Winter seashore in Awaji Island 3


淡路島 冬の海岸3

 

 a Fishing boat, Akashi Strait Bridge and Iwaya harbor

< 1. a Fishing boat, Akashi Strait Bridge and Iwaya harbor >

< 1. 漁船と明石海峡大橋、岩屋港 >

 

Today, I introduce a view of Akashi Strait and Seto Inland Sea.

 

今日は、明石海峡沿いを通り、瀬戸内海沿いまで進みます。

 

E-zima of Iwaya harbor 

< 2. E-zima of Iwaya harbor  >

< 2. 岩屋港の絵島 >

 

It is written in “Kojiki” of a record of ancient matters as a myth of our nation’s birth.

And it is written in “The tale of the Heike” at the end of the 12th century as a beautiful island.

 

古事記や日本書紀には「おのころ島」として、また平家物語に美しい絵島として書かれています。

 

Akashi Strait and Iwaya harbor 

< 3. Akashi Strait and Iwaya harbor >

< 3.岩屋港と明石海峡 >

 

Akashi Strait Bridge is viewable hazily with yellow dust.

Here is a good fishing ground because the tide is intense.

 

黄砂に霞む明石海峡大橋が見える。

ここは潮流が激しいので、良い漁場です。

 

seabirds 

< 4. seabirds >

< 4.海鳥たち >

 

When I’m driving beachfront roads, I meet many seabirds that enjoy sunbathing.

 

海岸沿いを走っていると、日向ぼっこを楽しむ海鳥たちに出会う。

 

 Nishiura seashore on Seto Inland Sea side 

< 5. Nishiura seashore on Seto Inland Sea side >

< 5. 瀬戸内海側の西浦海岸 >

 

Today, this sea is calm, but strong west wind often blows in winter, and blows up the salt water on beachfront roads.

The upper photograph shows the south side.

The lower photograph shows Murotsu fishing port.

 

On the next time, I visit some small fishing ports and seashores.

 

 

今日、この海は穏やかですが、冬は強い西風が吹き道路に潮が吹き上がります。

上の写真は南側を見ています。

下の写真は室津漁港です。

 

次回は、小さな漁港と海岸をいくつか訪れます。

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , | 1 Comment

History of sickness and medical art 31: China 6


 

病と医術の歴史 31: 中国 6        

 

 

    1殷の青銅器

< 1. Bronze ware of Yin dynasty, the 14-11th century B.C. >

< 1. 殷の青銅器、紀元前14~11世紀 >

 

This time, I introduce a summary of Chinese medical art, and end it.

今回で、中国医学のまとめを行い、終わります。

 

2薬膳料理 

< 2. “Dishes of Chinese food therapy”was stewed medicines in soup >

< 2. 薬材を煮込んだ薬膳料理、 >

 

The megatrend (mainly till the 1st century)

In ancient China, the medical art of empirical science gradually developed from medical art being mainly magic.

As for the recognition to physiology, there was an emphasis on heart and a body fluid theory same as other ancient civilization.

There were several phases of outstanding changes in medical art till the 1st century.

Doctors divided their treatments among medicine men in Imperial Court.

There was the activity of doctors who went around each country intended for common people also.

Some important medical books were published.

The etiology had a concept being close to human body at around the 1st century B.C., but after that, it united with a theory of mind by religion (Taoism) and it didn’t develop.

However, because they attached importance to the practice, Acupuncture, Moxibustion and Chinese herb were developed

 

 

大きな流れ(主に紀元前後まで)

古代中国において、呪術中心の治療から経験科学による医術が徐々に発展していった。

身体生理への認識では、他の古代文明と同様な心臓重視と体液論があった。

医学上、何段階かの目立つ変化、宮廷内での巫医と医者の分掌、庶民をも対象にした遍歴医の活躍、医学書出版などが紀元前に起きて発展していた。

病因論は、紀元頃には身体に密接した概念を持ったこともあったが、その後は宗教(道教)の精神論と一体となり、安住してしまった感がある。

しかし実践を重視した鍼灸と漢方薬では高みを極めることになった。

 

3脈診

< 3. pulse diagnosis >

< 3.脈診 >

 

The characteristic of Chinese medical art, and the background

A: they did not identify a cause of the disease and decided the treatment policy by combination of plural symptoms.

B: they attached importance to disease prevention by raising natural healing capacity than treating the disease from outside.

C: in the disease diagnosis, the pulse diagnosis was developed especially.

 

In China, why didn’t the surgery develop? And why did the etiology greatly depend on the theory of mind?

 

Many religions of the world disliked the profanity of the body, and Confucianism prohibited the dissection like Christianity and Islam.

Therefore it is weak as a persuasive power that Chinese surgery didn’t develop by the prohibition of the religion.

Looking around the world, because pastoral tribe did not have resistance to the dissection than agricultural people, this may be a cause of it.

 

Another characteristic will originate in a reason that is pointed out in certain culture psychology.

People of the East Asia have a strong tendency that ” can see forest but don’t look at tree ” as compared with Westerner.

This seems to have led Chinese etiology that didn’t identify one cause and saw the whole symptom.

This will become to the characteristic A.

 

中国医学の特徴とその背景

A: 一つの病因を特定するのではなく、複数の症状の組合せ「証」によって治療方針を決めた。

B: 病気を外部から治療するよりも、自然治癒力を高めることと病気予防を重視した。

C: 病気診断では、四診(観察、聴・嗅診、質問、脈診)の脈診が発達した。

 

中国ではなぜ外科手術が発達しなかったのか、また病気を全体で捉えるのは良いとしても、病因論(因果関係)がなぜ精神論に大きく依存してしまったのか?

 

世界の宗教は概ね身体の冒涜を嫌い、儒教もキリスト教、イスラム教と同様に解剖を禁止した。

だから宗教の禁則で中国の外科が発達しなかったとするのでは説得力が弱い。

世界を見ると、農耕民族より牧畜民族の方が解剖に抵抗はなかったので、これが一因かもしれない。

 

もう一つの特徴は文化心理学で指摘されてことが起因しているのだろう。

東アジアの人々は欧米人と比べ「森を見て、木を見ない」傾向が強い。

これは中国の病因論が、一原因に特定せず、症状全体を見ることにつながりそうです。

これが特徴Aに繋がるのだろう。

 

 

4道教

< 4. a symbol showing “Yin and Yang” and a temple of Taoism >

< 4. 陰陽を表す図と道教の寺院 >

 

In China, Yin and Yang philosophy (space or body unify and change by two opposed elements) began to be unified at about the 3rd century B.C.

And Confucianism and Taoism of two major religion of China theorized it.

Taoism greatly was developed during Tang Dynasties, and the prescription of perpetual youth and longevity was expected, but failed in Chinese alchemy (mercury poisoning).

The Buddhism being ascendant in those days had a systematized theory of mind (people’s understanding brings solace), and Taoism enhanced Yin and Yang philosophy to counter it, and it seems to be involved in medical art.

This will become to the characteristic B.

 

Still probably, the biggest factor was that China was on the Eurasian edge, and was shut from other advanced civilization with the large desert, the mountain range, and the sea for a long time, therefore it seems to cause.

 

From the next time, I see the medical art of the ancient Greece.

 

中国では、陰陽思想(宇宙や身体は二つの要素が対立し統合して変化する)は紀元前3世紀頃にまとまり始め、それが中国の二大宗教の儒教と道教によって理論化されていた。

唐の時代に道教は大きく発展し不老長寿の処方を期待されるが、錬丹で失敗した(水銀中毒)。

当時、覇を競っていた仏教は体系化された精神論(悟りが救いをもたらす)を持っており、道教はこれと対抗する形で陰陽思想を高め、それが医術に取り込まれたようだ。

これが特徴Bに繋がるのだろう。

 

 

それでもおそらく最大の要因は中国がユーラシアの端にあり、長らく砂漠と山脈、海に遮られ他の高度文明との交流が遅れたことが災いしたのだろう。

インドやローマとの交流はあったが、仏教など一部に限られていた

 

 

次回から、古代ギリシャの医術を見ます。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: History of sickness and medical art | Tags: , , , | Leave a comment

Winter seashore in Awaji Island 2


 

淡路島 冬の海岸2

 

     1

< 1. a view of the sun rising over Osaka bay > 

< 1. 浦港から見た大阪湾に昇る朝陽 >

 

Today, I introduce the sceneries of Higashi-ura seashore of Awaji Island.

Photographing spots are the seashore or the harbor of Ooiso, Ura and Kariya.

 

I took a picture on February 25.

This day, clouds were rising in the morning, furthermore I couldn’t take a broad view because haze and yellow dust veiled.

However, the clouds disappeared from the afternoon, and it became balmy and spring weather.

 

 

今日は、淡路島、東浦海岸の景色を紹介します。

撮影地点は大磯、浦、刈屋の港や海岸です。

 

2月25日に撮影しました。

この日の朝方は雲がかかり、さらに霞と黄砂で遠望がきかなかった。

しかし午後からは雲が無くなり、爽やかな春の陽気になりました。

 

2

< 2.   Higashi-ura seashore in Osaka bay seen from three sides >

< 2. 三方から見た東浦海岸、大阪湾 >

 

Photos: about 7:00 and 12:40, February 25, in Ooiso and Ura.

Ooiso harbor of the top photo was crowded with departure and arrival harbor for ferries until Akashi Kaikyo Strait Bridge spanned.

 

写真:2月25日、7:00頃と12:40頃、大磯港と浦港。

一番上の写真の大磯港は、かつて明石大橋が架かるまでフェリーの発着で賑わっていた。

 

3

< 3. sea gulls in the morning sun >

< 3. 朝陽を浴びて群れるカモメ >

 

Photos: 7:12, February 25, in Ura.

写真:2月25日、7:12、浦港。

 

 

4b

< 4. ship and birds >

< 4. 船と鳥 >

 

Upper photo: 7:25, February 25,in Kariya harbor.

These seem to be young bird and a parent bird.

Lower photo: at 14:50, February 8, in a cloudy day.

A lot of sea gulls crowded around a fishing boat returning to a harbor.

 

上の写真:2月25日、7:25、刈屋港。幼鳥と親鳥のようです。

下の写真:2月8日、14:50、曇り。たくさんのかもめが港に帰る漁船に群がっている。

 

5

< 5. Kariya harbor >

< 5. 刈屋港 >

 

Photos: at 14:50, February 8, in a cloudy day.

I photographed it during a walk, but after that, it began to drizzle immediately.

 

On the next time, I introduce Iwaya harbor and Akashi strait.

 

写真: 2月8日、14:50、曇り。

散歩中に撮影したのですが、この後すぐに小雨が降り始めました。

 

次回は、岩屋港と明石海峡を紹介します。

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

社会と情報 43: 新聞と検察、相克と癒着 4


 

1ベトナム戦争

< 1. ベトナム戦争 >

記者クラブは誰にとって利益なのだろうか? 

新聞か検察か、それとも国民か・・

 

 

記者クラブは政府や官僚にとって都合がよいか?

記者クラブの加盟社が特権を手放したくないのは当然と言えますが、情報発信側にも利益があります。

外国の例を見ます。

第二次世界大戦当時、米国は戦争報道のすべての記事を徹底的に検閲していました。

一方、ベトナム戦争において、検閲ではなく現地で記者クラブのような「アメリカ合同広報局」が戦局報告を毎日行い、他からの情報収集を不可能にして管理しました。

フィリップ・ナイトリー著「戦争報道の内幕」において、後者の方が戦争報道を阻害したとしている。

その理由は、概ね以下の通りです。

大戦時の記者は情報収集が比較的自由で、記事を工夫することにより検閲官を出し抜くことが出来た。

しかしベトナム戦争では、広報局からだけの隠蔽された一律の情報を待つ記者達は、工夫も意欲も無くしてしまった。

他にも、報道を歪曲する力がホワイトハウスから働いていたが、この「記者クラブ」の悪影響は大きかった。

一方、テレビ報道は新たな役割を果たし、戦争の真実を伝え始めていた。

連載16~18:報道特派員の苦悩1~3、に詳しい。

2裁判所

< 2. 裁判所 >

 

なぜ癒着が蔓延し、自律回復が困難なのか?

これまでの説明でも、納得出来ない方はおられるかもしれません。

例え新聞に期待出来なくても、他に救いがあるはずだと。

  • 裁判官や弁護士は、なぜ問題を明らかにしないのか?

これについて、「検察が危ない」で著者は明快に「出来ない」と述べています。

著者は例外ですが(笑い)。

この公僕達は実態を知ってはいるのですが、職業的に繋がっているため(転職しあう仲間だから)、互いに傷付け合うことは避けているのです。

  • なぜ検察は横暴になっていくのか?

これについて著者は、検察の不甲斐なさを責め立てる新聞(世論)が一端になったことを挙げています。

政界を大きく巻き込む疑獄事件があって、それを検察がうまく暴けない時などがそうです。

このような時、検察は被告側が弱ければ生贄(冤罪)にし、被告側が巧みであれば法の適用を逃してしまいます。

郷原氏は、これについて、検察はセクショナリズムに陥っており、法適用が旧態依然だからと指摘しています。

こうなると、次の事件で名誉挽回に躍起となり、検察一丸となり軍隊式の白兵突撃を敢行することになる。

そして、特捜部が快挙(被告有罪)を成せば、検察上層部は出世に繋がると指摘する人もいます。

最後に

一番重要なことは、こと検察と新聞の癒着だけの問題ではなく、社会全体が網の目が張り巡らされたように癒着を起こし停滞し、やがて腐敗していくのです。

このような、官僚化=官僚制の逆機能(責任回避、秘密主義、権威主義、セクショナリズムなど)はいつの世にも起こります。

しかし、それを見張り、国民に知らせる立場の新聞(マスコミ)が、癒着してしまえば自力回復は不可能です。

これを打破するには、新聞(マスコミ)が本来の機能を果たせるように、何が重要であるかを国民が正しく認識することから始めないといけない。

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, politics, Series: The society and the information | Tags: , , , , | Leave a comment

社会と情報 42: 新聞と検察、相克と癒着 3


1ドラマ事件記者

< 1. かつての人気ドラマ「事件記者」 >

今回と次回で、新聞と検察の癒着の要「記者クラブ」の意味を探ります。

記者クラブが強固になっていく様子を追います。

 2官僚たちの夏

< 2. 経済官僚が頑張った時代を描いた小説「官僚たちの夏」 >

検察が仕掛けた記者クラブ支配

この記事はHP「法と経済のジャーナル」「特捜部など検察と司法記者クラブの記者たちの関係の真実」2014/12/12から抜粋要約しました。

 

1965年秋、司法クラブが検察に牛耳られる切っ掛けになった事件が起きました。

当時、毎日新聞が独り気を吐き特ダネを連発していた。

毎日は、「夜討ち朝駆け」を必死で行い、早合点の誤報もあり、記者クラブの自主協定なんのそので、検察と他社の反発を買っていた。

ある時、「・・正副総裁を検察が聴取した」と毎日はスッパ抜きました。

これで毎日は、記者クラブから「登院停止」、後に「除名」処分を受けます。

理由は、記者クラブ内で「これを報道しない」との自主協定があったからです。

一方、特捜の次席検事は、情報管理を厳しくする機会を狙っていました。

これ幸いと、彼は「検察は記者クラブの加盟社だけを相手にし、除名社とは会わない」と毎日に制裁を加えた。

同時に、検察と記者クラブの間で、次席検事が会見で情報を発信するので、記者は他の検事や事務官への情報収集を行わないとのルールも出来た。

こうして閉め出された毎日は、特報だけでなく日々のニュースの第一報を逃し、遂に検察と記者クラブに前面降伏した。

こうして、両者の一体化が完成し、記者クラブ以外は排除され、検察の望み通りなった。

この経緯を見ると、記者クラブの加盟社は既得権益を守るために為に、検察の意向に沿う形で村八分を行った。

本来、記者クラブは報道の自由を確保する為に、協力し権力に対峙するはずだが、本末転倒です。

補足します

記者クラブの自主協定は、例示のように「検察と記者クラブ」両者にとって有利であって恣意的なものが多く、人権擁護の見地は二の次と考えられます。

連載39話:新聞は誰の味方か3、「津山主婦行方不明事件」の協定が参考になります。

また、実は日本の新聞記事の特ダネは、「夜討ち朝駆け」によって捜査の展開を一手早く(数時間前に)予測し、報道するだけのものが多いのです。

したがって、当時の毎日の特ダネと誤報も、予測が早いか外れた程度のものだったのでしょう。

本人達は、寝食を忘れ取材に没頭し満足しているのですが、米国の新聞業界に少しでも身を置いた記者達は、その後進性に嫌気が差して辞めていくのです。

それが既に紹介した上杉隆、牧野洋、烏賀陽弘道らでした。

これが日本の新聞報道の悲しさです。

 

次回は、記者クラブの弊害を外国の例から見ます。

Categories: culture+society, Series: The society and the information | Tags: | 3 Comments

Winter seashore in Awaji Island 1


淡路島 冬の海岸1

      The left end in a far mountain range is the Kitan Strait  

< 1. The left end in a far mountain range is the Kitan Strait >

< 1. 遠くの山並みの左端が紀淡海峡です >

 

From now on, I introduce the sceneries of winter seashore in Awaji Island in installments.

Today, it is scenery that I photographed from the road between Higashiura and Sumoto.

 

これから数回にわたり、冬の淡路島、海岸の景色を紹介します。

今日は、大阪湾側の東浦から洲本の間の道路から撮影した写真です。

 

The photography day was February 19, 2015, and clouds were rising, but when the clouds drifted away, Osaka bay was beautiful.

Taking photographs of these began from Kamaguchi of Higashiura, and finished close to Sumoto in last.

 

撮影日は2015年2月19日で、雲は多かったが、晴れ間が覗くと大阪湾がきれいでした。

写真は東浦釜口から始まり、最後は洲本近くで終わりました。

 

 Flowers of oilseed rape were in full bloom

< 2.  Flowers of oilseed rape were in full bloom >

< 2. 菜種が満開でした >

 

the opposite shore is in Sennan of Osaka prefecture from Wakayama prefecture

< 3. the opposite shore is in Sennan of Osaka prefecture from Wakayama prefecture>

< 3. 対岸は大阪府の泉南から和歌山になります >

 

 the fishermen are harvesting seaweed in the waters off Awaji Island

 the fishermen are harvesting seaweed in the waters off Awaji Island

< 4,5. the fishermen are harvesting seaweed in the waters off Awaji Island >

< 4、5. 漁師が沖に出て海苔を収穫しています >

 

Now, it is a picking season.

This work is hard at cold windy day.

 

今は最盛期でしょう。

寒い風のある日はきつい仕事です。

 

The low mountain seen subtly in the distance is Mount Rokko of the opposite bank 

< 6. The low mountain seen subtly in the distance is Mount Rokko of the opposite bank >

< 6.遠くに微かに見える低い山並みは、対岸の六甲山系です >

 

the place of mountain range disconnected far in left and right is the Kitan Strait.

< 7. the place of mountain range disconnected far in left and right is the Kitan Strait. >

< 7. 遠く左右の山並みが途切れているところが紀淡海峡です >

 

It was windy a little on this day, but when the sun shone bright between the clouds, I felt coming of spring a little.

 

この日は、少し風がありましたが、陽が差し込むと少し春の到来を感じさせました。

 

 

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | 4 Comments

社会と情報 41: 新聞と検察、相克と癒着 2


1著書

*1

 

前回に続いて、著書「検察が危ない」から記者クラブの状況を見ます。

 

 2霞ヶ関の司法記者クラブでの

< 2. 霞ヶ関、司法記者クラブでの原告団記者会見 >

 

「一心同体の司法クラブ」(P154~155)から抜粋引用します 

前回からの続きになります。

 

「 被疑者の逮捕、起訴等の節目で地検次席、特捜部長が記者に対して行う会見には、司法クラブの記者だけが参加できる権利を与えられる。しかも、そこではカメラで撮影することも許されないし、録音することも許されない。そこで配られた資料を外部に出すことも禁止される。

それは記者会見ではなく、公式リークと言った方がいい。要するに、自分たちのお仲間にまとめて情報提供して、説明しているだけに過ぎない。

このように、実際に検察の内実を多少なりとも知り得るのは、この閉鎖的な空間にいる司法クラブの記者か、その出身者というごく限られた人間達であり、それ以外の“よそ者”はこの世界に入ってくることは出来ない。

このように、司法クラブの現場記者は恒常的「従軍記者」的な立場で、検察翼賛報道を続けるが、その一方で、新聞等は政治的に検察を利用しようとする動きを見せることもある。

いずれにしても、現役の司法クラブ記者であれ、司法クラブ経験者の社会部遊軍記者であれ、デスクや部長であれ、司法クラブでの経験を基に、検察関係者との人的なつながりを持っている記者にとって、その人的つながり自体が記者としての貴重な財産になっている。

それは、検察が正義であり、社会的に、政治的に大きな影響力を持っているからこそ、財産であり続けるのであり、検察の威信が地に墜ちてしまうと財産価値がなくなってしまう。

こうして、メディアが検察をほとんど批判することなく、一方的に賞賛する報道のなかで、世の中の「検察の正義」に対する信頼はほとんど信仰に近いもになっていく。 」

 

 

明確になったこと

上記の記述は、両者の一体化、特に新聞社が検察に寄り添う状況をうまく説明しています。

 

  • 1.冤罪を生む体質

これまでに紹介した事件は、検察・警察・国税庁と新聞社が暴走し冤罪に繋がったと説明しました。

これについても、著者は両者の一体化に原因があるとしています。

連載37~39話:新聞は誰の味方か 1~3、に詳しい。

 

これほどまでに記者クラブは問題を孕んでおり、海外や「国境無き記者団」、国内からも批判されていながら、大手新聞社は既得権益にしがみついています。

 

3証拠改竄の被告検事

< 3. 郵便不正事件での証拠改竄の被告検事たち >

 

  • 2. 日本の新聞社は権力を監視することが困難 

「原発事故で官僚が情報隠蔽」や「郵便不正事件」などの報道から、あることが見えてきました。

記者クラブに属する新聞社が権力を批判することは困難でした。

しかし記者クラブに属さない雑誌やフリーランスにはそれが期待出来ます。

残念ながら、まだまだその力は弱い、記者クラブの壁が立ちはだかっているからです。

 

多くは追従していると言えるが、時に権力に逆らい、その悪行を暴露する新聞社もまだ健在している。

これは長年、国民が新聞社に権力の監視を期待しているからで、これが無くなると危険な状態になる。

このことが、官僚化の弊害に染まっている朝日を幾分なりとも救っているのでしょう。

連載37話:新聞は誰の味方か1、に詳しい。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , , , | Leave a comment

社会と情報 40: 新聞と検察、相克と癒着 1


1特捜部の強制捜査

< 1. 特捜部の強制捜査 >

 

前回まで、検察と大手新聞が一体となって如何に傍若無人に振る舞ってきたかを見ました。

この両者の一体化は記者クラブを介して起こっています。

今回から、このメカニズムの説明を元検事の著作から見ます。

 

 2郷原

< 2. 著者郷原信廊 >

 

著書: 「検察が危ない」

著者: 郷原信廊。地検検事を歴任後、弁護士、大学教授。

出版社:KKベストセラーズ、ベスト新書。2010年刊。

補足: アマゾンのカスタムレビューの評価(21件)は4.5。

 

 

「一心同体の司法クラブ」(P152~154)から抜粋引用します 

「 ・・・

司法クラブ記者が検察と一体化していく原因の一つに、特捜部と「司法クラブ」(記者クラブ)との「軍隊的体質」という面での共通性がある。

特捜部の共同捜査では、主任検事と担当副部長が事件全体の情報を独占し、末端の取り調べ担当検事は、事件の全体像を知らされないまま、主任検事の意向通りの自白を取ることを求められる。・・

それと同様に、司法クラブの記者も、事件の全体像や意味もわからず、ただただ連日深夜まで、取材先の特捜部の幹部などへ「夜回り」をするということに「耐える」生活を強いられる。

また取材窓口が特捜部の部長、副部長に一本化され、ヒラ検事からの取材が禁止されて厳しい情報統制が行われているため、司法クラブの記者は取材先である部長、副部長の機嫌を損ねないように最大限に配慮しながら記事を書かざるを得ない。捜査に批判的な記事でも書こうものなら、特捜部の幹部が相手にしてくれなくなるという恐怖が待ち受けている。

各社の記者は、特捜幹部からは得られない捜査情報をヒラ検事から得ようとして、他社に感づかれないように深夜物陰に潜んではヒラ検事の帰宅を待ち伏せすることもしばしばである。こういうことをつづけているうちに、・・記者は、事件が展開し、強制捜査着手にこぎ着ける日を心待ちにしながら、・・・生活が当たり前になっていく。

このように、もともと組織の体質が共通しているのに加えて、特捜幹部による報道の締め付けが行われることで、大部分の記者は、盲目的に特捜部の捜査の動きを追いかけることになる。こういう記者の仕事の中からは、捜査に対して批判的な観点など、出てくるわけがない。

強制捜査着手という段階になったとき、検察の捜査は社会的な注目を集めることとなる。・・それは司法クラブの記者にとって最も輝かしい日々である。

こうして、特捜部と司法クラブの記者との利害は完全に合致することとなる。・・司法記者の多くは、日々特捜部の動きを追いかけ、捜査の展開を予測することのみに心を奪われ、事件の社会的背景の分析、摘発された側の実情などを独自に掘り下げて取材することはほとんど無い。

このため、特捜部が強制捜査に着手したとなると、ほとんど「従軍記者」の記事のような提灯記事が社会面を飾ることになる。 」

3夜討ち朝駆け

< 3. 夜討ち朝駆け >

 

明確になったこと

上記の記述は、これまで取り上げてきた問題がなぜ起きたかをうまく説明しています。

 

  • 1. 徒弟制度のような陳腐化した体制

元朝日の著者烏賀陽氏は、朝日の「夜討ち朝駆け」に見られる体質を陳腐極まりないと指摘しました。

結局、その体質は、検察と新聞社の軍隊的体質であり、すべてに言えるわけです。

この体質が良くないのは当然ですが、新聞社によれば、このような厳しい社内批判を徹底的に封殺するところがあります。

後日、扱います。

連載36話:著書「『朝日』ともあろうものが」、に詳しい。

 

  • 2. 記者は事件の被告や背景を取材しない

「山口組絡みの資金洗浄事件」の報道で、新聞社が被告道傳側をまったく取材していないことがありました。

この理由も検察と記者クラブの一体化から説明しています。

また烏賀陽氏は、周りの記者には自ら問題を探し、掘り下げる意識がまったくないとも指摘していましたが、これも同様な理由です。

連載38話:新聞は誰の味方か、に詳しい。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , , | Leave a comment

Taking a picture of nature 3: bird 3


自然を撮る 3: 鳥 3

 

1DSC_3786

< 1. How regal these birds of prey are! >

< 1. 猛禽類には威厳があるな・・ >

 

Following previous time, I introduce some pictures of birds offered by an acquaintance.

前回に続いて、提供された鳥の写真を紹介します。

 

2DSC_7818

< 2. What will I be able to think on dead branch? After all, I am a little hunger. >

< 2. 枯れ枝に我一人、何を思うや、・・・腹が減った。 >

 

 

3DSC_4588

< 3. Springtime seems to come. Hmm, I mistook with “ springtime has gone,

and summertime seems to come” of “Man-yo-shu”. >

 

< 3. 春来るらし・・、あれ「春過ぎて夏来るらし白妙の・・」(万葉集)と間違ったか >

 

4DSC_1419

< 4. Today is fine day with water being warm. >

< 4. 今日は水温む良い日よりだな >

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , | 2 Comments

People who passed through the hardest wall 5: Mandela 3


穿つ者 5: マンデラ 3

     1

< 1. winning the Nobel Peace prize >

< 1. ノーベル平和賞の受賞 >

I think about the splendorous reformation of Mandela today.

It is that to have avoided an outbreak of civil war and to have ended firm racial discrimination.

今日は、マンデラ氏の改革の素晴らしさを考えます。

それは内戦勃発を避けて強固な差別支配を終わらせたことにあります。

 2

< 2. the conflict of Ukrainian >

< 2. ウクライナ紛争 >

Preface

In the world, armed conflicts break out more than 30 always, and 1/3 of the world population lives in conflict-affected region.

The total number of refugees surpassed 40 million people, and in Rwanda, approximately 900,000 people were killed by the civil war in three months.

Here, we see difficulty to stop an armed conflict.

はじめに

世界で、いつも30件以上の武力紛争が起き、世界人口の1/3が紛争地域に住んでいます。

難民の総数は4000万人を越え、ルワンダ内戦では3ヶ月で約90万人が殺害されました。

ここで武力紛争を止める困難さを見てみましょう。

3紛争地図

< 3. areas of conflict in the world >

< 3. 世界の紛争地 >

Why does armed conflict occur?

Before an armed conflict starts, the rich-poor gap or religious and ethnic conflicts have occurred in the country, and the quarrel of territory or concession, and the historical grudge have occurred between the countries.

And the opposing group runs up the next step, and the armed conflict breaks out.

 

Step 1:   “The human being murders for the purpose.”

Step 2:   “A group or a nation does armed struggle of one mind.” (Weapon makes the war expansion easy.)

Step 3: “The world can’t prevent the armed struggle before happens.” (The peace after starting is more difficult.)

 

For example, when a group can’t share an opposing feeling of contempt and hate and fear, even if the dictator tries to begin war, it’s impossible.

An armed conflict has necessarily the history of the inveterate opposition and tragedy, by all means, and in such situation, this task to achieve peace is difficult extremely.

But still there were facts that evaded and ended the conflicts in South Africa, Estonia and Northern Ireland during these 20 years.

Furthermore, it was never possible to achieve by exterminating the opposed partner.

武力紛争はなぜ起こるのか

武力紛争が始まる前に、国内では貧富の格差、民族や宗教の対立など、国家間では領土や利権争いと歴史的遺恨などによる対立が生じている。

そして対立集団が次のステップを駆け上がり、武力紛争が勃発する。

ステップ1:「人間は目的の為には殺人を行う」

ステップ2:「集団や国家は一致して武力闘争を行う」(武器は戦火拡大を容易にする)

ステップ3:「世界は武力紛争を未然に防止出来ない」(開始後の和平は更に困難)

例えば、一人独裁者が戦争を始めようとしても、集団が対立感情(蔑視、憎悪、恐怖)を共有出来なければ無理です。

武力紛争には必ず根深い対立と悲劇の歴史があり、このような状況で和平を達成することは至難の業です。

しかしそれでもここ20年の間に、南アフリカやエストニア、北アイルランドにおいて紛争を回避し終息させた事実はある。

しかも、それは対立する相手を殲滅して成し得たのではない。

4

< 4. South African boys and jacaranda >

< 4. 南アフリカの少年達とジャカランダ >

The main point of the Mandela great achievement

  1. He made his supporters that continued to be murdered stop the armed uprising.

He appealed “do not respond to a provocation” “endure it” to the victims (black) of the armed attack.

If the civil war began, He deeply recognized to be dragged into the mud.

This seems to have been accomplished with his popularity and the dignity of the leader.

It is written in “Mandela 1″ in the detail.

  1. He made the killing enemy carry out disarmament and joining the government.

The most important point is that he tried to allay the enemy side’s sense of guilt and fear.

He thought that the understanding of the opposite partner was the most important to peace building.

This prevented the further increase of the enemy and produced calming.

It wasn’t effective about a part, but the white representative of overwhelming majority accepted.

It is written in “Mandela 2″ in the detail.

 

マンデラ氏偉業の要点

  • 1. 彼は、殺されている味方に武装蜂起を思い留まらせた。

彼は、既に始まっている武力攻撃の被害者(黒人)に、ただただ「挑発に乗るな」「我慢しろ」と訴えた。

彼は、内戦を始めてしまえば泥沼に陥ることを深く認識していた。

これは彼の人望と指導者の品格によって成し得たのでしょう。

「マンデラ1」に詳しい。

  • 2. 彼は、殺している敵に武装解除と政権参加を実行させた。

大事なことは、彼は敵側(白人)の罪悪感と恐怖心を和らげることに腐心したことです。

彼は相手の理解こそが、平和構築に最も重要だと考えた。

これが敵の更なる増大を防ぎ、沈静化を生んだのです。

一部については有効ではなかったが、圧倒的多数の白人代表は受け入れたのです。

「マンデラ2」に詳しい。

  1. He made the white government decide his release.

The white government representative is urged by international pressure and had conferences with Mandela before his release on many occasions.

At that time, white representative felt that it is reliable even if they turn everything over to Mandela in the same manner as above-mentioned.

 

  • 3. 彼は、白人政府に彼の釈放を踏み切らせた。

白人政府代表は国際的な圧力に促されて、釈放前にマンデラ氏と面談を重ねています。

この時、前述したと同様に、白人代表はマンデラ氏に政権を任せても安心だと感じたのです。

5

< 5. movie “Invictus” >

< 5. 映画「インビクタス/負けざる者たち」 >

  1. He supported the South Africa rugby union team of World Cup.

This was the last consummation.

Black people hated the rugby as white people’s thing.

Mandela wished all nation support it together, and then he stepped into the stadium at the risk of assassination.

And South Africa team won, and a sense of unity of the nation were born.

It is described in movie “Invictus” in the detail.

  • 4. 彼は、南アのラクビー・チームのワールドカップを応援した。

これは最後の仕上げでした。

黒人は、ラクビーを白人のものとして嫌悪していました。

マンデラ氏は国民が一緒になって応援することを望み、自らも暗殺の危険を覚悟でスタジアムに乗り込みました。

そして南ア・チーム優勝と国民の一体感が生まれました。

映画「インビクタス/負けざる者たち」に詳しい。

At the end

Mandela peacefully succeeded in the splendorous social reformation in the nation where discrimination and violence had spread over.

In the world, many conflicts deepen confusion with no getting away from the conventional technique that is different from Mandela.

I’m thankful that Mr. Mandela who gave a splendid example to the world lived in the same age.

 

Unfortunately, Mr. Mandela died in 2013.

I pray for the repose of Mandela’s soul.

 

At this time, I end this article of Mandela.

 

 

最後に

マンデラ氏は、差別と暴力が蔓延する国家にあって、ここまで鮮やかに平和裡に社会改革を成功させた。

世界では、多くの紛争がマンデラ氏と異なる従来の手法から脱却出来ずに混迷を深めています。

私は、世界に模範を示してくれたマンデラ氏が同じ時代に生きたことに感謝します。

残念ながらマンデラ氏は2013年に永眠されました。

冥福をお祈り申し上げます。

 

今回で、マンデラ氏の記事を終わります。

 

主要な参考資料

「二人のマンデラ」ジョン・カーリン著

「南アフリカ 『虹の国』への歩み」峯陽一著

「よくわかる世界の紛争」毎日新聞画外信部編

「現代世界の紛争解決学」オリバー・ラムズボサム他著

借用した主要な画像

各国の「ウィキペディア」

ブログ「ネルソン・マンデラ、哀悼と回顧」

HP「Gallery Ezakwantu」

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, politics, Series: People who passed through | Tags: | Leave a comment

People who passed through the hardest wall 4: Mandela 2


 

穿つ者 4: マンデラ 2

     1985年デモ 、The Election in 1994

< 1.The Election in 1994 >

< 1. 1994年の選挙 >

Last time, Mandela appealed to his comradely black people to have to control themselves.

On the other hand, Mandela confronted the strongest enemy.

前回、マンデラは味方の黒人に向かって耐えることを訴えた。

その一方で、マンデラは最強の敵と対峙していた。

 

 2 1985年デモ、a demonstration which wished Mandela release in 1985

< 2. a demonstration which wished Mandela release in 1985 >

< 2.1985年、マンデラ釈放を願うデモ >

 

The last enemy appeared.

In May 1993, an armed group that consisted of the extreme right wing of white emerged from under the ground.

This organization was 100,000 heavy-armed soldiers, and consisted of many groups including a sect that had believed in Hitler.

They had much in common, regarding Mandela as a terrorist of communist and despising black people.

If their leader ordered it, they were the professional group that doesn’t mind terrorist violence and assassination.

 

The general received into their leader was being former commander in chief of land, sea and air forces, and was also commanding for repressing in the nation formerly.

He appealed the militiamen who had chosen him.

“Because there is not any person who protects us, you must protect yourself, and our farm and school is target of attacks all. If the self-defense ability is robbed, we are destroyed. We are sacrificed with pleasure because our justice is right. “

They promised to fight for the construction of “Israel of Afrikaner” as a pure nation of white people.

(Afrikaner is white people that mainly consisted of the descendants of the Netherlands emigrant)

 

 

最後の敵が出現した

1993年5月、白人の極右勢力からなる武力組織が地下から現れた。

この組織は重装備をした10万の軍人からなり、ヒトラーを信奉する分派やクー・クラックス・クランの支部など、数多くの集団からなっていた。

彼らはマンデラを共産主義者でテロリストとみなし、黒人を蔑視することで共通していた。

彼らは、指導者の命令ならばテロ攻撃や暗殺も厭わないプロ集団だった。

彼らの指導者に迎えられた将軍は、陸海空軍の元最高司令官であり、かつて国内の武力制圧も指揮していた。

彼は選んでくれた民兵達に叫んだ。

「・・他に誰も守ってくれる人はいないのだから、自分を守らなければならない。・・農場も学校もすべて狙われている。・・自衛能力を奪われれば、我々は破壊されてしまう。・・我々の大義は正しいのだから、喜んで犠牲となろう!」

彼らは、純血白人国家「アフリカーナーのイスラエル」の建設を目指し戦うと誓った。

(アフリカーナーとは、主にオランダ移民の子孫からなる白人)

 

1994年投票、 a procession for the election in 1994 

< 3. a procession for the election in 1994 >

< 3.1994年、選挙の行列 >

Move of Mandela

As this information was collected more, Mandela found the destructive power of the enemy bigger.

The general of the enemy was saying, “The day of the armed uprising is near ” “the political situation of South Africa will become out of control”.

Even if national military security was dispatched and arrested this general, he thought that the military authorities that loved the general as hero would rise in revolt.

In this September, Mandela managed to reach the secret talks with the general.

 

Approximately, Mandela talked to the general as follows

“ You are able to choose a way of our war, and I understand well your supporters’ fear and anxiety.

For South Africa, the war will have little to gain and much to lose, and there is never a winner.

Your army is skillful in military affair, but my army excels in the number, and completely is supported by international society.

After all, will it become “peace in a graveyard”? “

They repeated the talks, and six months later, the general ordered the cancellation of the armed attack.

They announced that they would participate in the general election of all race participation in March 1994.

The strongest enemy vanished like mist, and the way to democratization became in this way.

 

マンデラの一手

マンデラは情報収集をすればするほど、敵の破壊力の大きいことを知った。

敵の将軍は「武装蜂起の日は近い」「南アフリカの政情は収拾がつかなくなるだろう」と言いつのっていた。

マンデラは、例え国家治安部隊を派遣し,この将軍を逮捕しても、彼を英雄と慕う軍部が反旗を翻す可能性が高いと考えた。

その9月、マンデラはその将軍との秘密会談にこぎつけた。

マンデラは将軍に概ね以下のように語った。

「戦いの道を選ぶことは可能だし、あなたの支持者たちの恐れや不安は良く理解している。この戦争は誰も勝利することのないもので、南アフリカにとっては得るものは何もなく失うばかりだ。あなたの軍は軍事に熟練しているが、私の方は数で勝っていて国際社会からは文句なしに支援が得られる。結局は『墓場の平和』になるのが落ちではないか」

会談を重ねて6ヶ月後、その将軍は武力攻撃の中止を命令した。

1994年3月、さらに全人種参加の総選挙に参加することを表明した。

こうして最大の敵は、雲散霧消し民主化への道が成った。

 

 監獄、the prison that Mandela entered for 27 years 

< 4. the prison that Mandela entered for 27 years >

< 4. マンデラが27年間入っていた監獄 >

 

Why could Mandela persuade the general?

The general talked later.

“When negotiating with enemy, the most important one is whether the person in the other side of a table has excellent dignity, and has gotten supporter’s trust. Mandela had both of them.”

Mandela charmed many white people on enemy sides.

 

But this isn’t enough.

Mandela learned the Afrikaans that Afrikaner spoke, with a correspondence course in the prison, and learned their history and famous poetry by myself.

At the talks with the general, he talked in Afrikaans but language of black people.

” Afrikaner did terrible things to black people, but still I have big respect for the humanity of them”.

The general talked later.

“When I was talking with Mandela, Afrikaners’ sense of the guilt and the scare were fading certainly.”

 

マンデラはなぜ将軍を説得出来たのだろうか

その将軍は後に語っている。

「敵と交渉するとき、最も重要なのは、テーブルの向こう側にいる人間の品格と、その人物が支持者の信頼を得ているかどうかだ。マンデラは両方を備えていた」

マンデラは多くの敵側の白人を魅了した。

しかしこれだけではない。

マンデラは獄中、アフリカーナーが話すアフリカーンス語を通信教育で学び、彼らの歴史や有名な詩などを独学していた。

将軍との会談で、彼は黒人の言葉ではなくアフリカーンス語で話した。

「アフリカーナーは黒人に酷いことをしたが、それでも、私はその人間らしさに大きな敬意を持っている」と彼は言った。

後に将軍は語っている。

「マンデラと話していると、アフリカーナー達の罪悪感や恐怖感は間違いなく薄らいでいった」

 

And the last final stage came over

In early 1994, maximum political party headed by Mandela proposed to replace to a freeing song of black people from a song of white people for a national anthem.

Mandela intensely opposed it, and decided to sing two national anthems together.

When the general heard this, he decided the dissolution of his military forces.

On the next time, I analyze the first-ever achievement of Mandela.

 

そして最後の詰めがやって来た

1994年初め、マンデラ率いる最大政党は、国歌を白人のものから黒人解放の歌に変えるべきだとした。

これをマンデラは猛烈に反対し、その二つの国歌を共に斉唱することにした。

これを聞いて、将軍は軍隊解散を決意した。

次回は、マンデラ氏の前人未到の功績を分析します。

 

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, politics, Series: People who passed through | Tags: , , , | 6 Comments

People who passed through the hardest wall3: Mandela 1


   1ネルソン・マンデラ

< 1. Nelson Mandela who was first President under the democracy constitution >

< 1. ネルソン・マンデラ、民主憲法下での初代大統領 >

 

In 1990, the President of white’s government resigned, and Mandela was released from prison life of 27 years.

However, this was a beginning of intense interference to apartheid abolition.

 

1990年、白人政府を代表する大統領が辞任し、マンデラは27年間の監獄生活から釈放された。

しかし、これはアパルトヘイト撤廃への激しい妨害の始まりであった。

 

 2  1990年出所

< 2. He was released in February, 1990 >

< 2. 1990年2月、釈放 >

 

Beginning of interference

The murders that extend from several to dozens of people began in the township of black people every day from the year of his release.

A political party of black people caused social confusion for making Mandela forfeit and was going to restore the political system.

This political party had gotten strong military support and big money from white’s right wing at the back, and changing of the political system was a heavy blow for them.

Furthermore, even if a series of murders occurred, the police purposely overlooked the political party, and tried to spread this rumor ” Our society came to deteriorate by frequent occurrence of tribe conflict” around the world.

 

 

妨害の始まり

釈放の年から黒人居住区で、毎日のように数人から数十人の殺人が始まった。

これは同じ黒人のインタカ自由党が社会混乱を引き起こし、マンデラを失墜させ、元の体制に戻そうとした企てだった。

この政党は、裏で白人右翼から強力な金銭と軍事支援を受けており、体制の変更は大きな痛手となった。

また相次ぐ殺人事件が起きても、警察はインタカ自由党を黙認し、「部族抗争の頻発により社会は悪化している」と宣伝した。

 

3 デクラーク 1992年

< 3. Meeting with former president and Mandela >

< 3. 前大統領デ・クラークとの会談 >

 

Mandela strenuously was groping the peace in inside of people kindled with hatred, without support of the police.

But at last, a serious incident happened in April 1993.

The number 2 of maximum political party of black people headed by Mandela was assassinated by assassins that was sent from white people’s right-wing.

Mandela appealed to the people for “ Fighting by violence under provocation is beneficial for assassins”, and the people endured it calmly.

However, in this July, 130 people were murdered at a time.

The dead person reached 15000 people already.

The people were close to accidental explosion.

 

 

マンデラは警察の支援もなく、憎悪に燃え上がる国民の中にあって、懸命に和平を模索していた。

しかし1993年4月、遂に大事件が起きた。

彼が党首を務める黒人の最大政党(アフリカ民族会議)のナンバー2が暗殺された、白人右翼が放った暗殺者によって。

マンデラは国民に「挑発に乗って暴力で戦うのは、暗殺者たちにとって都合のよいこと・・」と訴え、国民は冷静に耐えた。

しかし、その7月には、一度に130名が殺された。

この時、既に死者は15000人に達していた。

国民は暴発寸前だった。

 

4 1993年 演説

< 4. Mandela speech in 1993 >

< 4. 1993年、マンデラ演説 >

Mandela judged this was when he should have risked himself and should appeal to the inhabitants on the spot.

In this August, he stood in the middle of a soccer stadium and began to make a speech toward 10,000 supporters.

 

“The first major problem is that our government, our police and our defense army have no posture that they protect our black people. They entirely think like worms have died.”

“When people are burning with anger, it’s difficult to appeal to nonviolence. But the solution is only peace and pardon.”

Most of the audiences expressed dissatisfaction openly.

 

“It is our responsibility to finish this violence. If someone kills innocent people, the person is not our party member.”

The audiences doubted their ears, and they thought that we were not murderers.

Big dissatisfied voice broke out.

 

He made up his mind.

“Be quiet! Do you want me to remain as leader?”

He made a demand more.

 

“Yes!” the audiences responded with a loud voice.

Then Mandela said with a smile, “ Yes! Thank you” and he finished a speech.

 

 

マンデラは危険を冒してでも現地で住民に訴えるべき時が来たと判断した。

その8月、彼はサッカー競技場の真ん中に立ち、1万人の支持者に向かって語りかけた。

 

「第一の大きな問題は、政府、警察、防衛軍に、我々黒人を守る姿勢がないことだ! ・・虫けらが死んでしまったかのように考えている」

「・・人々が怒りに燃えているとき、非暴力に訴えるのは難しい・・。しかし解決策は平和だ。・・政治的寛容だ」

聴衆の多くは不満を露わにした。

 

 

「暴力に終止符に打つのは、・・我々の責任である。・・罪のない人々を殺すなら、我々の党員ではない!」

聴衆は耳を疑った、殺人者は我々ではないのに。

大きな不満の声が上がった。

 

彼は意を決した。

「静かに!・・私に指導者として留まって欲しいか?」

彼は更に迫った。

 

聴衆は「イエース!」と大声で応えた。

するとマンデラは笑みを浮かべ「イエーーース!」、「ありがとう」と言い演説を終えた。

 

Afterwards

The violence ceased by degrees.

The right-wing of white and the police gradually came to admit that the life of black people is valuable.

At last, in November 1993, all 19 leaders that were representative of South Africa promised to perform the general election of all races in the next year.

 

But a strong anti-reform force was still waiting for the next overturn chance.

Mandela will face off against them on the front, but I introduce it the next time.

 

 

その後

暴力は収拾していった。

徐々に白人右翼や警察も、黒人の命を価値あると認めるようになっていった。

ついに1993年11月、南アフリカを代表する19名の全指導者によって全人種参加の総選挙を翌年に行うとした。

 

 

しかし、まだ手強い抵抗勢力は次の転覆チャンスを窺っていた。

マンデラはこれと正面から対峙することになるが、このことは次回に譲ります。

 

この文はジョン・カーリン著「二人のマンデラ」、潮出版社、2014年刊から多く引用しています。

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, politics, Series: People who passed through | Tags: , , , , | 2 Comments

People who passed through the hardest wall 2: Mandela and apartheid


穿つ者 2: マンデラとアパルトヘイト

Mandela who made a speech in 1993

< 1.  Mandela who made a speech in 1993 >

< 1. 1993年、演説するマンデラ >

 

From now on, I introduce a miracle that happened in South Africa in installments.

This is a tale of one leader who accomplished democratic system peacefully by following through on nonviolence in a state of overwhelming racial discrimination.

This time, I explain apartheid and talk about Mandela from the next time.

 

これから、数回にわたり南アフリカで起きた奇跡を紹介します。

これは圧倒的な差別支配の中で、非暴力を貫き、平和的に民主制を勝ち取った一人の指導者の話です。

今回は、アパルトヘイトを説明し、次回からマンデラ氏について語ります。

 

 シャープビル事件  ,Sharpeville massacre in 1960 

< 2.  Sharpeville massacre in 1960 >

< 2. 1960年、シャープビル虐殺事件 >

 

Apartheid

This means the whole system and the policy of extreme racial separation and discrimination in South Africa.

Whites less than 10% curtailed the human rights of the remaining black people, colored races (mixed blood) and Asian (emigrant), and then performed the confiscation of economy and the isolation.

Black people consisting of many tribes were pursued their land by whites that settled in several hundred years ago, were imposed on every tax such as capitation, and were employed as slave of the farm or the family.

They were restricted from freedom such as marriage, residence and movement, and were not given any reward.

They perfunctorily were given a part of the autonomy of existing village or right to vote, but they couldn’t use the right after all.

When they took action of a complaint for whites, they were suppressed violently with law of white’s government, and became imprisonment.

This was during last half a century, before that, their houses were burnt and they were killed by white’s armed group and armed forces.

 

 

アパルトヘイト

これは南アフリカ共和国の極端な人種隔離・人種差別の政策と制度全体をさす。

1割に満たない白人が残りの黒人、カラード(混血)、アジア人(移民)の人権を奪い、経済的収奪と隔離を行った。

多くの部族からなる先住民の黒人は、数百年前から入植して来た白人に土地を追われ、人頭税などあらゆる税をかけられ、家内や農場の奴隷として使役された。

結婚や居住、移動などの自由が制限された彼らに見返りはなかった。

彼らは、形式的には旧来の村落の自治権や、選挙権を一部与えられこともあったが、結局はその権利が使えないようになっていた。

彼らが白人に不平を訴える行動を起こせば、白人政府の法に従って暴力的に鎮圧され収監された。

これはここ半世紀のことで、それ以前は、白人の武装集団や軍隊によって住居は焼かれ、殺された。

 

Mandela was a human rights activist and a lawyer in 1959

< 3. Mandela was a human rights activist and a lawyer in 1959 >

< 3. 1959年、弁護士、人権活動家のマンデラ >

 

デモ Student demonstration appealed for democratization in 1976

< 4. Student demonstration appealed for democratization in 1976 >

< 4. 1976年、民主化を訴える学生デモ >

 

Origin of apartheid

In ancient times, this place was a land where indigenous people carried on hunting-gathering or cattle breeding.

From the middle of the 17th century, Dutchman gradually began to settle in here, and to plunder.

These whites were called Afrikaner.

At the end of the 18th century, in turn, the United Kingdom in place of the Netherlands being weak began to rule this place.

The U.K. abolished the slavery in the early days, but changed big before long.

At the middle of the 19th century, the excavation of diamond and gold began here, and the U.K. took control of it.

The Afrikaner started the recapture of the economic special privilege, further colony acquisition, and began to war with the U.K. at last, and defeated.

A handful of Britons backed with the power of own country took control of the politics, the economy, and the industry, and a number of Afrikaners bore the farm management and the factory labor.

Before long, the both cooperated with plundering black people.

Current South Africa was born in 1910, and broke away from the British federation.

In 1948, this discrimination system was established as apartheid.

 

 

アパルトヘイトの起源

古くは、この地は先住民が狩猟採集、牧畜を営む土地だった。

17世紀半ば、オランダ人が入植を初め、徐々に収奪が始まった。

この白人をアフリカーナーと呼ぶ。

18世紀末、今度は英国が弱体化したオランダに替わって統治を始めた。

英国は、初めこそ奴隷制度の廃止を行ったが、やがて豹変していく。

19世紀半ば、この地でダイヤモンドと金の発掘が始まり、英国が牛耳った。

アフリカーナーは経済特権の奪還と、さらなる植民地獲得に乗り出し、遂に英国と戦争を始め、敗北を喫した。

少数の英国人は本国の力を背景に政治と経済・産業を握り、多数のアフリカーナーは農場経営や工場労働を担った。

やがて両者は黒人達を収奪することで折り合うことになる。

1910年、現在の南アが誕生し、英国連邦からも離脱し、1948年、差別制度はアパルトヘイトとして確立した。

収監時代のマンデラ , Mandela in jail 

< 5. Mandela in jail >

< 5. 収監中のマンデラ >

 

Beginning of apartheid end

Black people rose up together to ask for democratization, and in 1962, its leader Mandela was imprisoned.

From this time, the world and the United Nations criticized apartheid and the confinement of Mandela, and began to perform every blockade (economy, diplomacy, and arms).

Black people came to repeat the demonstration.

 

In addition, South Africa was warring with the neighboring countries, had fallen into a difficult situation in the inside and outside.

South Africa decided to release Mandela, and abolish the related bills of apartheid at last in 1990.

 

From the next time, I chase the achievement of Mandela.

 

 

アパルトヘイト終焉の始まり

黒人が民主化を求めて立ち上がり、1962年、その指導者マンデラは収監された。

この頃から世界と国連がアパルトヘイトとマンデラ収監を批難し、あらゆる封鎖(経済、外交、武器)を行い始めた。

黒人達はデモを繰り返すようになった。

また南アは近隣諸国とも戦争をしており、内外で苦境に陥り、遂に1990年、マンデラ釈放、アパルトヘイト関連法案の廃止に踏み切った。

 

 

次回から、マンデラ氏の事績を追います。

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, mind, politics, Series: People who passed through | Tags: , , , , | Leave a comment

People who passed through the hardest wall 1: at the beginning of this serialization


穿つ者 1 : 連載のはじめに

    1

*1

 

Newly, I begin this serialization that spotlighted some persons.

I choose the persons who gave a large impact in society.

 新しく,人物にスポットを当てた連載を始めます。

社会にインパクトを与えた人物を選びます。

 

 2

  • * 2

 

I sometimes wonder at something about human being.

 

It is that there are person to reform and person to not reform.

 

私は時々、人に関して不思議に思うことがあります

 

それは改革する人としない人です。

 

There are person that accelerates reform of his circumference, and person that wants the maintenance of the status quo.

If the reform of a company stops, the competitiveness decreases and it leads to bankruptcy before long.

I think that the reform is necessary to make organization and society better.

However, in my experience of some companies, person to reform voluntarily was rare.

The fact is most of people unwillingly reform it on orders from their supervisors.

Certainly, the reform is a burden of him, and surely causes the friction with others.

It is not surprising that people would like to avoid the reform.

 

自ら周辺にも改革を進める人もいれば、現状維持を守り、変化を望まない人もいます。

企業では、改革が止まれば競争力は低下し、やがて倒産に至ります。

私は改革が組織や社会をより良くするには必要だと思います。

しかし企業に勤めていた経験では、やはり自主的に改革を行う人は希です。

多くは上司の命令で嫌々行っているのが実情です。

確かに、改革は本人に負担であり、他者と軋轢も生じます。

避けて通りたいと思うのは人情です。

 

3

  • * 3

 

Even if it was so

In company, unless the government will foot the bill, if we don’t reform it, it will result badly for us.

In big organization, even if person scamps the work, the influence may be little for him.

As all history shows, much societies and nations suffered from chronic disease, and they declined like Athens that Plato wept about.

Besides, in the more large society (community, country, the world), it is more difficult for we to feel responsibility of the decline.

Furthermore, in the present age when globalization advances irresistibly, we are becoming like a piece of dead leaf floating in the ocean that more and more greatly undulates.

 

 

そうは言っても

企業では、親方日の丸でも無い限り、改革しなければその付けはいずれ我が身に降りかかります。

そうは言っても大きな組織では、一人が手を抜いても影響はわずかです。

 

歴史が示すように、多くの社会と国家は慢性病を患い、プラトンも嘆いたアテネと同様に衰退しました。

まして大きな社会(地域社会、国、世界)ともなれば、多くの人は衰退に対して責任を感じることは困難と思われます。

さらに、否応なしにグローバル化が進む現代では、私達は益々大きくうねる大海に浮かぶ一片の枯れ葉のようなものになりつつあります。

 

4

  • * 4

 

On the other hand

In this situation, but if seeing around the world, one person reformed the society and it had a chance to advance in the right direction.

There are people who confronted alone a declining and contesting society.

Some people had sounded an alarm bell in the society and had fought alone, but ended in smoke.

But his action would give hope and courage to subsequent people.

 

I introduce people that were in an abyss of despair, got over many opponents, and planted new seed of hope.

I will introduce the accomplishment of the person and a point of the reform.

 

From the next time, I introduce Mr. Mandela who played an active part in South Africa.

 

一方で

そうした中にあっても世界や歴史を見ると、個人が社会を改革し、良い方向に大きく進むことがあります。

社会や国家が腐敗し、いがみ合い、衰退していく中で、それに一人で立ち向かった人々がいます。

社会に警鐘を鳴らし、孤軍奮闘したが徒労に終わった人もいますが、その行動が後に続く人に希望と勇気を与えることになりました。

 

私は、絶望の淵に立ち、多くの反対を乗り越え、新しい希望の種を撒いた人々を紹介したいと思います。

その人の事跡と改革のポイントを紹介したいと思います。

 

次回から、南アフリカで活躍したマンデラ氏を取り上げます。

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: People who passed through | Tags: , , , | Leave a comment

Go around the world of Buddha statues 22: What is the beginning of God statue (Buddha statue)?


仏像を巡って 22: 神像(仏像)の始まりとは何か?

 

   神官 Flamen and king statues in Indus civilization

< 1.   Flamen and king statues in Indus civilization >

< 1. インダス文明の神官王像 >

 

Last time, I introduced the birth of Hindu statue in India.

So, some persons would have a doubt.

“Are older human statues not the god statues? ”

Before examining this mystery, we sort out this problem at first.

 

前回、インドの神像誕生を見ました。

そこで、おそらく疑問を持たれた方がおられたでしょう。

「古くからある人物像は神像ではないのか?」

この不思議を探る前に、先ず問題点を整理しておきます。

 

 2 初期人物像,  the earliest human statues of prehistoric times 

< 2. the earliest human statues of prehistoric times >

< 2. 先史時代の人物像 >

 

What did the earliest human statues mean?

These human statues were made in the entire world from the prehistoric times.

I will briefly show the reasons these human statues are not regarded as god statues.

 

For example, in India, the earliest human statues (fig. 1) were found from remains of Indus civilization (about 2500 years ago), and simple mud dolls were found in each place after that time.    

In islands of the Aegean Sea, the earliest human statues (fig. A) were excavated at approximately 2,500 years ago

In Japan, ” Statue of Venus of Jomon Period” (fig. B) was made at approximately 5,000 years ago.

In Europe, Statue of Venus (fig. C) was made at the glacial epoch of approximately 30,000 years ago.

May we regard the earliest human statues as god statues?

Probably, these would have been used for purpose of prayer, black art, and the burial.

 

 

最初期の人物像は何を意味したのか?

人物像は先史時代から世界各地で作られていました。

これらを神像と見なさない理由を簡単に見ておきます。

 

例えば、インドではインダス文明の遺跡(約2500年前)から人物像(図1)、その後も各地で素朴な泥人形は発掘されています。

エーゲ海の島々で、約2500年まえから人物像(図A)が出土しています。

日本では、約5千年前に「縄文のビーナス像」(図B)が作られていました。

ヨーロッパでは約3万年前の氷河期にビーナス像(図C)が作られていました。

この初期段階の人物像は神像と言えるでしょうか?

これらはおそらく祈祷、呪術、副葬が目的だったのでしょう。

 

王と神 ,god statues after city civilization

< 3. god statues after city civilization >

< 3. 都市文明以降の神像 >

 

The reason that we cannot positively say that the earliest human statues are god statues

As one reason, we cannot identify the relation between a human figure and the myth because of preliterate society.

As more important thing, most myth that humanized divinities stood on top related to the birth of city civilization.

In fact, the myth in preliterate society was the secret that most were handed down from person to person by a social specific hierarchy.

For example, in India, the doctrine including the myth continued to be handed down from a master to limited disciple by oral tradition.

Before long, in the process in which small nations were being unified all over the world, each myth were unified under the guardian deity of the most powerful nation and came to be systematized.

There is difference according to the region, but the myth was being published for promising the royal authority.

In Code of Hammurabi (fig. D) of the ancient Mesopotamian civilization, a personal god who was giving the king authority was expressed.

In most of the myth of preliterate society, animal and nature (mountain, river, tree, and plant) was God.

For example, it will be the vestige that most of gods (fig.E, Horus God) of Egyptian civilization were expressed by human statues having a head of animal.

 

And, in early times, there was resistance to express humanized divinities as shape of a person.

Judaism and Islam forbade idol worship, and, during the early days, Christianity did so, too.

Essentially, the founder of Confucianism and Buddhism wouldn’t wish themselves apotheosized and carved on statues.

Naturally, the pupil and the priest of the initial religious community would have refused idolization.

 

 

初期の人物像が神像と断定出来ない理由

一つは、文字が無く、人物像と神話の関係を特定出来ないこと。

さらに重要なことは、人格神が頂点に君臨する神話の多くは都市文明誕生と関連している。

実は、無文字社会の神話は、多くが社会の特定階層だけに伝承される秘密でした。

例えばインドでは、神話を含む教義は限られた師弟間で口頭伝承されていました。

やがて世界中、小国が統合されて行く過程で、各神話は強国の守護神の下に統合、体系化されていくことになります。

差はあるのですが、神話は王権の正当性を約するものとして、公にされていった。

メソポタミア文明のハムラビ法典(図D)では、王に権威を与える人格神が表現されている。

無文字社会の神話では、多くが動物や自然そのもの(山河草木)が神であった。

例えば、エジプト文明の神々(図E、ホルス神)は動物の頭を有する人物像が多いのはその名残でしょう。

 

また初期には人格神を人物で表現することに抵抗があった。

ユダヤ教とイスラム教は偶像禁止であり、キリスト教も初期はそうでした。

儒教も仏教も、本来、宗祖(孔子、釈迦)は自分が神格化され、像に彫られることを望まなかったでしょう。

当然、初期教団の弟子や神官・僧侶は偶像化を拒否したはずです。

 

 

What is important?

The beginnings of humanized divinities in each place seem to occur almost at the same time when the religion suddenly awakes.

Crossing the dividing line of this time, god statues being different from older human statues begin to be born.

Actually, the boundary will be an inarticulate one.

For example, Buddhist statue and Hindu statue of India were so.

The religion has been systematized, the religious scripture has been established and idolization has been permitted, subsequently, the birth of god statue seems to occur almost.

The idol expression of competing religion and different civilization seems to influence this beginnings.

 

From the next time, I examine the beginnings of China.

 

 

何がポイントなのか

各地の神像の始まりは、概ね宗教が急激に覚醒する時期に重なるようです。

この時期を境にして、古くからある人物像とは異なる神像が誕生し始めることになる。

実際には、その境目は不明瞭なものでしょう。

 

例えば、インドの仏像とヒンドゥー神像がそうでした。

神像の誕生は概ね、その宗教が体系化され、経典が成立し、偶像化が許容されてから起こるらしい。

その切っ掛けに、異なる文明や競合する宗教の偶像表現が影響するようです。

 

次回から、中国について見ていきます。

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Go around the world of Buddha statues | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

Taking a picture of nature 2 : bird 2


自然を撮る 2: 鳥 2

 

    bird

 

< 1. A bird gliding breezily over the sea >

< 1. 颯爽と海上を滑空 >

 

Following previous time, I introduce some pictures of birds offered by an acquaintance.

 前回に続いて、提供された鳥の写真を紹介します。

 

 bird

< 2.  A bird in starved tree >

< 2. 枯れ木に一羽 >

 

 bird

< 3. Is this water cold or warm? >

< 3. この水は冷たいのか、それとも温かいのかな? >

 

bird

< 4.  I can hardly wait until spring came >

< 4. 春が来るのが待ち遠しい >

 

 

Categories: <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | 3 Comments

Life of Mr. Goto who we were not able to save // 救えなかった後藤さんの命


Kenji Goto

< 1.   Journalist Kenji Goto, this photo was borrowed from his Twitter >

< 1. ジャーナリスト後藤健二、画像は彼のツイツターより借用 >

 

I feel sad, I feel sad, and I feel empty.

I could do nothing for helping him.

I am full of regret.

 

In him, I saw noblest virtue that human being has.

50-100 journalists have been killed in the world every year.

At the risk of his life, he had been taking a picture about the absurdity of the war and the people who lived in there.

And he tried to report the news to peaceful Japan.

 

As there is a reporter like him, we can feel the fighting fields close, we wish for peace strongly and can find a clue of the conflict resolution.

I desire that his holy life will be useful for our creation of peace.

 

I hope that cycle of revenge doesn’t reach a deeper level by this incident.

He says, “Hate is not attribute of human being.”

I wish that everyone didn’t make his death wasteful.

 

I pray sincerely for the repose of soul of Kenij Goto.

 

 

悲しい、悲しい、むなしい。

私は何も出来なかった、彼を助けるために。

悔しい思いで一杯です。

 

私は、彼に人類が持つ最高の崇高さを見た。

毎年、世界で報道記者50~100名が殺されています。

彼は、死を賭して戦争による不条理と、そこに生きる人々を撮り続け、平和な日本にそれを伝えようとした。

 

彼のような記者がいてこそ、私達は戦場を身近に感じ、平和をより強く望み、紛争解決の糸口を見出すことが出来るのです。

彼の尊い命が、私達の平和構築に役立って欲しいと望むばかりです。

 

今回の事件により、さらに復讐の連鎖が深みへと至らぬことを願います。

彼は言う「憎むは人の業にあらず」と。

どうか、皆さん彼の死を無駄にしないように願います。

 

後藤健二さんのご冥福をお祈りします

 

 

Categories: <english language, <japanese language, mind, opinion | Tags: , , , , | 15 Comments

History of sickness and medical art 30 : China 5


病と医術の歴史 30: 中国 5

 

1三国志

 < 1.   Soldiers of Sanguo Shidai of China >

< 1. 中国、三国時代の軍人 >

 

This time, I introduce medicament, cure, and Chinese alchemy.

 今回は、薬剤と養生、錬丹について見ます。

 

Medicament

“Shennong Ben Cao Jing” is fatherless, the oldest book about materia medica, and was compiled during Later Han and Sanguo Shidai( the 2nd –3rd century).

This book sums up the knowledge and the treatment of the medicament from Zhanguo ( the 4th century B.C.).

 

薬 剤

「神農本草経」は作者不詳で、後漢から三国時代(2~3世紀)に成立した最古の薬物学書です。

この書は戦国時代(紀元前4世紀)からの用薬の経験と薬物学の知識を系統的にまとめている。

 

2神農本草経

 

< 2. “Shennong Ben Cao Jing” >

< 2. 神農本草経 >

 

3麻黄

 

< 3. Ephedra >

< 3. 麻黄 >

 

In the book, there are 365 kinds of medicament, it is categorized as 252 plants, 67 animals, and 46 minerals, and majority of the efficacy is obvious.

For example, ephedra is antidiarrheal, seaweed is used to treatment of lump, glycyrrhiza is alexipharmic, and rheum is a laxative.  

The medicament is categorized into 3 groups.

It consist of 120 kinds of medicament having harmless but weak effect for recuperation, 120 kinds of medicament having harmless and effect for recuperation and treatment, and the rest is such as medicament for destroying tumors in the stomach but being harmful.

And it mentions the production area of medicament, the collection season, the processing process, the most suitable type (pill, powder, and it saturated in alcohol), the taking time, and the taking method.

 

Books about materia medica after the 3rd century were based on this “Shennong Ben Cao Jing”.

In plant medicament, it is well known as a certain kinds of hydrangea is suitable for malaria, ginseng is suitable for recovery of energy, and tetradium ruticarpum is suitable for ascariciding.

Some of the medicaments were from Egypt and India, and Southeast Asia.

 

 

薬物は365種あり、植物252、動物67、鉱物46に分類され、大多数は効能が確かである。

例えば麻黄は下痢止め、海藻は瘤の治療、甘草は解毒、大黄は通便など。

薬物を三種類に分け、無毒だが効果が弱く保養用120種、有益・無毒の保養と医療作用のある120種、残りが有毒で寒熱を除き、胃腸内の腫瘤を破るなどの医療作用があるとした。

また薬物の産地、採集時期、加工製法、適した剤型(丸、散、酒漬など)、服用時期、服用方法にも触れられている。

 

魏・晋代以降(紀元3世紀から)の薬物学の書は、この「神農本草経」を基礎にしている。

植物性薬剤では、ペストにダイフウノキ(高木の種)の油、マラリアにジョウサンアジサイ、精力回復に朝鮮人参、回虫にゴシュユ(低木)が良く知られている。

薬物にはエジプトやインド、東南アジア産のものも見られる。

 

Regimen

The regimen was important means of tonicity, the prevention of disease, and prevent aging.

Many thinkers and medical scientists preached the regimen, and there were two points of view: “Let’s cultivate life with motion” or “Let’s cultivate life with stillness”

” Hundred Schools of Thought” insisted that we have to be according to nature, and do the care of health about eating and drinking, and have the harmony of mind.

Tua Tuo created the exercises borrowing from five animal postures in Qigong。

“ Curing before becoming sickness” had been written in certain medical book.

 

養 生

養生は強壮・疾病予防・老化防止の大切な手段であった。

多くの思想家や医学者が養生法を説き、「静を以って生を養う」「動を以って生を養う」の二つの観点があった。

多くの「諸子百家」は自然に従い、飲食の摂生や精神の調和を主張した。

華陀は気功・導引から五つの動物姿態の模倣体操を編み出した。

「内経」は「未だ病まざるを治す」、すなわち疾病予防が養生上重要であるとした。

 

4練丹

 

 

< 4. Chinese alchemy? >

< 4. 錬丹術? >

 

5硫化水銀

 

 

< 5. Cinnabar > 

< 5.丹砂 >

 

Chinese alchemy and immortality

On the other hand, “Shennong Ben Cao Jing” included the knowledge of Taoism (thought of immortal), and showed the early state of Chinese alchemy.

In this book, it was written that mercury already had effect on the treatment of scabies and the insecticide of louse.

Chinese alchemy is to made the medicament for immortality by means of mixing and producing chemically change to metals such as mercury sulfide (cinnabar), gold or leaden.

A certain book of Taoism in the 4th century was the first important book about Chinese alchemy, and the chemical knowledge became abundance.

Chinese associated the elixir of immortality with remarkable changing of mercury from red ore of mercury sulfide (fig. 5) and the non-corrosive attribute of gold.

In ancient China, the people attached importance to living in this mortal world than afterworld.

Therefore, the First Qin Emperor had searched the medicament for immortality, in best days, kings of Tang (the 7-9th century) drank the medicament for immortality made by Chinese alchemy, and the many kings died by poisoning.

Before long, Taoism came to cultivate the immortality not by medicament of immortality but by Qi (spirit) of his body.

On the other hand, the abundant knowledge by Chinese alchemy developed the chemistry and the metallurgy, and then the world’s first gunpowder was made in China in the ninth century.

 

 

錬丹と不老不死

一方、「神農本草経」には道教(神仙思想)が根強く、錬丹術の初期の様子が見える。

この書には、すでに水銀が疥癬の治療、虱の殺虫剤に効能ありと書かれていた。

錬丹とは、硫化水銀(丹砂)、金、鉛などの金属を化学変化させ調合し不老不死の薬を作ることです。

4世紀の道教の書「抱朴子」は錬丹術の初期の重要な書で、化学的知識も豊富になっていた。

中国では、硫化水銀の赤い鉱石(図5)から水銀への著しい変化、また金の非腐食性に生命の真髄を仮託した。

古代中国では、人々は死後よりも現世に生きることに重きを置いていた。

それが秦の始皇帝の徐福派遣(仙人探し)に始まり、最盛期、唐の王(7~9世紀)は錬丹家が作る不老不死の薬を飲用し、多くは中毒死した。

やがて道教は不老不死を薬でなく、人体内部の気で養う方向に向かっていった。

一方、錬丹術による豊富な知見は、化学と冶金学を発展させ、9世紀には世界最初の火薬が中国で作られた。

 

 

Categories: book+ film+drama, <english language, <japanese language, science, Series: History of sickness and medical art | Tags: , , , , | 2 Comments


スペインとポルトガルを巡る旅 35: ショッピング

 

1 国境1

< 1. A roadside restaurant in Spain, it is same as No. 8 Fig. >

< 1. スペインのドライブイン、図8と同じ店 >

 

I introduce the shopping information that I haven’t introduced until now.

It is roadside restaurants and a supermarket mainly.

 

今までの観光案内で漏れたショッピング情報をお届けします。

主にドライブインとスーパーマーケットです。

 

First of all

Moving by bus, we came in roadside restaurants more than twice per 1 day, because of having rest for 20 minutes at two hour intervals.

There were some supermarkets that we could walk down, depending on our hotel.

All the shops introduced in here can do a card payment.

 

はじめに

バスで移動時、約2時間毎に20分間程休憩の為、1日に2回以上ドライブインや土産物屋に入ることがありました。

また宿泊ホテルによっては徒歩で行けるスーパーマーケットがありました。

紹介している店はすべてカード払いが出来ます。

 

2空港

< 2. New Doha international Airport >

< 2. 新ドーハ国際空港 >

 

There are many stores in here, the souvenir of Middle and Near East style are a little in some convenience stores.

There are many expensive stores and Western-style shops.

A large self-service shop of two photos in the upper part is convenient for the meal.

 

店舗は非常に多いですが、中近東らしい土産物はコンビニ内に少しある程度です。

高級店やの店が多い。

食事は上部2枚の写真に示されている大型のセルフサービスの店が便利です。

 

3サラゴサ手前

< 3. A roadside restaurant on the way of Barcelona and Zaragoza, Spain >

< 3. バルセロナとサラゴサの途中のドライブイン、スペイン >

 

This became convenient and easy by connecting a souvenir shop and a self-service meal shop.

All roadside restaurants are almost such as this.

We felt grateful to our tour conductor because she advised about our souvenir purchase very well.

 

土産物店とセルフサービスの軽食店が併設さてれおり手軽で便利。

ドライブインは概ね同じ形式です。

添乗員が土産購入のアドバイスをしてくれるのでありがたい。

 

 

4サラゴサ

< 4. A main street in front of Pilar church of Zaragoza, Spain >

< 4. サラゴサのピラール教会前の大通り、スペイン >

 

There were a lot of shops, but we had little shopping time.

 

非常に多くの店があったが、ショッピング時間が少なかった。

 

 

5コルドバ手前

< 5. A roadside restaurant on the way of La Mancha and Cordoba, Spain >

< 5. ラマンチャとコルドバの間のドライブイン、スペイン >

 

This roadside restaurant is very big, and a convenience store, a souvenir shop, and a special store of olive oil gather in here.

We were able to shop slightly slowly here.

I knew the daintiness of olive oil for the first time here.

 

非常に大きなドライブインで、セルフのレストラン、コンビニ、土産物店、オリーブオイル専門店が集合している。

ここでは少しゆっくり買い物が出来た。

ここでオリーブオイルの旨さを知りました。

 

6グラナダ

< 6. A supermarket “Alcampo” of Granada, Spain >

< 6. スーパーマーケットのAlcampo、グラナダ、スペイン >

 

This supermarket is a 10-minutes’ walk from our hotel (H2 Granada).

This shop is a chain store, is big, and has a number of goods.

Unfortunately the salesclerks cannot understand English, and there aren’t the notice of products and the explanation of packages by English.

This is common to a shopping center and the supermarket that we came in during our trip.

 

この店はホテル(H2 Granada)から徒歩10分の所にあります。

この店はチェーン店で、大型で品数が豊富です。

残念なことに、商品の掲示やパッケージの表記に英語がほとんどなく、店員は英語が解せない。

これは旅行中に訪れたショッピングセンターやスーパーに共通している。

 

There is not the photo.

A hypermarket Carrefour is a several minutes’ walk from Hotel (TRH Alcora) in Seville.

This hypermarket is one of chain stores of France, and is bigger than above-mentioned Alcampo.

It is a fault for we must go to this shop through a dangerous road.

 

In these two supermarkets, there are wines and olive oil being composed of many kinds from low price.

 

写真はありませんが、セビージャのホテル(TRH Alcora)から徒歩数分の所に大型スーパーCarrefourがあります。

この店は、フランスのチェーン店で前述のAlcampoよりまだ大きい。

この店に行くのに、危険な車道を行かなければならないのが欠点です。

 

この二つのスーパーマーケットにはワインやオリーブオイルの安価なものから多種類あります。

 

 

7ロンダ

< 7. Shopping in Ronda, Spain >

< 7. ロンダでのショッピング、スペイン >

 

We enjoyed a stroll through the streets and a shopping because we had free time of one hour after lunch here.

A wife bought a pretty bag in the shop of the lower photo, and we realized that it was made in China later.

 

ここでは昼食後、1時間の自由時間があったので、町歩きとショッピングを楽しめた。

妻が、下の写真の店でかわいいバッグを買って、後で見たら中国製でした。

 

 

8国境2

< 8. A roadside restaurant in Spain on the way of Porto and Salamanca >

< 8. ポルトからサラマンカの間、スペイン側のドライブイン >

 

In this trip, this roadside restaurant became the last.

 

今回の旅行で、ドライブインはこれが最後になりました。

 

9セゴビア

< 9. Supermarkets in front of our hotel in Segovia >

< 9. セゴビアのホテルの前にあるスーパー >

 

Several supermarkets formed a line directly across from our hotel (Puerta da Segovia).

These were small, but the selection of products like the local shop was good.

In addition, it was the last chance to buy the thing that we had not bought.

 

Souvenirs that we enjoy after returning home

In Spain: honey, olive oil, and dried fig coated with chocolate.

In Portugal:  Porto(wine), coaster of picture tile, canned food of octopus soaked in olive oil, tea bag of honey tea.

 

宿泊ホテル(Puerta da Segovia)の真向かいにスーパーが数軒並んでいます。

小さいが、地元の店らしい品揃えが良かった。

また買い残したものを最後に買うチャンスでした。

 

帰国後楽しんでいる土産品

スペインで: 蜂蜜、オリーブオイル、チョコレートでコーティングした干しイチジク。

ポルトガルで: ポルトワイン、絵柄タイルのコースター、蛸のオリーブ漬けの缶詰、蜂蜜茶のティ―バック。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal, travel+photo | Tags: , | 4 Comments

社会と情報 39: 新聞は誰の味方か 3


   1運命の人 

< 1. 西山事件を扱ったドラマ、山崎豊子原作  >

 

前回に続いて、主要新聞の事件報道を追います。

記者が見た新聞業界の内実は今回で一端終了します。

 

 

以下の四つの事件報道から見えるもの

はじめに、三つの事件で検察の横暴と暴力、マスコミが加担する例を見ます。

最後に、地方で起きた一事件を巡る加熱報道がもたらす悲劇を見ます。

今回は様々な資料を使いました。

大手新聞二社については仮称AとBで扱い、後に種明しします。

 

2不撓不屈

< 2. 飯塚事件を扱った映画 >

 

  • 「飯塚事件」

1963年、会計事務所の4人の職員が脱税教唆の容疑で逮捕され、7年後に無罪。

この無罪獲得までの闘いが小説「不撓不屈」になり映画化もされた。

 

問題は、検察と国税庁が一緒になって、この会計事務所の顧客先に顧問契約の打ち切り、はては脱税証言をすれば税務調査に手心を加える等の卑劣な手段を使い立件を図ったことです。

結果は、会計事務所所長の粘り勝ちで、国会議員が国税庁の横暴を追及し、手打ちとなった。

 

  • 「西山事件」

1972年、日米間の沖縄返還協定をめぐる密約を毎日の西山記者がスクープした。

しかし彼は首相が米国と裏取引した密約を暴露したことにより、執行猶予1年の有罪判決を受けた。

 

判決では報道機関が適正な手段を使うならばこの秘密文書の告発は問題ないとし、彼の卑劣な行為だけを問題にした。

その判決主旨は、密約情報を持ち出した外務省の女性事務官を彼がたぶらかし、彼女の人格を傷つけたことだとしている。

 

検察は政府上層部(首相?)の意向を受け、「不倫関係による卑怯な入手」を前面に出し彼を追いつめた。

裁判では密約の有無に触れず、マスコミを通じて、彼は破廉恥な記者として社会に印象づけられた。

おかげで、首相と政府は密約の追及をはぐらかすことが出来た(密約はあった)。

 

この手の個人攻撃に対して、個人が独りで大組織に立ち向かうのはほぼ不可能です。

米国でも似たことは起きるが、マスコミが国や大企業の脅し(裁判)に抗して告発者を保護し、報道することになる。

 

もう一つの問題は、毎日がこのスクープを大きく扱わず、焦って西山記者が議員に依頼し国会で追及した。

しかし、それが仇となり告発者が特定されてしまったことです。

新聞社が告発していれば匿名が可能だったはず。

 

3村上

  • * 3

 

*「村上ファンド事件」 (著書「官報複合体」を参考)

2006年、村上ファンドがニッポン放送株でインサイダー取引したとして逮捕され有罪確定。

 

彼は逮捕される数時間前、日頃、取材で顔見知りになっていた著者に電話を掛けて来た。

 

村上:「きょう、生まれて初めて公の場でウソをつきます」

著者:「えっ? どういうことですか?」

村上:「罪を認めるということです。・・記者会見をしますので、ぜひ来て下さい」

著者:「インサイダー取引をやったのですか?」

村上:「新聞を見たでしょう? 罪を認めなければ、僕のほかにも幹部が逮捕をされてしまう。・・本当のところをわかってくださいね」

 

検察から流された「徹底した逮捕起訴は確実」の情報が躍る新聞を見て、彼は仲間と会社を守ろうとした。

 

ポイント: この三つの事例から、検察の横暴と恐ろしさ、個人の抵抗が如何に困難か、それに加えてマスコミが如何に無力で、むしろ同調し弱者を追い込んでいるかがわかる。

 

4主婦行方不明

  • * 4

 

  • 「津山主婦行方不明事件」の報道 (私が直に聞いた話)

2002年、岡山で医師(高橋幸夫)の妻が行方不明となり、口座から大金が引き出され、いまだ犯人と妻が見つからない未解決事件です。

 

2013年、私は講演会でこの医師(「全国犯罪被害者の会」幹事)の悲痛な訴えを聞いた。

彼は、当時の過剰で被害者を踏みにじるマスコミ取材に怒りを露わにし、11年経っても治まらないトラウマに苦しんでいた。

 

事件当時、彼は度重なる取材の自粛を県警通じて「記者クラブ」に訴えた。

A社を幹事会社とする県警記者クラブは、直ぐに反応して以下の申し合わせを行った。

 

「妻の妙子さんが行方不明という状況の中、幸夫さんの肉体的・精神的疲労もピークに達していて、度重なる取材に対し、『これ以上の取材はやめてほしい』と悲痛な声を上げているということです。

・・・

以下の事を申し合わせました。

1. ・・・

2.本人以外への取材に関しても、良識を持って取材活動を行う。

3.幸夫さんに対して、会見を開いてもらえるよう、クラブとして交渉を行い、出来る限り早期の実現に向けて努力する。

・・・

『本人への過熱取材の背景には、県警からの情報の過小さがある』という認識もあり、県警に対して、・・情報の提供を強く要望する・・・ 」

 

しかし、この申し入れの11日後、容疑者に近い人物が自殺し、これにより手掛かりは断たれた。

以前から警察はこの人物の身辺捜査を行っていたのだが、A社が自殺の前日に、この人物を2回電話取材していた。

この取材が原因で未解決事件になったとまでは断定できないが、被害者の医師は、当時の過熱取材と報道が事件解決の道を閉ざしたと訴えた。

 

ポイント: 新聞は、往々にして事件解決や人権を無視してまでも執拗な取材と報道を行い、犯罪を扇情的に扱う傾向がある。

それが視聴者の耳目を集め、新聞の発行部数増につながると信じるからです。

新聞社によって犯罪を扇情的に扱う度合いは異なる。

また犯罪の主体が、国家や企業等による組織的ものか、また与党側か野党側か、はたまた周辺で起きる利己的なものかでも、新聞社によって対応は異なる。

 

 

最後に

3回の連載で取り上げた8件の事例を見ると、日本の主要新聞が如何に本来の姿から逸脱しているかがわかります。

つまり権力(「記者クラブ」を有する大組織)との繋がりを優先するあまり、本来、第四の権力となって国民の為に監視すべき立場を放棄しています。

結局、このことが弱者や人権を無視することに繋がっています。

 

このことは新聞社によって多少異なっていました。

また新聞社の官僚体質とは異なる次元で起きていることもわかりました。

この違いを生む原因については別に取り上げます。

 

私が残念に思うのは、「記者クラブ」等の官公庁と新聞社の癒着構造が、常々、世界や良識ある記者達に批判されているにも関わらず、平然と続けられていることです。

 

 

次回から、新聞と検察が、どのように泥沼にはまっていったかを見ます。

 

種明し、A社は読売です。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , | Leave a comment

Blog at WordPress.com. The Adventure Journal Theme.

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 1,110 other followers