False rumor, prejudice, and blind spots 16: What does the satire aim at? 2


デマ・偏見・盲点 16: 風刺が目指したもの 2

 

1狂言

< 1. Comic drama >

< 1. 狂言 >

 

I look at Asian satire culture and negative aspect of satire this time.

 

今回は、アジアの風刺文化と風刺のマイナス面を見ます。

 

Asian satire

The satire of classic public entertainment (comic drama, comic monologue, etc.) poked fun at the stupidity of person, and admonished.

Occasionally, samurai and Buddhist monk were satirized with caricature.

However, the culture to bitingly satirize the power like Europe and America did not grow up in Japan.

 

アジアの風刺

日本の古典大衆芸能(狂言、落語など)の風刺は、多くが人の愚かさを揶揄し諭している。

風刺画では、侍や僧侶が風刺されることもあった。

しかし日本では欧米のように権力を辛辣に風刺する文化は育たなかったようです。

 

 

2風刺2

< 2. Asian satire >

< 2. アジアの風刺 >

E : Picture scroll “Choju-Jinbutsu-giga” in about the 12th century.

This caricature described by frolicking animals and humans satirizes the society.

The scene shows a rabbit carries the appropriate gift to a bishop of monkey who had finished a Buddhist memorial service.

 

F : A caricature “Intractable disease treatment” of the end of the Edo era in the middle the 19th century.

The scene shows some samurais who suffered from intractable disease are visiting a skilled physician.

These diseases are “all talk and no action”,” unprincipled” and “cowardice”, etc.

It says samurai is flaccid.

 

G : Comic monologue.

It is an entertainment of common people from the Edo era, and also popular even now.

The laugh is mainly to satirize common people’s stupid act.

 

H : A masque of Hahoe Folk Village in Korea.

The scene satirizes Buddhist monk that is courting woman.

And it also satirizes Yangban (noble) living in same village.

 

E: 絵巻物「鳥獣人物戯画」。12世紀頃。

動物を擬人化して社会を風刺。

この絵は法要を終えた猿の僧正に兎が御礼の品を運んでいるシーン。

 

F: 幕末の風刺画「難病療治」。19世紀中頃。

難病奇病を患った侍が名医を訪れているシーン。

この病は「口ばかりの病」「うちまたこうやく」「うしろをみせる病」などで、侍を軟弱と皮肉っている。

 

G: 落語。

江戸時代より庶民の娯楽として定着し、今も人気がある演芸。

庶民の愚かな行為を風刺する笑いが主。

 

H: 韓国の安東河回村の祭りで行われる仮面劇。

これは女性を口説く僧侶を風刺しているシーン。

村で共存している両班(貴族)をも風刺する。

 

3はかたにわか

< 3. impromptu comedy play of Hakata >

< 3.博多にわか、ブログ「ヨレヨレライダーのどたばた日記」より >

 

Negative aspect of satire

It is to laugh at and to look down others.

Frequently, the satire was preoccupied with poking fun at others and enjoying, and sometimes was used for social sanctions and discrimination.

Aristotle assumed the origin of Greek comedy had been to poke fun at nomadic tribe who were driven from the town.

 

In the Middle Ages of Japan, Satirical sanction was carried out in villages.

For example, when there was a theft, village people identified someone with the criminal.

Then, the village people putted a large rock on front of his house at midnight, and did not remove it until he confessed.

 

In other village, people satirized a delinquency of the villager with impromptu comedy play.

The satirical sanction had functioned as social sanction, but became outdated when legal system and human rights awareness advanced.

 

Main problem is satire used to despise and discriminate subordinate person and an outlander (immigration).

 

風刺のマイナス面

それは他者を愚弄し、貶めることです。

往々にして、風刺は他人を揶揄し愉しむだけに終始し、時には社会的制裁や差別にも使われた。

アリストテレスはギリシャ喜劇の起源を、町を追われた流浪の民を揶揄したのが始まりとしている。

 

中世の日本の村では風刺的制裁が行われていた。

例えば、盗難があり、犯人の目星がつくと、夜中に村人が大石をその家の前に置き、当人が白状するまで取り除かない。

また村人の非行を村人がにわか狂言(滑稽な即興の寸劇)で風刺することも行われた。

風刺的制裁は村八分(社会的制裁)として機能していたが、法制度や人権意識が進むと廃れた。

 

主な問題は劣位の人やよそ者(移民)を蔑視し差別することに使われる風刺です。

 

To satirize different culture

Satire will be common in identical cultural sphere, but in different cultural sphere, there is a possibility that a harmful influence beyond each other’s understandings arises.

I look at two examples about differences in culture, and consider what become problems.

 

 

異文化を風刺すること

風刺は同一文化圏では共有可能でしょうが、異文化では理解を越える弊害が生じる可能性があります。

文化の違いを二例ほど見て、何が問題となるかを見ます。

 

4名誉と笑い

< 4. Honor and laughter >

< 4. 名誉と笑い >

 

I : A scene of charging in drama “Chushingura”

This is a Japanese true story of the early 18th century, and if many Japanese see this drama, they still shed tears.

It shows a samurai’s honor that they took revenge for their lord and suicided by disembowelment.

 

J : Folktale ”Khoja”

It is a funny story that a Turkish saint is central character in.

 

I: ドラマ「忠臣蔵」の討ち入りシーン。

18世紀初めの日本の実話で、多くの国民は今でもこれを見ると涙する。

これは主君の仇を討ち、後に全員切腹する武士の名誉を描いている。

 

J: 民話「ホジャ」。

トルコの聖者が主人公の笑い話、頓知話。

 

Honor and laughter

These are in common in the world, but the reaction greatly varies according to the culture.

In my trip of Turkey, I heard the funny story ”Khoja”, but it was not laughable.

The local guide said Japanese never laugh, but I asked to speak forcibly.

After all the difference of culture was big.

 

On the next time, I look at honor.

 

名誉と笑い

これは世界共通なのですが、文化によって反応が大きく異なります。

トルコ旅行中、笑い話「ホジャ」を聞いたが、笑えなかった。

現地ガイドは、日本人は笑わないと言ったが、無理にお願いした。

やはり文化の違いは大きかった。

 

次回は、名誉について見ます。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: False rumor, prejudice, blind spots | Tags: , , , , , | Leave a comment

False rumor, prejudice, and blind spots 15: What does the satire aim at?


デマ・偏見・盲点 15: 風刺が目指したもの 1

 

 

1風刺

< 1. A overseas caricature, by blog “SKY NOTE”  >

< 1.海外の風刺画、ブログ「SKY NOTE」より  >

 

On January 7 in this year, French satirical weekly newspaper was attacked and many people were killed.

May their soul rest in peace.

This time, I think about the satire culture that led to this incident.

 

今年1月7日、フランスの風刺週刊誌が襲撃され、尊い命がなくなりました。

ご冥福をお祈りします。

今回は、事件の切っ掛けになった風刺文化について考えます。

 

2シャルリーエブド

< 2. covers of Charlie Hebdo 

< 2. シャルリーエブド紙の表紙 >

 

Preface

Recently, for continuing terrorism threat, I become a dark mood.

It is legitimate to deal terrorism, but about the destruction, there are two consciousnesses.

The one is to exterminate the stronghold by air strikes at one sweep.

Another one is to prevent the recurrence and the increase by snuffing out hotbeds of terrorism.

This time, I don’t examine the pros and cons of the two, and I look back on the satire culture that caused this terrorism.

 

はじめに

近頃、続くテロの脅威には、暗澹たる気持ちにさせられます。

テロを処断するのは当然ですが、その撲滅について、大きく二つの考えがあります。

一つは、一挙に空爆などで本拠地を殲滅することです。

今一つは、テロの温床を無くすことで、再発や増殖を阻止することです。

この是非の考察は後に譲って、今回は、テロを誘発した風刺文化を振り返ります。

 

The threshold of the incident

This weekly newspaper (Charlie Hebdo) was famous with the bitter caricature, and was caricaturing prophet Muhammad from before.

Furthermore, on the day of the incident, a caricature (weekly newspaper) that made a mock of the face of a jihadist having an automatic rifle was released.

There, too, “There was not yet an attack at all in France”, and “ Wait! It will be still in time for a greeting of the New Year” were trumpeted in the headlines.

 

事件の切っ掛け

この週刊誌(シャルリーエブド紙)は辛辣な風刺画が有名で、以前から預言者ムハンマドも風刺していた。

さらに事件当日、自動小銃を持ったジハード戦士の顔を茶化した風刺画(週刊誌)が発売された。

そこには「フランスではいまだに襲撃が全くない」、また「待っていろ! 新年の挨拶ならまだ間に合う」の見出しが躍っていた。

 

About satire

Satire is always accepted by people in the world and has been welcomed.

The satire had the effect to punish the bad practice of society, or the abused power.

But there is also a pitfall where we don’t notice.

We glance at the satire culture of the world and intend to consider what it aimed.

 

風刺について

風刺は世界中、いつの世も大衆に受け入れられ歓迎されて来ました。

風刺は社会の悪弊や権力の乱用を懲らしめる効果もありました。

しかしそこには気が付かない落とし穴もあります。

少し、世界の風刺文化を一瞥して、その目指したものについて考察します。

 

The visible side from the satire culture of the world

In a dictionary, “ Satire is to criticize a defect and a sin of society or person indirectly”

 

世界の風刺文化から見えるもの

風刺とは「遠回しに社会・人物の欠陥や罪悪などを批判すること」と広辞苑にある。

 

 3ギリシャ喜劇

< 3. Actor statue wears a mask of ancient Greece comedy >

< 3. 古代ギリシャ喜劇の仮面を被った役者像 >

 

Ancient Greece comedy 

In the 5 – 4 century B.C., it was very popular with citizen as well as the tragedy of the festival.

The actors exchanged words of the barnyard joke and the ridicule in early times.

At its peak, a person of power or Socrates were satirized, moreover the pacifism was treated by work, “Lysistrata”.

This presentation expense was paid by rich merchants and the nation, and we can see a democratic aspect that people were tolerant of satire.

 

古代ギリシャ喜劇

紀元前5~4世紀、祭典の催しの悲劇と並んで市民に絶大な人気がありました。

初期には張りぼてをかぶり卑猥な冗談や揶揄を交わしていた。

往時には、権力者(執政官)やソクラテスなどが風刺され、さらに作品「女の平和」で戦争反対を扱った。

この上演費用は裕福な商人や国家が出しており、風刺に寛容な民主主義の姿を見ることが出来る。

 

Euramerican satire

It was from the about 17th century that satirists began to play an active part in Europe, and the satire became the weapon of people.

This satire criticized the stupidity and the error of a society or a person of power, and evoked big sympathy in people’s mind.

This enlightenment means to people were very strict for a person of power and politicians.

In this sense, it is said that the satire (freedom of speech) toward power is the democratic cornerstone.

 

欧米の風刺

ヨーロッパで風刺作家が活躍し始めるのは17世紀頃からで、風刺は民衆の武器になった。

この風刺は社会や権力の愚かさや誤りを皮肉って、嘲笑を誘い民衆に大きな共感を呼び起こした。

この民衆への啓蒙手段は権力者や施政者には手痛いものとなった。

この意味で権力の風刺(言論の自由)は民主主義の要と言えます。

 

4風刺1

< 4. Euramerican satire >

< 4.欧米の風刺 >

 

A: Novel “Don Quixote.” It satirized Spanish noble society. In the 17th century.

B: It satirizes Napoleon who failed in the conquest of Russia. A doll would be decapitated is Napoleon. In the 19th century.

C: Novel “Gulliver traveler’s diary.” It satirized British society. In the 18th century.

D: Movie “dictator.” Chaplin satirized Hitler. In 1940.

 

On the next time, I look at Japanese satire culture and problems of the satire.

 

A:小説「ドン・キホーテ」。スペインの貴族社会を風刺。17世紀。

B:ロシア遠征に失敗したナポレオンを風刺。首を切られそうな人形がナポレオン。19世紀。

C:小説「ガリヴァー旅行記」。イギリス社会を風刺。18世紀。

D:映画「独裁者」。チャップリンがヒトラーを風刺。1940年。

 

次回は、日本の風刺文化と風刺の問題点を見ます。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: False rumor, prejudice, blind spots | Tags: , , , | 1 Comment

Eye For An Eye ! / Saudi Arabia.


Originally posted on mysuccessisyoursuccess:

For the last 50 years Saudi Arabia sowed horror and terrorism ,now the Saudis are reaping the rewards of their deeds.

The founder of Islam expanded his religion by the sword and by imposing heavy tribute on the none believers when he invaded their territories . Since the 7th.century the Muslim leaders followed the same severe tactics to deal with the none believers,become a Muslim ,pay tribute or be obliterated .At the present time Saudi Arabia the #1 Sunni extremism supporter wants to expand Islam with Oil Money.,by encouraging Muslims to immigrate to the West and by spending billions of dollars on building Mosques,schools and Islamic center all over the world specially in Europe and America.

Saudi Arabia and Qatar were financing ISIS since 2011 to topple the Syrian Shia’t regime.Now ISIS is threatening the Saudi to continue the flow of the oil money or face destruction.Today ISIS blow up…

View original 24 more words

Categories: uncategorized | Leave a comment

Traveled to Spain and Portugal 41: Table of contents and the abstract


 

スペインとポルトガルを巡る旅 41: 目次と要約

1地図

< 1. Map of our sightseeing route. I put the number of this map behind each title. >

< 1. 観光ルート地図、表題の後に地図No.を付しています >

 

Table of contents and the abstract

目次と要約

 

  1. “Iwill travelin Spain and Portugal”

The article in front of this travel.  

1.「スペインとポルトガルに旅行します」

旅行出発前の記事です。

 

  1. “** 2: Introduction”

I introduce the brief summary of our travel report.

2.「** 2: はじめに 」

この旅行記の全体像を紹介します。

 

2 3-8

< 2. Photo No. 3 – 8 are typical photo of title article of the same No. >

< 2.写真番号3~8は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 3:  Fortified town of Elvas”, Map No.10.

A fortress city on the top of a hill in vast plain.

3. 「** 3: 要塞都市エルヴァス 」 地図No.10

大平原の丘の上にある要塞都市です。

 

  1. “ ** 4:  Zaragoza, Spain, on the trip third day, October 14”, Map No.2.

The Pilar church in state capital of wasteland Aragon is indispensable to talk about the religion of Spain.

4.「** 4: サラゴサ、スペイン、旅行3日目、10月14日 」地図No.2

荒野アラゴンの州都にあるピラール教会はスペインの信仰を語るには欠かせない。

 

  1. “ ** 5: Windmills of La Mancha, Spain, on the trip 5th day, October 16”, Map No.5.

Consuegra that windmills were built on the hill of is a lovely landscape.

5.「** 5: ラ・マンチャの風車、スペイン、5日目、10月16日 」地図No.5

風車が建つコンスエグラの丘は絶景ポイントです。

 

6. “ ** 6: An inn of Don Quixote, Spain, on the trip 5th day, October 16”, Map No.5.

This inn of small village causes me to intimately feel Don Quixote early in the 17th century. 

6.「** 6: ドン・キホーテの旅籠、スペイン、5日目、10月16日 」地図No.5

小さな村の旅籠は17世紀初めのドン・キホーテを身近に感じさせてくれる。

 

  1. “** 7:   Nature of Iberia 1, Spain”, Map No.1 – 6.

I introduce the views of Iberia from my bus in 5 installments.

In this time, it is from Barcelona to Cordoba via Madrid.

7.「** 7: イベリアの自然 1、スペイン 」 地図No.1- 6

これから5回に分けて紹介するバスの車窓からのイベリアの風景です。

今回はバルセロナからマドリードを経由してコルドバまでです。

 

  1. “ ** 8: Madrid, Spain, on the trip 4th day, October 15”, Map No.3.

I mainly introduce the circumference of Palcio Real(royal palace) in Madrid.

8.「** 8: マドリッド、スペイン、4日目、10月15 」 地図No.3

主に首都マドリッドの王宮周辺。

 

3 9-16

< 3. Photo No. 9 – 16 are typical photo of title article of the same No. >

< 3. 写真番号9~16は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 9: Old city of Toledo, Spain, on the trip 4th day, October15”, Map No.4.

This is the centerpiece for Spanish tourism, and we can feel the world of the Middle Ages here.

I introduce the full view and the circumference this time.

9.「** 9: 古都トレド1、スペイン、4日目、10月15日 」 地図No.4

ここはスペイン観光の目玉で中世の世界を味わえる古都です。

今回は、外周からの景色です。

 

  1. “ ** 10: Old city of Toledo 2, Spain, on the trip 4th day, October15”, Map No.4.

I introduce the strolling in the fortress city by 24 photos.

10.「** 10: 古都トレド2、スペイン、4日目、10月15日 」地図No.4

24枚の写真で城砦都市内の散策を紹介します。

 

  1. “ ** 11: the sun and moon of Iberia”, The whole area of the map

I was impressed with scenes that moon and sun appeared in.

11.「** 11: イベリアの太陽と月 」 地図の全域

感動した太陽と月が写った光景。

 

  1. “ ** 12: El Greco had become a bloomer in Toledo”, Map No.4.

I little knew Spanish artists, but when I saw directly it, I took interest in it.

I introduce architect Gaudi and painter Goya later.

12.「** 12: トレドで開花した画家グレコ 」 地図No.4

スペインの芸術家は馴染みが薄いのですが、直に見ると面白いです。

後に建築家ガウディと画家ゴヤを紹介します。

 

  1. “ ** 13: Cordoba that different culture bloomed in, Spain, on the trip 5th day, October 16”, Map No.6.

We can see the influence of Islam and Jew that made the Spanish culture and history.

13.「** 13: 異文化が香るコルドバ、5日目、10月16日 」 地図No.6

スペインの文化と歴史を作ったイスラム、ユダヤの影響を見ることが出来ます。

 

  1. “ ** 14: La Ronda on a precipitous cliff, on the trip 6th day, October 17”, Map No.8. 

The sunlight of Andalucia was showering down on different world in the sky.

As it was very fine at this day, I enjoyed the strolling in the mood of heaven.

14.「** 14: 断崖絶壁の街ロンダ、スペイン、6日目、10月17日 」 地図No.8

アンダルシアの太陽が注ぐ天空の別天地。

素晴らしい快晴のおかげで、散策を堪能しました。

 

  1. “ ** 15: Pearls of Islam, Alhambra, on the trip 6th day, October 17”, Map No.7.

I introduce the strolling by 26 photos.

I refer to the mind of Islam, too.

15.「** 15: イスラムの精華、アルハンブラ宮殿、6日目、10月17日 」 地図No.7

26枚の写真で散策を紹介。

イスラムの精神についても触れます。

 

  1. “ ** 16: Garden and Villa of Alhambra、on the trip 6th day, October 17”, Map No.7.

I introduce the beautiful villa and the history of Alhambra.

16.「** 16: アルハンブラの庭園と離宮、6日目、10月17 日 」 地図No.7

美しい離宮とアルハンブラの歴史。

 

4 17-24

< 4. Photo No. 17 – 24 are typical photo of title article of the same No. >

< 4. 写真番号17~24は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 17: Sevilla, Spain, on the trip 7th day, October 18”, Map No.9.

I introduce the splendid buildings and the flamenco show of this city that had accomplished great prosperity in the Age of Discovery.

17.「** 17: セビージャ、スペイン、7日目、10月18日 」 地図No.9

大航海時、大繁栄を遂げた都市の素晴らしい建築とフラメンコショーを紹介します。

 

  1. “ ** 18: Nature of Iberia 2, from Spain to Portugal”, Map No.6 – 10.

I introduce it from Cordoba of Spain until Evora of Portugal.

18.「** 18: イベリアの自然2、スペインからポルトガルへ 」 地図No.6-10

今回はコルドバからポルトガルのエヴォラまでです。

 

  1. “ ** 19: Ancient city Evora, Portugal, on the 7th day, October 18”, Map No.11.

This became the first strolling of an ancient city in Portugal.

I met pretty girls.

19.「** 19: 古都エヴォラ、ポルトガル、7日目、10月18日 」地図No.11

ポルトガルで最初の古都散策になります。

可愛い少女達に出会いました。

 

  1. “ ** 20: Lisbon of glory, on the 8th trip, October 19”, Map No.12.

I introduce it in 4 instilments.

I introduce the buildings of the Age of Discovery in Belem district in this time.

20.「** 20: 栄光のリスボン1、8日目、10月19日 」 地図No.12

リスボンを4回に分けて紹介します。

ベレン地区にある大航海時代の建築。

 

  1. “ ** 21: Lisbon and the Age of Discovery”, Map No.12.

I introduce the beginning of the Age of Discovery and the relation of Lisbon.

21.「** 21: リスボンと大航海時代 」 地図No.12

大航海時代の始まりとリスボンの関わりを紹介します。

 

  1. “ ** 22: Lisbon 2, walking around town, on the 8th trip, October 19”, Map No.12.

I introduce the first half of the strolling from the noon until midnight.

22.「** 22: リスボン2、町歩き、8日目、10月19日 」 地図No.12

昼から深夜までの町歩きの前半。

 

  1. “ ** 23: Lisbon3、walking around town, on the 8th trip, October 19”, Map No.12.

I introduce the latter half of the strolling and fado show.

23.「** 23: リスボン3、町歩き、8日目、10月19日 」 地図No.12

町歩きの後半とファドショー。

 

  1. “ ** 24: Coimbra having a university, Portugal, on the 9th trip, October 20”, Map No.13.

I introduce the old university and the library.

24.「** 24: 大学の町コインブラ、ポルトガル、9日目、10月20日 」 地図No.13

最古の大学と図書館。

 

5 25-32

< 5. Photo No. 25 – 32 are typical photo of title article of the same No. >

< 5. 写真番号25~32は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 25: Porto of wine town, on the 9th trip, October 20”, Map No.14.

As it was a fine day, the view of Porto from the opposite bank of Rio Douro is the best.

25.「** 25: ワインの町ポルト、9日目、10月20日 」 地図No.14

天気が良かったのでドウロ川越えに見るポルトは最高でした。

 

  1. “ ** 26: walking around Porto, on the 9th trip, October 20”, Map No.14.

I introduce the strolling from evening until midnight.

The illuminated buildings and Rio Douro at the night were beautiful.

26.「** 26: ポルトの町歩き、9日目、10月20日 」 地図No.14

夕方から深夜までの町歩き。

ライトアップされた建物、夜のドウロ川は美しかった。

 

  1. “ ** 27: Santiago de Compostela of pilgrimage 1, October 21”, Map No.15.

I introduce the strolling around the town of pilgrimage by 27 photos.

27.「** 27: 巡礼の町サンティアゴ・デ・コンポステラ前編、10月21日 」 地図No.15

27枚の写真で巡礼の町の散策を紹介。

 

  1. “ ** 28: Santiago de Compostela of pilgrimabge 2, October 21”, Map No.15.

I introduce the inside of the cathedral, and young people that just finished pilgrimage.

28.「**28: 巡礼の町サンティアゴ・デ・コンポステラ後編、10月21日 」地図No.15

カテドラル内部と巡礼を終えた若者達。

 

  1. “ ** 29: Scenery from a car window, northern Spain and Portugal”, Map No.11 – 15.

I introduce landscapes from Evora of Portugal until Santiago de Compostela of Spain.

The scenery of here resembles it of Japan.

29.「** 29: 車窓から4、ポルトガルとスペイン北部 」 地図No.11-15

ポルトガルのエヴォラからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステラまでの景色。

ここには日本と似た風景が広がっています。

 

  1. “ ** 30: Salamanca being a city of university, Spain, October 22”, Map No.16.

I introduce the reddish buildings, and the outer walls and the doors that were engraved with delicate work of art.

30.「** 30: 大学の町サラマンカ、スペイン、10月22日」 地図No.16

赤みを帯びた建築群、緻密な彫刻を施された外壁や扉。

 

  1. “ ** 31: Avila city of a castle wall, Spain, October 22”, Map No.17.

I introduce the huge castle wall and a multitude of towers that reminds me of a fight of 900 years ago.

31.「** 31: 城壁の町アビラ、スペイン、10月22日 」 地図No.17

900年前の戦いの凄さを偲ばせる巨大な城壁と林立する塔。

 

  1. “ ** 32: Segovia is known for aqueduct, Spain, October 23”, Map No.18.

I introduce the strolling of the city, church, castle in the Middle Ages, and a street market. 

32.「** 32: 水道橋で知られたセゴビア、スペイン、10月23日 」 地図No.18

22枚の写真で、町の散策、中世の教会や城、露天市を紹介。

 

 

6 33-39

< 6. Photo No. 33 – 39 are typical photo of title article of the same No. >

< 6. 写真番号33~39は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 33: Astonishing Basilica de la Sagrada Familia and Barcelona, October 13”, Map No.1.

I was shocked by the building of Gaudi in Barcelona that we visited first.

33.「** 33: 驚愕の聖家族教会とバルセロナ、10月13日 」 地図No.1

最初に訪れたバルセロナで、衝撃を受けたガウディの建築。

 

  1. “ ** 34: Scenery from a car window, central Spain”, Map No.14 – 3.

It is scenery from Porto in Portugal until Madrid in Spain.

Then, we took a round.

34.「** 34: 車窓から5、スペイン中部 」 地図No.14-3

ポルトガルのポルトからスペインのマドリードまでの風景。

これで一巡しました。

 

  1. “ ** 35: Shopping”, The whole area of the map.

I introduce New Doha international Airport, roadside restaurants, and supermarkets. 

35.「** 35: ショッピング 」 地図全域

ドーハ空港やドライブイン、ショッピングセンターなど。

 

  1. “ ** 36: Genius painter Goya 1”

I introduce the first half of the works and the life of Goya.

36.「** 36: 天才画家ゴヤ 1 」

ゴヤの作品と生涯の前半。

 

37. “ ** 36: Genius painter Goya 2”

I introduce the latter half of the works and the life of Goya.

37.「** 37: 天才画家ゴヤ 2 」

ゴヤの作品と生涯の後半。

 

  1. “ ** 38: Prado Museum”, Map No. 3.

I introduce the artists and the works of the Middle Ages in Spain

38.「** 38: プラド美術館 」 地図No.3

中世スペイン絵画を代表する作家と作品。

 

  1. “ ** 39: Meal and restaurant”, The whole area of the map.

I introduce meals and restaurants that impressed me most.

39.「** 39: 食事とレストラン 」 地図全域

印象に残った食事とレストラン。

 

  1. “ ** 40: Get through with travel report”

What the history of Spain and Portugal taught me.

40.「** 40: 旅行記を終えて 」

スペインとポルトガルの歴史が教えてくれた事。

 

Thank you for reading my travel report for several months.

 

皆様、数ヶ月にわたる旅行記をお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal, travel+photo | Tags: , , , , , , | 1 Comment

Traveling to Spain and Portugal 40: Get through with travel report


スペインとポルトガルを巡る旅 40: 旅行記を終えて

1トレド

< 1. Toledo >

< 1. トレド >

 

I felt strongly importance of history in this trip.

I look at the role that the history of two countries that has played.

 

私は今回の旅行で歴史の重みを痛切に感じました。

少し両国の歴史が果たした役割を見ます。

 

 2南蛮屏風16世紀末

< 2. a folding screen showing Portugal’s ship that made a port call in the 16th century >

< 2. 南蛮屏風、16世紀のポルトガル船帰港の様子 >

 

  1. Why did Portugal go out in the ocean the fastest?

In the 11th century, the Indian Ocean and the Mediterranean Sea had been already connected by the trade.

But the connection was almost cut off by Crusade expedition, and therefore Europe had to develop the sea route in the Atlantic.

In that time, Iberia had continued fighting against Islam power for a long time.

Portugal expelled Islam power and finished national unification quickly, and faced the Atlantic.

On the contrary, in the early 15th century, Portugal began to invade the African west coast, and developed the trade route along with going down south.

This was the beginning in the Age of Discovery.

 

  1. なぜポルトガルがいち早く大海原に出たのか?

11世紀、既にインド洋と地中海は交易で繋がっていたが、十字軍遠征を契機にほぼ遮断され、欧州は海上ルートを大西洋に求めなければならなかった。

この時、イベリアはイスラム勢力と長らく戦い続けていた。

これを追い出し、国家統一をいち早く終え、太平洋に面していたのがポルトガルでした。

15世紀始め、ポルトガルは逆にアフリカ西岸へ侵攻をはじめ、南下しながら交易ルートを開拓していった。

これが大航海時代の始まりでした。

 

  1. Why is Iberia only Catholicism?

The Iberia countries that had been Christianity country were ruled for 8 centuries by the Islam power.

The countries and the people joined together for fighting, and became to promote the pilgrimage, the worship of saint remains, the construction of magnificent monastery, the persecution of pagan, and the devoted mission work to foreign countries.

Spain expelled Islam power and got the wealth of the Age of Discovery, and tried to hold sway over Europe.

At that time, religious reform was set on fire in Germany.

Spain became to participate in the religious war of Europe as competition with the reform power.

This made Spain a Catholic leader.

 

  1. なぜイベリアはカトリック一色なのか?

キリスト教国であったイベリア諸国は8世紀の間、イスラム勢力に支配された。

戦う為に国と人々はキリスト教で一丸となり、巡礼や聖遺物崇拝、壮大な修道院建設、異教徒迫害、献身的な海外布教が盛んになっていく。

スペインはイスラム勢力を駆逐し、大航海時代の富を得て、欧州に覇を唱えることになる。

この時期、ドイツで宗教改革の火が点いていた。

これに対抗してスペインは欧州の宗教戦争に加担して行くことになる。

これがスペインをカトリックの盟主へと向かわせた。

 

3グラナダ陥落1492年

< 3. Granada was fallen in 1492. Alhambra looks in the distance >

< 3. 1492年グラナダ陥落、遠くにアルハンブラ宮殿が見える >

 

  1. What does the fortress on top of hill mean?

Lots of medieval cities in Liberia were the fortress of Reconquista.

Most were fortresses on top of hill with a river on the south side.

It is because Christian power occupied the north side.

During the fighting, aqueducts of the Roman era were destroyed, and people came to depend on deep wells and pit tunnels for the supply of the water.

Many races lived at and left these fortress cities, but the first stone basis fixed the city landscape.

The things that Islam mainly left behind made the landscape of these cities.

 

3. 山上の要塞都市は何を物語るのか?

リベリアの中世都市の多くはレコンキスタの要害の地となった。

多くは南側に川を配した山上の要塞であった。

それはキリスト教徒が北側に陣取ったからです。

戦いの中で、ローマ時代の水道橋は破壊され、水の補給は深い井戸や縦穴トンネルに頼ることになった。

要塞都市には多くの民族が入れ替わったが、石造りの基礎が街並みを既定してしまった。

主にイスラムの遺したものが、都市の姿を今に遺すことになった。

 

  1. Why does Iberia stay stagnant?

Portugal and Spain that were big conqueror once are sluggish with budget squeeze now.

 

Is this because the people continue living in the inconvenient fortress on top of the hill?

Central Europe’s cities had also started from a fortress on top of hill, but new towns expanded into the plain near the hill immediately.

Is it because Iberia was blocked off with the Pyrenees from Central Europe?

But both countries possessed the biggest colonies formerly.

In fact, this caused harm.

 

Spain was used to plundering the American continent and wasting, and neglected independent efforts.

In addition, the country handled the colony trade on an exclusive basis and did not bring up private business.

Furthermore, Spain suppressed the cities and the princes by military power of Hapsburg and the Holy Roman Empire, and the assembly and the self-government did not develop.

Besides, people’s revolution did not grow because Spain refused the religious reform.

These seem to have forgiven a dictator in the two countries until 40 years ago.

 

I realized how strongly the history prescribed the society and the culture.

 

4. なぜイベリアは低迷しているのか?

かつて覇者だったポルトガルとスペインは、今、財政危機を抱え低迷している。

 

これは不便な山上の要塞都市に住み続けたからでしょうか?

しかし中欧も山上の要塞から始まったが、すぐに平野部に新市街を広げていった。

イベリアがピレネー山脈で中央と遮断されていたからでしょうか?

しかし両国は、かつて最大の植民地を有した。

実はこのことが災いした。

 

スペインはアメリカ大陸からの収奪と浪費に慣れ自助努力を怠った。

また国が植民地交易を一手に扱い民間事業を育てなかった。

さらにハプスブルグ家と神聖ローマ帝国の武力によって、諸侯と都市を押さえ込み、議会や自治は発達しなかった。

その上、宗教改革を拒絶した為に、市民革命の芽が育たなかった。

これらが40年前まで両国に独裁者を許すことになったのだろう。

 

私は、如何に歴史が社会や文化を規定してしまうかを思い知らされた。

 

4地図 

< 4. Mediterranean Sea >

< 4. 地中海 >

 

  1. Iberia and the Mediterranean Sea

In Japanese hostage crisis, Islamic State announced that Japan took part in the Crusade.

The main Christianity countries invaded the world more after the Age of Discovery.

However, Islam power had invaded Iberia before the Crusade, and invaded Eastern Europe and Greece after that.

But before that, Greek army and Roman army had invaded Arab.

If you went back far enough in time, you may know that Phoenicia (Lebanon) built the colonization city at the Mediterranean Sea coast.

Around the Mediterranean Sea, different ethnic groups and pagans had conflicted endlessly.

 

On the other hand, Islam and Jew played an active role in Iberia in the Middle Ages.

They played an active role in urban construction, ocean navigation, science, and medicine.

 

Conversely, Greece and Romans contributed to development of ancient Arab, too.

The contact of different cultures and different ethnic groups created conflict, but on the other hand it contributed to creation and development.

 

At the end

I expect that people accept both past grudge and achievement.

I have traveled Iberia and have seen many races living together, and felt envious of being able to become friendly with the world.

 

On the next time, I make a table of contents and the abstract, and finish this travel report.

 

 

  1. イベリアと地中海 

日本人の人質事件で、イスラム国は日本が十字軍に加担したと発言した。

主要なキリスト教国は大航海時代以降も、さらに世界を侵略した。

しかしイスラム勢力は十字軍の前にイベリアを、後に東欧やギリシャも侵略した。

だが、その前にギリシャ軍とローマ軍がアラブを侵略していた。

さらに遡れば、フェニキア(レバノン)が地中海沿岸に植民都市を築いていた。

地中海周辺では異民族や異教徒間の抗争が果てしなく繰り替えしていた。

 

一方、中世イベリアでイスラム人とユダヤ人は活躍した。

彼らは都市建設や遠洋航海、科学・医術の発展に大きな役割を果たした。

逆に、古代アラブでギリシャ人とローマ人も発展に貢献した。

異文化や異民族の接触は対立を生むが、一方で創造と発展に寄与した。

 

最後に

人々が、過去の遺恨や功績について清濁併せ呑む時代が来ることを切に望みます。

私はイベリアを旅し、多くの人種が共に暮らしているのを見て、両国が世界と仲良く出来ることを羨ましく思った。

 

次回は、目次と要約を作ってこの旅行記を終わります。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal | Tags: , , , , | 2 Comments

Taking a picture of nature 4: from winter to spring


自然を撮る 4: 冬から春へ

      1

< 1. in Yashima bog of Nagano prefecture December >

< 1.長野県八島湿原12月 >

I crouch down snow and ice and wait for spring.

 

I introduce the photos that an acquaintance offered.

Today, it shows scenes from severe winter till early spring such as when flowers become in full bloom.

 

私は雪と氷にうずくまって、春を待ちます。

 

知人が提供してくれた写真を紹介します。

今日は、厳しい冬から、花が咲き乱れる初春までの一こまです。

 

2 

< 2. in Chino city of Nagano prefecture November >

< 2.長野県茅野市11月 >

 

At last, the colored leaves scattered over the snow that was falling on the ground.

とうとう、紅葉も降り積もった雪の上に散ることになりました。

 

 3

< 3. in Yoko valley of Nagano prefecture January >

< 3.長野県横谷渓谷1月 >

 

The river will come to freeze before long, too.

やがて川も氷るようになるでしょう。

 

 4

< 4. in Nikko of Tochigi prefecture December >

< 4. 栃木県日光12月 >

 

Winter cold wintry wind always raged, but it became a calm day in that day.

いつも冬の木枯らしが吹きすさぶのですが、今日は穏やかな日となりました。

 

5

< 5. in Suwa city of Nagano prefecture April >

< 5.長野県諏訪市4月 >

 

Late snow suddenly piled on the cherry tree that was newblown.

 

咲いた桜に、突然、戻り雪が積もりました。

 

 6

< 6. in Takatou of Nagano prefecture April  >

< 6.長野県高遠4月 >

 

It is the famous spot of cherry here.

When cherry will be in full bloom, people came to realize the spring arrival.

Also this year, it is a season of cherry soon.

 

On the next time, I introduce photos from spring till summer.

 

 

ここは桜の名所です。

桜が満開になると、人々は春の到来を実感するようになります。

 

今年も、もうすぐ桜の時期になります。

 

次回は、春から夏を紹介します。

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | 4 Comments

Traveling to Spain and Portugal 39: Meal and restaurant


スペインとポルトガルを巡る旅 39: 食事とレストラン

 

1

< 1. a lunch in Zaragoza, a beginning of happy time >

< 1. サラゴサでの昼食、団欒の始まりです >

 

Today, I introduce some meals and restaurants during my trip.

Among approximately 30 of these, I took away memorable things.

 

今日は、旅行中の食事を紹介します。

現地の料理30回ほどのうち、思い出深いものを取り上げました。

 

 the lunch in Zaragoza

< 2. the lunch in Zaragoza >

< 2. サラゴサの昼食 >

 

We ate tapas at a restaurant near a main street.

The tapas mean various appetizers, and Cheese and ham, fried food came out.

Some kinds of dishes furthermore came out with the exception of the above photograph.

These dishes were delicious and I had a nice chat.

 

メインストリート近くのレストランでタパスを食べました。

タパスは様々なオードブルでチーズやハム、フライなどが出てきました。

写真以外にまだ数種類の料理が出ました。

この料理は美味しく楽しめ、話も弾みました。

 

 a dinner in Madrid

< 3. a dinner in Madrid >

< 3. マドリッドの夕食 >

 

We had a dinner at bar-like restaurant at the Madrid center.

We ate a roast chicken.

 

マドリッド中心部のバル風レストランで夕食をとりました。

ローストチキンを食べました。

 

 a lunch in Cordoba

< 4. a lunch in Cordoba >

< 4. コルドバでの昼食 >

 

We had a lunch at a restaurant with a courtyard facing Mezquita.

The atmosphere of the building was good.

A hamburger at first was good, and a chilled soup with red color was delicious, because it was hot on that day.

 

メスキータに面した中庭のあるレストランで昼食をとりました。

建物の雰囲気が良かった。

最初に出たハンバーガと、この日は暑かったので赤い冷製スープが美味しかった。

 

 ロンダでの昼食、 a lunch in Ronda

< 5. a lunch in Ronda >

< 5.ロンダでの昼食 >

 

The best dish in this trip is this.

It was a lunch at the restaurant of a Parador (hotel).

The best are the atmosphere and all-you-can-drink wine.

 

今回の旅行で一番良かった料理はこれです。

国営ホテルのレストランでの昼食でした。

良かったのは雰囲気とワイン飲み放題でしょうか。

 

 a lunch in Salamanca 

< 6.   a lunch in Salamanca >

< 6. サラマンカでの昼食 >

We had a lunch at restaurant in new towns of Salamanca.

A big pan of dish was shown everybody at first, and was subdivided and was provided.

How to cook was different from Japan, but the genuine paella was very delicious, and the look was good, too.

 

Afterword

Because it was a low-priced tour, I didn’t expect the breakfast and dinner of the hotel, but there was not a problem, too.

Because I don’t have likes and dislikes, it is pleasant to be able to eat along with satisfying curiosity.

Even if there was failure, the dishes during our stroll in free time became a pleasant memory.

 

サラマンカの新市街にあるレストランでの昼食です。

大きな鍋の料理を皆に見せてから、小分けして出されました。

日本とは作り方が違いましたが、本場のパエリアは大変美味しく、見栄えも良かった。

 

あとがき

低価格ツアーなので、ホテルの朝食や夕食は望むべくもないが、問題もありません。

私は好き嫌いが無いので、好奇心を満足させながら食事出来るのが楽しい。

フリーの町歩きで、食べた料理の方が、失敗はあっても楽しい思い出になりました。

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal, travel+photo | Tags: , , | 4 Comments

Winter seashore in Awaji Island 5


淡路島 冬の海岸5

 

 a view from Myoujin-zaki at about 16:00 with changing white balance 

< 1. a view from Myoujin-zaki at about 16:00 with changing white balance >

< 1. 16時頃、明神崎から、ホワイトバランスを変えています >

 

I introduce my favorite Myoujin-zaki of Awaji Island being along Seto Inland Sea.

今日は、淡路島、瀬戸内海側で私が気に入りの明神崎を紹介します。

 

 Myoujin-zaki

< 2. Myoujin-zaki >

< 2.明神崎 >

 

Upper photo: a right small mountain over the breakwater is Myoujin-zaki.

Central photo: the Myojin shrine has been deified on a slightly elevated hilltop of the cape.

Lower photo: the small shrine is standing as with being protected by pine forest.

 

一番上の写真: 防波堤の向こうの小さな山が明神崎です。

中央の写真: 岬の小高い丘の上に明神様が祀られている。

一番下の写真: 松林に守られるようにして明神の祠が建っている。

 

wild landscape of Myoujin-zaki, 

< 3. wild landscape of Myoujin-zaki, >

< 3.明神崎の荒々しい景観 >

 

The cape being washed by a raging wave of winter leaves only big rocks.

There is a short walking path, and there was once a tunnel made of the natural rock that a person could go through to the other side.

 

冬の荒波に洗われる岬は大きな岩だけを残している。

ここには短い散策路が作られており、かつては反対側に抜ける自然の岩のトンネルがあった。

 

 views from the cape

< 4. views from the cape >

< 4.岬から南北を望む >

 

Upper photo: I photographed toward south, and we can go to Tusi of Goshiki and the pine forest of Keino in that direction.

Lower photo: I can see Ei-zaki that I went through now.

 

This series, “Winter seashore in Awaji Island” is the end.

Seashore that I introduced is about 40% of the whole seashore of Awaji Island.

At some future day, I will introduce the remainder seashore, too.

 

上の写真: 南側を撮っており、五色の都志、慶野松原へと至る。

下の写真: 通り過ぎて来た江井岬が見える。

 

これで今回の連載「冬の海岸」を終えます。

紹介したのは淡路島の海岸線の約40%ぐらいでしょうか。

いずれ、また残りを紹介します。

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | 5 Comments

Traveling to Spain and Portugal 38: Prado Museum


スペインとポルトガルを巡る旅 38: プラド美術館

      1 フェリペ4世一家

< 1. “Las Meninas” by Velázquez, 1656, the family of King Philip IV >

< 1. ベラスケス作「女官たち」、1656年、フェリぺ4世の家族 >

 

Today, I introduce Prado Museum in Madrid that has one of the largest collections as pictorial arts in Europe.

When there is not a mention of the possession, it is all a thing of Prado Museum.

 

今日は、絵画ではヨーロッパ屈指の収集を誇るスペイン、マドリードにある国立美術館を紹介します。

所蔵の記載が無い場合はすべてプラド美術館のものです。

 

 

2 美術館

< 2. A exhibit room, the structural drawing and the cafeteria in Prado Museum >

< 2. 絵画展示室、プラド美術館の構造図、カフェテリア >

 

Prado Museum 

In it, there are main European arts that were drawn from the 16 century of last Renaissance era to the 18 century.

The works cover three major Spanish painters (El Greco, Velázquez, Goya), and all painters of the Middle Ages of Spain.

There are many works of Venetian School (Italy) and Flemish school (France), too.

The works were collected by the kings of a great empire that was known as “the empire on which the sun never sets”.

The works of 500 painters is about 8,000 in here.

Of those, works of Goya is 182, Greco is 49, Velázquez is 133, and Rubens is 110.

There are also about 1000 sculptures.

 

 

プラド美術館

16世紀のルネサンス末期から18世紀にいたるヨーロッパの主要流派の作品が網羅されている。

作品はスペインの三大画家エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤと中世画家を網羅し、ベネチア派(イタリア)とフランドル派(フランス)も多い。

作品は、「太陽の沈まない国」と称された大帝国の王達により収拾された。

500人の画家の作品が約8000点あり、内ゴヤ182点、グレコ49点、ベラスケス133点、ルーベンス110点ある。

( 注1.画家の作品数は「MUSEO NACIONAL DEL PRADO」の「On-line gallery」で検索した数)

彫刻も約1000点ある。

 

Advice for observing

Within three hours, it is impossible to hear the commentary of major works, to take a lunch, and then to observe all other works at free time.

I saw nearly all pictures at a fast walk.

Because there are very many exhibition rooms, you beforehand decide some painters, and should check these rooms.

I passed through the same room many times because it was like a maze.

I like the cafeteria of ground floor in the above photograph.

 

見学へのアドバイス

3時間で主要作品の解説を聞き、カフェテリアで昼食、自由見学ですべてを鑑賞するのは無理です。

私は早足で絵画を一応見ました。

非常に展示室が多いので、予め見たい画家を決めて部屋を調べておくのがよいでしょう。

迷路のようになっている為、私は同じ部屋を幾度も通り過ぎてしまった。

写真にある一階のカフェテリアは気に入りました。

 

3 A-B-戦争

< 3. Comparison of war pictures >

< 3. 戦争画の比較 >

A: “The Surrender of Brenda” by Velázquez, 1634-1635.

This picture is one scene of the fight of Netherlands in 1625.

B: “The Second of May 1808” by Goya, 1814.

This picture is a fight of Napoleon’s army and Madrid citizen.

 

Two pictures have the difference between 200 years, but even so there is big difference about the role of the fight and the expression.

 

A: ベラスケス作「ブレダの開場」1634―1635年。作品は1625年のネーデルラントの戦い。

B: ゴヤ作「1808年5月2日、エジプト人親衛隊との戦闘」1814年。

本作はナポレオン軍とマドリッド市民の戦い。

 

二つの絵には200年の年月の開きがありますが、戦いの主役と表情に大きな違いがあります。

 

 

 4 C-E

< 4. Comparison of the pictures of “Immaculate Conception” >

< 4.「無原罪の御宿り」を主題にした絵画を見比べる  >

 

“Immaculate Conception” is a conception of the Blessed Virgin Mary to have been free from original sin in the teaching of the Catholic Church.

Every themes of religious painting had many rules expect the words of the Bible.

For this, it is the custom to describe a 12-13 years old girl, standing with her back against the sun, stepping on the moon (and a snake also), wearing a crown of 12 stars, and wearing a blue mantle over a white clothe.

 

C: by El Greco, 1607 – 1613, Santa Cruz Museum, Toledo.

D: by Velázquez, 1618, National Gallery, London.

E: by Rubens, 1626 – 1628.

 

「無原罪の御宿り」とはカソリックの教義で、聖母マリアには原罪や汚れがないことを意味する。

宗教画の主題には、聖書による文言以外に多くの決まりがありました。

これには、12から13才の少女が太陽を背に受けて、足は月を踏み(蛇も)、頭には12の星の冠、白い着物の上に青いマントを着けることが慣わしでした。

 

C: エル・グレコ作、1607―1613年、Santa Cruz Museum, Toledo。

D: ベラスケス作、1618年、National Gallery, London。

E: ルーベンス作、1626-1628年。

 

 5 F-G

< 5. Comparison of the pictures of “Immaculate Conception” >

< 5.「無原罪の御宿り」を主題にした絵画を見比べる  >

F: by Zurbarán, 1630. He was a Spanish painter in Sevilla.

G: by Murillo, 1678. He was a Spanish painter in Sevilla.

H: by Goya, 1784. Ln this time, he became a court painter and 38 years old.

 

I think that I saw nearly 20 pictures of “Immaculate Conception” in Prado.

Among above 6 pictures, I liked unconventional Greco, Rubens painting ample feminine beauty, and Murillo painting nectarous beauty.

 

F: スルバラン作、1630年。彼はセビージャで活躍したスペイン画家。

G: ムリーリョ作、1678年。彼もセビージャで活躍したスペイン画家。

H: ゴヤ作、1784年。彼はこの時38才で宮廷画家になっていた。

 

私はプラドで「無原罪の御宿り」を20点近く見たと思います。

( 注1.「MUSEO NACIONAL DEL PRADO」の「On-line gallery」で検索した数は38点 )

 

私は上記6枚では、型破りなグレコ、ふくよかな女性美のルーベンス、甘美なムリーリョが印象的でした。

 

 6 H-J

< 6. My favorite >

< 6. 私のお気に入り >

H: “Equestrian Portrait of Charles V” by Tiziano, 1548.

He was a painter representing the Renaissance of Venice in Italy, and El Greco was affected by him.

Charles V was a king of Habsburg Empire in the heyday that possessed Spain, Central and East Europe, and also was Holy Roman Emperor.

 

I: “Doña Juana La Loca “ by Ortiz, 1877.

A lady dressed in black standing in the center is the Juana of Castile and mother of Charles V.

She went mad with abrupt death of her husband after a political marriage, and continued wandering around wasteland for several years without his burial.

The sorrow painfully came down to me from the big screen of 5m in width.

 

J: “The Triumph of Death” by Pieter Bruegel, 1562.

I liked his pictures of living of farmers from before, and I could see accidentally.

I was surprised that it was small than size of my supposing.

 

Introduction of Spanish art ended in this.

 

H:  ティツィアーノ作「カール5世騎馬像」、1548年。

彼はベネチアのイタリアルネサンスを代表する画家で、エル・グレコは彼の影響を受けている。

カール5世はスペインと中・東欧を領有するハプスブルク帝国の全盛期の王、かつ神聖ローマ皇帝であった。

 

I:オーティス作「狂女王フアナ」、1877年。Francisco Pradilla Ortiz

真ん中に立つ喪服姿がファナ王女(カスティーリャ王国)で、カール5世の母です。

彼女は政略結婚の末、夫の突然死に発狂し、彼の埋葬を許さず、荒野を数年間さまよい続けた。

4mX5mの大画面からその悲しみが痛いほど伝わってくる。

 

J: ピーテル・ブリューゲル作「死の勝利」、1562年。

私は以前から彼の農民生活の絵が好きでしたが、偶然、見ることが出来ました。

大きさが117X162cmと思ったより小さいのに驚きました。

 

これでスペイン芸術の紹介は終わりました。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal | Tags: , , | 3 Comments

Winter seashore in Awaji Island 4


淡路島 冬の海岸4

Ei fishing port 

< 1. Ei fishing port >

< 1. 江井漁港で >

 

Today, I introduce fishing ports and seashore facing Seto Inland Sea.  

 

今日は、瀬戸内海に面した漁港と海岸を巡ります。

 

Osaki fishing port

< 2. Osaki fishing port >

< 2. 尾崎漁港にて >

 

I photographed three photographs from Osaki fishing port.

Upper photo: The fishing boat that has finished fishing is landing of fish here.

Central photo: I photographed toward south, and Ei-zaki projected toward the sea in the distance.

Lower photo: A fishing boat had finished unloading at this port, and was going to return to homeport.

 

三枚の写真はすべて尾崎漁港から撮影した。

一番上の写真: ここは漁を終えた漁船が魚を水揚げするところです。

中央の写真: 南側を写しており、遠くで海に突き出しているのは江井崎です。

一番下の写真: 一隻の漁船が、この港で荷揚げを終え自分の港に帰るところです。

 

Gunnge fishing port and Ei fishing port

< 3. Gunnge fishing port and Ei fishing port >

< 3.郡家漁港と江井漁港 >

 

Ei fishing port (lower photo) is also a town of incense stick, and the history started from the Edo Period, and this production volume arrives 70 percent of the nation.

By a direction of wind, I have even smelt incense stick at a road distant from the fishing port.

 

下の江井漁港は線香の町でもあり、その歴史は江戸時代から始まり、全国の7割を生産しています。

風向きによっては漁港から離れた道路からでも線香の香りがすることがあります。

 

a broad view from the neighborhood of Ei 

< 4. a broad view from the neighborhood of Ei >

< 4. 江井近辺からの遠望 >

 

Upper photo: I take a picture toward north from a breakwater of Ei, and can view from myself Gunnge, Osaki, and Murotsu.

Lower photo: I take a picture toward south from a place beyond Ei-zaki.

 

上の写真: 江井の防波堤から北側を写しており、手前から郡家、尾崎、室津が見えます。

下の写真: 江井岬を越えた所から南側を写しています。

 

A beach of the swimming beach of Taga-no-hama 

< 5. A beach of the swimming beach of Taga-no-hama >

< 5. 多賀の浜海水浴場の浜 >

 

This swimming beach of Taga-no-hama is situated between Gunnge and Ei.

Here, the water is clear, there are big sandy beach and parking area, and so I recommend it.

 

I go to my most favorite Myoujin-zaki at Nishiura coast next time.

It becomes the last visit place this time.

 

郡家と江井の間に、多賀の浜海水浴場があります。

ここは水が綺麗で大きな砂浜と駐車場が整備されており、お薦めです。

 

次回、私が西浦海岸で最も好きな明神崎へ向かいます。

これが今回最後の訪問地となります。

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | Leave a comment

Traveling to Spain and Portugal 36: Genius painter Goya 2


スペインとポルトガルを巡る旅 37: 天才画家ゴヤ 2

 

1 1815年

< 1. Goya’s self-portrait in 1815 >

< 1. ゴヤ自画像、1815年 >

 

This time, we see the rage and peace of Goya, and I end his introduction.

 

今回、ゴヤの憤怒とやすらぎを見て、彼の紹介を終わります。

 

2

< 2. “The Third of May 1808”,1814, in Prado >

< 2. 作品「1808年5月3日」1814年、プラド蔵 >

 

This picture was drawn the execution of people who rose in revolt against an invasion of Napoleon.

Two works including “The Second of May 1808” were epochal pictures of war.

In traditional war picture, one great general was drawn in the center, but in both pictures, common people were only drawn.

In both pictures, the regret and anger of people and monks are described as compared with deadpan of the shooting soldier, and it approaches us with overwhelming power.

 

この絵は、ナポレオンの侵攻に蜂起した民衆の処刑を描いています。

作品「1808年5月2日」プラド蔵も含め、2枚の戦争画は革命的でした。

従来の戦争画は絵の中心に偉大な将軍が描かれているものですが、これらは共に民衆が描かれています。

そこには民衆や修道士の怒りと無念、銃殺兵の無表情が対比して描かれ、迫るものがあります。

 

3

< 3. before long, his style went to “black paintings” >

< 3. やがて「黒い絵」へ >

L: a series of “The Disasters of war” being prints by etching, 1810-1820.

M: same as above.

N: “La romeria de San Isidro”, 1820-1823, in Prado.

 

In the invasion of Napoleon, Goya witnesses a terrible sight of the war, and he produced “The Disasters of war” being prints by etching.

He pictured the terrible sight without further delay.

Unfortunately, the etching pictures were not published during his lifetime, and he canceled the publication of above-mentioned “Caprichos” after three days from the publication, too.

In those days, the society didn’t accept his criticism spirit yet.

The picture N is one of series of “black paintings” that he pictured on the wall of his villa.

When we make a comparison between this picture and the picture C that I introduced last time, we can understand the change of his mind well

This series of paintings were many very gloomy pictures based on black, and ” Saturno devorando a su hijo” is famous.

 

L:「来るべきものへの悲しき予感」版画集「戦争の惨禍」より、1810―20年。

M:「彼らはここまでむしり取る」同上。

N:「サン・イシードロの巡礼」1820―23年、プラド蔵。

 

 

ナポレオンの侵攻で、ゴヤは戦争の惨状を目撃し、版画集「戦争の惨禍」を製作します。

彼は、惨状を躊躇せず描きました。

残念ながら、この版画集は生前には出版されず、前述の「気まぐれ」も出版3日後に発売を中止しています。

時代は、まだ彼の批判精神を受け入れなかったのです。

絵Nは、彼の別荘「聾者の家」の壁に描かれた一連の「黒い絵」14枚の一枚です。

この絵と前回紹介した絵Cを比べると、彼の心の変化をよく見てとれます。

この一連の絵には黒を基調にした非常に陰鬱な絵が多く、「我が子を食らうサトゥルヌス」が有名です。

 

4

< 4. “La lechera de Burdeos”, 1827, in Prado >

< 4.「ボルドーのミルク売り娘」1827年、プラド蔵 >

 

This picture is a work of the last years in France.

Freshness of youthful lady is outstanding in the dark color tone.

Goya freed himself from “black paintings” and seemed to regain his quietism.

This technique preoccupied the pointillism of latter impressionist art.

 

この絵は、フランスでの最晩年の作品です。

暗い色調にあっても、若々しい女性のみずみずしさが際だっている。

ゴヤは「黒い絵」から抜け出し、心の平安を取り戻したようです。

この技法は後の印象派の点描画法を先取りしている。

 

5他作品

< 5. other wprks >

< 5. その他の作品 >

 

P: Religious painting“la triple generación”, 1769, in Zaragoza age?

Q: a portrait, 1805.

 

P: 宗教画 “la triple generación”1769年。サラゴサ時代の作品?

Q: 肖像画、1805年。政治家の妻。

 

At the end

Goya seems to be a rustic who was born in wasteland Aragon, and to be an aspiring young man.

However, about since he rose to the top of Spanish painter, he began to face common people or human being than fame.

 

He escaped from a craftsman who drew many religious paintings and portraits, and he aimed at a painter who appealed to common people first.

He had an unorthodox idea and attached importance to psychological descriptions, and it was a pioneer of art, too.

At the end, he preoccupied the pointillism of impressionist art, too.

 

 

 

最後に

ゴヤは、荒野アラゴンの大地に生まれた田舎者で、野心に燃える青年だったらしい。

しかし、スペイン画家の最高位に昇り詰める頃から、彼は名声よりも国民や人間に向き合うことになる。

 

彼は多くの宗教画と肖像画を描く職人を脱して、民衆に訴える画家をいち早く目指した。

彼の絵は伝統に囚われず心理描写が重視され、これも先駆的でした。

最後には印象派の点描画法も先取りした。

 

Spanish painter El Greco and Goya have a strange common point.

They open a new window by themselves without belonging to certain style, and getting already honor, even if he became the disadvantage, he flew the flag.

Gaudy of Unconventional architect and artist Picasso are similar to Goya.

 

Was Spanish art created by the separating from Europe by means of Pyrenees, the Mediterranean coast, and the wasteland influenced by Islam?

 

スペインの画家エル・グレコやゴヤには不思議な共通点がある。

派閥に属さず、独り新たな境地を開き、名誉を得ても不利を覚悟で信念を貫くところがある。

型破りな建築家ガウディーや画家ピカソにも似ているところがある。

 

スペインの芸術はピレネー山脈によってヨーロッパから隔てられ、イスラムの影響を受けた荒野と地中海沿岸が作ったのだろうか。

 

 

参考資料

「巨匠たちのスペイン」神吉敬三著

「ゴヤ」エンリケ・ハリス著

「スペインゴヤの旅」中丸明著

「西洋美術史」高階秀爾監修

事典「世界大百科事典」「ウィキペディア」他

 

画像

各国の「ウィキペディア」、ブログ「のぶなが」、「長崎県美術館」から主に借用。

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal | Tags: , | 10 Comments

Traveling to Spain and Portugal 36: Genius painter Goya 1


スペインとポルトガルを巡る旅 36: 天才画家ゴヤ 1 

1

< 1. “ Portrait of Goya” by Vicente Lopez,1826, in Prado Museum >

< 1. 「ゴヤの肖像」ビセンテ・ロペス作、1826年、プラド蔵 >

 

Today, I introduce a painter being representative of Spain, and a painter being pioneer and agonized also.

I was fascinated by the mystery of Goya having ” brightness and shadows” in the Prado Museum.

I focused on the mystery and genius of Goya, and chose some from his many pictures.

 

今日は、スペインを代表する画家、先駆的で苦悩する画家でもあったゴヤを紹介します。

私はプラド美術館内を巡って、ゴヤの「陽と陰」の不思議に魅せられた。

数多い絵の中から、ゴヤの不思議と天才ぶりに焦点を当てて絵を選びました。

 

 

 

The life of Goya (1746 -1828)

He was born as a child of a plater in a small village near Zaragoza in the Spain northeast and did training for painter in Zaragoza.

In order to make a leap forward, he took an examination for royal school twice, but he was rejected.

He did overseas education in Italy for two years by oneself, became a frescoer after returning home in Zaragoza in 1771, and produced a ceiling picture of Catedral-Basílica de Nuestra Señora del Pilar.

In 1773, He became a painter creating the original pictures of tapestries for royal family in Madrid by the help of the court painter of the same town.

In 1789, he became a court painter of Carlos IV, and then the chief court painter after 10 years.

 

 

ゴヤの生涯(1746年~1828年)

スペイン北東部のサラゴサに近い寒村に鍍金師の子として生まれ、サラゴサで画家修行した。

中央進出を図って王立学校を2度受験するが落選する。

独力でイタリアに2年間留学し、1771年帰国後サラゴサでフレスコ画家になり、ピラール聖母教会の天井画も製作した。

1773年に同郷の宮廷画家の助力で、マドリードの王室タピストリーの原画を描いた。

1789年、国王カルロス4世の宮廷画家となり、10年後には主席宮廷画家として頂点を極めた。

 

However, his life reached a turning point.

In 1792, he is affected by a disease and loses his hearing ability.

Napoleon’s army invaded in 1807, Spain fought for the independence until 1814.

Spain recovered the independence, but after that, the reactionary and disquieting politics continued.

Goya drew the series of “black paintings” in the suburbs of Madrid from 1819.

In 1824, he took refuge in France in disgust of oppression against liberalist, and finished his life of 82 after 4 years.

 

 

しかし、彼に転機が訪れる。

1792年、彼は病に侵され聴力を失う。

スペインは、1807年にナポレオン軍が侵攻し、1814年まで独立戦争を戦った。

スペインは独立を回復したものの、その後、反動と不穏な政治が続いた。

ゴヤは1819年以降、マドリード郊外で一連の「黒い絵」(プラド蔵)を描く。

1824年、自由主義者への弾圧を嫌いフランスに亡命し、4年後82年の生涯を閉じた。

 

 

2

< 2. early works in the royal palace >

< 2.王宮での初期の作品 >

A: “the Parasol”, 1777, in Prado. A tapestry cartoon.

B: “La Nevada”, 1786, in Prado. A tapestry cartoon.

C: “La pradera de San Isidro”, 1788, in Prado. The backdrop of this tapestry cartoon is Madrid.

 

These tapestry that were produced by cartoons of Goya were displayed in the dining rooms or bedrooms of the royal family, and common people and simple living plenty were drawn.

This might be a liking of the royal family, and he was concerned with common people.

Picture C will be drawn again in the series of ” black paintings” later.

 

A: 「パラソル」1777年作、プラド蔵。初期のタピストリー原画。

B: 「吹雪(冬)」1786年作、プラド蔵。タピストリー原画。

C:「サン・イシードロの牧場」1788年作、プラド蔵。背景はマドリード。

 

ゴヤが描いた下絵のタピストリーは王室の食堂や寝室に飾られたものだが、庶民や素朴な暮らしが多く描かれていた。

これは王室の嗜好もあったのだろうが、彼の視点は民衆に向いていた。

絵Cは、後にシリーズ「黒い絵」で、再び描かれることになる。

 

3

< 3. pictures in his prime >

< 3.絶頂期の絵  >

D: “ The Clothed Maja”, 1797-1800, in Prado.

E: “ The Nude Maja”, same as above.

F:“Charles Ⅳof Spain and His Family”, 1800-1801, in Prado.

 

These pictures were things in his prime, but he already lost his hearing ability.

Female nude was limited to picture of a myth in those days, so he was bold.

There were the pictures D and E in the house of a prime minister, and he was tried by the Inquisition after the detection.

Picture F was a picture that Goya drew firstly at when he became the chief court painter.

It is cynical about this family severely.

The arrogant queen is in the center, and King was drawn poorly and was stood aside.

After this, there was never an order from this King.

He wasn’t a brown-noser to power, and El Greco in the 16 century was same also.

 

D:「着衣のマハ」1797-1800年頃、プラド蔵。

E:「裸のマハ」同上。

F:「カルロス4世の家族」1800―1年頃、プラド蔵。

 

これらの絵はゴヤの絶頂期のものですが、既に聴力は失っていた。

当時、女性の裸像は神話の絵に限られていたので、大胆であった。

絵DとEは宰相の家にあって、発覚後、ゴヤは宗教裁判にかけられた。

絵Fは、ゴヤが主席宮廷画家になって最初に描いた絵で、この家族を痛烈に皮肉っている。

傲慢な王妃が中心で、貧相に描かれた王が脇に立っている。

この後、この王からの注文は無くなります、それはそうでしょう。

おもねることのないゴヤの本領発揮です、16世紀のエル・グレコも同じでした。

 

 

4

< 4. looking at common people >

< 4. 民衆を見詰めて >

G: “ Yard with Lunatics”, 1794, in Meadows Museum.

H: “ No.39: And so was his grandfather”, 1798, a series of “ Caprichos” being prints by etching.

He satirized a noble (donkey) depending on his family tree.

I: “ No.23: Those specks of dust”, same as above. An aspect of the Inquisition.

J: “No.55: Until death”, same as above. He satirized the queen (?) of picture F.

 

 

G:「狂人の家」1794年、メドウズ美術館蔵。

H:「39番、祖父の代まで」1798年、版画集「気まぐれ」より。家系図に頼る貴族(ロバ)を風刺。

I:「23番、あの塵埃」同上。宗教裁判の様子。

J:「55番、死ぬまでは」同上。図Fの王妃?を風刺。

 

Goya seemed to really draw the picture G by seeing a mental hospital.

After his hearing ability was lost, he became facing the agony of people deeply.

He published the satiric prints as a painter who introduces his idea from a painter who drew by an order.

He claimed, ” everybody, have a rational mind” in this prints (pictures H,I,J).

 

On the next time, it is the latter half.

 

絵Gは、ゴヤが実際に精神病院を見て描いたらしい。

彼は聴力を失った後、人の苦しみに深く向き合うようになる。

彼は注文で描く画家から、自分の考えを世間に伝える画家として風刺の版画集を出版した。

彼はこの版画集「気まぐれ」(絵H,I,Jなど)で、「皆、理性を使え」と訴えた。

 

次回は、後半になります。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal | Tags: , | 2 Comments

Winter seashore in Awaji Island 3


淡路島 冬の海岸3

 

 a Fishing boat, Akashi Strait Bridge and Iwaya harbor

< 1. a Fishing boat, Akashi Strait Bridge and Iwaya harbor >

< 1. 漁船と明石海峡大橋、岩屋港 >

 

Today, I introduce a view of Akashi Strait and Seto Inland Sea.

 

今日は、明石海峡沿いを通り、瀬戸内海沿いまで進みます。

 

E-zima of Iwaya harbor 

< 2. E-zima of Iwaya harbor  >

< 2. 岩屋港の絵島 >

 

It is written in “Kojiki” of a record of ancient matters as a myth of our nation’s birth.

And it is written in “The tale of the Heike” at the end of the 12th century as a beautiful island.

 

古事記や日本書紀には「おのころ島」として、また平家物語に美しい絵島として書かれています。

 

Akashi Strait and Iwaya harbor 

< 3. Akashi Strait and Iwaya harbor >

< 3.岩屋港と明石海峡 >

 

Akashi Strait Bridge is viewable hazily with yellow dust.

Here is a good fishing ground because the tide is intense.

 

黄砂に霞む明石海峡大橋が見える。

ここは潮流が激しいので、良い漁場です。

 

seabirds 

< 4. seabirds >

< 4.海鳥たち >

 

When I’m driving beachfront roads, I meet many seabirds that enjoy sunbathing.

 

海岸沿いを走っていると、日向ぼっこを楽しむ海鳥たちに出会う。

 

 Nishiura seashore on Seto Inland Sea side 

< 5. Nishiura seashore on Seto Inland Sea side >

< 5. 瀬戸内海側の西浦海岸 >

 

Today, this sea is calm, but strong west wind often blows in winter, and blows up the salt water on beachfront roads.

The upper photograph shows the south side.

The lower photograph shows Murotsu fishing port.

 

On the next time, I visit some small fishing ports and seashores.

 

 

今日、この海は穏やかですが、冬は強い西風が吹き道路に潮が吹き上がります。

上の写真は南側を見ています。

下の写真は室津漁港です。

 

次回は、小さな漁港と海岸をいくつか訪れます。

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , | 9 Comments

History of sickness and medical art 31: China 6


 

病と医術の歴史 31: 中国 6        

 

 

    1殷の青銅器

< 1. Bronze ware of Yin dynasty, the 14-11th century B.C. >

< 1. 殷の青銅器、紀元前14~11世紀 >

 

This time, I introduce a summary of Chinese medical art, and end it.

今回で、中国医学のまとめを行い、終わります。

 

2薬膳料理 

< 2. “Dishes of Chinese food therapy”was stewed medicines in soup >

< 2. 薬材を煮込んだ薬膳料理、 >

 

The megatrend (mainly till the 1st century)

In ancient China, the medical art of empirical science gradually developed from medical art being mainly magic.

As for the recognition to physiology, there was an emphasis on heart and a body fluid theory same as other ancient civilization.

There were several phases of outstanding changes in medical art till the 1st century.

Doctors divided their treatments among medicine men in Imperial Court.

There was the activity of doctors who went around each country intended for common people also.

Some important medical books were published.

The etiology had a concept being close to human body at around the 1st century B.C., but after that, it united with a theory of mind by religion (Taoism) and it didn’t develop.

However, because they attached importance to the practice, Acupuncture, Moxibustion and Chinese herb were developed

 

 

大きな流れ(主に紀元前後まで)

古代中国において、呪術中心の治療から経験科学による医術が徐々に発展していった。

身体生理への認識では、他の古代文明と同様な心臓重視と体液論があった。

医学上、何段階かの目立つ変化、宮廷内での巫医と医者の分掌、庶民をも対象にした遍歴医の活躍、医学書出版などが紀元前に起きて発展していた。

病因論は、紀元頃には身体に密接した概念を持ったこともあったが、その後は宗教(道教)の精神論と一体となり、安住してしまった感がある。

しかし実践を重視した鍼灸と漢方薬では高みを極めることになった。

 

3脈診

< 3. pulse diagnosis >

< 3.脈診 >

 

The characteristic of Chinese medical art, and the background

A: they did not identify a cause of the disease and decided the treatment policy by combination of plural symptoms.

B: they attached importance to disease prevention by raising natural healing capacity than treating the disease from outside.

C: in the disease diagnosis, the pulse diagnosis was developed especially.

 

In China, why didn’t the surgery develop? And why did the etiology greatly depend on the theory of mind?

 

Many religions of the world disliked the profanity of the body, and Confucianism prohibited the dissection like Christianity and Islam.

Therefore it is weak as a persuasive power that Chinese surgery didn’t develop by the prohibition of the religion.

Looking around the world, because pastoral tribe did not have resistance to the dissection than agricultural people, this may be a cause of it.

 

Another characteristic will originate in a reason that is pointed out in certain culture psychology.

People of the East Asia have a strong tendency that ” can see forest but don’t look at tree ” as compared with Westerner.

This seems to have led Chinese etiology that didn’t identify one cause and saw the whole symptom.

This will become to the characteristic A.

 

中国医学の特徴とその背景

A: 一つの病因を特定するのではなく、複数の症状の組合せ「証」によって治療方針を決めた。

B: 病気を外部から治療するよりも、自然治癒力を高めることと病気予防を重視した。

C: 病気診断では、四診(観察、聴・嗅診、質問、脈診)の脈診が発達した。

 

中国ではなぜ外科手術が発達しなかったのか、また病気を全体で捉えるのは良いとしても、病因論(因果関係)がなぜ精神論に大きく依存してしまったのか?

 

世界の宗教は概ね身体の冒涜を嫌い、儒教もキリスト教、イスラム教と同様に解剖を禁止した。

だから宗教の禁則で中国の外科が発達しなかったとするのでは説得力が弱い。

世界を見ると、農耕民族より牧畜民族の方が解剖に抵抗はなかったので、これが一因かもしれない。

 

もう一つの特徴は文化心理学で指摘されてことが起因しているのだろう。

東アジアの人々は欧米人と比べ「森を見て、木を見ない」傾向が強い。

これは中国の病因論が、一原因に特定せず、症状全体を見ることにつながりそうです。

これが特徴Aに繋がるのだろう。

 

 

4道教

< 4. a symbol showing “Yin and Yang” and a temple of Taoism >

< 4. 陰陽を表す図と道教の寺院 >

 

In China, Yin and Yang philosophy (space or body unify and change by two opposed elements) began to be unified at about the 3rd century B.C.

And Confucianism and Taoism of two major religion of China theorized it.

Taoism greatly was developed during Tang Dynasties, and the prescription of perpetual youth and longevity was expected, but failed in Chinese alchemy (mercury poisoning).

The Buddhism being ascendant in those days had a systematized theory of mind (people’s understanding brings solace), and Taoism enhanced Yin and Yang philosophy to counter it, and it seems to be involved in medical art.

This will become to the characteristic B.

 

Still probably, the biggest factor was that China was on the Eurasian edge, and was shut from other advanced civilization with the large desert, the mountain range, and the sea for a long time, therefore it seems to cause.

 

From the next time, I see the medical art of the ancient Greece.

 

中国では、陰陽思想(宇宙や身体は二つの要素が対立し統合して変化する)は紀元前3世紀頃にまとまり始め、それが中国の二大宗教の儒教と道教によって理論化されていた。

唐の時代に道教は大きく発展し不老長寿の処方を期待されるが、錬丹で失敗した(水銀中毒)。

当時、覇を競っていた仏教は体系化された精神論(悟りが救いをもたらす)を持っており、道教はこれと対抗する形で陰陽思想を高め、それが医術に取り込まれたようだ。

これが特徴Bに繋がるのだろう。

 

 

それでもおそらく最大の要因は中国がユーラシアの端にあり、長らく砂漠と山脈、海に遮られ他の高度文明との交流が遅れたことが災いしたのだろう。

インドやローマとの交流はあったが、仏教など一部に限られていた

 

 

次回から、古代ギリシャの医術を見ます。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: History of sickness and medical art | Tags: , , , | 2 Comments

Winter seashore in Awaji Island 2


 

淡路島 冬の海岸2

 

     1

< 1. a view of the sun rising over Osaka bay > 

< 1. 浦港から見た大阪湾に昇る朝陽 >

 

Today, I introduce the sceneries of Higashi-ura seashore of Awaji Island.

Photographing spots are the seashore or the harbor of Ooiso, Ura and Kariya.

 

I took a picture on February 25.

This day, clouds were rising in the morning, furthermore I couldn’t take a broad view because haze and yellow dust veiled.

However, the clouds disappeared from the afternoon, and it became balmy and spring weather.

 

 

今日は、淡路島、東浦海岸の景色を紹介します。

撮影地点は大磯、浦、刈屋の港や海岸です。

 

2月25日に撮影しました。

この日の朝方は雲がかかり、さらに霞と黄砂で遠望がきかなかった。

しかし午後からは雲が無くなり、爽やかな春の陽気になりました。

 

2

< 2.   Higashi-ura seashore in Osaka bay seen from three sides >

< 2. 三方から見た東浦海岸、大阪湾 >

 

Photos: about 7:00 and 12:40, February 25, in Ooiso and Ura.

Ooiso harbor of the top photo was crowded with departure and arrival harbor for ferries until Akashi Kaikyo Strait Bridge spanned.

 

写真:2月25日、7:00頃と12:40頃、大磯港と浦港。

一番上の写真の大磯港は、かつて明石大橋が架かるまでフェリーの発着で賑わっていた。

 

3

< 3. sea gulls in the morning sun >

< 3. 朝陽を浴びて群れるカモメ >

 

Photos: 7:12, February 25, in Ura.

写真:2月25日、7:12、浦港。

 

 

4b

< 4. ship and birds >

< 4. 船と鳥 >

 

Upper photo: 7:25, February 25,in Kariya harbor.

These seem to be young bird and a parent bird.

Lower photo: at 14:50, February 8, in a cloudy day.

A lot of sea gulls crowded around a fishing boat returning to a harbor.

 

上の写真:2月25日、7:25、刈屋港。幼鳥と親鳥のようです。

下の写真:2月8日、14:50、曇り。たくさんのかもめが港に帰る漁船に群がっている。

 

5

< 5. Kariya harbor >

< 5. 刈屋港 >

 

Photos: at 14:50, February 8, in a cloudy day.

I photographed it during a walk, but after that, it began to drizzle immediately.

 

On the next time, I introduce Iwaya harbor and Akashi strait.

 

写真: 2月8日、14:50、曇り。

散歩中に撮影したのですが、この後すぐに小雨が降り始めました。

 

次回は、岩屋港と明石海峡を紹介します。

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 8 Comments

社会と情報 43: 新聞と検察、相克と癒着 4


 

1ベトナム戦争

< 1. ベトナム戦争 >

記者クラブは誰にとって利益なのだろうか? 

新聞か検察か、それとも国民か・・

 

 

記者クラブは政府や官僚にとって都合がよいか?

記者クラブの加盟社が特権を手放したくないのは当然と言えますが、情報発信側にも利益があります。

外国の例を見ます。

第二次世界大戦当時、米国は戦争報道のすべての記事を徹底的に検閲していました。

一方、ベトナム戦争において、検閲ではなく現地で記者クラブのような「アメリカ合同広報局」が戦局報告を毎日行い、他からの情報収集を不可能にして管理しました。

フィリップ・ナイトリー著「戦争報道の内幕」において、後者の方が戦争報道を阻害したとしている。

その理由は、概ね以下の通りです。

大戦時の記者は情報収集が比較的自由で、記事を工夫することにより検閲官を出し抜くことが出来た。

しかしベトナム戦争では、広報局からだけの隠蔽された一律の情報を待つ記者達は、工夫も意欲も無くしてしまった。

他にも、報道を歪曲する力がホワイトハウスから働いていたが、この「記者クラブ」の悪影響は大きかった。

一方、テレビ報道は新たな役割を果たし、戦争の真実を伝え始めていた。

連載16~18:報道特派員の苦悩1~3、に詳しい。

2裁判所

< 2. 裁判所 >

 

なぜ癒着が蔓延し、自律回復が困難なのか?

これまでの説明でも、納得出来ない方はおられるかもしれません。

例え新聞に期待出来なくても、他に救いがあるはずだと。

  • 裁判官や弁護士は、なぜ問題を明らかにしないのか?

これについて、「検察が危ない」で著者は明快に「出来ない」と述べています。

著者は例外ですが(笑い)。

この公僕達は実態を知ってはいるのですが、職業的に繋がっているため(転職しあう仲間だから)、互いに傷付け合うことは避けているのです。

  • なぜ検察は横暴になっていくのか?

これについて著者は、検察の不甲斐なさを責め立てる新聞(世論)が一端になったことを挙げています。

政界を大きく巻き込む疑獄事件があって、それを検察がうまく暴けない時などがそうです。

このような時、検察は被告側が弱ければ生贄(冤罪)にし、被告側が巧みであれば法の適用を逃してしまいます。

郷原氏は、これについて、検察はセクショナリズムに陥っており、法適用が旧態依然だからと指摘しています。

こうなると、次の事件で名誉挽回に躍起となり、検察一丸となり軍隊式の白兵突撃を敢行することになる。

そして、特捜部が快挙(被告有罪)を成せば、検察上層部は出世に繋がると指摘する人もいます。

最後に

一番重要なことは、こと検察と新聞の癒着だけの問題ではなく、社会全体が網の目が張り巡らされたように癒着を起こし停滞し、やがて腐敗していくのです。

このような、官僚化=官僚制の逆機能(責任回避、秘密主義、権威主義、セクショナリズムなど)はいつの世にも起こります。

しかし、それを見張り、国民に知らせる立場の新聞(マスコミ)が、癒着してしまえば自力回復は不可能です。

これを打破するには、新聞(マスコミ)が本来の機能を果たせるように、何が重要であるかを国民が正しく認識することから始めないといけない。

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, politics, Series: The society and the information | Tags: , , , , | Leave a comment

社会と情報 42: 新聞と検察、相克と癒着 3


1ドラマ事件記者

< 1. かつての人気ドラマ「事件記者」 >

今回と次回で、新聞と検察の癒着の要「記者クラブ」の意味を探ります。

記者クラブが強固になっていく様子を追います。

 2官僚たちの夏

< 2. 経済官僚が頑張った時代を描いた小説「官僚たちの夏」 >

検察が仕掛けた記者クラブ支配

この記事はHP「法と経済のジャーナル」「特捜部など検察と司法記者クラブの記者たちの関係の真実」2014/12/12から抜粋要約しました。

 

1965年秋、司法クラブが検察に牛耳られる切っ掛けになった事件が起きました。

当時、毎日新聞が独り気を吐き特ダネを連発していた。

毎日は、「夜討ち朝駆け」を必死で行い、早合点の誤報もあり、記者クラブの自主協定なんのそので、検察と他社の反発を買っていた。

ある時、「・・正副総裁を検察が聴取した」と毎日はスッパ抜きました。

これで毎日は、記者クラブから「登院停止」、後に「除名」処分を受けます。

理由は、記者クラブ内で「これを報道しない」との自主協定があったからです。

一方、特捜の次席検事は、情報管理を厳しくする機会を狙っていました。

これ幸いと、彼は「検察は記者クラブの加盟社だけを相手にし、除名社とは会わない」と毎日に制裁を加えた。

同時に、検察と記者クラブの間で、次席検事が会見で情報を発信するので、記者は他の検事や事務官への情報収集を行わないとのルールも出来た。

こうして閉め出された毎日は、特報だけでなく日々のニュースの第一報を逃し、遂に検察と記者クラブに前面降伏した。

こうして、両者の一体化が完成し、記者クラブ以外は排除され、検察の望み通りなった。

この経緯を見ると、記者クラブの加盟社は既得権益を守るために為に、検察の意向に沿う形で村八分を行った。

本来、記者クラブは報道の自由を確保する為に、協力し権力に対峙するはずだが、本末転倒です。

補足します

記者クラブの自主協定は、例示のように「検察と記者クラブ」両者にとって有利であって恣意的なものが多く、人権擁護の見地は二の次と考えられます。

連載39話:新聞は誰の味方か3、「津山主婦行方不明事件」の協定が参考になります。

また、実は日本の新聞記事の特ダネは、「夜討ち朝駆け」によって捜査の展開を一手早く(数時間前に)予測し、報道するだけのものが多いのです。

したがって、当時の毎日の特ダネと誤報も、予測が早いか外れた程度のものだったのでしょう。

本人達は、寝食を忘れ取材に没頭し満足しているのですが、米国の新聞業界に少しでも身を置いた記者達は、その後進性に嫌気が差して辞めていくのです。

それが既に紹介した上杉隆、牧野洋、烏賀陽弘道らでした。

これが日本の新聞報道の悲しさです。

 

次回は、記者クラブの弊害を外国の例から見ます。

Categories: culture+society, Series: The society and the information | Tags: | 3 Comments

Winter seashore in Awaji Island 1


淡路島 冬の海岸1

      The left end in a far mountain range is the Kitan Strait  

< 1. The left end in a far mountain range is the Kitan Strait >

< 1. 遠くの山並みの左端が紀淡海峡です >

 

From now on, I introduce the sceneries of winter seashore in Awaji Island in installments.

Today, it is scenery that I photographed from the road between Higashiura and Sumoto.

 

これから数回にわたり、冬の淡路島、海岸の景色を紹介します。

今日は、大阪湾側の東浦から洲本の間の道路から撮影した写真です。

 

The photography day was February 19, 2015, and clouds were rising, but when the clouds drifted away, Osaka bay was beautiful.

Taking photographs of these began from Kamaguchi of Higashiura, and finished close to Sumoto in last.

 

撮影日は2015年2月19日で、雲は多かったが、晴れ間が覗くと大阪湾がきれいでした。

写真は東浦釜口から始まり、最後は洲本近くで終わりました。

 

 Flowers of oilseed rape were in full bloom

< 2.  Flowers of oilseed rape were in full bloom >

< 2. 菜種が満開でした >

 

the opposite shore is in Sennan of Osaka prefecture from Wakayama prefecture

< 3. the opposite shore is in Sennan of Osaka prefecture from Wakayama prefecture>

< 3. 対岸は大阪府の泉南から和歌山になります >

 

 the fishermen are harvesting seaweed in the waters off Awaji Island

 the fishermen are harvesting seaweed in the waters off Awaji Island

< 4,5. the fishermen are harvesting seaweed in the waters off Awaji Island >

< 4、5. 漁師が沖に出て海苔を収穫しています >

 

Now, it is a picking season.

This work is hard at cold windy day.

 

今は最盛期でしょう。

寒い風のある日はきつい仕事です。

 

The low mountain seen subtly in the distance is Mount Rokko of the opposite bank 

< 6. The low mountain seen subtly in the distance is Mount Rokko of the opposite bank >

< 6.遠くに微かに見える低い山並みは、対岸の六甲山系です >

 

the place of mountain range disconnected far in left and right is the Kitan Strait.

< 7. the place of mountain range disconnected far in left and right is the Kitan Strait. >

< 7. 遠く左右の山並みが途切れているところが紀淡海峡です >

 

It was windy a little on this day, but when the sun shone bright between the clouds, I felt coming of spring a little.

 

この日は、少し風がありましたが、陽が差し込むと少し春の到来を感じさせました。

 

 

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | 4 Comments

社会と情報 41: 新聞と検察、相克と癒着 2


1著書

*1

 

前回に続いて、著書「検察が危ない」から記者クラブの状況を見ます。

 

 2霞ヶ関の司法記者クラブでの

< 2. 霞ヶ関、司法記者クラブでの原告団記者会見 >

 

「一心同体の司法クラブ」(P154~155)から抜粋引用します 

前回からの続きになります。

 

「 被疑者の逮捕、起訴等の節目で地検次席、特捜部長が記者に対して行う会見には、司法クラブの記者だけが参加できる権利を与えられる。しかも、そこではカメラで撮影することも許されないし、録音することも許されない。そこで配られた資料を外部に出すことも禁止される。

それは記者会見ではなく、公式リークと言った方がいい。要するに、自分たちのお仲間にまとめて情報提供して、説明しているだけに過ぎない。

このように、実際に検察の内実を多少なりとも知り得るのは、この閉鎖的な空間にいる司法クラブの記者か、その出身者というごく限られた人間達であり、それ以外の“よそ者”はこの世界に入ってくることは出来ない。

このように、司法クラブの現場記者は恒常的「従軍記者」的な立場で、検察翼賛報道を続けるが、その一方で、新聞等は政治的に検察を利用しようとする動きを見せることもある。

いずれにしても、現役の司法クラブ記者であれ、司法クラブ経験者の社会部遊軍記者であれ、デスクや部長であれ、司法クラブでの経験を基に、検察関係者との人的なつながりを持っている記者にとって、その人的つながり自体が記者としての貴重な財産になっている。

それは、検察が正義であり、社会的に、政治的に大きな影響力を持っているからこそ、財産であり続けるのであり、検察の威信が地に墜ちてしまうと財産価値がなくなってしまう。

こうして、メディアが検察をほとんど批判することなく、一方的に賞賛する報道のなかで、世の中の「検察の正義」に対する信頼はほとんど信仰に近いもになっていく。 」

 

 

明確になったこと

上記の記述は、両者の一体化、特に新聞社が検察に寄り添う状況をうまく説明しています。

 

  • 1.冤罪を生む体質

これまでに紹介した事件は、検察・警察・国税庁と新聞社が暴走し冤罪に繋がったと説明しました。

これについても、著者は両者の一体化に原因があるとしています。

連載37~39話:新聞は誰の味方か 1~3、に詳しい。

 

これほどまでに記者クラブは問題を孕んでおり、海外や「国境無き記者団」、国内からも批判されていながら、大手新聞社は既得権益にしがみついています。

 

3証拠改竄の被告検事

< 3. 郵便不正事件での証拠改竄の被告検事たち >

 

  • 2. 日本の新聞社は権力を監視することが困難 

「原発事故で官僚が情報隠蔽」や「郵便不正事件」などの報道から、あることが見えてきました。

記者クラブに属する新聞社が権力を批判することは困難でした。

しかし記者クラブに属さない雑誌やフリーランスにはそれが期待出来ます。

残念ながら、まだまだその力は弱い、記者クラブの壁が立ちはだかっているからです。

 

多くは追従していると言えるが、時に権力に逆らい、その悪行を暴露する新聞社もまだ健在している。

これは長年、国民が新聞社に権力の監視を期待しているからで、これが無くなると危険な状態になる。

このことが、官僚化の弊害に染まっている朝日を幾分なりとも救っているのでしょう。

連載37話:新聞は誰の味方か1、に詳しい。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , , , | Leave a comment

社会と情報 40: 新聞と検察、相克と癒着 1


1特捜部の強制捜査

< 1. 特捜部の強制捜査 >

 

前回まで、検察と大手新聞が一体となって如何に傍若無人に振る舞ってきたかを見ました。

この両者の一体化は記者クラブを介して起こっています。

今回から、このメカニズムの説明を元検事の著作から見ます。

 

 2郷原

< 2. 著者郷原信廊 >

 

著書: 「検察が危ない」

著者: 郷原信廊。地検検事を歴任後、弁護士、大学教授。

出版社:KKベストセラーズ、ベスト新書。2010年刊。

補足: アマゾンのカスタムレビューの評価(21件)は4.5。

 

 

「一心同体の司法クラブ」(P152~154)から抜粋引用します 

「 ・・・

司法クラブ記者が検察と一体化していく原因の一つに、特捜部と「司法クラブ」(記者クラブ)との「軍隊的体質」という面での共通性がある。

特捜部の共同捜査では、主任検事と担当副部長が事件全体の情報を独占し、末端の取り調べ担当検事は、事件の全体像を知らされないまま、主任検事の意向通りの自白を取ることを求められる。・・

それと同様に、司法クラブの記者も、事件の全体像や意味もわからず、ただただ連日深夜まで、取材先の特捜部の幹部などへ「夜回り」をするということに「耐える」生活を強いられる。

また取材窓口が特捜部の部長、副部長に一本化され、ヒラ検事からの取材が禁止されて厳しい情報統制が行われているため、司法クラブの記者は取材先である部長、副部長の機嫌を損ねないように最大限に配慮しながら記事を書かざるを得ない。捜査に批判的な記事でも書こうものなら、特捜部の幹部が相手にしてくれなくなるという恐怖が待ち受けている。

各社の記者は、特捜幹部からは得られない捜査情報をヒラ検事から得ようとして、他社に感づかれないように深夜物陰に潜んではヒラ検事の帰宅を待ち伏せすることもしばしばである。こういうことをつづけているうちに、・・記者は、事件が展開し、強制捜査着手にこぎ着ける日を心待ちにしながら、・・・生活が当たり前になっていく。

このように、もともと組織の体質が共通しているのに加えて、特捜幹部による報道の締め付けが行われることで、大部分の記者は、盲目的に特捜部の捜査の動きを追いかけることになる。こういう記者の仕事の中からは、捜査に対して批判的な観点など、出てくるわけがない。

強制捜査着手という段階になったとき、検察の捜査は社会的な注目を集めることとなる。・・それは司法クラブの記者にとって最も輝かしい日々である。

こうして、特捜部と司法クラブの記者との利害は完全に合致することとなる。・・司法記者の多くは、日々特捜部の動きを追いかけ、捜査の展開を予測することのみに心を奪われ、事件の社会的背景の分析、摘発された側の実情などを独自に掘り下げて取材することはほとんど無い。

このため、特捜部が強制捜査に着手したとなると、ほとんど「従軍記者」の記事のような提灯記事が社会面を飾ることになる。 」

3夜討ち朝駆け

< 3. 夜討ち朝駆け >

 

明確になったこと

上記の記述は、これまで取り上げてきた問題がなぜ起きたかをうまく説明しています。

 

  • 1. 徒弟制度のような陳腐化した体制

元朝日の著者烏賀陽氏は、朝日の「夜討ち朝駆け」に見られる体質を陳腐極まりないと指摘しました。

結局、その体質は、検察と新聞社の軍隊的体質であり、すべてに言えるわけです。

この体質が良くないのは当然ですが、新聞社によれば、このような厳しい社内批判を徹底的に封殺するところがあります。

後日、扱います。

連載36話:著書「『朝日』ともあろうものが」、に詳しい。

 

  • 2. 記者は事件の被告や背景を取材しない

「山口組絡みの資金洗浄事件」の報道で、新聞社が被告道傳側をまったく取材していないことがありました。

この理由も検察と記者クラブの一体化から説明しています。

また烏賀陽氏は、周りの記者には自ら問題を探し、掘り下げる意識がまったくないとも指摘していましたが、これも同様な理由です。

連載38話:新聞は誰の味方か、に詳しい。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , , | Leave a comment

Blog at WordPress.com. The Adventure Journal Theme.

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 1,113 other followers