Posts Tagged With: landscape

桂林を訪れました 15: 最後に


 

 1

< 1. 少数民族雑伎ショー >

 

今日で、この旅行記を終えます。

書き残したことや雑感を記します。

 

 

2あ

< 2. これまでの記事の巻頭写真 1 >

 

この桂林旅行は2015年9月初旬に3泊4日で訪れたものです。

予想通りに天候に恵まれ、漓江下りと龍背棚田の景色を堪能しました。

また大墟古鎮やヤオ族の村の見学は短い時間ではあったが楽しめました。

 

3

< 3. これまでの記事の巻頭写真 2 >

 

少し残念なことは、ヤオ族の風習や宗教などに触れる時間がなかったことです。

それでも得るものはありました。

しかし、思わぬ拾いものが別でありました。

それは下の写真です。

 

 

4

< 4. 花山岩画 >

 

これは中国が2015年に世界遺産登録を申請したものです。

私達が穿山岩の鍾乳洞を見学していると偶然、この展示ポスターを見つけました。

これはこの広西省にあって、約2千年前にチワン族の祖先によって岩に描かれた絵でした。

この人物像のデザインは他の大陸では1万年前に遡ることがあります。

中国にはこの手の古い岩絵が少ないので、何だか嬉しくなりました。

 

 

 

5あ

< 5. 桂林 1 >

 

中国の奥地にあって、開発が遅れていると思っていたのですが、そうではなかった。

田園地帯に行っても建設中の家屋や、郊外にも高層マンションが林立していました。

郊外に産業団地があるのですが、研究所や公害を出さない事業体が誘致されていた。

町中を走っている車やバイクはほとんど電動車だそうです、公害防止の為に。

都市部を少し離れるとそこら中、砂埃をあげて道路工事やビルの建設中でした。

 

 

6

< 6. 桂林 2 >

 

私達夫婦は毎朝晩、町中を歩き回りましたが、危険や不安を感じることはなかった。

二軒の本屋の店員も、夜、道に迷って宝石店の店員に道を尋ねても、皆丁寧に対応してくれた。

残念ながら言葉は通じなかったが。

 

少数民族の雑伎ショーには私の期待していた少数民族の風習や暮らしを紹介するものはなかった。

それでも巻頭写真にあるような男女の掛け合いの歌は、山岳民族に最近まで続いていた「歌垣」を思わせるものがあった。

この歌による求婚方式は、日本では奈良時代で消えてしまった。

 

ここでは観光業に力を入れることにより、少数民族は肩身の狭い思いをすることなく暮らしているように思えた。

ただ観光化が進みすぎて、保存すべきものが失われているのが残念です。

 

 

最後に

私は中国の訪問が7回目ですが、20年ほど前に比べて中国は力強く発展を続け、人々の振る舞いも変わってきているように思う。

経済格差、古いものと現代的なもの、汚いものと洗練されたもの、ごった煮の状況は変わらないが。

 

やっと念願の奥地の桂林を訪問し、満足して去ることが出来ました。

皆さん、お読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, Series: I visited Guilin, travel+photo | Tags: , , , , , , , | 3 Comments

Went around Croatia and Slovenia 23 : Deeply scarred Town Mostar 2


 

クロアチア・スロベニアを巡って 23: 傷痕の町モスタル 2          

 

1

< 1. Old Bridge made by stones >

< 1.石橋「スタリ・モスト」 >

 

Today, we go for a walk in the old town of Mostar.

This old town is a town of Muslims.

 

今日は、モスタルの旧市街を歩きます。

旧市街はイスラム教徒の町です。          

 

 

2

< 2. Go to the old town >

< 2. 旧市街に向かう >

 

Upper photo: We just go out of the parking lot.

We left it at 11 A.M.

 

Central and lower Photos: The street lined with souvenir shops.

 

上の写真: 駐車場から出るところです。

私達は11時に駐車場を出発しました。

 

中央と下の写真: 通りには土産物屋が並ぶ。

 

 

3

< 3. Go to the Old bridge >

< 3.石橋に向かう >

 

Upper photo: When I looked back, there were many traces of bullet on the store’s wall.

Lower photo: The gate of the Old bridge.

You can see the top surface of the bridge behind the gate.

 

This bridge was restored in 2004 after its old bridge was destroyed by a civil war in 1993.

This was reproduced in its original condition made in the 16th century.

 

上の写真: 振り返ると店舗の壁に銃弾の跡がありました。

下の写真: 石橋の門です。

門の向こうに階段状の橋の上面が見える。

 

この石橋は1993年の内戦で破壊された後、2004年に復元されたものです。

これは16世紀に造られた当時のままに再現された。

 

4

< 4. Views from the top of the bridge >

< 4. 石橋の上から >

 

Upper photo: Downstream side of Neretva river.

Central photo: Old bazaar we are going to go from now is seen. 

 

Lower photo: Upstream side of it.

The minaret of a mosque we are going to climb after this is seen in the center.

 

上の写真: ネレトヴァ川の下流側。

中央の写真: これから行く旧市街のオールド・バザールが見える。

下の写真: 上流側。

これから登るモスクのミナレットが中央に見える。

 

 

5

< 5. The Old bazaar >

< 5.オールド・バザール >

 

Mostar had prospered in trade, because it was located on a caravan route that linked the Adriatic Sea and the inland.

Mostar led to the Dubrovnik and Kotor that I already introduced.

The Old bazaar was a craftsman town that many copper craftsmen, tanners and tailors lived in.

There was an oriental atmosphere here.

 

モスタルは内陸とアドリア海を結ぶキャラバン・ルートにあり、交易で栄えて来た。

既に紹介したドゥブロブニクやコトルに通じていた。

このオールド・バザールはかつて銅職人やなめし職人、仕立屋などが住んでいた職人街です。

ここにはオリエンタルな雰囲気が漂っていた。

 

6

 

< 6. Arrived at the mosque  >

< 6. モスクに来ました  >

 

Upper photo: We went into the yard of the mosque.

The central hexagonal building is intended for cleaning up hands and feet.

                                                                                                                    

Lower photo: In front of the mosque.

This Koski Mehmed pasa Mosque made in the 16th century is famous for a beautiful prospect.

 

上の写真: モスクの庭内に入って来た。

中央の六角形の建物は手足を洗い清めるところです。

 

下の写真: いよいよモスクに入ります。

これは16世紀に建てられたコスキ・メフメドパシャ・モスクで、眺めが良いので有名です。

 

 

 

7

< 7. Inside the mosque >

< 7. モスクの中 >

 

Upper photo: there are a hollow of wall “ mihrab”, and a step-like preacher’s pew “ mimbar”.

Central photo: The ceiling.

Lower photo: The stairs inside the minaret.

 

上の写真: メッカを示す壁の窪み(ミフラーブ)と階段状の説教壇(ミンバル)が見える。

中央の写真: 天井。

下の写真: ミナレットの階段。

 

 

8

< 8. A view from the top of the minaret >

< 8. ミナレットから見た石橋 >

 

It is a view of downstream side.

下流側を見ている。

 

 

 

9

< 9. Views from the top of the minaret >

< 9.ミナレットからの眺め >

 

Upper photo: It is a view of upper streamside and the north side.

A spire on the left is a church near our parking lot.

 

Lower photo: I look at the old town of the east side.

 

This continues next time.

 

 

上の写真: 上流側で、北側です。

左に見える尖塔は私達の駐車場横にある教会です。

 

下の写真: 東側の旧市街を見ています。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , , , , , | Leave a comment

Went around Croatia and Slovenia 22: Deeply scarred Town Mostar


 

クロアチア・スロベニアを巡って 22: 傷痕の町モスタル 1

 

 

1

< 1. Župa Svetog Petra i Pavla is a church in Mostar >

< 1.モスタルの教会、Župa Svetog Petra i Pavla >

 

Today, we go to the intermountain town in Bosnia and Herzegovina.

I introduce the scenery between coastal town Neum and the Mostar.

 

今日は、ボスニア・ヘルツェゴビナの山間の町に向かいます。

海沿いの町ネウムからモスタルまでの景観を紹介します。

 

 

 2

< 2. Root maps >

< 2.地図 >

 

Upper map: It shows Bosnia and Herzegovina.

A black point is the Mostar.

 

Lower map: It shows the way to the Mostar from the Neum that we stayed in.

Red arrows show the two towns, and blue arrow shows the root.

The distance between the Mostar and the Neum is about 60 km.

We left at 9 A.M. on September 3, 2015, and arrived at 11 A.M.

It took much time, because we went through two checkpoints on the border.

 

上の地図:  ボスニア・ヘルツェゴビナを示す。

黒丸がモスタルです。

 

下の地図: ホテルのあるネウムからモスタルへの道を示す。

赤矢印が二つの町を示し、青矢印はそのルートを示す。

ネウムからモスタルまでは約60km。

2015年9月3日、9時に出発し11時に到着した。

時間がかかったのは、2箇所の国境検問所を通った為です。

 

About Mostar

1992-1995, Bosnia and Herzegovina was involved into Yugoslav Wars.

At this time, we have known the capital Sarajevo became the battlefield, and similar tragedy occurred in the Mostar, too.

Race of this nation consists of the most Muslims, subsequently a Croatian of the Christian, and a Serbian of the Greek Orthodox Church.

And this nation has a border with Croatia and Serbia.

By this, this Muslims suffered damage by ethnic cleansing by a Serbian at the time of Yugoslavia’s collapse.

 

モスタルについて

1992~1995年、ボスニア・ヘルツェゴビナはユーゴ紛争に巻き込まれました。

この時、首都サラエボが戦場になったことはよく報道されたが、モスタルでも同様の悲劇が起こりました。

この国の民族は、イスラム教徒が一番多く、次いでキリスト教徒のクロアチア人、正教会のセルビア人で構成されている。

かつ、この国はクロアチアとセルビアと国境を接している。

このことにより、ユーゴスラビア崩壊時にイスラム教徒はセルビア人から民族浄化の被害を受けた。

 

 

3

< 3. Sceneries between the Neum and downstream of Neretva >

< 3. ネウムからネレトヴァ川の下流まで >

 

Upper photo: People had been enjoying a marine vacation.

Central photo: As going through a mountain pass, I saw a monastery (?) on the hill.

Lower photo: The plains that spread out downstream of Neretva river.

 

上の写真:  リゾートを楽しむ人々の姿が見える。

中央の写真: 峠を通過中、丘の上に修道院(?)が見えた。

下の写真:  ネレトヴァ川の河口に広がる平野部。

 

 

4

< 4. We were coming down to the plains >

< 4. 平野部に降りていく >

 

There are lots of dry mountains in this area, but this place is filled with green.

乾燥した山間地が多い中にあって、ここは緑に溢れていた。

 

 

5

< 5. Towns along the Neretva >

< 5. ネレトヴァ川沿いの街並み >

 

Upper photo: I saw a mosque for the first time in this trip.

Graveyard of Islam is seen on the left side.

 

Central photo: Neretva.

Lower photo: Soccer seems popular.

 

 

上の写真: 今回の旅行で初めてモスクを見た。

左側に見えるのがイスラムの墓です。

 

中央の写真: ネレトヴァ川。

下の写真: サッカーが盛んなようです。

 

 

6あ

< 6.  We go into the mountain valley >

< 6. いよいよ川沿いに山間地へと上って行く >

 

People are growing grapes as hard as possible at the dry mountain area.

 

乾燥している山間地でも、人々はぶどうなどを精一杯栽培している。

 

 

7

< 7. Near Mostar >

< 7. モスタルに近づいた >

 

Central photo: Graveyard of Christianity system.

Lower photo: We can look at innumerable traces of big bullet on the outer wall of the apartment.

 

This continues next time.

 

中央の写真: キリスト教系の墓地です。

下の写真:  アパートの外壁に大きな銃弾の跡が無数に見える。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , , , , | Leave a comment

Winter Awaji-island: Suntopia Marina


冬の淡路島 : サントピアマリーナ

 

     1

< 1. Suntopia marina >

< 1. サントピアマリーナ >

 

Today, I introduce a resort area in a sore of southeastern Awaji-island.

It is Suntopia Marina and Sumoto Hot Spring mainly.

I visited here at 10:00 – 11:30 A.M. on December 20.

 

今日は、淡路島南東部の海岸のリゾートを紹介します。

主にサントピアマリーナと洲本温泉です。

訪れたのは12月20日の10:00~11:30です。

 

 

 2あ

< 2. Suntopia marina >

< 2.サントピアマリーナ >

 

This aria is in the Seto Inland Sea National Park, and is sandwiched between a mountain and a seashore facing Tomoga-Island Channel.

There is the Sumoto Hot Spring immediately, and Yura port in the south end.

It is the largest resort area in Awaji-island, and has a big yacht harbor, many tennis courts, hotels, and resort apartment buildings.

Around this area, people can enjoy fishing, yacht, tennis, hot spring, and seafoods with the family.

When my children were small, I came here with my family well, too.

 

 

ここは瀬戸内海国立公園にあり、山と友ヶ島水道を臨む海岸線に挟まれ、すぐ隣りには洲本温泉、南端には由良港があります。

ここは淡路島で最大規模のリゾートで、ヨットハーバー、テニスコート、ホテル、リゾートマンションが揃っています。

ここ一帯で、釣りやヨット、テニス、温泉、海の幸などを家族で楽しむことが出来ます。

私も子供が小さい頃は家族でよく来ました。

 

 

3あ

< 3. The views of Osaka bay from Suntopia marina >

< 3. サントピアマリーナから大阪湾 >

Upper photo: I saw the south side from the outer edge of the Suntopia marina.

The part that there aren’t islands on the distant sea is the Tomoga-island Channel.

 

Central photo: A fishing boat.

Lower photo: I saw the north side.

The north end of Awaji-island can be seen in the distance.

 

上の写真: サントピアマリーナの外縁から南側を望む。

島影の切れているところが友が島水道(紀淡海峡)です。

 

中央の写真: 釣り船。

下の写真: 北側を望む。

遠くに淡路島の北端が見える。

 

 

4

< 4. The views of the Sumoto Hot Spring from Suntopia marina  >

< 4. サントピアマリーナから洲本温泉 >

 

We can overlook the Sumoto Hot Spring facing the Osaka bay from here.

ここからは大阪湾に面している温泉街が一望出来る。

 

5

< 5. The Tomoga-island Channel >

< 5. 友が島水道 >

 

The photographing is from the shore of the south side of the Suntopia marina.

Upper photo: We can see the Yura Port and the Narug-Island at the end of the shoreline.

One black thing is seen on the sea surface.

 

Lower photo: The black thing mentioned above was a diver diving in without diving equipment.

Probably he caught shellfishes.

 

Blessed with beautiful weather, I strolled in the Suntopia marina, and then had lunch in a hotel of the Sumoto Hot Spring.

It was a calm day in winter.

 

サントピアマリーナから少し南側の海岸にて撮影。

上の写真: 海岸線の果てに由良港と成ケ島が見える。

海面に一つの黒い物が見えます。

 

下の写真: 上記の黒い点は素潜り漁をするダイバーでした。

おそらく貝を捕っているのでしょう。

 

この日は快晴に恵まれ、サントピアマリーナを散歩し、昼食を洲本温泉のホテルでとりました。

冬の穏やかな一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , | 2 Comments

Went around Croatia and Slovenia 21: resort area Neum


クロアチア・スロベニアを巡って 21: リゾート地ネウム

      1

< 1. a view from our hotel >

< 1.ホテルからの眺め >

 

I introduce our stage Neum today.

We stayed at a hotel in here for 2 days from Tuesday 1 September.

 

今日は、宿泊地ネウムを紹介します。

ここのホテルに、9月1日(火)、2日(水)と2連泊しました。

 

 2地図

< 2.  location of Neum >

< 2. ネウムの場所 >

A red point is the hotel in Neum and a black point is Dubrovnik.

Black line is the border, and Neum belongs Bosnia and Herzegovina.

The width of the shoreline of Neum dividing Croatia is 9km.

Here is the best resort area of Bosnia and Herzegovina.

This is because Dubrovnik gave this area to Ottoman in 1699 to protect from Venice that possessed the north side shore from it.

 

赤丸がネウムのホテル、黒丸がドゥブロブニクです。

黒い線が国境を示し、ネウムはボスニア・ヘルツェゴビナに属しています。

クロアチアを分断しているネウムの海岸線の巾は9kmです。

ここはボスニア・ヘルツェゴビナきってのリゾート地です。

このようのなったのは、ここより北側海岸を領有していたベネチアとの防波堤にする為に、この地をドゥブロブニクが1699年、オスマンに譲ったからでした。

 

 3a

< 3. inlet of Neum >

< 3. ネウムの入江 >

 

Upper photo: At dusk.

Central photo: Daybreak seen from the hotel.

Lower photo: Inlet seen from the hotel in the morning.

 

上の写真: 夕暮れ。

中央の写真: ホテルから見た夜明け。

下の写真: ホテルから見た朝の入江。

 

4a

< 4.   In GRAND HOTEL NEUM >

< 4. ホテルで、GRAND HOTEL NEUM >

 

Upper photo: The supper (buffet) at the hotel restaurant.

Sunset from this terrace is splendid.

The hotel was full of visitors, but the visitors from Asia were few.

Central and lower photo: In the lower shore of the hotel at 9:00 p.m.

There were elderly people who had been enjoying sea bathing.

 

上の写真: ホテルレストランでの夕食(バイキング)。

このテラスからの夕焼けは素晴らしい眺めです。

ホテルはお客さんで一杯でしたが、アジアからの客は少なかった。

 

中央と下の写真: 夜9時頃、ホテル直ぐ下の海岸で。

海水浴を楽しむ年配の人々がいた。

 

5a

< 5. The shore in the morning >

< 5. 朝の海岸 >

At about 8:00 A.M., I walked around the lower shore of the hotel.

There were persons who already were enjoying sea bathing.

 

朝8時頃、ホテル下の海岸を散策した。

既に海水浴を楽しむ人がいた。

 

 

6

< 6. I strolled in the morning >

< 6. 朝の散策 >

I took a walk to the west side along the shore.

The water was clear, and the sky was clear, too and I was refreshed.

A woman who embraced a child from the other side came, so I called to her.

“What country did you come from?”

I thought she came from Bosnia and Herzegovina.

But she was a Croatian.

She was able to speak English, but I was poor speaker of English, so I only talked a little.

I early want to talk in English free.

 

I associated the gentle mother and a child with a statue of “Virgin with Child”.

 

This continues next time.

 

 

私は海岸に沿って西側を散策しました。

水は綺麗で空も晴れ渡り、清々しかった。

 

向こうから子供を抱いた女性が来たので、声をかけました。

「あなたは何処の国から来たのですか?」

私は彼女がボスニア・ヘルツゴビナから来た人か知りたかった。

答えはクロアチアの人でした。

彼女は英語が出来たのですが、私がダメなので、少し会話をして別れました。

早く、英語で自由に喋りたいものです。

 

私は、この柔和な母子にマリアの聖母子像を連想していました。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , | 4 Comments

Akashi Strait and Akashi Kaikyo Bridge in the early winter 2


初冬の明石海峡と明石海峡大橋 2

 

1

< 1. Akashi Kaikyo Bridge >

< 1. 明石海峡大橋 >

 

Today, I introduce a beautiful spot looking down Akashi Strait from a mountaintop.

It is the roof of a building of Traffic Advisory Service Center in Osaka gulf.

 

今日は、山頂から明石海峡を見下ろす絶景ポイントを紹介します。

それは大阪湾海上交通センターのビル屋上です。

 

 

About Traffic Advisory Service Center in Osaka gulf.

From this roof, we can look around 360 degrees such as Osaka gulf, Kobe, Akashi Strait, Seto Inland Sea, without an obstacle.

This is a facility of Japan Coast Guard.

Prior to use, please register at the entrance.

The use time is from 9:00 to 17:00.

The information, please look at http://www6.kaiho.mlit.go.jp/osakawan/link/link.htm.

 

About this photography

It was very fine on this day, so I felt great.

The photography is from 9:00 to 9:30 on December 9, 2015.

The following photos are arranged in order of the photography of the west direction from the south direction counterclockwise.

 

大阪湾海上交通センターについて

この屋上からは、360度、障害物なしに大阪湾、神戸、明石海峡、瀬戸内海が見渡せます。

ここは海上保安庁の施設です。

使用前に玄関で記帳して下さい。

使用時間は9:00~17:00です。

情報は、http://www6.kaiho.mlit.go.jp/osakawan/link/link.htmを見て下さい。

 

撮影について

この日は、非常に天気が良かったので気分爽快でした。

撮影は2015年12月9日の9:00~9:30です。

以下の写真は南方向の撮影から反時計回りで西方向の撮影への順に並んでいます。

 

2

< 2. Turning to the south >

< 2.真南を向いている >

 

3

< 3. View of Osaka gulf >

< 3.大阪湾を望む >

The top of Kongo-san was seen a little out of far distant cloud.

遥か遠く雲の上に金剛山の頂が覗いている。

 

4

< 4. Kobe harbor at far place of the opposite shore >

< 4.対岸の遠くに神戸港 >

 

Today, colored leaves, and blue of sea and sky are splendid.

Osaka is veiled in a haze.

今日は、紅葉と海と空の青さが素晴らしい。

霞がかかって大阪は見えない。

 

5

< 5. Turning to the north >

< 5.真北を向いている >

 

The opposite bank of this Akashi Strait is Akashi city.

明石海峡の対岸は明石です。

 

6

< 6. Harima Sea >

< 6.播磨灘 >

 

7

< 7. Turning to the west >

< 7.真西を向いている >

 

Shodo-shima Island is seen in the distance of the Seto Inland Sea.

At last, I enjoyed colored leaves this year.

 

瀬戸内海の遠くに小豆島が見える。

今年、やっと紅葉を満喫しました。

 

 

 

 

Categories: <english language, travel+photo | Tags: , , , , , , , , | 1 Comment

Taking a picture of nature 8: Autumn of plateau


自然を撮る 8: 高原の秋

1

  • * 1

 

I introduce photos offered by an acquaintance.

Today, I want you enjoy seeing some autumn scenes of plateau.

This photo’s season is late.

 

知人が提供してくれた写真を紹介します。

今日は、高原の秋を堪能していただきます。

少し時期がずれてしまいました。

 

 2

  • * 2

 3

  • * 3

 4

  • * 4

 5

  • * 5

 6

  • * 6

 7

  • * 7

 

These pictures were taken around Nagano prefecture at a year ago last autumn.

これは去年の秋、長野県を中心に撮影した写真です。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , , | 4 Comments

I visited colored leaves of Nara prefecture 1


奈良の紅葉を訪ねて 1

 

1-DSC05445

*1

 

I went to see colored leaves of Nara on November 19.

Today, I introduce the colored leaves of Shoryakuji temple in Nara prefecture.

 

この11月19日に奈良県の紅葉を見に行きました。

今日は奈良市菩提山町の正暦寺の紅葉を紹介します。

 

 2-DSC05456

< 2. Main hall and bell house >

< 2. 本堂と鐘堂 >

 

It was cloudy unfortunately.

The colored leaves in here seem to be at their best around this time yearly, but it in this year was not very good because it was warm.

However, I enjoyed red and yellow autumnal scenery.

I used a sightseeing tour.

 

この日はあいにくの曇りで、今にも雨が降って来そうでした。

寺のある谷間の紅葉は例年今頃が盛りなのですが、暖かいせいか良くないそうです。

今回は、四国発の日帰り観光ツアーに便乗しました。

1年1度の紅葉見物では当たり外れがあり、少し残念でした。

それでも赤や黄色の秋色を楽しみました。

 

 

 3 DSC05451

< 3. Bell house >

< 3. 鐘堂 >

 

 4 DSC05468

< 4. Memorial towers >

< 4. 供養塔 >

 

There are these memorial towers below the open space of the main hall.

It seems to be the priest’s grave of this temple.

 

この供養塔は本堂の広場を降りた所にあります。

この寺の僧侶の墓だそうです。

 

 

5-DSC05422

< 5. An approach >

< 5. 参道 >

 

6 DSC05357

7DSC05374

8DSC05391

< 6,7,8. Views from the gardens of a reception of the temple >

< 6、7、8. 福寿院客殿の庭先から >

 

9DSC05430

< 9. Colored leaves and a small stream >

< 9. 紅葉とせせらぎ >

 

10DSC05487

< 10. Colored leaves of Ginkgo >

< 10. 銀杏と紅葉 >

 

Next time, I introduce Chogakuji temple.

 

次回は、長岳寺を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 4 Comments

Went around Croatia and Slovenia 9: Plitvice Lakes National Park 2


クロアチア・スロベニアを巡って 9: プリトヴィッツェ湖国立公園 2

 

      1-DSC09826

  • * 1

 

Today, I introduce the last half of sightseeing in Plitvice Lakes National Park.

今日はプリトヴィッツェ湖国立公園紹介の後半です。

 

 2名称未設定-1-のコピー

  • * 2

 

 3名称未設定-1-のコピー-2

< 3. Kozjak lake >

< 3. コジャック湖 >

 

We rode this boat and went from wharf P1 to P2 of this lake, then climbed a little till the upper lake.

この湖を写真のボートに乗って桟橋P1からP2に行き、少し登って上流の湖に行きます。

 

4名称未設定-1-のコピー-3

< 4. A first lake of the upper stream 1 >

< 4. 上流側の最初の湖 1 >

 

 5a

< 5. A first lake of the upper stream 1 >

< 5. 上流側の最初の湖 2  >

Upper photo: The calcareous tufa attaches to those trees that died and sank, and new scenery will be created in this lake.

Lower photo: What a tasteful color of the lake that stagnated.

 

上の写真: 朽ちて沈んだ木に石灰華が付着し、湖に新たな姿が生まれる。

下の写真: 淀んだ湖のなんと味わいのある色か。

 

 6

< 6. Luxuriant forest and water >

< 6.豊かな森と水 >

 

This is last introduction of Plitvice Lakes National Park.

The area that we saw the sights of is only the half of this park.

But three hours passed in no time.

 

This splendid park was once a part of the Military Frontier that I ever introduced in “Port town Senj”.

 

This continues next time.

 

これでプリトヴィッツェ湖国立公園の紹介を終わります。

私達の観光した所は、湖沼群の下半分に過ぎません。

それでも3時間があっという間に過ぎました。

 

この素晴らしい公園が、かつては「港町セニ」で紹介した軍政国境地帯の一部でした。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , | 4 Comments

Went around Croatia and Slovenia 8: Plitvice Lakes National Park 1


クロアチア・スロベニアを巡って 8: プリトヴィッツェ湖国立公園 1

1

< 1. The cascades of Milka Trnina >

< 1. ミルカ・トルニナ滝 >

 

Today, I introduce the beautiful scenery consisting of the lakes and cascades being main feature of this trip on 2 times.

 

今日は、この旅行の目玉になっている湖沼群の美しい姿を2回にわけて紹介します。

 

 2map

< 2. Sightseeing map >

< 2. 観光地図 >

 

We saw the sights of the downstream that is a half of this park (the range of the map) on foot.

It was from 8:20 to 11:20 of September 1.

We started from the Entrance1 of the map, rode on a boat from P3 to P2, saw a little the sights of the upper streams, went to P1 by a boat, and finished our sightseeing at Entrance2.

On the way, we sufficiently enjoyed a forest bathing, because there was a break time of the waiting for a departure of the boat in P3.

 

It was beautiful weather, and we began to walk.

After a period of time, I sweat a little in strong sunlight.

I wonder if it’s because of an early morning, there weren’t many people, as a result, we were able to taste the nature leisurely.

 

私達はこの湖沼群の約半分の下流(地図の範囲)を徒歩で観光しました。

訪れたのは、9月1日の8:20~11:20です。

地図のENTRANCE1をスタートし、P3からP2まで船に乗り、上流を少し観光して、また船でP1に行き、ENTRANCE2で観光を終了しました。

途中、P3で船待ちの休憩があり、森林浴をたんのうしました。

 

素晴らしい快晴で、日射しが強く、歩き始めると少し汗をかきました。

朝早いせいか、人はそれほど多くなくゆったりと自然を味わうことが出来ました。

 

3DSC09598

< 3. The large waterfall of the Plitvica river on the right upper >

< 3.右にプリトヴィッツェ滝 >

 

In the center of the photo, the waterfalls of Sastavci and wooden paths over those are seen.

中央にサスタヴィッツィ滝とそれを跨ぐ桟道が見える。

 

4

  • * 4

Upper photo: A view of Kaluderovac.

Central photo: There are many trout in the transparent lake close to wooden paths.

Lower photo: A view of the downstream from wooden paths over the waterfalls of Sastavci.

 

上の写真:カルジェロヴァツ湖を望む。

中央の写真:桟道近くの透き通った湖水にたくさんのマスがいる。

下の写真: サスタヴィッツィ滝を跨ぐ桟道から下流を見た。

 

5

< 5. A blue lake, white cascades, and dark green >

< 5.青い湖水と白い滝、濃い緑が綾なす静寂 >

 

6DSC09733

< 6. A downward view from the entrance of a cave >

< 6. シュプリャナ洞窟の入口から下を望む >

 

There is a small limestone cave that can go through to the top in this big bedrock.

この大きな岩盤の中に、上に抜ける小さな鍾乳洞があります。

 

 

7DSC09766

< 7. The cascades of Milka Trnina >

< 7. ミルカ・トルニナ滝 >

 

I think this is typical scenery of these lakes and cascades.

この湖沼群の典型的な景観でしょうか。

 

Afterword

The whole of Dalmatia (the Adriatic coast) introduced later is almost covered with limestone like this park and Slovenia.

However, this scenery is greatly different from the scenery of Guilin in China.

The rainy quantity seems to bring the big difference of the scenery and agriculture in both areas.

 

This continues next time.

 

 

あとがき

後に紹介するダルマチア(アドリア海沿岸)一帯もここやスロベニア同様にほぼ石灰岩で覆われている。

しかしその景観は桂林と大きく異なる。

雨の多寡が、両地域の景観と農業に大きな違いをもたらしたようです。

 

私がつくづく感じたのは、スロベニアやクロアチアの人々は自然を大事にしていたことです。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , | 1 Comment

I visited Guilin 3: Boat tour of the Lijiang River 2


1-DSC03686

< 1. At 12:39, the front >

< 1.12:39、後方 >

 

Today, I introduce the last half of our boat tour of Lijiang River.

 

今日は、漓江下りの後半を紹介します。

 

 2 地図

< 2. This satellite photo shows the last half of the boat tour of the river. The upper side is north side and the upper reaches. >

< 2. 川下り後半部の衛星写真、上方が北で上流です >

 

The numbers of the satellite photo

6: The Painted Hill of Nine Horses. 7-8: Yellow Cloth Shoal. 8: Xingping town. 9: Yangshuo.

 

The course of this last half is from the Painted Hill of Nine Horses introduced last time to Yangshuo of the terminal port.

There still are various acute crests in the beginning of this last half, but these gradually become the gentle mountain image.

 

 

地図中の番号

6:九馬画山。 7~8:黄布倒影。 8:興坪。 9:陽朔。

 

後半は、前回紹介した九馬画山から終着の陽朔までです。

後半の最初はまだ奇峰が林立しているが、徐々になだらかな山影になっていく。

 

 

3

< 3.   These seem to be Yellow Cloth Shoal >

< 3.ここが黄布倒影らしい >

I photographed these two at between No. 7 and No. 8 of the above map.

 

Upper photo: At 12:00, the back.

A precipice of the right side is the Painted Hill of Nine Horses and much photos of Yellow Cloth Shoal seem to be taken from a little more down stream.

At this time, our lunch just began, and I missed a shutter chance while I had left the observation deck.

 

Lower photo: At 12:30, the back.

This photo resembles the Yellow Cloth Shoal of the 20-Yuan bill of China (the below figure).

“Yellow Cloth Shoal” means the mountains and sky clearly are reflected in the surface of the river.

 

At the departure, the observation deck was full of people, but people almost returned to the cabin after an hour and a half.

Persons that stayed in the observation deck until the last were fewer than 10 persons.

 

この二枚は地図の番号7~8で撮影した。

上の写真: 12:00、後方。

右手の絶壁は九馬画山で、多くの黄布倒影の写真はもう少し下流から撮っているようです。

この時、ちょうど昼食が始まり、展望デッキを少し離れている間にシャッターチャンスを逃した。

 

下の写真: 12:30、後方。

この写真は中国の20元札の黄布倒影(下図)と似ています。

もっとも黄布倒影と言うからには、川面に山影が鮮明に映っていなければならない。

 

出港時、展望デッキは人で一杯でしたが、1時間半もすると多くは船室に戻ります。

最後まで展望デッキに張り付いていたのは10名もいなかった。

 

 

4

< 4. Until Yangshuo >

< 4. 陽朔まで >

Upper photo: At 13:11. In the last half, an idyllic scene increased.

Center photo: At 13:35, the back. There is Snail Hill like putting a snail on a mountain in the left.

Lower photo: At 13:49, the front. A view of Yangshuo of the terminal port.

We passed through West Town full of tourists, and reached the big town of Yangshuo.

 

上の写真: 13:11。後半になると、のどかな光景に出会うようになります。

真ん中の写真: 13:35、後方。左にカタツムリを載せたような螺蛳山。

下の写真: 13:49、前方。終着の陽朔の町が見える。

桟橋から観光客で賑わう西街を抜けて陽朔の大きな町に至る。

 

5

< 5. Various scene 1 >

< 5. 様々な光景1 >

 

6

< 6. Various scene 2 >

< 6. 様々な光景2 >

Upper photo: Many boats come and go close to each other because the river is narrow.

There is one person who has a blue flag in front of the boat.

When navigating the left side, the person has a blue flag, and in the reverse case, he has a red flag.

 

Center photo: A small two pleasure boats.

In old days, these ships were made of bend bamboos, but these two boats were made fake bamboo by plastics.

 

Lower photo: Two men had been playing the thing like fishing.

 

上の写真: 船がすれすれで行き交う光景。

よく見ると前方で青い旗を持っている人がいる。

左側を航行する場合は青旗、右側は赤旗のようです。

 

真ん中の写真: 小型の遊覧船。

昔、船は竹を曲げて筏に組んだようですが、よく見ると樹脂製で似せてあります。

 

下の写真: 二人の男性が釣りらしきことをしていた。

 

 

7

< 7. Our lunch >

< 7. 昼食 >

Light photo: I took a picture of the kitchen of neighbor boat just before our departure.

Left photo: Our lunch.

 

At lunchtime, various dishes were served in the first floor cabin.

All persons of boarding party seem to have taken about 30 minutes for taking these dishes.

I got my wife to give me a little dishes because I didn’t want to lose of my time.

 

On the next time, I introduce different sightseeing.

 

右の写真: 出港直前、隣の船の台所を撮影。

左の写真: 我々の昼食。

 

昼食時、1階の船室にバイキング形式の料理が並ぶ。

客が全員、料理を取り終えるのに30分ぐらいかかったように思う。

私は時間がもったいないので、妻の料理を少し分けてもらった。

 

次回は、別の観光を紹介します。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: I visited Guilin, travel+photo | Tags: , , , , | 2 Comments

Went around Croatia and Slovenia 2: Lake Bled


クロアチア・スロベニアを巡って 2: ブレッド湖

 

1

< 1. Assumption Church in Bled Island >

< 1. ブレッド島の聖マリア教会 >

 

Today, I introduce a lake in the Julian Alps of northwestern Slovenia.

 

Once again, I take the liberty of resting from my blog for one week.

 

 

今日は、スロベニア北西部の山岳部にある湖を紹介します。

 

また、勝手ながら1週間ほど、ブログを休ませていただきます。

 

 2地図

< 2. The map of lake Bled >

< 2. ブレッド湖の地図 >

A blue point is our hotel. A blue arrow is the road from Ljubljana.

Two black marks are main spots for photographs on the lakeshore.

A red arrow shows the north.

No.1: Bled Castle.

No.2: Church.

No.3: Assumption Church and Bled Island.

No.4: A boat dock that is used for crossing to Bled Island.

 

 

 

青点が宿泊ホテル。青の矢印がリュブリヤナからの進路。黒マークが湖畔の主な撮影地。赤い矢印は北を示す。

番号1: ブレッド城。

番号2: 教会。

番号3: 聖マリア教会とブレッド島。

番号4: ブレッド島に渡るボート乗り場。

 

 

Lake Bled

This lake is at an altitude of 500 m in a basin that was surrounded by Julian Alps, its length is about 2 km, and is famous of scenic spot.

On the lake, there is one island that Assumption Church has been built in.

Bled Castle is on top of a cliff of the northern shore and there is other church at the right side.

A main street of hotel district led up from the lakeshore, and it is about 10 minutes from Hotel Krim that we stayed in to the lakeshore on foot.

 

Main itinerary

In an evening of August 30, we arrived at the hotel, and I walked around the lakeshore at the night.

In the next day, I took a picture from before dawn.

After breakfast, we went to the boat dock (No.4) for sightseeing, crossed to the island by a rowing boat, and fully enjoyed the landscape of Lake Bled from about 7:00 to 8:30.

 

ブレッド湖

この湖は長さ約2kmで、アルプスに囲まれた標高500mにあり風光明媚で有名です。

湖には聖マリア教会が建つ島があり、湖の北岸の断崖にブレッド城、その右に教会があります。

ホテル街が湖畔から伸びており、私達が泊まったHotel Krimから湖畔まで歩いて10分ほどです。

 

主な行程

8月30日の夕刻、私達はホテルに到着し、私は夜の湖畔を散策し、次ぎの日、夜明け前から湖畔で撮影した。

観光は朝食後、バスで④ボート乗り場に向かい、手漕ぎボートで島に渡り、約7時~8時半までブレッド湖の風景を満喫しました。

 

3DSC09022

< 3. Before dawn, Bled Castle (No.1) on the right side and the white church in Bled Island (No.3) on the left side. I photographed at 4:57      >

< 3. 夜明け前の①ブレッド城(右)と③ブレッド島の教会(左の白い塔)。4:57撮影 >

 

4ブレッド城の朝

< 4. Bled Castle >

< 4. ブレッド城 >

Upper photo: The castle (No.1) had glowed red and the church (No.2) had come whiter against the darkness, at 3:25.

Central photo: The sky increased brightness a little, at 4:53.

Lower photo: Before dawn, but Mt. Triglav that is the highest mountain in Slovenia with an elevation of 2864 meters began to become red.

This mountain is used to the national flag of Slovenia.

The sunrise of this day was about 6:20, but it seems to have become bright after 7:00.

 

上写真: ①赤く照らされた城と②白い教会が暗闇に浮かび上がる。3:25。

中写真: 空が微かに明るさを帯びて来た。4:53。

下写真: まだ日の出ではないが、スロベニアの最高峰トリグラウ山2864mが赤味を帯び始めた。5:25。

この山はスロベニアの国旗に使われている。

この日の日の出は6:20分頃で、実際、明るくなるのは7時過ぎでしょう。

 

 

5全景

<  5. A view from the boat dock (No.4), at 8:30 >

<  5. ④ボート乗り場からの眺め。8:30 >

 

6島の教会

< 6.   Crossing to the island >

< 6. 島に渡る >

Upper photo: Assumption Church (No.3).

Central photo: The inside of the church.

Many tourists tolled a bell that grants a wish with pulling the rope.

Sad thoughts of a woman in old days spread over the surface of the lake gently.

Lower photo: This handsome man has succeeded to the family business of rowing boat for generations.

It was very fresh morning on the surface of the lake.

 

上の写真: ③聖マリア教会。

中の写真: ③教会の内部。ロープを引き、願いが叶うとされる鐘を鳴らす観光客。

一人の女性の悲しい思いが今も湖面に静かに広がっていく。

下の写真: 代々、手漕ぎボートの家業を受け継ぐ美男。

実に爽やかな朝の湖上でした。

 

7島からの眺め

< 7. Views from the island >

< 7.島からの眺め >

Upper photo: Bled Castle stands on the top of the cliff.

Central photo: A view of east side.

World-class rowing matches often were opened here, and people had exercised that day also.

 

上の写真: 断崖絶壁に立つブレッド城。

中の写真: 東側の眺め。

ここは世界的なボート競技が行われる所で、この日も練習が行われていた。

 

8その他

< 8. Comforting environments >

< 8. 心が洗われるひと時 >

Left photo: Assumption Church (No.3), at 5:53.

Right photo: Bled Castle (No.1) and a church (No.2), at 8:34.

 

左の写真: ③聖マリア教会。5:53

右の写真: ①ブレッド城と②教会。8:34

 

9ふれあい

< 9. A lakeshore >

< 9. 湖畔  >

Upper photo: The main street of hotel district led up from the lakeshore.

Central photo: A lakeshore that I visited in the morning.

Lower photo: A family enjoyed lake bathing near the boat dock (No.4).

 

上の写真: ホテルやレストランが並ぶ湖畔に通じるメインストリート。

中の写真: 朝の散策で訪れた湖畔。

下の写真: ボート乗り場付近で湖水浴を楽しむ家族。8:35

 

Postface

It was very balmy time under a brilliantly sunny morning.

Bled lake was cleanliness and its nature was unspoiled.

 

This continues next time.

 

 

あとがき

快晴で清々しい朝でした。

ブレッド湖は観光化されているが清潔で自然保護が行きとどき、素晴らしい一時を過ごせました。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , | 4 Comments

Went around Croatia and Slovenia 1: introduction


クロアチア・スロベニアを巡って 1: はじめに

 

             1-コトル DSC00885 

< 1. A cathedral of Kotor old city and castle walls that surround the mountain at the back >

< 1.コトル旧市街の教会と山に巡らした城壁 >

 

I saw the sights of 4 countries (Slovenia, Croatia, Montenegro, Bosnia and Herzegovina) in the Balkan Peninsula facing the Adriatic Sea and Doha (Qatar) in the Arabian Peninsula.

It was very wonderful travel.

I was heavily involved in the glittering sights of the Adriatic Sea, in the magnificent nature, in the ancient city that keeps still living and in their life.

I introduce this trip by many photographs from now.

 

私はアドリア海に面したバルカン半島の4ヵ国(スロベニア、クロアチア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ)とアラビア半島のドーハ(カタール)を観光して来ました。

実に素晴らしい旅行でした。

私は陽光輝くアドリア海と大自然、今も生き続ける古代都市と人々の暮らしにどっぷり浸かって来ました。

これから、多くの写真を使い旅行の様子を紹介します。

 

 2 ドブロブニク DSC00337

< 2.   Seeing Dubrovnik old city below from a top of the hill >

< 2. 眼下に見えるドブロブニク旧市街 >

 

Summary of this trip

I joined a tour organized by a tour company with my wife.

Travel schedule were from Saturday, August 29, 2015 to Sunday, September 6.

We shuttled between Kansai International Airport and Zagreb Airport via Doha Airport by airplanes.

We went around the actual place by a bus.

 

Good points of this trip

We visited five world heritages, two capitals, and other three sightseeing spots, and were able to contact the history, nature and people’s life.

We were able to enjoy walk because there was the free time from approximately 1 hour to 1.5 hours in each sightseeing spot.

Almost everyday, we were able to enjoy walk around our hotel in morning and evening a little.

 

Slightly bad points of this trip

In the end of August, the lingering summer heat is still intense, and the shadow of photograph appeared strongly.

It was a little regrettable that there wasn’t a half day of free time.

 

 

旅行の概要

ツアー会社:(株)ジャンボツアーズ

ツアー名 :パート2 夢のクロアチア・スロベニア5ヵ国9日間

旅行日  :2015年8月29日(土)~9月6日(日)

主な行程 :関空・ドーハ経由・ザグレブ空港間を往復。現地は総べてバス移動。

 

この旅行の良かった点

催行人員14名で大型バスに乗ったので、移動が楽で観光がスムーズだった。

世界遺産5ヵ所と首都2ヵ所、観光地3ヶ所を訪れ、歴史と自然、暮らしに接することが出来た。

OPなし、全食事付きで最も安い旅行だった。

各観光地での自由時間が約1~1.5時間ほど有り、ほぼ散策を楽しめた。

ヨーロッパのバカンス時期だったので、その賑わいを感じることが出来た。

毎日のホテル着がPM6~7時台になったが、朝夕、ホテル周辺の散策が楽しめた。

ベテラン添乗員とツアー会社の誠意が感じられた。

 

少し不満な点

年のせいで、私は連日の徒歩観光で足が張ってしまった(体力の問題)。

私に不満はないが、3ヵ所のホテルは排水が不安でシャワーを使用した。

8月末は残暑厳しく、また写真撮影で陰影が強く出てしまう。

半日程度の自由時間が無かったのが少し残念だった。

 

3 地図2

< 3. Maps indicate our tourist route >

< 3. 観光ルートを示す地図 >

Upper map: A red frame shows 4 countries that we saw the sights.

Lower map: No. 1 – 14 line up in order of the visiting, and show main sight spots (red point) and our hotels (blue point).

Orange lines show the route of our bus.

2 = Ljubljana. 3 = Lake Bled. 4 = Postojna Cave. 5 = the port town of Senj. 7 = Plitvice Lakes National Park. 8 = Neum. 9 = Dubrovnik. 10 = Kotor. 11 = Mostar. 12 = near Trogir. 13 = Split. 1 and 14 = Zagreb.

 

上図: 赤枠は観光した4ヵ国を示す。

下図: 番号1~14は訪問順序で、主な観光地(赤丸)と宿泊地(青丸)を示す。

橙色の線はバス移動の経路を示す。

番号の説明:②首都リュブリャナ観光、③ブレッド湖泊と観光、④ポストイナ鍾乳洞観光、⑤港町Senjで休憩、⑥プリトヴィッツェ近郊泊、⑦プリトヴィッツェ湖観光、⑧ネウム泊、⑨ドブロブニク旧市街観光、⑩コトル旧市街観光、⑧ネウム泊(2連泊目)、⑪モスタル市内観光、⑫トロギル近郊泊、⑬スプリト旧市街観光、①⑭首都ザグレブ泊と市内観光。

 

4古都

< 4. Sightseeing in ancient cities >

< 4. 古都観光 >

A numeral in each photo is a numeral in the maps.

11: Stari Most (stone bridge) in Mostar.

14: Cathedral in Zagreb.

13: Diocletian’s Palace in Split.

 

以下、写真の数字は地図の番号です。

11: 中央にモスタルの石橋。

14: 中央にザグレブ旧市街の大聖堂。

13: スプリトのディオクレティアヌス宮殿跡。

 

5 湖群

< 5. The biggest waterfall in Plitvice Lakes National Park >

< 5. プリトヴィッツェ湖のプリトヴィッツェ滝 >

 

6 自然

< 6. Two natures that karst plateau made >

< 6. カルスト台地が造る自然 >

7:   Plitvice Lakes National Park.

Upper photo of No. 4: Gate of Postojna Cave.

Lower photo of No.4: Inside Postojna Cave.

 

7: プリトヴィッツェ湖。

4の上図: ポストイナ洞窟の入口・出口。

4の下図: 洞窟内。

 

 

7 景観

< 7. Splendid view >

< 7. 素晴らしい景観 >

3: The church in an island of Lake Bled.

6: Early morning around our hotel in the neighborhood of Plitvice Lakes National Park.

12:   Sunrise of Trogir old city viewed from a beach of our hotel.

 

3: ブレッド湖の島の教会。

6: プリトヴィッツェ湖近くのホテル周辺の早朝。

12: ホテルの海岸から見た古都トロギルに昇る朝日。

 

8 自然

< 8. Magnificent nature >

< 8. 大自然 >

A: Mountain range on a border between Slovenia and Austria.

B: A view of the Adriatic Sea (near Rijeka?).

C: Fiord in the neighborhood of Kotor.

 

A: スロベニアとオーストリアの国境の山脈。

B: アドリア海を望む。Rijekaリエカ辺り。

C: コトル近郊のフィヨルド。

 

 

9 町

< 9. Ttownscape >

< 9. 街並み >

5: Port town Senj of the Adriatic Sea.

D: A fortress and town that stands on the cliff of Dalmatia area (the Adriatic Sea coast).

14: The Triple Bridge and a church in Ljubljana.

 

5: アドリア海に面した港町Senj.

D: ダルマチア地方(アドリア海沿岸)の崖の上に立つ要塞と町。

14: リュブリャナの三本橋と教会。

 

 

10 教会

< 10. Various religions >

< 10. 様々な宗教 >

10: An old church of Serbian Orthodox Church in Kotor. The inside is different from Catholic.

2:   Catholic cathedral in Ljubljana.

11: An Islam church of Mostar.

 

10: コトルのセルビア正教会の古い教会(内部がカトリックと異なる)。

2: リュブリャナのカトリック大聖堂。

11: モスタルのイスラム教会。

 

11 その他

< 11. Touch to living >

< 11. 生活を感じる >

8: A street in Mostar. The bullet mark of an outer wall shows a civil war of this time.

11:   The shore of Grand Hotel Neum. People enjoyed sea bathing at night.

14: The premises in Zagreb Central Station at early morning.

 

8: モスタルの通り。外壁に銃弾跡が今次の内戦を物語る。

11: ネウムのホテルの海岸。夜に海水浴を楽しむ人々。

14: ザグレブ中央駅の構内。早朝の散策にて。

 

12 食事

< 12. Meal and shopping >

< 12. 食事とショッピング >

6: A trout dish of a restaurant in the neighborhood of Plitvice Lakes National Park.

14: Dolac Market (fruit and vegetable) in Zagreb was a full of tourists and local people.

E: A roadside restaurant.

 

6: プリトヴィッツェ湖近くのレストランでマス料理。

14: 観光客と地元の人で賑わうザグレブのドラツ青果市場。

E: ドライブイン。

 

13 ドーハ

< 13. Views from airplane and Doha >

< 13. 航空写真とドーハ >

F: Views from airplane from Doha to Zagreb at little distance from Zagreb.

G: A photo just before a landing to Doha.

H:   Souq Waqif ( market) in Doha.

 

F: ドーハからザグレブへの機内から撮影。ザグレブ近郊。

G: ドーハへ着陸直前に撮影。

H: ドーハのワキーフスーク(市場)を観光。

 

14 人々

< 14. People whom I met up >

< 14. 巡り会った人々 >

I:   Ban Jelacic Square in Zagreb.

J: At a border checkpoint to Slovenia from Croatia.

H: A local guide of Ljubljana.

 

I: ザグレブのイェラチッチ広場にて。

J: クロアチアからスロベニアに向かう国境検問所にて。

H: リュブリャナにて。現地のガイドさん。

 

Now, things that I think about this trip

Before going, I thought that Balkan countries became waste by the civil war and were underdeveloped.

But, I became to have good impression toward local people, while our bus had run on the shoreline of the Adriatic Sea and I had seen them at many towns.

I felt envious of the people who lived in a relaxed way in abundant or wild nature.

On the other hand, I touched a scar of the civil war and a traffic jam in a border checkpoint and saw difference between various races and religions.

Then a question arose.

Why did the people in this area have to suffer?

 

I introduce this travel and the appearance of Balkan countries from various viewpoints.

 

This continues next time.

 

 

 

今、思うこと

行く前は、バルカン諸国を内戦で荒れ、遅れた国々ぐらいしか思っていなかった。

しかしアドリア海の海岸線を走り、多くの町で地元の人々に触れていくと好感を持つようになった。

豊かであり荒々しくもある自然に、ゆったりと暮らす人々が羨ましく思えた。

一方で、内戦の傷痕や国境検問所の渋滞に接し、様々な民族と宗教の違いを見ると疑問が沸いてくる。

なぜ、この地域の人々は苦しまなければならなかったのか?

 

今回の旅行記も、様々な視点でバルカン諸国の様子をお伝えします。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , , , , , , , , | 2 Comments

淡路島 国営海峡公園 11: 夏の日 2


    1 

< 1.「パームガーデン」のサンゴシトウ >

 

今日は、8月4日の公園の花々を紹介します。

この日は日射しが強く、雲は無いが霞みが淡路島を覆っていた。

 

 

 2

< 2.今を盛りと咲くヒマワリ >

「大地の虹」の北側では27品種、約24000株のヒマワリが順次開花し8月中旬まで見られます。

今、花はヒマワリが一番です。

 

 3

< 3.ヒマワリと「ポプラの丘」 >

ヒマワリの向こうに「花の中海」と「ポプラの丘」が見える。

 

 4

< 4.「大地の虹」の「花火鳥」 >

春はここら辺りでチューリップが目を楽しませてくれた。

 

 

 5

< 5.「ポプラの丘」の下側 >

ピンクや白、黄のポーチュラカなどが咲いています。

 

あとがき

公園内を歩いていると、多くの作業者が花壇の植え替えや手入れを行っていた。

炎天下での作業、ご苦労様です。

平日は来園者が少ないが、それでも海外―香港や台湾、韓国から来られた家族連れを見かけました。

淡路島に来ていただいたたことを嬉しく思います。

 

 

 

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 6 Comments

鳥取旅行 5: 白兎海岸と鳥取港


    1 

< 1.旅番組の収録に出会いました >

 

今日は、三徳山を出てから鳥取港までを紹介します。

鹿野城跡や白兎海岸、鳥取港海鮮市場を訪れました。

 

 2

< 2. 鹿野城跡 >

上の写真: ここを登って行くと天守閣跡がある。

下の写真: 立派な外堀。「鳥取県観光案内」HPから借用しました。

 

鹿野城跡

三徳山から山越えで鳥取方面に抜けていくと山中鹿介の墓がありました。

その近くに立派な堀と石垣を持つ鹿野城跡があります。

この城は戦国時代末期の亀井氏が造ったもので、亀井氏は山中鹿介の義理の子でした。

この鹿野町には、当時商業で栄えた街並みや通り名が残っていました。

 

3 

< 3. 白兎海岸と白兎神社 >

上図: 神話「因幡の白うさぎ」。HPから借用。

中央の写真: 白兎海岸。この右手すぐの山側に白兎神社がある。

下の写真: 白兎神社。由緒ある神社のようです。

 

 

 4

< 4. 鳥取港海鮮市場「かろいち」 >

 

ここは賀露港にある市場で、海産物店や土産品店、レストランなど集まっている。

この市場内を巡っていると、スタイルの良い美人が一人近くに立っていました。

それが写真1の石野洋子さんでした。

 

私達の目当ては、ここでの昼食でした。

 

5

< 5. 昼食 >

上の写真: 「かろいち」の三つの食堂の一つ。

私は値段が手頃な、この店を選びましたが、地元の常連客が多かった。

中央の写真: 私の昼食、日替わり定食800円なり。

中身の多さに驚き! カレイ、タコ、イカ、エビがある。

下の写真: モサエビ丼。

モサエビは地元漁師の隠れた名物だそうで、旬でもあり妻が注文しました。

 

二品とも味は「並」ですが、地元の海鮮を食べた満足感はありました。

 

次回は、最後の紹介になります。

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 4 Comments

淡路島 国営明石海峡公園 3: 丘陵部


 

1

< 1. 「ポプラの丘」のチューリップ >

 

今回は、公園中央部にある丘と森を紹介します。

日本の自然景観が巧みに造形され、特に高台からの見晴らしが素晴らしいです。

主に「せせらぎ広場」、「空のテラス」、「月のテラス」、「水の岩戸」などを巡りました。

写真は3月28日撮影分です。

 

 2map

< 2. 丘陵部の地図、ピンクの星印が主な撮影地点 >

 

3

< 3. 「せせらぎ広場」など >

一番上の写真: せせらぎ広場。左上部に「空のテラス」が見える。

上から二番目の写真: 「空のテラス」から「せせらぎ広場」を見下ろす。

左側にチューリップが綺麗な「風の丘」、その向こうが「移ろいの庭」、大阪湾が見えます。

 

4

< 4. 満開の桜 >

この公園では「春一番の丘」で100本の河津桜が3月に一番初めに咲きます。

後は、色々な桜が順番に咲いていきます。

今が最盛期です。

 

5

< 5.「月のテラス」と「ポプラの丘」 >

今、チューリップが日増しに咲き誇るようになってきました。

最盛期は4月5日~10日ですが、既に見応えがあります。

色とりどりに咲くチューリップ、ムスカリ、水仙が、山と海が迫る斜面に咲いています。日射しが暖かくても潮風が吹いて爽やかな散策が楽しめます。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | 4 Comments

淡路島 国営明石海峡公園 1: 花のフェアが始まりました


     1DSC06123

< 1.花火鳥 >

 

今、淡路花博2015が淡路島全域で行われています。

その内の国営明石海峡公園の様子を、これから2ヶ月間に渡ってお知らせします。

今日は、その最初で、写真は3月26日撮影分です。

 

 2DSC06129

< 2.「大地の虹」から撮影、右手に「花火鳥」が見える >

「花火鳥」は淡路島大震災からの復活を願って花で作られた不死鳥です。

 

 

みどころ

期間中、頻繁に色々な催事が行われており皆で楽しめます。

今、花では桜、アカシア、水仙、チューリップ、ムスカリが綺麗に咲いています。

この期間中、最大の見応えは60万株300種類のチューリップで、次ぎから次ぎへと咲いて行きます。

今は早咲きのチューリップが咲き、最も咲き誇るのは4月5日から10日頃でしょう。

 

淡路島国営明石海峡公園について

ここは淡路島の北端にあり、明石海峡大橋を渡って直ぐの所にあります。

この公園は海と山に抱かれた雄大な日本庭園と花園です。

長さ1.3kmの中に花壇、池、丘、林、芝生公園、遊園地が配されています。

また隣接して淡路夢舞台(ホテル、レストラン、ショッピング街、温室など)があります。

 

淡路花博2015、花みどりフェアについて

期間   3月21日~5月31日

開催場所 淡路島国営明石海峡公園と夢舞台、淡路ファームパークとイングランドの丘、他3箇所。

 

3名称未設定-2

< 3. 写真撮影地点はピンクの星印「大地の虹」 >

地図右側が北方向です。

 

4名称未設定-1

< 4.同じ場所から三方向を見た >

上から北、西、南側を撮影した写真です。

一番下の写真に、ホテルと夢舞台の施設が写っている。

 

5DSC06110

< 5.「花の中海」とその奥に「ポプラの丘」 >

 

ここはチューリップ花壇を一望出来るスポットの一つです。

チューリップはここ以外にもレイアウトを凝らした花壇で見られます。

 

この日は朝夕涼しく、昼間は快晴でそよ風が吹き、気持ちの良い日でした。

 

次回は、海岸沿いのバーベキュー広場を紹介します。

 

 

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 4 Comments

Winter seashore in Awaji Island 2


 

淡路島 冬の海岸2

 

     1

< 1. a view of the sun rising over Osaka bay > 

< 1. 浦港から見た大阪湾に昇る朝陽 >

 

Today, I introduce the sceneries of Higashi-ura seashore of Awaji Island.

Photographing spots are the seashore or the harbor of Ooiso, Ura and Kariya.

 

I took a picture on February 25.

This day, clouds were rising in the morning, furthermore I couldn’t take a broad view because haze and yellow dust veiled.

However, the clouds disappeared from the afternoon, and it became balmy and spring weather.

 

 

今日は、淡路島、東浦海岸の景色を紹介します。

撮影地点は大磯、浦、刈屋の港や海岸です。

 

2月25日に撮影しました。

この日の朝方は雲がかかり、さらに霞と黄砂で遠望がきかなかった。

しかし午後からは雲が無くなり、爽やかな春の陽気になりました。

 

2

< 2.   Higashi-ura seashore in Osaka bay seen from three sides >

< 2. 三方から見た東浦海岸、大阪湾 >

 

Photos: about 7:00 and 12:40, February 25, in Ooiso and Ura.

Ooiso harbor of the top photo was crowded with departure and arrival harbor for ferries until Akashi Kaikyo Strait Bridge spanned.

 

写真:2月25日、7:00頃と12:40頃、大磯港と浦港。

一番上の写真の大磯港は、かつて明石大橋が架かるまでフェリーの発着で賑わっていた。

 

3

< 3. sea gulls in the morning sun >

< 3. 朝陽を浴びて群れるカモメ >

 

Photos: 7:12, February 25, in Ura.

写真:2月25日、7:12、浦港。

 

 

4b

< 4. ship and birds >

< 4. 船と鳥 >

 

Upper photo: 7:25, February 25,in Kariya harbor.

These seem to be young bird and a parent bird.

Lower photo: at 14:50, February 8, in a cloudy day.

A lot of sea gulls crowded around a fishing boat returning to a harbor.

 

上の写真:2月25日、7:25、刈屋港。幼鳥と親鳥のようです。

下の写真:2月8日、14:50、曇り。たくさんのかもめが港に帰る漁船に群がっている。

 

5

< 5. Kariya harbor >

< 5. 刈屋港 >

 

Photos: at 14:50, February 8, in a cloudy day.

I photographed it during a walk, but after that, it began to drizzle immediately.

 

On the next time, I introduce Iwaya harbor and Akashi strait.

 

写真: 2月8日、14:50、曇り。

散歩中に撮影したのですが、この後すぐに小雨が降り始めました。

 

次回は、岩屋港と明石海峡を紹介します。

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 10 Comments

Traveled to Spain and Portugal 2: Introduction


1トレド 

< 1. Toledo being a capital in the Middle Ages(No.4 in the following map) >

 

I introduce splendid scenery, remains, ancient constructions, climate, culture and the countenance of people.

I tell you the impression, the pleasure and the surprise that I was experienced in this trip.

I introduce useful information such as shopping, a meal and taking a picture, too.

 

素晴らしい景観や遺構、風土、文化や人々の表情を紹介します。

旅行で味わった感動や楽しみ、驚きをお伝えします。

ショッピングや食事、カメラ撮影、事件などの役立ち情報も紹介します。

 

 The map of this itinerary: the number indicate the order of visiting main sightseeing spots and two green arrows show air access 

< 2. The map of this itinerary: the number indicate the order of visiting main sightseeing spots and two green arrows show air access >

 

Summary of the trip

 

I traveled with the package tour “Traveling all over Spain and Portugal for 13 days, the Andalucia districts of the passion” by tropics.

We ran the distance 3500km or more by bus and visited 18 sightseeing spots including world heritage 15.

We did not encounter rain even though the rainy season, rather it was almost fine weather.

Other than the tourist route, I enjoyed walking around town at several times, taking a walk around the hotel at the morning and evening, and then shopping.

Wife and I took 5000 photographs in sightseeing spots and from the bus.

 

旅行の概要

トラピックスのツアー「情熱のアンダルシア地方を巡る!!13日間のスペイン・ポルトガル」で旅行しました。

全行程3500km以上をバスで走り、世界遺産15を含む18箇所の観光地を訪問した。

雨期に反して、まったく雨に遭わず、むしろほとんど快晴でした。

観光コース以外に、数回の自由な町歩き、ホテル周辺での朝晩の散歩、ショッピングを楽しんだ。

観光地とバスの車窓から妻と二人で総計5000枚の写真を撮りました。

 

What I want to introduce in this travel report.

* The wonderful scene of the city, the fortress, the town.

 

旅行記で紹介したいこと

*都市や城砦、街並みの素晴らしい景観

 

 Porto(14) are famous for wine, Portugal 

< 3. Porto(14) are famous for wine, Portugal >

 

 Fortress city Avila(17), Spain

< 4. Fortress city Avila(17), Spain >

 

Capital Lisbon (12) of Portugal

< 5. Capital Lisbon (12) of Portugal >

 

The ghetto( Jew town) of Seville(9), Spain

< 6. The ghetto( Jew town) of Seville(9), Spain >

 

*Wonderful constructions and remains

*素晴らしい建築や遺構

 

 The Alcazar( castle) of Segovia(18), Spain 

< 7. The Alcazar( castle) of Segovia(18), Spain >

 

The aqueduct bridge of Segovia

< 8. The aqueduct bridge of Segovia(18) >

 

Plaza de Espana of Seville (9), Spain 

< 9. Plaza de Espana of Seville (9), Spain >

 

Alhambra of Granada (7), Spain 

< 10. Alhambra of Granada (7), Spain >

 

 

*Various churches

*様々な教会

 

 Metz Kita (mosque) of Cordoba(6), Spain

< 11. Metz Kita (mosque) of Cordoba(6), Spain >

 

 The Catholic church in the Metz Kita 

< 12. The Catholic church in the Metz Kita >

 

The Sagrada Familie of Barcelona  

< 13. The Sagrada Familie of Barcelona (1) >

 

The influence of the Roman Empire, Islam, Judaism, and Christianity (Catholic) is mixed on the city and the construction of both countries.

In the Middle Ages, the both countries pulled overseas trade and triggered the prosperity of the science and study of Europe.,

They produced hilltop solid fortress, luxurious churches and royal palaces, the magnificent monastery and traditional universities.

The two countries that greatly influenced world and Japan in the Age of Geographical Discovery seem to stray now.

I felt the wonder directly.

 

両国の都市や建築には、ローマ帝国、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教(カトリック)の影響が混じり合っている。

中世には、世界の海外交易を牽引し、ヨーロッパの科学や学問隆盛の引き金となった。

それらが点在する堅牢な山城、贅を極めた教会や王宮、壮大な修道院、伝統を誇る大学を生みだした。

大航海時代、世界や日本に多大な影響を与えた両国は、今、迷走しているように思える。

その不思議を直に感じて来ました。

 

 

*A vast and dry firm ground

*広大な国土と乾燥した風土

 The Windmill of La Mancha

< 14. The Windmill of La Mancha (5) >

 

.  A way to Ronda(8)

< 15. A way to Ronda(8) >

 

In Iberian Peninsula that I looked from the bus, gently rolling wilderness and cultivated field spread out.

In Spain, vast arid cultivated field was outstanding and when we went away from a city, we could not watch almost human figure and village.

In Portugal, there was much forest and were dotted with private houses.

I introduce the landscape to you with much photo.

 

 

バスの車窓から見るイベリア半島は、緩やかな起伏に富んだ原野と耕地が広がる。

スペインでは広大な荒れ地の耕地が目立ち、都市から外れれば人影や村を見ることは少ない。

ポルトガルは森林が多く、民家が点在する。

各地の広大でのどかな風景を写真で紹介します。

 

*Passion and heretical culture and art

*情熱と異端の文化と芸術

 

 fado of Lisbon

< 16. fado of Lisbon(12) >

 

La maja desnude of Goya, Museo National del Prado in Madrid(3), by Wikipedia

< 17. La maja desnude of Goya, Museo National del Prado in Madrid(3), by Wikipedia  >

 

I experienced flamenco in Spain and fado in Portugal.

I appreciated the picture of Goya, Greco and Velazquez in Museo National del Prado and a church of Toledo.

I introduce the highlight that I recommend.

 

スペインでフラメンコ、ポルトガルでファドのショーを体験しました。

プラド美術館とトレドの教会で、グレコやゴヤ、ベラスケスの絵をたんのうしました。

私が感じた見所を紹介します。

 

*Pleasant meal and shopping

*楽しい食事とショッピング

 

 shopping in La Ronda on the cliff (8) 

< 18. shopping in La Ronda on the cliff (8) >

 

a big supermarket in Granada(7)

< 19. a big supermarket in Granada(7) >

 

.  the lunch in the walking around town of Lisbon

< 20. the lunch in the walking around town of Lisbon >

 

I introduce the meal in my taking a walking around town and the meal of this tour.

I introduce supermarkets, main streets, souvenir shops and drive-ins.

 

ツアーの食事や町歩きでの食事を紹介します。

スーパーや大型ショッピングセンター、大通り、土産物店、ドライブインを紹介します。

 

*The walking around town is exciting

*ハラハラドキドキの町歩き

 

 .  San Bento Station in Porto(14) 

< 21. San Bento Station in Porto(14) >

 

.  Riverside restaurant in Porto 

< 22. Riverside restaurant in Porto >

 

A Elevador( cable car) in Porto

< 23. A Elevador( cable car) in Lisbon >

 

I took route bus (Autocarro), Metro, tramcar (Eelectrico) and cable car ( Elevador), and I thoroughly enjoyed Lisbon and Porto of the slope into the night.

I introduce the impression and the experience.

 

路線バス、地下鉄、トラム、ケーブルカーを乗り継ぎ、坂道のリスボンとポルトの町を夜遅くまで堪能しました。

感動や体験を紹介します。

 

*The people whom I met

*出会った人々

 

 Youths who finished Santiago pilgrimage(15) in Spanish

< 24. Youths who finished Santiago pilgrimage(15) in Spanish >

 

In both countries, people from all over the world live together, particularly Portugal.

Above all, I was impressed with the delighted youths of Santiago pilgrims.

I introduce some smiles.

 

両国、特にポルトガルでは世界中の人々が共に暮らしている。

中でも、サンティアゴ巡礼で出会った若者の歓喜する姿には感動した。

幾つかの笑顔を紹介します。

 

*Travel information

*旅情報など

 

I introduce Qatar Airways, new Doha Airport, my visited hotels, the taking a picture and the property loss.

 

From the next time, I begin this travel report.

 

 

カタール航空や新ドーハ空港、宿泊ホテル、写真撮影、両替、盗難事件など、今回知った旅の知識を紹介します。

 

次回から、写真をまじえ思い付くままに旅行記を連載します。

 

 

 

 

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal, travel+photo | Tags: , , , , , , , | 2 Comments

Awaji Island of early autumn: Nature that I found at my kitchen garden


cluster amaryllis

< 1. cluster amaryllis >

 

The voice of insects that told the vestiges of summer heat already disappeared and autumn came gradually.

From my yard and my kitchen garden, I introduce the autumn harvest and the breath.

 

暑さの名残を告げる虫の声も消え、いつしか秋が訪れました。

自宅の畑と庭から、秋の実りと息吹を紹介します。

 

 full moon on Osaka Bay 

< 2. full moon on Osaka Bay >

 

a full view of my kitchen garden, a fruit and a flower of pumpkin, eggplant 

< 3. a full view of my kitchen garden, a fruit and a flower of pumpkin, eggplant >

 

.  beans and flowers

< 4. beans and flowers >

 

This year is a good harvest

We did not need to buy other than cabbage and lettuce about vegetable for over one month, because the vegetables that could be taken from my kitchen garden were good harvests.

This summer, there were many delightful things.

Any one of two kinds of watermelons and oriental melons being fresh came to be provided at the dessert almost everyday.

The malus of my yard produced first the red fruit after ten years when we planted it.

 

今年は豊作

今年は畑から採れる野菜が豊作で、ここ1ヶ月以上、野菜でキャベツとレタス以外は買わずに済みました。

今年の夏は、嬉しいことがたくさんありました。

採れたての小玉ズイカ、黄ズイカ、まくわうりのいずれかが毎日のように食卓のデザートに上るようになりました。

庭の姫リンゴが、植えて10年経って初めて赤い実を付けました。

 

an insect and a butterfly, a watermelon, malus 

< 5. an insect and a butterfly, a watermelon, malus >

 

Impressive encounter

Although there were a lot of new things this year, I introduce to you impressive encounter at the end.

It was a time when I did watering to the green soybean that we planted as always every year.

Suddenly, a small brown thing went ahead several meters quickly.

If I looked gingerly, it was a small rabbit.

It is settling in for about one week.

Therefore the watering became my fun.

It seemed to have escaped from the mountain nearby.

The rabbit is not going to escape in a large way.

This situation is new one since we started the kitchen garden ten years ago.

Until now, I have had a chance to nurture a larva of swallowtail butterfly attaching to leaf of carrot.

It is a good old memory.

 

 

ときめく出会い

今年は始めてのことが多かったのですが、最後に感動的な出会いを紹介します。

それは毎年植えている枝豆にいつものように水やりをしている時でした。

突如、茶色の小さなものが数m小走りに動きました。

恐る恐るのぞくと小さなウサギでした。

ここ1週間ほどは、住み着いてくれています。

それからと言うもの、水やりが楽しくなりました。

近くの山から逃げて来たようです。

ウサギはまだ私達には懐いていませんが、大きく逃げようともしません。

このようなことは、10年前から畑をしてから始めてのことです。

今までに、人参の葉についたアゲハチョウの幼虫を蝶まで育てたことがありました。

幼虫の世話、蝶との別れが今でも、懐かしく思い出されます。

 

the rabbit

< 6. the rabbit >

 

I thank to be able to contact with this nature these days.

 

自然と触れ合えることに感謝する今日この頃です。

 

 

Categories: essay, <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 6 Comments

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市にメシアが現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也、を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!