淡路島 国営明石海峡公園 6: 見頃のチューリップ 2


1

  • * 1

今日が、最後のチューリップ紹介です。

写真は4月18日に撮影したものです。

 

2

  • * 2

3

  • * 3

ひとつひとつのチューリップも綺麗ですが、様々なチューリップを組み合わせて多数植えてある光景は素晴らしいです。

彩りの妙、小さな花との組合せは、まるで大地に広がる花火のようです。

4

  • * 4

5

  • * 5

花壇の現状

4月24日、現在、開花しているチューリップは最盛期の30%ぐらいです。

また花が開きすぎたり、色褪せたりしているのも目立ちます。

このような花壇を見ていると寂しい限りです。

しかし、ネモフィラやナデシコ、ビオラがチューリップに替わり花壇を埋めつくし始め、もうすぐ見頃を迎えます。

日々、花壇の植え替えや手入れが行われ、目を楽しませてくれます。

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 7: Income decline and economic deterioration 4


 ピケティの資本論 7: 所得低下と経済悪化 4

 

    1

Up to now, we looked at economic deterioration that occurred by the income decline and the changes of employment pattern.

This time, we examine false rumors to justify these.

 

これまで、所得低下と雇用形態の変化による日本経済の悪化を見ました。

今回は、これらを正当化するデマを検討します。

Silly false rumor

If anybody will say, ” We lower the reward according to one’s ability”, will the increase of low-income persons be because the ability of human deteriorates day by day?

However, “ Till now, rather we provided it much more than the ability!”

From this, it goes back and forth.

 

たあいないデマ

「能力に合わせて報酬を下げた」とするなら、低所得者の増加は、人類の能力が日増しに劣化しているからでしょうか、そうかもしれないが。

もっとも、「今まで、お目こぼしで能力以上に多めに支給していただけさ!」

これでは堂々巡りです。

もっとも小学校の成績表のように相対評価―正規分布のようなランク毎の人数割、であれば文句は少ないでしょうが(笑い)。

2

Serious false rumor

“Reduction in cost is indispensable so that every companies must have international competitiveness, and the reduction of labor cost is natural.”

This includes an irrational opinion and a misunderstanding.

Here, we must be careful about three problems.

 

A: The competitiveness depending on only a reduction of cost disappears immediately if it becomes an appreciating yen.

 

B: Japan distorting the balance of the import and export causes the appreciating yen.

Japan that does not exclude the control of imports for domestic industry protection becomes an excess of exports and has got to suffer from the appreciating yen.

Furthermore, it became harm that Bank of Japan suppressed currency circulation and Japan’s government induced appreciation of the yen against the dollar.

 

C: There are methods that also raise the competitive power except for the reduction of cost.

There are products having the competitiveness in the country having high national income including North Europe.

It is to provide distinctive products and services that are superior in other except for the price.

 

At the same time, developed countries almost have trouble with this problem.

Lots of countries try to induce a devaluation of domestic currency.

But this includes various problems.

 

I explain it by an easy example to understand this vicious circle in between the exchange and the competitiveness.

 

深刻なデマ

「企業が国際競争力を持つにはコストダウンが不可欠で、人件費カットは当然だ」

ここには暴論と勘違いが含まれています。

ここで三つの事に注意しなければなりません。

A: コストダウンだけの競争力は円高になればすぐに消えてしまう。

B: 輸出入のバランスを歪めている日本は円高を招きます。

国内産業保護の為に輸入規制を外さない日本は輸出超過になり円高で苦しむことになります。

さらに日本はインフレを恐れた日銀の通貨発行抑制策と米国を優先する政府のドル安誘導も災いしました(プラザ合意)。

C: コストダウン以外にも競争力を高める方法はあります。

北欧など国民所得の高い国でも競争力のある商品を持っています。

それは価格以外で勝負出来る特色ある製品やサービスを提供することです。

そうは言っても現実に、先進国は大なり小なり、この問題を抱え苦労しています。

多くは為替操作で自国の通貨安をもくろみます、日本も遅ればせながら円安にしようとしています。

これは大企業の輸出に有利ですが、輸入産業は現状で有利なので、急激に行うと弊害が出ます、また他に色々問題が発生します。

ピケティはこのやり方には懐疑的です。

この為替と競争力の悪循環を理解するにはある貿易理論の理解が必要ですが、簡単な実例に代えて説明します。

3

< 3. Awaji-shima Island and the main land( the upper part) >

< 3. 淡路島と本土(上側) >

 

Example: When a bridge was built over Awaji-shima Island and the mainland, how did the economy and industry change?

I presuppose that the employment cost of Awaji-shima is about half of the mainland and there were not the flow of goods and the commuting between both (unlike the fact).

 

When Akashi Kaikyo Bridge crossed over, how did it change?

The factories of the mainland were built on Awaji-shima, the laborers of Awaji-shima came to commute to the mainland, and the employment cost of Awajishima was rising.

Cheap products and vegetables from Awaji-shima became to go into circulation a lot in the mainland.

However, on the mainland, companies and workers depending on only low price were exposed to the competition, and then the discontinuance of business and the career change increased (in Awaji-shima also).

 

例、淡路島と本土に橋が架かると経済・産業はどうなったか?

淡路島の人件費は本土の約半分で、両者間の商品流通と通勤はほとんど無かったと仮定します(実際とは異なる)。

明石大橋が架かるとどうなるでしょうか。

淡路島に本土の工場が建設され、また淡路島の人が本土に通勤するようになり、淡路島の人件費は上昇していきます。

本土には、淡路島からの安い製品と野菜が多く出回ります。

しかし本土で、安値だけが強みの企業と労働者は競争にさらされ、廃業や転職が増えます(淡路島も)。

How did the result become?

A rise of wages and a decline in commodity prices were caused, and both sides received the merit.

The society accepted the sacrifice and advanced to the next stage.

Through this process, certain change was taking place.

It is that the goods and services divided between Awaji-shima and the mainland.

Agricultural produces (Awaji’s onion) were shipped from Awaji-shima, and the large shopping center and a great deal of goods came from the mainland.

This is “ Comparative Advantage of Ricardo “ (a basic economic theory about trade).

 

What is important is to be not greatly objection and regulation, such as prohibiting the distribution of onions from Awaji-shima to the mainland.

It’s naturally, because it’s same Japan.

結果はどうなったでしょうか。

賃金上昇と商品価格低下が起こり、双方がメリットを受けました。

社会は犠牲(廃業、転職)を受け入れ、次の段階へと進みました。

この過程で、あることが起きていました。

それは淡路島と本土で、商品やサービスの棲み分けが出来たことです。

淡路島からは農産品(淡路の玉葱)が出荷され、本土からは大型ショッピングセンターと大量の商品がやって来ました。

これがリカードの比較優位(貿易の基本的な経済理論)です。

ここで重要なことは、大して反対や規制、例えば淡路島から本土への玉葱の流通禁止などがなかったことです。

あたりまえのことですが、同じ日本だからです。

4

< 4. Illustration of Comparative Advantage >

< 4. 比較優位の説明図 >

Commentary: There is difference in the productivity between Country A and Country B like the upper figure.

When trade begins, each country comes to shift to goods having high productivity.

And the amount of the production (consumption) increased in the two countries and became 2900 from 2700 in total.

 

解説: 上図のようにA国とB国には生産性の違いがあるとします。

貿易が始まると、それぞれの国が生産性の高い方にシフトします。

そして両国共に生産量と消費量が増え、総計2700から2900になりました。

この時、産業構造の転換(倒産、失業)を恐れ保護貿易に走ったり、為替を故意に操作したりすると効果は薄れます。

理想は、着実にゆっくりと対応することです。

Conclusion

Unless domestic industrial structure (for a balance of import and export) is converted according to globalization, the vicious circle isn’t canceled.

Furthermore, we go step further and must globalize economy, finance, and the taxation system.

 

Next time, we look at income decline and economic disparity.

 

結論

グローバル化に合わせて国内の産業構造(輸出入の均衡)を転換しない限り悪循環は解消しない。

さらに一歩進んで、経済、金融、税制などをグローバル化しなければならないのです。

この問題は、実は1970年代の欧米諸国が切実に感じていたことで、後に触れます。

次回、所得低下と格差の定着について見ます。

Categories: culture+society, economy, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

淡路島 国営明石海峡公園 5: 見頃のチューリップ 1


1

  • * 1

今日は、チューリップを紹介します。

写真は4月18日に撮影したものです。

2

  • * 2

3 花紹介

< 3. 花の種類 >

公園の花々について

公園内では、チューリップなどの球根50万球、300種が次から次へと花を咲かせています。

4月18日現在、チューリップの早咲き分は終わり、遅咲きが見頃です。

チューリップが最も多く咲く時期は1週間前にピークを迎えました。

それでもチューリップの約70%は咲いていました。

今、写真3のアネモネA、ネモフィラBが花壇を彩り始め、これからピークを迎えます。

丘陵部にはリンビングストンデージーCが咲き始めています。

4

  • * 4

5

  • * 5

6

  • * 6

チューリップは世界に6000種類あり、花の形と色の種類は無数にあります。

無い色は青ぐらいでしょうか。

チューリップの素晴らしさは、花びらの色の濃さと艶にあり、さらに群生していると圧巻です。

次回に続きます。

 

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: | 2 Comments

Capital of Piketty 6: Income decline and economic deterioration 3


ピケティの資本論 6: 所得低下と経済悪化 3

 

   1 

 

Last time, we looked at economic deterioration that occurred by income decline.

This time, we look at evils that are occurring close to home.

 

前回、所得低下が招いた経済悪化を見ました。

今回は、身近で起きている弊害を見ます。

 

The evils occurred by changes of employment pattern

One is a decline of laborer motivation.

Another one is deterioration of personnel training (expert, employee training) and management attitude (long-term vision).

I explain the essential point.

 

雇用形態の変化がもたらした弊害

一つは労働意欲の低下です。

今一つは、人材育成(熟練者、社員教育)と経営姿勢(長期ビジョン)の劣化です。

要点を分けて見ていきます。

What did a decline of laborer motivation bring on?

Everyone, please imagine a workplace where irregular employment (irregular date, short term, or frequent conversion of work-position) increased.

There various disagreements among regular staffs and irregular staffs, a lack of attachment to workplace and a lack of challenging spirit are occurring.

Will people be able to work in cooperation with all staffs in the workplace having challenging spirit?

Furthermore, will people improve on their operation in the workplace together?

労働意欲の低下は何をもたらしたか

皆さん、非正規雇用(不定期、短期、高頻度の配転)の増えた職場を想像して下さい。

そこでは正社員や各雇用形態間の齟齬、職場への愛着低下、やり甲斐の欠如が起きています。

これで、かつてのように自主性を持ち、職場で意志の疎通が図れ協力して仕事が出来るでしょうか。

さらに職場が一丸となって改善を行うことが出来るでしょうか。

ブラック企業は無給で従業員を酷使することが出来ても、自主性までは引き出せないでしょう。

Evils by a decline of motivation

A decrease in efficiency and quality deterioration happen even within production of simple work.

Even within production site by automatic machines, the decrease in efficiency occurs by recovery efforts of the breakdown and the management.

The improvement on workplace and development needing creative mind will decrease painfully.

 

In all companies and workplaces, the decrease in efficiency is spreading before long.

 

 

 

労働意欲の低下による弊害

単純作業の生産においても能率低下や品質悪化は起こります。

自動機による生産現場でも、管理やトラブルの復旧作業で効率低下は生じます。

創意工夫が必要な職場の改善から開発まで大いに低下するでしょう。

極めの細かなサービス提供や組織的に働く職場でも全体的に能率が低下するでしょう。

やがて総べての企業や職場で意欲低下と効率低下が蔓延していきます。

特に日本のように個人ではなく組織重視の風土にあって弊害は大きいはずです。

「赤信号、皆で渡れば怖くない」でしょうか。

2

< 2. Change of Japanese growth factor  >

< 2. 日本の成長要因の変化  >

Let us roughly estimate an economic deterioration that occurred by a decline of motivation

I assume that the productivity reduced to 15 % in average by a decline of motivation of irregular laborers (population ratio 38%). (This numerical value depends on my intuition)

I assume that the productivity of regular laborers (population ratio 62%) reduced to 5 % in average by a decline of organizational power. (This numerical value depends on my intuition)

 

労働意欲の低下がもたらす経済悪化を概算します

非正規労働者(人口比38%)が意欲低下を起こし、生産性を平均15%低下させたとする。(数値は直感によります)

正規労働者(人口比62%)の意欲低下は無いが、組織力の低下で生産性を平均5%低下させたとする。(数値は直感によります)

Therefore, GDP goes down 8.8 %.

(A decline rate in GDP= 38% X (-15%) + 62% X (-5%) = -8.8%)

If this has gradually advanced in 25 years, GDP would have decreased 0.34 % every year.

Would this be a factor that made the Total Factor Productivity A of graph 2 (4-3 % during 1955-1970) reduced to 1-0.5 % after that?

The Total Factor Productivity still remains the effect of technique and production engineering.

すると、全国の生産性は8.8%の低下となる。

(生産性の減少率=38%*(-15%)+62%*(―5%)=―8.8%)

これが25年間で徐々に進行したとするならGDPが毎年0.34%低下したことになる。

これがグラフ2の全要素生産性A(1955~70年で4~3%)をそれ以降の1~0.5%に低下させた要因なのだろうか。

全要素生産性にはまだ商品開発や生産技術開発の効果が残っている。

意欲が低下した職場の雰囲気は悪化することはあっても良くなることはないだろう。

経営者が実力を発揮したところで、このマイナスを埋め合わせることが出来るとは思えないのだが。

3

< 3.  The rate of educational cost in labor cost >

Furthermore, there are more evils in the future

Does the skill of irregular employment become rising in the future?

 

Once, company educated many employees in the long term through various workplace experiences (OJT).

This costs a lot of money, but when taking a long view, this become to bear full fruit.

When the present condition continues, many irregular employments weren’t educated and accomplished.

After all, they would be not able to do except for simple work.

 

Naturally, outsourcing using specialized skills is necessary, but it’s an issue that outsourcings except for it became quite big.

 

This will become big social loss in the future, and then society and company enclose the laborers, and will produce the fixation of inequality.

さらに将来にわたる弊害がある

先を見越すと恐ろしい光景が広がっている

現在、不定期で採用されている労働者のスキルアップはどうなるのだろうか。

かつて、企業が従業員に職場体験(OJT)を通じて長期的に教育を行って来た。

これは費用が掛かったが長い目でみれば実りのあるものだった。

しかし現状が続くと、不定期採用の多くは教育されず熟達することなく、ついには単純作業以外が出来なくなってしまうのではないだろうか。

当然、専門技能を生かしたアウトーソーシング(業務の外部委託)は必要ですが、それ以外が遥かに大きくなってしまったことが問題です。

将来、これが大きな社会的損失になるだけでなく、社会や企業がその人々を囲い込み、格差の定着を生むことになる。

4

Another evil

The deterioration of organizational operation also progresses.

For example, the management such as public facilities (library, park) is outsourced.

Because most become a short-term contract, the contractor throws away a long-term view and becomes frantic only in a daily cost cut.

The most aim is only labor cost reduction, the inhabitants’ service becomes negligent, and the cost performance decreases.

 

もう一つの弊害

労働の悪化だけでなく、組織運営の悪化も進行しています。

例えば、公共設備(図書館、公園)などの管理運営を外部委託することです。

多くは短期的な契約更新になるので、受託事業体は長期的な視野を捨て、日々のコストカットだけに血眼になります。

狙いが人件費削減であり、住民サービスはおろそかになり、コストパフォーマンスは低下します。

これでは、それまでの資産と労働者を使い捨て、お客様も離れていくでしょう。

専門性のある外部委託を生かし、うまく目標設定(営利目的)出来れば良いのだが。

Conclusion

After all, people came to deal management and economy with a short-term view, degraded the quality of the labor and the work, and also degraded economy in the long term.

 

On the next time, I examine some false rumors that justify the present conditions

 

結論

結局、短期的視野で経営や経済を扱うようになり、職場と労働の質を低下させ、これまた長期的に経済を悪化させることになる。

現在起きている社会現象は、「悪貨は良貨を駆逐する」状況に似ています。

これを日本社会の安全に例えてみましょう。

もし銃が大量に持ち込まれて殺傷事件が頻発するようになると、やがて国民は銃所持を容認し、最後には銃犯罪が以前より格段に発生してしまうことになります。

次回、現状を正当化する幾つかのデマを検討します。

 

 

 

 

Categories: culture+society, economy, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 5: Income decline and economic deterioration 2 


 ピケティの資本論 5: 所得低下と経済悪化 2

 

1

*1

 

Last time, the change of Japanese working environment and the remarkable decline of labor income.

This time, we look at the long-term and serious issues brought by them.

 

前回、日本の労働環境の変化と所得の著しい低下を見ました。

今回は、それがもたらす長期的で深刻な問題を見ます。

 

Let us estimate roughly the economic deterioration due to the income decline

Company enabled cost down (increase in added value) 11% by the reduction of labor cost due to the expansion of irregular employment.

(An increase rate in added value = a labor share 70% X a decline rate in labor cost 15% = 10.5%) note1.

Before long, the competition among companies starts, and the wages falls nationwide.

 

所得低下がもたらす経済悪化を概算します

企業は非正規雇用拡大による人件費削減によってコストダウン(付加価値増)を11%可能にした。

(付加価値増加率=労働分配率70%*総賃金低下率15%=10.5%)注釈1

やがて企業間競争が始まり、全国的に賃金は下がります。

Therefore, GDP goes down 12 %.

(A decline rate in GDP = a household consumption/GDP 55% X a decline rate in labor cost 15% X a multiplier effect of marginal propensity to consume 150% = 12%) note2.

If this gradually has advanced in 25 years, GDP would have decreased 0.47% every year.

Naturally, the labor cost of regular employment also decreased accordingly and would have strengthened deflation more.

 

This mechanism is because the decline of labor income reduces consumption (demand), it also reduces corporation’s sales, and it causes economy deterioration at last.

すると、GDPは12%下がります。

(GDP減少率=家計消費/GDP比55%*総賃金低下率15%*限界消費性向の乗数効果150%=12%)注釈2

これが25年間で徐々に進行したとして、GDPが毎年0.47%低下したことになる。

当然、正規雇用の人件費もそれに連れて低下し、デフレをさらに強固にしたはずです。

このメカニズムは、労働所得の低下が消費(需要)を減らし、それが企業の売上げ低迷させ景気悪化を招くからです。

一方、コストカットに辣腕を振るった経営者達の所得や企業利益は上がっても、消費には向かわず資産運用(金融商品、不動産、株)に向かい、さらなる資産増加とバブルを生むだけです。

後に見ますが、これが世界経済の深層潮流の一端です。

Unfortunately, when appreciating yen happens, this effect of the reduction in cost is offset for all export companies.

The economy deterioration is repeated in this way.

I consider a vicious circle due to this cost down and appreciating yen later.

 

To have performed this reverse was New Deal program by President Roosevelt and it put up labor income and roused demand and accomplished economic revival.

U.S. and Britain practiced firstly this economic, and Europe and America followed it in the early 20th century.

Piketty explains about this in his book.

 

残念なことに円高になれば輸出企業にとって、この効果は帳消しになります。

こうして経済への悪影響が繰り返され、泥沼に入って行くことになりました。

このコストカットと円高による悪循環については後に考察します。

この逆を行ったのがルーズベルト大統領によるニューディール政策で、労働所得を上げ需要を喚起し経済復活を遂げたのです。

この経済理論を米英が率先実践し、欧米先進国が20世紀前半に行ったことでした。

これについてもピケティは著書で解説しています。

We confirm the above mentioned calculation result by real data

上記の試算結果を実際のデーターで確認してみましょう

2

< graph2. A change of Japanese GDP, growth rate of GDP: Right axis >

< グラフ2. 日本のGDPの推移、成長率:右軸 >

According to this graph, the growth rate (brown line) goes down by approximately 5% in 25 years from 1990.

このグラフによると、1990年からの25年間で成長率(茶色)は約5%下がっています。

 3

< graph3. a change of household consumption expenditure >

< グラフ3.家計消費支出の推移 >

From graph 2 and 3, it finds that the household consumption/ GDP (blue line) that I used for the calculation is 55%.

In addition, it finds that the household consumption expenditure become not extended from the 1990s.

グラフ2と3から試算に使用した家計消費支出/GDP(青線)が55%であることがわかります。

また家計消費が1990年代から伸びていないことがわかります。

4

< graph4. a change of labor income and consumer spending >

< グラフ4. 雇用者報酬と個人消費の推移 >

According to this graph, labor income (thin line) didn’t expand, and soon it came to decline.

And consumer spending (bold line) became leveling-off depending on it. 

This made it leveling-off to the household consumption expenditure of graph 3, and seems to have pushed down GDP growth rate of graph 2.

このグラフによると、1991年頃(25年前)から雇用者報酬(細線)が伸び悩み、やがて下がり始め、それに応じて個人消費(太線)は横這いになっています。

個人消費が低下しないのは低所得層にとって生活費を切り詰めるのが困難だからです。

このことがグラフ3の家計消費支出を横這いにし、グラフ2のGDP成長率を押し下げたように見えます。

5

< graph5. a change of company’s performance >

< グラフ5. 企業の業績推移 >

In this graph, the corporate sales (red line) became leveling-off from about 1991, and soon it declined, and it began to rise again.

The labor cost (blue line) belatedly declined in synchrony with the corporate sales, and still doesn’t return.

On the other hand, the corporate earnings (green line) tends to increase except a rapidly fluctuation, and is excellent condition till now from 2001.

This rapidly fluctuation was Black Monday in 1987.

 

このグラフで、1991年頃から企業の売上高(赤線)が横這いになり、やがて低下し、また上昇に転じている。

人件費(青線)は遅れて売上げに同調するように低下しているが、復帰するには至っていない。

一方、企業収益(緑線)は急激な乱高下を除いて増加傾向にあり、2001年以降の企業収益は現在まで好調である。

この乱高下は1987年のバブル崩壊、ブラックマンデー(世界的株価暴落)による。

6

< graph6. a change of appreciating yen >

< グラフ6. 円高の推移 >

The changeover in Japanese economy after 1991 was due to an appreciating yen.

Plaza Accord in 1985 was to induce weak dollar and appreciating yen for improving the U.S. economy and financial administration, and easing trade friction between Japan and the U.S.

As a result, the labor cost became common to defend export companies that must endure high yen rate being more than 2 times.

1991年以降の日本経済の様変わりは、急激な円高に呼応している。

1985年のプラザ合意は、懸案の米国の経済・財政改善と日米貿易摩擦解消の為に、日本の輸出産業の大打撃を覚悟してのドル安円高誘導でした。

この結果、2倍以上の円高に耐える輸出企業を守る為に人件費カットがまかり通るようになった。

Conclusion

The cheap upgrading strategy to competing power reduces the consumption and breaks the economy after all.

It is simple, but we are surely making Japanese GDP decrease contrary to common sense.

For these past dozens of years, we have being manipulated by this wrong slogan of “to promote economic growth”.

 

Next time, we look at further issues that a declining motivation relating to working causes.

 

結論

上記試算と説明は厳密ではないが、おおよその経済の動きを示しました。

結局、安直な競争力アップ策が消費減を招き、経済にブレーキをかけています。

単純ですが、常識に反して日本のGDPを確実に減速させています。

ここ数十年、私たちはこの誤ったスローガン「経済成長を促す為」に踊らされているのです。

次回は、労働意欲低下が招く更なる問題を見て行きます。

注釈1: 労働分配率は、企業が生み出す付加値に占める総人件費です。

ここ35年間、この全国平均値は65から75%まで上昇しています。

総賃金低下率=1-(正規雇用率0.62+非正規0.38*所得減0.6)=0.15。

所得減60%は前回「所得低下と経済悪化 1」のグラフ4から算出。

注釈2: 家計消費は最近の実績。

限界消費性向は、所得の内、何%が消費に回されているかを示します。

残りは貯蓄(投資も)に回すことになる。

限界消費性向の値0.33は最近の日本の公共投資実績から算出されている。

かつて日米の値は0.5~0.7(乗数効果2~3.3)でした。

Categories: economy, politics, series: Capital of Piketty | Tags: | Leave a comment

Capital of Piketty 4: Income decline and economic deterioration 1


ピケティの資本論 4: 所得低下と経済悪化 1

    1

< 1. Improvement activity in a workplace >

< 1. 職場の改善活動 >

 

In installments, we look at what the income decline and the unstable employment have caused.

Everyone would realize what is happening in Japan now.

 

これから数回に分けて、所得低下と不安定な就業が何を引き起こしているかを見ます。

今、皆さんは日本で起きていることを肌で感じているはずです。

 

Preface

After the war, Japan and Germany accomplished rapid economic growth and became major economic power.

Even if there were various kinds of factors, there was a characteristic important factor in Japan.

It is the improvement activities of workers, and it is clear that it contributed, but any economic indicators did not show it.

There is an index called productivity, but, in fact, the degree of contribution of the improvement activities is included in the unclear remainder (Total Factor Productivity).

Moreover this Total Factor Productivity tends to fall every year.

 

はじめに

戦後、日本とドイツは高度経済成長を遂げ、有数の経済大国になりました。

その要因は色々あるでしょうが、日本には特徴的な一つ重要な要因がありました。

それは労働者の改善活動で、貢献したのは明確ですが経済指標には現れていません。

生産性と呼ばれる指標がありますが、実は改善活動などの寄与率は不明な残余分「全要素生産性」に含まれています。

しかもこの全要素生産性は、年々低下傾向にあります。

 

2

< 2.Change of Japanese growth factor >

< 2. 日本の成長要因の変化 >

Total Factor Productivity A shows the effect of technique and production engineering (improvement).

Decline of Capital Productivity B seems to mainly depend on a gradual decrease of domestic investment and an increase of overseas investing.

Decline of Labor Productivity C was caused by a drop in working population.

 

全要素生産性Aが技術・生産技術(改善)の効果を示す。

資本生産性Bの低下は国内投資の漸減と海外投資の増大が主だと考えられる。

労働生産性Cの低下は労働人口低下(少子高齢化)による。

 

What the improvement activities (small group activity) brought

Before 50-30 years from now, in workplaces of Japan, many workers improved their work in consort after completed the work every day.

Because of this, quality improvement and reduction in cost advanced.

More than anything, the workers worked in consort and were improving employee motivation.

Japan’s export goods holding superiority were not epoch-making inventions, but were in response to small demands, cheaply and high quality.

Without this corporate culture, an efficiency increase by top-down was opposed as an intensification of labor.

 

Strangely, this improvement activity was unpaid, and wasn’t given expensive reward.

As for this, there was overkill, and anyway, many workers spared no effort in cooperation for the improvement.

This system to improve motivation (ZD, QC) was born in the United States, but Japan added improvement and developed it.

 

改善活動(小集団活動)がもたらしたもの

今から50~30年前、日本の多くの生産現場では、作業終了後、職場が一体になって日々改善を続けていました。

これにより、品質向上とコストダウンが進み、何よりも職場が協力し合い、意欲は高揚していました。

日本が優位に立つ輸出品の顔ぶれを見ると、どれも画期的な発明品と言うより、細かなニーズに応え、安く、品質の高いものでした。

これを支えていたのが改善活動であり、社員が一丸となれる企業風土にあったのです。

この風土が無い組織では、トップダウンによる効率アップは労働強化として抵抗を受けることになり、これが世界の常識でした。

 

不思議なことに、この改善活動は無給で行われていました(高額報酬ではないのです)。

これには行き過ぎもあったのですが、とにかく労働者は協力を惜しまなかったのです。

この労働者の意欲向上システム(ZD,QC)は米国で生まれたのですが、世界で日本だけが工夫を加えて発展させたのです。

 

3

< 3. irregular employment and regular employment >

< 3. 正規雇用者と非正規雇用者の推移 >

 

But how about now?

For approximately 25 years, irregular employment increased in many workplaces.

The irregular employee rate became 38%, and this rise continues furthermore.

Furthermore, the irregular employee rate of 25 years or younger became 72%.

Most of young workers of factory and service sector are occupied by a part-time job or a detachment.

Company and community body accomplished profit increase and deficit cutting by the reduction of these personnel expenses.

 

現在はどうでしょうか

およそ25年前から、職場には非正規雇用者が増えて来ました。

現在、非正規雇用者率は38%になり、さらに上昇が続いています。

さらに25才以下の非正規雇用者率は72%になっています。

工場やサービス部門の若い労働者の多くは、パート、アルバイト、派遣、契約で占められています。

企業や一部公共体は、この人件費の削減で利益増大や赤字削減を成し遂げました。

 

4

< 4.   graph of employment pattern category in Japan >

< 4. 日本の雇用形態別賃金カーブ >

 

Explanation: In 2013 of Japan, the average annual income of the regular employment was 4,140,000 yen and it of irregular employment was 1,680,000 yen.

And the rate between both was 2.5.

The difference in the lifetime wage becomes 238,640,000 yen.

It is apparent from the above-mentioned graph that the income difference spreads with the aging of the young worker, and the increase of the irregular ratio in the future will accelerate it.

 

解説:2013年度、日本の正規平均年収414万円、非正規平均168万円で2.5倍、 生涯賃金2億3864万円の差となっています。

さらに今後、若年労働者の加齢に伴って、上記グラフから所得差が拡大していくことは明らかで、今後の非正規比率の増加が更に拍車をかけます。

 

How would people see this?

Some people conclude it isn’t a problem, and may believe that it rather contribute to a competing power.

 

On the next time, we investigate big problem that this income decline brings.

 

これを人々はどう見るでしょうか?

人によっては、この雇用形態による所得比2.5倍(60%減)に問題は無く、むしろ競争力アップに貢献すると信じているかもしれません。

 

次回、この所得低下がもたらす大きな問題を見ます。

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, <english language, <japanese language, opinion, politics, series: Capital of Piketty | Tags: , , , , | 2 Comments

Capital of Piketty 3: Big paycheck and incentive


ピケティの資本論 3: 高額報酬と意欲向上

    1

*1

Last time, I looked at big paycheck being not decided rationally.

This time, I will consider relations of big paycheck and incentive.

 

前回、高額報酬が合理的に決まっていないことを見ました。

今回は、高額報酬と意欲向上の関係について考察します。

 

Is big paycheck effective for incentive?

There are some people loud appeals for the need to give big paycheck for developing the economy.

Naturally, the insisting people are people that have got big paycheck, economists and medias that connected with the people.

 

高額報酬は意欲向上に有効か

高額報酬を必要だと声高に訴える人々は、高額報酬が経済活性化に不可欠だと言います。

当然、主張する人々は高額報酬を享受する人々やそれに繋がる経済学者、マスコミです。

 

Will big paycheck and incentive bring dreamlike result?

A: Person tries to achieve high results to get expensive reward.

B: Therefore, the corporate earnings rise.

C: Thanks to it, economy of the country rises.

Does this quite brief logic not have mistake?

 

高額報酬と意欲向上がもたらす夢のような結果

A: 人は高額報酬を得る為に高い業績を上げようとする。

B: 従って企業業績が上がる。

C: おかげで国の経済は上昇する。

この至極簡単な論理に間違いはないのでしょうか。

2高額報酬

*2

Please look back at some familiar topics

 

Example 1: some manager gives salary beyond the industry average to his employees, on the other hand, some manager gives salary below it.

Do you think which manager’s reward is more expensive?

The reward of manager that gives salary beyond the average increases because his corporate performance rises with improving employee motivation.

The reward of manager that gives salary below the average increases by the difference directly, or because doing equipment investment.

 

Even if it is various, as far as I know, there will be few managers who intend to improve motivation of employee by expensive reward.

 

皆さん、身近で起きていることを振り返って下さい

例1: 経営者には、従業員に業界平均以上の給与を与える人、平均以下で済ます人がいます。どちらの経営者の報酬が多いと思いますか?

平均以上を与え意欲向上を図り、会社の業績が上がり、ひいては経営者の報酬が増える。

平均以下しか与えず、その差額を設備投資に向けるか、経営者の報酬に充てる。

色々でしょうが、私の知る限り高額報酬で労働者の意欲向上を図る経営者は少ないでしょう。

多くは景気や業界平均、企業業績とを勘案して給与を決めるのが通例です。

 

3

*3

 

Example 2: If their achievements become double, will the rewards of a manager and an engineer become double?

 

For example, when a manager of corporate earnings of 5 billion yen had been getting the reward 100 million yen, the reward becomes 200 million yen because the manager made the corporate earnings 10 billion yen.

In this case, the reward is low.

However, it is difficult to authorize the degree of contribution that the manager made in corporate earnings.

On the other hand, in a case of successful product development, the degree of the contribution of an engineer can be measured from the amount of sale.

In the result, how much will the reward of the developer become for considering the cooperator and the other departments?

Probably, the latter becomes cheap contrary to clearness compared with the former.

 

“Does the expensive reward contribute to corporate performance?”

Piketty denies it by basing on survey in his book.

 

例2: 経営者や技術者の報酬は業績が2倍になったら2倍になるでしょうか? 

例えば、企業収益50億円の経営報酬が1億円で、利益100億円を出したから報酬が2億円になる場合です。

この場合、経営者の手腕のみで50億円をプラスさせたのなら、その報酬は安いものです。

しかし、増益分における経営者の貢献度認定は至難の業です、そうでないこともあるでしょうが。

それは景気、販売額、コストカット、開発、リーダーシップなどの評価に絡みます。

一方で、ヒット商品を生んだ開発者の場合、販売額からその貢献度を計ることが出来ますが、投資額や協力者、他部署の貢献度を考慮した結果、報酬はどうなるでしょうか。

後者は前者に比べ、明確さとは逆に割安になるでしょう。

CEOと一般労働者の所得比が千倍(米国の場合)ならCEOの業績は千倍でしょうか?

CEOにはずば抜けた経営能力が必要ですが、高額報酬に見合った業績を上げているかは別です。

「高額報酬は企業業績に貢献するか」について、ピケティは著書で調査結果を踏まえ否定しています。

するとCEOだけは意欲向上の為に高額報酬が必要だと言っているようなものです。

 

Example 3: Before 1980, USA’s economic growth rate was higher than now, and would the income ratio between CEO and general worker be higher than now?

 

In those days, the income ratio between CEO and general worker was lower than now.

The difference tends to open year by year.

Piketty ( and Krugman) explains the changing tide of economy in his book.

例3: 米国は1980年以前、経済成長率が今よりも高かったが、CEOと一般労働者との所得比は今よりも高かったでしょうか?

当時、CEOと一般労働者の所得差は今よりも少なく、年々その差は開く傾向にあります。

しかし、逆に米国の経済成長率は漸次低下し、バブルの山谷はより深くなっています。

これは複雑で一概には言えませんが、恣意的な高額報酬が許される社会へと突き進んでいることにあります。

この政治・経済の潮流変化と、それを支える経済学説の台頭をピケティ(クルーグマンも)は著書で解説しています。

4

< 4. The economic growth rate of USA >

 

Conclusion

Strangely, many company directors who wish expensive reward don’t believe to improve employee motivation by expensive reward.

In short, it seems to be only excuse for wishing to get expensive reward.

It is nature that the reward includes top and bottom, but method of applying it may be only problem.

 

Thus, it becomes doubtful whether expensive reward leads to economy rise.

Rather, adversely, the adverse effect to the economy and the society with dropping reward become a problem.

We will look at it next time.

 

結論

不思議なことに、高額報酬を望む多くの人々(重役)は高額報酬による労働者の意欲向上策を信じていない。

もし信じているなら、重役だけでなく労働者の平均所得も上昇するはずですが、逆の現象が加速しています。

要は、自分が高額報酬を得たい口実に過ぎないようです。

報酬に上下があるのは自然ですが、その適用に問題があります。

以上から、高額報酬が経済上昇に繋がるかは怪しくなりました。

むしろ逆に報酬低下による社会や経済への悪影響が問題となります。

次回、それを見ていきます。

 

 

Categories: economy, <english language, <japanese language, series: Capital of Piketty | Tags: , , | 2 Comments

Capital of Piketty 2: Big paycheck


ピケティの資本論 2: 高額報酬

 

    1 二人

*1

I look at the misunderstanding concerning disparity.

In the public mind, it is said that big paycheck is indispensable to motivation (incentive).

I drill down on this issue at first.

We notice strange pitfall from it.

 

これから格差にまつわる誤解を見ていきます。

巷で、意欲向上(インセンティブ)には高額報酬が必須だと言われています。

この問題から掘り下げます。

そこからは奇妙な落とし穴が見えてきます。

 

 2

*2

 

Big paycheck

The paycheck of professional baseball players and chief executive of big companies in America is huge.

In 2004, the average annual income ratio between American CEO and common labor was 431 times.

The philosophical professor Michael J. Sandel of Harvard University discussed this big paycheck in TV program of NHK.

 

What do you think of the big paycheck?

“ Splendid!”

“Unnatural! But should be free”

“Problem! And should be corrected”

Most people seem to think that only big paycheck improves the motivation and make economy develop.

 

高額報酬

米国のプロ野球選手や大企業社長の年俸は巨額です。

2004年、米国のCEOと一般労働者の平均年収比は431倍でした。

ハーバード大学の哲学者サンデル教授はNHKの白熱教室で高額報酬を議論していました。

皆さんは、高額報酬をどう思いますか?

「素晴らしいこと」

「不自然だと思うが、自由であるべきだ」

「問題であり、是正すべきだ」

多くの人は高額報酬こそが、やる気を生み、経済を発展させると思っているのではないでしょうか。

 

Let’s confirm it in familiar example

The total assets of Bill Gates of Microsoft are approximately 10 trillion yen.

How much is degree of his contribution to have diffused PC?

Shuji Nakamura of Nobel Prize got settlement money of approximately 800 million yen by blue light emitting diode.

If the illumination is changed into all LED, the electricity generated in the world seems to be able to reduce 10%.

How much money did Shinya Yamanaka of Nobel Prize receive by the development of iPS cells?

His contribution is immeasurable.

In fact, there are plenty of examples that the reward is cheap compared with grand achievements.

Great discoverer of mathematics and physics, people contributed to peacefully and people created epoch-making society system, they didn’t obtain rewards that were consistent with their contribution.

Even so, they didn’t lose their motivation.

 

身近な例で確認しましょう

マイクロソフトのビル・ゲイツの総資産は約10兆円です。

彼のパソコン普及への貢献度はどのぐらいでしょうか。

青色発光ダイオードでノーベル賞の中村修二は和解金約8億円を手にしました。

照明を全部LEDに変えれば世界の総発電量を10%が削減出来るそうです。

IPS細胞の開発でノーベル賞の山中伸弥はいくら手にしたでしょうか。

その貢献度は計りしれません。

実は、偉大な業績の割に報酬が高くない例はいくらでもあります。

数学や物理学の大発見者、平和に尽くした人々、画期的な社会システムを生みだした人々などは、貢献に見合う報酬を得られないでしょう。

だからと言って、彼らがやる気を無くしたとは言えません。

もっとも、富が欲しいなら別の道を選ぶでしょうが。

 

3

  • * 3

 

What decides big paycheck?

I show characteristic four cases unlike common sense.

 

A: It’s decided by scarcity value.

For example, a splendid work of art was bought at high prices.

On the other hand, big paycheck of sports player also includes an advertising effect by the scarcity value more than his results.

 

B: Exclusive possession of the market makes the reward gigantic.

In the case of Bill Gates, it may be said that the exclusive possession increased his wealth.

It is important to industrial development that person gets the profit of company founder, but if he doesn’t obey an economic rule (the Antitrust Law), it becomes harmful.

 

C:   Board of directors can decide their reward by one’s own.

Stockholders and labor union become the adjustment pressure, but board of directors almost decides it now.

It isn’t decided by the enterprise value (achievement), and the balance of supply and demand in the market.

 

D:   The reward of invention is influenced by Patent Law.

There is a big difference in the reward of inventor due to a difference of a job category or the country.

For example, the reward of employee’s invention in Japan is very few.

In Japan, the reward of every employee’s invention had been limited to millions yen at most till a trial of above-mentioned Nakamura decided an epoch-making 20 billion yen.

 

高額報酬は何によって決まるのか?

常識とは異なる特徴的な4例を挙げます。

A: 希少価値で決まる。

例えば、素晴らしい芸術作品が高額で落札された場合などです。

一方、スポーツ選手の高額報酬は実績以上に、希少価値による宣伝効果もあるでしょう。

B: 市場の独占・寡占は報酬を巨大化させる。

ビル・ゲイツの場合、独占が富を増大させたと言えます。

創業者利益を得ることは産業育成に重要ですが、経済ルール(独占禁止法)が遵守されなければ弊害を生みます。

C: 重役の給与は自ら決めることが出来る。

株主や労働組合は調整圧力になりますが、現在、報酬額は概ね経営者自身で決めます。

重役の高額報酬は時代(80年代以前と以降)や国(日米)によって差があり恣意的です。

企業価値(業績)や市場の需給で決まっているわけではありません。

これは止むことの無い金銭欲、それを許容する社会、裏付ける学説・主義の台頭があり、益々力を付けた人々がいたからです。

D: 発明の報酬は特許法に左右される。

特許法は発明に独占権を与え、発明を旺盛にします。

しかし発明者の報酬は職種や国で大きな差があり、例えば日本の職務発明の報酬は非常に少ない。

上記の中村氏は発明の対価として日本では画期的な200億円の判決を得たが(結局は貰えなかった)、それまで日本ではどんな発明でも最高数百万円が限度でした。

 

4

*4

 

Is paycheck rational?

It is proper that a sales representative raises high value of sales, and gets the rate of it.

Many rewards are not fixed by free competition (market evaluation), but rather most rewards are arbitrary and are influenced by social restriction.

When there is social restriction, it downs and when the social restriction isn’t obeyed, it up.

 

If the reward isn’t rational, what happens?

For example, even if a parson builds performance, his reward falls, and adversely, even if there is not achievement, ability and effort, his reward rises.

After all of this, the motivation of the parson falls.

In this case, different motivation improves.

There is an increase in a flatterer, a deception, and a bribe for giving rise to reward directly.

This is a beginning of declining society in any age.

The large reward that isn’t rational declines the motivation of the whole society.

 

This continues on next time.

 

 

報酬額は合理的か

営業マンが自らの力で高い販売額を上げ、その歩合を得る高額報酬は妥当だとみなせるでしょう。

しかし多くの報酬額は自由競争(市場評価)で決まると言うより、恣意的であり社会的制約如何に左右されている。

社会的制約が有る場合は下がり、それを逸脱した場合は上がります。

報酬額の多寡は狭い範囲(同一職種や組織)では、比較的穏当な場合もあるが、社会全体で見れば合理的とは言えない。

 

報酬額が合理的でないとすれば、何が起きるのか?

例えば、業績を上げても報酬が下がり、逆に業績や能力、努力も無いのに報酬が上がるようになれば、労働意欲は低下します。

この場合、別の意欲が旺盛になります。

報酬向上の為に裏工作に奔走し、決定権者へのゴマすり、ごまかし、賄賂が横行し、ついには組織の腐敗と停滞が生じます。

これは、いつの世にもある衰退の始まりです。

つまり合理性に欠ける高額報酬は、社会全体の意欲を減退させます。

 

次回に続きます。

 

Categories: culture+society, economy, <english language, <japanese language, opinion, series: Capital of Piketty | Tags: , , | 3 Comments

Capital of Piketty 1: Introduction


ピケティの資本論 1: はじめに

 

   1 ピケティ

< 1. Piketty >

< 1.ピケティ >

 

I begin this serialization to introduce “Capital in Twenty-First Century”

This book is the economic book that he analyzed modern society from a large perspective into.

This will become the best book that was written to rebuke society in season.

 

ピケティの「21世紀の資本」を紹介する連載を始めます。

この本は現代社会を最も大局的に分析した経済書です。

これは時宜を得た最高の警世の書になるでしょう。

 

 2 著書

< 2. “Capital in Twenty-First Century” by Piketty >

< 2.ピケティの著書「21世紀の資本」>

 

Preface

This book answered to almost all doubts that I had about the movement of the world, and is stimulating and suggestive.

However, most readers will be tired to read because the book is thick economic book.

Therefore I look at the basic point at issue before looking at the detailed analysis of the book.

And it is necessary to dissolve the spread false idea and the prejudice.

 

 

はじめに

著書は、私が抱いていた世界の動きの疑問にほぼすべて答えてくれ、刺激的で示唆に富んでいます。

しかし、なにせ分厚い経済書なので読むのに疲れます。

例え読み終えても、著者の分析と提言は私達一般に馴染みのないものです。

さらに、読者はネガティブキャンペーンに曝され迷うことになる。

そこで、著書の詳細な分析を見る前に、基本的な論点を見ておきます。

さらに、蔓延している誤解や偏見を解きほぐす必要があります。

 

What does Piketty discuss?

The most important conclusion is two.

“Economic disparity is in progress now in this world and spreads more”

“As for the corrective, a global progressive taxation to property is the best”

 

ピケティは何を論じているのか

最重要な結論は二つです。

「経済格差が世界で今まさに進行し、さらに拡大して行く」

「その是正策は、世界的な累進財産課税が最良」

 

3 グラフ

< 3. A transition of share of the Top 1 % class’ annual U.S. income, by Wikipedia >

< 3. 米国の所得上位1%の所得が国民総所得に占める割合、ウィキペディアより >

 

Characteristic of this book

This author is a French young mathematics economist, but has already worked on a study of disparity more than 15 years.

The characteristic of this book makes an analysis of the economic disparity of main developed country by numerical value from a large perspective historically and politically.

He did not use numerical formula and technical term as much as possible.

He extracts the important sign from opaque enormous economic data, and explains the phenomenon in detail and easily.

Therefore he spent 600 pages and 115 charts.

 

この著書の特徴

著者はフランスの若い数理経済学者ですが、既に15年以上も格差研究に取り組んでいます。

また、新聞紙上などで舌鋒鋭く政治・経済運営について論評、提言を行っています。

他の警世的な経済書と比べ、この本の特徴は、主要先進国の経済格差を数値で、かつ歴史的・政治的に包括的に分析していることです。

また、あらゆる疑問、賛否両論の学説、主要な学説、実際の税制や政府の経済政策をことごとく論じて行きます。

しかも多くの読者が理解し易いように数式や専門用語を極力使用しない。

膨大で不透明な経済データーから重要な兆候を抽出し、その現象を詳細かつ平易に説明する。

その為に600頁と115の図表を費やした。

私の見る限り、著者は学者らしく偏りの無い正確な分析を目指している。

従って折に触れ、分析の誤差や予測の信憑性を逐一述べていく。

その為に焦点がぼやけ、また経済現象中心なので私には少し物足りない。

しかし、著者の意志は明確です。

それは世界が格差の波に呑まれようとしているが、そのことを多くの人に正確に知らせたい。

また、今からそれを防ぐ為に必要な手立てを取るべきだと訴える。

 

Thing that I wish

A genius economist tried to explain everything comprehensively, and the explanation about a basic concept was omitted.

In other words

“Why is disparity bad?”

“What’s wrong with disparity?”

“Why is the corrective of disparity avoided?”

At first, I look at basic matters of disparity, and prejudice and misunderstanding about it.

After that, I’d like to approach the quintessence of this book with everybody.

 

This continues on next time.

 

私が望むこと

何せ天才経済学者がすべてを網羅的に説明しようとして、基本的な概念については説明を省いています。

つまり、

「なぜ格差がいけないのか?」

「格差のどこに問題があるのか?」

「なぜ格差是正を避けるのか?」

先ず、これらの格差の基本的な事柄、ついで偏見や誤解を見ていきます。

その後、皆さんと共に著書の真髄に迫りたい。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: economy, <english language, <japanese language, series: Capital of Piketty | Tags: , , | Leave a comment

淡路島 国営明石海峡公園 4: 公園の見所


1

< 1. 見頃のチューリップ >

今日は、公園の見所を紹介します。

写真は4月2日撮影のものです。

 

 2map

< 2.明石海峡公園の衛星写真 >

この写真の実際の大きさは、上下900m、左右500mほどある。

黄色の矢印が北を示す。

赤字の番号はゲート、青色は施設を示す。

1=東浦ゲート。ウェスティンホテルや国際会議場に近く、バス来訪者には便利。

2=海岸口ゲート。「バーベキュー広場」(7)や「海のテラス」に近い。

3=淡路口ゲート。「芝生広場」、大型複合遊具「夢っこランド」「ビジター棟」などの子供の遊び場と大きな駐車場に隣接している。

上記の子供の遊び場は、写真外上方に400mほど広がっている。

4=連絡口ゲート。夢舞台側の植物園(5)や百段苑、レストラン&ショップ(6)に近い。

青色の楕円枠は、前回3話で紹介した丘陵部です。

3

< 3. 淡路口ゲート周辺、写真上部 >

A: 移ろいの庭。今回は宝塚をイメージする飾り付けが行われているが、通常は広い芝生で潮風を受けて過ごせる所。

右に見える白い建物がビジター棟で、催しがよく行われている。

B、C: 風の丘。なだらかな丘の両側に趣の異なる花壇がある。

C:階段花壇。ここはチューリップが美しいのですが、4月9日現在、見頃を過ぎました。

4

< 4. 「海のテラス」 >

E: 大阪湾の向こうに須磨や神戸、六甲山が見える。

 

5

< 5. 東浦口ゲートと「花の中海」(大きな池)の周辺 >

F: 「大地の虹・北花壇」から「花の中海」と「ポプラの丘」を望む。

G: 「大地の虹・南花壇」から東浦口ゲートとウェスティンホテルを望む。

写真F、Gの範囲に、この公園のチューリップの8割以上が植えられています。

H: 東浦口ゲート近くから「花の中海」と「花の島」を望む。

右に「大地の虹・南花壇」が見える。

早咲き、中咲き、遅咲きのチューリップを組合せて植えてあり、もっとも揃って咲くのが4月6日~11日頃で見頃になります。

しかし近くで見ると、早咲きの分は花が開いていたり、カットされていたりします。

またチューリップと共に植えられている花々―黄色の水仙、紫色のムスカリ、青色のネモフィラ、が日々花壇の色合いを変えて行き、5月まで楽しませてくれます。

 

6

< 6. 「花の中海」山側 >

I: 「花の丘道」。

J: 「ポプラの丘」が前方に見えて来た。

K: 「ポプラの丘」から「花の中海」を望む。

実は、この「ポプラの丘」に2列で林立するポプラ並木が圧巻だったのですが、去年の台風で百本が倒れてしまい、残りは十本ほどになりました。

これが見応えのある姿になるには十年以上かかるようです。

Categories: <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: , , , , | 2 Comments

宇陀市の桜を訪ねて


 1

*1

 

今日は、奈良県の山間、宇陀市の有名な桜を紹介します。

それは大野寺のしだれ桜と又兵衛桜です。

あいにくの曇り空でしたが、満開の桜を見ることが出来ました。

 

 2

< 2.宿泊した美榛苑から榛原を見下ろす >

 

4月4日と5日、私は友人の三回忌を兼ねて友人と花見に行きました。

電車で大阪から奈良平野に入り、さらに宇陀の山中を通過していると、至るところで桜が満開でした。

天気予報では、雨が必至でしたが、花見の最中に降られることはなかった。

 

3

< 3. 大野寺のしだれ桜 >

 

この寺は近鉄駅室生口大野から徒歩すぐの所にあります。

小さな境内に、樹齢300年の2本のしだれ桜が満開でした。

境内の奥の庭にも多くの桜や花が色とりどりに咲いていました。

境内は見物客で一杯でした。

 

4

< 4. 大野寺境内と磨崖仏 >

 

時折、雲間から光りが注ぐと、その瞬間、桜が輝き、桜の匂いが微かにしたようです。

対岸にある磨崖仏は、800年前、岩に弥勒菩薩を線刻したもので、高さは14mあります。

 

5

< 5. 又兵衛桜 >

 

ここは近鉄榛原駅から9kmほど南に行った山間の村の外れにあります。

このしだれ桜は黒田家に仕え剛勇で聞こえた後藤又兵衛の屋敷跡に咲いている(伝説か)。

周囲はよく整備されていました。

 

6

< 6. 又兵衛桜 >

 

ここは谷間の川を中心に広がった村で、日本の原風景、山村を偲ばせる。

この風景を見ていると、後藤又兵衛がここに逃れ住んだと言う伝説もうなずける。

 

あとがき

曇天にもかかわらず、観光ツアーの団体が次ぎから次へとやって来た。

300年前に植えられた、たった一本の桜がこれほど人を惹きつける、妙に感銘した。

 

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , | 2 Comments

播磨を巡って 2: 高砂と加古川を訪ねて


1

< 1. 日岡山公園の桜 >

 

今日は、桜の名所を二ヵ所、鹿嶋神社と日岡山公園を訪れました。

写真は3月30日月曜日に撮影しました。

 

 2

< 2. 高砂市の鹿嶋神社 >

参道の桜の古木が一本、今を盛りに花を咲かせていました。

参道にはかしわ餅を売る茶屋やダルマを売る店が並び、古い佇まいを残している。

 

3

< 3. 鹿嶋神社の境内 >

一部の桜は咲いていたが、満開ではなかった。

しかし、静寂とした山に囲まれた風格のある神社でした。

 

4

< 4. 加古川の日岡山公園 >

平日の16:00頃でしたが、屋台が並び、多くの花見客がいました。

今回、やっと満開の桜に出会いました。

 

あとがき

今回のドライブは天気に恵まれ、歩くと汗が滲みました。

期待した瀬戸内の景観でしたが、春霞がかかり、いま一つでした。

それでも赤穂御崎、牡蠣料理、赤穂浪士の足跡、桜と満喫した一日でした。

 

 

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | Leave a comment

播磨を巡って 1: 赤穂を訪ねて


 

1

< 1. 赤穂御崎 >

 

2回に分けて、3月30日の日帰り旅行を紹介します。

今日は、赤穂です。

 

 2

< 2. 赤穂御崎からの眺め 

下の写真2枚には家島が写っています。

春霞で遠望出来ませんが、その向こうに淡路島があります。

 

 3

< 3. 赤穂城跡、本丸 >

すべての写真に本丸門が見える。

モクレンの白さが、300年前、雪の中を討ち入りした志士を忍ばせる。

この本丸御殿で家老の大石と家臣らが苦悶したのだろう。

 

赤穂城について

江戸時代、この地に転封された浅野家が海岸にこの平城を作った。

そして入浜塩田による製塩を発展させ、塩は日本各地に出荷された。

しかし三代目藩主が刃傷沙汰を起こし、藩主は切腹、御家は改易となった。

これが赤穂浪士の討ち入り事件です。

 

4

< 4. 焼き牡蠣とモクレン >

今回の旅行は、牡蠣を食べるのと花見が目的でした。

牡蠣料理が3月一杯で終了なのでぎりぎり間に合った。

牡蠣料理、特に初めての焼き牡蠣は旨かった。

残念ながら赤穂御崎の崖を埋めている桜は咲き始めたばかりでした。

満開は4月10日頃だそうです。

 

5

< 5. 浅野家、赤穂浪士ゆかりの地 >

A: 大石神社。これは城内の大石良雄宅跡に造られた。

B、C: 花岳寺。浅野家の菩提寺で赤穂浪士47士の墓がある。

D、E: 伊和都比売神社。これは航海安全の神で、海に面して建っている。

 

次回は、加古川の方を紹介します。

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | 2 Comments

淡路島 国営明石海峡公園 3: 丘陵部


 

1

< 1. 「ポプラの丘」のチューリップ >

 

今回は、公園中央部にある丘と森を紹介します。

日本の自然景観が巧みに造形され、特に高台からの見晴らしが素晴らしいです。

主に「せせらぎ広場」、「空のテラス」、「月のテラス」、「水の岩戸」などを巡りました。

写真は3月28日撮影分です。

 

 2map

< 2. 丘陵部の地図、ピンクの星印が主な撮影地点 >

 

3

< 3. 「せせらぎ広場」など >

一番上の写真: せせらぎ広場。左上部に「空のテラス」が見える。

上から二番目の写真: 「空のテラス」から「せせらぎ広場」を見下ろす。

左側にチューリップが綺麗な「風の丘」、その向こうが「移ろいの庭」、大阪湾が見えます。

 

4

< 4. 満開の桜 >

この公園では「春一番の丘」で100本の河津桜が3月に一番初めに咲きます。

後は、色々な桜が順番に咲いていきます。

今が最盛期です。

 

5

< 5.「月のテラス」と「ポプラの丘」 >

今、チューリップが日増しに咲き誇るようになってきました。

最盛期は4月5日~10日ですが、既に見応えがあります。

色とりどりに咲くチューリップ、ムスカリ、水仙が、山と海が迫る斜面に咲いています。日射しが暖かくても潮風が吹いて爽やかな散策が楽しめます。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | 4 Comments

淡路島 国営明石海峡公園 2: バーベキュー広場


バーベキューを楽しむ人々

< 1. バーベキューを楽しむ人々 >

 

今日は、明石海峡公園付属のバーベキュー広場を紹介します。

ここは海峡公園の海側にあり、すぐ海峡公園にも入場出来ます。

写真は3月28日撮影分です。

 

バーベキューサイト 

< 2. バーベキューサイト >

 

バーベキュー広場の施設

この広場は海峡公園に隣接しており、無料で使用出来ます。

  • * レンガ敷きのバーベキューサイト(15ヵ所)。

・利用者が多い場合は敷地内であれば可能です。

  • * 調理、バーベキューが出来る棟とトイレ。

・施設内で食材等を販売していません。

  • * 日除けのターフの無料貸出。
  • * 有料駐車場(隣接の海峡公園と共用)。

・利用期間と時間は公園と異なりますので確認ください。

 

注意事項はhttp://awaji-kaikyopark.jp/バーベキューを楽しもう!を御覧下さい

 

バーベキュー広場の受付

< 3. バーベキュー広場の受付 >

上の写真: 手前にバーベキューの施設棟とその奥に海岸口ゲートが見えます。

下の写真: 明石海峡公園の海岸口ゲート。

バーベキュー広場には行くには、海峡公園の海岸南駐車場に車を停めて下さい。

駐車場の突き当たりに進み、写真の塔の前を右に入って下さい。

ここが海峡公園の海岸口ゲートで、ここでバーベキュー利用の受付を行います。

 

バーベキュー広場の全景 

< 4. バーベキュー広場の全景 >

上の写真: 北側を見ている。海岸口ゲートとバーベキューの施設棟。

下の写真: 南側を見ている。海峡公園付属の「翼港」が見える。

海岸には降りることが出来ません。

 

あとがき

山と海に挟まれた芝生の広場で、皆さんはバーベキューをのんびりと楽しまれています。

今の時期、利用者は少ないですが、これから夏場に向かって来訪者が増えていきます。

ここから海峡公園の利用も便利です。

 

次回は、海峡公園内の丘陵部を紹介します。

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | 2 Comments

淡路島 国営明石海峡公園 1: 花のフェアが始まりました


     1DSC06123

< 1.花火鳥 >

 

今、淡路花博2015が淡路島全域で行われています。

その内の国営明石海峡公園の様子を、これから2ヶ月間に渡ってお知らせします。

今日は、その最初で、写真は3月26日撮影分です。

 

 2DSC06129

< 2.「大地の虹」から撮影、右手に「花火鳥」が見える >

「花火鳥」は淡路島大震災からの復活を願って花で作られた不死鳥です。

 

 

みどころ

期間中、頻繁に色々な催事が行われており皆で楽しめます。

今、花では桜、アカシア、水仙、チューリップ、ムスカリが綺麗に咲いています。

この期間中、最大の見応えは60万株300種類のチューリップで、次ぎから次ぎへと咲いて行きます。

今は早咲きのチューリップが咲き、最も咲き誇るのは4月5日から10日頃でしょう。

 

淡路島国営明石海峡公園について

ここは淡路島の北端にあり、明石海峡大橋を渡って直ぐの所にあります。

この公園は海と山に抱かれた雄大な日本庭園と花園です。

長さ1.3kmの中に花壇、池、丘、林、芝生公園、遊園地が配されています。

また隣接して淡路夢舞台(ホテル、レストラン、ショッピング街、温室など)があります。

 

淡路花博2015、花みどりフェアについて

期間   3月21日~5月31日

開催場所 淡路島国営明石海峡公園と夢舞台、淡路ファームパークとイングランドの丘、他3箇所。

 

3名称未設定-2

< 3. 写真撮影地点はピンクの星印「大地の虹」 >

地図右側が北方向です。

 

4名称未設定-1

< 4.同じ場所から三方向を見た >

上から北、西、南側を撮影した写真です。

一番下の写真に、ホテルと夢舞台の施設が写っている。

 

5DSC06110

< 5.「花の中海」とその奥に「ポプラの丘」 >

 

ここはチューリップ花壇を一望出来るスポットの一つです。

チューリップはここ以外にもレイアウトを凝らした花壇で見られます。

 

この日は朝夕涼しく、昼間は快晴でそよ風が吹き、気持ちの良い日でした。

 

次回は、海岸沿いのバーベキュー広場を紹介します。

 

 

 

 

Categories: <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , , , | 4 Comments

False rumor, prejudice, and blind spots 17: What does the satire aim at? 3


デマ・偏見・盲点 17: 風刺が目指したもの 3

 

1切腹

< 1. Movie “Harakiri” , this is honorable punishment for samurai. >

< 1. 映画「切腹」、切腹は侍にとって名誉ある処罰 >

 

This time, I consider honor and think about how there should be satire.

今回は、名誉を考察し、風刺は如何にあるべきかを考えます。

 

2決闘

< 2. Fight a duel for honor >

< 2. 名誉をかけた決闘 >

 

The most troublesome one is “honor”.

There is society that esteems “honor” extremely, and if disgrace was brought, it may become a bloodshed incident.

In a memoir “The Sad Tropics” by Levi-Strauss, there was an incident when Brazilian hunter-gatherer bartered.

They made a night attack to protect the honor because the value of the barters was different.

In the past, if disgrace was brought, it is usual for them to behave violently or to fight a duel.

 

But there was also a different part to the honor in Japan and Korean Peninsula.         

A warrior (samurai) did suicide (harakiri) to protect honor of oneself, his family or his belonging group.

There is also society that sacrifices family’s woman for family’s honor in South Asia.

 

The response to honor is various and person among different cultures is difficult to understand.

The honor had a function that maintains the footing by maintaining the reputation of individual and his belonging group.

Most society attaches importance to the honor of either individual or group.

For the most part, Europe and America seems to be the former and Japan seems to be the latter.

 

The culture of the honor still breathes.

The feelings remain still in the competition between nations, races and religions as seen in watching sports.

For example、do you wish to stare the eyes of gangster, motorcycle gang and Japanese monkey?

We have the feelings that are hard to abandon.

 

 

最も厄介なのが「名誉」です。

「名誉」を極端に重んじる社会があり、名誉が傷付けられると流血事件になることがある。

 

レヴィストロース著「悲しき熱帯」に、ブラジルの狩猟採集民が物々交換で価値が釣り合わず、名誉が傷付けらえたとして夜襲したことがありました。

かつて、名誉を傷付けられると相手に暴力を振るったり決闘を申し込んだりするのが普通でした。

 

しかし日本や朝鮮半島では異なる部分もありました。

武人(侍)は自分や家系、帰属集団の名誉を守る為に自害(切腹)した。

南アジアには家族の名誉の為に婦女子を犠牲にする社会もあります。

 

名誉への対応は様々で、異文化の人には理解しがたい。

名誉は個人や集団の評判を守ることにより、その立場を維持する機能がありました。

社会によっては、個人か集団の名誉のどちらかがより重視された。

概ね欧米は前者で、日本は後者と言えそうです。

 

名誉の文化は今も息づいています。

スポーツ観戦に見られるように国家、民族、宗教間で、その感情は今でも健在です。

例えば、あなたはヤクザ(暴力団員)や暴走族、日本猿と目を合わすことを望みますか?

私たちには捨て難い感情が根付いているのです。

 

3猿

< 3. Japanese monkey >

< 3. 日本猿 >

 

What is the problem?

The problem is to hurt the honor of others by satire.

“Freedom of speech” is limited by the range that does not conflict with “Defamation of character”.

Furthermore, we should forbid using satire to discriminate against the weak.

In Japan, most media controls discrimination terms voluntarily.

 

If culture or religion is different, the harm by satire may be beyond imagination.

Frequently, we are easy to accept freedom of speech, separation of government and religion and individualism as holy writ, but should accept different culture.

 

Most worrying is increasingly to report satirical news with pandering to public as public position “freedom of speech”.

 

何が問題か

問題は、風刺によって他者の名誉を傷付けることです。

「言論の自由」も「名誉毀損」に抵触しない範囲に制限されている。

さらに弱者を差別する為に風刺を使うことも禁止すべきです。

日本では、マスコミが差別用語を自主規制しています。

 

文化や宗教が異なると、風刺の弊害は想像を越えることがあります。

私達は、往々にして、自国の文化や価値観―言論の自由や政教分離や個人主義、を絶対視しがちですが、異なる文化を受け入れるべきです。

 

注意するべきは、マスコミが「言論の自由」を立前に大衆に迎合し風刺的報道を強めることです。

 

4ビゴー作

< 4. this cartoon of France shows powers that took aim at the Korean >

< 4.フランスのビゴー作「魚釣り遊び」、朝鮮半島を狙っている列強 >

 

Summary

The satire is necessary as a degassing of society and a countermeasure against power.

But, the satire is easy to appeal to public, if we give a loose rein to it, we make discriminating run out of control.

 

When satirizing other countries, the media should exercise moderation.

In addition, it is the same kind as about emigrants of different culture or pagan.

Even if all live in the same country, it is not wise policy to let the manners and customs of the country obey the emigrants hastily.

Naturally, there is the range of good sense like the difference in men and women of all ages.

 

Developed countries that have a superior sense of “democracy and human rights awareness” must give an example for leading the peace.

 

まとめ

風刺は社会のガス抜きや権力への対抗手段として必要です。

しかし風刺は大衆受けし易く、野放しすると名誉を傷付け、差別へと暴走させます。

 

他国を風刺する場合、マスコミは節度を守るべきです。

また国内の異文化、異教徒の移民についても同様です。

同じ国内であっても、移民の習俗を性急に従わせることは得策ではありません。

自ずと、老若男女の違いのように良識の範囲があります。

 

このことは「民主主義と人権意識」の発達した先進国が範を示し、平和を率先する意味で重要です。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <japanese language, Series: False rumor, prejudice, blind spots | Tags: , , , , , , | 2 Comments

False rumor, prejudice, and blind spots 16: What does the satire aim at? 2


デマ・偏見・盲点 16: 風刺が目指したもの 2

 

1狂言

< 1. Comic drama >

< 1. 狂言 >

 

I look at Asian satire culture and negative aspect of satire this time.

 

今回は、アジアの風刺文化と風刺のマイナス面を見ます。

 

Asian satire

The satire of classic public entertainment (comic drama, comic monologue, etc.) poked fun at the stupidity of person, and admonished.

Occasionally, samurai and Buddhist monk were satirized with caricature.

However, the culture to bitingly satirize the power like Europe and America did not grow up in Japan.

 

アジアの風刺

日本の古典大衆芸能(狂言、落語など)の風刺は、多くが人の愚かさを揶揄し諭している。

風刺画では、侍や僧侶が風刺されることもあった。

しかし日本では欧米のように権力を辛辣に風刺する文化は育たなかったようです。

 

 

2風刺2

< 2. Asian satire >

< 2. アジアの風刺 >

E : Picture scroll “Choju-Jinbutsu-giga” in about the 12th century.

This caricature described by frolicking animals and humans satirizes the society.

The scene shows a rabbit carries the appropriate gift to a bishop of monkey who had finished a Buddhist memorial service.

 

F : A caricature “Intractable disease treatment” of the end of the Edo era in the middle the 19th century.

The scene shows some samurais who suffered from intractable disease are visiting a skilled physician.

These diseases are “all talk and no action”,” unprincipled” and “cowardice”, etc.

It says samurai is flaccid.

 

G : Comic monologue.

It is an entertainment of common people from the Edo era, and also popular even now.

The laugh is mainly to satirize common people’s stupid act.

 

H : A masque of Hahoe Folk Village in Korea.

The scene satirizes Buddhist monk that is courting woman.

And it also satirizes Yangban (noble) living in same village.

 

E: 絵巻物「鳥獣人物戯画」。12世紀頃。

動物を擬人化して社会を風刺。

この絵は法要を終えた猿の僧正に兎が御礼の品を運んでいるシーン。

 

F: 幕末の風刺画「難病療治」。19世紀中頃。

難病奇病を患った侍が名医を訪れているシーン。

この病は「口ばかりの病」「うちまたこうやく」「うしろをみせる病」などで、侍を軟弱と皮肉っている。

 

G: 落語。

江戸時代より庶民の娯楽として定着し、今も人気がある演芸。

庶民の愚かな行為を風刺する笑いが主。

 

H: 韓国の安東河回村の祭りで行われる仮面劇。

これは女性を口説く僧侶を風刺しているシーン。

村で共存している両班(貴族)をも風刺する。

 

3はかたにわか

< 3. impromptu comedy play of Hakata >

< 3.博多にわか、ブログ「ヨレヨレライダーのどたばた日記」より >

 

Negative aspect of satire

It is to laugh at and to look down others.

Frequently, the satire was preoccupied with poking fun at others and enjoying, and sometimes was used for social sanctions and discrimination.

Aristotle assumed the origin of Greek comedy had been to poke fun at nomadic tribe who were driven from the town.

 

In the Middle Ages of Japan, Satirical sanction was carried out in villages.

For example, when there was a theft, village people identified someone with the criminal.

Then, the village people putted a large rock on front of his house at midnight, and did not remove it until he confessed.

 

In other village, people satirized a delinquency of the villager with impromptu comedy play.

The satirical sanction had functioned as social sanction, but became outdated when legal system and human rights awareness advanced.

 

Main problem is satire used to despise and discriminate subordinate person and an outlander (immigration).

 

風刺のマイナス面

それは他者を愚弄し、貶めることです。

往々にして、風刺は他人を揶揄し愉しむだけに終始し、時には社会的制裁や差別にも使われた。

アリストテレスはギリシャ喜劇の起源を、町を追われた流浪の民を揶揄したのが始まりとしている。

 

中世の日本の村では風刺的制裁が行われていた。

例えば、盗難があり、犯人の目星がつくと、夜中に村人が大石をその家の前に置き、当人が白状するまで取り除かない。

また村人の非行を村人がにわか狂言(滑稽な即興の寸劇)で風刺することも行われた。

風刺的制裁は村八分(社会的制裁)として機能していたが、法制度や人権意識が進むと廃れた。

 

主な問題は劣位の人やよそ者(移民)を蔑視し差別することに使われる風刺です。

 

To satirize different culture

Satire will be common in identical cultural sphere, but in different cultural sphere, there is a possibility that a harmful influence beyond each other’s understandings arises.

I look at two examples about differences in culture, and consider what become problems.

 

 

異文化を風刺すること

風刺は同一文化圏では共有可能でしょうが、異文化では理解を越える弊害が生じる可能性があります。

文化の違いを二例ほど見て、何が問題となるかを見ます。

 

4名誉と笑い

< 4. Honor and laughter >

< 4. 名誉と笑い >

 

I : A scene of charging in drama “Chushingura”

This is a Japanese true story of the early 18th century, and if many Japanese see this drama, they still shed tears.

It shows a samurai’s honor that they took revenge for their lord and suicided by disembowelment.

 

J : Folktale ”Khoja”

It is a funny story that a Turkish saint is central character in.

 

I: ドラマ「忠臣蔵」の討ち入りシーン。

18世紀初めの日本の実話で、多くの国民は今でもこれを見ると涙する。

これは主君の仇を討ち、後に全員切腹する武士の名誉を描いている。

 

J: 民話「ホジャ」。

トルコの聖者が主人公の笑い話、頓知話。

 

Honor and laughter

These are in common in the world, but the reaction greatly varies according to the culture.

In my trip of Turkey, I heard the funny story ”Khoja”, but it was not laughable.

The local guide said Japanese never laugh, but I asked to speak forcibly.

After all the difference of culture was big.

 

On the next time, I look at honor.

 

名誉と笑い

これは世界共通なのですが、文化によって反応が大きく異なります。

トルコ旅行中、笑い話「ホジャ」を聞いたが、笑えなかった。

現地ガイドは、日本人は笑わないと言ったが、無理にお願いした。

やはり文化の違いは大きかった。

 

次回は、名誉について見ます。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: False rumor, prejudice, blind spots | Tags: , , , , , | Leave a comment

False rumor, prejudice, and blind spots 15: What does the satire aim at?


デマ・偏見・盲点 15: 風刺が目指したもの 1

 

 

1風刺

< 1. A overseas caricature, by blog “SKY NOTE”  >

< 1.海外の風刺画、ブログ「SKY NOTE」より  >

 

On January 7 in this year, French satirical weekly newspaper was attacked and many people were killed.

May their soul rest in peace.

This time, I think about the satire culture that led to this incident.

 

今年1月7日、フランスの風刺週刊誌が襲撃され、尊い命がなくなりました。

ご冥福をお祈りします。

今回は、事件の切っ掛けになった風刺文化について考えます。

 

2シャルリーエブド

< 2. covers of Charlie Hebdo 

< 2. シャルリーエブド紙の表紙 >

 

Preface

Recently, for continuing terrorism threat, I become a dark mood.

It is legitimate to deal terrorism, but about the destruction, there are two consciousnesses.

The one is to exterminate the stronghold by air strikes at one sweep.

Another one is to prevent the recurrence and the increase by snuffing out hotbeds of terrorism.

This time, I don’t examine the pros and cons of the two, and I look back on the satire culture that caused this terrorism.

 

はじめに

近頃、続くテロの脅威には、暗澹たる気持ちにさせられます。

テロを処断するのは当然ですが、その撲滅について、大きく二つの考えがあります。

一つは、一挙に空爆などで本拠地を殲滅することです。

今一つは、テロの温床を無くすことで、再発や増殖を阻止することです。

この是非の考察は後に譲って、今回は、テロを誘発した風刺文化を振り返ります。

 

The threshold of the incident

This weekly newspaper (Charlie Hebdo) was famous with the bitter caricature, and was caricaturing prophet Muhammad from before.

Furthermore, on the day of the incident, a caricature (weekly newspaper) that made a mock of the face of a jihadist having an automatic rifle was released.

There, too, “There was not yet an attack at all in France”, and “ Wait! It will be still in time for a greeting of the New Year” were trumpeted in the headlines.

 

事件の切っ掛け

この週刊誌(シャルリーエブド紙)は辛辣な風刺画が有名で、以前から預言者ムハンマドも風刺していた。

さらに事件当日、自動小銃を持ったジハード戦士の顔を茶化した風刺画(週刊誌)が発売された。

そこには「フランスではいまだに襲撃が全くない」、また「待っていろ! 新年の挨拶ならまだ間に合う」の見出しが躍っていた。

 

About satire

Satire is always accepted by people in the world and has been welcomed.

The satire had the effect to punish the bad practice of society, or the abused power.

But there is also a pitfall where we don’t notice.

We glance at the satire culture of the world and intend to consider what it aimed.

 

風刺について

風刺は世界中、いつの世も大衆に受け入れられ歓迎されて来ました。

風刺は社会の悪弊や権力の乱用を懲らしめる効果もありました。

しかしそこには気が付かない落とし穴もあります。

少し、世界の風刺文化を一瞥して、その目指したものについて考察します。

 

The visible side from the satire culture of the world

In a dictionary, “ Satire is to criticize a defect and a sin of society or person indirectly”

 

世界の風刺文化から見えるもの

風刺とは「遠回しに社会・人物の欠陥や罪悪などを批判すること」と広辞苑にある。

 

 3ギリシャ喜劇

< 3. Actor statue wears a mask of ancient Greece comedy >

< 3. 古代ギリシャ喜劇の仮面を被った役者像 >

 

Ancient Greece comedy 

In the 5 – 4 century B.C., it was very popular with citizen as well as the tragedy of the festival.

The actors exchanged words of the barnyard joke and the ridicule in early times.

At its peak, a person of power or Socrates were satirized, moreover the pacifism was treated by work, “Lysistrata”.

This presentation expense was paid by rich merchants and the nation, and we can see a democratic aspect that people were tolerant of satire.

 

古代ギリシャ喜劇

紀元前5~4世紀、祭典の催しの悲劇と並んで市民に絶大な人気がありました。

初期には張りぼてをかぶり卑猥な冗談や揶揄を交わしていた。

往時には、権力者(執政官)やソクラテスなどが風刺され、さらに作品「女の平和」で戦争反対を扱った。

この上演費用は裕福な商人や国家が出しており、風刺に寛容な民主主義の姿を見ることが出来る。

 

Euramerican satire

It was from the about 17th century that satirists began to play an active part in Europe, and the satire became the weapon of people.

This satire criticized the stupidity and the error of a society or a person of power, and evoked big sympathy in people’s mind.

This enlightenment means to people were very strict for a person of power and politicians.

In this sense, it is said that the satire (freedom of speech) toward power is the democratic cornerstone.

 

欧米の風刺

ヨーロッパで風刺作家が活躍し始めるのは17世紀頃からで、風刺は民衆の武器になった。

この風刺は社会や権力の愚かさや誤りを皮肉って、嘲笑を誘い民衆に大きな共感を呼び起こした。

この民衆への啓蒙手段は権力者や施政者には手痛いものとなった。

この意味で権力の風刺(言論の自由)は民主主義の要と言えます。

 

4風刺1

< 4. Euramerican satire >

< 4.欧米の風刺 >

 

A: Novel “Don Quixote.” It satirized Spanish noble society. In the 17th century.

B: It satirizes Napoleon who failed in the conquest of Russia. A doll would be decapitated is Napoleon. In the 19th century.

C: Novel “Gulliver traveler’s diary.” It satirized British society. In the 18th century.

D: Movie “dictator.” Chaplin satirized Hitler. In 1940.

 

On the next time, I look at Japanese satire culture and problems of the satire.

 

A:小説「ドン・キホーテ」。スペインの貴族社会を風刺。17世紀。

B:ロシア遠征に失敗したナポレオンを風刺。首を切られそうな人形がナポレオン。19世紀。

C:小説「ガリヴァー旅行記」。イギリス社会を風刺。18世紀。

D:映画「独裁者」。チャップリンがヒトラーを風刺。1940年。

 

次回は、日本の風刺文化と風刺の問題点を見ます。

 

 

 

Categories: <english language, <japanese language, Series: False rumor, prejudice, blind spots | Tags: , , , | 2 Comments

Eye For An Eye ! / Saudi Arabia.


Originally posted on mysuccessisyoursuccess:

For the last 50 years Saudi Arabia sowed horror and terrorism ,now the Saudis are reaping the rewards of their deeds.

The founder of Islam expanded his religion by the sword and by imposing heavy tribute on the none believers when he invaded their territories . Since the 7th.century the Muslim leaders followed the same severe tactics to deal with the none believers,become a Muslim ,pay tribute or be obliterated .At the present time Saudi Arabia the #1 Sunni extremism supporter wants to expand Islam with Oil Money.,by encouraging Muslims to immigrate to the West and by spending billions of dollars on building Mosques,schools and Islamic center all over the world specially in Europe and America.

Saudi Arabia and Qatar were financing ISIS since 2011 to topple the Syrian Shia’t regime.Now ISIS is threatening the Saudi to continue the flow of the oil money or face destruction.Today ISIS blow up…

View original 24 more words

Categories: uncategorized | Leave a comment

Create a free website or blog at WordPress.com. The Adventure Journal Theme.

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 1,138 other followers