Posts Tagged With: tax

Something is strange! 50: Wonder of the U.S. presidential election


何か変ですよ! 50: 米国大統領選の不思議

 

1

*1
There is what I always have wondered about.
Why will people look the other way on future crises?
I look at such example in current the U.S. presidential election.

 

私は常々、不思議に思うことがあります。
なぜ人々は未来の危機から目を逸らすのでしょうか?
その例を米国大統領選から見ます。

 
Wonder of the U.S. presidential election
To emerge from current distressed condition, certain people refuse existing politician, and appeal the necessity of Donald Trump being a shrewd manager.
Will they appeal it knowing who invited the current distressed condition?

 

At every presidential election, they have chosen certain political party which used the dangerous means (reduction tax, favorable treatment of a wealthy class, monetary increase, deregulation) under the pretense of economic revitalization.
As a result, the economy of the U.S. rose, but financial crisis was repeated, and income gap continued to spread.
Some economists always sounded an alarm bell for this crisis.

 
米国大統領選の不思議
トランプ氏を支持する人々は、今の窮状から抜け出すには、既存の政治家ではだめで、経営者トランプ氏の辣腕が必要と訴える。
彼らは、誰が今の状況悪化を招いたかを知って訴えているのでしょうか?

 

彼らは大統領選の度に、経済活性化と称して危い手段(減税、富裕層優遇、貨幣増発、規制撤廃)を使う政党を選んだ。
その結果、米国の経済は上昇したが、金融危機は繰り返され所得格差は拡大する一方でした。
以前から、一部の経済学者はこの危機に警鐘を鳴らしていた。

 

2

< 2. The U.S. economic growth and a change of income >
< 2.米国の経済成長と所得の推移 >

 

Upper chart: a green line is the U.S. economic growth.
The economy increased to approximately 2.3 times between 1980 and 2010.

 

Lower chart: a change of each quintile income.
The highest income class increased to approximately 2 times between 1980 and 2010, but the lowest income class only increased to approximately 1.1 times in the same period.

 

上のグラフ: 緑線が米国の経済成長。
1980-2010年の間で約2.3倍に経済は拡大した。

下のグラフ: 年収5分位の年収の推移。
1966-2010年の間で、最高所得層は約2倍、最低所得層は約1.1倍に過ぎなかった。

 

3

< 3. changes of income differentials and political party approval rating in the U.S. >
< 3.米国の所得格差と政党支持率の推移 >

 

Upper chart: a dark blue line is a change of Gini coefficient in the U.S.
Three green frames show the political administration by other political party.
The bigger the Gini coefficient, the larger the income differentials.

 

Lower chart: a black line indicates the approval rating of unaffiliated voters.

 
The different political party have corrected the income differentials, so the Gini coefficient decreased, but it was like a drop in the ocean.

 

In addition, the ardent support to the political party decreased, and unaffiliated voters increased, and distrust of politics advanced.

 

They ignored these clear omen for 20 years, and only demanded near-term economic recovery.
In an extreme case, it may be said that they appealing invited this current distressed condition.
Furthermore, will they jump at the stopgap dangerous policy here?

 

I think this is mysterious.

 
上のグラフ: 紺色の線が米国のジニ係数の推移。
緑の枠が別の政党の政権時代。
ジニ係数の高い方が、所得格差が大きい。

 

下のグラフ: 黒線が無党派層の支持率。

 
別の政党は逆の手段を講じ格差を是正し、ジニ係数は低下したが、焼け石に水だった。
また政党への熱烈な支持が減り、無党派層が増えて、政治不信が進んでいた。

 

20年も前から、これら予兆は明らかだったのに、彼らはこれらを無視し目先の景気回復を求めた。
極論すれば、今、訴えている人々が、この窮状を招いたと言える。
さらに、ここで急場しのぎの危い政策に飛びつくのでしょうか?

 

私は、このことが不思議でならない。

 
Why will the people ignore omen of crisis?
The reason is mainly three.

 

1. Person does not notice the omen of the crisis.
This is because the person shows disinterest in it and is a lack of understanding about it.

 

2. Person can not evaluate which crisis is the most important.
Even if the person interested about future crises, it is difficult to evaluate them because future crises are almost innumerable.
For example, these crises are war, economic ruin, global warming, resource depletion, and refugees.

 

Furthermore, there is an embarrassing situation.
The huge vested interest group makes full use of political ability and propaganda.
Because of this, it becomes hard to see more and more what is true crisis.
For example, this vested interest group is people profiting from expansion of income gap, war, or oil consumption.

 

3. Person does not know good measure.
People being amateur cannot but choose opinion of the expert, and this is also difficult.

 

Thus, it is considerably difficult that person foresees future crisis, takes measures beforehand.

 
なぜ人々は危機の予兆を無視するのでしょうか?
その理由は大きく三つあります。

 

1.危機の予兆がわからない。
これは人々の無関心と無理解が一番大きい。

 

2.どの危機を重視すべきかがわからない。
関心があったとしても、将来の危機はほぼ無数にあるため、何を優先すべきが分からない。
例えば危機には戦争、経済破綻、地球温暖化、資源の枯渇、難民などがあります。

 

さらに厄介なのが、巨大な既得権益層が政治力とプロパガンダを駆使していることです。
これにより国民は何が真の危機かが益々見え難くなります。
既得権益層とは所得格差や戦争、石油消費などの拡大で利益を得る人々です。

 

3.対策がわからない。
素人の国民は専門家の説を取捨選択するしかなく、これがまた難しい。

 

結局、将来の危機を予見し、事前に対策することは、かなり困難なのです。

 

At the end
But, when I look back on world history, there were many crises that we must prevent the buds of at an early stage.

 

One of a large number of crises approaches the limit, and the crisis comes out in the open in response to something suddenly.
And the people lose cool, and may take a wrong course to the opposite direction.
This often caused the worst situation.

 

The typical case is fascism that happened in Germany or Japan after the imperialism era.

 

The most important is that people deepen understanding about social problem and history, keep monitoring the political developments, and deal with buds of crisis calmly.

 
最後に
それでも歴史を振り返ると、危機の芽を早めに摘んでよけば良かったと言うことは多い。

 

多数の危機のいずれかが限界に近づき、何かを切っ掛けにして危機が突然表面化することになります。
そして人々は、冷静さを失い舵を大きく逆方向に切り過ぎることがあります。
これが往々にして最悪の事態を招いて来た。

 

帝国主義時代の後に起こった、ドイツや日本のファシズムなどがその典型です。

 

重要なことは、国民が社会問題や歴史について理解を深め、日頃から政治を監視し、冷静に対処し続けることです。

Categories: culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Something is strange | Tags: , , , | Leave a comment

despair7の選挙:非常に悪い政治文化5


 

   sinking Japan 

< sinking Japan >

Last time, we looked at the election situation of Britain, Germany, and Greece.

 The tendency of small political parties also proceeded on any country.

 Especially in Greece, many small parties have increased as a result of the economic crisis at a breath.

 This time I will explore root causes of the problem and this series is finished.

 

How is the U.S. that a two-party system can regard as functioning well?

 Although the President was chosen from the Democratic Party, on the House of Representatives, the Republican Party gets a majority in the election two years ago.

 As the result, as well as Japan, the President faced difficulties in controlling of the government.

As shown on the chart, the long-term decline in political party approval ratings suggests the situation.

As for the decrease of party supporters, the floating votes will make the Administration unstable like Japan.

 

前回は、英国、ドイツ、ギリシャの選挙状況を見ました。

いずれも小政党乱立の傾向が進んでいました。

 特にギリシャは経済危機により、一気に多党化しました。

 今回はその原因を探り、この連載を終わります。

  

二大政党制がうまく機能しているように思える米国はどうでしょうか?

大統領は民主党から選ばれたが、2年前の選挙で下院は共和党が過半数を占めている。

これは日本と同様に大統領の政権運営を困難にした。

その内実を、下記グラフの政党支持率の長期低下が物語っている。

各政党の支持者が減っていることは、日本と同様に浮動票が政権を不安定にさせるだろう。

 

political party approval ratings in U.S.

< political party approval ratings in U.S.  red=Republican Party、blue= Democratic Party、black=political independents >

 

 transition of voter turnout in six nations 

< transition of voter turnout in six nations >

 What has occurred in the West and Japan?

 All the voter turnouts of major nations are in a downward tendency.

欧米先進国と日本で何が起きているのか?

既に取り上げた主要国の投票率は総べて低下傾向にある。

 

reliability to the politics in six nations 

< reliability to the politics in six nations >

 Although the level of voter turnouts and reliability is not correlated, it together is in a downward tendency.

 Especially note that only Japan is remarkably low.

 As we have already seen, the increase in small political party and independents is progressing in parallel to decline in voter turnout.

 As history illustrates, the increase in small political party causes political confusion increasingly, and it will also make collapsing society at the end.

  

Then, why is the distrust in politics increasing?

 The situation common to these major nations has the following problem.

  •  economic stagnation: Although Japan, the U.S. and Europe powerfully accomplished economic growth after the war, but the economic growth become slowdown tendency from the 1980s. The average economic growth rate fell from 9% to 0.8% in Japan, and from 4% to 1% in EU.
  • increase of economic differentiation: Gini coefficient is an index which shows the complaint of distribution of income and property. As shown on the chart, it shows a long-term upward tendency on many advanced nations.

 

投票率と信頼感の水準は相関していないが、共に低下傾向にある。

ただ日本だけが著しく低いことに注意して下さい。

既に見たように、小政党乱立と無党派層の増加は投票率の低下と並行して進んでおり、それらは政治への信頼感低下が招いた結果だと推測出来る。

小政党乱立は歴史が示すように、益々政治混迷を招き、悪くすれば社会を崩壊させることになる。

それでは、なぜ政治不信が増大しているのか?

これら主要国に共通している状況と言えば下記の問題が挙げられる。

  • 経済の停滞 : 戦後、日米欧は華々しく経済成長を遂げたが、1980年代より経済成長は鈍化傾向にある。その平均は日本で9から0.8%、EUで4から1%になった。
  • 経済格差の増大 : 所得や資産の分配の不平等を示す指標であるジニ係数は多くの先進国で長期上昇傾向にあることを示す。下のグラフがそれを示している。

Gini coefficient in each nations

< Gini coefficient in each nations、it take from 0 to 1,0= omniparity, 1= complete inequality >

 Expansion of economic stagnation and economic differentiation will be based on stiffness of social economy.

 Advanced nations repeated the bubble by large credit expansion and fiscal expenditure performed after the 80s.

 Each time, the economic differentiation in their nations became wide and choice of the government was increasingly restricted by the budget deficit.

On the other hand, people probably are increasing dissatisfaction and uneasiness gradually.

The People expressed dissatisfaction by refusing the existing politics.

However, it does not become the solution.

 Even so, why is a situation of Japan severe?

  •  political awareness is low:  The consciousness that citizens support the politics of their country is not still growing. In the Meiji Restoration, the citizens did not become the political leading role.  The enforcement of universal suffrage was also slow.
  •       National Traits (favor to inner group etc.): Japanese people accommodate themselves to circumference and avoid conspicuous action. Although this is good when the society is in a safe state, if it become in a state of high anxiety, the people will do selfish action suddenly. This causes the result that they depend on a forcing leader by the presence of small political parties.

                                                   

I think that the signs have appeared now.

Even if the economy become well once, the fearful end may be waiting, after economic bubble burst.

 I do not know the policy that overcomes this situation.

 Please you be careful.

Thank you for having read for a long time.

 

経済停滞と経済格差の拡大傾向は社会経済の硬直化が表面化して来ているのだろう。

先進国は80年代以降に行って来た大幅な金融緩和、財政支出でバブルを繰り返した。

その度に経済格差は開き、益々国家は財政赤字で選択肢が限られ、一方、国民は徐々に冷えていくぬるま湯の中で、不満と不安を増しているのだろう。

国民は不満のはけ口として、既存の政治を拒否するだけの行動に出ている。

これでは解決にはならない。

それにしても、なぜ日本が酷い状況にあるのか?

  •  
  • 政治意識が低い : 国の政治を市民が支えると言う意識が育っていない。明治維新では市民が政治の主役になることは無かった。男女の普通選挙の実施も遅かった。
  • 国民性(内集団ひいき等) : 日本人は周囲に合わせた行動をとり、目立つことは避ける。これは、周囲が安心状態にある時は良いのだが、一度不安状態に陥ったりすると、各自勝手な行動をとり始める。これが小政党乱立の末に、強引な指導者や権威者に身を委ねる結果を招く。

現在、その兆候が出て来ているように思えるのだが。

一端景気が上昇しても、バブルが弾けた時に、恐ろしい結末が待っているかもしれない。

私にはこの状況を打開する方策が見つかりません。

 どうか皆さん用心して下さい。

  

長い間、お付き合いいただきありがとうございました。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, politics | Tags: , , , , , ,

despair6の選挙:非常に悪い政治文化4


国会議事堂,The parliament house of each country 

< The parliament house of each country >

Last time, we looked at situation that people quickly abandoned the Cabinet that had been selected by the election.

It was much different from Japan that the situations of European and American advanced nations and a neighboring nation.

In this time and next time, I will explain the cause comparing with overseas situations.

 

Conspicuous election situations in Japan   (legislative elections)  

  •      Dissipated political parties likely fog:  After the war, the political parties that exceed 50  was born and disappeared, and 14 political parties have seats now. These many will also disappear soon in several years.
  •      The seats of political parties are reversed on each elections:  2009 years and 2012 years in the Lower House election, it was greatly reversed the standings between the ruling and opposition parties. 
  •     Declining turnout of voters:  in the Lower House election, the turnout is 92% in 1917, 75% in 1955, and 59% in 2012. This shows decreasing trend.
  •     Increasing independents of voters:  they are increasing from 10% in 1960s to 50% in 2012 years.

These weaken political power and become a serious obstacle for reorganizing the stagnant society and economy of Japan. 

Has this problem arises in European and American advanced nations.

 

What are as the difference between Japan and the West, or its background factor?

 

 

前回は、選挙で選んだ内閣に対して国民が短期間で興ざめする状況を見ました。

それは欧米先進国や隣国とかなり異なるものでした。

今回と次回で、その原因を海外と比較しながら探ります。

 

日本の目立つ選挙状況 (国会選挙)

  • 降って湧く政党 :戦後、生まれて消えていった政党は50を越え、現在14の政党が議席を持つ。これらの多くもやがて数年で消えるだろう.
  • 選挙毎に大きく逆転する議席 : 衆院選2009年、2012年で大きく与野党が逆転した。
  • 低迷続ける投票率 : 衆院選1917年92%、1955年75%、2012年59%となり低下傾向。
  • 増加する無党派層 : 1960年代10%から2012年50%へと増加傾向。

これらは政治力を弱くし、沈滞した日本の社会経済を立て直すには大きくマイナスとなる。

この問題は欧米先進国に起こっているのだろうか?

日本と欧米との違いやその背景には何があるのだろうか?

 

英国政党得票率,UK general election vote share and resultant governments

< UK general election vote share and resultant governments(1950-2010), blue=conservative, red=labour, yellow=liberal, gray=others >

 Party support increasingly has dispersed widely during the past 20 years. When they did not unite in 2010, the handling of the government by them became impossible.

 In past days, the ruling and opposition parties have changed as the two-party system in each about ten years.

 Differing from Japan, the third party is growing throughout several decades.

 

ここ20年ほどで政党支持が分散する傾向に拍車がかかり、2010年には連合しないと政権運営が出来なくなった。

以前は二大政党制で大凡10年毎に与野党が交代して政権を担っていた。

それでも日本と異なるのは、第三政党が数十年をかけて育っていることです。

 

ドイツ政党議席数,Historic seat distribution in the German Bundestag

< Historic seat distribution in the German Bundestag(1949-2009), black=CDU/CSU, red=SPD, yellow=FDP、green=Green、gray=others >

In 1983 years, the Green Party made an advance into parliament. Since then it became 4 party system. And the left-wing party was added in 2005. Since then it became 5 party system.

Germany adopts a proportional representation and combines first past the post system with it.

From a bitter experience with the presence of small political parties that became a hotbed on which Nazis gain power, if new party did not exceed 5 percent of the votes, cannot acquire the seat for Parliament. 

But the presence of small political parties is becoming remarkable also here.

 

1983年、緑の党が議会進出し4党制となり、2005年には左翼党が加わり5党体制となった。

ドイツは比例代表制(小選挙区併用)だが、ナチス台頭の温床になった小政党乱立の苦い経験から得票率が5%を越えないと国会に議席を得られないようにしている。

しかし、ここでも小政党氾濫が顕著になりつつある。

ギリシャ政党得票数,in Greece, voter support for parties and annual change in GDP

< in Greece, voter support for parties and annual change in GDP >

 We look at Greek politics that is confused at a breath, depending on falling into the economic crisis.

 The beginning was the change of power in October 2009, and budget deficit that was hidden by the old government was revealed.

 It developed into the big issue that involved in EU from the middle of 2010.

 13 political parties fought in the election in April 2012.

 The radical leftist alliance that was small political parties became the second party that has 52 seats in the parliament.

 ND (New Democratic) was a dominant party of 108 seats. The seats of the party are distributed much more to a higher rank of obtained votes.

 There were formerly in a two-party system of ND and Pasok (The Panhellenic Socialist Movement).

 

As a graph shows, the GDP falls rapidly, and the approval rating for two main political parties fall at a breath, and caused the presence of small political parties.

 

 

ここで経済危機に陥り、一気に政治が混迷したギリシャを見る。

発端は2009年10月の政権交代で、旧政府による財政赤字隠しが発覚し、2010年中頃よりEUを巻き込む大問題へと発展した。

2012年4月の選挙において13政党がしのぎを削り、少数政党だった急進派左派連合が52議席の第二党に躍り出た。ND(新民主主義党)が108議席の第一党。議席数は得票上位により多く配分されるシステムになっている。

従来はNDとPasok(全ギリシャ社会主義運動)の二大政党制だった。

グラフが示すように、GDPが急激に落ち込み、二大政党への支持率が一気に低下し、多党制を招くことになった。

 

ギリシャ人の信頼度,trust of Greeks, May 2011

< trust of Greeks, May 2011. blue=trust、red=do not trust, top bar=fellow citizens,7th=governments, 8th=political parties >

The government was not most trusted, and trust in fellow citizens also was small.

Rapid economic deterioration, subvention reduction and pension reduction by the tight budget, and the distrust of the government that caused it exploded at a breath.

This is a dangerous sign, but the election system of Greece that prevents presence of many small parties is useful barely.

Next time, we will analyze the background of this situation occurred in the world.

 

 

一番、信頼されていないのは政府であり、地域社会に対してさえ低下している。

急激な経済悪化、緊縮財政による補助金や年金の減少、それを招いた政府への不信感が一気に爆発した。

これは危険な兆候だと言えるが、小党乱立を防ぐギリシャの選挙システムがかろうじて役立っている。

次回は、世界で起きているこの選挙状況の背景を分析します。

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, politics | Tags: , , , , , , ,

despair5の選挙結果:非常に悪い政治culture3


 

The President, the prime minister of each country 

< The President, the prime minister of each country >

 Last time, we looked at the situation where public opinion for nuclear power generation public opinion was not reflected in this election.

 This time, we look at rapid declines of government’s approval rating that are one of the causes.

 Comparing with overseas, we can check an abnormality of the election in Japan.

 

前回は原発世論が選挙に反映されない状況を見ました。

 今回は、その原因の一つである急激に低下する内閣支持率を見ます。

 海外と比較しながら、日本の異常ぶりを確認します。

 

 government’s approval rating in Japan 

< Transition of government’s approval rating in Japan >

In Japan, in about half year, the people almost abandoned the Cabinet that they chose. And the Cabinet changed places in about one years.

 

半年もすれば国民は内閣を見限り、1年で内閣は交代する。

 

President Obama's approval rating

< Transition of President Obama’s approval rating >

 This chart shows the approval rating of Obama who was inaugurated as the U.S. President in January 2009 during two and a half years.

 The Republican Party got a majority of the House of Representatives by the election in November 2010.

 As a result, his political management became difficult, and his approval rating declined, but it regained soon.

Although President Obama’s approval rating declined, if it is compared with Japan, it is small.

 

上記グラフは2009年1月、1期目の大統領に就任したオバマの2年半の支持率を示す。

2010年11月の中間選挙において共和党が下院の過半数を占めたことにより、ねじれが生じ政局運営が困難になり支持率の低下が進んだ。しかし盛り返した。

大統領の支持率は減少したとは言え、日本と比べれば微々たるものです。

 

of U.S. previous presidents’ approval ratings 

< Transition of U.S. previous presidents’ approval ratings >

This chart shows that almost all U.S. previous Presidents have lowered the approval ratings sharply at the end.

 For example, although the approval rating of W. bush declined to 30% from 85%, it took  six years and a half.

 

上記グラフから、米国の歴代大統領さえ最後には大幅に支持率を下げていることがわかる。

例えばW.ブッシュの支持率は85%から30%に低下しているが、6年半の長きにわたる結果です。

 

British party leader's approval ratings

< Transition of The British party leader’s approval ratings:The value was subtracted the disapproval rating from the approval rating. >

 The Political power replaced the Conservative Party from the Labor Party in May 2010. And Cameron became the prime minister.

 At this time, he united with the leader Clegg of the Liberal Democratic Party.

 Miliband are the Labor Party leaders of the opposition party.

 The final net satisfaction(approval rating - disapproval rating) of previous cabinets in Japan、Abe’s cabinet was -58%, subsequently -53%,-50%,-61%,and Noda’s it was -48%.

Comparing with it, the British party leader’s approval ratings were only 20% after two years.

 

2010年5月に政権が労働党から保守党に代わり、cameronが首相になった。この時、自由民主党の党首cleggと連合を組んだ。milibandは野党の労働党党首です。

日本における歴代内閣の最終の[支持率-不支持率]は、安部首相の-55%から、-58、-53、-50、-61、野田首相の-48%であった。

それに比べて英国では2年後で-20%に過ぎない。

 

French presidents’ approval ratings

<  previous French presidents’ approval ratings:a green line is approval, a red is disapproval. >

In this chart, although the Presidents’ approval ratings declined a little during 5 and 8 years, it recovered at last half soon again.

They are passionate about executing their policy according to their ideas until approval ratings decline to 30 and 40 %.

But, in consideration of the next presidential election, they tried to retrieve support by popular policy.

 This chart shows the result of them aiming.

 

この表から、大統領は5~8年の任期中に若干支持率を低下させたものの、やがてまた後半支持率を回復していった。

これは支持率が30~40%に落ちるまで自らの理念に従い、政策遂行に執念を燃やすが、次ぎの大統領選に向けて人気取りの施策で挽回を図った結果のようです。

 

South Korean Presidents’ approval rating

< South Korean Presidents’ approval rating:盧泰愚=yellow、金泳三=red、金大中=green、盧武鉉=blue、李明博=purple >

 This chart shows transition of the Presidents’ approval ratings during five years in term of office.

 At first, although the approval ratings are high, the last declined until about 20%.

 Although this is the same as Japan, the period is from 5 to 10 times longer than Japan.

 Moreover, Lee Myung-bak(李明博) and Roh Moo Hyun(盧武鉉) became unpopular within one year, but became popular again.

 

グラフは任期5年間にわたる支持率の推移を示している。

最初は高支持率だが最後は20%前後に落ち込む。これは日本と同じだが、その期間は日本の5から10倍長い。

また李明博や盧武鉉のように1年以内に落ち込んでも、後に挽回している。

What is this problem?

 The critical issue, since the Cabinet is not stabilized, is too short term to tackle an important policy.

 The big cause that has caused it is national public opinion that is easy to heat and cools down easily.

 The big one of the causes is national public opinion that is easily warmed up but just as easily cooled down.

 As a result, the people accepted the short-lived the Cabinet and are content with scraps of policy.

 Such political situation was not in the U.S., Britain, France, and South Korea.

 These many are the single-member district system (proportional representation system is included).

 Although many top’s term of office are from 4 to 5 years by each countries, they have worked for longer ministry than it.

This difference may have rested with politicians, bureaucrats, mass media, election system, and society in Japan.

 

However, the people have to have a sense of crisis for this problem is the first step.

 

Next time, other political cultures are compared with the world.

 

 

何が問題か?

 一番の問題は内閣が安定しない為に、重要政策に取り組めないことにある。

 その大きな一因は、熱しやすく冷めやすい国民世論である。

国民は、結果的に短命内閣を受け入れ、細切れの政策実施に甘んじている。

こんな政治状況は米国、英国、フランス、韓国にはなかった。

これらの多くは小選挙区制(比例代表制含む)であり、国のトップは4~5年任期が多いが、それ以上に長い在任期間を全うしている。

 この違いは政治家、官僚、マスコミ、それこそ選挙制度や社会が悪いのもあるだろう。

しかし国民がこのことに危機意識を持つことが第一歩である。

 

次回は、他の政治文化を世界と比較します。      

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, opinion, politics | Tags: , , , , ,

绝望4の選挙結果:非常に悪い政治文化2


 福島の被害地域

< a nuclear disaster area in Fukushima:福島原発周辺の路線価調整率を参考 >

 Last time, we looked at signs that the political situation got into a bog while swaying from side to side.

 This time, we look back upon how the nuclear power plant problem influenced the political situation, and I explore the political problem.

 In addition, since the election situation is complicated, I translate only the main point.

 Japanese document and figures come after summary English document.

 

前回は、政局が大きく揺れながら泥沼にはまり込んでいく姿を見ました。

 今回は、原発問題が政局にどのように影響したかを振り返り、問題点を探ります。

 加えて選挙事情が煩雑なので要点だけを訳し、日本語と図は英文の後になります。

  

The evacuees of northeast 3 prefectures (Iwate, Miyagi, Fukushima) by the Great East Japan Earthquake are 320,000 now (2013/1/9).

 There are 150,000 evacuees of the Fukushima residents who suffered nuclear power plant damage.

 How was the election outcome of Fukushima Prefecture that suffered damage this much?

 The residents awarded the party that support nuclear power generation a major victory.

 

Will they had desired breaking with nuclear power generation?

They chose the veteran candidates in preference to ensure earthquake disaster revival.

Because the candidates all said that they intend to break with nuclear power generation different from their party.

Regrettably, all nuclear power plant areas in Japan also all brought the same result as Fukushima.

In this way, the public opinion of Japan, opponents of nuclear power generation was 57% and Proponents of it was 19%, collapsed in spite of it.

Why was such a result brought?

Probably, it progressed as follows.

 1.       Many candidates only desire vote-gathering power.

2.       Many lawmakers do not need to polish political capability.

3.       People will not put reliance on politics and do not expect the election.

4.       Most of few voters are likely to take advantage of a boom and continue to pursue their ever-lasting dreams.

  • 5.       Therefore, many minor parties are born newly, and people’s disappointment and the confusion continue.
  • 6.       After all, Unreliable political parties and lawmakers occupy the large part of them.

Unless this vicious circle is severed, there will be no future of young men.

 

Next time, this Japanese political culture is compared with it of advanced nations.

 

東日本大震災による東北3県(岩手、宮城、福島)の避難・転居者は現在32万人(2013/1/9)です。

原発被害を受けた福島県民の避難者は15万人で、その内、県外避難6万人の半分3万人は自主避難です。子供の将来の安全を願っても含まれているだろう。

これは200万県民の7.5%であるが、ほとんどは原発周辺の人々である。

これだけ被害を受けた福島県の選挙結果はどうだったのか。

前回2009年の選挙では民主が小選挙区で議席を総なめにしたが、今回は自民4、民主1(3区)で大逆転となった。

この結果だけを見ると、福島県民の民意はどこにあったのかと疑いたくなる。

そこで福島の選挙事情を少し詳しく見る。

福島の小選挙区

< 福島県の小選挙区 >

確かに原発被害地の5区においても自民が勝利しているが2位民主との得票差は13%で、大逆転とは言い難い。

1と2区では民主から未来に鞍替えした候補者がベテラン自民に完敗した。

4区では民主の大御所辞退で自民が維新(自民からみんなへ、最後に維新に鞍替え)に勝った。

これら戦った政党の選挙公約から見ると、脱原発の意向は最も未来が強く、次いで民主で、維新と自民が原発推進と言える。

原発推進派を大勝させた県民は脱原発を望まなかったのだろうか? 

ことはそう簡単ではなさそうだ。

候補者へのアンケート

< 新聞社が福島選挙区の立候補者に原発についてアンケートを行った >

上記表から言えることは、一人除いて立候補者全員が脱原発を唱えている。

これでは争点が見えないに等しい。体よく騙しているとも言える。

推測だが、鞍替えした頼りない立候補者(元民主チルドレン、元自民)より、震災復興を確実にする実績ある人が選ばれたように思える。

福島県の事情は了解出来るとしても、全国の原発立地選挙区はどうだろうか?

原発立地選挙区の議席

< 衆院選の結果、原発立地選挙区のほとんどの議席は民主から自民に返り咲いた >

全国の原発地区でも福島と同様の結果となった。

全国で見れば、脱原発(未来、共産、公明、民主、未来など)に票を投じた52%の人々が勝ち取った議席数(政党)は27%に過ぎなかった。

結局、原発推進の自民と維新が73%を取った。

2012年5月の中央調査社の世論調査では原発反対57%賛成19%であった民意はこうして潰えた。

なぜこのような結果になるのだろうか?

概ねこのような経緯を辿ったのだろう。

 1.       多くの立候補者にとっては集票こそが政治生命を賭けるものである。

2.       多くの議員はその場しのぎで政治能力を磨く必要がない。

3.       国民は政治に信頼を置かなくなり、選挙に期待しなくなる。

4.       残念なことに、せっかく残った投票者の大半はブームを追い、チルドレンに期待し、青い鳥を追い続ける。

5.       よって小党乱立し、寄り合い所帯の政党が生まれ、失望と混乱が続く。

6.       いつしか頼りない政党と議員が頻出することになる。

この長年の悪循環を断たないと将来、若者の行く末は暗澹としたものになるだろう。

    

次回は、このような日本の政治文化を先進国と比べます。

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, politics | Tags: , , , , ,

绝望1の選挙結果:経済政策1 


 

債務残高, Japanese government debt

< a red line shows Japanese government debt >

This one-week was the days tormented by despair, anger, and a sense of powerlessness.

In the result of a national election of Japan, Japan will fall to an abyss.

Why is politics of Japan the worst?

 

The political party that stagnated Japanese economy for the past 30 years came back to political power.

And without reflecting on themselves, they are trying to take their conventional method and dangerous means. 

Although I want my prediction deviate, i point out some dangerous factors.

 

この1週間は絶望、怒り、無力感に苛まれた日々でした。

日本の国政選挙の結果では、日本が奈落の底へと堕ちるだろう。

なぜ日本の政治はこうも劣悪なのか? 

 

数十年間、日本を停滞させた政党が政権に返り咲いた。

しかも彼らは反省するどころか、従来の方法と危険な手段を取ろうとしている。

私の予測が外れることを望むが、いくつかの危険要因を指摘しておきます。

 

Economic policy

Why do people allow that they have disregarded the economy? 

The Liberal Democratic Party had performed public investment for 30 years. It was 7 to 12 trillion yen every year.

This had got to push up Japanese gross domestic product(GDP, about 450 trillion yen) from 8 to 13%. (as the marginal propensity to consume is 0.8.)

However, the economic growth rate fell from 4% to 0% in the meantime.

For this reason, 35 trillion yen national bond was floated every year. And 10 trillion yen of these was used to pay off debts.

This amount repaid will increase from now on. And if interest rates go up, the amount repaid will increase several times.

 

経済政策

なぜ国民は経済無視を許すのか?

自民党は毎年7から12兆円の公共投資を30年間行って来た。

これは日本のGDP450兆円を8~13%押し上げるはずであった。( 限界消費性向=0.8として)

しかしこの間、経済成長率は4%から0%へと低下していった。

この為に35兆円の国債が毎年発行された。その内借金返済が10兆円であった。

この返済額は今後増加し、金利が上昇すればその金額は数倍になる。

 

公共投資, Japanese corporate investment 

< a black line shows Japanese corporate investment >

A clear thing  

Since the public investment has little effect, the outstanding obligation only increases.

Why does the party put power into this policy?  It will be only for protection of vested rights and interests.

Since the economic growth is indispensable to settle up the debts, we must carefully carry out the policy of reflation.

 

明確なこと

公共投資は効果が少ない為、債務残高は増加するだけである。

なぜ自民党がこの政策に力を入れるのか、それは既得権益擁護、票田確保の為だけだろう。

経済成長なくして債務解消は無いので、取り敢えずリフレ策を用心しながら実施すべきだろう。

 

国内総生産成長率, growth rate of the gross domestic product(GDP)in Japan

< growth rate of the gross domestic product(GDP)in Japan >

What is likened to Japan?

The seriously injured diabetic is eating beef and a sweet cake heartily, carrying out insulin injection every day.

He is likened to Japan.

A serious illness of Japan is in the collusive relation between the public and private sectors, such as that nuclear power plant promotion and agricultural protection.

It is because there is much industry that abandoned growth by regulation or protection.

This seems to give the vested-rights-and-interests industry by immense government bond issuance (injection) (gluttony).

This is same as that people give assistance for the privileged business by immense government bond issuance.

We look at about economy next time also.

 

日本を例えるなら

重傷の糖尿病患者は毎日インスリン注射をしながら、牛肉や甘いケーキをたらふく食べている。

彼は日本に例えられる。

重病とは原発推進や農業保護に見られる官民の癒着構造にある。

それは規制や保護によって成長を放棄した産業が多いことによる。

これは国民が莫大な国債発行で特権ある業界を援助することと同じである。

次回も経済について見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: economy, <english language, <japanese language, politics | Tags: , , , , , ,

選挙に向けて:まとめと目次(连载、何か変ですよ5〜14)


 政党乱立

< 政党乱立 >

10回にわたって、この衆院選をどう捉えるかの判断材料を示しました。

最後に、最重要な視点をまとめ、連載の目次と要約を記します。

   

重要な視点

今、舵を大きく切らなければ日本の10年後は、恐らく悲惨な社会状況に陥っているでしょう。

この兆候は約20年前から経済で現実のものとなり、国民も実感し始めた。

それが民主党による政権交代へとつながった。

現在、国会はしどろもどろであるが、やっと社会の治療が緒についたばかりです。

それは何の治療を目指しているのか?

それは泥沼のアジア太平洋戦争に突き進んだ、日本の統治体制の混乱を見れば一目瞭然です。

当時、国民の意向によって統率されることなく、政府と軍部の対立に始まり、現地参謀の独走、末期では海軍と陸軍の対立が、戦争の拡大を招いたのです。

 

 

 官僚の責任

< 官僚の責任 >

これは国民に選ばれた内閣が官僚、省庁を統率出来ないことと同じなのです。

日本は気を緩めると、このようなことを繰り返すのです。

マスコミと裁判所、検察も官僚寄りです。

これら統率不在と硬直化を是正しない限り、ギリシャ、イタリアのようになるだろう。 

最重要は、官僚の上に立ち、統合指揮出来る内閣が不可欠です。

最悪は官僚のいいなりで、少なくとも対峙することから始め統率にいたるべきです。

どうか皆さん、最善の選択をお願いします。

 

何か変ですよ5 : 選挙に臨んで

*要約 : 日本の現状はどうなのか?未来は? 懸念すべき問題が膿のように溜まりつつある。それは日本の独りよがりが生んだもので、社会の膠着化が重度に進行中です。

何か変ですよ6 : おかしな選挙の争点 

*要約 : 囃し立てられている消費増税反対について考えます。最初に増税と公共投資の関係を簡単な経済理論で理解します。次いで増税が不況をもたらしたと言うデマを検証します。

何か変ですよ7 : 当てにならないエコノミスト 

*要約 : 著名なエコノミストが如何に当てにならないかを、日米のここ半世紀から見ます。政府やエコノミストは大きな誤算を繰り返し、制御とはほど遠いのです。

何か変ですよ8 : 協調か、排他か 

*    要約 : 将来、世界で起きることが日本に災いをもたらし、拒否できるものではないのです。資源枯渇に対して、自給率向上を目指して排他的になるべきか、それとも世界と協調すべきか。

何か変ですよ9 : 守るか、変えるか

*    要約 : 今の生活を守る為に社会変革を拒否するのか、実施するのか。未来を守るためには深刻度を増す失策を廃止しなければならない。原発を取り上げ、その是非を見ます。

何か変ですよ10 : 社会の硬直化

*    要約 : 原発政策には日本社会の暗部、社会の硬直化が如実に現れていました。原発と農業保護に代表される硬直化の蔓延とメカニズム、その被害状況を見ます。

東電と保安院の癒着

< 保安院と東電 >

何か変ですよ11 : その根源は何か

*    要約 : なぜ大きな損害を招く硬直化が起き、それを改めることが出来ないのかを見ます。日本の社会は、まるで全体が硬直化を推し進め、食い止める手立てを無いようです。

何か変ですよ12 : 日本病 

*    要約 : 硬直化の最大要因「日本病」を見ます。これは「内集団ひいき」が引き起こすマイナス面で、プラス面は日本の良さもでもあるのですが、野放図にしておくと弊害を生むのです。

何か変ですよ13 : 政局混乱に対処する

*    要約 : 現在の政局は、ヒトラーが実権を握っていく状況と酷似しているのです。当時のドイツ政治の問題点を振り返り、日本の政治がどうあるべきか、何をしてはならないかを見ます。

何か変ですよ14 : 軍備か宥和か

*    要約 : 北朝鮮のミサイルを例に、日本が取るべき道とは何かを探ります。そのために、無血革命と呼べる東欧の開放、ベルリンの壁崩壊を例に、平和には本当は何が必要かを見ます。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

Categories: <japanese language, opinion, politics | Tags: , , , , ,

何か変ですよ14:軍備か宥和か


 ベルリンの壁崩壊

< ベルリンの壁崩壊 >

現在、タカ派の威勢が良い。

平和をどうしたら得られるか、ここ半世紀にそのヒントがあります。

 

どうして世界が平和を取り戻したのか

ベルリンの壁が崩壊した1989年以前にヒントがある。

    この壁はベルリン市民が壊したのですが、それは東欧民衆の西欧への強い憧れと長い苦悶の末だったのです。以前、東欧諸国はソ連をバックにした独裁制で、秘密警察に監視され監獄のようでした。民衆が民主化を求めるとソ連の戦車が進入し制圧したのです。

ソ連のゴルバチョフ大統領が改革を始めており、その一貫として衛星国(東欧)への軍事干渉を行わないことを明言した。このことが東欧民衆を勇気づけ、立ち上がることを可能にしたのです。

なぜゴルバチョフは東欧を自由にしたのでしょうか。

第二次世界大戦後、米ソは冷戦と呼ばれる軍拡と衛星国獲得で熾烈な競争を行っていました。しかし巨額の軍事費と戦費は増大する一方で、ついには両者の所有核ミサイルは地球を7回全滅させるところまで進んでいました。

 

ニクソンと毛沢東の会談

< ニクソンと毛沢東の会談 >

この時、米国の二人の大統領が電撃的に冷戦を緩和させたのです。ケネディのキューバー危機回避とニクソンのベトナム戦争終結が端緒となり、両国の意思疎通が進み、軍縮が進み始めたのです。

以前の米国の共産主義勢力への恐れ、敵対感情を思うと青天霹靂でした。

両国共に軍事費の増大が経済を悪化させていたのですが、よりソ連の方が深刻だったのです。一方、東欧民衆は隣接する西欧の経済進展に接することが出来、古くはドイツやオーストリアと国を一つにしており親近感を持っていた。

このような背景の下で、東欧は独裁国家から自由な民主国家に血を流さず転換出来たのです。

 

  PAC-3

< 迎撃ミサイルPAC-3 >

 

北朝鮮のミサイルを巡って

現在、迎撃ミサイルが沖縄に配備されて、北朝鮮の弾道ミサイルを迎え撃とうとしています。有難いことです。これがなければ防ぐ手立てはありません。

しかし迎撃は完全とはなり得ません。10兆円を費やしても迎撃ミサイルで常時日本全土をカバーしきれません。膨大な陸上の迎撃ミサイルとミサイル搭載のイージス艦が必要になるからです。

なにせ弾道ミサイルは音速の10~20倍、発射から最短5分以内で打ち落とす必要があるのです。まして冷戦時代のように互いに競争し始めると際限がなくなります。

 

ここで東欧の教訓が生きるのです。

 

 チャウシェスク

 < 左端、ルーマニアの独裁者チャウシェスク >

あれほど強固に思えた東欧の独裁政治(東独、ルーマニア)が一気に氷解したのです。

その要因は三つでしょう。東欧民衆が西欧に強い憧れも持っていた。西欧は東欧民衆に対して軍事的ではなく包容力で迎えた。ソ連が東欧政権を支えなくなった。

当時のケネディとニクソンの宥和行動は予想出来ないものであり、平和という果実を世界にもたらした端緒となったのです。

北朝鮮の周辺諸国とそれを支える中国の態度が如何に重要か、世界がどのように関わるべきかが、わかっていただけると思います。

躍進し自信溢れる中国、ミサイルや核を独自開発する北朝鮮は、当時のソ連や東欧と異なるようにも見えます。

一方で見方を変えれば、体制を柔軟に変えてきている中国、ソ連に見放され中国だけが頼りで経済が疲弊しきっている北朝鮮、経済成長著しい隣国韓国、同じ中華文明の影響を受け、遺伝子を共有する経済大国日本、これらは好材料でもあるはずです。

 

血気盛んで偏狭な孤立主義者や国粋主義者の口車に乗ると、後悔しても後の祭りとなるでしょう。

今回で、この度の選挙に関する連載を終えます。

長い間、拝読に感謝します。

ご意見、ご質問があれば何なりとお書き下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , , , , ,

何か変ですよ13:政局混乱に対処する


 政党乱立

< 政党乱立 >

政局混乱がなぜ起き、何を招くかを見ます。

ヒトラーが活躍した時代にヒントがある。

 

今の政局は、短命内閣、小党分裂、タカ派台頭、甘言が特徴です。

この現象は1930年前後のヒトラーが頭角を現す時期に酷似しているのです。

 増税拒否から独裁が始まった

当時ドイツは前の大戦で疲弊しながらも議員内閣制をかろうじて維持していた。

1928年、社会民主党は保革大連合を果たし政権に返り咲いた。

当時、少数政党が乱立し主要政党だけでも4つあった。この年に始めてナチスが国会議席を得た。

また内閣は1年と保たない状況が5年続いていた。

次の年、世界大恐慌が起こり、失業者が巷に溢れ、内閣は失業保険支払いに応じるために労使への拠出金増額を提案した。

前回は資本家側の猛反対で廃案になり、今度は自陣営の労働組合側からの猛反対に合い内閣は退陣した。

 

ヒトラー首相と大統領

< ヒトラー首相と大統領 >

この後、決められない内閣が嫌われ、元将軍の大統領が権限を握ることになる。

これを元参謀とヒトラーが虚々実々の駆け引きで操り、最後はヒトラーの大芝居で決着がついた。

この間にも歴代内閣は財政悪化を外債発行で乗り切ろうとするが反対に遭い挫折した。

ナチスの活躍は外国資本の逃避を招き景気を悪化させるが、打開策の増税案はナチスに反対され頓挫する。

1933年、第一党となったナチスは国会放火事件で過半数を得て憲法改正し、独裁を開始することになった。第三帝国の誕生である。

こうして経済悪化が財政悪化、打つ手なし、政局混乱を招き、一発逆転が声高に叫ばれるようになった。

さらに夢のような起死回生策、強い指導者が望まれ、独裁者の誕生を招いたのです。 

皆さん、何か嫌な予感がしませんか・・・・

 

今私達は何をすべきなのか、すべきでないのか 

*        景気浮揚策 : インフレ率1~2%を目指す政策に転換する。 極端な政策変更は危険。ここ数年の海外の様子から察すると、インフレターゲットが必ずしも成功し続けるとは言えない。日本のGDP増加は人口が減少しているので難しい。

*        財政悪化 : ここ数年以内に確固たる財政赤字縮小策に転換すべき。 確かに無駄を省ければ良いのだが、総論賛成各論反対で立ち往生している間に手遅れになる。

増税分を特定財源化(直接家計消費に回るよう)すれば景気にプラスになる。並行して無駄を省くべきである。

*        無駄を省く : 無駄を省くには、硬直化を招いている官僚・議員・産業界・組合の癒着を断ち切ることが必要であるが、ダム建設中止、原発、農業保護で見たように、既定路線が完全に浸透している。大都市の市民はある意味一様であるが、国政では産業や利権が地域で異なり国民はバラバラで了解を得るの困難である。

その困難な改革をどの政党が出来るか、出来ないかは、その政党の体質を見るべきである。既得権益や地縁にどっぷり浸かっている政党は、いくら甘言を弄しても不可能だろう。

 

官僚の責任

< 官僚の責任 >

次いで、優秀なリーダーとそれを支える党組織(固定の支援者)である。いくら優秀な数人がんばっても、2万人のキャリア官僚相手に改革を実行出来るだろうか。その先例は、ドンキホーテのように始めて官僚に挑んだ民主党が見せてくれた。

*        打つ手無し : 財政悪化が進めば進むほど、打つ手が無くなってくる。今のうちに根本的な打開策を少しずつ試みるのが重要です。

*        政局混乱 : 今はまさにその兆候が出ています。現在の日本経済は最悪状況ではないが、失望が失望を生んでいる。

重要なことは、日本の体質を徐々に変えることで、そのためには次ぎの時代を担える政党を育てることです。2~3大政党が望ましい。その為には4~8年の間、政権担当能力が育つのを見守る姿勢が必要です。

*        してはならないこと : 何があっても議会制民主主義を守り、短絡的に憲法や二院制の改革を行うべきではない。どさくさに紛れてやられないように。議員やマスコミに乗せられて首相をコロコロ変えるべきではない。

 

次回は、国防と平和を考えます。

 

 

 

 

 

 

Categories: history+evolution, <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , , ,

何か変ですよ12:日本病


 

   宮城県、震災当日のスーパー

< 震災当日の宮城県のスーパーで並ぶ人々 >

硬直化を阻止出来ない最大の理由は、日本文化にあります。 

それは村意識や内集団ひいきの悪い面が出ているのです。

 

私達は属している集団や企業に強い愛着と安心感を持ち、時には忠誠心も持ちます。

これが震災後の市民の落ち着いた振る舞いや、一致団結し企業を支えて高度成長を可能にもしたのです。

しかし一方で、公害や原発の危険を企業内から告発する人は少なく、むしろ彼らは組織の裏切り者と見られがちです。

また属している集団の目を気にするが、見られていなければ傍若無人です。これは日本や世界の共通認識に無頓着か無視することになります。

属している集団に強く肩入れすることは、部外者冷遇や隣国蔑視にもつながります。ここ百年間の外交史や世論の流れは極端に膨張主義であったかと思えば、現在は孤立主義(米国依存を除いて、国粋主義)に向かっています。両極端に振れ易いのです。

この内集団ひいきは対立感情や安心感を生み、選挙行動にも現れます。政策よりも地縁や縁故との関わりで投票を決めます。また少しの違いで多数の小党に分裂しますが、これを許すのも、ここらに理由があるように思えます。

残念なことに、これは2千年に及ぶ歴史と東アジアの一列島であったことに起因し、良い面もあるだけに、一朝一夕に改めることは困難です。

 

具体的な事例を幾つか見てみましょう。

*        私は悪いとは思うが、皆がやろうと言うので反対出来ない。逆らうと場をしらけさすし、自分が浮いてしまう。職場を任されたが、前任者のやり方から逸脱してまで改革すると、彼を傷つけるし混乱を招くだけだ。

・    よくある話です。これは人類共通なのですが、東アジア、特に日本が強いようです。

 

内部告発者

< 内部告発者の苦闘 >

*        会社が違反行為を続けているが、これを訴えることは得策ではない。会社の名誉を傷つけ、告発者だとわかれば自分は大損害を受ける。

・    社会規範の遵守に乏しい。日本には内部機密の漏洩者を罰する法律はあっても、米国のように告発者保護の制度(新聞社への密告)が貧弱なことも災いしている。

*        上司が、トップの贈収賄事件に絡んで、飛び降り自殺した。彼は悪くないのに犠牲になったのでかわいそうだ。

・    これは集団内の名誉意識に呪縛されていると思われる。本来なら自殺せずに真実を訴える方が良かったと思えるのだが。

 

世襲

< 世襲 >

 

*        先代の先生(国会議員)には御世話になっており、今度は息子さんが立候補するので投票する。これは地元の為に良いはずだ。

・    国政とは次元が異なるはずだが地縁最優先になっている。これが欧米先進国の世襲議員5%なのに、日本の二大政党は40と20%になる理由でしょう。

*        「私は官僚や政治家に有力な情報提供者がいる。」と自慢しているコメンテーターがいる。この人の解説は信用出来、頼もしい限りである。

・    ニュースソースを明かすのなら信用して良いでしょう。結局、匿名のはずで、官僚や政府の都合の良い情報を掴まされるだけです。米国では信用されない。

*        新聞社の社主が主筆でもあることは経営的に良いことで、何ら問題はないはずだ。

・    経営的には良いのですが、記事が政府や資金、または聴衆迎合に陥り易い。米国市民は編集長が経営者から独立しているから信頼をおく(コミックのスーパーマンが新聞社を止めたように、米国も現在劣化中)。

 

このような状況を一つ一つ改善していかないと日本は良くならないのです。

次回は、日本の進むべきヒントを歴史から得ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , , ,

何か変ですよ11:その根源は何か


 東電と保安院の癒着

< 保安院と東電 >

 前回は社会の硬直化を確認しました。  

 今回はなぜ硬直化が進行し、改革出来ないかを見ます。

 

硬直化の始まり

政府が産業を牽引することは、戦後日本のお家芸で、世界から羨望の眼差しで見られた。通産省の長期プロジェクト、農林水産省の保護政策、大蔵省の護送船団方式等はその典型です。

復興期に大いに役立った、この手法も経済発展と国際化で陰りを見せます。護送船団方式などは早々と瓦解しました。過保護が改革のチャンスを奪い、向上意欲を失わせ、結果的に産業を弱体させた。

保護を請うために、政府との癒着を求める力は常に働き、規模が大きいほど強力になります。

 

なぜ巨大な無駄を生みだす硬直化を止めることが出来ないのか

放置すれば破局がやがて訪れることは帝国崩壊や企業倒産が示しています。

結果が見えているのになぜ行き着くところまで行くのでしょうか。

 

 東京電力の広告費

< 東京電力の広告費 >

三つの理由 戦後日本について

*        巨大化する利権グループ : 巨額の資金と票田がその保持を可能にします。原発で言えば、電気事業連合会は広告宣伝費に毎年800億円を使い、原発世論を誘導することが出来ました。また経産省も外郭団体に教宣を依頼しました。これは国民の電気代や税金からです。農業保護を訴える農協の会員数は1200万人、人口の9%です。経済規模は日本の1.5%以下です。過去、農村部の一票の価値は大都市の約3~5倍あったので、議員には最重要な票田であった。選挙、議員、官僚、産業・組合、これが循環する形で利権は強固になっていく。

*        浄化作用が効かない : 本来、マスコミが問題を追及し、国民の批判が起こり、政府や議員が動き出すのだが、それが作用していない。この百年間の戦争と原発の推進に関わった新聞は、同じ過ちを繰り返している。

戦後の問題は記者クラブです。これは官僚と報道の談合を意味します。官僚が望むコメントを流すことにより、記者は官僚に取り入り、個別に情報を早く取ることに心血を注ぐことになる。これが匿名報道中心、調査報道でなく速報重視になる理由です。

 

検察の暴走

< 検察の暴走 >

例えば今回の小沢氏逮捕、郵政不正事件の村木氏勾留において、検察側の情報で世論を煽り、検察の暴挙を曝けなかった。こうしてマスコミは、官僚や政治家の仲間割れや追落とし、世論操作に利用されている。さらに新聞収入の半分は広告費で、原発のように大手の企業団体から圧力がかかると、原発反対から賛成に回ってしまったのです。

こうして社会問題の真相をスパ抜くことが出来なくなってしまった。

日本のマスコミは官僚・政府に近くなり、一匹狼的な記者や外国報道は蚊帳の外に置かれているのです。

 この欠点は世界の報道マンから批判され続け、先進国(特に米国)では排除されています。

 

原発差し止め裁判のほとんどが敗訴になったことでもわかるように、原告側に立つ有力学者はなく、政府方針に逆らってまで踏み込んだ判決を出す裁判官もいなかった。これも社会の公器の役割を果たしていない。

 

参考図書 : 「官報複合体」牧野洋著、「ジャーナリズム崩壊」上杉隆著、「検察が危ない」郷原信廊著

 

次回は、三つ目の理由を見ます。

 実はこれが一番曲者です。

 

 

 

 

 

Categories: <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , , ,

何か変ですよ10:社会の硬直化


 

 国会事故調が元安全保安院院

< 元安全保安院の答弁 >

今回の選挙には色々な争点、TPP、領土、原発、子供、社会保障、経済活性化、赤字財政などがあります。

個々の問題もさることながら、そこには幾つかの根本的な問題が潜んでいます。

 

一つの根本問題は日本の硬直化です。

社会の硬直化とは不明瞭なものです。

硬直化とは、大きく成長し固定化した組織や制度などが、社会や経済の変化に適応出来なくなった状態を指します。

 

原発問題に硬直化は端的に現れています。 詳しくは「原発問題の深層」にあります。

* 60年前、原発産業は零から始まり、今やGDPの1%(注1)を占める産業に育った。

* 高度な技術と莫大な資本が必要で、大企業と政府が牽引する必要がありました。

* やがて継続と保護が優先され、自由化や安全、責任などは内輪でもみ消されます。

* 利権を守る為に産官学と議員達は、自らの言動や教育、マスコミによって世論操作を行います。

* 国民は、知らずに現状を追認するようになります。

 

注1、   業界の大きさを、売上げ/GDPで表すのは厳密には正しくない。付加価値が正しい。

 

この結果、何が起きたのでしょうか?

 災害が起きて、実にずさんな安全体制、捏造、隠蔽、癒着が発覚した。

 これは一部の利権グループが、他者に犠牲や無駄を押し付けることを意味します。

 この非効率さと慣行が日本社会の停滞を推し進めているのです。

 

 農業保護

< 農業保護とTPP反対 >

ここで重要なことは、この硬直化が社会全体に広がっていることです。

 この硬直化が生む弊害とはどのようなものかを農業で見てみましょう。

 

農業の国内生産高8兆円 (GDP比率1.5%、注1)、輸入額7兆円で、農業就業者で4.6%(内65歳以上61%、兼業農家込み8%)です。ここで国民が農業保護に費やしている額を見ます。直接税金で3.3兆円の農家保障、輸入障壁により2.8兆円(OECD発表、この内関税5000億円)高く買っており、合計6.1兆円になる。さらに国内生産分も考慮すると、最大合計7.5兆円になるかもしれない、これが毎年の食料自給率向上の代償になります。

 

 

畜産と飼料

< 畜産物と飼料穀物の関係 >

それでは自給率はどれほど深刻なのでしょうか。日本のカロリーベースの自給率が40%と低いのは食肉用の飼料にトウモロコシ、大豆、小麦を大量に輸入しているからです。実際は、米100%、野菜80、鶏肉70と自給率は高い。図からわかるように、直接安い牛肉や豚肉を輸入し、養殖漁業と果樹栽培を推進すれば自給率は上がる。これを妨げているのも保護政策です。

これで日本の農業が良い方向に向かえば良いのですが。一部に兆しはあっても、全体としては高齢者就業者が多いことでわかるように、保護がチャンスを奪い体力を弱らせているのです。このように保護が、自身の衰退に拍車をかけ、さらに経済全体にブレーキをかけることは、ギリシャの果樹栽培のように世界中に見られます。

このような保護政策による国民負担増、組織の維持費(官庁・農協)、輸入障壁の対抗としての輸出障壁は日本経済を大きく圧迫しています。これらの無駄は他の産業を含めると税収40兆の50%に到達する日は近いでしょう(農業で20%、原発で3%ぐらいでしょうか)。

 

参考図書 : 「日本は世界5位の農業大国」 浅川芳裕著

なぜこのような硬直化が蔓延するのでしょうか。

 次回は、社会の硬直化を温存し、改革出来ない理由を見ます。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , , ,

何か変ですよ9:守るか、変えるか1


 原発事故

< 福島原発事故 >

生活を守るのか、生活の悪化を予防するのか。 

この視点で、少し日本を見てみましょう。

 

現状が良いと思われる方は現状維持を望まれるでしょう。

日本の素晴らしい点、誇るべき点は多々あります。

一方、現状に不満を抱いている方や将来を不安視する方は、社会を変えたいと望むでしょう。

両者の心情は尊重されるべきです。

今回は、既に問題が生じ、放置すれば深刻度を増す可能性について記します。

原発地図

< 日本列島の原発 >

原子力政策について

日本列島に配された原子炉はあまりにも危険過ぎます。

よりによって崖や海岸に近いのです、断層断裂や津波の危険性大です。

一基の爆発で損害10兆円、数万人の死・疾病者、数十万人の永久退去、農地放棄が起こる可能性があります。

さらに現時点で放射性廃棄物(ドラム缶85万本と高レベル分)の処理があります。

これを現在の科学技術で無害化することは出来ませんし、瓦礫処理でさえあれだけの反対があるのですから、継続すれば大問題となるでしょう。

それではなぜ原発停止に異を唱え、それに同調する人々がいるのでしょうか。

原発停止の問題点について

 * 事故の発生率は非常に低いから過度に反応し過ぎ : 自然災害の発生率は予測困難ですが、古いものを含む50基稼働では、数十年に一度の発生を否定出来ないのではないでしょうか。一番の問題は、安全神話の嘘で塗り固められて建設されて来たことです。また人災による事故発生は日常茶飯事です。現状のままでは危険極まりない。

* 折角の原子力技術を捨てるのが惜しい : 人類は多くの危険な技術、時代遅れの産業を捨てて来ました。フロンガス、ロボトミー(脳外科手術)、有害薬品、日本の石炭産業、かつての夢の原子力・放射線技術等。不要な物は捨て、転換を図って来た、遅くなるほど傷は深くなる。

* 代替エネルギーが未成熟 : 事実です。シェルガス掘削による公害対策、代替エネルギーのコスト低減など、解決すべき問題は多々あります。コストが高いことは資源やエネルギーを多く使用しているのです。早急に育てるべきだが、まだ安心出来ない。

*  電力価格の高騰 : 計算にごまかしもありますが上昇する。莫大な廃炉・廃棄物処理費用と現在でも高い電力料金の上昇は経済負担を増す。電力自由化などにより改善し、幾分は我慢するしかない。

*  経済にマイナス : 原発の経済規模、電力会社の原発関連電力は約4.8兆円(内原子力産業発注、約1.5兆)で、GDPの約1%に当たる。また政府は毎年、原発の立地と研究開発費に約4500億円を費やしている。原子力村の経済はこれらによっても支えられている。この産業と労働者、原子力村の転換が必要になる。かつて日本は幾度も産業の交代をこなして来た。これが抵抗の根源であり、政治的な調整、緩和策が必要。

* その他もろもろ : エネルギー自給率の低下、地球温暖化防止に逆行、停電による災害、核兵器拡散を招くなども言われています。これらの議論は信憑性に乏しい。

 

炭坑争議

< 炭坑争議 >

まとめ

*        原発はあまりにも危険なため全停止に向かう : 日本列島は大災害が起こりやすく、狭い国土では起きれば致命症となる。

*        但し、転換策を講じる : 代替エネルギーの開発普及に国力を注ぎ、次世代産業を育てる。公害防止器、太陽電池、自動車排ガス防止器などで成功している。産業や労働者、原子力村が転換出来る施策が必要、炭坑廃鉱などで実績あり。移行期間を設ける。

 

 

 

Categories: <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , , ,

何か変ですよ6:おかしな選挙の争点1


 

消費増税

< 消費増税のアンケート >

現在、日本では、各党首が口角沫を飛ばし夢のような政策を訴えています。

どうせ守れないなら何を言っても良いかもしれませんが。

国民は正しく理解していないと将来後悔することになります。

  

増税について

良く聞く、胸に突き刺さる警句があります。

「消費増税は景気を後退させる。1997年の消費増税がその例だ。」

これは応えます。これが真実なら、誰でも躊躇しますよね。

これを確認します。増税は必至なので触れません。

 

経済学の基本から

1.国が支出(公共投資等)を2兆円増額すると、GDPは5倍の10兆円増になります。

2.国が2兆円減税を行うと、GDPは4倍の8兆円増になります。

3.     国が2兆円増税し、その2兆円を支出すると、GDPは2兆円増になります。

この計算式は正しいものですが、係数の限界消費性向C(0<C<1)は0.8を使いました。

教科書的には、Cが変わっても3番の増税と支出増の組合せによるGDP増額は変化しません。

1980~2008年の家計の限界消費性向は0.7~0.8で、一方、公共投資の2001~2005年の限界消費性向は0.33でした(内閣府資料より)。

実はこの二つの値を使って、2兆円増税して公共投資を行った場合を計算すると、GDPはマイナス5兆円になるのです。通常、限界消費性向は同一値を使います。

 

公共投資の乗数

< 公共投資のGDP乗数、GDPは約500兆円 >

得られる結論はこうです。

*        増税分を国民の消費に使うと景気にプラスになる。3番の計算例。

*        ただ使い道を誤ると、マイナスになる。例えば借金返済や経済効果の劣る公共投資などです。

国の支出増は明確に景気増大をもたらします。しかし限られた財源で効果の薄い公共投資では借金を増やすだけです。それは過去30年の実績から明白です。なぜそのような見え透いた間違いをするのか、それは既得権益を維持する為だけとしか考えらえません。

 

 アジア通貨危機

< アジア通貨危機 >

1997年の消費増税は悪の元凶か。

この年の景気を悪くした真犯人は別にいるのでしょうか?

4月に消費税が3%から5%に上昇したが、この年に何が起きたかを見れば分かります。

*        この年は巨大倒産が頻発した: 4月から始まる日産生命と三洋証券の倒産は、それぞれの業界で戦後初。北海道拓殖銀行、山一証券の巨額の破綻。

*        7月に起きたアジア通貨暴落が経済危機を招いた : 10月には2日間で20円も円高になった。アジア各国の景気後退は、やがて日本の輸出に悪影響を与えた。

これら大型倒産は90年代のバブル崩壊の後遺症でした。アジア通貨危機は米国ヘッジファンドの利食い目的の空売りが始まりでした。

つまり消費増税が景気悪化を招いたのではないのです。

政府が緊縮財政(支出減)と増税を行い、大型倒産と後から通貨危機が襲った不運と言えます。

 

これで消費増税反対と公共投資復活の問題点が見えたと思います。 

御用学者や権益擁護の議員達は、国民を平気で欺きます。

真実を隠し、利用できる些細で都合の良い事実を針小棒大にあげつらいます。

原発事故前後の、東電、原子力学者(ほとんど)や経産省・保安院の言説を思い出してください。

それら学者の著作や言説を鵜呑みにした人々も多くいたはずです。

なぜか彼らは反省や謝罪とは無縁な高貴な人々のようです。

同じ間違いを繰り返すのは止めたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , , , ,

インフレ誘導策を検討する・・日本の救世主となるのか?


1,deflation

前回までで、日本の経済状況が欧米先進国と較べてどうだったかを見てきました。

 

既に見たとおり、日本が将来に不安を残しているのは財政赤字でした。

 

今日は、一番重要な巨額の累積財政赤字をインフレで防止出来るかを中心に見ます。

 

 

1, 各国財政収支,fiscal revenue and expenditure,countries

< 1 各国の財政収支の推移 >

 

明らかに1990年以降、日本は他諸国に比べ財政悪化の一途を進んでいます。

 

ただドイツを除いた総べての国がマイナスで悪化傾向に突入しているように見えます。

 

 

2、 各国歳入歳出、countries、fiscal revenue、  expenditure

< 2 各国の財政歳入・歳出の推移 >

 

上のグラフを歳入と歳出に分解したものです。

 

歳入のグラフでは日本を含め各国横這いです。

 

しかし歳出は日本だけが1990年から増加傾向にあります。

 

これが為に日本だけが赤字国債の発行を増やして行かざるをえないわけです。

 

ここから言えることは歳入が少なすぎることと歳出がやっと他諸国並になったと言うことです。

 

歳入が少ない理由は、税率の低さと不景気にありますが、今回消費税を上げました。

 

増税は必ず景気を冷やしますので、今後は景気を上げる必要があるわけです。

 

 

景気を上げるためには、つまり実質GDPを現状の0%から+2~3%にすれば良いのです。

 

これには公共投資などの財政出動と市中にお金を潤沢にする金融緩和があります。

 

しかし前者は過去数十年実施し、効果がなく赤字増に直結していました。

 

後者について日銀は長らく金利と国債売買で努力をしてきましたが、その効果はなく貨幣供給量(マネタリーベース)は増えませんでした。

 

効果がなかった理由はインフレにならないように日銀が慎重な政策を取り続けたからです。

 

ここで残る手段はインフレを誘導し景気を上げることに賭けるしか無いのです。

 

それではインフレになるとなぜ景気が良くなるのでしょうか?

 

良いインフレは円安、国内投資増、株価上昇、失業率低下、所得増、消費増、税収増、GDP増が連鎖的に生じます。

 

実はグラフ2上は、同じように見えているのですが日本以外はインフレで同じ税率でも税収額は10年で2倍になっているのです。

 

税収額は増えなくても日本は景気刺激策と公的保険の関係で歳出は増やさなければならないのです。

 

 

3、 ドーマー条件、Domar

< 3 ドーマー条件 >

 

このグラフはリフレやインフレターゲット論を唱える学者の拠り所としているものです。

 

このグラフの条件ラインより上であればいつかは累積財政赤字が消滅するというのです。

 

理屈は簡単で、国債の金利よりGDPの成長率が高ければ現在の財政収支が赤字でも今後は必ず減って行くことを示しています。式として問題はありません。

 

ここで日本の大多数の経済学者と日銀、財務官僚がこれに対してなぜ懸念するかを考えます。

 

高橋氏の言うように単なる馬鹿だからだけではないようです。不安点だけを考察します。

 

上のグラフではインフレターゲット策を講じている国々がラインの上にあり、下にあり危険なのは赤点の日本と次ぎにドイツと言うことになります。

 

しかしグラフ1が示すように2007年を境にして状況は様変わりしており、先行き不透明感がましています。つまり財政収支が安定し続けるわけではありません。

 

通常、インフレが長く続くと金利が成長率よりも上昇する傾向もあります。

 

国債の金利が急上昇する可能性もあります。信用が失墜すればギリシャのように短期8%もありです。

 

日本の労働者人口減少はボデイブローのようにGDP成長率を押し下げる効果があります。

 

他の総べての先進諸国は移民を入れて労働者人口を増加させています。

 

つまりドーマー条件が破れる危険はいくらでも存在しますので、過信してはいけません。

 

 

最後に結論を書きます。

 

岩田氏はインフレターゲットを政府が宣言し、例えば2%を目標にし、日銀は貨幣供給量を増やし、3%は越えないように制御するべきだと言う。

 

出来ない時、日銀は責任を取る、この姿勢だけでも景気がよくなると言う。

 

危険なのは国債の金利上昇であるから、これを目安に金融緩和を制御するということになります。

 

私の感触では、取りあえずデフレよりインフレを目指す方向に舵を取ることです。

 

既に今年2月から日銀は微かに方向転換を計っています。

 

これが後退しないように皆さんも注視して下さい。

 

これで連載は終了します。どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

Categories: economy, <japanese language, opinion, politics | Tags: , , , , | Leave a comment

何か変ですよ皆さん 2


前回、日本の膨大な負債について書きました。今日は対処について少し考えます。

負債処理でマスコミを賑わしている論調には3つあります。

一つは今の時期に増税を行うのはけしからんと言うのです。

小泉首相登場から政治と経済政策に変化の兆しが出て来ました。

しかしどうでしたでしょうか?

その後の17年間、歴代首相の下、あらゆる経済刺激策は効果があったでしょうか?

高額の負債が積み上がるだけで景気はよくなりませんでした。

80年代にサッチャーとレーガンが改革を行いましたが、その効果が出たのはいつでしょうか?

おおよそ15年後でした。サッチャーの増税は当時英国のGDPを大きく下げました。

はっきりしていることは今の日本経済を短期的に浮揚させる人材はなく、また投資が効かない状況にあるのです。

なぜ消費税なのでしょうか?

私個人は増税するなら所得税の方が適していると思うのですが、海外先進国と比較すれば消費税にならざるを得ないのでしょうか。

現在、グローバル化と保守化が同時進行している先進国の政治と経済は所得税などを下げる傾向にあります。

この中で、一国だけ違うことを行うと歪みが生じます、例えば企業や資産が海外に逃避するなどです。

最後に、首相は財務相の手先に成り下がったという説です。

この指摘は実に東アジアらしい非難で、周囲に振り回されていると考えるわけです。

例え財務省の言い分と同じでもよいのです、大事なことは政策自体にあります。

マニフェスト違反についても同様で、元来、日本人は細かいことは気にしないおおらかさがありました。

別の見方をしたらいかがでしょうか?

もともと新政権には期待しておらず、長期政権によるマンネリを払拭し新風を吹き込むのが目的だった。

そう考えれば、原発問題も含めて新たな方向が打ち出されて来たのがわかります。

確かに思ったより頼りない与党にいらだつこともありますが、万年与党も同様に見えます。

このような政治状況は皆さんにも一因があるのですから、ここはひとつ政治家を育てる広い心で対処されたらいかがでしょうか。

ポンポンと断じました。すばらしい国ではあるのですが、上記の問題は日本の悪いところが出ているように思えます。

どうか皆さんも一考して下さい。

Categories: culture+society, <japanese language, opinion, politics, Series: Something is strange | Tags: , | Leave a comment

Blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市&長門市にメシアの民登場。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

The Eternal Words

An opinionated girl penning down her thoughts.🌸❤

胡蝶蘭と大学職員

あなたの大学にいる職員さんってこんな人かもしれません。