太平洋戦争末期、人間魚雷「回天」で死んだ若者の遺書です。
彼は大学在学中に学徒出陣で海軍に入ることになった。
彼らはある日、突然、上官から「特別攻撃隊に入隊したい者は明日朝までに志願すること」と言われた。
その結果、400人中40名が志願し、彼はその一人でした。
もっとも残りの若者も後日、強制的に特攻に配属された。
注釈2.

この遺書から若者の「亡国の危機を自らの命で少しでも食い止めたい」との思いが伝わってくる。
私は、志願した若者に人類共通の尊厳、自己犠牲を見る。

この自爆攻撃は日本から見れば勇敢な行為だが、米国(敵国)から見れば狂気の沙汰と恐れられただろう。
これは軍上層部が迫る敗戦で生み出した苦肉の策でしたが、自らの命でそれに応える若者が多くいたのです。
これには日本文化(武士道など)の素因もあるが、数々の軍神を生んだようにやはり半世紀にわたる戦争の常態化が引き起こしたと言える。

これは前述したパレスチナの自爆テロ犯の遺書と「民間人殺害」、「神への祈り」で異なるものの、通じるものがある。

 

3 首都グロスヌイ、2000年
<3. Terrible sight of the capital of Chechnya in 2000>
< 3. チェチェンの首都の惨状、2000年 >

 

Explanation of a bomb terrorist
Chechen Islamic militant caused a bomb terror in Russia, and the criminal was arrested.
He spoke like this to the authorities.
“I murdered tens of people, but, the Russia killed tens of thousands people of our citizens.”

He thinks his act is nothing more than insufficient retaliation.

 
ある爆破テロ犯の弁明
チェチェンのイスラム武装勢力がロシアで爆破テロを起こし、犯人が逮捕された。
彼は当局に対してこう述べた。

「私は数十人を殺したが、ロシアは我々市民を数万人殺したではないか。」

彼は、自分の行為を不十分な報復でしかないと捉えている。

 
Difference from the terrorism of Palestine
Thing being common to two examples mentioned above and the terrorism of Palestine is a response a small armaments does against huge armaments.

I pick up this example from the world.
Guerrilla is subtly different from the terrorism, but these are used in the similar situation.

パレスチナのテロとの相違
上記二つの例とパレスチナのテロで共通していることは、巨大な軍事力に対する弱小側の対応だと言うことです。

この例を世界から拾ってみます。
テロとゲリラは微妙に違うのですが、共によく似た状況で用いられています。

 

 

4
< 4. Spanish independence war by Goya >
< 4. ゴヤが描いたスペイン独立戦争 >

 

Guerrilla in wartime.
The Spanish guerrilla against Napoleon forces in Spanish independence war.
The Chinese guerrilla against Japanese military in the Japan-China War.
The Yugoslav Partisan against German military in the World War II.
The guerrilla of Viet Cong against the U. S. Armed Forces in the Vietnam War.
These were mainly fights local citizen performed against the invading army.

Terrorism during a conflict
The terrorism having aimed at abolition of Apartheid in South Africa.
The terrorism by the IRA having aimed at independence of Ireland in the U.K.
The terrorism aiming at independence of Palestine in Israel.
The terrorism by Islamic extremist advocating anti-western idea all over the world.
It is said that these aim at giving the authority fear mainly.

A difference of killing combatants is outstanding between these terrorism and these guerrillas, but it is only difference in situation.

In fact, there are many private citizens massacred by regular army in the war, such as Dresden bombing, Chongqing bombing, atom bomb on Hiroshima and Nagasaki, retaliation to guerrilla (Nanjing Incident and My Lai Massacre).

 
戦時下のゲリラ。
スペイン独立戦争でのナポレオン軍に対するスペインのゲリラ。
日中戦争での、日本軍に対する中国のゲリラ。
第二次世界大戦での独軍に対するユーゴスラビアのパルチザン。
ベトナム戦争での米軍に対するベトコンのゲリラ。
これらは主に現地の市民が侵略軍に対して行ったものです。

 

5

<5. Former IRA>
< 5. かつてのIRA >

 

紛争中のテロ。
南アフリカでのアパルトヘイト撤廃を目指したテロ。
英国でのアイルランド独立を目指したIRAのテロ。
イスラエルでのパレスチナ独立を目指すテロ。
世界中で反欧米を唱えるイスラム過激派によるテロ。
これらは主に権力側に恐怖を与えることを狙っていると言えます。

これらゲリラとテロでは戦闘員殺害の差が目立つが、状況の違いでしかない。
実は、戦争において正規軍が民間人を殺戮することは、ドレスデン爆撃、重慶爆撃、広島長崎の原爆投下、ゲリラへの報復(南京事件、ソンミ村事件)など数多くの大量殺戮があった。

 

Important thing
Terrorism is a crime that we should hate.

However, there were lots of villainy before then, such as discrimination, destruction and slaughter.
Originally, it should be brought to justice as war crimes together.
Unfortunately it is difficult to punish rulers, and it is usual that the information is deflected by these rulers.

The important thing is we don’t look away from the background that the terrorism occurs on.

Mutual understanding was indispensable for the end of bloody conflict that happened in the world.
When there was not it, there only was submission or erasure.

On the next time, I approach a relation of religion and terrorism.

 

 
重要なこと
テロは憎むべき犯罪です。
しかし、多くはそれまでに数多くの非道(差別、破壊、虐殺)があったのです。
本来は共に戦争犯罪として裁かれるべきものです。
残念なことに支配者を罰することは困難で、さらにその情報は支配者によって偏向させられるのが常です。

重要な事は、私達がテロが生まれる背景から目をそらさないことです。

世界で起きた血みどろの紛争の終結には、必ず相互理解が不可欠でした。
それが無い時は、忍従か抹殺しかありませんでした。

 
次回は、テロと宗教の関係を追います。

 

 
注釈1
本「特攻隊だった僕がいま若者に伝えたいこと」p40より。

注釈2
日本の特別攻撃の航空(神風)・海中(回天)・海上を合わせて約6000名が死んだ。
冥福をお祈りします。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, mind, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , , | Leave a comment

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 29: ローマ3、終わり


 

1

< 1.コンスタンティヌスの凱旋門、4世紀  >

 

 

今日は,この旅行記の最後になります。

ローマを紹介して、この旅行を簡単に振り返ります。

 

 

 

 

2

< 2.サンタンジェロ城、2世紀 >

 

 

 

 

 

 

3

< 3.テヴェレ川沿い >

上の写真: テヴェレ川の向かいにアヴェンティーノの丘が見える。

ここはローマの発祥の地となった七丘の一つで、5世紀に遡る教会がある。

 

中央の写真: このテヴェレ川の右岸がアヴェンティーノの丘。

下の写真: 「真実の口」の彫刻があるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会。

 

 

 

 

4

< 4. パラティーノの丘 >

上の写真: 手前の広場は紀元前の戦車競技場跡、チルコ・マッシモ。

その後ろはパラティーノの丘で、最も歴史が古く、ローマ建国神話に繋がる紀元前8世紀に遡る。

この丘の奥に古代ローマの遺跡で有名なフォロ・ロマーノがある。

 

下2枚の写真: 上記の拡大。

 

5

< 5.コロッセオ >

 

 

あまりにも有名な円形競技場コロッセオです。

左にコンスタンティヌスの凱旋門がある。

 

 

 

 

 

6

< 6. コロッセオとフォロ・ロマーノ >

 

コロッセオの向こうにフォロ・ロマーノが見える。

 

 

 

 

7

< 7. チビタベッキアに向けて 1 >

 

いよいよ帰国の途に着きます。

チビタベッキア港からジェノバに戻り、ミラノから空路で帰国です。

 

 

 

8

< 8.チビタベッキアに向けて 2 >

 

この日は折しも曇天で、旅行の終わりがよりわびしくなりました。

 

 

ローマに思う

イタリアは私にとって古代ローマから中世に至るヨーロッパ史を知るには重要な所と考えていました。

しかし、今回ミラノ、ジェノバ、ローマを観光して、その思いは萎えてしまいました。

特に、ローマの中心部の街並みを見るにつけ、すべてが古いままのたたずまいであることに不安を感じた。

 

これでは観光地としては良いが、発展への妨げになるのではないかと思えた。

 

 

私は人類の未来を知る為に、以前は先史から古代史を理解することが大事だと考えたが、今は直接的に中世以降の世界の紛争や戦争に関心があります。

その意味で、私にはローマが遠い存在になってしまったようです。

 

 

 

 

 

9

*9

 

この旅行を終えて

 

この15日間の旅行、内12日間のクルーズは、私達夫婦にとって貴重な経験でした。

出発前、初めてのことで色々不安はあったが添乗員のおかげで無事、かつ充分な満足感を持って終えることが出来た。

 

数々の思いでが蘇ります。

イタリア3都市、スペイン2都市、モロッコ1都市、大西洋の2島を観光した。

冬の地中海と大西洋を経験し、大航海時代の始まりを告げる2島を見た。

この島では、大自然を感じることが出来た。

アフリカのイスラム圏であるカサブランカを体験した。

二度目のスペインで、ガウデイとピカソに触れることが出来た。

クルーズ船内の生活をエンジョイし、クルーズならでは街歩きを楽しんだ。

様々な遺跡、景色、洋上の朝日夕日を写真に撮った。

そして、海外の人々と船内や町歩きで触れ合うことが出来た。

 

すべて貴重で楽しい思い出になりました。

 

 

 

 

 

 

10

*10

 

 

長らくこの旅行記にお付き合い頂きありがとうございました。

 

10月には、ロシア、バルト三国、ポーランドを巡る旅に行きますので、報告することを楽しみしています。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , , , , , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 28: about terrorism 8 : terrorists and a conscientious objector


中東、戦争と平和 28: テロについて 8: テロ犯と兵役拒否者

 

1

< 1. a suicide bombing in Israel >
< 1.イスラエルでの自爆テロ >

 

We get to the heart of 3 youths feeling desperate in Palestine and Israel.

今日は、パレスチナとイスラエルの3人の若者の必死の思いに迫ります。

 
Farewell note of a suicide bomber
A youth performed a suicide bombing in a route bus of Jerusalem and had written this note three days ago.


…….
I feel blessed in becoming a member of Hamas being a tolerant organization. (annotation 1)
……
First I am murdered in a bomb, and I feel blessed to be able to murder our enemy at the same time.
This is not because I want to murder but because I wish Palestinian live a life in common with other race.
…….
My father and mother, and all the relatives, I was not forced to go ahead this way.
…….
I pray to God for leading my family to heaven through me on the day of judgment.
…….
Please don’t feel sorrow at my departure, and don’t cry.
If God chooses it, we may meet soon in heaven. ”
(annotation 2)

He learned Islam in a graduate school and additionally aimed at lawyer.
However, he expected the Liberation of Palestine, and murdered 20 private citizens by this incident.

Why did he perform this cruel suicide bombing?

 
ある自爆犯の遺書
この遺書はエルサレムの路線バスで自爆テロを行った若者がその3日前に書いたものです。

「・・・・
ハマス(注釈1)という寛大な組織の一員にして下さり、・・・幸せに思います。
・・・・
まず私が爆弾に殺され、同時に敵を殺せることを幸せに思います。
私は殺人がしたいからではなく、パレスチナ人が他の民族と同じように生きることを望んでいるからです。
・・・
お母さま、お父さま、親戚のみなさん、私はこの道を進むことを強制されたわけではありません。
・・・
最後の審判の日、神が私を通じて家族を天国に導くことを、神に祈ります。
・・・
私の旅立ちを、悲しみ、泣かないで下さい。
神が望まれるならば、私達は近いうちに天国で会えるでしょう。」
(注釈2)

彼は大学院でイスラムを学び、さらに法律家を目指していた。
しかし、彼はパレスチナ解放を望み、この事件で民間人20人を殺した。

なぜ彼は残酷な自爆テロを行ったのだろうか?

 

 

2

< 2. Lebanese refugee camp in where battle continues. in July 2007 >
< 2. 戦闘が続くレバノンの難民キャンプ、2007年7月 >

 

Family of a terrorist
A Japanese photojournalist was making a book of photographs of a Palestinian girl.
He visited her family after four years.
Her house in a camp was destroyed by bombardment, and this family lived at a relative’s house in Beirut.


Her mother protested against right wing militiamen who had ruled the camp, so she was hit with a gun, and underwent major surgery.
Her father received a cannonball of Israeli military and was operated on.
Her eldest brother had worked in a factory in the camp but he was arrested by Israeli military.
He was tortured and ousted, then he went to Africa, and has suffered heavy disease.
Her second brother died during a battle in the camp.
The husband of her eldest sister was hit by bomb fragments of Israeli military, and he has suffered total paralysis.
Her uncle received a bullet of radicals to eyes, but narrowly escaped death.
Her younger brother was killed in bombardment. “
(annotation 3)

There was not her older sister (18 years old) here.
A small group of guerrillas that she led entered Israel, and she was caught by Israel after a battle.
She received torture in a prison, but seems to still live.

Many people may think so.
“I can understand her sorrow and hatred, but why does she fight?
Because, there is surely the retaliation of Israel that is much more severe and indiscriminate.”
Maybe these youths merely be hell-bent on revenge?

These two terrorists of Palestine would maybe think as mentioned below.
” At a crisis of destroying our country, we don’t care our own life.”

 

あるテロ犯の家族
日本のフォトジャーナリストがパレスチナの少女の写真集を作っていた。
彼は4年ぶりに彼女の家族を訪れた。
この家族は、キャンプの住まいを砲撃で破壊され、ベイルートの親戚の家に居候していた。
「母親はキャンプを支配した右派民兵に抗議して、銃で殴られ大手術をした。
父親はイスラエル軍の砲弾を受け手術した。
長男はキャンプの工場で働いていたが、イスラエル軍に逮捕され、拷問され、追放されてアフリカに渡り重い病気になった。
次男はキャンプでの交戦中に死亡した。
長女の夫は、イスラエル軍の爆弾の破片が当たり全身不随になった。
叔父は過激派の銃弾を目に受けたが、命を取り留めた。
弟は爆撃で死んだ。」
(注釈3)

そこに彼女の姉(18歳)の姿はなかった。
この姉が率いるゲリラの小グループがイスラエルに進軍し、交戦の末、彼女は捕まった。
彼女は収容所で拷問を受けたが、まだ生存しているらしい。
この収容所は、国際赤十字もアムネスティも立ち入ることが出来ない。

多くの人は思うだろう。
「彼女の悲しみと憎しみは理解出来るが、なぜ戦うのか?
イスラエルのはるかに過酷で無差別な報復が返って来るのに。」
この若者達は単に復讐の鬼と化したのだろうか?

このパレスチナの二人のテロ犯の胸中にあるのは「亡国の危機にあっては、自分の命を厭わない」ではないだろうか?

 

 

3
< 3. Israeli high school students refused to do military service in 2014 >
< 3.イスラエルの高校生が兵役拒否で投獄、2014年 >

 

a statement of a conscientious objector

“……
Our Israeli nation has extended a pure Jewish residential area by force since the founding of the country.
But I cannot understand how a security of the area becomes supported strongly.
I cannot understand how it is useful for our society to do attack being more cruel and large-scale than Palestinian terrorism, for suppressing the resistance of Palestine.
…..
The majority of Israeli people want to change such a situation.
…….
The Israeli military men and capitalists perform every thing to maintain their authority.
………
Our true enemies are these people.
Jew and Arab should confront them together.”
(annotation 4)

This is a statement that third-year high school students in Israel sent to the prime minister when they refused to do military service.
This youth seems to have understood a sentiment of the above-mentioned terrorist.

 
ある兵役拒否者の声明文

「・・・・
イスラエル国家が建国以来、力づくで造ることに固執している純粋なユダヤ人居住地域が、どのように我々の安全を強化するのか私は理解出来ません。
パレスチナのテロによる抵抗を抑圧するために、テロよりもさらに残酷で大規模な攻撃がどのようにして私の社会のためになるのか、私は理解出来ない。
・・・・
大多数のイスラエル国民が、このような事態を変えたいと望んでいます。
・・・
イスラエル軍人と資本家は権力を維持するためにあらゆることを行います。
・・・・
これらの人々が真の敵であり、・・・。彼らにこそ、アラブ人とユダヤ人は共に立ち向かうべきです。
・・・」
(注釈4)

これはイスラエルの高校3年生達が兵役拒否運動を行い、首相宛に出した声明文です。
この若者には前述のテロ犯の思いが通じているようです。

 

4
< 4. A boy throws a stone at an Israeli tank >
< 4.イスラエルの戦車に投石する少年 >

 

Afterword
From the times of the Ottoman Empire to the beginning of the 20th century, Christian, Jew, and Muslim had coexisted peacefully in same town Jerusalem of Palestine.
But this area was transformed into a horrific battlefield due to a large influx of Jewish settlers.

During the initial stage, the Palestinian side did not almost act terrorism to aim at unrelated private citizens and foreigners.
In addition, it was said that the suicide bombing acts counter to Islam, but it gradually came to be allowable for jihad driving out the invader.

After all, as war escalates, growing inequality of military power differentiated how to fight between both groups.
This continues the next time.

 
あとがき
オスマン帝国の時代から20世紀の始めまで、パレスチナではキリスト教徒、ユダヤ教徒、ムスリマは同じ町エルサレムで平和に共存していた。
それが修羅場と化したのは、ユダヤ人の大量入植後のことです。

初期には、パレスチナ側は無関係な民間人や外国人を狙うテロをほぼ行わなかった。
また自爆テロはイスラム教に反するとされていたが、徐々に侵略者を追い出す聖戦の為なら可とされるようになった。

結局、戦争がエスカレートするにつれ、軍事力の差が両集団の戦いの違いになった。

次回に続きます。

 

注釈1
「ハマス」(HAMAS)は,1987年12月,パレスチナ・ガザ地区で発生したインティファーダを契機に反イスラエル運動がパレスチナ全域に拡大した際,同地区の「ムスリム同胞団」の最高指導者シャイク・アフマド・ヤシン(2004年にイスラエルによる掃討で死亡)が,武装闘争によるイスラム国家樹立を目的として設立したスンニ派武装組織。

注釈2
引用要約、「正直な気持ちを話そう」p141より。

注釈3
引用要約、「パレスチナ」p96より。

注釈4
引用要約、「正直な気持ちを話そう」p95より。

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 28: ローマ 2


 1

< 1. トレビの泉 >

 

今日はローマの2回目で、トレビの泉とバチカンを紹介します。

 

 

2

< 2. 多くの彫刻 >

 

一番上左の写真: トリトーネの噴水。ベルニーニ作、17世紀。

一番上右の写真: 十字路の建物の角にあった彫刻。

下から2枚の写真: テーヴェレ河にかかるポンテ ・ ヴィットーリオ ・ エマヌエーレ 2世橋、1886年。

 

 

 

3

< 3. 様々な建物 >

一番上の写真: ヴェネツィア広場のヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂、1911年。

上から2番目の写真: テーヴェレ河に建つサン・ジョヴァンニ・バッティスタ・デイ・フィオレンティーニ教会。16世紀。

一番下の左: トラヤヌス市場の傍にある戦士の塔。初期建築は12世紀。

 

 

 

4

< 4. トレビの泉 >

 

古代ローマ時代の泉を改造して1762年完成。

中央に水を司るポセイドーンが立ち、左に豊饒の女神デーメーテール、右に健康の女神ヒュギエイアが配置されている。

 

多くの人だかりで、好位置で写真を撮るのは困難でした。

 

 

 

 

 

5

< 5. バチカン市国 >

上2枚の写真: カトリックの総本山サンピエトロ大聖堂。

下の写真: サンピエトロ大聖堂からサンピエトロ広場を見る。

 

 

 

 

 

6

< 6. いよいよ入場 >

上の写真: サンピエトロ広場のオベリスク。

下の写真: サンピエトロ大聖堂の正面から入場。

 

 

 

 

 

7

< 7. サンピエトロ大聖堂内1 >

 

 

 

8

< 8. 大聖堂内の美術品 >

上の写真: ミケランジェロのピエタ。1499年、高さ174cm、大理石。

下の写真: ラファエロの「キリストの変容」。1520年。

 

 

9

< 9. 大聖堂内部2 >

 

 

10

< 10. 大聖堂内部3 >

 

2本のビデオ映像、大聖堂内20秒、広場17秒です。

https://www.youtube.com/watch?v=UKeoEQzBKac

 

https://www.youtube.com/watch?v=lJlURVcxEuY

 

 

サン・ピエトロ大聖堂  

使徒ペテロの墓所上に建てられたギリシア十字プランを基本とし中央に壮大なドーム(直径42m)を架した盛期ルネサンス建築。

 

旧聖堂はローマ皇帝コンスタンティヌス1世によって324年に創建された。

1452年教皇ニコラウス5世が改修に着手し,その没後工事は中断したが,教皇ユリウス2世が16世紀初めに工事を再開した。

その後、私達が良く知る芸術家が関わった。

ラファエロが1515年―1520年、ミケランジェロが1547年―1564年(大ドームを設計)、等と監督を務め,イタリア・ルネサンス最大の建築事業となり、1626年に完成した。

 

聖堂の前のサン・ピエトロ広場を囲む半円形の円柱回廊は1657年―1667年にベルニーニが建造。

 

 

ただただ巨大さ、壮麗さ、著名な作家による美術品の多さ、それと観光客の多さに圧倒されました。

 

 

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 27: about terrorism 7 : Love and hate of Mossad


中東に平和を! 27: テロについて 7: モサドの恩讐

 

1

< 1. The bombing incident of a Hotel >
< 1. ホテル爆破事件 >

Why does the Israeli Mossad perform severe terrorism?
We can understand the weight of history and the sadness of the Middle East from the background.

イスラエルのモサドはなぜ苛烈なテロを行うのでしょうか?
その背景から、歴史の重みと中東の悲しみが伝わって来ます。

 

Two hawkish persons
The severe terrorism by Israel has two backgrounds, and it is divided between before and after the founding of Israel in 1948.

For example, a career of Dagan ( the director of Mossad) that I introduced the last time shows it.

He was born in Ukraine in 1945, but his families were almost killed by genocide of Jews ( pogrom and Holocaust) that swept across Soviet Union and Eastern Europe in those days.
He came over to Israel at last in 1950.

However, Middle East war that had already begun, so this area became a place of the battle with Palestine.
He as a soldier achieved distinction on anti-terrorism operation in Gaza Strip and Lebanon, and he as a guerrilla soldier was feared as “an emperor in the world of darkness”.

In this way, he was indispensable for Israel.

 

二人のタカ派
イスラエルの苛烈なテロには二つの背景があり、それは1948年のイスラエル建国以前と、それ以降に分かれます。

例えば、前回紹介したモサド長官ダガンの経歴にそれは現れています。

彼は、1945年にウクライナで生まれたが、彼の一族は当時、ソ連と東欧で吹き荒れていたユダヤ人虐殺でほとんど殺害された(ポグロムとホロコースト)。
彼はやっとの思いで1950年、イスラエルにやって来た。

しかし、既に始まっていた中東戦争により、そこはパレスチナとの攻防の地になっていた。
彼は軍人として、ガザ地区やレバノンにおいて対テロ作戦で功績を挙げ、ゲリラ戦士として「闇世界の帝王」として恐れられるようになった。

こうして彼はイスラエルに不可欠な人物になった。

 

2

< 2. Former prime minister of Israel Begin >
< 2. ベギン元首相 >

The Begin of a hawkish person (holding office 1977-1983) has a similar shadow.

He was born in Belarus ( at that time, a Poland territory) in 1913, but the family was murdered by Nazi.
He participated in Israeli terror organization Irgun in 1942 and became a leader afterwards.

This organization bombed a military headquarters (Jerusalem) of the U.K. that got the evidence of military struggle of Jewish Agency (annotation 1), and caused a catastrophe (annotation 2) in which 91 people were killed .
Because of this, the U.K. came to be cautious about the mediation for Palestine and left this area.

In 1977, he rallied small opposition parties and formed Likud Party, became the first prime minister of the right wing, and adopted a hard-line policy (territory expansion and respecting of Judaism) that formed subsequent Israel.
It shifted away from the reconciliation and coexistence with Palestine that Labor Party of previous ruling party advocated.

After the Fourth Middle East war, in 1979, he concluded a peace treaty with Egypt by a mediation of the U.S., and won Nobel Peace Prize

He showed his real ability as hawkish position afterwards.
In 1981, the Israeli air force bombed Iraqi nuclear sites suddenly, and he made a statement, “I never permit weapons of mass destruction development”.
The United Nations Security Council criticized it with one accord, but the Israeli people strongly supported it.

In the next year, the Israeli military invaded and attacked in Lebanon, and Lebanese Civil War intensified.
The Palestinian refugee slaughter (annotation 3) occurred by Lebanese militia that the Israeli military supported, and several thousand people were slaughtered in two days.
In the next year, he was criticized by people on the invasion and slaughter, and resigned.

 

 

タカ派のベギン元首相(在任1977-1983)にも同様の影があります。

彼は1913年にベラルーシ(当時ポーランド領)に生まれたが、家族はナチスに殺された。
1942年にイスラエルのテロ組織イルグンに参加し、その後リーダーとなった。

この組織はユダヤ機関(注釈1)の武力闘争の証拠を握ったイギリス軍司令部(エルサレム)を爆破し、死者91名の大惨事(注釈2)を引き起こした。
これにより、イギリスはパレスチナとの仲介に及び腰になり、この地から去ることになった。

1977年、彼は少数野党を糾合しリクード党を結成し、右派で初めての首相となり、その後のイスラエルの強硬路線(領土拡大、ユダヤ教尊重)を敷いた。
それまでの与党労働党が唱えるパレスチナとの融和・共存からの方向転換であった。

第4次中東戦争後の1979年、彼は米国の仲介でエジプトと平和条約を締結し、ノーベル平和賞を受賞した。

その後、彼はタカ派の本領を発揮して行く。
1981年、イスラエル空軍は突然イラクの核施設を爆撃し、彼は「大量破壊兵器開発を許さない」との声明を出した。
国連安保理はこれを満場一致で非難したが、イスラエル国民はこれを大いに支持した。

次の年、イスラエル軍がレバノンに侵攻し、レバノン内戦は激化した。
この時、イスラル軍が加担したレバノン民兵によるパレスチナ難民虐殺(注釈3)が起き、2日間で数千人が虐殺された。
翌年、彼はこの侵攻と虐殺で国民の批判さらされ辞任した。

 

3
< 3. Palestinian refugee slaughter (annotation 3) >
< 3. パレスチナ難民虐殺事件(注釈3)>

 

What happened in the Middle East?
In early phase of the founding of Israel, the people supported an reconciliation with Palestine (the Labor Party), but became supporting the hawkish position (the Likud Party) before long.
It was associated with a tragedy which happened in the Middle East.

As an example, I introduce a rescue operation of the Mossad.
In a night of 1971, an Israeli naval missile boat went on sea of Syria through the Mediterranean Sea raged by bad weather, and anchored off a shore.
Three Mossad agents transferred from the missile boat to a rubber boat, then swam till the beach, changed clothes, and left for Damascus.

They put some Jewish young women and boys in a light truck attaching a canvas top, and left for same beach taking advantage of darkness of the night.
When they arrived it, sent a signal by a flashlight, then a rubber boat came to pick them up, and everybody was able to flee into Israel safely.

The rescue operation of a Jew from Syria was performed approximately 20 times in 3 years from 1970, and approximately 120 people became the Israeli person.

If the agents were caught locally, a torture and ghastly death waited for them.
It was performed in the strict confidence because it might endanger the family that stayed in Syria if their escape was known.

 
中東で何が起きたのか
イスラル建国の初期、国民はパレスチナとの融和派(労働党)を支持していたが、やがてタカ派(リクード党)を支持するようになっていった。
それは中東で進行していた悲劇と関わっていました。

一例として、モサドによる救出作戦を紹介します。
1971年、イスラエル海軍のミサイル艇が悪天候で荒れ狂う夜の地中海をシリアの海岸に向かい、沖で停泊した。
そして、三人のモサド工作員が、船からゴムボートに乗り移り、次いで泳ぎ、浜辺で服を着替えてダマスカスに向かった。

そこで幌をかけた小型トラックに幾人かのユダヤ人の若い女性と少年を乗せ、夜陰に乗じて海岸と向かった。
そこに着くと、懐中電灯で合図を送り、ゴムボートが迎えに来て、皆イスラエルに無事逃れることが出来た。

このシリアからユダヤ人を救出する作戦は1970年から3年あまりの間に約20回行われ、120名ほどがイスラエルの人となった。

工作員は、現地で捕まれば拷問と凄惨な死が待ち受けていた。
また逃亡したことが知れると、シリアに残った家族に被害が及ぶので極秘裏に行われた。

 

4

< 4.  Former prime minister Meir ordered the rescue operation >
< 4. この救出作戦を命じたメイア首相 >

 

5
< 5. Jewish refuge from the Arab countries >
< 5.アラブ諸国からのユダヤ難民 >

 

What made Israel more extreme?
From the old days, Jew took a role in foreign trade etc. in the Arab world, and had lived a life peacefully.
However, after the founding of Israel, the persecution against a Jew was strengthened in the neighboring Arabic countries, and the Jews who ran away to Israel appeared one after another.

These people (Mizrahim) were treated in a low rank in comparison with people ( Ashkenazim) that emigrated from Europe, and had gotten disgusted with the Israeli government.
The Begin, prime minister of Israel, severely criticized the ruling party on a mistake of the Middle East war, gained the Mizrahim to his side, and could take the political power.

Thus, Hatred and discrimination produce further hatred and discrimination, and the chasm between the both is deepened more and more.

This continues the next time.

 
何がイスラエルをより過激にしたのか
昔から、ユダヤ人はアラブで対外貿易を担うなどして平和に暮らしていた。
しかしイスラエル建国以降、周辺のアラブ諸国ではユダヤ人への迫害が強まり、イスラエルに逃げ出すユダヤ人が続出した。

この人々(ミズラヒム)は、ヨーロッパから移住して来た人々(アシュケナジムなど)に比べ下位に扱われており、イスラエル政府に反発を感じていた。
ベギン元首相は、与党の中東戦争の失策を痛烈に批判し、このミズラヒムを味方に着け、政権を奪うことが出来た。
こうして憎しみと差別が更なる憎しみと差別を生み、亀裂は深くなるばかりです。
次回に続きます。

 

 
注釈1 : 1929年に創設されたエルサレムに本部をもつユダヤ人の国際的機関。パレスチナにユダヤ人の本拠を設けるというシオニストの計画の対外機関として,資金集め,パレスチナへのユダヤ移民の監督,イギリスとの交渉にあたり,国際連盟ではユダヤ人の利害を代弁した。

注釈2 : 1946年、キング・デイヴィッド・ホテル爆破事件。

注釈3 : サブラー・シャティーラ事件。

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 26: about terrorism 6 : maneuver secretly in Mossad


中東に平和を! 26: テロについて 6: モサドの暗躍
1

< 1. Dagan was former Director of the Mossad >
< 1. モサド長官ダガン >

I introduce Israeli Mossad that is famous of the best intelligence service or a terror group of the government.
What does the maneuver secretly to exceed the cloak-and-dagger film bring us?
We look at the subversive activities against the nuclear development of Iran as an example.

最高の諜報機関または政府のテロ集団として名高いイスラエルのモサドを紹介します。
そのスパイ映画を凌ぐ鮮やかさは、何をもたらすのか。
イランの核開発の妨害工作を例に見ます。

 

2

< 2. Iranian president Ahmadinejad and centrifuges >
< 2.アハマディネジャド大統領と遠心分離機 >

Preface
Iran joined the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons of 1970 from the beginning, and aimed at nuclear power generation construction under the cooperation of the U.S.
However, when Iran Islamic Revolution happened in 1976, Europe and America broke cooperating on the atomic plan, and Iran independently continued the nuclear development.
The United Nations with a focus on Europe and America asked Iran to stop it as nuclear weapon development, and performed sanctions.
Above all, Israel decidedly acted to prevent the nuclear development of Iran, and the U.S. tuned to it, too.
In 2015, an agreement was reached between the U.S. and Iran by leadership of the U.S. , and Iran maintained the ability for nuclear development, but reduced nuclear sites.

There is not a conclusive evidence of the nuclear weapon development of Iran, and Iran denies.

On the other hand, Israel has said uncertainly the possession of nuclear weapons strategically, but the world considers it is a nuclear nation and holds more than 100 warheads.
Only Israel does not join the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons in the Middle East and does not accept an inspection of IAEA.
Israel is considered to be a nuclear nation since 1969 by cooperation of France.

 

はじめに
イランは、1970年の核拡散防止条約に発足当初から加盟し、米国の協力の下、原発建設を目指していた。
しかし、1976年にイラン・イスラム革命が起きると、欧米は原子力の協力を反故にし、イランは核開発を独自に継続した。
欧米を中心に国連等はこれを核兵器開発として中止を求め制裁を行った。
中でも、イスラエルはイランの核開発を断固阻止する行動に出て、米国もこれに同調した。
2015年、米国主導でイランとの合意が成り、イランは核開発能力を維持するが核施設を縮小した。

イランの核兵器開発の確証は無く、イランは否定している。

一方、イスラエルは核兵器保有を戦略上あやふやにしているが、世界は核保有国とみなし百発以上を保持するとしている。
中東ではイスラエルだけが核拡散防止条約に加盟せず、IAEAの査察を受け入れていない。
イスラエルの核兵器保有はフランスの協力で1969年からと見られている。

 

3

< 3. fear of Iran’s nuclear development, by Ventura Country Star in 2006 >
< 3.イラン核開発の恐怖、 by Ventura Country Star in 2006 >

 

Mossad produced successful results to prevent the nuclear development of Iran
In 2002, Dagan took up the post of Director of Mossad by being implored.
Israeli Prime Minister Sharon called him ” the man hides a dagger in mouth”.
In 2010 before his retirement, the Egyptian newspaper reported in this way.
”If there is not Dagan, Iran’s nuclear plan would be completed several years ago. There is not person that does not know Dagan in the Iranian national leadership.”

When a man was going to enter his house of south Tehran in 2011, he was shot dead.
He was a physics professor, and seemed to be a head of development of electronic switch of nuclear warhead.
In 2010, two cars that two couples of nuclear scientists and wives separately rode on were running in Tehran, and these cars exploded at the same time.
The head of scientific section in charge of the nuclear plan in Iran died instantly, other three persons got injured, and another scientist became the Vice President after return.
In the same year, a large explosion took place as soon as a professor in Faculty of Engineering opened car door for attendance, and he died.
In 2007, Iranian government announced that a professor of electromagnetism died in an accident at home, but actually he was killed with radioactive poison.
It is said that the two persons were concerned with a nuclear plan together.
This kind of assassination was also carried out in the early 1980s.

The beginning of the subversive activities that Dagan led was February, 2005.
A domestic nuclear site was attacked by missile strike of unidentified plane and exploded.
Furthermore, a facilities of another nuclear power plant and a secret research institute were blown up.
In 2006, a large explosion took place in a underground facility in which many Iranian scientists, engineers and directors of the nuclear plan gathered for test operation of centrifuges.

In 2010, Dagan produced the last great result.
The half of all centrifuges for the uranium enrichment in Iran became unusable.
It was because that the computers of the centrifuges became uncontrollable due to a computer virus invading.

During this time, various subversive activities were carried out.
They captured a uranium ore carrier, sold the centrifuges that break down in using, displaced many people of Iran’s nuclear development by disclosure, corruption, disappearance, exile, or assassination, and caused a crash of nuclear sites, then blasted it.
American CIA and British MI6 supported the Mossad being the practice corps, and the Iran’s antigovernment force joined, too.
Naturally, the top of the U.S. and British would agree it.

 
イランの核開発阻止に成果を挙げたモサド
2002年、モサド長官にダガンが懇請されて就任した。
イスラエルのシャロン首相曰く、彼は「口の中に短剣を隠し持つ男」であった。
彼の退任の前年の2010年、エジプトの新聞は報じた。
「ダガンがいなければ、イランの核開発計画は、数年前に完成していただろう。イランの国家指導部でダガンを知らぬものはいない。」

2011年、南テヘランで自宅に入ろうとした男が射殺された。
彼は物理学教授で、核弾頭の電子スイッチの開発責任者だったとされる。
2010年のある日、2組の核科学者と妻が乗る車が別々にテヘランを走行していたが、同時刻に爆発した。
そのイラン核計画の科学部門責任者は即死し、残り3人は負傷し、内一人の科学者は復帰後に副大統領になった。
同年、工学部教授が出勤の為、車のドアを開けた途端、大爆発が起きて死んだ。
2007年、イラン政府は自宅で電磁気学の教授が事故死したと報道したが、放射性毒物での毒殺だった。
この二人は共に、核計画に関わったとされる。
この手の暗殺は1980年代前半にも行われた。

この一連のダガン主導の妨害工作の始まりは2005年2月であった。
国内の核施設が国籍不明機のミサイル攻撃を受けて爆発し、また別の原子力発電所の関連施設と秘密研究所が爆破された。
2006年、イランの科学者、技術者、核計画の部長らが遠心分離機の試験運転のために集合していた地下施設で、大爆発が起きた。

2010年、ダガンは最後の大成果を挙げた。
イラン国内のウラン濃縮用の遠心分離機の半数が使用不要になった。
これはコンピューターウイルスが遠心分離機のコンピューターに侵入し、制御不能になった為だった。

この間にも様々な妨害工作が行われていた。
ウラン鉱石運搬船の拿捕、故障する遠心分離機の売りつけ、暴露・買収・失踪・亡命・暗殺などによるイラン核開発者の排除、核施設の爆発や故障などです。
実行部隊のモサドを米国のCIAと英国のMI6が支援し、イラン反政府勢力も関わった。
当然、米英のトップは了解してのことでしょう。

 

4a
< 4. Insanity is opposed to each other >
< 4. 対立する狂気 >

 

What do the assassination and subversive activities mean?
Do you praise it as the outstanding job that prevented the possession of the nuclear weapon?
Or, do you consider it as a terrorism by a fanaticism nation or an attack without the declaration of war?

Israel continues to use any relentless non-humanitarian means for own national interest.
The assassination and subversive activities to be carried out backstage have surely scattered hatred and tinderbox in the Middle East, and they hide a true cause to a person outside of the Middle East.
Thus, Palestine and the Arab that became weakened and lacked a leader are driven in at the deep end more and more, and become getting ignored by the world.

In October, 2005, Iranian president Ahmadinejad said “Israel must erase from our map”.
Then, Europe and America and Israel thought it as a collateral evidence of the nuclear weapon development of Iran, but I think it was due to a big anger against the maneuver secretly of the Mossad.
Furthermore, there is a rumor that I S I L (Islamic State of Iraq and the Levant)is a tool of Mossad.
I accept the rumor with consideration for who its opponent is and the presence of founder.

This continues to the next time.
この暗殺と妨害工作は何を意味するのか
あなたは、これを核兵器の保有を阻止したお手柄と称賛しますか。
それとも狂信国家によるテロ、さらには宣戦布告なしの先制攻撃とみなしますか。

イスラエルは国益を守る為には容赦無い非人道的手段を厭わない。
この秘密裡に行われる暗殺と破壊工作は、確実に中東に憎悪と紛争の火種を撒き散らし、さらに中東の部外者に真の原因を見えなくしている。
そして弱体化し指導者を欠くパレスチナ、アラブは益々、窮地に追い込まれ、世界から疎まれて行く。

2005年10月、アハマディネジャド大統領は「イスラエルは地図の上から消し去らねばならない」と発言し、欧米とイスラエルは、これをイランの核兵器開発の傍証としたが、私にはモサドの破壊工作への怒りに思えるのだが。
さらに、イスラム国(ISIL)はモサドの手先だとの噂もあるが、支援者と敵対者から察して納得できる。

次回に続きます。
注釈1
モサドのイランへの妨害工作は、マイケル・バー=ゾウハー「モサド・ファイル」による。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , | Leave a comment

地中海クルーズとカナリヤ諸島クルーズ 26: マラガ 2


1

< 1.ピカソの像 >

 

 

今日は、マラガの後半、ピカソに関連するものを主に紹介します。

 

 

 

2

< 2. カテドラルからメルセー広場に向かう >

 

上の写真: カテドラルの北側。

中央の写真: 賑やかな通り。

下の写真: 通りのベランダ。

 

 

 

 

 

3

< 3. サンティアゴ教会 >

上の写真: 教会の正面。

マラガがキリスト教徒に奪還された3年後の1490年に建設された。

ピカソが洗礼を受けた教会らしい。

入場しなかった。

 

下の写真: 教会の尖塔。

尖塔の側面の模様にはイスラム文化(ムデハル様式)の影響が色濃く残っている。

 

 

 

 

 

 

4

< 4. メルセー広場とピカソの生家 >

上の写真: 通りからメルセー広場が見えた。

中央の写真: メルセー広場。

この広場の奥の方にピカソの像(No.1の写真)と生家がある。

ピカソはこの広場で10才まで遊んだ。

 

下の写真: 正面の建物の左側1階に、生家への入り口がある。

入場しなかった。

 

 

 

5

< 5. ピカソ美術館 >

 

美術館のホームページ。

http://www.museopicassomalaga.org/en/history-mpm

 

上の写真: 16世紀の宮殿を改造した美術館。

塔の左側に入り口がある。

ピカソの親族からの寄贈された200点ほどの作品が収められている。

 

下の写真: 美術館内。

 

 

6

< 6. ピカソの美術館作品 1 >

ピカソの作品を古い方から並べました。

 

No.1: OLGA KHOKHLOVA IN A MANTILLA、1917年作。

No.2: MATHER AND CHILD、1921年作。

No.3: WOMAN WITH RAISED ARMS、1936年作。

 

ピカソについて

ピカソは1881年にマラガで生まれ、11歳にはここを出てスペイン内の二か所の美術学校で学んだ。

21歳で、パリに居を構え制作に専念し、その後もフランスで活動し、1973年に死去した。

 

 

彼はキュビスム(No.3、4のような作品)の創始者の一人ですが、彼の作風はめまぐるしく変化した。

その変化の陰に、数多くの女性がいた。

ピカソはその出会いから多くのインスピレーションを受けたが、悲劇的な結末をむかえた女性もいた。

美術館の解説で、多くの妻や子供のエピソードが絵に込められているのが面白かった。

 

 

 

 

7

< 7. ピカソの美術館作品 2 >

 

No.4: JACQUELINE SEATED、1954年作。

No.5: BATHER PLAYING、1958年作。

No.6: BATHER、1971年作。

 

 

8

< 8.アルカサバ >

 

上の写真: パセオ・デル・パルケ通りから見た。

中央の写真: 西側から見た。

下の写真: 埠頭から見た。

 

この城塞は古代ローマの要塞跡に、11世紀中期にイスラム教徒によって建設された。

残念ながら入場していないが、写真で見る限りグラナダのアルハンブラ宮殿と似た造りです。

 

やはり、この地にはイスラム文化が色濃く残っていたに違いないと思った。

 

 

 

 

9

< 9. 市役所の前で >

 

街歩きを終えて戻っている時、マラガ市役所の前で、報道陣に囲まれた一団がいた。

彼らは、テロ犠牲者の家族だそうです。

 

治安が良いこの地でテロがあったことに驚いた。

 

 

10

 

< 10. マラガとお別れ >

 

これでマラガの紹介は終わります。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Cruise of the Mediterranean Sea and Canary Islands, travel+photo | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 25: about terrorism 5 : Various assassination


中東に平和を! 25: テロについて 5: 様々な暗殺 

1
< 1. This movie describes scene attacking Osama bin Laden >
< 1.ビンラディン襲撃の映画 >

From now on, I introduce opposite terrorism, the assassination of government.
This terrorism conceals horrible unlike assassination of extremists.

これから体制側が行うテロ、暗殺を紹介します。
これには過激派の暗殺と異なる恐ろしさが潜んでいます。

 

2
< 2. Prime Minister Rabin had set out the promotion of their peace >
< 2. 和平推進を目指したラビン首相 >

Various assassination
The assassination of Osama bin Laden in 2011 is the most well known.
American Special Forces made a surprise attack on his residence of Pakistan, and killed him with his family.
Many countries and people felt a sense of relief as soon as knowing that the maniac was crossed out.

In 1995, Israeli Prime Minister Rabin was assassinated in a peace rally of Tel Aviv.
Rabin signed the Oslo accords (1993) accepting an autonomous government of Palestine with PLO and had promoted their peace.
The criminal was an Israeli student and wanted to prevent the peace that would surrender the land of Israel to them as a religious Jew.
As a result, Israel and Palestine mutually took tough measures, and the peace faded away.
In the past, two private citizens of the both countries that were aimed at achieving the peace together were assassinated by Israeli side, too.

When a Hamas’s leader was driving on a way in Gaza city in August, 2003, a helicopter of the Israeli military attacked it by the missile strike and killed him.
Therefore, ” a pause of attacking against Israel ” that Hamas declared two months ago was canceled.
The United States, EU, Russia, and the United Nations together advanced “road map” for the peace plan in this April, and Israel and Palestine accepted the measures that they should carry out respectively.
However, exchanges of violence were triggered by this accident, and it did not advance at all.

In the 2000s, the assassinations of leaders of Hamas and Hezbollah happened almost every year, and the criminal is unknown.
However, it is widely believed to be the offense of Mossad (Institute for Intelligence and Special Operations).
様々な暗殺
良く知られているのはウサーマ・ビン・ラーディンの暗殺(2011年)でしょう。
これは米国の特殊部隊がパキスタンの彼の邸宅を奇襲し家人と共に殺害した。
狂人を抹殺したとして多くの国と人々は安堵感を示した。

1995年、イスラエルのラビン首相がテルアビブの平和集会で暗殺された。
ラビンはパレスチナを自治政府として認めるオスロ合意(1993年)をPLOと調印し、和平を推進していた。
犯人はイスラエル人学生で、信心深いユダヤ人としてイスラエルの土地を明け渡すことになる和平を阻止したかった。
この結果、イスラエルとパレスチナの双方が強硬策に出て和平が遠のくことになった。
過去にも、共に和平を目指していた両国の民間人がイスラエル側によって暗殺されたことがあった。

2003年8月、ハマスの幹部がガザ市内を走行中、イスラエル軍の武装ヘリコプターのミサイル攻撃により殺害された。
これによりハマスが2か月前に宣言していた「対イスラエル攻撃の一時停止」は破棄された。
この年の4月にアメリカ、EU、ロシア、国連の4者による和平ロードマップが提示され、イスラエルとパレスチナは各自実施すべき措置を受け入れていた。
しかし、これをきっかけに暴力の応酬が続き、現在、全く進んでいない。

2000年代、ハマスやヒズボラ幹部の暗殺は毎年のように起きており、犯人は不明です。
しかし、大方の見方ではモサド(イスラエル諜報特務庁)の仕業とされている。

 

3
< 3. Suspects of assassination of an Hamas’s leader in 2010 >
< 3. 2010年のハマス幹部暗殺の容疑者 >

What is the problem?
When we know the assassination in news, we are preoccupied with the brutality, but have to look at the aim and influence of the assassination.

The aim of the assassination concerning the Middle East is artful and changed.
The assassination by Islamic extremist began with it of important dignitary like Sadat killing in 1981, but went to the direction of killing the private citizens of Europe and America like the September 11 attacks in 2001.
They began it to balk the governmental plan, but understood it was fruitless.
Then they changed the strategy to expel the armaments of Europe and America.
On the other hand, some former extremist’s leaders advocate nonviolence, because the terrorism only invited needless bloodshed of Muslim. Annotation 1.

Their assassination and suicide attack includes the act of a fanatic and a lone murderer in the part, but most of criminals think it as political and strategic means.

Of course, terrorism has been carried out as means of battle for a long time all over the world.

The assassination by government (the White Terror) is particularly strong in the strategic aspect, but we are hard to know it.
It is because most of crimes are performed behind closed doors thoroughly.

 

何が問題なのか
私達はニュースで暗殺を知った時、その残忍さに目を奪われてしまいがちだが、その暗殺の狙いと影響にも注視してほしい。

中東に関わる暗殺や殺害の狙いは巧妙で、かつ変化している。
イスラム過激派による暗殺は、1981年のサダト殺害のように要人殺害から始まったが、2001年の同時多発テロのように欧米の民間人を殺害する方向に向かった。
彼らは体制側の目論見を挫く為に始めたが、効果が無かったのでその背後にある欧米の軍事力を駆逐するためへと戦略を変えたと言える。
一方で、かっての過激派のリーダーの中には、テロはムスリムの流血を増しただけで無益であったと非暴力を唱える人々も出て来ている。注釈1.

彼らの暗殺や自爆攻撃には、狂信的で単独犯らしいものもあるが、実行犯達の多くはそれらを政治的で戦略的な一手段として捉えている。

当然、テロは対立抗争の手段として古くから世界各地で行われて来た。
体制側の暗殺(白色テロ)は、特に戦略的な側面が強いのだが私達には見えにくい。
それは犯行の多くが徹底して秘密裏に行われるからです。

 

4

< 4. Mark and evaluation of Mossad >
< 4. モサドのマークと評価 >

If I look at the conflict between Israel and Palestine, the assassination, interference work, and provocative act by Israeli side ( government, military, or Mossad) are really skillful as strategy.
They carry out terrorism with using newest technology and weapon under the cover of darkness as if not to attract attention, prevent the peace agreement, and expand the rule of Israel.
The activity of Mossad is coveted by person emphasizing intelligence-gathering activity, but the act of tearing the peace along with disrupting a way of knowing the truth is abnormal.

We can understand the actual situation of the conflict by knowing about the terrorism of government.

I introduce a part of the secret maneuvers of Mossad the next time.

 

イスラエルとパレスチナの紛争を見ていると、イスラエル側(政府、軍、モサド)による暗殺や妨害工作、挑発行為は実に巧みな戦略と言える。
彼らは最新技術と兵器を使用し、闇から闇に葬る如くテロを実行し、目立たぬように和平を阻止しイスラエルの支配を拡大している。
モサドの活躍はインテリジェンスを重視する者から見れば垂涎の的だが、和平を引き裂く目くらましの所業は異常です。

体制側の巧みなテロを知ることによって、紛争の実態が見えてくるでしょう。
次回より、モサドの暗躍の一部を紹介します。

 

注釈1
ロジャー・オーウェン著「現代中東の国家・権力・政治」p301より。元過激派の指導者が1997年に非暴力姿勢を公表し、「暴力停止のイニシアチブ」「ジハードにまつわる誤解」など著作がある。

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , | 2 Comments

Bring peace to the Middle East! 24: about terrorism 4 : the background 2


中東に平和を! 24: テロについて 4: その背景 2

1

< 1. al Qaeda >
< 1. アルカイダ >

We again look at the Middle East situation, and the background for intensification of the armed struggle in the Middle East.

前回に続いて、中東情勢と武装闘争激化の背景を見ていきます。

 

 

2

< 2. the Arab Spring in Egypt >
< 2. エジプト、アラブの春 >

A conflict between laicism and Islamic Renaissance
Nasser criminalized groups like the Moslem Brotherhood (belong to Sunni, since 1928) because conventional party politics caused confusion, and started a one-party dictatorship.
This will produce the serious conflict with Islamic groups in the future.

In 1958, Syria founded United Arab Republic (till 1961) together with Egypt to depend on Nasser’s reputation.
The Syrian Moslem Brotherhood also aiming at Islamic Renaissance had opposed Baath party (was active in Syria and Iraq) that advocated modernization, socialism, and pan-Arab-ism.
In 1970, the Moslem Brotherhood moreover resisted it after the military coup occurred by General Assad (father of current President).
The Assad was a secularist and represented Islam Alawites (Shiah) of the minority.
Because Assad repeated severe oppression for the Moslem Brotherhood, the resistance of it declined before long, but a part of it radicalized in Egypt and Syria, and this assassinated Sadat.

In 1979, Iran founded the Islamic Republic from a regal government by rejecting the longtime intervention by Europe and America.
This encouraged Arab of the same Muslim to aim at the Islam Renaissance.
世俗主義とイスラム復興運動の対立
ナセルは従来の政党政治が混乱を招いたとしてムスリム同胞団(スンニ派、1928年~)等の団体を非合法化し、一党独裁に舵を切った。
このことが後々、イスラム教団との深刻な対立を生むことになった。

1958年、シリアはナセルの名声を頼ってエジプトとアラブ連合共和国(~1961年)を作ったことがあった。
シリアのムスリム同胞団もイスラム復興運動を目指し、近代化と社会主義、汎アラブ主義を掲げるバ-ス党(シリアとイラクで活動)と対立していた。
ムスリム同胞団は1970年のアサド将軍(現大統領の父)による軍事クーデター以降、これに抵抗した。
アサドは世俗主義者でかつ少数派のイスラム教アラウィー派(シーア派)を代表していた。
アサドはこの同胞団に対して苛酷な弾圧を繰り返したので、やがて同胞団の抵抗は衰微したが、エジプトとシリアで一部が過激化し、これがサダトを暗殺した。

イランは1979年に、長年の欧米による介入を退けて、王政からイスラム共和国を建設した。
これは同じイスラム教徒のアラブ人に、イスラム復興運動を勇気づけることになった。

 

 

3

< 3. principal roles (?) in the Middle East >
< 3. 中東の主役?たち >

From the top, Assad of Syria, Maliki of Iraq, Abdullah of Saudi Arabia.

上から、シリアのアサド、イラクのマリキ、サウジのアブドゥッラー。
In addition
Triggered by the Gulf War inf 1991 after Soviet Union withdrawal, Al-Qaeda (Osama bin Laden) that had fought for Muslim in Afghanistan turned for anti-Americanism.
After 2003, they made the terrorism radical as anti-Western and anti-laicism in Iraq that came to be confused and impoverishment by the previous economic blockade and the Iraqi War (2003-2011 years).

In the 2010s, the Iraqi autonomous government executed mass layoffs of Sunni (soldier etc.) that held a majority until then.
In addition, the Syrian Assad Administration (Shiah) oppressed Sunni of the majority when a demonstration occurred in the Arab Spring (2011).
Thus, the extremists of the Sunni were connected with Iraqi one and Syrian one.
Then, Islamic nation (ISIL) parted from al Qaeda (Sunni), and extended their influence as if to fill the niche between other extremists and government troop.

It was the United States to have enhanced the military strength of al Qaeda and Iraq.
And it were the U.S. and the U.K. to have begun the Gulf War hastily and the Iraqi War by making up the reason.

It occurred in the Middle East that a fall of Egypt being representative of laicism, a hard battle of the Arabic countries and Palestine, on the other hand, the military intervention by the western, and the Israeli prosperity by the help of the western, too.
So, Arab came to aim at the Islamic Renaissance in the opposite direction from the past.
Then, one part of them radicalized like “a cornered mouse will bite the cat”.
さらに加えて
アフガニスタンでムスリムの為に戦っていたアルカイダ(オサマ・ビンラーディン)はソ連軍撤退後、1991年の湾岸戦争を切っ掛けに反米に転じた。
2003年以降、彼らはそれまでの経済封鎖とイラク戦争(2003-2011年)で疲弊、混乱したイラクで反欧米、反世俗主義でテロを先鋭化させていった。

2010年代になると、イラク自治政府はそれまでの大勢であったスンニ派(軍人など)を大量解雇した。
またシリアのアサド政権(シーア派の一派)はアラブの春 (2011年)でデモが発生すると、多数派のスンニ派を弾圧した。
こうしてスンニ派の過激派はイラクとシリアで繋がることになった。
この中で、イスラム国(ISIL)がアルカイダ系(スンニ派)から分かれ、武装勢力や政府軍の抗争の間隙をぬって拡大していった。

このアルカイダやイラクを軍事強化したのは米国であり、湾岸戦争を性急に、またイラク戦争をでっち上げて始めたのも米国と英国でした。

こうして世俗主義の代表エジプトの凋落、アラブ諸国とパレスチナの苦戦、一方欧米の軍事介入と欧米援助によるイスラエルの隆盛は、アラブに真逆の選択、イスラム復興運動に向かわせた。
その中で「窮鼠猫を噛む」如く一部が過激化した。

 

4

< 4. in a mosque >
< 4. モスクにて >

Further background
I answer following questions and will clear up the main point.

A: “Why is there a lot of military autocracy in Arab countries in the Middle East ?”

This area continues to suffer from heavy damages by the rule (colony) of different ethnic groups for over several centuries, such as late industrialization, low literacy rate, and landlord system.
In addition, many borders that ignored inhabitants were demarcated by some colonial powers in the early 20th century, and most of royal house given by them national territory were only puppets.
Under such circumstances, it was fate to lead to military autocracy from the royal house that lost the trust.

B: “ Why do Islamic groups fiercely conflict with secularist rulers? ”

There is some problems of the Islam as for it, but, in the Middle East, I think it is to due to the fact that the persons that ever contributed to the independence were leaders of Muslim than a simple martialist.

C: “Why can’t the Arab countries work cooperatively for Palestinian independence ? ”

This answer is the same as question A, but an oil generation negatively affect more.

Most of oil-producing countries (Saudi Arabia, Persian Gulf countries) continue an outdated autocracy system by the royal house.
Furthermore, Europe and America supports it, so the Arabic democratization and solidarity in the Middle East fade away by supporting these non-democratic governments.
This situation leads to the oppression against the Arab Spring and to supporting extremists, and the news aren’t leaked outside, too.

Probably, the biggest factor of the intensified struggle is that people cannot trust the domestic government and the Western, and just have to strongly connect together in only local Islamic community.

This continues the next time.
さらなる背景
要点を次の疑問から読み解きます。

疑問A 「なぜ中東アラブには軍事独裁が多いのか」

中東アラブは数世紀も続いた異民族による支配(植民地)の後遺症で、遅れた産業化、低識字率、大地主制などにより、安定した民主的な基盤が育っていなかった。
それに加え、20世紀前半の宗主国による住民を無視した国境の線引きと、あてがわれた王家は傀儡に過ぎなかった。
これでは、信頼を無くした王家から軍事独裁に至るのは宿命でした。

疑問B 「なぜ世俗主義者の支配者とイスラム教団は熾烈な抗争をしてしまうのか」

イスラム世界の問題もあるでしょうが、中東アラブではかつて独立に貢献した人々は、単なる軍人よりもムスリマの指導者だったことが影響している。

疑問C 「なぜアラブ諸国は、パレスチナ独立の為にまとまって行動出来ないのか」

これは疑問Aと同じですが、さらに石油が災いしている。
産油国(サウジ、湾岸諸国)では王家による時代遅れの独裁体制が続いている。
さらに欧米がこれを支援し、非民主的な政体を擁護することで、中東アラブの民主化と団結は遠のいている。
これはアラブの春の弾圧や過激派支援に繋がり、またその事実は外部に漏れることがない。

おそらく闘争激化の最大要因は、人々が政府や欧米を信頼出来ず、地域のイスラム教団でのみ強く繋がるしかないからでしょう。
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 23: about terrorism 3 : the background 1


中東に平和を! 23: テロについて3: その背景 1

 

1

*1

We again look at the internal conditions of Egypt, and the background for intensification of the armed struggle in the Middle East.

前回に続いて、エジプトの内情と中東での武装闘争激化の背景を見ていきます。

What was Egypt’s next move?
In 1970, Sadat of the same officer corps took office as the President after sudden death of Nasser.
At the time, Egypt had suffered economically as a result of the complete defeat in the Middle East war of six years ago, and the North Yemen civil war that Egypt sent most troops became bogged down, and it was the worst.
Therefore, he made ready careful and waged the fourth Middle East war in 1973, and he could take advantage during the beginning of the war.
However, as Israel recovered before long, the war reached a cease-fire by the mediation of United Nations and U.S.
Until this time, Sadat had a strategy victory.

エジプトが次に打った手
1970年、ナセルの急死に伴い同じ将校団のサダトが大統領に就任した。
当時のエジプトは、6年前の中東戦争完敗の痛手が大きく、また大半の自軍を投入していた北イエメン内戦が泥沼化し、最悪だった。
そこで彼は周到に準備し、1973年に第4次中東戦争を始め、緒戦を有利に進めた。
しかし、やがてイスラエルが挽回してくると、国連や米国の仲介により停戦を迎える。
ここまではサダトの作戦勝ちだった。

 

2
< 2. Camp David Accord. From the left side, delegates of Israel, the U.S., and Egypt  >
< 2. キャンプ・デービッド合意、左からイスラエル、米国、エジプトの代表 >

And he first concluded a peace treaty with Israel in Arab by Camp David Accord in 1978, and won Nobel Peace prize with the Israel prime minister.
This was impossible without the effort of the U.S. President, but became just like speculation of Israel that provoked it.
With this, he recovered Sinai Peninsula and the Suez Canal, but forsook the Palestinian independence that was an earnest desire of Arab.
Sadat aroused an antipathy of people, the Arabic countries sent a letter breaking off to him, and he was assassinated at last.

そして、彼は1978年、キャンプ・デービット合意により、アラブで最初にイスラエルとの平和条約を締結し、イスラエル首相と共にノーベル平和賞を受賞した。
これは米国大統領の奔走抜きには不可能だったが、誘ってきたイスラエルの思惑通りとなった。
これにより、彼はシナイ半島とスエズ運河を取り戻したが、アラブの悲願であったパレスチナの独立を見捨てた。
こうしてサダトは国民の反感を買い、アラブ諸国から絶縁状を叩き付けられ、ついには暗殺された。

 

3
< 3.  Israeli military >
< 3.イスラエル軍 >

In this time, what was taking place in the Middle East?
The repeated Middle East war caused a vast cost of war burden and internal trouble, and Egypt and the neighboring Arabic countries became weakened.
On the other hand, Israel became more and more great power.
Furthermore, the modernization and the socialist state construction that Nasser promoted caused autocracy and corruption.
Thus, the secularization of Nasser who aimed at the pan-Arabism (unification of Arab) and the complete independence from colony was considered failure.
The fall of leader Egypt showed that armed forces of the Arabic countries could not beat Israel anymore.
Extremists who already fought for liberation in Palestine had to depend on themselves alone.

この時代、中東で何が起きていたのか
度重なる中東戦争は莫大な戦費負担と内紛を招き、エジプトと周辺アラブ諸国は弱体化する一方、イスラエルは益々強国になっていった。
さらにナセルが推進した近代化と社会主義国家建設は、一党独裁と汚職を招いた。
こうして植民地からの完全な独立と汎アラブ主義(アラブ民族の統一)を目指したナセルの世俗化路線(イスラム色を弱める)は失敗だとみなされた。

盟主エジプトの凋落は、アラブ諸国の軍隊がもはやイスラエルに勝てないことを示した。
既にパレスチナ解放を目指して武装闘争を行っていた過激派にとって、自ら戦いとるしか道は無くなっていた。

 

4
< 4. Conference of the Non-Aligned Countries  >
< 4. 非同盟諸国会議 >
Why did Egypt dig itself into a hole?
Nasser regained the rule of Egypt in their own race after 2300 years, abolished a landlord system that was a corrupt practice and pushed forward the modernization daringly.
Furthermore, he repelled the intervention of suzerain Britain and France alone, supported the independence of each Arabic country and fought against Israel for Palestine.

But Nasser was decisively disadvantageous.
His supporting independent movements of the Arabic countries and having nonalignment policy was so obtrusive behavior for the U.S. that wanted to contain Soviet Union, and for Britain and France that had regrets about the Middle East.
Therefore, they not only bother him, but also the financial support and the military aid to Egypt were outrageous even if he wanted.
This let Nasser be nearer to the Soviet Union.
On the other hand, they enough supported Israel with arms supplies and atomic energy, because the Britain and France wanted to suppress Egypt and the U.S. could not go against a Jewish lobby group.
And world Jewish wealth was poured for supporting Israel.
Egypt did not have the prospects of success, because the Industry was undeveloped and only had a small amount of oil production.
Still, Nasser and Sadat fought alone.

Nasser performed the report of the war results being further from the truth in the Third Middle Eastern War in desperation.
He announced that the cause of the defeat was an assistance of the U.S. and hidden strategy.
There was arms supplies from the U.S. , but the hidden strategy was groundless.
This not only dishonored Nasser but also rose more a hatred for the Europe and America.

This continues the next time.

なぜエジプトは墓穴を掘ったのか
ナセルは2300年振りにエジプトの統治を自民族に取り戻し、悪弊だった大地主制を撤廃し、果敢に近代化を進めた。
さらに宗主国英仏の介入に一人で立ち向かい、アラブ各国の独立を支援し、パレスチナの為にイスラエルとも戦った。

だがナセルは圧倒的に不利だった。
彼のアラブの独立支援と非同盟主義は、中東に未練がある英仏にとっても、ソ連を封じ込めたい米国にとっても目障りだった。
したがって邪魔こそすれ、頼まれてもエジプトへの資金援助と軍事援助は論外だった。
このことが、一層ナセルをソ連寄りにさせた。
一方、ユダヤロビーに逆らえない米国とエジプトを抑えたい英仏はイスラエルに充分な武器と原子力で援助した。
世界のユダヤの富がイスラエル支援に注がれた。
これでは産業が未発達で産油量の少ないエジプトに勝算はなかった。
それでもナセルとサダトは孤軍奮闘した。

ナセルは第三次中東戦争の折、苦し紛れに日本の大本営発表と同じ真逆の戦果報告を行い、さらに敗因を米国の加担と陰謀のせいにした(武器供与はあったが陰謀は事実無根)。
これはナセルの名誉失墜だけでなく、アラブの欧米への憎悪をさらに駆り立てた。
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 22: about terrorism 2 : an assassination


中東に平和を! 22: テロについて 2: ある暗殺

 

1
< 1. Assassination of President Sadat >
< 1. サダト大統領の暗殺 >

From today, I use some examples as a reference and will look at the situation that massacre has been spread over in the Middle East.
This massacre includes battle, and terrorism (assassination, suicide attack) by the government side or the anti-government side.
we see the assassination of an important person by an extremist first.

今日から、中東で殺戮が蔓延していく状況を幾つかの事例を取り上げて見ていきます。
この殺戮には戦闘状態、政府側と反政府側によるテロ(暗殺、自爆攻撃)などがあります。
最初に、過激派による要人暗殺を見ます。

 

 

2
< 2.  Sadat and Mubarak (the later President) at this incident >
< 2. この事件当時のサダトとムバラク(後の大統領) >

The assassination incident
In 1981, the Sadat President of Egypt was assassinated at the commemorative ceremony of the Fourth Middle East War (1973) that he began.
By this war, the Middle Eastern War (since 1948) between the Arabic countries and Israel that had been repeated for four times became the end.
However, Egypt first approved Israel among the Arabic countries by the conclusion of peace accords (1979), and cut off the Palestinian problem.
This seemed like a big betrayal from people and the Arabic countries.

暗殺事件
1981年、サダト・エジプト大統領は自ら始めた第4次中東戦争(1973年)の記念式典で暗殺された。
この戦争で、4回続いたアラブ諸国とイスラエルの中東戦争(1948年~)は終わった。
しかし、エジプトは平和条約締結(1979年)により、アラブで最初にイスラエルを承認し、パレスチナ問題を切り捨てた。
これは国民とアラブからすれば大きな裏切り行為に映った。

 

3

< 3. the Fourth Middle East War  >
< 3.第4次中東戦争 >

I introduce a sentence of a thinker of an Islamic fanaticism that this assassination group had believed in.

“It is important that we fight against a near enemy than a far-off enemy.
We must flow the blood of Muslim until the achievement of the victory by the jihad.

It isn’t useful that we started the battle against the imperialism

It is our duty to concentrate on great cause of Islam, and establish divine law in our country, …

The battlefield of jihad exterminates the leaders of the unbeliever and is to replace it with complete discipline of Islam. ”
( from “What Went Wrong” )

They think that the leaders who held hands with Europe and America made own country and Arab countries confusing and slumping.

 

この暗殺グループが信奉していたイスラム過激思想家の文を紹介します。

「近い敵と戦うことは遠い敵と戦うよりも重要である。
ジハードではムスリムの血は勝利の達成まで流さなければならない。
・・・
帝国主義に対する闘争を開始することは誇るべき有用な仕事ではなく、時間つぶしであっ
た。

 

イスラムの大義に集中するのが我々の義務であり、我々の国に神の法を確立し、・・・。
ジハードの戦場は、不信仰者の指導部を根絶して、完全なイスラム的秩序と置き換えることにある。・・・」
(「イスラム世界はなぜ没落したのか?」p161より)

彼らは自国とアラブが低迷し混乱したのは欧米と手を結んだ指導者によると考えている。

 

4

< 4. Nasser made a coup d’etat succeed >
< 4. クーデターを成功させたナセル >

Why did they go to extremes?
I cannot lump innumerable extremists, but as for the birth, there is peculiar circumstances of Middle Eastern and Arab.
It is Middle East war (between Israel and Palestine), the military intervention by Europe and America (supporting Israel and the Iraqi War etc.), and the despotic governance of Arab countries.
Here, I easily look back on the Egyptian sufferance history.

Egypt had experienced the long history of colonial ruled by different ethnic groups.
After Islamic Empire that achieved great unification, Egypt was ruled by Turkish dynasty since the thirteenth century, then by Osman empire, and was invaded by Napoleon in the 18th century.
Subsequently, it was governed by the Albanian dynasty (Muhammad Ali), next became a colony of Britain in the late 19th century, and became an token independence kingdom in the early 20th century.

An epoch of revolution began before long.
In 1952, an officer corps expelled an king by a military coup and worked on the modernization.
In 1956, President Nasser declared the nationalization of the Suez Canal, and after the second Middle East war against the Israel, Britain and France forces, he obtained this.
He received help of the Soviet Union for Aswan High Dam construction, and pushed forward construction of an Arabic socialist state.
However, in 1967, Nasser was defeated completely by the third Middle East war against Israel and reduced his prestige.

Military regimes like this in Egypt continued in common with other Arabic countries.

This continues the next time.

 
彼らはなぜ激化したのか?
無数にある過激派を一括りに論ずることは出来ませんが、その誕生には中東アラブに特有の事情があります。
それは中東戦争(イスラエルとパレスチナの対立)、欧米の政治・軍事介入(イスラエル支援、イラク戦争など)、アラブ諸国の強権的な政体などです。
ここでは、エジプトの苦難の歴史を簡単に振り返ります。

エジプトは悲運な長い歴史、異民族による支配の歴史を背負っていた。
大統一を果たしたイスラム帝国だったが、エジプトは13世紀からトルコ系王朝、次いでオスマン帝国に支配され、さらに18世紀ナポレオンに侵攻された。
続いてアルバニア系王朝(ムハンマド・アリー)の支配を受け、19世紀後半になると英国の植民地になり、20世紀初めに形だけの独立王国となる。

やがて画期が訪れます。
1952年、将校団が軍事クーデターで国王を追放し、近代化に取り組みます。
1956年、ナセル大統領はスエズ運河の国有化を宣言し、イスラエル・英仏軍との第2次中東戦争の末、これを手に入れた。
彼はアスワン・ハイ・ダム建設のため、ソ連の援助を受け、アラブ社会主義政策を進めた。
この時、エジプト国民とアラブ諸国は民族の隆盛が間近だと沸き立ち、エジプトはアラブの盟主となった。
しかし、1967年、ナセルはイスラエルとの第3次中東戦争で完敗し、名声を落としていった。

エジプトも他のアラブ諸国と同様に軍事独裁政権が続くことになった。

 
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 9:  Visiting Tango Peninsula 1


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 9: 丹後半島を巡る 1

 

1

< 1. The island of Taiza fishing village >
< 1. 間人(たいざ)の城島 >

From today, I introduce Tango Peninsula in North Kyoto.
今日から、京都北部の丹後半島を紹介します。

 

2全体地図
< 2. maps of Tango Peninsula and Amino >
< 2. 丹後半島と網野の地図 >
Upper map: the red line is our route of Tango Peninsula.
The top of the map shows the north.
Today, I introduce No. 1 Amino, No. 2 Taiza, and No. 3 Tateiwa rock.

Lower map: this is a satellite photo that is a expansion of Amino (NO.1) in the upper map.
The top of the map shows the south.
No. 1 is the ancient burial mound of Choshi mountain I introduce today.
NO.2 is a peninsula with an ancient burial mound in the lake, NO.3 is the beach, and No. 4 is Amino fishing port that I introduced previous time.

上の地図: 赤線が私達がドライブした丹後半島のコースです。
上が北です。
今日、紹介するのはNo.1の網野、No.2の間人、No.3の立岩です。

下の図: 上図のNO.1の網野を拡大した衛星写真です。
上が南です。
今日、紹介する銚子山古墳はNO.1です。
NO.2は離湖の古墳がある半島、NO.3は八丁浜、NO.4は網野漁港で、前回紹介しました。

 

3銚子山
< 3.  the ancient burial mound of Choshi mountain >
< 3. 銚子山古墳 >
Upper map: this ancient burial mound was built on the edge of the small hill at the end of fourth century.
The top of the map shows the north.
We walked along the brown line.

Lower map: a detailed map of the ancient burial mound.
The large keyhole-shaped tomb mound in the center is 200 meters in the total length, 20 meters in height, and has two small ancient burial mounds at the both sides.
This ancient burial mound is the largest in the Sea of Japan side, and “ three ancient burial mounds by the Sea of the Japan” including it are all in this Tango Peninsula.

It suggests this area were connected to Yamato sovereignty in Nara, and this king had extensive authority.
In addition, we saw this area were connected with the continent at previous time.

上の地図: この古墳は小高い丘の端に、4世紀末に造られた。
上が北です。
私達は茶色の線を歩きました。

下の地図: 古墳の詳細図。
中央の前方後円墳は全長200メートル、高さ20メートルで、その両側に二つの小さな古墳を持っている。
この古墳は日本海側で最大級であり、丹後半島にはこれを含めた日本海三大古墳がある。

如何にこの地が奈良のヤマト王権に繋がり、ここの王が力を持っていたが伺える。
また、大陸とも繋がりがあったこも前回見ました。

 

 

4a

< 4. walking on the top of the ancient burial mound  >
< 4.古墳の頂上を歩く >
Upper photo: walking the northeast side of the burial mound.
You can see the steps at the end of the road.

Lower photo: a view of top like circle mound from under the steps.

上の写真: 古墳の前方部(北東側)を歩いている。
奥に階段が見える。

下の写真: 階段下から後円部の頂上を見ている。

 

5a

< 5. Views from the burial mound  >
< 5. 古墳からの眺め >
Upper photo: a view of seaside from the circle mound.
When it was built, under this mountain was a lagoon.

Lower photo: a view of the mountain side (southeast side) from the road.

上の写真: 後円部頂上から海側を見ている。
これはパノラマ合成写真で、通常より視野角は広い。
古墳が造られた当時は、この直ぐ下が潟湖だった。

下の写真: 前方部から山側(東南側)を見ている。
丘の上は畑作が行われていた。

 

6
< 6. seashore on the way to Taiza >
< 6. 間人までの海岸 >
Upper photo: a small hill thrusting into the sea is around Taiza.
Lower photo: looking back at our road from Taiza.

上の写真: 海に突き出した小山が間人の城島です。
下の写真: 間人側から来た道を振り返る。

 

7

< 7.  Taiza fishing village >
< 7. 間人(たいざ) >
Upper photo: a small island connecting the village with a bridge.
Central photo: a shrine in the island.
Lower photo: the fishing port.

This port is famous for snow crab, and this area has many legends concerning Prince Shotoku ( the 6th -7th century).
In addition, there was once a custom of facing a dead person toward continent and burying it.
This also indicates the connection with an Imperial Court of Nara in ancient times and with the continent.

上の写真: 城島。
中央の写真: 城島の神社。
下の写真:  間人漁港。

この地はズワイガニ(間人蟹)で有名で、聖徳太子に纏わる伝説が多い。
また、死者を大陸に向けて埋葬する風習がかって残っていた。
ここにも、奈良の古代朝廷と大陸の繋がりがあった。

 

8

<  8. inlet of the port >
< 8. 間人の入り江 >
we see colorful seaweeds in pellucid seawater.

透明な海中に色とりどりの海藻が見える。

 

9
< 9.  going a circuit of the island >
< 9. 島を一周 >

 

10
< 10. Tateiwa rock >
< 10.立岩 >
高さ20mの柱状節理の岩が海岸に突き出している。

Impression
I was often surprised when I went round this peninsula without preparing.
This secluded area facing the Sea of Japan had ever the connection with continent and ancient Nara.
I find an ancient romance in original scenery of Japan.

This continues the next time.
感想
下調べもせずに、この地を巡っていると驚くことが多かった。
この日本海に面したへんぴな地が、かつては大陸と古代の奈良と繋がりがあったのです。
原風景の中に古代のロマンを見た。
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , , , , | 2 Comments

Create a free website or blog at WordPress.com.

konleeblog

We learn the most interesting and exciting things in the whole world especially for you

Having a ball in Japan

Football as the catalyst to travel Japan

Schnippelboy

Ein Tagebuch unserer Alltagsküche-Leicht nachkochbar

Elli in Japan

Working Holiday in Japan

Neha Kundapur

Journey of a creative soul

anansi2050

Deep Thoughts and Ideas

99 Industrial Mart Blog

best industrial products manufacturers, suppliers, exporters and importers in India

Amazing Tangled Grace

A blog about my spiritual journey in the Lord Jesus Christ.

ハワイ旅行ブログ

ハワイ旅行のあれこれ

狂ったトウモロコシ

経過報告とか記録が主のコンテナ

The Story Factory

Dismantling my heart

旅するモデル

中西大樹の旅日記〜日本一周編〜

穏やかな日々

穏やかな日々の実現のために!!

DRS International School

Strive to Surpass

The Forest Dweller

Full of knowledge and inspirations

Cindyk

Lakukanlah sesuatu dengan keyakinan 😎

温泉大好き!温泉人間です。

温泉大好き!温泉ソムリエです。

Safira's Journey

Create Your Own Happiness