Posts Tagged With: nuclear power

The society and the information 34: Information crosses the border 8


社会と情報 34: 国境を越える情報 8

 1原発2   

< 1. Chernobyl nuclear power plant disaster >

< 1チェルノブイリ原発事故 >

 

Following on from the last time, I consider about the report of ”Chernobyl nuclear power plant disaster” in 1986.

This time, we look how the government and media of Europe and America utilized this nuclear power plant disaster.

If you formerly read “The society and the information 32,33”, you may more understand.

 

前回に続いて、1986年のチェルノブイリ原発事故の報道について考察します。

今回は、欧米の政府やマスコミがこの原発事故を如何に利用したかを見ます。

「社会と情報 32、33」を先に読んで頂くと判り易いです。

 

Insistence and report of Europe and America

“ If Gorbachev has already lost the trust of neighboring countries in the peaceful uses of nuclear energy, nobody believes the statement that he reduces the nuclear weapon toward the world” by New York Times in America

 “ The level of the safety management was very low in nuclear energy of the Soviet Union, and, as a result, the risk of the nuclear power disaster has increased extraordinarily” by The Times of the Union

 “ Our nuclear power generation technology is fundamentally different from the thing of the Soviet Union, and many safety measures severalfold are provided” by spokesperson of the White House

 “ The atomic energy will be “good thing” in future for many countries. The nuclear power plant of this Soviet Union is “evil”. But it is not good that you assume all atomic energy to be bad” by a presidential assistant of the White House

 “ Everywhere is graves. The dead 15,000 seemed to have been buried in the job site of the nuclear power plant accident? ” by The New York Post of America

 “ Chernobyl nuclear power plant isn’t the structure that shuts away the fissionable material leaking from the furnace. But all American nuclear power plants are covered with the safety shield of concrete and steel” by Atomic Industrial Forum

 

 

欧米の主張と報道

「ゴルバチョフが核エネルギーの平和利用の分野で、すでに近隣諸国の信頼を失っているとすれば、核兵器を減らしますと世間に向かって喧伝したところで、そんなものは誰も信じない」米国のニューヨーク・タイムズ

 

「ソ連の原子力は安全管理の水準が並外れて低い。その結果、原子力災害を起こす危険性は並外れて高まってしまった」英国のタイムズ

 

「我々の原子力発電技術は、ソ連のものとは根本的に違っており、数多くの安全対策が幾重にも備え付けてあります」ホワイトハウスの報道官

 

「原子力は今後も多くの国にとって“善き事”であり。・・今回のソ連の原発が“悪”だからと言って、それを理由に原子力を十把一からげにダメだと決めつけては、ならないのであります。」ホワイトハウスの主席補佐官

 

「どこもかしこも墓だらけ、原発事故現場に死者1万5000体を埋葬か・・」米国のニューヨク・ポスト

「チェルノブイリ原子力発電所は、炉から漏れ出た核分裂物質を封じ込めておく構造にはなっていない。しかし米国のすべての原子力発電所は、ソ連ではほとんど装備されていない鋼鉄とコンクリートの防護壁で覆い包まれている」原子力産業フォーラム

 

2新聞

< 2. a newspaper report >

< 2. 新聞報道 >

 

The main point and the aim of the report

“ The Soviet Union is a barbarian slave nation to hardly mind the preciousness of the human life”

 

“ The industrial technology of the Soviet Union is retreating year by year”

 

“The Soviet Union does not tell the truth and is untrustworthy in liars”

 

In the announcement of the Soviet Union, the dead by the accident were 2 at first, after that it became 32.

However, Europe and America reported that the dead were from thousands to the tens of thousands.

If the rumor that the Soviet Union is liar and cannot manage itself spread, the U.S. government is advantaged in the nuclear disarmament.

The most important was that they get the national to believe that this nuclear plant accident never occurs in Europe and America

In those days, OECD (Europe and America) was increasingly depending on the nuclear energy.

And the U.S. did not get an order entry of the nuclear power plant since a nuclear power plant accident of Three Mile Island in 1979.

 

 

報道の要点と狙い

「ソ連は人命の尊さなどはほとんど気にかけない野蛮な奴隷国家である」

 

「ソ連の工業技術力は年々歳々後退している」

 

「ソ連は真実を告げず、嘘つきで信用できない」

 

ソ連は事故による死者が当初2名で、後に32名と公表しており、欧米は数千から数万の死者が出たと報道していた。

米国政府は、ソ連が嘘つき国家、管理が出来ない国家として流布されれば、核軍縮の場で有利になる。

一番重要なことは、この原発事故が欧米の原発では絶対起きないことを国民に印象づけることでした。

当時、OECD(欧米)は原子力エネルギーに頼りつつあり、かつ米国は79年のスリーマイル島の原発事故以来、原発の受注が1台もなかった。

 

During about three weeks after the accident, the government and media of Europe and America spread to the national the false rumor and the blame of the sort.

 

However, the truth became known before long, and the report was revised inconspicuously.

But the government and the atomic energy group were able to achieve the purpose enough.

 

こうして事故後の3週間ほどの間に、欧米の政府とマスコミは異口同音に、批難とデマを流した。

しかしやがて真実が知れ、その論調は目立たないよう修正されたが、政府や原子力団体は十分に目的を果たすことが出来た。

 

3レーガン

< 3. Reagan and Gorbachev >

< 3. レーガンとゴルバチョフ大統領 >

 

Inspection of the false rumor

“ As for the number of the casualties, the number of nuclear reactors that encountered a fire, and fire extinguishing, after all, the contents which the Soviet Union announced first were almost right. Journalists that truly received the information of Reagan government reported directly, but after all, it wasn’t right” by Scientist publication of atomic era

 

“ Even the government of our country was tricking the national concerning the purpose and the safety of development business of American nuclear energy in the various levels in recording from time to time, and was doing the information hiding” by Bernstein of American reporter

 

The Chernobyl disaster happened in April 1986, but two furnaces being the same type of the Soviet Union had operated in the United States in those days.

Furthermore the more dangerous nuclear reactor for the nuclear weapon production without the bulkhead had operated, and amazingly it was four.

The Soviet Union had learnt lessons from Three Mile Island accident, and executed the remodeling of the safety shield.

 

In other words, the United States was telling a falsehood

 

 

デマの検証

「死傷者の数とか、火災に遭った原子炉の数とか、火災鎮火などの重大な問題に関して、結局、ソ連が当初発表した内容のほうが、概ね正しかった。一方、レーガン政権が流した情報は、ジャーナリストたちが真に受けて報道したものの、結局、正しくなかった」原子力時代の科学者広報

 

「我が国の政府だって、米国の原子力開発事業の目的や安全性をめぐって、時に応じて様々なレベルで自国民を騙したり、情報隠しを行ってきたのだ」米国記者のバーンスタイン

 

チェルノブイリ原発事故は86年4月に起きたが、当時、米国ではソ連と同型炉が2基稼働していた。

防護壁の無い核兵器製造用の危険な原子炉がさらに4基稼働していた。

ソ連はスリーマイル島事故の教訓を生かし、防護壁を備える改造を行っていた。

 

つまり、米国が嘘を言っていた。

 

4原発事故

< 4. nuclear power plant accident of Fukushima >

< 4. 福島の原発事故 >

 

Afterward

The Japanese public opinion had increased in an opposition to nuclear power generation, because of a spate of nuclear power plant accidents, too.

The electricity industry that had trouble by it came to pay away annual advertisement to costs 100 billion after this, and the public opinion increased in the agreement since after four years.

 

Since when the ash of Chernobyl disaster fluttered to the ground, the handling of the nuclear power generation came to divide between Germany and France.

Germany regarded this situation as dangerous and the scientist published it, and the public opinion changed to an opposition to the nuclear power plant.

France hid this situation, and the opposition movement did not become lively.

 

Such groundless rumor and agitation are performed repeatedly, and before long the truth isn’t seen in darkness.

 

 

その後

日本の世論も相次ぐ原発事故で原発反対に傾いていった。

さしも困った電力業界は、これ以降、年間広告費を1000億にし、4年後から世論は賛成へと向かっていった。

 

チェルノブイリ原発事故の灰が舞い降りた、ドイツとフランスでは対応が別れることになった。

ドイツは、この事態を危険とし科学者は公にし、原発反対へと路線を切り替えた。

フランスでは、この事態を隠し、反対運動は盛り上がらなかった。

 

面白いことに、日本科学未来館がフランスの原発優位について、以下のように語っています。

フランスは、政府によるリスクコミュニケーションが成功した好例にも挙げられます。フランスの国民は、・・原発にともなうリスクを理解した上で、経済効果などの利点や安全対策をふまえ、原発に賛成しています。」2011年5月18日(東北大震災の2ヶ月後)

この団体には日本原子力学会がいます。

 

こうしたデマや煽動が繰り返し行われ、やがて真実は闇の中に見えなくなってしまうのです。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, politics, science, Series: The society and the information, uncategorized | Tags: , , , , , | Leave a comment

The society and the information 33:  Information crosses the border 7


 Kremlin

< 1. Kremlin >

 

This time also, following the last time, I see how the Soviet Union reported the nuclear plant accident that happened in Ukraine.

    今回は、前回に続いてウクライナで起きた原発事故をソ連がどう報道したかを見ます。

 

 Gorbachev and Reagan

< 2. Gorbachev and Reagan >

 

In 1985, Gorbachev advocated perestroika (reform), and was inaugurated as the supreme leader of the Soviet Union.

This was just a year before the nuclear plant accident.

He developed the following opinions about this nuclear plant accident at home and abroad and corresponded.

 

1985年、ゴルバチョフがペレストロイカ(改革)を唱えてソ連の最高指導者に着いた。

これは原発事故のちょうど1年前のことでした。

彼はこの原発事故に対して以下の主張を国内外に展開し、対応した。

 

A. The atomic energy is the original sin of the human civilization, and the accident is the wrath of Heaven.

Taking this opportunity, he appealed for the menace of the nuclear weapon and stopping the nuclear test within the country, and then progressed the agreement of the nuclear weapon reduction between the United States.

It proceeded to the conclusion of the Cold War in 1989 year before long.

Probably, the nuclear plant accident was used for an excuse of stopping the arms race that had weakened the national power.

 

A 原子力は人類文明の原罪であり、事故は天罰である。

彼はこれを機に国内に核兵器の脅威を訴え、核実験停止、米国との核兵器削減合意を進めた。

やがて89年の東西冷戦終結へと向かう。

おそらくは国力を削ぐ軍拡競争中止の口実に原発事故が利用されたのだろう。

 

 B.  The western media discharge falsehood reports, and are trying to trample us.

“Thousands of casualties appeared one after another, and all around became full of graves. The whole land of Ukraine was polluted by the radioactivity, and the capital became the wasteland where the trees and plants would not grow.”

He said that he demanded the confidence in the government to the people, because the west had been reporting such lie.

The people will be always exposed to such news that truth and falsity were mixed in, and were different at home and abroad.

 

B 西側メディアは虚偽報道を垂れ流し、我々を踏みにじろうとしている。

「何千もの死傷者が出て、辺り一面は墓だらけになっている。ウクライナ全土が放射能で汚染され、首都は草木も生えぬ荒れ地になった。」

こんな嘘が西側では報道されているとし、国民に政府への信任を求めた。

国民はこの手の内外で対立する真偽が混じった報道にいつも曝されることになる。

 

.  Outskirts city of the Chernobyl nuclear plant became ruins 

< 3. Outskirts city of the Chernobyl nuclear plant became ruins >

 

C. This accident is a maximum example of the bad effect of the old regime.

This accident brought the new government two help.

One thing made the accident liability the incompetence of the local administrative organ (Ukraine) of the Communist Party, and the bad effect of the central old regime.

This made the unskillful handling of the new administration less noticeable.

On the other hand, the government announced that the scientists of the Soviet Union had shut away the radioactivity of the accident and the measures were perfect.

 

C この事故は、旧体制の弊害の最たるものである。

この事故は新政権に二つの救いをもたらした。

一つは、事故責任は共産党の地方機関(ウクライナ)の無能さと中央の旧体制の弊害とした。

これに応じて組織刷新と処罰が進められ、新政権の対応の拙さは目立たなくなった。

一方で政府はソ連の科学者達が事故による放射能を封じ込め、処置は完璧であるとした。

 

Shevardnadze 

< 4. Shevardnadze >

 

The other was a good opportunity to infiltrate the information disclosure at home and abroad.

Shevardnadze that was appointed the foreign minister carried out already the information disclosure partly in Republic of Georgia and had shown the results.

The government showed the details of the accident and the damage, accepted the inspection of the American Nuclear Regulatory Commission, and promoted the nuclear power accident coverage taken by the domestic media organization.

The image of the new government that will sweep away the bad effect due to the secretiveness was able to spread at home and abroad.

 

In those days a chief editor of newspaper “Pravda” talked of complaint that the information disclosure had not really advanced toward.

This newspaper was continuing revealing a lack of a plan of the government about the accident against the governmental bureaucrat-ism and the secretiveness.

 

今一つは、グラスノッチ(情報公開)を国内外に浸透させる絶好の機会となった。

情報公開は外相に抜擢されたシェワルナゼが、既にグルジア統治時代に一部実施し成果を挙げていた。

政府は、事故と被害の詳細を公開し、米国の原子力規制委員会の査察受け入れ、国内報道機関による原発事故の取材を推し進めた。

それまでの秘密主義による弊害を一掃する新政府のイメージを国内外に浸透させることが出来た。

 

当時、新聞「プラウダ」の編集長は、実際には情報公開が一向に進んでいないと愚痴を語っていた。

この新聞は、政府の官僚主義や秘密主義に対抗して、事故をめぐる政府の無能無策を暴き続けていた。

 

Summary

This big accident became the big favorable wind for the new Gorbachev Administration.

On the other hand, in Japan, the nuclear plant accident became a factor that condemned the new government for.

 

まとめ

大きな事故がゴルバチョフ新政権にとっては、またとない追い風となった。

一方、日本において、原発事故は新政権を断罪する要因になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , , | 4 Comments

The society and the information 32: information crosses the border 6


.  Chernobyl nuclear power plant disaster

< 1. Chernobyl nuclear power plant disaster   >

 

From this time, we look about the negative side of the information running over the world.

As we have already seen, when the information was true, human-rights abuse was stopped, and conflict was suppressed, and also democratization was possible by inspiring people.

However, if that information were distorted, what would have happened?

The news of Chernobyl nuclear power plant disaste    r was typical example of manipulation of information, and the eeriness was remarkable.

 

今回より、世界を巡る情報がもたらす負の側面について見ていきます。

今まで見てきたように、その情報が真実であれば、人権侵害を食い止め、紛争を抑え、さらには国民を奮起させ民主化を可能にしました。

しかし、それらの情報が歪曲されていればどうなったでしょうか?

チェルノブイリ原発事故報道は情報操作の典型例であり、その不気味さが顕著です。

 

 Pollution range

< 2. Pollution range   >

 

The outline of the Chernobyl nuclear power plant disaster

In 1986, the nuclear power plant disaster of the worst level 7 (it is the same as the Fukushima nuclear power plant disaster) happened in the Ukraine of the Soviet Union.

The origin of the accident was this: when conditions of low output power had occurred at the time of a stress test, because the operating staff was panicked by it, they canceled the safeguard and tried to return it normally.

However, the nuclear reaction adversely was runaway, and several seconds afterward, the reactor core melted down and exploded.

The accident cause depends on the test having been just carried out in a structural unstable condition (defect).

But also it may be said that it was not generated if the judgment and the handling of the control officer are right (it is always the same).

 

チェルノブイリ原発事故の概要

1986年、ソ連のウクライナで最悪のレベル7(福島原発事故と同じ)の原発事故が起こった。

切っ掛けは、ストレステスト時に予想外の低出力状態になり、運転員がそれに慌てて安全装置を解除して平常に戻そうとしたことによる。

しかし逆に核反応が暴走し、数秒後に炉心が溶融し爆発した。

事故原因は、そのテストが構造上の不安定条件(欠陥)でちょうど行われたことによるが、運転の監督官の判断や対応が正しければ起こらなかったとも言える(いつも同じ)。

 

.  Worker after the nuclear power plant disaster

< 3. Worker after the nuclear power plant disaster >

The burst size of the radioactive material was 400 times the atomic bomb of Hiroshima.

After one day, it arrived at Sweden on the wind, and was observed throughout the Northern Hemisphere after half a month.

At first, the Soviet Union government did not respond to the situation seriously, and concealed the accident at home and abroad.

Therefore, with being defenseless, a lot of persons that had been sent to fire fighting or restoration work got heavily bombed.

 

放射性物質の放出量は広島の原爆の400倍で、1日後には風に乗ってスウエーデンに届き、半月後には北半球全域で観測された。

ソ連政府は、当初、事態を深刻に受け止めず、国内外に事故を秘匿した。

為に、消火活動や復旧工事に大量の人を送り込んだが、彼らは無防備で大量被爆することになった。

 

changes in thyroid disease person of neighboring country Belarus

< 4. changes in thyroid disease person of neighboring country Belarus, yellow = adult, blue = young man, red= child, vertical axis = number of patient /100000 people >

 

The clear damage were 33 worker’s deaths at the first stage, people’s migration of 130,000, and the pollution area of 130,000㎢.

However, a large number of the diseases and the deceased persons that were doubted of radiation exposure increased rapidly afterwards among the associated workers or the local inhabitants.

It is assumed that the deceased persons by the accident are from several hundred to hundreds of thousands of people.

But, because the causal relationship cannot be proved, the formal announcement is nothing (it is always the same).

 

明確な被害は、初期に対応した33名の死亡、13万人の移住、汚染地域13万k㎡でした。

しかしその後も関連した作業者、地域住民から多数の死者や放射線被曝を疑われる病気が急増した。

事故による死者は数百から数十万人が想定されているが、因果関係を証明することが出来ず、正式な発表には至っていない(いつも同じ)。

 

newspaper report 

< 5. newspaper report >

 

How would the world report it?

Originally, although the truth should have been reported, the reports were written with respective strong speculation.

For the Soviet Union, the accident was the biggest catastrophe.

This nuclear reactor was an independent developmental technique, and also government management.

The world was in the middle of the U.S. and Russia Cold War.

Moreover, many European and American advanced nations were promoting the nuclear power plant industry, and nuclear power plant industry had grown in greatness.

Once, a prominent American nuclear reactor scholar repeated theoretical calculation, and concluded, “A nuclear power plant disaster is lower than the probability that a meteorite will fall to Yankee Stadium.”

 

Next time, I look at the reports in East and West.

 

世界はどのように報道したのだろうか?

本来、真実が報道されるべきでしょうが、それぞれに大きな思惑が働きました。

この事故はソ連にとって動天驚地の大惨事であり、この原子炉は自前の開発技術で、国営でもありました。

世界は米ソ冷戦の最中でもありました。

また多くの欧米先進国は原発を推進しており、原発産業は巨大化していました。

かつて米国の著名な原子炉学者は理論的な確率計算を積み重ね「原発事故はヤンキースタジアムに隕石が落ちる確率よりも低い」と結論づけていました。

 

次回から、東西の報道を見ていきます。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, politics, Series: The society and the information | Tags: , , , | Leave a comment

Something is strange 32 : people don’t want to mention a fear


Director Yoshida

    < 1. Thank you for Director Yoshida. I pray for the bliss of his dead. >

 

What is the greatest fear for you?

Is it nuclear missiles from North Korea or 20,000 nuclear weapons in the world?

Do you not overlook the fear that may happen close at hand?

 

皆さんにとって最大の恐怖は何でしょうか?

北朝鮮からの核ミサイル、それとも世界にある2万発の核兵器でしょうか?

皆さんは、身近で起きるかもしれない恐怖に目をつむっていませんか?

 

Introduction

A storage dam may rarely collapse

Strangely, people’s fear for the collapse is few if people live right under the dam than if people live down stream.

To feel fear is necessary for prevention of danger, but it is difficult to look straight.

 

 

はじめに

希に貯水ダムが決壊することがあります。

不思議なことに、離れた下流よりも、ダムの直下で暮らす方が決壊への恐怖は少ないのです。

また、必ず起こる災厄や災害を、遠い将来の事として深刻に受け止められない人もいます。

恐怖を感じることは危険防止には必要ですが、直視することは困難です。

 

the accident of Tokai-mura 

< 2. the accident of Tokai-mura >

 

Past fear

In 1999, workers were stirring liquid solution with a bucket in a certain factory carelessly as always.

However, suddenly, the bucket began to shine palely and alarm equipment blared.

This was the beginning of the Tokai-mura JCO criticality accident.

This became two-person death, one-person serious injury, about 700-person radiation exposure, and 300,000-person stayed within doors.

The amount of damage totaled tens of billions of yen.

 

This accident investigation reported, ” the direct cause was all the act of the worker, and thing that should be blamed for was a deviation act of the workers”.

The worker was not aware that the slipshod operation of this workplace might cause a chain reaction of atomic fission.

Many nuclear plant accidents are such things in fact.

 

 

過去の恐怖

1999年、ある工場で溶液の攪拌をバケツで行っていたところ、いつものように気楽に・・・。

ところが、突如、バケツが青白く光り出し、警報装置が鳴り響いた。

これが、歴とした原子炉燃料供給会社で起こった東海村JCO臨界事故の始まりでした。

これにより、3名の作業者の内、放射線被曝で2名死亡、1名重傷、約700名被曝、住民30万人の屋内退避、風評被害や補償の被害総額数百億円となった。

 

この事故調査は「直接の原因は全て作業者の行為にあり、責められるべきは作業者の逸脱行為である」と報告している。

これは間違ではない。

この職場ぐるみの手抜き作業が核分裂の連鎖反応を起こすことを、作業者は自覚していなかった。

もっとも、多くの原発事故はこのようなものですが。

 

model of the implements that was used at the accident

< 3. model of the implements that was used at the accident >

 

What is more fearful?

After the accident, evacuation began on the site immediately, and nobody was going to stop a chain reaction of atomic fission by approaching it.

A member of the Government safety committee scolded executives of the factory who had been backing away.

“ Now if we don’t do it, it becomes more and more terrible”

Before long, while the staffs were exposed to the fear of the radiation, they staffs began to enter the factory and performed work such as casting boric acid.

After 20 hours, it was the end at last.

 

Without the daring action of this member of safe committee and the staffs, it would cause great disaster.

 

何が恐ろしいのか

事故後、直ちに現場では退避が始まり、誰も近づいて臨界を止めようとしなかった。

そこに国から連絡を受け乗り込んだ安全委員(学者)が、逃げ腰の幹部を叱咤した。

「今、やらなければ取り返しのつかないことになる」

やがて職員らは、目に見えない放射線の恐怖に曝されながら、数回に分けて内部に突入し、ホウ酸を投入するなどの作業を行い、20時間後に終息させた。

 

もし、この安全委員と職員の果敢な行動がなければ、大災害を招いただろう。

 

Accident of the first Fukushima nuclear power plant

< 4. Accident of the first Fukushima nuclear power plant >

 

In fact, the same incident was taking place

It was a nuclear power plant disaster of Fukushima on March 11, 2011.

Although Director Yoshida sleeplessly had been performing desperate response until morning of the 15th sequentially, later he knew that 90 percent of the whole staffs had evacuated without apology.

The core damage became serious day by day, and the director abandoned hope temporarily.

Therefore, probably, the staff would feel it.

The chains of command of Tokyo Electric Power Company had collapsed, and the upper echelon backed away, and the staff’s despair only deepened.

However, the hard fight of Yoshida and the remained staffs was rewarded and this accident came to calm down in the end of the day miraculously.

 

 

実は同じ事が、起きていた

それは2011年3月11日の福島の原発事故でした。

15日の朝も引き続き、吉田所長は不眠不休で必死の対応を行っていたが、9割の職員が勝手に退避していたを知ることになる。

炉心損傷は日増しに深刻の度を増し、所長は一時、諦めかけており、それが職員には伝わったのだろう。

東電の指揮命令系統は崩壊し、上層部は逃げ腰で、彼らの絶望は深まるばかりだった。

しかし、吉田氏と残った者の苦闘が実を結び、その日の午後、奇跡的に沈静化することになった。

 

Emergency Plan Room of the Nuclear Power Plant

< 5. Emergency Plan Room of the Nuclear Power Plant >

 

True fear

The Investigation Committee on the Accident had interviewed Director Yoshida for the mentioned situation, but they didn’t make an issue of it in the report at all.

Why was that?

In many cases, the scientist of the important post have tendency to not touch the meaningless sentiment or uncontrollable disaster.

What they should report is only a thing being able to improve.

 

However, truly, important thing is to seek the settlement with catching essence of the uncontrollable fear.

If it could not become calm, what had happened?

This fear is repeated.

 

 

本当の恐怖とは

政府事故調(畑村委員長)は、吉田所長に上記状況の事情聴取を行っていたが、その報告書ではまったく問題にしていなかった。

それはなぜだろうか?

とかく要職にある科学者は、無意味な感傷、言い方を変えれば、手の施しようの無いものには触れない傾向があります、すべてではないが。

彼らの報告すべきは、あくまで改善可能なことなのです。

 

しかし真に重要なことは、この手の施しようの無い恐怖を如何に捉え、そこから答えを求めるべきです。

もし沈静化出来なければどうなっていたのだろうか。

この恐怖は繰り返されている。

 

What is the true problem?

A problem of Japan is exposed there.

After all, the predisposition that they could not break out of the government policy has appeared also in cowardly result of the unconstitutional examination of the Supreme Court.  

It means that I delegate all authority to the government.

Naturally, the predisposition to avoid the exhibition of this Yoshida record is also similar.

People can learn many things from the past failure.

 

Finally, I feel major relief about the people who accomplished till the last without escaping with facing the fear of death.

I owe you my gratitude.

 

真の問題とは

そこには日本の抱える問題が露呈している。

結局、政策ありきから抜け出せない体質(お上にお任せ)は、最高裁の違憲審査のふがいなさにも現れている。

当然、この吉田調書の公開を避ける体質も同様です。

人は、過去の失敗から多くのことを学ぶことが出来るのですが。

 

最後に、死の恐怖に向き合いながら逃げることなく、最後までやり遂げた人々がいたことに大いなる救いを感じ、感謝する次第です。

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, politics, science, Series: Something is strange | Tags: , , , , | 2 Comments

A background of the nuclear plant accident 3: Is there reliability?


大飯原発, nuclear power plant, Fukui Prefecture, Japan 

< a nuclear power plant in Oicho, Fukui Prefecture, Japan

They had publicly said before the accident, “The nuclear plant is an absolute safety.”

But the people who related to the nuclear power plant cannot be relied upon.

We see about synthetic reliability of the nuclear power plant.

 

 

日本の原発は公的に「絶対安全である」と言い続けられてきました。

しかし原発に関わる人々がまったく信用出来ない状態に陥っていました。

原発の総合的な信頼性について見ます。

 

 

 

< active fault >

The problem of the nuclear power plant industry

The criticality accident occurred in Tokaimura, Japan in 1999, when some workers were doing work to dissolve 2.4 kg of uranium with a portable bucket.

The damage of the accident became two-person death, 700 bomb victims, 310,000 staying indoors persons, and the claimable amount may become from 60 billion yen to 15 billion yen.

This operation was main work of this company, a possibility of nuclear explosion (criticality), and occurred clearly in slipshod work site.

At this time, the head of the accident-analysis committee has stated.

“All direct causes are in a worker’s act, and the worker’s deviance only should be blamed.”

Another piping damage accident occurred since the position of a fastening plate was not regular, and they also were considering it as the trifling attachment mistake.

On the other hand, they supposed the Chernobyl nuclear power plant disaster happened by the low-level human error, and presupposed that it is never thought in Japan.

Here are two problems.

They thought that if a worker carries out it with regular procedures, there is no accident.

The accident of high frequency has denied it. 

The accident of nuclear explosion (criticality) is beyond man’s control.

In the nuclear power plant disaster of Tokaimura and Fukushima, only desperate field operation enabled the end.

Naturally the automatic safeguard is not helpful, they must operate it in the killer radiation that they cannot interrupt and cannot watch.

The accident of Tokaimura occurred 34 years after the first nuclear power plant started.

Therefore, the reliability of the organization and people is remarkably inferior.

 

 

原発企業の問題

1999年、東海村で臨界事故が発生した、その時、作業者がウラン2.4kgを簡易バケツで溶解する作業中だった。

その事故の被害は2名死亡、重傷1名、被爆者700名、屋内退避者31万人、損害賠償額150~600億円となった。

この作業は主要な仕事で核爆発(臨界)の可能性があり、明らかに職場ぐるみの手抜き作業であった。

 

この事故調査委員長は、「直接の原因は全て作業者の行為にあり、責められるべきは作業者の逸脱行為である。」と述べている。

別の配管損傷事故は止め金具の位置が正規でない為に起きたとし、同様に、些細な取付けミスとしている。

一方でチェルノブイリ原発事故は程度の低い人為ミスが重なったとし、日本では考えられないとした。

ここに二つの問題がある。

作業者が正規通りに行えば事故は無いと言う彼らの意識である。

高頻度の事故がそれを否定している。

核分裂の事故は人間の手に負えないということです。

東海村と福島の原発事故において、その終息を可能にしたのは命がけの現場作業でした。

当然、安全装置は働かず、彼らは目に見えず、遮ることの出来ない、致死にいたる放射線相手に作業をしなければならないのです。

 

 

東海村の事故は原発開始から34年後に起きた。その組織と人々の信頼性は著しく劣る。

 

 

大型振動台1000トン用,The vibration table for 1000 tons

< The vibration table for 1000 tons 

The Atomic Energy Society of Japan

The Atomic Energy Society is writing their idea over an accident to the report magazine at five months after the Fukushima accident.

「・・the economic damage was equal to  the national budget・・ We must be determined to do it.・・・

 as the emergency happened beyond expectation, we escape from it…・・・we forsake the result of efforts, I do not think it wise to depend on alternative energy at a stretch.・・」

「Height 15 m tsunami beyond consumption of 5 m attacked the nuclear power plant.・・we need to improve the tsunami height to assume.・・the tsunami height which should be assumed is not the maximum height which can be considered, it is the tsunami height assumed on a design.・・」

I feel anger for this comment.

Since they will prepare a rule beyond expectation and are going to still escape responsibility.

While they know the size of the damage, they prepare still a tsunami height that is beyond expectation and want to escape responsibility.

 

 

日本原子力学会

原子力学会は福島事故の5ヶ月後、会報誌に事故への考えを書いている。

「・・国家予算規模の経済的な打撃が・・それを覚悟しなければなるまい。・・・・・非常事態に直面したからと、想定外であったと逃げ腰になり、・・・努力の成果を見捨てて、一気に新エネルギーを頼るのは賢明とは思えない。・・」

「設計で考慮した高さ5mを大幅に超える津波15mが発電所を襲った。・・・想定する津波に対する考え方を見直すことが必要である。・・想定すべき津波高さは、考えうる最大高さではなく、あくまでも設計上想定する津波高さであり、・・」

私はこのコメントに怒りを感じる。

 

 

彼らは被害規模を知りながら、まだ想定外の津波高さを設けて、責任を逃れようとしている。

 

 振動シミュレーション,oscillating simulation by a computer,  dangerous on a containment vessel

< oscillating simulation by a computer, red placesare dangerous on a containment vessel >

The proper authorities and a government

The Nuclear Safety Commission consists of 390 scholars who teach at university.

They have no authority of a supervisor and have no responsibility.

The electric power company that constructs the nuclear power plant only conducts investigation of an earthquake and tsunami.

Also the company does it after the site location was decided.

The active fault of the seismic source attracted attention 20 years after the first nuclear power plant started.

Once this country said that a nuclear power plant did not build on an active fault.

However, when things were discovered, the prime minister said in Parliament at 2008.

I cannot say that it is unsuitable only since a nuclear power plant is on an active fault.

This is a very irresponsible utterance.

 

 

Next time you see about the peculiarity of a nuclear power plant disaster.

 

 

 

監督官庁と政府について

原子力安全委員会は390名からなる審議会で、監督の権限はなく、責任はない。

電発設置の電力会社が地震や津波の調査を行う。それも立地場所が決まってからである。

地震源の活断層が注目されたのは原発が作られてから20年後である。

かつて国は活断層直上に原発は建てないと言ってきた。

しかしことが露見すると08年国会答弁で首相は言った。

「原子炉施設が活断層の上にあることのみをもって不適合となるものではない」

これは実に無責任な発言です。

 

 

次回は原発事故の特殊性について見ます。

 

 

 


Categories: <english language, opinion, politics, science, Series: A background of the nuclear plant accident | Tags: , , , , , | 1 Comment

A background of the nuclear plant accident 2 :  Is it safe?


 原発事故 reactor containment vessel of Fukushima in Japan

< reactor containment vessel of Fukushima in Japan >

 This time nuclear accident in Japan was in depend on a direct cause and indirect causes.

Although the great earthquake caused the accident, the defect of the tsunami protection measures and the electric power unit in a nuclear power plant enlarged the damage.

A unified group of industry, government office, and academic society pressed down the security measures to the low level.

There are the social structure cannot reveal the corruption, and there are the peculiar corporate culture in Japan.

This time, we look back upon the safety of a nuclear power plant.

 

日本の今回の原発事故には直接、間接の原因が複合していました。

大震災が事故を招いたのですが、原発の津波対策と電源装置の不備が被害を大きくしたのです。

一体化した業界、官庁、学会が安全策を低めに放置した。

ここに日本独特の組織文化と腐敗を暴けない社会構造があったのです。

今回は、「原発の安全」を振り返ります。

 

航空機離陸 A takeoff of an airplane

< A takeoff of an airplane >

What is safety?

The safety of equipment is estimated by a safety ratio, a rate of accident, and reliability.

For example, the safety ratio of an airplane is about 1.2 times.

If the maximum breaking load is 1 ton or less, it is considered that the equipment destroyed at 1.2 tons is safe.

If we consider this ordinarily, it will be fearful, but the aircraft has very few accidents compared with other vehicles.

The reason is in the thorough tests by destruction and endurance, the strict management of the manufacture and the operation, and the improvement by the accident analysis.

This has been making reliability.

For example, the rate of accident is that one piece in 10,000 pieces breaks at 20000 hours after.

Exchange of engine components etc. is the example.

 

 

安全とは何か

 装置の安全性は安全率、事故率、信頼性で評価されます。

例えば航空機の安全率は1.2倍程度です。

最大破壊荷重を1トンとしたら、1.2トンで破壊する部品は安全と考えられる。

このことは普通に考えれば怖いことなのですが、航空機事故は他の乗り物に較べ事故は非常に少ない。

その理由は、徹底した破壊・耐久テスト、製造・運行の厳格な管理、事故調査による改良にあるのです。

これが信頼性につながります。

事故率とは、例えば製品寿命が2000時間であれば1万個使用の内1個壊れ始めるとした場合です。

エンジン、着陸用脚部品の所定時間毎の交換などがその例です。

 

阪神淡路大震災 the Great Hanshin-Awaji Earthquake in 1995 

< the Great Hanshin-Awaji Earthquake in 1995 >

 Safety of a nuclear power plant

The safety ratio of a reactor pressure vessel is 3. How do you evaluate this?

The safety ratio of an industrial machine or a plant is from several times to ten times.

At the start, the assumption of the maximum breaking load that operate on a nuclear power plant was careless.

Although the destructive power of 30 years ago was 250 gal(acceleration), only one part was raised to 1200 gal these days.

However, the maximum destructive power that was measured in an inland earthquake in Japan was 4022 gal.

It is not safe. The safety ratio is 1/16 but isn’t 3.

Furthermore, although the inland earthquake-resistant criterion was M6.5 at energy, M9.5 was measured in the Chile earthquake in 1960 (ocean trench type).

The fracture energy is 33000 times the criterion.

 

 

原発の安全性

原発の安全率は原子炉圧力容器で3倍です。これを皆さんはどう評価しますか。

普通の産業用機械やプラントの安全率は数倍から10倍程度あります。

最初に、原発に働く最大破壊荷重の想定は不注意でした。

30年前の破壊力は250ガルでしたが、最近一部で1200ガルに引き上げられた。

しかし日本の内陸地震で測定された破壊力は4022ガルでした。

それは安全では無いのです。その安全率は1/16であって3では無いのです。

さらに内陸部の耐震基準はM6.5(エネルギー)でしたが、1960年のチリ地震(海溝型)ではM9.5が測定された。

これは破壊エネルギーが基準の33000倍になります。

 

 

“The rate of a nuclear power plant disaster is lower than the probability that a meteorite will fall to Yankee Stadium.”

This utterance by a scientist was famous.

For example, the rate of accident of one cooling-water system is once in 100 years.

If the three systems is placed in parallel, a total rate of accident is once only in 1 million years.

In 435 nuclear power plants in the world, therefore, if the rate of accident is once in 1 million years, an accident will be once only in 2300 years.

However, major accidents of 12 in the world have occurred after 1957.

This difference is because the human error is not taken into consideration.

When an accident occurs in a nuclear power plant in Japan, in general, it is announced, “This is not a serious structural problem but a petty construction mistake, a check mistake, and an operation mistake, and we makes a worker put this into practice.”

Most factory accidents are human errors.

This foolish situation continued in Japan.

a lawsuit demanding to stop the nuclear power plant has been losing, and mass media promoted the nuclear power plant.

 

Next time, I may tell about the reliability of the industry.

 

 

「原発事故率はヤンキースタジアムに隕石が落ちる確率よりも低い」

科学者によるこの発言は有名でした。

例えば、1系統の冷却水システムの事故率を100年に1回として、3系統が並列に設けられるなら事故は百万年に1回しか起きない。

世界の原発435基だから百万年1回の事故率であれば2300年に一度しか事故が起きない事になる。

しかし世界で57年以降12回の重大事故が発生している。

この違いは人為ミスを考慮していないことによります。

日本の原発で事故が起きたとき、大概このように発表される。

「これは重大な構造的問題ではなく、つまらない工事ミス、点検ミス、操作ミスで、作業者にこれを徹底させます。」

工場事故のほとんどは人為ミスなのです。

日本ではこの愚かな状態が続いたのです。

この間、原発停止裁判は敗訴し続け、マスコミは原発を推進した。

 

次回は業界の信頼性について語ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, opinion, politics, science, Series: A background of the nuclear plant accident | Tags: , , | Leave a comment

A background of the nuclear plant accident 1: Influence of mass media


A background of the nuclear plant accident 1: Influence of mass media.

Categories: opinion, politics, science, Series: A background of the nuclear plant accident | Tags: , | Leave a comment

A background of the nuclear plant accident 1: Influence of mass media


Why did the nuclear power plant disaster of Japan occur?

One big reason is in mass media.

That is because mass media led public opinion to nuclear power plant support.

Today, the influence of mass media is analyzed.

日本の原発事故がなぜ起きたのか?

一つの大きな理由はマスコミにあります。

それはマスコミが原発賛成へと世論を導いたからです。

今日はマスコミの影響力を分析します。

 

How did Japanese people recognize the nuclear power plant for the past about 30 years?

Almost all persons were uninterested.

Naturally, people do not have the knowledge that can understand the safety of a nuclear power plant.

Therefore, it depended for many on the mass media report and news.

National public opinion trended in the same direction about safety and worth of a nuclear power plant, and an energy policy.

Although we have known about Hiroshima and Nagasaki, it was hardly connected.

日本人はここ30年ほど原発をどのように認識していたのでしょうか?

ほとんどの人は関心がなかった。

当然、原発の安全性を理解出来るだけの知識はありません。

したがって多くをマスコミ報道(解説や記事)に頼っていた。

国家の世論は原子力発電所の安全と価値、およびエネルギー政策に関して同じ方向に傾きました。

私達は広島と長崎のことを知っていたが、ほとんど結びつくことはなかった。

< Transition of nuclear power plant public opinion >

A red line is abolition and a blue line is promotion. Vertical scale is % and horizontal scale is years.

58 years ago, The Yomiuri Shimbun and subsidiary television performed nuclear peaceful use campaign on a grand scale.

Although promotion public opinion was increasing certainly, the trend changed by the nuclear power plant disaster in the late 1970s.

However, a group of promoters began to increase from 1990. Why would be this?

For example, an organization of the country that is performing the education and public relations of the nuclear power plant drew up the report in 1991.

” Repetition, repetition, public relations are required. The readers will forget a newspaper article it after three days. The imprinting effect shows up by writing repeatedly.”

赤線は反対、青線は賛成です。縦軸は%、横軸は年度です。

58年前、読売新聞と傘下のテレビは大々的に原子力平和利用キャンペーンを行った。

推進世論は確実に増加していたが、70年台後半の原発事故により風向きは変わった。

しかし90年から推進派が増加し始めました。これはなぜでしょうか?

例えば、原発の教育・広報を行っている国の機関は、1991年に報告書を作成した。

「繰り返し繰り返し広報が必要である。読者は新聞記事を三日すれば忘れる。繰り返し書くことによって、刷り込み効果が出る」とそれは指摘している。

< Advertising expenses of the Tokyo Electric Power Co. >

A green line is expenses transition. A scale of vertical axis is 5 billion Yen (1 dollar = 80 yen). horizontal scale is years.

 

The effect is quite obvious if you see advertising expenses transition of the Tokyo Electric Power Co.

Probably, the annual advertising expenses of the electric power industry group approached a maximum of 100 billion yen.

The influence has appeared in the statement of the boss of Federation of Electric Power Companies that managed this advertisement.

He threatens major newspaper publishing companies.

“If a report which instigates a consumer movement and crushes a company is written, the advertisement from the company will be lost!”

Then, a major newspaper publishing companies asked that boss for the advertising request.

“Our company president introduced atomic power. But, a rival newspaper has got the promotion advertisement. We do not save face.”

In this way, the newspaper publishing company that was opposing till then changed to nuclear power plant promotion.

The advertisement did not stop only at the newspaper.

Promotion campaign using show-business celebrities, description of the nuclear power plant promotion by an authoritative scholar, the nuclear power plant promotion commercials of TV, hundreds of millions of money was paid to these.

Ironically, Preventing Global Warming campaign was used at nuclear power plant promotion.

These immense advertising expenses came out of our wallet, and troubled us.

 

緑線は費用の推移。縦軸の1目盛りは50億円(1ドル=80円)。横軸は年度。

その効果は東京電力の広告費推移を見ていただければ一目瞭然です。

電力業界の年間広告費は最大1000億円に近づいただろう。

この広告を取り仕切った電気事業連合会のボスの言葉に影響力が現れています。

彼は大手新聞社を脅します。「消費者運動を煽って企業をつぶすような記事を書いていると、企業からの広告はなくなりますよ!」

この後、ある大手新聞社はそのボスに依頼した。「原子力は、私どもの社長が導入したものである。それなのにライバル紙が推進広告を貰うのでは、私どもの面目が立たない」

こうしてそれまで反対していた新聞各紙も原発推進へと変わった。

その広告は新聞だけに留まらなかった。

有名タレントを使った推進キャンペーン、学者の原発擁護の解説記事、TVの原発推進コマーシャルに数億単位の金が動きました。

皮肉なことに地球温暖化防止キャンペーンが原発推進に利用されました。

この莫大な広告費は私達の財布から出て、私達を苦しめた。

Categories: <english language, <japanese language, opinion, politics, Series: A background of the nuclear plant accident | Tags: , , | 1 Comment

視点 :原発問題の予見


 

<福島第一原子力発電所の事故>

 今回の東北大震災による原発事故を振り替えると、色々と日本社会の気になるところが浮かび上がって来ます。

 原発問題の解決処理は道半ばではあるが、これも含めて私達の社会的責任について考えて見ます。

その視点には大きく「予見」と「事後の対応」がある。今回は予見に絞ります。

私達の地球文明は急速に発展しており、それを支える科学技術の影響力は益々強大となっています。

文明は自然破壊や公害の憂き目を幾たびか味わい、それを乗り越えた社会は生き残ることが出来ました。

現在、大半の国民が原発稼働を拒否し、賛成を唱える著名人はほとんどいません。

今回の原発事故について、これを予見し警鐘を鳴らした人はいたのでしょうか?

またそれに国民は呼応したのでしょうか?

事故前の10年間、ほとんど反対する人はいませんでした。

反対する人は、非現実的で科学を理解出来ない時代遅れの人と見なされていた。

同様に原発訴訟のほとんどは敗訴でした。

2003年、高裁で勝訴した例があるが、これも最高裁でまたもや敗訴となりました。

当時の政府、政党も推進を当然と見なしていた。

当然、産業界、経済界、学会、マスコミも同様です。

ほんの一握りの原発に関わった技術者、研究者と医者が、真実を知っていただけに自分の社会的立場を犠牲にしてまで訴え続けていた。

半世紀間、原発は造り続けられ50基を越えた。

当然事故前後で原発構造は何ら変わっていません。

つまり私達が真実を見誤っていたことになります。このことが大問題なのです。

<志賀原発訴訟、住民側が逆転敗訴、2009年>

このことは何を意味するのでしょうか?

我々は大概そのようなことに関心が無いのです。

身近で異臭を放つとか、生活出来ないとなれば問題視も可能でしょうが、そうでなければ他人(識者や行政)任せとなります。

しかし、これが地球再生を不可能にすることにもつながりません。

なぜなら学者や政府があてにならないからです。

彼らは好んで虚偽を行っているわけではありません。

ただ社会のしがらみの中でそれなりにベストを尽くしている結果なのです。

昔風に言えば義理人情、悪く言えば保身を優先している結果なのです。

例えば、世論に絶大な影響を与えるマスコミの原発推進の論調がありました。

簡単に言えば、社主の方針徹底、売上げ至上主義の新聞社は国民を平気で一方に煽ります。

TV広告も同様です。

裁判官にしても、国が推進しており、一基3千億近くの設備、さらに科学者さえ意見が分かれる技術評価に、正確な判決を出せるでしょうか?

せいぜい門前払いぐらいしかできなでしょう。

しかしことは重大な結果を招きます。

今回の原発の事故処理で総額10兆円以上、国民一人一人が10万円近く出費しなければならないでしょう。

もしすべての原発を破棄すれば52基建設総額14兆円の償却の残り約7兆円、その炉と燃料の破棄費14兆円が直ぐさまのしかかり、多くの失業者が生まれる。

今後、文明社会はこのような危険とますます隣り合わせとなっていくのです。

ここで短絡的に科学技術を拒否するのは得策ではありません。

医療やエネルギー、情報等では多大な恩恵を与え続けくれています。

二つの問題に要約出来るでしょう。

 一つは、どうしても我々は将来の問題から逃げてしまうのですが、事が重大になることを肝に銘じることです。

 二つ目は、信じるに足るか、そうでないかを常日頃から見定めておくことが必要です。

 技術そのものと評価している識者や組織に対して。

Categories: <japanese language, opinion, politics, science | Tags: , | Leave a comment

視点 :原発事故後の反応



 福島原発事故後の国民の反応をみていると気になることがある。

がれき処理と原発停止に、国民の気になる反応が現れています。

 この気になる兆候は、別の社会・政治問題にも影を落とすことになります。

要点だけ書きます。

がれき処理の受け入れ反対が各地で起きており、震災処理が滞っています。

自治体の首長が前向きであっても、一部住民が反対の狼煙をあげ、マスコミが取り上げ、処理は遅々として進みません。

あれだけ震災後の復興に国民が協力の態度を示したのに。

これには二つの問題が潜んでいます。

一つは、一部の声に皆が迎合してしまう習性にあります。

以前に比べればボランテイアや募金をする人々は増加しています。

一方自然派で、科学や権威を否定するタイプの人々も常に存在します。

色々な意見があっていいのですが、不安や弊害を煽られたりすると、大半の中間的な人々も声高の人に引っ張られる傾向にあります。

良く言えば中庸なのですが、争いを避け、無難な方に寄る結果なのです。

もう一つは、差別を自ら生んでいるのに自覚がないことにあります。

がれき処理の受け入れ反対がなぜ差別行為なのかといぶかるかもしれません。

世の中にある差別の根にあるものは、すべて不確かな根拠による判別にあります。

男女雇用機会均等法が成立する前は、企業内の女性の給与を平気で一律に男性より下げていました。

確かに弁解の余地はあり、女性の方が会社を腰掛けと考えている節が目立ちました。

しかしだからと言って、全員に摘要するのは論外です。

これと同じ理屈、放射能を含む可能性が他の地域よりもあると言うだけで反対するのも同じです。

原発を総べて停止すべきという論調について。

このことは前回の「原発問題の予見」でも触れましたが、反応が極端です。

私もかっては原発に反対でした。技術者の端くれとして絶対安全神話を信じていませんでした。

だが地球温暖化の為に、クリーンエネルギーへの移行期には原発も仕方ない選択だと思うようになっていました。

今回の事故後の世論、おそらくはマスコミの煽りは異常です。

結論は徐々に減らして行くべきです。

設備や労働などの産業経済的損害、停電による不安全状態、急激に実施することの弊害は多々あるでしょう。

確かに原発一基の最悪事故で数十兆円の損害、数万人の死亡も想定されます。

しかし今回の経験を踏まえ、技術的に対処し可否の選択を行えば、何基かは稼働させることが出来るはずです。

ドイツは以前からクリーンエネルギーへの転換を進め、今回の事故を教訓に向こう10年程度の移行期間を想定しています。

 私が危惧するのは冷静な対応を国民が取れない時に、大きな不幸への選択をとってしまうことが歴史的あるのです。

 日本はその傾向が強いのです。この国民の心性についてはいずれ別にとりあげます。

Categories: culture+society, <japanese language, opinion, politics | Tags: , | Leave a comment

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:毛利太郎(福田泰志 )

日本の萩市&長門市にメシアの民現る!アーメン(一部女性不可)日本共産党(しんぶん赤旗)スマートフォンはGoogle社製のピクセル4(ソフトバンク):何でも手作り作品の「エッセイスト・フクダ」至誠館大学・萩光塩学院・萩商工高校・萩高等学校・大津緑陽高校・長門高校

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。