Posts Tagged With: primate

Origin of mind sir.17 // Humankind’s tragedy and catastrophe


Invasion of Normandy in the movie 、ノルマンデイー上陸作戦

< Invasion of Normandy in the movie >

 This time, it becomes the opposite of the last theme ” humankind’s strength.”

 This theme is the problem that it has occurred frequently and I fear most.

The humankind has the mentality of big defect.

However, I think there is always a road if well aware of it.

 Grooming  グルーミング

< Grooming : it is an important appeasement policy. by Kyoto University>

I think that unification of a social hierarchy and a one male one female system became a key to the development of humankind.

However, this seems not to be researched. Though if possible, I want you to clarify with game theory etc.

The social hierarchy will be a developed type of a mock fitting and does not persist in a land like a territory.

Many animals had the hierarchy mutually accept superiority or inferiority for a limited time only.

By that, they made it possible to avoid conflict and to cooperate.

The social hierarchy of the animal kingdom differs from the class conflict of human society.

The greatest difference is the boss shift in a cycle of several years.

It is determined by a boss individual’s fighting power, and the superiority or inferiority of friend support.

Therefore, although a leader uses violence, he also performs protection of the weak and a female.

If it is not made, a boss will lose at the next conflict (it is the same as an election of human society).

Composition of the Humankind’s tragedy 人類悲劇の構造

< Composition of the Humankind’s tragedy >

The kind of conflict is not exhausted for humankind, a big war, a race slaughter, a slave system, the left wing and the right wing, a man and a woman, etc.

It seems that a chimpanzee society will be have a male massacre in a territorial fight.

Other animals cooperatively don’t slaughter like humankind.

 Why does it happen only to humankind?

At the beginning, please see chimpanzee society (left fig.).

This society is maintained by the social hierarchy and the altruistic behavior, and is strongly connected by the sympathy.

The chimpanzee has the three outstanding abilities except for humankind.

The sympathy becomes conversely hostile to the person of a different territory.

Humankind added two elements than the three abilities that the chimpanzee has.

It is the family and the society had culture and can be accumulated

The former induced the strong love to a family and it became the strongest sympathy in the earth.

The latter develops rapidly from about tens of thousands of years.

It produced various growth possibilities.

When the state was born, accumulation of economy, military affairs, knowledge, and social-related (bonds) took place.

However, the accumulation will make a difference and a wall from all dimensions.

A pink’s circle of the right figure is same with a chimpanzee.

The green ring of the outside is shown that the firm unification by society and culture.

This means a family, the village, the tribe, the race, and the state.

This connects every class with the strongest love, and can be said to be the expansion version of a social hierarchy.

The red ring of outside shows that it is very competitive to other society.

After all, the humankind was the strongest and became cruel because it.

Jesus Christ of Israel, mozi (Bokushi ) of China, and Shin ran of Japan said as follows.

Epistle to the Romans 13-9

[…if there be any other commandment, it is summed up in this word, namely, Thou shalt love thy neighbor as thyself. ]

Jian ai (kenai) 3

[ It is accordant to the providence of the universe not to separate each other, to love each other and to help each other. ]

Tan’isho 5

[ Shin ran had chanted the Buddhist invocation once for a deceased father and mother’s memorial service. ]

Next time you will see the symbol which humankind’ mentality and culture induced

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , | Leave a comment

Origin of mind sir.14  // a brain


 

brain 脳
***

Last time we looked at the origin of family.

This time we will see the changes in the brain occur in connection with evolution.

*** 

前回(連載13)は家族の起源を見ました。

今回は、進化に連れて脳がどのように変化したかを見ます。

 

structure and evolution of brain : 脳の進化と構造

 

< structure and evolution of brain : 脳の進化と構造 >

***

As we have seen, our brains obtained the base program of the social behavior by evolution.

The trace is in a cerebral structure.

Brain development is divided into three steps.

It consists of the oldest brain stem, the cerebral limbic system located centrally in brain and the newest cerebrum wrapped them (figure upper right).

This corresponds to evolution of primitive animal, to reptiles, into the mammals.

While three steps of brains respectively react, it has structure adjusted as a whole.

An old brain reacts in an instant, and the last brain synthesizes much information, and judges the last intentionally.

The phylogeny is in the figure upper left.

For humans, a blue cerebrum is large and also outside cerebrum neocortex is the maximum most.

Furthermore, the portions that developed only into human beings’ brain are two language centers.

When we talk and hear, it is always functioning.

The proportion of the brain neocortex in the brain is 80% in the human, it is 35% on the average of the mammal.

***

既に見たように脳には、進化で得た社会行動の基本プログラムが保存されているはずです。

その痕跡が脳の構造にあります。

脳の発達は大きく分けて3段階あり、最古の部分が脊髄に直結している脳幹、次いで中央部(大脳辺縁系)、最後がそれらを包む形の大脳です(図右上)。

これは原初的な動物から爬虫類、最後に哺乳類への進化に対応しています。

三段階の脳がそれぞれ反応しながら、全体として調整する構造になっています。

古い脳は瞬時に反応し、最後の脳は多くの情報を総合し遅れて最後の判断を意識的に行うのです。

そのことが図左上の系統発生に現れています。

ヒトでは青色の大脳が大きく、さらに一番外側の大脳新皮質が最大なのです。

さらに人類の脳だけに発達した部分が二つの言語中枢です(図左下)。

我々が話しをする時、聞く時には必ずここが機能しています。

***

The microphotograph of the neuron network within a brain is upper left figure, and the figure of the junction between nerves is located at the lower right.

If I say one special feature to the brain, it is that nerve connection (synapse) of several 100 trillion is carrying out parallel processing to serve both as memory and operation (a supercomputer is the example).

This is the wonderfulness of the brain of an animal. However, there is also a problem.

It is unable to perform correction of the error simply, by reason that the cerebral control of memory and operation are almost automatic.

***

図左上に脳内の神経細胞網の顕微鏡写真、右下に神経間接合部の図があります。

脳の特徴を一つだけ挙げるとしたら、数百兆の神経接続(シナプス)が記憶と演算を兼ねて、並行処理をしていることだと言えます(スパコンがその例)。

これが動物の脳の凄さです。しかし問題もあります。

それは脳の演算や記憶の制御はほぼ自動的で、複雑で、一度偏りが生じるとプログラム変更のように簡単に再インストールが出来ないのです。

 

growth of brain : 脳の肥大化 

 

< growth of brain  : 脳の肥大化 >

***

Although there are various theories, I can’t assertive it and can say following things in general.

The weight ratio of the brain became large as it evolves into a great ape and human beings from the primates.

Probably, this kept pace with development of tool using, language using, and social behavior.

The proportion of the cerebrum neocortex in the brain is 80% in the human beings.

It is 35% on the average of the mammal.

This part has been growing since the chimpanzee that makes about 100 groups, and is related to the scale of the social grouping.

Furthermore, human beings’ frontal lobe (upper right figure) is carrying out growth near double compared with the chimpanzee.

The frontal lobe is a part demonstrates most human ability.

It is a part that performs to make a long-range plan, to encourage oneself toward a target, controls feeling, and to act intentionally.

Furthermore, this portion is required in order to induce art, and war and a physical theory.

***

色々学説があり、断言は出来ないのですが、概ね以下のことが言えると思います。

先ず霊長類、大型類人猿、そして人類へと進化するにつれ、脳は他と較べて体重比で大きく、増大傾向にあります。

これは道具使用、言語使用、社会行動の発達と並進したのでしょう。

特にヒトの大脳新皮質の脳に占める割合は80%で、哺乳類では35%です。

この部分は約100頭の集団を作るチンパンジーの頃から大きくなっており、社会集団と関係しています。

人類の前頭葉(右上図)がチンパンジーよりも倍近く肥大化しています。

これは最も人間らしい能力、長期計画を立て目標に向かって自分自身を鼓舞し、感情を制御し意識的に行動することを行う部分です。

さらに芸術や戦争、相対性理論を生む為に必要なのでしょう。

***

Why did growth of this brain occur?

Probably, development of the high eyesight of a life on a tree and dexterous fingers became the trigger at first.

After that, the transfer to the savanna by drying stimulated a walk in erect posture from bipedal locomotion like chimpanzee, and the birth canal in a pelvis was reduced.

Then, the female came to give birth to a small prematurely born baby.

A baby’s growth became late and a long period of time late again, and the gigantic brain was attained.

The family was born for child rearing.

The society where a family and a group live together was begun and born on the earth.

Last time, I explained this circumstance.

Strange to say, the time when a stone tool becomes complicated at and a new kind with a big brain is born was a glacial epoch of arctic cold.

Next time (sir.15) we will see the wonder of brain and the Intelligence development of child.

Page [ Origin of mind ] is a table of contents.

***

それではこの脳の肥大化はなぜ起きたのでしょうか?

最初は樹上生活の高い視力と器用な手指の発達が引き金になったのでしょう。

乾燥化による草原への転出が、二足歩行から直立歩行を促し、骨盤の産道縮小が生じます。

そのために小さい未熟児を生むようになりました。

赤ん坊の成長が遅くまた長期間となり、脳の巨大化が可能になりました。

育児の為に家族が生まれ、集団社会との並立という地球上始めての画期が起きたのです。

この間の説明は前回行いました。

不思議なことに石器が複雑になり脳が大きい新しい種が誕生する時期は極寒の氷河期でした。

 

次回(連載15)は、脳の不思議と子供の知能発達を見ます。

頁「心の起源」に目次があります。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, science, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , , | 3 Comments

Origin of mind sir.13  /  Origin of family


 

 family 家族

***

Last time we easily looked at the evolution during the preceding 5 million years.

 After a certain incident in during this period, human beings become the strongest animal in the earth.

 This time we will look at this. What was the incident?  What did it bring human beings?

 ***

 

前回(連載12)は500万年間の人類の足跡を足早に見ました。

 この間に人類が地球最強の動物になり得た事件が起きたのです。

 今回はその事件とは何か、それが人類に何をもたらしたかを見ます。

 The origin of the family of humanity : 人類の家族の起源

 

< The origin of the family of humanity : 人類の家族の起源 >

***

The accident occurred in the land of Africa and it was a prologue to the big change.

 It begins to be fossil hominid that he had made a simple hut began 1.8 million years ago.

They place many stones in a circle, made it leaning against a branch in the shape of a cone there.

 The chimpanzee that lives in the jungle moves the bed on the tree every day.

 This is to avoid lice.

***

アフリカの地で異変が起きたのですが、それは大きな変革への序章でした。

それは180万年前に始めて化石人類が簡単な小屋を造ったことに始まります。

それは円形に石を並べ、枝を円錐状に立て掛けた小さなものです。

実は現在のジャングルに暮らすチンパンジーは木の上の寝床を毎日のように移動します。

これはシラミなどの寄生虫を避けるためです。

***

Mankind has been faced with an increase in a childcare period and premature birth of baby by the enlargement of the brain and upright walking.

 If a female gives birth to three children, it must concentrate on childbirth and childcare in about ten years.

This was a big issue.

 Then, the dwelling for childcare in the savanna was needed first.

 For a long time, a male (father) that performed distribution of food and defense from many carnivores on the savanna was needed for a female and a child.

 On the other hand, although the chimpanzee male near an ancestor copulates, they perform neither a child’s childcare nor food distribution.

 The sex solved this big issue.

 A swelling (pink of the hips of a photograph) of a sexual skin like a chimpanzee will be lost, and they will copulate at any time.

 The present family of “one male one male” was born after this.

 Male reduces the struggle between the males and females became able to receive assistance from the male.

 Bonobo began to use sex for appeasement behavior 1 million years ago before us.

 ***

人類は直立歩行と脳の肥大化の為に、育児期間の増大と赤子の早産に直面していました。

雌は数人の子供を生むと、ほとんど出産と育児に専念しなければならなくなりました。

これは大問題です。

そこで先ず必要になったのが育児の為の住居です。

長期間、草原の肉食動物からの防御と食料の配給をしてくれる雄が必要になります。

一方、祖先に近いチンパンジー雄は交尾するが子供の面倒も給餌も一切行いません。

この大問題があることで解消される事になったのですが、それはセックスでした。

チンパンジーのような性皮の腫れ(写真のお尻のピンク色)が無くなり、彼らは恒常的に交尾を行うようになったらしいのです。

このことによりそれまでの複雄複雌から単雄単雌の現在の家族が誕生したのです。

雄は雄間での闘争を減らし、雌は長期に援助を受けることが出来るようになったのです。

我々より100万年前に、セックスによる社会変革を成し遂げたのはボノボなのです。

***

The marks of the change at this time remain also in the man of today.

 The females became lousy by living in the same place for a long time.

 The females with few hairs are more resistant to the skin disease and the epidemic.

 Melamine pigment appeared 1,200,000 years ago, and their skin was protected instead of the hairs.

 Probably, it is the vestiges of this incident that many modern women shave useless hair.

 ***

この時の変化の跡が現代人にも残っています。

当時、長く同じ場所に住むことによりシラミが多く湧くようになりました。

毛の少ない雌の方が皮膚病や伝染病に罹りに難くなります。

120万年前にメラミン色素が出現し、それが毛の変わりに皮膚を守ったのです。

現代女性が無駄毛を剃るのは、この事件の名残、雄が雌の健康と安産を望む反映なのでしょう。

 ***

Abridged sentence.

 Human beings will be connected with the strong bonds called husband and wife.

 The family contributed to cultural formation and succession through childcare, and became the foundation to social development.

  Next time we will see brain.

 ***

以下にまとめます。

    人類は進化途上、突如夫婦と言う強い絆で結ばれることになった。

 夫婦は充分な子育てを通じて文化形成と継承に貢献し、強い絆は次ぎの社会発展への礎となりました。

 次回(連載14)は脳について少し詳しく見ます。

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Origin of mind sir.12 / Evolution during 5 million years


 

cave paintings in Lascaux, 15000 years ago : ラスコーの洞窟壁画

< cave paintings in Lascaux, 15000 years ago : ラスコーの洞窟壁画 >

***

The Last time, we looked at the relation between sex and society and the culture caused by these things.

This time, we will easily find the evolution during the preceding 5 million years since our early ancestors (fossil men) first separated from Chimpanzee.

***
前回(連載11)は進化と文化で育まれた性への欲求・意識と習慣がどのようなものかを見ました。

今回はここ500万年間の人類の祖先(化石人類)の足跡を簡単に見ます。

evolution of fossil men 1 : 化石人類の進化

 

< evolution of fossil men 1 : 化石人類の進化 >

***

The first evolution of fossil man is in fog. It is sure that common ancestors of chimpanzee and us lived in the jungle in Africa.
 
An ape-man separated from the ancestor stepped forward one step in the prairie.

This was the beginning of a great leap.

The posterity soon pushed on to evolve the civilization that covers all the earths.

From 5 million to 2 million years ago, they progressed to erection and cerebral hypertrophy depending on the life and bipedal locomotion in the prairie.

There was a significant change in about 2 million years ago.

A stone tool of left in this figure is the oldest thing, 2.5 million years ago.

A stone tool of right was made about 1 million years after that.

They made hunting in groups, to build the hut, use fire, lost body hair, and also went out of Africa first.

This shows that cerebral development and the situation of social life changed.

***
発端は霧の中ですが、チンパンジーと我々の共通の祖先がアフリカのジャングルにいました。

その祖先から別れた猿人は草原へと一歩を踏み出しました。

これが大躍進の始まりで、やがて地球を覆い尽くす文明へと突き進みます。

500~200万年前の段階における進化のポイントは、草原での生活と二足歩行から直立、脳の肥大化へと進んだことでした。

200万年前の前後に大きな変化がありました。

図中の左の石器は250万年前の最古のもので、右はそれから約100万年後に作られたものです。

彼らは集団で狩りをし、小屋を造り、火を使い、体毛を失い、さらにアフリカを始めて出ました。

上記のことは脳の発達と社会生活のパターンが変化したことを示しています。

evolution of fossil men 2 : 化石人類の進化 

 

< evolution of fossil men 2 : 化石人類の進化 >

***

The speed of evolution rose rapidly tens of thousands of years ago.

Neanderthal was active from about 100,000 years ago.

They became increasingly like modern man.

In extreme cold of the ice age in Europe, they made sharp stone tools (left in fig.), clothes out of fur, build big hut and hunting in big groups by design

They first performed the burial courtesy (ctr. in fig.) and enshrined animal’s bone

They supported a disabled person in a cave for tens of years.

***
数万年前から急激に進化の速度が上昇します。

ネアンデルタール人(旧人)の誕生は古いのですが、活躍が目立つのは10万年前ぐらいからです。

彼らの容姿は現代人に似ており、氷河期の極寒のヨーロッパで、切れ味の良い石器(図、上の左)と衣服を作り、大きな小屋を建て共同作業で狩りをした。

化石人類最初となる埋葬儀礼(図、中央)や祀りを行い、障害者を長期に洞窟で扶養した。

***
At last, the modern man was born to Africa about 10 million years ago and spread to the whole earth.

It is important that Cro-Magnon lived in Europe.

Their hunting, tools (upper right in fig.), clothes and intelligence made more progress.

However, a bigger change is that they first made the cave painting, a bison image (under in fig.), the Venus image, and the flute which they in order to enjoy music.

Since the accessories at the time of burial had a difference, there is that the difference of wealth and poverty arose.

It is found out that the difference between wealth and poverty have occurred.

***

ついに約10万年前、アフリカの地に、現代人が誕生し地球上へと生活範囲を広げていった。

特に画期となったのは最後の氷期をヨーロッパで暮らしたクロマニョン人でした。

彼らの知能は進み、道具(図、上の右)や衣服、集団による狩りが一段と高度になりました。

しかしもっと大きな変化は、洞窟壁画やバイソン像(図、下)、ビーナス像、横笛などを始めて制作したことでした。

さらに手間をかけて作った装飾品を埋葬時に添える例が増え、貧富の差が生じたことでした。

 ***

From 30000 to 15000 years ago, it seems to have suddenly the blossomed in Europe.

What happened to their group then?

Their long seasonal settlement first began and occurred and their trade range also spread.

This can strengthen the bonds of family and friends and would have prompted the development and succession of their culture.

Then the ice age went away and the land of snow and ice changed to the forest.

Farming and stock farming start soon and the city was made.

 ***

この大変化の下地は10万年前からあったのですが、ヨーロッパのほぼ3万~1万5千年前に突如として開花したように見えます。

その時、彼らの集団に何が起きたのでしょうか。

それまでの移動中心から季節的な定住が集団で行われるようになり、また交易範囲も広がりました。

このことが家族や仲間の紐帯を強め、文化の継承や発展を促したのでしょう。

その後、氷河期が去り、氷雪の原野は森林に覆われた山野へと変わりました。

やがて農耕や遊牧が始まり、都市が誕生していくことになりました。

***
Abridged sentence.

l If various fossil men were born and disappeared. And remained man was modern man have slender body and an enlarged brain, and walk with upright posture.

l Our intelligence and social behavior were changed significantly on the last 500 million years.

Human beings became the strongest animal in the earth according to the incident of 180 million years ago.

Next time (sir.13) we will see this.

***
以下にまとめます。

種々の化石人類は生まれては消えていきました。そして残ったのは肥大化した脳と直立歩行をする華奢な体型の現代人でした。 現代人の知能や社会行動は、この500万年の間にも徐々に発達し、さらに200万年前以降と3万年前以降に大きく発展したのです。
次回(連載13)は、人類が地球最強の動物になり得た根源を180万年前に起きたある事件に求めます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Origin of Mind sir.6 心の起源


Tarsier メガネザル
< メガネザル >

今回は最もヒトに近縁で、進化上の祖先に近い霊長類を概観します。

前回(連載5)は遺伝の働きと進化の基本メカニズムについて見ました。

  

 Evolution of the primates  霊長類の進化

< 霊長類の進化 >

霊長類は1億年前に誕生したが、小型で樹上生活を選びました。

この戦略は哺乳類の誕生に似て、後に大発展へを招くことになります。

哺乳類は小型ながら温血と胎生が氷河期を切り抜けさせた、恐竜の絶滅を尻目に。

樹上を選んだことにより霊長類はやがて高度な立体視と高機能な四肢を得ることになり、これは脳を発達させもした。

4000万年前、座り器用に手を使い、脳の視覚野と知能野の増大したサルが現れた。

2200万年前、寒冷化で熱帯に生き残ったサルから類人猿が分岐した。

ぶら下がり移動に適するように手が長くなり尾が短くなった。

700万年前までに、ヒトとチンパンジーの祖先にあたる大型類人猿が分岐した。

脳の中でも社会的知能を担う大脳新皮質の割合が増大した。

500万年前にヒトの直系にあたる猿人が分岐し、その200万年後、チンパンジーからボノボが分岐した。

このようにして1億年の間にネズミに似たものからチンパンジーやゴリラ、さらにヒトへと進化しました。

それは不思議な空間ジャングル-貧素な食料(葉、木の実)しかない三次元に張り巡らされた迷路(枝)、が育んだと言えそうです。

大型類人猿 The Great Ape

 

< 大型類人猿 >

大型類人猿は我々の遺伝子と脳の構造が非常に似ており、チンパンジーが最も近い。

4種類のサルはそれぞれ生活の場、食料、集団関係と大きさ、雌雄の体型差等に違いがあります。

一覧の上段から、生態=生息地:食性:生活空間:年間の最大生活範囲:隣接集団との関係。

2段目、社会=集団の大きさ:集団構成:群れから出る者:宥和行動:雄間関係。

3段目、生殖=雄が雌よりも大きい:発情兆候:周期内交尾日数:交尾様式。

これらはかなり異なる暮らし方をしています。

生態で際立つのは、チンパンジーの生活範囲が際立って大きく雑食なことです。

チンパンジーとボノボは最も近縁なのに隣接集団に対して敵対的か友好的で著しい差があります。

社会については、チンパンジーとボノボの集団数が大きく、前者の付き合い方は多彩で順位制が強い。

一方ボノボは順位制が弱く、仲良く暮らす為に性的行為を多用する。

生殖の交尾様式の差が集団構成の差に関連しています。

面白いことに雄雌の体格差にも違いがあり、ヒトはボノボに近い。

これらは何を物語っているのか。

生活範囲、食性、生殖関係などが社会構造と密接に関連していることを示しています。

順位制が強固で集団規模が大きいチンパンジーがジャングルの王者だったことも示唆的です。

20世紀初め、チンパンジーは200万頭もいました。

これらは以下のことを示しています。

*        霊長類が樹上で得た脳と四肢の発達が、大型類人猿への進化をもたらした。

*        大型類人猿の社会構造は生活環境に対応しており、順位制は集団を大きくし強力にしたようである。

次回(連載7)は、チンパンジーの暮らしぶりを写真で紹介します。

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: Origin of mind | Tags: , , , , , | Leave a comment

お奨め本 :チンパンジー/フランス・ドゥ・ヴァールの著作


the age of empathy

 彼は著名な動物行動学者で、特にチンパンジーの社会行動を活写することにかけては追従を許さない。なぜチンパンジーなのか? それはチンパンジーの社会行動と知能がずば抜けて優れていることにある。それらを理解出来れば、人間の心と社会行動の起源がわかるかもしれない。少なくとも読者は、「人間だけが素晴らしい知能を持っている」という奢りを捨てることが出来るに違いない。

彼の本を奨める理由は、そのおもしろさにある。特に「チンパンジーの政治学」1998年刊(原典1979年)、がおもしろい。これは自然に似せた広大な飼育場で、20頭ほどのチンパンジーがボス交代を巡って大騒ぎをする様子を描いている。そこで繰り広げられる駆け引きはまさに人間と同じである。名前を付けられた当事者達が、半年から数年かけて政変劇を繰り広げ、ボスは栄枯盛衰を味わうことになる。一匹の豪傑だけが活躍するのではなく、多くの仲間の離反や協力が世代交代を進めることになる。

チンパンジー Chimpanzee

<ウィキペディアから転載>

チンパンジーの他の研究にはアフリカのジャングルでの野外観察、研究棟での心理実験があるが、それぞれ一長一短がある。彼の方法が優れているのは、一望出来る展望台から群れの全行動をほぼ連続して観察出来ることにある。ジャングルは自然ではあるが、遮蔽物の為に観察は難しい。ただ批判もある。彼の記述は、それらの行動をあまりにも恣意的に表現しているとされる。確かにそれらにインタビュー出来ないので、確かめる方法はない。しかし他の研究と照合すれば、決して造り話と否定出来ないだろう。

彼の他の本を紹介します。「利己的なサル、他人を思いやるサル」1998年刊。この本は多くの霊長類から広く社会行動の事例を収集している。「共感の時代へ」2010刊「THE AGE OF EMPATHY」。これは最新の本で、共感が如何に動物達に普遍的に備わっているかを語ってくれている。

 社会正義や仁愛は、孔子やイエスが訴える遙か昔から存在していた。

Categories: book+ film+drama, culture+society, <japanese language | Tags: , , | Leave a comment

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市&長門市にメシアの民登場。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。