Posts Tagged With: ancient

Bring peace to the Middle East! 57: when religions were born 5: Confucianism


中東に平和を! 57: 宗教が誕生する時 5: 儒教

 

1

<1. Confucius>
< 1. 孔子 >

This time, I investigate the birth of Confucianism.

今回は儒教の誕生を追います。

 

The times when Confucius was born
A first Chinese dynasty was born in the 17th century B.C., but it was divided in approximately 200 countries since the 8th century B.C., and the unification of a country was completed after wars for 500 years.
Since the middle period, the farming had advanced by ironware and the trade had developed, and many city states grew up.
At that time, the wars among nations and the internal trouble of royal families continued, and it occurred frequently that a person of lower rank overthrew a superior either politically or militarily, and then supplanted the superior’s position in society.
On the other hand, the royalty and the aristocracy employed a talented and wise person than a blood relative and tried to get predominance .
Under such circumstances, various thinker groups “The Various Masters of the 100 Schools” having an independent opinion were born.
Most of them serve the royalty and the aristocracy, and proposed a policy and an stratagem.
The Confucius was born in such situation in China in the sixth century B.C.

 
孔子が生まれた時代
中国の最初の王朝は黄河中流域に紀元前17世紀に生まれていたが、紀元前8世紀には二百カ国ほどに分裂し、五百年間の戦争を経て統一に至る。
この中期頃から、鉄器による農耕と交易が進み、都市国家は成長していった。
国家間の戦争と王家の内紛は絶えることなく、下位の者が上位の者を脅かす下剋上がはびこっていた。
一方で、王侯貴族は血縁よりも才能や知恵ある者を採用し強勢を計るようになった。
こうした中、独自の主張を持つ多様な思想家集団「諸子百家」が生まれた。
彼らの多くは王侯貴族に仕官し政策や術策を提言した。
このような紀元前6世紀に孔子は生まれた。

 

2

< 2. The Confucius traveling on foot >
< 2. 孔子の遊説行脚 >

The act of the Confucius
He worked his way through school, served a historic state ”Lu”and became a prime minister.
However, he was balked of his hope and opened a private school to common people.
After that, he visited states in each places with disciples, preached his ideal politics, and requested to get into the government service.
After all, he couldn’t realize his dream, came back to his hometown, and devoted myself to organize old documents that had been handed down to the state, and to educate people.

 
孔子の行い
孔子は苦学して由緒ある王家(魯)に仕え、宰相まで登りつめた。
しかし、彼は夢破れ職を辞し、民衆相手に私塾を開いた。
その後、弟子達と共に各地の王家を訪ね、理想の政治を説いて回り、仕官を願った。
結局、夢叶わず故郷に戻り、王家に伝わる古文献の整理と教育に専念した。

 
Afterwards
After the death of Confucius, his teaching was spread out by disciples, it was as popular to common people as Bokka at that time.
Bokka advocated a love of humanity, pacifism, faith, and a simplification of rites
, and conflicted with a scholar of Confucianism, after that it was ruined.
The Confucianism became the state religion of the Han empire in the second century B.C., and existed as an indispensable for the most of governments afterwards.
It was introduced into Korean Peninsula and Japan before long, and the Confucianism took root in the East Asia as morality to keeping social order.
Sacred books of Confucianism(the Four Books and Five Classics of Confucianism) consisted about old documents on the history and formality of the states that Confucius imitated.
“The Analects of Confucius” is one of the sacred books, and is a book that his disciples wrote down the words and acts of Confucius in.
Mental attitude and how to get along in life are written in the book.

 
その後
孔子の死後、その教えは弟子達によって広まり、民衆の人気を墨家と二分した。
墨家は人類愛、戦争反対、信心、祭儀の簡素化を訴え儒家と対立し、後に滅んだ。

紀元前2世紀、儒教は漢帝国の国教となり、その後も国政に不可欠なものとして存続した。
やがて朝鮮半島や日本に伝わり、儒教は東アジアに社会秩序をもたらす道徳として定着した。

儒教の経典(四書五経)は孔子が模範とした王家の歴史や儀礼や易(占い)の古文献が集められたものです。
論語ものその一つで、弟子達が孔子の問答や言行を記したものです。
そこには心構えや処世術が書かれている。

 

3

< 3. a Confucian temple >
< 3. 孔子廟 >

Thought of the Confucius
He thought policymakers must become better to end the turbulent age.
Therefore, he said it was important that the policymaker doesn’t depend on strict penalty and machinations, treats people with a good heart, and must be worshiped by people.
He thought that the model for this is a dynasty ” Zhou ” approximately 500 years ago.

The basics are “Ren” and “Li”.
“Ren” means benevolence or humaneness, and then it was necessary that policymakers seek after virtue and common people have morals.
“Li” means formality or rites, and then it aimed at the succession of the social order (patriarchy, ancestor worship).

He reproved that disciples depended on God, on the other hand, he thought succeeding to the rites make sense.
He didn’t deny royal politics, avoided religious things, advocated the revival of traditional mind and norm daringly in the turbulent age.

 
孔子の思想
彼は、この戦乱の世を終わらせるには為政者が良くならなければならないと考えた。
その為には、為政者は厳格な罰則や謀略に頼るのではなく、善良な心で民に接し、民から敬われることが重要とした。
その手本は、五百年ほど前の周王朝にあるとした。

基本は「仁」と「礼」です。
「仁」とは、自己抑制と思いやりを指し、為政者には「徳」、民には「道徳」を求めた。
「礼」とは、礼儀や祭儀を指し、社会秩序(家父長制、祖先崇拝)の継承を目指した。

彼は、弟子に神を頼ることをたしなめたが、一方で、祭儀を守ることは天の意志に叶うとした。
彼は王家を否定せず、宗教的なものを避け、戦乱の世に敢えて伝統的な精神と規範の復活を訴えた。

 

Point of the Confucianism
Confucius disfavored the politics that puts emphasis on law of punishment and reward, and put emphasis on conscience.
On the other hand, he thought that policymaker (king) with virtue was indispensable for good politics.
This thought was not accepted in the times of the war, but the situation changed when a unified country appeared.
In other words, the doctrine that taught people to have to obey morality, succession of social order, and politics (King), administered to national stability rightly.

This continues the next time.

 
儒教のポイント
孔子は、人々を功利的にさせる法重視(信賞必罰)の政治を嫌い、良心を重視した。
一方で、良い政治には徳を持った王こそが不可欠と考えた。
この考えは、戦乱の時代には受け入れられなかったが、統一国家が出現すると状況は変わった。
つまり、人々に道徳や社会秩序の継承、政治(王)に従うべきと説く教義は、国家の安定にまさに合致するものでした。

 
次回に続く。

Categories: history+evolution, <english language, <japanese language, mind, politics, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 56: when religions were born 4: Buddhism


中東に平和を! 56: 宗教が誕生する時 4: 仏教 

 

%ef%bc%91

< 1. A Buddha statue >
< 1.仏像 >

This time, I investigate the birth of Buddhism.

今回は仏教の誕生を追います。

 

The times when Buddha was born
The Indian ancient civilization was born in the Indus basin, but already ruined.
Afterwards, Aryan invaded from the Central Asia, settled down in the upper and middle basin of the Ganges River as they were ruling over the indigenous people.
Then they developed abundant festival, myth, and paean in the last 1000 years and created Brahmanism.
The Brahmanism took root from royal families to every villages
Royal families repeated luxurious festivals, Brahman (priest) made the doctrine and the proceeding of the religious service an absolute secrecy (oral transmission of tales), and their authority exceeded lords occasionally.

A lot of critical freethinkers appeared since about the seventh century B.C., and Buddha played an active part in about the fifth century B.C.
The farming evolved in this area by ironware these days, and trade also developed.
And tribal societies evolved into city states, and a large number of the nations competed for hegemony and repeated war.
A kingdom of Buddha’s father became a prey of a great power, and died out.

 
釈迦が生まれた時代
インドの古代文明はインダス河流域に生まれたが既に廃れていた。
その後、アーリア人が中央アジアから侵入し先住民を支配しながらガンジス河の上中流域へと定住した。
彼らはそれから千年の間に豊富な祭儀と神話、賛歌を発展させ、バラモン教を生み出した。
バラモン教は村々から王家まで根を下ろしていた。
王家は贅沢な祭儀を繰り返し、バラモン(僧)は教義や祭祀手順を極秘(口頭伝承)にし、彼らの権威は王侯を凌ぐこともあった。

紀元前7世紀頃から、批判的な自由思想家が多数出現し、釈迦は紀元前5世紀頃に活躍した。
この頃、この地域は鉄器により農耕が進み、また交易も発展していた。
そして部族社会から都市国家へと進み、多数の国家が覇権を競って戦争を繰り返していた。
釈迦の父の王国も強国の餌食になり滅んだ。

 

%ef%bc%92

< 2. Festival >
< 2. 祭儀 >

 
The act of Buddha
Buddha was a prince of the small country of the north India, but he threw all things away, and took off on a journey of contemplation.
After getting the enlightenment, he organized a group of live-in followers (samgha), went around villages together and missionized.
In the end, he died surrounded by the followers at 80 years old.

Buddha tried to preach it easily without using difficult concepts that had spread in those days, and was unrelated to the miracle. Annotation 1
He refused the festival-centered Brahmanism, and preached to people about “Realize a truth”.
For example, it is to realize “Life is pain” and “obsession and greed bring suffering”.
He said that the people could acquire it by experiencing simple life and doing righteous deed, without doing ascetic practices.
Therefore he established religious precepts necessary for the life of live-in followers.

釈迦の行い
釈迦は北インドの小国の皇子であったが、すべてを捨て思索の旅に出た。
彼は悟りを得た後は出家集団(サンガ)を作り村々を巡って伝道し、弟子たちに囲まれて80歳で死去した。

釈迦は、当時流布していた難解な観念を用いず平易に説くことを心掛け、奇跡とも無縁でした。注釈1
彼は祭儀中心のバラモン教を拒否し、人々に「真理を悟る」ことを説いた。
例えば、それは「人生は苦である」「執着や我欲が苦しみをもたらす」を知ることです。
これを苦行ではなく、人々は質素な生活と正しい行いを通して体得出来るとした。
その為に、出家集団の生活に必要な戒律を定めた。

Afterwards
After Buddha died, the teaching was handed down by the disciples, and the sacred books were codified the several hundred years later.
Many kingdoms protected the Buddhism, and in addition, performed the enlightenment.
Thanks to it, the religious community developed, but it became specialized, split up and came to stay away from the people.
On the other hand, many graves (stupa) which enshrined ashes of Buddha were constructed in many places, and a lot of believers began to visit.
Buddha statues were born there since about the first century A.D., and the believers began to make the sacred books of Mahayana Buddhism in plenty.
Thing they wished was to get the saving grace by worshiping the Buddha as a god and praying even if they remained in lay believers.

After that, the Buddhism was at the height of the prosperity, spread to the Southeast Asia, and spread from the Central Asia to the East Asia.
On the other hand, the Brahmanism began to change to Hinduism being close to the people.

 
その後
釈迦入滅後、教えは弟子たちにより語り継がれ、数百年後に経典が成文化された。
多くの王国は仏教を保護し教化も行った。
おかげで教団は発展していったが、専門化し分裂し民衆から離れていった。

一方、釈迦の遺骨を祀る墳墓(ストゥーパ)が各地にたくさん作られ、信者らが多数訪れるようになっていた。
紀元1世紀頃、そこから仏像が誕生すると共に大乗仏教の経典が信者によって多数作られ始めた。
それらが目指したものは、釈迦を仏(神)と崇め、祈ることで在家のままでも救いが得られると言うものでした。

この後、仏教はインドで全盛期を迎え、東南アジアや中央アジアから東アジアへと広まっていった。
一方、バラモン教は民衆に密着したヒンドゥー教へと変容していった。

 

%ef%bc%93

< 3. A big grave (stupa) >
< 3. 墳墓(ストゥーパ) >

Point of the Buddhism
Buddha was negative about autocratic kingdoms, and also about economic activities being likely to become greed.
In addition, he was unrelated to Savior and God.
Therefore, at first, the Buddhism was far from the politics, but kingdoms protected the Buddhism for helping of social stability, and the religious community received favors, too.
It would not conflict with the national law, because the law established by Buddha was a religious precept of the group of live-in followers, only encouraged simple life and did not establish penal regulations.

Probably, the Buddhism was received by many nations by the condition and the popularity of it, and would have developed into a world religion.

This continues the next time.

 
仏教のポイント
釈迦は横暴な王国や私欲に走る経済活動に否定的であった。
また救世主や天上の神とも無縁であった。
したがって政治から離れていた仏教だが、王国は社会の安定に繋がるとして仏教を擁護し、教団も恩恵を受けた。
釈迦が定めた法は出家集団の戒律であり、質素な生活を奨励し、罰則を定めなかったので、国家の法とは抵触することがなかっただろう。

おそらくこの事と大乗仏教の人気が、多くの国家に受容され世界宗教へと発展することになったのだろう。

 
次回に続きます。

 
注釈1.
当時のインド哲学(ヴェーダ)は、宇宙原理(ブラフマンとアートマン)で世界の根本を説明出来るとし、これから梵我一如(ブラフマンとアートマンは同一)の思想が生まれていた。

また、輪廻転生(人は前世の因果を受けて生まれてくる)の観念が定着していた。
この観念はインドの自然風土に背景を持つが、バラモンによって階級差別を合理化するために一層強化された。
これは人々に恐怖であって、この無限のサイクルから脱する為に解脱を望んだ。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 54: when religions were born 2: Judaism


中東に平和を!54: 宗教が誕生する時 2: ユダヤ教

 

1
< 1. A miracle of Moses >
< 1. モーセの海割り >

This time, I investigate the birth of Judaism and after that time.
This is the oldest one among those five religions.

 

今回はユダヤ教誕生とその後を追います。
これは5つの宗教の中では最も古いものです。

 
Preface
The origin of the Jewish people lies in that various tribes had drifted to the ground of Palestine from each place of the Middle East and they gained their permanent residency after fights.
It was about the thirteenth century B.C.
This area was one of the oldest birthplaces of agriculture, had received the benefit of both civilization of Egypt and Mesopotamia, and a sophisticated culture grew up here.
However, the Jewish kingdom was on an only pathway between the both large kingdoms, therefore a alliance with one kingdom meant an attack from the other one, and the Jewish kingdom was subject to destruction and aggression many times.
In this occasion, many prophets appeared and sounded a note of warning to the Jewish people.
They severely criticized politics of King and an irreligion of people, and prognosticated the kingdom would perish before long

 
はじまり
ユダヤ民族の起源は、様々な部族が中東各地からパレスチナの地に流れ着き、戦いの末に定住を勝ち取ったことに始まる。
それは紀元前13世紀頃のことでした。
この地は、最古の農耕発祥地の一つであり、エジプトとメソポタミアの両文明の恩恵を受けて高い文化が育っていた。
しかし、ユダヤの国は両大国に挟まれた通り道にあたり、一方との同盟は他方からの攻撃を意味し、幾度も破壊と侵略を被った。
こんな折、幾多の預言者達が出現し、ユダヤ民族に警鐘を鳴らした。
彼らは王の政策と民の無信仰を痛烈に批判し、やがて国は滅亡するであろうと予言した。

 

2
< 2. the Babylonian Captivity >
< 2. バビロンの捕囚 >

 
Turning point
A decisive misfortune befell them before long.
Powerful Assyria invaded and destroyed Jerusalem, and took the upper crust away to Baghdad.
However, in the sixth century B.C., an emperor of Persia of the new ruler absolved them, returned them to the Jerusalem, and permitted the rebuilding of a former Solomon shrine.
Their country Jerusalem became a small and waste vassal state that can’t compare with the large empire of ex-Solomon.

The people thought that the national ruin was because of the anger of God, and should obey God.
The persons that took the central role in the rebuilding were compiling sacred texts that involved religious precepts and teachings since before 1,000 years B.C. as the oldest thing, and almost finished editing of the Old Testament in the third century B.C.
As a result of this, they may have wished to get the saving grace of God and the strong solidarity.

At the time of the rebuilding, there were the Jews who came back to Jerusalem, but on the other hand, there were the Jews that organized communities in each place of the Middle East, played an active part with using the accumulation of the high culture.

 
転機
やがて決定的な災厄が降りかかった。
強大なアッシリアが侵略し、エルサレムを破壊の後、ユダヤの上流階層をバクダットへと捕囚した。
しかし紀元前6世紀、新たな支配者のペルシア王が彼らを解放のうえ、エルサレムに戻し、かつてのソロモン神殿の再建を許した。
彼らの国土はかつてのソロモンの大帝国とは比べものにならないほど小さな荒れ果てた属州エルサレムだけになった。

人々は、亡国は神の怒りのせいであり、神に服従すべきと考えた。
再建を担った人々は、最古のものでは紀元前1千年前の戒律や教えを加え、紀元前3世紀には旧約聖書の編纂をほぼ終えた。
これによって彼らは神の御加護と強固な団結を得られることを望んだのだろう。

再建時、エルサレムに戻ったユダヤ人もいたが、中東各地に共同体を造り、高い文化の蓄積を生かして活躍する人々もいた。

 

3
< 3. The rebuilding of Solomon shrine >
< 3. 神殿の再建 >

 

Point of the Judaism
This religion give greater importance to religious precepts in comparison with other religion.
It included law of early city-state period of Mesopotamia from their tribal rules.

What was entrusted by the people at the birth of this religion was to found a strong country by Jewish people, and it was natural that the religion identified with the law of their country.
To prevent the national ruin, they felt need for an unquestioning obedience to God, and it was to obey the religious precepts God gave.

 
ユダヤ教のポイント
他の宗教と比べ、最も戒律が重視されている。
それは部族の掟からメソポタミアの都市国家期の法までを含んでいた。

この宗教の誕生期に託されたのは、ユダヤ民族による強固な国造りであって、国の統治(法)と宗教は一体が当然だった。
彼らは、亡国を招かない為には神への絶対服従、つまり神の与えた戒律に絶対服従することだった。

 

Afterwards
It lasted approximately 200 years when they were devoting themselves to the rebuilding although being a small country, and it was in the peaceful times.
However, Alexander the Great invaded in the 4th century B.C., and maelstrom of war lasted by the later internal trouble.
The Jew again built their kingdom in the second century B.C., but it became a vassal state since an invasion of the Roman Empire in 63 B.C.
During this time, the continuation of Judaism was forgiven, and the high priest continued to have the religious authority.

However, the misgovernment of the foreign rulers and a lack of understanding about Jewish culture continued.
Thus, the Jewish antipathy increased, resistance movements rose up in each place and it was sitting on a time bomb.

The next time is about Christianity.

 
その後
小さいながらも再建に専念した平和な時代は200年ほど続いた。
しかし紀元前4世紀のアレクサンダー大王の進攻、その後の内紛で戦火は続いた。
紀元前2世紀には、ユダヤ人は王国を築いたが、紀元前63年のローマ帝国の侵攻後、一属国となり果てた。
この間も、ユダヤ教は存続を許され、大祭司が宗教的権威を持ち続けた。

しかし、異国の統治者の失政やユダヤ文化への無理解が続き、ユダヤ人の反感は募り、各地で抵抗運動が起きて、一触即発の状態になっていた。

 
次回はキリスト教です。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 53: when religions were born 1: preface


中東に平和を! 53: 宗教が誕生する時 1: はじめに

 

1a

< 1. Salt March by Gandhi >
< 1. ガンジーの塩の行進 >

 
When I thought about Middle East problems, as for religion, I got worried about a deep religious antagonism and a secularization (secular politics) of Islam.
I examine the secularization (relations among religion, law and politics) by surveying the birth period of each religion from now on.

中東問題を考えた時、宗教に関して、根深い宗教対立とイスラム教の世俗化(政教分離)が気になりました。
これから宗教の誕生期を概観することにより世俗化(宗教と法と政治の関係)を考察します。

 

2a
< 2. Jewish Diaspora >
< 2. ユダヤのディアスポラ >

Preface
I look back on the birth of Judaism, Christianity, Buddhism, Confucianism and Islam, so the problem become clear through comparison of these.
We already saw religious antagonism and persecution in this serialization.
I examine how each religion was predetermined to be concerned with law and politics.

Firstly I look at the benefits of religion.
The religion brings people a hope, encourages good acts and produced the society which people are helping each other.
In addition, it reduces dissatisfaction of people, increases citizen compliance, and has a effect of reducing conflict from the society.

On the other hand, the believer came to have strongly feelings of slight and hostility against different religions.
In addition, occasionally the law (religious precepts) of the sacred book couldn’t respond flexibly to changes in the society, and the strong religious organization brought harm.

The religion inherits the doctrine (law) and role (social system) since the birth.
When there is only sacred book that a founder of the religion talked, it is so especially.
This is one of the reasons that cause a mismatch between modern society and religion.
However, the degree of the mismatch is not decided only with a long duration of the religion.
It changes depending on how each religion was associating with politics and law of the society.

I investigate this difference through looking back on the process of the birth period of each religion.

 
はじめに
ユダヤ教、キリスト教、仏教、儒教、イスラム教の誕生期を振り返り、比較することにより問題点が明瞭になります。
既に、この連載で宗教対立や迫害を見てきました。
ここでは個々の宗教が法と政治にどのように関わるように運命づけられたかを考察します。

はじめに宗教がもたらす恩恵を見ておきます。
宗教は人々に希望をもたらし、善い行いを奨励し、共に助け合う社会を生みだしました。
また人々の不満を減らし、順法精神を高め、社会から紛争を減らす効用もあった。

一方、信者は異教徒に対して蔑視や敵対の感情を強く持つようになった。
また聖典の法(戒律)が社会の変化に合わなくなったり、強力な教団が災いを生むこともあった。

宗教は誕生期の教義(法)や役割(システム)をそのまま継承し続けます。
宗祖が語ったとされる聖典がある場合はそうです。
このことが現代社会と宗教との間に齟齬をきたす理由の一つです。
しかし、その齟齬の度合いは宗教誕生の古さだけで決まるわけではありません。
それは、個々の宗教が政治や法とどのように関わって来たかで影響を受けます。

この差異を宗教誕生の過程を見ながら探って行きます。

 

3

< 3. Confucius lived during the Spring and Autumn and Warring States periods >
< 3.孔子が生きた春秋戦国時代 >

Historical backdrop that is common among the birth period of religions
I look at some common points before talking about the difference of these religions.
All societies where the religion was born were in the reform period, and advanced information had been brought to the society.
The reform period means that the society came to ruin due to a series of war or a natural disaster, and the birth of new rank or the thought had occurred due to the developing of city and economy.
The advanced information means new religion having the advanced doctrine, or civilization to bring new thought and technique.

For example.
The Judaism was born on the way of the national rebuilding from the country destroyed in the period of war.
The time of Jesus was in the period of war, and Hellenism culture had become widespread.
The time of Buddha was in the period of war, and many freethinkers had been born.
The time of Confucius was in the period of war, and many various thinker groups had been born.
The time of Muhammad was in the period of war, and two monotheistic religions had become widespread.

 
宗教の誕生期に共通する時代背景
宗教の差異を語る前に共通点を見ておきます。

宗教が誕生した社会はすべて変革期にあり、さらに先進の情報がその社会にもたらされていた。
この変革期とは、戦争や天災続きで荒廃している場合と、都市や経済が発展し新しい階層や思想の誕生があった場合などです。
また先進の情報とは、進んだ教義を持つ新興宗教や、新しい思想や技術をもたらす文明などです。

例えば以下のようなことです。
ユダヤ教は争乱の世にあって、亡国から国家再建への途上で生まれた。
イエスの時代は争乱の世にあって、ヘレニズム文化が浸透していた。
釈迦の時代は争乱の世にあって、批判的な自由思想家が誕生していた。
孔子の時代は争乱の世にあって、多様な思想家集団が誕生していた。
ムハンマドの争乱の世にあって、一神教が浸透していた。

 

4

< 4. The Bible >
< 4. 聖書 >

The difference of the religion is affected by each society of the time
At the period of the birth, there were religions being close to politics and religions being away from it.
It depended on what the religion intended to change.

The Judaism abandoned old religion, and intended to rebuild formerly nation together.
The Christianity criticized the Judaism associated with authority, but found a way out by associating with the Roman Empire.
The Buddhism criticized the Brahmanism associated with royal families and went away from politics.
The Confucianism hoped to revival of formerly ancient religion, and entrusted royal families with it.
The Islam abandoned old religion, and intended to found an unified country together.

 
宗教の差異は当時の社会の影響を受けている
その誕生期に、政治に近い宗教と、政治から遠ざかっている宗教がありました。
それはその宗教が何を変革することを目的にしていたかに関わりました。

ユダヤ教は、古い宗教を捨て、一丸となって国家を再建することでした。
キリスト教は権力と結びついたユダヤ教を批判したが、ローマ帝国と結びつくことで活路を開いた。
仏教は王家と結びついたバラモン教を批判し、政治から遠ざかった。
儒教は、いにしえの宗教の再興を願い、それを王家に託した。
イスラム教は、古い宗教を捨て、一丸となって統一国家をつくることでした。

 

5

< 5. Baptism of an emperor of Rome >
< 5. ローマ皇帝の洗礼 >

This continues the next time.

次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , | Leave a comment

Bring peace to the Middle East! 52: religion and persecution 6: Persecution of Jewish people 4


中東に平和を! 52: 宗教と迫害 6: ユダヤ人の迫害 4

 

1

*1

We were looking at the situation of persecution of Jews until now.
This time, I chase why establishment of Christianity provoked the persecution of Jews.
This is the last time.

今まで、ユダヤ人迫害の経緯を見て来ました。
今回は、キリスト教の誕生がユダヤ人迫害に如何に結びついたかを追います。
これで最後となります。

 

2a

*2

 
Process of the establishment of Christianity
When Jesus was born, the history of the Judaism was already over one thousand years.
He criticized decayed Jewish rabbis and the law overemphasis of the Judaism, and the Jewish believers who sympathized with him increased.
The Jewish ruling class incriminated Jesus as a leader of revolts to the governor-general of the Roman Empire, and he became the crucifixion (about A.D. 30).

 
キリスト教成立の経緯
イエスが生まれた時は既にユダヤ教の歴史は千年を越えていました。
彼はユダヤ教の腐敗した祭司達や律法偏重を批判し、それに共感するユダヤ人信徒も増えて行きました。
ユダヤ人の支配層はイエスを反乱の指導者としてローマ帝国の総督に訴え、彼は磔刑(紀元30年頃)になった。

 

 

3a

*3

Jesus’ resurrection caused an enthusiastic faith in resurrection in Palestine, and Christianity even extended to the gentile of the Roman Empire by activity of St. Paul etc. before long.
In 66 A.D., the Jewish-Roman wars of aiming for independence arose, but the Jews were defeated.
Therefore the Temple in Jerusalem was destroyed, and Jewish people again had to break up.
The region of the Roman Empire had been an emperor worship in those days, but the Judaism had been allowed, and early Christianity was considered one part of it.
The Christians were often persecuted because they were a heretic for Judaism and doubtful pagans for the people of Rome.
In addition, the Roman Empire also persecuted Christians because having been determined as seditious groups to not obey the emperor worship.
However, in the Rome society in a declining mode, the people who looked at large number of Christianity martyrs were attracted by Christianity.

At last, at the end of fourth century, the Roman Empire certified Christianity as the national religion in order to take in Christians who increased, and prohibited other religion.
After this, the Christianity grew mature in Europe, and extended to the world

 
イエスの復活によりパレスチナに熱烈な復活信仰が起こり、やがてパウロなどの活躍によりローマ帝国内の非ユダヤ人にもキリスト教は広まっていった。
しかし、紀元66年、独立を目指したユダヤ戦争の敗北によってエルサレム神殿は破壊され、ユダヤ人はまたも離散することになった。

当時、ローマ帝国は皇帝崇拝であったが、ユダヤ教は認めれらており、初期のキリスト教はその一部と見なされていた。
キリスト教徒はユダヤ教にとって異端者であり、ローマの民衆にとって怪しげな異教徒であったので、度々迫害された。
またローマ帝国はキリスト教徒が皇帝崇拝に従わない不穏分子であったので、これまた迫害した。
しかし、衰退し続けるローマ社会にあって多数のキリスト教殉教者を見た民衆はキリスト教に惹かれていくことになった。

ついに4世紀末、ローマ帝国は増大するキリスト教徒を取り込む為に、これを国教とし他の宗教を禁止した。
この後、キリスト教は西欧で成熟し世界へと広まっていった。

 

4a

*4

During this time, what had happened to Christianity?
After the destruction of the Temple in Jerusalem, in the stream of making the comeback, the Judaism assumed Christianity heresy and Palestinian Christianity fell into a decline.
Along with a progress of missionary work to the Jews (Greek speaker) that broke up and gentile at each place, the doctrine and customs of various paganism came to mix with Christianity.
In addition, an increasing number of Jewish conversion to Christianity caused regression toward Judaism.

Church fathers of Christianity at each place had to deal with troubles from within and without, made a definite distinction between heresy and orthodoxy, and did explanation for the persecution to the emperor.
They did theorization and unification of the doctrine, then established the confession of faith and the Bible. Annotation 1.
In this way, an unified church system was completed in the about third century. Annotation 2.

Syncretism and opposition almost happened among much religion, as if the birth of the Islam, the Buddhism, and the Taoism.
However, the intensity of the heresy was different among each religion.

この間に何が起きたのか
エルサレム神殿の破壊後、ユダヤ教は再起を図る中でキリスト教を異端とし、パレスチナのキリスト教は衰退していった。
各地に離散したユダヤ人(ギリシャ語話者)や非ユダヤ人への布教が進む中で、異教の教義や習俗がキリスト教に混じることになった。
またキリスト教へのユダヤ人の入信は、ユダヤ教への後戻りを招き始めた。
各地のキリスト教の教父達は、異端と正統の区別や、皇帝への迫害の弁明などの内憂外患に対処した。
彼らは教義の理論化と統一を行い、信仰告白と聖書を確立した。注釈1.
こうして3世紀頃には一体化された教会制度が成立した。注釈2.

多くの宗教、仏教、道教、イスラム教の誕生時にも、既存宗教との間で習合や対立が起こった。
しかし、異端への激しさは宗教によって程度の差があった。

 

5

*5
Peculiar things in Christianity
I think that it is related to “Jesus’ resurrection” and “the Catholic Church” that Christianity is strict with the heresy in particular.

The miracle called “Jesus’ resurrection” is hard to believe to our pagan, but Christian is most attracted.
If it becomes the Jew to have murdered Son of God Jesus, the hatred reaches a peak.

Furthermore, the existence of the unified church of the Roman Empire conduced to an succession of the firm doctrine, furthermore, the posture to eliminate heresy was also maintained strongly.
Thus, the persecution continued for 2000.
I begin a different theme from the next time.

 
キリスト教に特有なこと
私は、キリスト教が特に異端に厳しいのは「イエスの復活」と「カトリック教会」に関係すると考える。

異教徒には信じがたいイエスの復活という奇跡は、最もキリスト教徒を魅了する。
その神の子イエスを殺したのがユダヤ人となれば、憎しみは頂点に達する。

さらにローマ帝国の一体化された教会の存在は、ゆるぎない教義の継承と共に、異端を排する姿勢も貫かれた。
こうして、迫害が二千年も続くことになった。
これで「宗教と迫害」は終わり、次回より別のテーマを始めます。

 
注釈1.
信仰告白は、教会などで自身の信仰を神と人とに告白することです。

カトリック教会の信仰告白の例: 使徒信条

「天地の創造主、全能の父である神を信じます。

父のひとり子、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。
主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、
ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられて死に、葬られ、陰府(よみ)に下り、
三日目に死者のうちから復活し、天に昇って、全能の父である神の右の座に着き、
生者(せいしゃ)と死者を裁くために来られます。

聖霊を信じ、
聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだの復活、永遠のいのちを信じます。
アーメン。」

 

注釈2.
ここで言う教会制度とは、キリスト教圏のすべての教会とそれを監督する司教らが一人の教皇を頂点に一体化されていることを指します。
時には全域から司教以上が集まり公会議を開き、教義・典礼・教会法について話し合うことも行われた。

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Bring peace to the Middle East | Tags: , , , | Leave a comment

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 16: ナルヴァ城


%ef%bc%91dsc07361-1

*1

 

今日は、エストニアとロシアの国境にあるナルヴァ城を紹介します。

この小さな城は素晴らしい景観に恵まれるだけでなく、バルト三国を象徴する歴史を秘めていました。

訪れた時は夕暮れが迫っていたが、秋晴れでした。

 

 

ナルヴァ(Narva)について

エストニアの都市ナルヴァは、かつて「バルト海の真珠」と称される美しい街並みを誇った。

しかし第二次世界大戦時、ソ連の爆撃で歴史的な街並みの多くは失われた。

人口は約66000人で、人口規模ではタリン、タルトゥに次ぐエストニア第3の都市です。

 

 

2

< 2. ナルヴァ城の外壁 >

 

この城はナルヴァ川を挟む検問所の直ぐ横にあり、ナルヴァの町をナルヴァ川の対岸のロシアから守るように立っている。

この城も第二次世界大戦で半壊状態になったが、修復されて博物館になっている。

 

 

3

< 3. ナルヴァ城(ヘルマン城) 1 >

 

上の写真: 城壁をくぐると左手にレストランがある。

この建物の直ぐ右手の木の向こうにレーニン像が立っている。

後に、このレーニン像がこの町の複雑な事情を教えてくれることになる。

 

中央の写真: この中心的な城は博物館になっているがツアーでは入場しなかった。

 

下の写真: この城の向こうに、対岸のロシア側の城(イヴァンゴロド要塞)が見える。

 

 

ナルヴァ城について

ここに最初に城を築いたのはデーン人(デンマークに居たノルマン人)で、1256年でした。

そして14世紀の初めに最初の石の城が完成した。

その後、ドイツのリヴォニア騎士団がこの城を1346年に購入し、その後長く所有することになった。

 

 

この地の観光情報

*ナルヴァ市の広報HP: ナルヴァやナルヴァ城の紹介もあり、英語表記選択可。

http://www.narva.ee/en/for_tourists/page:7672

 

*ナルヴァ博物館HP: ナルヴァ城、博物館の紹介、英語表記選択可。

http://narvamuuseum.ee/eng/narva-castle/about/

 

*ナルヴァ土塁の解説: 絵図などの資料が豊富、但しエストニア語表記?

http://bastion.narva.ee/userfiles/file/Narva%20Bastions%20Route%20booklet%20(et).pdf

 

*Wikipediaのナルヴァ城(Hermann Castle):英語表記のみ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Hermann_Castle

 

 

 

4

< 4. ナルヴァ城 2 >

 

中央の写真: ナルヴァ川の対岸にロシアの城塞が対峙している。

左の橋は、私達が通過して来た国境の橋で、その右手の建物はロシア側の検問所です。

 

私達がバスに乗って橋を通過する時、多くの一般人が徒歩で行き来するのを見た。

彼らはロシア人で、エストニア側のスーパーなどでショッピングする為だそうです。

 

下の写真: ナルヴァ川の上流側の岸から二つ城塞を写しているライブカメラの映像。

この写真は2016年12月13日、8時10分のもので、現地気温マイナス12℃と表示されていた。

日本との時差はマイナス7時間です。

 

ライブカメラ: NARVA CASTLE AND IVANGOROD FORTRESS

https://balticlivecam.com/cameras/estonia/narva/narva-castle-ivangorod-fortress/

 

 

 

5

< 5. ナルヴァ川 >

 

上の写真: 対岸はロシアです。

下の写真: 川の右手はエストニア側です。

 

低くなった陽の光を浴びて黄葉が輝き、空と川面はあくまでも青く映え、冷たい川風が吹き抜けていきます。

心洗われる一時でした。

 

 

エストニアの歴史について

 

 

6%e3%81%be%ef%bd%90

< 6.ナルヴァとエストニアの歴史 >

 

上の写真: ナルヴァ城を矢印で示しています。

写真上側はおおよそ東方向で、中央を流れるナルヴァ川の左が下流で、下側がエストニアになります。

 

中央の写真: ナルヴァ城(ヘルマン城)を矢印で示しています。

かつてエストニアの都市ナルヴァは大きな城壁で囲まれていた。

私達が見たのは、破壊後のほんの一部なのです。

 

対岸の城塞はロシア側のイヴァンゴロド要塞で、1492年にロシアによって造られた。

 

 

下の写真: これはエストニアの支配者の移り変わりを示す年表です。

年表を見ると、支配者の移り変わりに驚かされる。

 

13世紀から西欧各地のキリスト教団(司教と騎士団)とデンマークが支配し、

16世紀からスウェーデンとポーランドが、18世紀からロシアが支配した。

さらに20世紀に入ると、一度独立を果たすが、ドイツ軍とソ連による支配を受けた後、再度独立を果たし、今に至っている。

 

バルト三国の数奇な運命は、バルト海に面し、ロシアに繋がっていることによる。

端的に言えば、これらの国は西欧のキリスト教団の侵略を受けた後、西欧(ドイツ)の商人によって栄えた。

これがヨーロッパ化とキリスト教化を生んだ。

これらの国が小さく南北三つに分かれたのは、北欧(スウェーデン、フィンランド)と東欧(ポーランド)の文化が両側から影響したからです。

 

バルト三国は各々の異なる言語を持つが、幸いなことにキリスト教徒の国で共通し、周辺国もキリスト教国(正教会)です。

但し、北部はプロテスント、南部はカトリックと異なる。

 

 

 

 

7%e6%88%a6%e3%81%84

< 7. ナルヴァの戦い >

 

上の絵: 1700年のナルヴァの戦いの絵と思われる。

これは大北方戦争中(1700年~1721年)、ロシア軍がナルヴァに進攻しスウェーデン軍との戦いです。

右手遠方に城塞が見える。

 

ロシア帝国が、サンクトペテルブルグ発展の端緒になる城塞建築はこの大北方戦争の為でした。

 

下の写真: ナルヴァ城での戦闘シーンの再現のようです。

 

 

 

8%e7%b5%b5

< 8. ナルヴァの俯瞰図 >

 

上の絵: これも1700年のナルヴァの戦いの絵です。

ロシア軍がナルヴァ城を取り囲んでいる。

 

下の絵: 繁栄している19世紀半ばのナルヴァの様子らしい。

 

 

9%e7%84%a1%e9%a1%8c

< 9. エストニアの歴史地図 >

 

上の地図: 1260年の支配地図。

13世紀になると西方から騎士団や十字軍が侵攻して来て、エストニア軍は戦うが破れ、エストニアはローマ教皇の下、6つのキリスト教団の司教領、リボォニア帯剣騎士団などに分割された。

 

下の地図: 1260年~1410年の支配地図。

これはバルト三国の支配を争った一方の勢力であるドイツ騎士団(チュートン騎士団)の支配地域を示す。

 

 

10

< 10. バルト三国の歴史地図 >

 

上の地図: 1560年~1711年のエストニア。

スウェーデンに分割支配された。

 

下の地図: 現在のバルト三国。

 

 

あとがき

私はなぜレーニン像がナルヴァ城の中庭に立っているのか不思議に思った。

その像の下半分が写真3の一番上の写真に微かに見える。

バルト三国は第二次世界大戦後の独立に至るまで、ソ連に辛酸を舐めさされた。

その彼らがレーニン像を撤去しないことに疑問を感じた。

 

実は、ナルヴァのエストニア人は大戦時、ドイツ軍によって強制避難させられ、ソ連占領後も帰還を許されなかった。

その後、ナルヴァは工業で栄え始めると、ロシア語系住民が大挙移住して来た。

そして現在、ナルヴァの人口の95%はロシア語系住民が占めている。

ソ連の爆撃で廃墟となった町をロシアの人が再建して来たのです。

 

説明してくれた現地ガイドもロシアからの移民を親に持つていたのです。

彼は複雑な気持ちだと言っていた。

 

このような民族の混住がロシア周辺で起こり、紛争の火種になっているのかと思うと怖くなった。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | Leave a comment

ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅 3: モスクワ 2


1dsc05536-1

< 1.トロイツカヤ塔からクレムリンを出る >

 

今日も、前回に続いてクレムリンを紹介します。

ロシアとクレムリンの歴史に簡単に触れます。

 

 

2map%ef%bc%93

< 2. クレムリンと赤の広場の地図、地図の上が南 >

 

前回に続いて聖堂広場の裏手Sから、黄色の線に沿って徒歩観光した道順に従って紹介します。

赤線はグム百貨店の自由散策と夕食のレストランEへの道筋です。

食事後、バスに乗ってホテルに行きました。

 

今回、紹介するのは番号1から4までです。

 

 

%ef%bc%93

< 3.クレムリン内部 >

 

上の写真: 地図の番号1。

「鐘の皇帝」は18世紀前半に作れた世界最大の鐘だが、制作中に一部が欠けた。

右手奥に見えるのがスパスカヤ塔で、その向こうが赤の広場。

鐘の向こうの建物がロシア連邦大統領府。

しかしプーチン大統領はほとんどここにおらず、郊外の別の建物で執務をしている。

 

中央の写真: 「大砲の皇帝」。

16世紀後半に作られた当時世界最大の大砲で、口径が890mmある。

使用されたことはない。

 

下の写真: 地図の番号2から撮影。

中央にトロイツカヤ塔、右に兵器庫、左にクレムリン大会宮殿。

クレムリン大会宮殿は最も新しい建物で、1961年に完成した。

当初は、ソ連共産党大会などが行われていたが、今は国際会議場や劇場として使用されている。

 

4

< 4. クタフィヤ塔を出たところ >

 

上の写真: クタフィヤ塔を出ると広場があり、左手がロシア国立図書館、右手がモスクワ馬術学校。

 

下の写真: 右手がクレムリンの城壁外側に伸びるアレクサンドロフスキー庭園で左手がモスクワ馬術学校。

奥にこれから行くマネージ広場が見える。

 

 

5

< 5. クレムリン城壁周辺1 >

 

上の写真: 地図番号3。

兵器庫に接した塔の下に、「イタリアの洞窟」があり、右手に「ロマノフスキーのオベリスク」がある。

これらすべて、数度の戦いの破壊後に再建されたようです。

 

下の写真: 地図番号4の方を見ている。

城壁の角にある塔の手前に無名戦士の墓があり、その手前に英雄都市12の地名の石碑が並んでいる。

 

この城壁にそってアレクサンドロフスキー庭園の上部(北側)が続いています。

庭園の木々は黄葉していたので、陽が差していればさぞかし綺麗だったのに、残念です。

 

 

 6a

< 6. クレムリン城壁周辺2、地図番号4 >

 

上の写真: これは12ある英雄都市の一つで、地名ケルチを示す。

下の地図の黒丸がケルチです。

 

中央の写真: 無名戦士の墓の灯火を二人の衛兵が守っている。

これは第二次世界大戦で死んだ無名戦士の墓です。

 

下の写真: 12の英雄都市の地図。

英雄都市とは、第二次世界大戦の独ソ戦(バルバロッサ)でドイツ軍の侵入に英雄的な戦いを行った都市に与えられた名誉称号です。

 

 

ケルチについて

ここは黒海北岸のクリミア半島の海峡に面した港湾都市で苦難の歴史を負っている。

 

ケルチは古代ギリシャ時代より交易路の交差点として栄え、後に東ローマ帝国に支配された。

紀元9世紀に興ったキエフ大公国がこの地を支配し、この国が後のウクライナやロシアの起源となった。

後にトルコとロシアの争奪の地となり、19世紀クリミア戦争で英国によって蹂躙された。

幾たびかの戦火を生き延びたが、第二次世界大戦の独ソ戦でロシア側は16万人以上の死者・捕虜を出し、戦後、英雄都市に指定された。

 

1991年、ケルチはソ連崩壊に伴い独立したウクライナに属した。

しかし、2014年のウクライナ騒乱により、クリミアは独立宣言を行い、プーチン大統領はロシアへの編入を表明した。

欧米諸国はこれをロシアの侵略として非難した。

 

 

7

< 7. クレムリン城壁周辺3、地図番号4と5の間 >

 

上の写真: アレクサンドロスキー庭園の門を出て振り返ると、トロイツカヤ塔がライトアップされており、夕闇が迫っていた。

 

下の写真: 城壁に沿って進むと赤の広場に至る。

中央の白と緑の塔はニコリスカヤ塔です。

 

 

ロシアの歴史

私達日本人にとって、ロシアは独裁的で侵略的な怖い国のイメージがあります。

そこで簡単に歴史を振り返ります。

 

 

8map2

< 8. ロシアの領土の推移 >

 

上の地図: キエフ大公国(882~1240年)。

ピンクがその領域。

 

中央の地図: モスクワ大公国(1390~1525年)。

緑がその領域。

二つの黒丸はモスクワとサンクトペテルブルグを示す。

 

下の地図: ロシアの領域拡大の推移。

 

 

ロシアの始まりは東スラブ人による9世紀後半に始まるキエフ大公国で、13世紀まで続きました。

この大公国は黒海からバルト海を結ぶように南北に伸びていました。

988年、東ローマ帝国からキリスト教を受け入れました。

この大公国の首都キエフは黒の矢印、重要な都市ノヴゴロドは白の矢印、先述のケルチは赤の矢印で示します。

キエフは現在のクライナの首都です。

二つの黄色の丸はモスクワとサンクトペテルブルグで、歴史に登場するのはまだ先になります。

 

13世紀末、モンゴルが大公国の南部を東方から侵略した。

最北部にあったノヴゴロド共和国はその支配を逃れたが、スウェーデンやドイツ騎士団の侵入に悩まされた。

やがて、その南部で接するモスクワ大公国が勢力を伸ばし、1472年イワン3世がモンゴルの支配を脱し統一を果たし、ロシア皇帝を始めて名乗った。

モスクワはカスピ海に至るヨーロッパ最長のボルガ川の水運の要衝であった。

 

このモスクワ大公国が周辺を併合しロシア帝国(1547~1917年)が誕生する。

1917年、第一次世界大戦中のロシア革命によって、ソ連が誕生した。

さらに1991年、ソ連崩壊により、他の共和国とロシア共和国が独立した。

 

 

クレムリンの歴史

 

 

9%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%83%b3%ef%bc%91

< 9. クレムリンの歴史1 >

 

上の絵: 13世紀後半のモスクワが描かれている。

椅子に座っているのがモスクワ大公国の王だろう。

 

中央の絵: イワン3世の時代(1462~1505年)のクレムリン。

 

下の絵: イワン3世の時代の聖堂広場。

左下の人物はイワン3世で、アルハンゲルスキー聖堂の建設を監督しているようです。

前回紹介したアルハンゲルスキー聖堂の屋根の飾りと似ており、聖堂広場での配置も一致する。

この聖堂はイワン3世が命じて1505~1508年に建設された。

 

 

クレムリンは1475~1489年に掛けて、三つの教会・聖堂が最初に建築された。

続いて1485~1499年にクレムリンの20の塔が建設された。

壁の総延長は2kmを越える。

1712から1914年まで、首都がサンクトペテルブルグに遷ったので、クレムリンの増改築は停滞した。

この間の1812年、ナポレオンがモスクワを占領しクレムリンの一部が破壊された。

 

 

10%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%83%b3%ef%bc%92%e3%80%801612-1

< 10. クレムリンの歴史2 >

 

ポーランド・モスクワ戦争(1605~1618年)はポーランド・リトアニアの軍が内戦に乗じてロシアに侵入した動乱時代と呼ばれる。

この絵は1612年、国民軍がモスクワのクレムリンを奪還し、ポーランド人を追い出している様子を描いている。

この絵は私達が歩いたトロイツカヤ塔と陸橋を描いているのだろう。

その奥に聖堂広場の教会群が見える。

この翌年より、ロマノフ王朝が始まった。

 

 

11%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%83%b3%ef%bc%93

< 11. クレムリンの歴史3 >

 

上の写真: 1820年当時のクレムリン宮殿。

現在はこの後地に大クレムリン宮殿が立っている。

 

中央の写真: 1908年当時のクレムリン。

 

下の写真: この絵の建物を壊して1961年に現在のクレムリン大会宮殿が建った。

 

中央のトロイツカヤ塔の先端にロシア帝国の国章「双頭の鷲」が乗っている。

この国章は東ローマ帝国との姻戚関係によって受け継いだ。

現在の塔の先端には赤い星が乗っている。

 

共産主義国家の創建者、レーニンとスターリンは共にクレムリンに住んだ。

しかしレーニンは大きな宮殿の片隅で慎ましく暮らしたが、スターリンは他をクレムリンから追い出したそうです。

 

 

次回は赤の広場の夜景やグム百貨店を紹介します。

 

 

Categories: 連載中: ロシアとバルト3国、ポーランドを巡る旅, history+evolution, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | Leave a comment

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 9:  Visiting Tango Peninsula 1


 

但馬海岸から丹後半島を巡って 9: 丹後半島を巡る 1

 

1

< 1. The island of Taiza fishing village >
< 1. 間人(たいざ)の城島 >

From today, I introduce Tango Peninsula in North Kyoto.
今日から、京都北部の丹後半島を紹介します。

 

2全体地図
< 2. maps of Tango Peninsula and Amino >
< 2. 丹後半島と網野の地図 >
Upper map: the red line is our route of Tango Peninsula.
The top of the map shows the north.
Today, I introduce No. 1 Amino, No. 2 Taiza, and No. 3 Tateiwa rock.

Lower map: this is a satellite photo that is a expansion of Amino (NO.1) in the upper map.
The top of the map shows the south.
No. 1 is the ancient burial mound of Choshi mountain I introduce today.
NO.2 is a peninsula with an ancient burial mound in the lake, NO.3 is the beach, and No. 4 is Amino fishing port that I introduced previous time.

上の地図: 赤線が私達がドライブした丹後半島のコースです。
上が北です。
今日、紹介するのはNo.1の網野、No.2の間人、No.3の立岩です。

下の図: 上図のNO.1の網野を拡大した衛星写真です。
上が南です。
今日、紹介する銚子山古墳はNO.1です。
NO.2は離湖の古墳がある半島、NO.3は八丁浜、NO.4は網野漁港で、前回紹介しました。

 

3銚子山
< 3.  the ancient burial mound of Choshi mountain >
< 3. 銚子山古墳 >
Upper map: this ancient burial mound was built on the edge of the small hill at the end of fourth century.
The top of the map shows the north.
We walked along the brown line.

Lower map: a detailed map of the ancient burial mound.
The large keyhole-shaped tomb mound in the center is 200 meters in the total length, 20 meters in height, and has two small ancient burial mounds at the both sides.
This ancient burial mound is the largest in the Sea of Japan side, and “ three ancient burial mounds by the Sea of the Japan” including it are all in this Tango Peninsula.

It suggests this area were connected to Yamato sovereignty in Nara, and this king had extensive authority.
In addition, we saw this area were connected with the continent at previous time.

上の地図: この古墳は小高い丘の端に、4世紀末に造られた。
上が北です。
私達は茶色の線を歩きました。

下の地図: 古墳の詳細図。
中央の前方後円墳は全長200メートル、高さ20メートルで、その両側に二つの小さな古墳を持っている。
この古墳は日本海側で最大級であり、丹後半島にはこれを含めた日本海三大古墳がある。

如何にこの地が奈良のヤマト王権に繋がり、ここの王が力を持っていたが伺える。
また、大陸とも繋がりがあったこも前回見ました。

 

 

4a

< 4. walking on the top of the ancient burial mound  >
< 4.古墳の頂上を歩く >
Upper photo: walking the northeast side of the burial mound.
You can see the steps at the end of the road.

Lower photo: a view of top like circle mound from under the steps.

上の写真: 古墳の前方部(北東側)を歩いている。
奥に階段が見える。

下の写真: 階段下から後円部の頂上を見ている。

 

5a

< 5. Views from the burial mound  >
< 5. 古墳からの眺め >
Upper photo: a view of seaside from the circle mound.
When it was built, under this mountain was a lagoon.

Lower photo: a view of the mountain side (southeast side) from the road.

上の写真: 後円部頂上から海側を見ている。
これはパノラマ合成写真で、通常より視野角は広い。
古墳が造られた当時は、この直ぐ下が潟湖だった。

下の写真: 前方部から山側(東南側)を見ている。
丘の上は畑作が行われていた。

 

6
< 6. seashore on the way to Taiza >
< 6. 間人までの海岸 >
Upper photo: a small hill thrusting into the sea is around Taiza.
Lower photo: looking back at our road from Taiza.

上の写真: 海に突き出した小山が間人の城島です。
下の写真: 間人側から来た道を振り返る。

 

7

< 7.  Taiza fishing village >
< 7. 間人(たいざ) >
Upper photo: a small island connecting the village with a bridge.
Central photo: a shrine in the island.
Lower photo: the fishing port.

This port is famous for snow crab, and this area has many legends concerning Prince Shotoku ( the 6th -7th century).
In addition, there was once a custom of facing a dead person toward continent and burying it.
This also indicates the connection with an Imperial Court of Nara in ancient times and with the continent.

上の写真: 城島。
中央の写真: 城島の神社。
下の写真:  間人漁港。

この地はズワイガニ(間人蟹)で有名で、聖徳太子に纏わる伝説が多い。
また、死者を大陸に向けて埋葬する風習がかって残っていた。
ここにも、奈良の古代朝廷と大陸の繋がりがあった。

 

8

<  8. inlet of the port >
< 8. 間人の入り江 >
we see colorful seaweeds in pellucid seawater.

透明な海中に色とりどりの海藻が見える。

 

9
< 9.  going a circuit of the island >
< 9. 島を一周 >

 

10
< 10. Tateiwa rock >
< 10.立岩 >
高さ20mの柱状節理の岩が海岸に突き出している。

Impression
I was often surprised when I went round this peninsula without preparing.
This secluded area facing the Sea of Japan had ever the connection with continent and ancient Nara.
I find an ancient romance in original scenery of Japan.

This continues the next time.
感想
下調べもせずに、この地を巡っていると驚くことが多かった。
この日本海に面したへんぴな地が、かつては大陸と古代の奈良と繋がりがあったのです。
原風景の中に古代のロマンを見た。
次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , , , , | 2 Comments

Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula 8:  the early-morning view


但馬海岸から丹後半島を巡って : 朝の景色

 

 

 

1 

< 1.  Sunrise of the lake  >

< 1. 離湖の朝 >

 

I introduce the early-morning view of Amino town facing the Sea of Japan today.

I took a walk around two beaches, a lake and port early in the morning.

It was cloud in the morning, but there was attractive atmosphere.

 

今日は、日本海に面した網野町の朝の景色を紹介します。

早朝、池と港、そして二つの海岸を散策しました。

朝は雲が出ていましたが、風情がありました。

 

 

 

 

2 

< 2.  Sunrise of the lake >

< 2. 離湖の朝  >

The circumference of the lake is about 4 km, and it is the largest freshwater lake in North Kyoto.

A small mountain in the center is a peninsula, and is also an ancient burial mound.

An angler fixedly had looked at a surface of the lake.

 

周囲4kmの京都北部で最大の淡水湖で、海岸まで500mの位置にあります。

中央に見えるのが湖中央に突き出た半島部の小山で、古墳があります。

釣り人がじっと湖面を眺めていました。

 

3-1

3-02

 3-3

< 3.  A beach >

< 3. 八丁浜 >

Upper photo:  view of the west side from a center of the beach.

You can find Amino port in the back of the beach.

 

Central photo:  view of the east side from the west edge of the beach.

The scenery over the beach is Amino town that is famous for Tango Chirimen (a high-quality silk).

 

Lower photo: view of the north east side from the west edge of the beach.

Today, we are going to go in this direction and go around Tango Peninsula.

 

This big sandy beach will be full of swimmers in this summer.

 

https://www.youtube.com/watch?v=8e-DImZiZD8

I shot a video of this beach, and the video footage is 25 seconds.

 

上の写真: 浜の中央から西側を見ている。

奥に網野漁港が見えます。

 

中央の写真: 浜の西端から東側を見ている。

丹後ちりめんで有名な網野の町が広がっている。

 

下の写真: 浜の西端から北東を見ている。

今日は、この方向に進み丹後半島を一周します。

 

ここは大きな砂浜で、夏は海水浴客で賑わうことでしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=8e-DImZiZD8

これはこの浜を映した25秒の映像です。

 

 

 4 港

< 4.  Amino fishing port >

< 4. 網野港 >

 

This port was made in the mouth of a river.

Upper photo:  view of seaside from a place on the breakwater.

Lower photo:  view of the upper stream from same place on the breakwater.

 

When I took a walk, I looked at a small Shinto shrine.

A signboard standing by the shrine said “here is the place of the Legend of Urashima Taro”.

The Urashima Taroa is a famous Japanese fable, and behind the story were concepts concerning Taoist immortality of ancient China.

I hit on an idea.

There are many ancient burial mounds in this Amino town.

This area is in an inconvenient location facing the Sea of Japan, and furthermore, the scale of the port is small.

Nevertheless, the scale of this Amino town is large.

I guess this area was a sea gateway to Korean Peninsula and Mainland China since ancient times.

I enjoyed thinking such thoughts.

 

On the next time, I introduce a maximum ancient burial mound in this district.

 

ここは河口に出来た漁港です。

上の写真: 防波堤に立ち海側を見ている。

下の写真: 防波堤に立ち、川の上流を見ている。

 

散歩していると小さな祠があり、浦島太郎伝説の地と書かれていました。

思い当たることがありました。

この網野町には古墳が多いのです。

さらに日本海に面した不便な地にあって、漁港が小さいにも関わらず、町の規模が大きいのです。

きっと、古来より朝鮮半島や中国大陸との海の玄関口だったのでしょう。

想像しているだけで楽しくなります。

 

次回、この地方で最大の古墳を紹介します。

 

 

 

 5-1

5-2

5-3

< 5. Kotohiki Beach >

< 5. 琴引浜 >

 

This beach is famous for Naki-suna(the sand making sounds when people walk on it), and a beautiful beach surrounded by a nature.

 

This continues next time.

 

ここは「鳴き砂」で知られた海岸で、自然に囲まれた美しい海水浴場です。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Visiting from Tajima shore to Tango Peninsula, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Went around Croatia and Slovenia 27 : Ancient Roman palace in Split 1


クロアチア・スロベニアを巡って 27: 古代ローマの宮殿スプリット 1

 

1

< 1. At break of day at Trogir >

< 1. トロギールの夜明け >

 

I introduce an ancient Roman palace from now on.

Today, I introduce the sceneries from the shore of our hotel and from our bus on the way.

 

これから古代ローマの宮殿を紹介します。

今日は、ホテルの海岸からの景観や途中の景観を紹介します。

 

2

< 2. Trogir >

< 2. トロギール >

 

Upper photo: The Adriatic Sea near by Trogir.

The opposite bank is an island.

 

Lower photo: Trogir is an ancient harbor city and the world heritage.

This history of Trogir was made by ancient Greece, the Roman Empire, and Venice.

Parson that wants to sightsee to Trogir can go to it by taxi.

 

上の写真: トロギール近くのアドリア海。

対岸は島です。

 

下の写真: 世界遺産の港湾都市トロギールが見える。

トロギールの歴史は、古代ギリシャ、古代ローマ、ヴェネツィアによって作られた。

私達はここを観光しませんでしたが、ホテル到着後、タクシーで行くことが出来ます。

 

 

3

< 3. At the shore of our hotel at night >

< 3. 夜、ホテルの海岸で >

 

Upper photo: I look over at Trogir from the shore.

Lower two photos: There were full of people who were enjoying the cool evening breeze in the shore.

 

Our hotel was built in forest facing the sea, and MEDEENA.

This is a big building built during the socialist era and the facilities were old, but we were able to enjoy it enough.

 

上の写真: ホテルの海岸からトロギールの方を望む。

下二枚の写真: 海岸には夕涼みを楽しむ人々で賑わっていました。

 

私たちのホテルは、MEDEENAで海に面した森林に建っていました。

これは社会主義時代に建てられた大きな建物で設備は古いですが、十分に楽しめました。

 

 

4

< 4. At break of day from the shore of our hotel >

< 4. ホテルの海岸の夜明け >

 

Upper photo: I look over at Trogir.

Lower photo: There were people enjoying sea bathing before 7:00 A.M. on September 4.

 

上の写真: トロギールの方向を望む。

下の写真: 9月4日の朝7時前でしたが、海水浴を楽しむ人々がいました。

 

 

 

5

< 5. Views from the top floor of the hotel 1 >

< 5. ホテルの最上階からの眺め 1 >

 

I took their three pictures at Trogir and they are expanded in turn.

A tower located in the center of the lower picture is the bell tower of cathedral that is representative of Trogir.

 

三枚の写真はトロギールを撮ったもので、順番に拡大しています。

一番下の写真中央に見える塔が、トロギールを代表する大聖堂の鐘楼です。

 

 

 

6

< 6. Views from the top floor of the hotel 2 >

< 6. ホテルの最上階からの眺め 2 >

I was sequentially taking their pictures along with turning the west at the same place.

The break of day was warm and quiet.

 

ホテルの同じ場所から順次、西側を撮りました。

暖かく静かな夜明けでした。

 

 

7

< 7. On the way to Split >

< 7. スプリットへの道から >

 

Second photo from the top: It is city remains Salona of the Roman Empire period, and the population in the golden age was 20,000 people.

Here is the birthplace of emperor Diocletianus who built his palace in Split.

 

上から二枚目の写真: ローマ時代の都市遺跡サロナで、最盛期は人口2万人が暮らした。

ここはスプリットに宮殿を建てたローマ皇帝ディオクレティアヌスの生誕地です。

 

8

< 8. The palace remains in Split >

< 8. 宮殿跡スプリット >

 

Split is the greatest city in the Dalmatia district of southern Croatia.

The palace remains that we just are going into were built 1,700 years ago.

 

スプリットはクロアチア南部のダルマチア地方最大の都市です。

今から見学する所は、1700年前の宮殿跡です。

 

 

 

9

< 9. We just enter Split >

< 9. いよいよスプリットへ入場 >

Lower photo: A reconstructed picture of the palace.

This palace became ruins once, and was sinking partly, but people came to live there afterwards.

 

This continues next time.

 

下の写真: 当時の宮殿の復元図。

この宮殿は一度廃墟になり一部沈下しているのですが、その後、人々が住むようになりました。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , , , , | Leave a comment

Went around Croatia and Slovenia 20: Kotor 2


クロアチア・スロベニアを巡って 20: コトル2

 

1

 

< 1. The Clock Tower(1602) in open space where we just went through “the Sea gate” (the 16th century) >

< 1. 「海の門」を入った所の広場にある時計塔、1602年建築 >

 

I introduce the Kotor in the castle wall today.

It was a small town, but there was the feature of a harbor city that lived to the Middle Ages from the ancient times in here.

 

今日は、城壁内のコトルを紹介します。

小さな町ですが、古代から中世に生きた港湾都市の面影がそこにはありました。

 

 

2

< 2. Heraldic emblems >

< 2. 紋章 >

Upper photo: This Kotor emblem is put on the wall surface of a fortress in the right side of “the Sea gate”

Dower photo: This emblem is put on an entrance of a former noble’s palace, and was built in 1776.

 

上の写真: 「海の門」の右にある要塞のコトル紋章。

下の写真: 元貴族の宮殿の入口上にある紋章、1776年建築。

 

 

3

< 3. The clock tower and the square >

< 3. 時計塔と広場 >

Upper photo: We are going through “ the Sea gate”

Central photo: The expansion of the castle wall rounding the mountain behind Kotor.

This castle wall is the total length 4.5 km, and the altitude reaches up to 260 m, the biggest high is 20 m, and the thickness is 2-16 m.

 

Lower photo: “ the Square of Arms” is main town square.

 

上の写真: 「海の門」を入ったところ。

中央の写真: 山の城壁部分を拡大。

この城壁は総延長4.5kmで、標高は最大260mまで達し、壁の最大高さは20m、厚みは2~16mある。

 

下の写真: 「武器の広場」。

 

 

4

< 4. Churches >

< 4. 教会 >

There are 14 churches in Kotor.

 

Upper photo: St. Tryphon Cathedral was built in 1166.

Central photo: Serbian Orthodox church of St. Nicholas was built in 1909.

I entered inside, but I was impressed by the sacredness, and I couldn’t take the picture.

Many icons were displayed.

 

Lower photo: This bell tower of church was built in 1221 on fundaments of the old Christian Episcopal basilica from the sixth century.

 

このコトルには14の教会があります。

 

上の写真: 聖トリファン大聖堂、1166年建築。

中央の写真: 聖ニコラス教会、1909年建築。

中に入りましたが、神聖さに打たれ写真撮影を控えました。

ここはセルビア正教会で、イコンが飾ってありました。

 

下の写真: 6世紀建築の古代キリスト教バシリカの上に建てられた教会の鐘楼、1221年建築。

 

 

5

< 5. St. Luka Church was built in 1195  >

< 5.聖ルーカ教会、1195年  >

It is an Orthodox church.

 

Lower photo: The backside of this church is older than the front side.

 

ここも正教会です。

 

下の写真: 教会の後ろ側で、正面より古い時代の建築です。

教会の多くは古い教会に改造や増築がなされ、その痕跡が残っています。

 

 

6

< 6. The inside of St. Luka Church >

< 6. 聖ルーカ教会の内部 >

It was a very small church, but we were able to look at many icons and crosses.

There was a mosaic fresco of religious painting that was considerably damaged, too.

I saw Orthodox Churches that I had expected in this trip, and I think I smelled a fragrance of the Byzantine culture.

 

非常に小さい教会ですが、多くのイコンと十字架を見ることが出来ました。

かなり痛んでいたが宗教画のモザイク壁画もありました。

今回の旅行で楽しみにしていた正教会を見て、ビザンチンの香りを嗅いだように思います。

 

 

7

< 7. The other scenes >

< 7. 町中の光景 >

A top photo: The marine museum was a former palace that was built in 1732.

一番上の写真: 海洋博物館、元宮殿、1732年建築。

 

About Kotor

This city has been appointed to a world heritage for a history inheritance, and became a anchorage site of many Cruise ships because scenic.

This harbor city began the Roman Empire period, was governed by Byzantine and the north race.

And it allied with Ragusa republic (Dubrovnik), or contended against it at one stage.

The present cityscape and castle wall almost were formed during Venice rule period of the 15-18th century, and it experienced two times of Ottoman rule and earthquakes in the meantime.

At the time of World War I, this port became full of the warships of the Austria-Hungary Empire.

This Montenegro was desperately struggling between the large countries of the north and south during 2000, too.

 

This continues next time.

 

 

コトルについて

ここは歴史遺産で世界遺産に指定され、また風光明媚なのでクルーズ船の寄港地になっています。

この港湾都市は、紀元前のローマ時代から始まり、ビザンチン、続いて北方民族の支配を受け、またラグーサ共和国(ドゥブロブニク)と同盟したり対抗したりもした。

15から18世紀のベネチア支配で今の町並みや城壁が形作られ、その間に2回のオスマン支配と地震を経験した。

第一次世界大戦時、この港はオーストリア・ハンガリー帝国の軍艦で一杯になった。

このモンテネグロの地も2千年の間、南北の大国の狭間で悪戦苦闘した。

 

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Went around Croatia and Slovenia 18:  The wonder of Dubrovnik 4


クロアチア・スロベニアを巡って 18: ドゥブロブニクの不思議 4

     1

< 1. Dubrovnik >

< 1. ドゥブロブニク >

 

I see how Dubrovnik coped with the situation change, and what happened in Europe.

This is my last entry in the theme.

 

今日は、ドゥブロブニクが情勢変化にどのように対応し、またヨーロッパに何が起きたかを見ます。

これで終わります。

 

 

 2ネウム

< 2. Neum of dusk >

< 2. 夕暮れのネウム >

 

Skillful diplomacy of Dubrovnik

Hungary kept a patron of Dubrovnik in place of Venice from 1359 until it suffered a crushing defeat by the Ottoman Empire in 1526.

However, Dubrovnik continued to reject the dispatch of governor from Hungary, and started to pay tributes to the Ottoman Empire in 1458.

Because of this, Dubrovnik was allowed for the commercial activity in Balkan and other conquest places, became a counterbalancing power against Venice, and was at the height of the prosperity in the 15-16th century.

Furthermore, in 1699, it devolved territory Neum (photo 2) to the Ottoman Empire and assumed it a shield to the Venice navy.

Small town Neum of a shore belongs to a territory of Bosnia and Herzegovina currently, and has made Dubrovnik the enclave of Croatia.

Here was our accommodation, and I introduce it later.

 

ドゥブロブニクの巧みな外交

ハンガリーは1359年からベネチアに代わり、1526年にオスマンに大敗するまでドゥブロブニクの庇護者であり続けた。

しかし、ドゥブロブニクはハンガリーからの総督派遣を断り、1458年にはオスマンへの朝貢を開始した。

これによりオスマンからバルカンや他の征服地の商業活動を認められ、ベネチアと対抗するまでになり15~16世紀にかけて全盛期を迎えた。

さらに1699年、領地ネウム(写真2)をオスマンに譲り、ベネチア海軍への盾とした。

 

海岸の小さな町ネウムは、現在、ボスニア・ヘルツェゴビナ領で、ドゥブロブニクを飛び地にしている。

ここは私たちの宿泊地で、後で紹介します。

 

 

3

< 3. The Mediterranean Sea >

< 3.地中海 >

1: Dubrovnik 2: Venice 3: Genoa 4: Constantinople(Istanbul) 5: Alexandria 6: Lisbon 7: Ceuta   8: Athen 9: Rome 10: Jerusalem.

 

1: ドゥブロブニク 2:ベネチア 3: ジェノバ 4: コンスタンティノープル(イスタンブール) 5: アレキサンドリア 6: リスボン 7: セウタ 8: アテネ 9: ローマ 10:エルサレム

 

What decided the outcome of Genoa and Venice?

The two countries continued the East-West trade through Ethiopia of Christianity country and Egypt of the Islamic power (annotation 1).

However, this decrepit Islamic dynasty practiced the monopolization of spice in 1428, and the price jumped up.

The purchase price from Egypt increased to approximately 1.5 times than before, and became 16 times in comparison with the direct purchase from India.

 

On the other hand, Genoa defeated by Venice found its way into the Atlantic Ocean, and joined with Portugal.

Portugal that had accomplished Reconquista (annotation 2) captured Ceuta of the opposite shore in 1415, and aspired to trade with India around the west side of Africa.

At last, it became possible by Vasco da Gama’s expedition in 1498

In the early 16th century, most of the spice did not arrive at Egypt from India.

 

Thus, Venice that had been proud of its prosperity by the monopoly fell rapidly.

Spain participated in it and since the Age of Geographical Discovery began, Genoa survived by banking

 

ジェノバとベネチアの明暗を分けたもの

両国はイスラム勢力(注釈1)のエジプトやキリスト教国のエチオピアを通じて東西交易を続けていた。

しかし、弱体化したこのイスラム王朝は1428年、香辛料の専売制を始め、値段が跳ね上がった。

エジプトからの購入価格は従来の1.5倍以上、インドでの直接購入に比べ約16倍にもなった。

 

一方、ベネチアに敗れたジェノバは以前から大西洋に活路を見出し、ポルトガルと手を組んでいた。

レコンキスタ(注釈2)を成し遂げていたポルトガルは、1415年、対岸のセウタを攻略し、アフリカの西回りでインドとの交易を目指し、1498年、ヴァスコ・ダ・ガマの遠征で可能にした。

16世紀初めには、エジプトにインドから香辛料はほとんど入荷しなくなった。

 

こうして、独占で隆盛を誇ったベネチアは急速に没落していくことになる。

スペインが参加し大航海時代が始まるとジェノバは銀行業で生き残った。

 

4

< 4. Renaissance fine art. By “Web gallery of art” >

< 4.ルネサンス美術。「Web gallery of art」より >

 

Two shocks of Europe

One of them is the beginning of the Age of Geographical Discovery, as we have seen already.

 

The other one is the beginning of Renaissance.

Greek classical study flowed out to Italy from the declined Byzantine Empire, and Renaissance flowered in Italy by combining with cities that prospered in trade

The Greek classical study was popular from ancient times in Byzantium, and was also spreading to Islamic world.

Knowledge of Islamic world and the Greek classical study were introduced to Europe via Spain already.

 

After this, European development shifted to the west and north of it along with the Age of Geographical Discovery, and Italy became an economical undeveloped area in the middle of the 17th century.

Three maritime republics of the Mediterranean Sea died out by the armed forces and cannon of Napoleon before long.

 

ヨーロッパの二つの衝撃

この内の一つ、大航海時代の始まりを既に見ました。

 

もう一つはルネサンスの始まりです。

衰退していくビザンティンからギリシャの古典研究がイタリアに流出して行き、交易で栄えた都市と相俟って、イタリアでルネサンスは開花した。

ビザンティンでは古来よりギリシャの古典研究が盛んで、それはイスラム圏にも波及していた。

既にスペイン経由でイスラムの学問とギリシャの古典もヨーロッパに紹介されていた。

 

この後、大航海時代と相俟ってヨーロッパの発展は西部と北部に移り、17世紀半ばにはイタリアは経済の後進地となっていた。

やがてナポレオンの軍隊と大砲によって地中海の三つの海洋都市国家は滅んだ。

 

 

5べレンの塔

< 5. Torre de Belen in Lisbon >         

< 5. リスボンのベレンの塔 >

 

Thing that I think about this history

Venice made the Byzantine Empire weak by the sea power, and got full prosperity, but it hastened the expansion of the Ottoman Empire and came to cut its throat.

Genoa was defeated by Venice, found its way into the west, and got good luck.

 

Small Dubrovnik didn’t depend on the sea power, and crossed between great nations by the trade and the diplomacy.

I think to be because this city had tolerance that absorbs different ethnic groups and heathenism since the beginning.

 

In the world, there are many examples that small countries fight desperately between great nations, such as Israel, Korean Peninsula and Vietnam.

But the success example of Dubrovnik was rare.

 

I introduce sightseeing spots from the next time again.

 

 

 

この歴史から思うこと

ベネチアは海軍力でビザンティンを弱体化させ東地中海で隆盛を極めたが、これがオスマンの膨張を早め、自滅に繋がった。

ジェノバはベネチアに負け、西方に活路を見出し、幸運を掴んだ。

 

小さいドゥブロブニクは海軍力に頼らず、貿易と外交で大国の間を渡り歩いた。

これは、この都市が元々異民族や異教を受け入れる度量があったことによるのだろう。

 

世界には、大国の狭間で小国が悪戦苦闘する例がイスラエル、朝鮮半島、ベトナムなど数多くある。

しかしドゥブロブニクの成功例は希有と言える。

 

次回より、観光地を紹介します。

 

Annotation 1: The Ottoman Empire of Islam isn’t included in the Islamic power.

 

Annotation 2: Reconquista was the continued war that Christian expelled Islamic power that invaded since 711 year from Iberian Peninsula.

The war began at 722, Portugal completed it by 1290, and Spain did it in 1492 by falling Granada.

Through this process, both Portugal and Spain kingdoms were formed.

 

注釈1: ここではイスラム教のオスマンをイスラム勢力に含めていない。

 

注釈2: レコンキスタは、キリスト教徒が、711年イベリア半島に侵入したイスラム勢力を駆逐するために行なった国土回復運動です。

戦いは722年に始まり、ポルトガルは1290年に、スペインは1492年グラナダ陥落で完了した。この過程で、ポルトガル・スペイン両王国が成立した。

 

参考文献

「イスラーム歴史物語」後藤明著、講談社刊。P177,193,227,245.

「東西文明の交流 3、イスラム帝国の遺産」島田襄平編集、平凡社刊。P199,215,217.

「東西文明の交流 2、ペルシアと唐」山田信夫編集、平凡社刊。P395,427.

「図説 世界の歴史4、ビザンツ帝国とイスラーム文明」J.M.ロバーツ著、創元社刊。P105,109,185.

「世界の歴史 8、イスラーム世界の興隆」佐藤次高著、中央公論刊。P277,313,331,341.

「世界の歴史 11、ビザンツとスラブ」井上浩一著、中央公論刊。P19,157,163,185,201.

「世界の歴史 16、ルネサンスと地中海」樺山紘一著、中央公論刊。P79,p115.

「歴史入門」 フェルナン・ブローデル著、太田出版。P49.

「中世西欧文明」ジャック・ル・ゴフ著、論創社。P123,217.

「クロアチアを知るための60章」柴宣弘著、明石出版。P47.

「旅名人ブックス84、クロアチア・・・」日経BP刊。P29.

「図説 大航海時代」増田義郎著、河出書房新社刊。P49.

「知の再発見 黄金のビザンティン帝国」ミシェル・カプラン著、創元社。

「人類の歴史200万年」リーダーズダイジェスト刊。P155,126.

「図説 ビザンツ帝国」根津由喜夫著、河出書房新社刊。P70.

「ヨーロッパ歴史地図」原書房刊。

「最新世界史図表」第一学習社刊。

「世界大百科事典」

「Wikipedia」の記事と多くの写真を使いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

Went around Croatia and Slovenia 16:  The wonder of Dubrovnik 2


クロアチア・スロベニアを巡って 16: ドゥブロブニクの不思議 2

1

< 1. Venice of the 18th century >

< 1. 18世紀のベネチア >

 

Today, I introduce the vicissitudes of Maritime republics around Italy in the medieval Mediterranean Sea.

We can see the nations tossed about by history, and the big undulation there.

 

今日は、中世の地中海、イタリアを中心にした海洋国家の盛衰を見ます。

そこからは歴史に翻弄される国家と大きなうねりが見えてきます。

 

2 期間

 

< 2. The periods that these Maritime republics flourished in >

< 2. 海洋都市国家の活躍年代 >

Maritime republics flourished

These are Amalfi, Pisa, Ancona, Genoa, Venice, and Ragusa.

 

Amalfi

It had participated actively first because it had belonged to the Byzantine Empire (Eastern Empire) from old times.

It played an active part in East-West trade by way of Egypt or Constantinople from the 9th to 10th century.

They first used a maritime law and a magnet in Europe.

However, in the 12th century, it was conquered by Norman that came from the north and finished.

 

 

駆け巡った海洋国家

それはアマルフィ、ピサ、アンコーナ、ジェノバ、ベネチアそしてラグーザです。

 

アマルフィ

ここは元々ビザンティン帝国(東ローマ帝国)に属していたことにより最初に活躍した海洋都市国家で、9~10世紀、エジプト、コンスタンティノープルとの東西交易で活躍した。

彼らはヨーロッパで最初に海事法と磁石をいち早く使っていた。

しかし12世紀、北方のノルマン人に征服され終焉を迎えた。

 

Pisa

It was an important military base and a trade place in the Rome Empire times.

It droved Islam power in the beginning of the 11th century and went into the west Mediterranean Sea and became a Maritime republic.

It participated in the Crusades later, expanded its territory, and got wealth by East-West trade.

However, it was beaten by Genoa that had competed for hegemony in the 13th century, subsequently was conquered by Firenze, and finished.

 

ピサ

ここはローマ帝政期、重要な軍事基地であり交易地であった。

11世紀の初めイスラム勢力を追い払って西地中海に進出し都市国家(コムーネ)となる。

後に十字軍に参加し、東方貿易でも富を得て領土を拡大した。

しかし13世紀、覇権を争うジェノバに敗戦し、次いでフィレンツェに征服され終わった。

 

Ancona

It was an important naval port facing the Adriatic Sea, and continued being ruled by many peoples.

After that, it belonged to the Byzantine Empire and became a Maritime republic since the 11th century.

It often conflicted with Venice, was always concluded an alliance to the Byzantine Empire and Ragusa, and participated in the Crusade.

In the 16th century, it was incorporated in the Rome Papal domain and lost the autonomy.

 

At this point in time, the remaining marine republics became Venice, Genoa, and Ragusa.

 

 

アンコーナ

ここはアドリア海に面した重要な軍港であったが、多くの民族に支配され続けた。

その後、ビザンティンに属し、11世紀に海洋都市国家となった。

ベネチアとはしばしば衝突し、常にビザンティン、ラグーザと同盟関係にあり、十字軍にも参加した。

16世紀、ローマ教皇領となり自治権を失った。

 

この時点で残った海洋国家はベネチア、ジェノバ、ラグーザとなった。

 

3ジェノバ

< 3. A power relationships of Genoa >

< 3.ジェノバの勢力図 >

 

Genoa

It prospered as a seaport town from the ancient times, went into the west Mediterranean Sea along with fighting against the Islam navy, and became a Maritime republic since the 11th century.

By participating in the Crusade, since the late half of the 13th century, it extended its influence in the Black Sea, the Aegean Sea and the east Mediterranean Sea, and built closely the relations with Spain, North Africa, and the northwest Europe.

For one century from the middle of the 16th century, Genoese moneylenders became bankers of Spanish kings, and they achieved the height of prosperity.

Their activity led the Age of Discovery like Columbus from Genoa.

Before long, it became a French possession, and finished at the beginning of 19th century.

 

ジェノバ

ここは古代から海港都市として栄え,11世紀以降、イスラム海軍と戦いつつ西地中海に進出し都市国家となった。

十字軍への参加により、13世紀後半から黒海、エーゲ海と東地中海にも勢力を広げ、スペイン、北アフリカ、北西ヨーロッパとの関係も緊密化した。

16世紀半ばからの1世紀間、ジェノバの金融業者はスペイン王の御用銀行家となり、最盛期を迎えた。

ジェノバ出身のコロンブスのように彼らの活躍が大航海時代をリードした。

やがて19世紀初め、フランス領となり終焉を迎えた。

 

 4ベネチア

< 4. A power relationships of Venice >

< 4.ベネチアの勢力図 >

 

Venice

It continued being exposed to invasions of other ethnic group, and it avoided the menace of Franks in the beginning of the 9th century, and started building towns in the coast wetlands zone.

It performed the naval buildup, and took control of the Adriatic Sea (Dalmatian seashore).

By sending reinforcements to the Byzantine Empire, it was given a tax exemption privilege by the Byzantine Empire, and firmly established the superiority in the trade of the east Mediterranean Sea.

It won by sea fights in Genoa that it conflicted at the end of the 14th century, and attained the supremacy of the east Mediterranean Sea.

Furthermore, it got the wealth by expeditions of the Crusade, grasped fully East-West trade between Europe and orient from the 13th century to the 15th century, and got vast wealth.

However, when the Ottoman Empire gained power, it was robbed of the territory of Venice, and was not able to stop own fall even if it won to the Ottoman by the Battle of Lepanto with the union of Spain in the end of the 16th century.

At last, it closed the history with Napoleon occupation in the end of the 18th century.

 

ベネチア

ここは異民族の侵入にさらされ続け、9世紀初め、フランク族(フランス)の脅威をさけて沿岸湖沼地帯に町づくりを開始した。

海軍増強を行ってアドリア海(ダルマチア海沿岸)を制し、援軍の提供によりビザンティン帝国から免税特権を与えられ、東地中海貿易で断然優位に立った。

競合するジェノバに14世紀末、海戦で勝利し東地中海の覇権を奪取した。

さらに十字軍遠征により富を得て、13~15世紀、オリエントと西欧を結ぶ東西交易を一手に握り、莫大な富を得た。

しかしオスマン帝国が台頭してくるとベネチアの領土は奪われ、16世紀末にスペインと組んだレパントの海戦でオスマンに勝利しても凋落を止めることは出来なかった。

ついに18世紀末、ナポレオンの占領とともに歴史を閉じた。

 

5ラグーザ

< 5. A power relationships of Ragusa >

< 5. ラグーザの勢力図 >

 

Ragusa (Dubrovnik)

I omit this history because I introduced it last time.

 

After all, three countries terminated in the Napoleon occupation together.

 

We will notice something here

The Activity of the three countries was restricted by the Byzantine Empire, Islam power, the Crusade, the East-West trade, and the Ottoman Empire mainly.

When we understand it, we can look at the skillfulness in the way of life of Dubrovnik.

 

This continues next time.

 

 

ラグーザ(ドゥブロブニク)

前回、この歴史を紹介しましたので省きます。

 

結局、3カ国は共にナポレオンの占領で終わった。

 

ここであることに気がつく

3カ国の活躍は、主にビザンティン、イスラム勢力、十字軍、東西交易、オスマンに規定されていたことです。

これがわかると、ドゥブロブニクの生き様の妙が見えてきます。

 

次回に続きます。

 

 

Categories: culture+society, economy, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

I visited colored leaves of Nara prefecture 2


奈良の紅葉を訪ねて 2

 

1-DSC05550

< 1. A main hall in the right side and A main gate in the left >

< 1. 右が本堂、左が楼門 >

 

I introduce Chogakuji temple of Nara prefecture.

I went to see colored leaves, but our sightseeing time was over by an explanation by a picture of hell almost.

However, this was very good.

 

今日は奈良県天理市の長岳寺を紹介します。

紅葉を見に行ったのですが、ほとんど大地獄絵の絵解き説法で観光時間が終わりました。

これが非常に良かった。

 

 2DSC05561

< 2. the main gate >

< 2. 楼門 >

 

This is the oldest main gate with bell house that a bell once was set up the upper part of, and was built in the last of the 12th century of the Heian era.

 

日本最古の鐘楼門で、上層に鐘を吊った遺構があり、平安時代末期頃(12世紀頃)の建築です。

 

 

3DSC05514

< 3. a view of prayer hall from the main hall >

< 3. 本堂前から拝堂側を見る >

 

4DSC05531

< 4. a view of a pond from the main hall >

< 4. 本堂の縁側から放生池を望む >

 

5DSC05540

< 5. a view of the main hall from the pond >

< 5. 放生池から本堂を望む >

 

7

< 6. Amida Triad statue in the main hall >

< 6. 本堂にある本尊の阿弥陀三尊像 >

 

Zocho-ten that was one of the Four Guardian Kings is seen to the left, and there is Tamon-ten that was one of the same in the right side.

 

向かって左に増長天が見え、その右には写っていないが多聞天がある。

 

About Chogakuji temple

This temple was built in 824, and there were as many as 48 sub-temples and about 300 Buddhist monks at the peak.

Amida Triad statue was made in the last of the Heian era (about the 12th century),

And Zocho-ten and Tamon-ten was older than it.

Now, this temple became little, but seasonal flowers in the vast precincts seem to be famous.

 

I was surprised that I can look near the 5 statues being National Important Cultural Property.

 

長岳寺について

ここは真言宗の寺で、創建は824年と古く、盛時には48の建物、僧侶300名ほどを要したそうです。

阿弥陀三尊像は平安末期(12世紀頃)、増長天・多聞天は平安中期と更に古い。

今は寂れた寺だが、境内12000坪の花が有名だそうです。

 

私が驚いたのは、国指定重要文化財の5体の仏像を間近でじっくり味わえることでした。

 

6ssDSC05527

< 7. the left is the Amida statue, and the right is Tamon-ten >

< 7. 左が阿弥陀如来像、右が多聞天像 >

 

When I sat near front of Tamon-ten and I heard the explanation by a chief priest about a picture of hell along with seeing it, I was overcome by deep emotion.

The exposition of the picture of hell is limited at this time of year.

Once, Many believers would feel an intimate connection with a crime and the Pure Land by seeing a similar picture of hell, and they would be assured of Buddha’s help with seeing gentle Amida Buddha and rageful Tamon-ten.

 

多聞天の直ぐ前に座り、壁に掛かった地獄絵を見ながら住職の絵解き説法を聞いていると

感慨深いものがあった。

大地獄絵の御開帳はこの時期に限定されています。

かつて、多くの信徒が地獄絵で罪と浄土を身近に感じ、憤怒の多聞天と柔和な如来に接して救いを確信したことだろう。

 

8地獄絵1

< 8. large picture of hell >

< 8. 大地獄絵 >

 

The main story of this picture: After cremation, dead persons go through Hades in numerical order, and it judged whether they are sent to hell or the Buddhist paradise at the last.

 

地獄絵のストーリー: 死者は火葬された後、番号順に冥界を進み、最後に地獄か極楽行きかが決まる。

 

About large picture of hell 

This was drawn in the early of the Edo era (the 16-17th century), the mean size of 9 hanging pictures is about 90 cm in width, and about 250 cm in length.

The story of this picture originates in Buddhist scripture “Ojoyoshu” of the 10th century, and furthermore its origin is from the Pure Land Faith birthed in India in about the first century.

 

この大地獄絵について

これは江戸時代初期(16~17世紀)の作で、一つ掛け軸の巾約90cm、縦約250cmで9幅の連作です。

地獄絵のストーリーは10世紀の源信の仏書「往生要集」が元になり、さらにその起源は1世紀頃に生まれたインドの浄土信仰(大乗仏教の経典「阿弥陀経」など)に遡る。

 

9地獄絵

< 9. the main points of the large picture of hell >

< 9. 大地獄絵の要点 >

Upper picture: In upper part of No. 5, Emma Daio judges merits and demerits of a dead parson.

Central picture: In central part of No.6, person having had crime gets dropped into the blaze hell.

Lower picture: In central part of No.9, Buddha comes to pick up good person to the Buddhists’ paradise.

 

“ Keep on doing good deeds” of Buddhism and “devote to own parents” of Confucian still are living teachings in our mind.

 

 

上図: 掛け軸5番の上部。閻魔大王が、死者の功罪を審判している。

中央図: 掛け軸6番の中央部。 罪ある者は火焔地獄などに堕とされる。

下図: 掛け軸9番の中央部。 善行ある者は如来が極楽浄土へと迎えに来てくれる。

 

今も日本人の心に、仏教の「善行を積む」と儒教の「孝徳を尽くす」の教えが息づいている。

 

10念仏

< 10. A sacred book and Buddhist invocation >

< 10. 経典と念仏 >

 

Very roughly speaking, the Japanese Buddhism was divided into popular religion of believers chanting the Nenbutsu (Buddhist invocation) and Zen Buddhism of samurai attaching importance to discipline own mind.

I think the Nenbutsu became very popular among the common people under favor of the picture of hell and “Ojoyoshu”.  

The Pure Land Faith preached the Nenbutsu as means to go to the Buddhists’ paradise.

On the other hand, sacred books of Buddhism had been written in Chinese character, and many people were not able to read.

Thus, the explanation by a picture of hell became very popular across the whole country by street performers and priests in the Edo era.

 

Afterword

Accidentally, I was surrounded by Buddhist statues of the Heian Period and could hear the explanation of a picture of hell.

I could contact a Japanese culture descending from ancient times.

 

 

日本の仏教は大雑把に言って、念仏を唱える民衆の宗教と、精神修養を重視する武士の禅宗に別れました。

南無阿弥陀仏など、仏の名前を唱える念仏が広まったのは、「往生要集」と「地獄絵」のおかげとも言えます。

浄土信仰は、極楽浄土に行く手段として念仏を説いていた。

一方、仏教の経典は中国の漢字で書かれており、多くの民衆は読むことが出来なかった。

こうして地獄絵の絵解き説法は江戸時代には大道芸人や僧侶によって全国に普及するようになっていた。

 

 

あとがき

私は偶然にも、平安時代の仏像に囲まれて地獄絵の絵解き説法を聞くことが出来ました。

いにしえからの日本の文化に触れる思いがしました。

 

 

 

 

 

 

 

Categories: book+ film+drama, culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, mind, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Went around Croatia and Slovenia 1: introduction


クロアチア・スロベニアを巡って 1: はじめに

 

             1-コトル DSC00885 

< 1. A cathedral of Kotor old city and castle walls that surround the mountain at the back >

< 1.コトル旧市街の教会と山に巡らした城壁 >

 

I saw the sights of 4 countries (Slovenia, Croatia, Montenegro, Bosnia and Herzegovina) in the Balkan Peninsula facing the Adriatic Sea and Doha (Qatar) in the Arabian Peninsula.

It was very wonderful travel.

I was heavily involved in the glittering sights of the Adriatic Sea, in the magnificent nature, in the ancient city that keeps still living and in their life.

I introduce this trip by many photographs from now.

 

私はアドリア海に面したバルカン半島の4ヵ国(スロベニア、クロアチア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ)とアラビア半島のドーハ(カタール)を観光して来ました。

実に素晴らしい旅行でした。

私は陽光輝くアドリア海と大自然、今も生き続ける古代都市と人々の暮らしにどっぷり浸かって来ました。

これから、多くの写真を使い旅行の様子を紹介します。

 

 2 ドブロブニク DSC00337

< 2.   Seeing Dubrovnik old city below from a top of the hill >

< 2. 眼下に見えるドブロブニク旧市街 >

 

Summary of this trip

I joined a tour organized by a tour company with my wife.

Travel schedule were from Saturday, August 29, 2015 to Sunday, September 6.

We shuttled between Kansai International Airport and Zagreb Airport via Doha Airport by airplanes.

We went around the actual place by a bus.

 

Good points of this trip

We visited five world heritages, two capitals, and other three sightseeing spots, and were able to contact the history, nature and people’s life.

We were able to enjoy walk because there was the free time from approximately 1 hour to 1.5 hours in each sightseeing spot.

Almost everyday, we were able to enjoy walk around our hotel in morning and evening a little.

 

Slightly bad points of this trip

In the end of August, the lingering summer heat is still intense, and the shadow of photograph appeared strongly.

It was a little regrettable that there wasn’t a half day of free time.

 

 

旅行の概要

ツアー会社:(株)ジャンボツアーズ

ツアー名 :パート2 夢のクロアチア・スロベニア5ヵ国9日間

旅行日  :2015年8月29日(土)~9月6日(日)

主な行程 :関空・ドーハ経由・ザグレブ空港間を往復。現地は総べてバス移動。

 

この旅行の良かった点

催行人員14名で大型バスに乗ったので、移動が楽で観光がスムーズだった。

世界遺産5ヵ所と首都2ヵ所、観光地3ヶ所を訪れ、歴史と自然、暮らしに接することが出来た。

OPなし、全食事付きで最も安い旅行だった。

各観光地での自由時間が約1~1.5時間ほど有り、ほぼ散策を楽しめた。

ヨーロッパのバカンス時期だったので、その賑わいを感じることが出来た。

毎日のホテル着がPM6~7時台になったが、朝夕、ホテル周辺の散策が楽しめた。

ベテラン添乗員とツアー会社の誠意が感じられた。

 

少し不満な点

年のせいで、私は連日の徒歩観光で足が張ってしまった(体力の問題)。

私に不満はないが、3ヵ所のホテルは排水が不安でシャワーを使用した。

8月末は残暑厳しく、また写真撮影で陰影が強く出てしまう。

半日程度の自由時間が無かったのが少し残念だった。

 

3 地図2

< 3. Maps indicate our tourist route >

< 3. 観光ルートを示す地図 >

Upper map: A red frame shows 4 countries that we saw the sights.

Lower map: No. 1 – 14 line up in order of the visiting, and show main sight spots (red point) and our hotels (blue point).

Orange lines show the route of our bus.

2 = Ljubljana. 3 = Lake Bled. 4 = Postojna Cave. 5 = the port town of Senj. 7 = Plitvice Lakes National Park. 8 = Neum. 9 = Dubrovnik. 10 = Kotor. 11 = Mostar. 12 = near Trogir. 13 = Split. 1 and 14 = Zagreb.

 

上図: 赤枠は観光した4ヵ国を示す。

下図: 番号1~14は訪問順序で、主な観光地(赤丸)と宿泊地(青丸)を示す。

橙色の線はバス移動の経路を示す。

番号の説明:②首都リュブリャナ観光、③ブレッド湖泊と観光、④ポストイナ鍾乳洞観光、⑤港町Senjで休憩、⑥プリトヴィッツェ近郊泊、⑦プリトヴィッツェ湖観光、⑧ネウム泊、⑨ドブロブニク旧市街観光、⑩コトル旧市街観光、⑧ネウム泊(2連泊目)、⑪モスタル市内観光、⑫トロギル近郊泊、⑬スプリト旧市街観光、①⑭首都ザグレブ泊と市内観光。

 

4古都

< 4. Sightseeing in ancient cities >

< 4. 古都観光 >

A numeral in each photo is a numeral in the maps.

11: Stari Most (stone bridge) in Mostar.

14: Cathedral in Zagreb.

13: Diocletian’s Palace in Split.

 

以下、写真の数字は地図の番号です。

11: 中央にモスタルの石橋。

14: 中央にザグレブ旧市街の大聖堂。

13: スプリトのディオクレティアヌス宮殿跡。

 

5 湖群

< 5. The biggest waterfall in Plitvice Lakes National Park >

< 5. プリトヴィッツェ湖のプリトヴィッツェ滝 >

 

6 自然

< 6. Two natures that karst plateau made >

< 6. カルスト台地が造る自然 >

7:   Plitvice Lakes National Park.

Upper photo of No. 4: Gate of Postojna Cave.

Lower photo of No.4: Inside Postojna Cave.

 

7: プリトヴィッツェ湖。

4の上図: ポストイナ洞窟の入口・出口。

4の下図: 洞窟内。

 

 

7 景観

< 7. Splendid view >

< 7. 素晴らしい景観 >

3: The church in an island of Lake Bled.

6: Early morning around our hotel in the neighborhood of Plitvice Lakes National Park.

12:   Sunrise of Trogir old city viewed from a beach of our hotel.

 

3: ブレッド湖の島の教会。

6: プリトヴィッツェ湖近くのホテル周辺の早朝。

12: ホテルの海岸から見た古都トロギルに昇る朝日。

 

8 自然

< 8. Magnificent nature >

< 8. 大自然 >

A: Mountain range on a border between Slovenia and Austria.

B: A view of the Adriatic Sea (near Rijeka?).

C: Fiord in the neighborhood of Kotor.

 

A: スロベニアとオーストリアの国境の山脈。

B: アドリア海を望む。Rijekaリエカ辺り。

C: コトル近郊のフィヨルド。

 

 

9 町

< 9. Ttownscape >

< 9. 街並み >

5: Port town Senj of the Adriatic Sea.

D: A fortress and town that stands on the cliff of Dalmatia area (the Adriatic Sea coast).

14: The Triple Bridge and a church in Ljubljana.

 

5: アドリア海に面した港町Senj.

D: ダルマチア地方(アドリア海沿岸)の崖の上に立つ要塞と町。

14: リュブリャナの三本橋と教会。

 

 

10 教会

< 10. Various religions >

< 10. 様々な宗教 >

10: An old church of Serbian Orthodox Church in Kotor. The inside is different from Catholic.

2:   Catholic cathedral in Ljubljana.

11: An Islam church of Mostar.

 

10: コトルのセルビア正教会の古い教会(内部がカトリックと異なる)。

2: リュブリャナのカトリック大聖堂。

11: モスタルのイスラム教会。

 

11 その他

< 11. Touch to living >

< 11. 生活を感じる >

8: A street in Mostar. The bullet mark of an outer wall shows a civil war of this time.

11:   The shore of Grand Hotel Neum. People enjoyed sea bathing at night.

14: The premises in Zagreb Central Station at early morning.

 

8: モスタルの通り。外壁に銃弾跡が今次の内戦を物語る。

11: ネウムのホテルの海岸。夜に海水浴を楽しむ人々。

14: ザグレブ中央駅の構内。早朝の散策にて。

 

12 食事

< 12. Meal and shopping >

< 12. 食事とショッピング >

6: A trout dish of a restaurant in the neighborhood of Plitvice Lakes National Park.

14: Dolac Market (fruit and vegetable) in Zagreb was a full of tourists and local people.

E: A roadside restaurant.

 

6: プリトヴィッツェ湖近くのレストランでマス料理。

14: 観光客と地元の人で賑わうザグレブのドラツ青果市場。

E: ドライブイン。

 

13 ドーハ

< 13. Views from airplane and Doha >

< 13. 航空写真とドーハ >

F: Views from airplane from Doha to Zagreb at little distance from Zagreb.

G: A photo just before a landing to Doha.

H:   Souq Waqif ( market) in Doha.

 

F: ドーハからザグレブへの機内から撮影。ザグレブ近郊。

G: ドーハへ着陸直前に撮影。

H: ドーハのワキーフスーク(市場)を観光。

 

14 人々

< 14. People whom I met up >

< 14. 巡り会った人々 >

I:   Ban Jelacic Square in Zagreb.

J: At a border checkpoint to Slovenia from Croatia.

H: A local guide of Ljubljana.

 

I: ザグレブのイェラチッチ広場にて。

J: クロアチアからスロベニアに向かう国境検問所にて。

H: リュブリャナにて。現地のガイドさん。

 

Now, things that I think about this trip

Before going, I thought that Balkan countries became waste by the civil war and were underdeveloped.

But, I became to have good impression toward local people, while our bus had run on the shoreline of the Adriatic Sea and I had seen them at many towns.

I felt envious of the people who lived in a relaxed way in abundant or wild nature.

On the other hand, I touched a scar of the civil war and a traffic jam in a border checkpoint and saw difference between various races and religions.

Then a question arose.

Why did the people in this area have to suffer?

 

I introduce this travel and the appearance of Balkan countries from various viewpoints.

 

This continues next time.

 

 

 

今、思うこと

行く前は、バルカン諸国を内戦で荒れ、遅れた国々ぐらいしか思っていなかった。

しかしアドリア海の海岸線を走り、多くの町で地元の人々に触れていくと好感を持つようになった。

豊かであり荒々しくもある自然に、ゆったりと暮らす人々が羨ましく思えた。

一方で、内戦の傷痕や国境検問所の渋滞に接し、様々な民族と宗教の違いを見ると疑問が沸いてくる。

なぜ、この地域の人々は苦しまなければならなかったのか?

 

今回の旅行記も、様々な視点でバルカン諸国の様子をお伝えします。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Went around Croatia and Slovenia, travel+photo | Tags: , , , , , , , , , , , , | 2 Comments

Go around the world of Buddha statues 29: The beginning of God statue in China 7


仏像を巡って 29: 中国の神像の始まり 7

    1

< 1. a statue of Taoism in Taiwan >

< 1. 道教像、台湾 >

 

This time, we look at the wonder of religion that was behind the background of the birth of god statue.

“The beginning of God statue in China “ is the last at this article.

 

今回は、神像誕生の背景にある宗教の不思議を見ます。

これで、「中国の神像の始まり」は終わります。

 

 

2

< 2. the change of the Chinese human statue for approximately 4,000 years >

< 2. 約4000年間にわたる中国の人物像の変遷 >

 

What had happened to Taoism and Buddhism?

In the despair of troublous times in those days, people didn’t come to refuse Buddhism only because it was a religion of different ethnic groups.

Then, the people became fascinated by the cultivation of mind or the help of the Buddha that Buddhism advocated.

The people received the theory “a never-ending cycle of life and death” to endure temporal unreasonableness.

In addition, many dynasties came to use the influence.

 

On the other hand, Taoism became popular until it was favorably compared with Buddhism, but it was necessary to change to other direction from Chinese alchemy (medicine-making techniques) because of developing poisoning death by the medicine for immortality.

Therefore, Taoism incorporated the cultivation of mind from Buddhism as means of the perpetual youth and longevity.

In addition, Taoism had been necessary to theorization due to argument with Buddhism, and put the philosophy of Doka on a basis.

 

On the other hand, Buddhism adopted a prayer and execration of Taoism, too.

Buddha and Laozi that had been the founder of the each sect were advertised as the same person by both religions.

 

 

道教と仏教に何が起きていたのか

乱世にあって、人々は絶望の中で仏教が異民族の宗教だからと言うだけで拒否しなくりました。

仏教が唱える精神修養や仏の御加護は人々の心を捉えました。

民衆は現世の理不尽に耐える為に輪廻転生説を受け入れていきました。

また多くの王朝はその影響力を利用するようになりました。

 

一方、仏教を凌ぐまで普及した道教でしたが、錬丹術の失敗(不老長寿の薬で中毒死)から方向転換する必要がありました。(「病と医術の歴史30」参照)

そこで道教は不老長寿の手立てとして仏教の精神修養を取り込みました。

また道教は仏教との論争で理論化が必要になり、道家の老子、荘子(紀元前4世紀頃)の思想を基本に据えました。

荘子の思想「無」は般若心経(仏教経典)の「空」に似ていたことも有利に働いた。

 

一方、仏教も道教の祈祷(折伏、呪詛)を取り入れました。

両宗教は、宗祖である老子と釈迦は、同一だと互いに喧伝するようになりました。

 

3

< 3. Laozi of China and “a never-ending cycle of life and death” of India >

< 3. 中国の老子とインドの輪廻転生 >

 

A mystery of the statue birth of Taoism

The supreme god of Taoism should have become clear from those days because sacred books of Taoism were accomplished from about the first century.

However, the statues birth of Taoism was the sixth century, and was 2 centuries later than Buddha statues had spread.

Even if people can make human statue, it seems to have had a hesitation to express supreme god by human image.

 

In many religions of the world, why was there such delay of god statues?

 

There is the hint a little.

In addition, the purposes of the worship were restrictive and intermittent, such as ancestor worship, burial, disease recovery, huge harvest, and exorcism.

 

However, when a unified dynasty was born, the guardian deities of each tribe were systematized, and a personal god like the king came out on the top.

This personal god became the supreme god who can accept all wishes from national prosperity to disease recovery.

 

In this situation, when a religion having the statue of personal god came in, a tendency of the molding of the god statue becomes lively.

In this way, the god statue was independently enshrined and came to be always worshiped.

As for this, not only China but also India and Japan were similar.

 

 

尊像(神像)誕生の不思議

道教の経典は後漢時代(後1~3世紀)に成立し、道教の最高神はこの頃から明確になったはずです。

しかし尊像の誕生は仏像が普及してから2世紀ほど遅れた6世紀でした。

初期の道教では道観(道教の神殿)と仏教の寺を併設することがあり、5世紀頃の記録に、仏像は置いてもまだ尊像を置かなかった記録があります。

人々は人物像を造ることが出来ても、尊像を人間の容姿で表現することに躊躇があるようです。

 

なぜ世界各地の宗教で、このように神像誕生の遅れがあるのでしょうか?

 

そのヒントは幾らかあります。

古くは、人々は超自然の力を期待して、人間の姿よりはむしろ架空の動物を崇拝対象にした。

また崇拝は限定的で断続的なものだった(祖先、埋葬、病気平癒、豊穣祈願、厄払いなど)。

しかし、統一王朝が誕生すると、部族毎の守護神は体系化され、王のような人格神がその頂点に立つようになった。

この人格神は、国家安泰から病気平癒まで、すべての願いを受け入れる最高神となった。

 

この状況で人格神の像を有する宗教が外来すると、その神像を造形する気運が盛り上がります。

こうして人格神の像が単独で祀られ、常時礼拝されるようになった。

これは中国だけでなくインドと日本(三徳山三仏寺の金剛蔵王大権現)も同様でした。

 

 

4

< 4. a crematory of Ganges and the mausoleum of first Qin Emperor >

< 4. ガンジス川の火葬場と秦の始皇帝の陵墓 >

 

It shows that a collision of different cultures further developed the view of society, religious piety and carving skill of people.

For example, by accepting of the concept ”a never-ending cycle of life and death”, Chinese burial culture united with Indian cremation culture that differed in ” view of life and death”, and it affected not only China but also Japan.

 

そこには人々の信仰心、社会観、造形表現力が異文化流入によって大きく発展する姿がありました。

例えば、輪廻転生の受け入れによって、死生観を異にする中国の土葬文化とインドの火葬文化が合体し、中国だけでなく日本にも影響を与えたのです。

 

Afterword

Religion has sublime idea, and particularly there is a power to grow splendid neighborly love.

On the other hand, the more believers’ piety is strong, the more they hate pagans intensely.

However, the syncretism was possible precisely even between the religions caused serious confrontation because there was a truth common to all humankind in those, and spread in the world.

 

From next time, I will treat another theme about god statue of the world.

 

 

あとがき

宗教には崇高な理念があり、特に素晴らしい隣人愛を育む力があります。

一方で、信仰心が強ければ強いほど異教徒を激しく憎悪することにもなります。

しかし対立を生む宗教間にも、人類共通の真理があるからこそ習合を可能にし、世界に広がって行ったのです。

 

次回からは、また別のテーマで世界の神像を巡る予定です。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Go around the world of Buddha statues | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

Go around the world of Buddha statues 27: The beginning of God statue in China 5


仏像を巡って 27: 中国の神像の始まり 5

 

1

< 1.  Mogao Caves in Dunhuang is a Buddhist heritage in China. >

< 1.敦煌莫高窟、中国の仏教石窟 >

 

This time, we survey the situation that Buddha statue had been spreading in China.

今回は、中国で仏像が普及する様子を概観します。

 

 

The introduction of Buddhism

The introduction of Buddhism was unexpectedly early, and the 1st century A.D.

Before long, the troubled times of the Three Kingdoms period finished, toward about the 4th century, the predawn of Buddhism came.

From about this time, small Buddha statue for being portable began to be made.

 

 

仏教の伝来

中国に仏教が伝わったのは意外に早く、後漢時代(後1世紀)でした。

やがて騒乱の三国時代が終わり、後4世紀頃になると仏教が黎明期を迎えます。

この頃から携帯可能な小さな仏像が造られ始めました。

 

3 A-C 

< 2. these early Buddha statues were made before the Tang dynasty >

< 2. 初期の仏像、唐時代以前 >

 

A: this gilt bronze statue of Buddha was made in around central Asia in the first half of the 4th century.

This is the earliest Buddha statue of China.

 

B: a Bodhisattva statue of the early 5th century in Mogao Caves of Dunhuang.

The appearance is influenced by India or Iran.

Mogao Caves were dug for a training place of Buddhist during the 4th and 14th century.

 

C: a seated Buddha statue of the early 5th century in the Yungang Grottoes.

The nation of northern people that ruled the north China including Dunhuang engraved the largest statue on a rock like mountain by staking the national’s prestige.

The appearance is Mongolia-style.

 

A: 金銅菩薩立像、4世紀前半頃、中央アジアで製作か。

中国でもっとも古い金銅仏。

 

B: 弥勒菩薩交脚像、敦煌莫高窟第275窟、5世紀前半。

その容姿にはインドとイランの影響がある。

莫高窟(4~14世紀)は修行の場として掘られた。

 

C: 仏座像、雲崗石窟第20窟、5世紀中頃。

敦煌も含む中国北部を支配した北魏が国家の威信をかけてこの巨大な像を作った。その風貌はモンゴル系の容貌です。

 

 

5-G-I

< 3. Buddha statue of mature Chinese-style after the Tang dynasty >

< 3.成熟した中国風の仏像、唐時代以降 >

 

G: Buddha Statues of the 7th century.

 

H: this seating Buddha statue was made of wood in the 12th century.

The figure like a sexy woman is wonderful.

 

I: this large Buddha statue is only one of statues engraved on Longmen Caves in the 8th century.

Big Buddha of Nara in Japan was modeled after this statue.

 

Around this time, these statues became the figure with clothes, hairstyle, and posture of Chinese-style.

 

G: 十一面観音菩薩像、唐、7世紀。

 

H: 木造菩薩座像、金(中国北部の王朝)、12世紀末。

なまめかしい女性らしい姿が凄い。

 

I: 毘盧遮那仏、龍門石窟奉先寺洞、唐、8世紀。

日本の東大寺の大仏はこれを手本に72年後に作られた。

この頃になると、仏像は服装、髪型、姿勢が中国様式を取り入れた仏像になりました。

 

Summary

Until now, we looked at the change of Chinese Buddha statue, god statue, and human statue during 7000 years.

 

Much of human figures in the early stage were half beast and half man, shaman, mountain hermit or ancestor gods.

Around the beginning of the first century, it was considerably drawn like human being.

 

These were for individual purpose or religious faith such as an amulet of grave, a prayer of something, a prayer of eternal youth and immortality.

Until that time, people had not prayed to one statue that was placed in a shrine on the ground each day.

 

Outside Buddha statue, there weren’t all-around God having supernatural power and personal God that was expressed by a statue.

 

On the next time, we look at the situation that statue of noble character of Taoism was born suddenly in the Tang dynasty.

 

 

まとめ

これまで数回にわたり、中国の人物表現や神像、仏像の変遷の7000年間を見ました。

 

初期の人物図像の多くは半人半獣か、シャーマン、仙人、祖先神でした。

紀元前後になるとかなり人間らしく描かれた西王母などが現れました。

それらは墓の魔除けや祈祷、不老不死の祈願など、個別の目的や信仰の為のものでした。

まだ丸彫りの単独像を地上の祠に安置して日常的に礼拝するものではなかった。

 

仏像以外では、超自然の力を持つ万能の神、人格神を像で表現するにはまだ至っていなかった。

 

 

次回は、唐の時代に突如として道教の尊像が誕生する様子を追います。

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Go around the world of Buddha statues | Tags: , , , , , | 2 Comments

Travel to Tottori prefecture 4: Sanbutsu-ji temple of Mt. Mitoku


鳥取旅行 4: 三徳山三仏寺

1

< 1. the main hall of the temple is seen to the left >

< 1.左に本堂が見える >

Today, I introduce a more Japanese style of mountain’s temple.

I had a good experience here.

 

今日は、日本らしい山の寺を紹介します。

私はここで良い体験をすることになりました。

 2c

< 2. I visited the inside of a red frame of this guide map  >

< 2. 三徳山案内図、赤枠を拝観 >

 

About Sanbutsu-ji temple of Mt. Mitoku

This here was in the place where we slightly went up a rivers flowing through Misasa hot spring.

Various 16 halls were built in a line between the elevation of 240 m on the 900m high Mt. Mitoku.

Lower than the main hall (the red frame of the map) are Buddhist temples, and upper than it are seminary’s halls for mountaineering asceticism (Shugendo) built on the steep ridgeline.

The beginning was said that the Nageire Hall (national treasure) was built by En no Gyōja in the early of the 8th century.

 

 

三徳山三仏寺について

ここは三朝温泉を流れる川を少し遡ったところにあります。

標高900mの三徳山の山肌、標高差240mの間に16ほどの御堂が並んでいる。

本堂より下(地図の赤枠)は天台宗の寺で、それより上は険しい尾根に建つ修験道場です。

8世紀初め、役行者が山頂近くに投入堂(国宝)を建てたのが始まりとされる。

3

< 3. appearance of some Sanbutsu-ji temples >

< 3. 三仏寺の様子 >

4

< 4.   the main hall of Sanbutsu-ji >

< 4.  三仏寺本堂 >

Upper photo: The main hall on right side.

We can go up to the seminary’s halls for mountaineering asceticism from the right side of the main hall.

Lower photo: Inside the main hall.

 

上の写真: 右手に本堂。本堂の右手から修験道場へ登る。

下の写真: 本堂内。

5

< 5. a Kongou-Zao-Daigongen ( god statue) of Shugendo, by HP >

< 5. 金剛蔵王大権現、国重要文化財、宝物殿、HPより >

This was made in the 12th century and enshrined in the Nageire Hall.

I saw it for the first time and was surprised at the dynamism and the realistic face.

 

This face is same as the fierce look of Buddha statues, and the fabricator is father of Unkei that was representative of Buddhist sculptor of the Kamakura era.

En no Gyōja began the mountaineering asceticism Buddha statues just had spread in Japan.

He learned Buddhism at the first, before long aimed at mountain worship, and realized the Kongou-Zao-Daigongen of Japanese god.

This statue is a deity only in Japan, but the fierce look is same as Myoo of Buddha statue.

これは12世紀に作られた蔵王大権現で投入堂に祀られていた。

始めて見たのですが、躍動感と迫真の形相に驚きました。

この形相は仏像の憤怒相ですが、作ったのは鎌倉時代の仏師を代表する運慶の父なのです。

仏像が日本に普及したばかりの時代に、役行者は修験道を始めた。

彼は仏教を学び、やがて山岳信仰を目指し、金剛蔵王大権現を感得した。

この大権現は日本だけの神像ですが、その形相は明王(密教の仏像)のものです。

6

< 6. a view of the Nageire Hall from the place shown with a blue frame of the map >

< 6. 地図の青枠で印された投入堂遙拝所から撮った投入堂 >

It is splendid that this is made in a hollow of cliff and is Buddhist architecture of the 12th century (the late stage of the Heian era).

I was not able to go up to the seminary’s halls for mountaineering asceticism because I was light-duty garment.

 

Afterword

I didn’t know this place is so wonderful place until I go to this temple.

Even more than the scenery, it was important to have known the relation of Myoo, Kongou-Zao-Daigongen, En no Gyōja and father of Unkei.

 

This continues next time.

 

 

これは崖の窪みに作られていること、12世紀(平安時代後期)の仏教建築が今に残っていることが素晴らしい。

修験道場へは軽装で登ることが許されず、私は投入堂に行けなかった。

あとがき

私は、この寺に行くまでこんなに凄い所とは知りませんでした。

景観もさることながら、明王、金剛蔵王大権現、役行者、運慶の父(康慶)の関わりを知ったことが得難い。

次回に続きます。

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, travel+photo | Tags: , , , , | 2 Comments

Traveled to Spain and Portugal 41: Table of contents and the abstract


 

スペインとポルトガルを巡る旅 41: 目次と要約

1地図

< 1. Map of our sightseeing route. I put the number of this map behind each title. >

< 1. 観光ルート地図、表題の後に地図No.を付しています >

 

Table of contents and the abstract

目次と要約

 

  1. “Iwill travelin Spain and Portugal”

The article in front of this travel.  

1.「スペインとポルトガルに旅行します」

旅行出発前の記事です。

 

  1. “** 2: Introduction”

I introduce the brief summary of our travel report.

2.「** 2: はじめに 」

この旅行記の全体像を紹介します。

 

2 3-8

< 2. Photo No. 3 – 8 are typical photo of title article of the same No. >

< 2.写真番号3~8は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 3:  Fortified town of Elvas”, Map No.10.

A fortress city on the top of a hill in vast plain.

3. 「** 3: 要塞都市エルヴァス 」 地図No.10

大平原の丘の上にある要塞都市です。

 

  1. “ ** 4:  Zaragoza, Spain, on the trip third day, October 14”, Map No.2.

The Pilar church in state capital of wasteland Aragon is indispensable to talk about the religion of Spain.

4.「** 4: サラゴサ、スペイン、旅行3日目、10月14日 」地図No.2

荒野アラゴンの州都にあるピラール教会はスペインの信仰を語るには欠かせない。

 

  1. “ ** 5: Windmills of La Mancha, Spain, on the trip 5th day, October 16”, Map No.5.

Consuegra that windmills were built on the hill of is a lovely landscape.

5.「** 5: ラ・マンチャの風車、スペイン、5日目、10月16日 」地図No.5

風車が建つコンスエグラの丘は絶景ポイントです。

 

6. “ ** 6: An inn of Don Quixote, Spain, on the trip 5th day, October 16”, Map No.5.

This inn of small village causes me to intimately feel Don Quixote early in the 17th century. 

6.「** 6: ドン・キホーテの旅籠、スペイン、5日目、10月16日 」地図No.5

小さな村の旅籠は17世紀初めのドン・キホーテを身近に感じさせてくれる。

 

  1. “** 7:   Nature of Iberia 1, Spain”, Map No.1 – 6.

I introduce the views of Iberia from my bus in 5 installments.

In this time, it is from Barcelona to Cordoba via Madrid.

7.「** 7: イベリアの自然 1、スペイン 」 地図No.1- 6

これから5回に分けて紹介するバスの車窓からのイベリアの風景です。

今回はバルセロナからマドリードを経由してコルドバまでです。

 

  1. “ ** 8: Madrid, Spain, on the trip 4th day, October 15”, Map No.3.

I mainly introduce the circumference of Palcio Real(royal palace) in Madrid.

8.「** 8: マドリッド、スペイン、4日目、10月15 」 地図No.3

主に首都マドリッドの王宮周辺。

 

3 9-16

< 3. Photo No. 9 – 16 are typical photo of title article of the same No. >

< 3. 写真番号9~16は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 9: Old city of Toledo, Spain, on the trip 4th day, October15”, Map No.4.

This is the centerpiece for Spanish tourism, and we can feel the world of the Middle Ages here.

I introduce the full view and the circumference this time.

9.「** 9: 古都トレド1、スペイン、4日目、10月15日 」 地図No.4

ここはスペイン観光の目玉で中世の世界を味わえる古都です。

今回は、外周からの景色です。

 

  1. “ ** 10: Old city of Toledo 2, Spain, on the trip 4th day, October15”, Map No.4.

I introduce the strolling in the fortress city by 24 photos.

10.「** 10: 古都トレド2、スペイン、4日目、10月15日 」地図No.4

24枚の写真で城砦都市内の散策を紹介します。

 

  1. “ ** 11: the sun and moon of Iberia”, The whole area of the map

I was impressed with scenes that moon and sun appeared in.

11.「** 11: イベリアの太陽と月 」 地図の全域

感動した太陽と月が写った光景。

 

  1. “ ** 12: El Greco had become a bloomer in Toledo”, Map No.4.

I little knew Spanish artists, but when I saw directly it, I took interest in it.

I introduce architect Gaudi and painter Goya later.

12.「** 12: トレドで開花した画家グレコ 」 地図No.4

スペインの芸術家は馴染みが薄いのですが、直に見ると面白いです。

後に建築家ガウディと画家ゴヤを紹介します。

 

  1. “ ** 13: Cordoba that different culture bloomed in, Spain, on the trip 5th day, October 16”, Map No.6.

We can see the influence of Islam and Jew that made the Spanish culture and history.

13.「** 13: 異文化が香るコルドバ、5日目、10月16日 」 地図No.6

スペインの文化と歴史を作ったイスラム、ユダヤの影響を見ることが出来ます。

 

  1. “ ** 14: La Ronda on a precipitous cliff, on the trip 6th day, October 17”, Map No.8. 

The sunlight of Andalucia was showering down on different world in the sky.

As it was very fine at this day, I enjoyed the strolling in the mood of heaven.

14.「** 14: 断崖絶壁の街ロンダ、スペイン、6日目、10月17日 」 地図No.8

アンダルシアの太陽が注ぐ天空の別天地。

素晴らしい快晴のおかげで、散策を堪能しました。

 

  1. “ ** 15: Pearls of Islam, Alhambra, on the trip 6th day, October 17”, Map No.7.

I introduce the strolling by 26 photos.

I refer to the mind of Islam, too.

15.「** 15: イスラムの精華、アルハンブラ宮殿、6日目、10月17日 」 地図No.7

26枚の写真で散策を紹介。

イスラムの精神についても触れます。

 

  1. “ ** 16: Garden and Villa of Alhambra、on the trip 6th day, October 17”, Map No.7.

I introduce the beautiful villa and the history of Alhambra.

16.「** 16: アルハンブラの庭園と離宮、6日目、10月17 日 」 地図No.7

美しい離宮とアルハンブラの歴史。

 

4 17-24

< 4. Photo No. 17 – 24 are typical photo of title article of the same No. >

< 4. 写真番号17~24は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 17: Sevilla, Spain, on the trip 7th day, October 18”, Map No.9.

I introduce the splendid buildings and the flamenco show of this city that had accomplished great prosperity in the Age of Discovery.

17.「** 17: セビージャ、スペイン、7日目、10月18日 」 地図No.9

大航海時、大繁栄を遂げた都市の素晴らしい建築とフラメンコショーを紹介します。

 

  1. “ ** 18: Nature of Iberia 2, from Spain to Portugal”, Map No.6 – 10.

I introduce it from Cordoba of Spain until Evora of Portugal.

18.「** 18: イベリアの自然2、スペインからポルトガルへ 」 地図No.6-10

今回はコルドバからポルトガルのエヴォラまでです。

 

  1. “ ** 19: Ancient city Evora, Portugal, on the 7th day, October 18”, Map No.11.

This became the first strolling of an ancient city in Portugal.

I met pretty girls.

19.「** 19: 古都エヴォラ、ポルトガル、7日目、10月18日 」地図No.11

ポルトガルで最初の古都散策になります。

可愛い少女達に出会いました。

 

  1. “ ** 20: Lisbon of glory, on the 8th trip, October 19”, Map No.12.

I introduce it in 4 instilments.

I introduce the buildings of the Age of Discovery in Belem district in this time.

20.「** 20: 栄光のリスボン1、8日目、10月19日 」 地図No.12

リスボンを4回に分けて紹介します。

ベレン地区にある大航海時代の建築。

 

  1. “ ** 21: Lisbon and the Age of Discovery”, Map No.12.

I introduce the beginning of the Age of Discovery and the relation of Lisbon.

21.「** 21: リスボンと大航海時代 」 地図No.12

大航海時代の始まりとリスボンの関わりを紹介します。

 

  1. “ ** 22: Lisbon 2, walking around town, on the 8th trip, October 19”, Map No.12.

I introduce the first half of the strolling from the noon until midnight.

22.「** 22: リスボン2、町歩き、8日目、10月19日 」 地図No.12

昼から深夜までの町歩きの前半。

 

  1. “ ** 23: Lisbon3、walking around town, on the 8th trip, October 19”, Map No.12.

I introduce the latter half of the strolling and fado show.

23.「** 23: リスボン3、町歩き、8日目、10月19日 」 地図No.12

町歩きの後半とファドショー。

 

  1. “ ** 24: Coimbra having a university, Portugal, on the 9th trip, October 20”, Map No.13.

I introduce the old university and the library.

24.「** 24: 大学の町コインブラ、ポルトガル、9日目、10月20日 」 地図No.13

最古の大学と図書館。

 

5 25-32

< 5. Photo No. 25 – 32 are typical photo of title article of the same No. >

< 5. 写真番号25~32は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 25: Porto of wine town, on the 9th trip, October 20”, Map No.14.

As it was a fine day, the view of Porto from the opposite bank of Rio Douro is the best.

25.「** 25: ワインの町ポルト、9日目、10月20日 」 地図No.14

天気が良かったのでドウロ川越えに見るポルトは最高でした。

 

  1. “ ** 26: walking around Porto, on the 9th trip, October 20”, Map No.14.

I introduce the strolling from evening until midnight.

The illuminated buildings and Rio Douro at the night were beautiful.

26.「** 26: ポルトの町歩き、9日目、10月20日 」 地図No.14

夕方から深夜までの町歩き。

ライトアップされた建物、夜のドウロ川は美しかった。

 

  1. “ ** 27: Santiago de Compostela of pilgrimage 1, October 21”, Map No.15.

I introduce the strolling around the town of pilgrimage by 27 photos.

27.「** 27: 巡礼の町サンティアゴ・デ・コンポステラ前編、10月21日 」 地図No.15

27枚の写真で巡礼の町の散策を紹介。

 

  1. “ ** 28: Santiago de Compostela of pilgrimabge 2, October 21”, Map No.15.

I introduce the inside of the cathedral, and young people that just finished pilgrimage.

28.「**28: 巡礼の町サンティアゴ・デ・コンポステラ後編、10月21日 」地図No.15

カテドラル内部と巡礼を終えた若者達。

 

  1. “ ** 29: Scenery from a car window, northern Spain and Portugal”, Map No.11 – 15.

I introduce landscapes from Evora of Portugal until Santiago de Compostela of Spain.

The scenery of here resembles it of Japan.

29.「** 29: 車窓から4、ポルトガルとスペイン北部 」 地図No.11-15

ポルトガルのエヴォラからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステラまでの景色。

ここには日本と似た風景が広がっています。

 

  1. “ ** 30: Salamanca being a city of university, Spain, October 22”, Map No.16.

I introduce the reddish buildings, and the outer walls and the doors that were engraved with delicate work of art.

30.「** 30: 大学の町サラマンカ、スペイン、10月22日」 地図No.16

赤みを帯びた建築群、緻密な彫刻を施された外壁や扉。

 

  1. “ ** 31: Avila city of a castle wall, Spain, October 22”, Map No.17.

I introduce the huge castle wall and a multitude of towers that reminds me of a fight of 900 years ago.

31.「** 31: 城壁の町アビラ、スペイン、10月22日 」 地図No.17

900年前の戦いの凄さを偲ばせる巨大な城壁と林立する塔。

 

  1. “ ** 32: Segovia is known for aqueduct, Spain, October 23”, Map No.18.

I introduce the strolling of the city, church, castle in the Middle Ages, and a street market. 

32.「** 32: 水道橋で知られたセゴビア、スペイン、10月23日 」 地図No.18

22枚の写真で、町の散策、中世の教会や城、露天市を紹介。

 

 

6 33-39

< 6. Photo No. 33 – 39 are typical photo of title article of the same No. >

< 6. 写真番号33~39は表題記事の写真 >

 

  1. “ ** 33: Astonishing Basilica de la Sagrada Familia and Barcelona, October 13”, Map No.1.

I was shocked by the building of Gaudi in Barcelona that we visited first.

33.「** 33: 驚愕の聖家族教会とバルセロナ、10月13日 」 地図No.1

最初に訪れたバルセロナで、衝撃を受けたガウディの建築。

 

  1. “ ** 34: Scenery from a car window, central Spain”, Map No.14 – 3.

It is scenery from Porto in Portugal until Madrid in Spain.

Then, we took a round.

34.「** 34: 車窓から5、スペイン中部 」 地図No.14-3

ポルトガルのポルトからスペインのマドリードまでの風景。

これで一巡しました。

 

  1. “ ** 35: Shopping”, The whole area of the map.

I introduce New Doha international Airport, roadside restaurants, and supermarkets. 

35.「** 35: ショッピング 」 地図全域

ドーハ空港やドライブイン、ショッピングセンターなど。

 

  1. “ ** 36: Genius painter Goya 1”

I introduce the first half of the works and the life of Goya.

36.「** 36: 天才画家ゴヤ 1 」

ゴヤの作品と生涯の前半。

 

37. “ ** 36: Genius painter Goya 2”

I introduce the latter half of the works and the life of Goya.

37.「** 37: 天才画家ゴヤ 2 」

ゴヤの作品と生涯の後半。

 

  1. “ ** 38: Prado Museum”, Map No. 3.

I introduce the artists and the works of the Middle Ages in Spain

38.「** 38: プラド美術館 」 地図No.3

中世スペイン絵画を代表する作家と作品。

 

  1. “ ** 39: Meal and restaurant”, The whole area of the map.

I introduce meals and restaurants that impressed me most.

39.「** 39: 食事とレストラン 」 地図全域

印象に残った食事とレストラン。

 

  1. “ ** 40: Get through with travel report”

What the history of Spain and Portugal taught me.

40.「** 40: 旅行記を終えて 」

スペインとポルトガルの歴史が教えてくれた事。

 

Thank you for reading my travel report for several months.

 

皆様、数ヶ月にわたる旅行記をお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: Traveled to Spain and Portugal, travel+photo | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Go around the world of Buddha statues 22: What is the beginning of God statue (Buddha statue)?


仏像を巡って 22: 神像(仏像)の始まりとは何か?

 

   神官 Flamen and king statues in Indus civilization

< 1.   Flamen and king statues in Indus civilization >

< 1. インダス文明の神官王像 >

 

Last time, I introduced the birth of Hindu statue in India.

So, some persons would have a doubt.

“Are older human statues not the god statues? ”

Before examining this mystery, we sort out this problem at first.

 

前回、インドの神像誕生を見ました。

そこで、おそらく疑問を持たれた方がおられたでしょう。

「古くからある人物像は神像ではないのか?」

この不思議を探る前に、先ず問題点を整理しておきます。

 

 2 初期人物像,  the earliest human statues of prehistoric times 

< 2. the earliest human statues of prehistoric times >

< 2. 先史時代の人物像 >

 

What did the earliest human statues mean?

These human statues were made in the entire world from the prehistoric times.

I will briefly show the reasons these human statues are not regarded as god statues.

 

For example, in India, the earliest human statues (fig. 1) were found from remains of Indus civilization (about 2500 years ago), and simple mud dolls were found in each place after that time.    

In islands of the Aegean Sea, the earliest human statues (fig. A) were excavated at approximately 2,500 years ago

In Japan, ” Statue of Venus of Jomon Period” (fig. B) was made at approximately 5,000 years ago.

In Europe, Statue of Venus (fig. C) was made at the glacial epoch of approximately 30,000 years ago.

May we regard the earliest human statues as god statues?

Probably, these would have been used for purpose of prayer, black art, and the burial.

 

 

最初期の人物像は何を意味したのか?

人物像は先史時代から世界各地で作られていました。

これらを神像と見なさない理由を簡単に見ておきます。

 

例えば、インドではインダス文明の遺跡(約2500年前)から人物像(図1)、その後も各地で素朴な泥人形は発掘されています。

エーゲ海の島々で、約2500年まえから人物像(図A)が出土しています。

日本では、約5千年前に「縄文のビーナス像」(図B)が作られていました。

ヨーロッパでは約3万年前の氷河期にビーナス像(図C)が作られていました。

この初期段階の人物像は神像と言えるでしょうか?

これらはおそらく祈祷、呪術、副葬が目的だったのでしょう。

 

王と神 ,god statues after city civilization

< 3. god statues after city civilization >

< 3. 都市文明以降の神像 >

 

The reason that we cannot positively say that the earliest human statues are god statues

As one reason, we cannot identify the relation between a human figure and the myth because of preliterate society.

As more important thing, most myth that humanized divinities stood on top related to the birth of city civilization.

In fact, the myth in preliterate society was the secret that most were handed down from person to person by a social specific hierarchy.

For example, in India, the doctrine including the myth continued to be handed down from a master to limited disciple by oral tradition.

Before long, in the process in which small nations were being unified all over the world, each myth were unified under the guardian deity of the most powerful nation and came to be systematized.

There is difference according to the region, but the myth was being published for promising the royal authority.

In Code of Hammurabi (fig. D) of the ancient Mesopotamian civilization, a personal god who was giving the king authority was expressed.

In most of the myth of preliterate society, animal and nature (mountain, river, tree, and plant) was God.

For example, it will be the vestige that most of gods (fig.E, Horus God) of Egyptian civilization were expressed by human statues having a head of animal.

 

And, in early times, there was resistance to express humanized divinities as shape of a person.

Judaism and Islam forbade idol worship, and, during the early days, Christianity did so, too.

Essentially, the founder of Confucianism and Buddhism wouldn’t wish themselves apotheosized and carved on statues.

Naturally, the pupil and the priest of the initial religious community would have refused idolization.

 

 

初期の人物像が神像と断定出来ない理由

一つは、文字が無く、人物像と神話の関係を特定出来ないこと。

さらに重要なことは、人格神が頂点に君臨する神話の多くは都市文明誕生と関連している。

実は、無文字社会の神話は、多くが社会の特定階層だけに伝承される秘密でした。

例えばインドでは、神話を含む教義は限られた師弟間で口頭伝承されていました。

やがて世界中、小国が統合されて行く過程で、各神話は強国の守護神の下に統合、体系化されていくことになります。

差はあるのですが、神話は王権の正当性を約するものとして、公にされていった。

メソポタミア文明のハムラビ法典(図D)では、王に権威を与える人格神が表現されている。

無文字社会の神話では、多くが動物や自然そのもの(山河草木)が神であった。

例えば、エジプト文明の神々(図E、ホルス神)は動物の頭を有する人物像が多いのはその名残でしょう。

 

また初期には人格神を人物で表現することに抵抗があった。

ユダヤ教とイスラム教は偶像禁止であり、キリスト教も初期はそうでした。

儒教も仏教も、本来、宗祖(孔子、釈迦)は自分が神格化され、像に彫られることを望まなかったでしょう。

当然、初期教団の弟子や神官・僧侶は偶像化を拒否したはずです。

 

 

What is important?

The beginnings of humanized divinities in each place seem to occur almost at the same time when the religion suddenly awakes.

Crossing the dividing line of this time, god statues being different from older human statues begin to be born.

Actually, the boundary will be an inarticulate one.

For example, Buddhist statue and Hindu statue of India were so.

The religion has been systematized, the religious scripture has been established and idolization has been permitted, subsequently, the birth of god statue seems to occur almost.

The idol expression of competing religion and different civilization seems to influence this beginnings.

 

From the next time, I examine the beginnings of China.

 

 

何がポイントなのか

各地の神像の始まりは、概ね宗教が急激に覚醒する時期に重なるようです。

この時期を境にして、古くからある人物像とは異なる神像が誕生し始めることになる。

実際には、その境目は不明瞭なものでしょう。

 

例えば、インドの仏像とヒンドゥー神像がそうでした。

神像の誕生は概ね、その宗教が体系化され、経典が成立し、偶像化が許容されてから起こるらしい。

その切っ掛けに、異なる文明や競合する宗教の偶像表現が影響するようです。

 

次回から、中国について見ていきます。

 

 

Categories: culture+society, <english language, <japanese language, Series: Go around the world of Buddha statues | Tags: , , , , , , , | Leave a comment

Blog at WordPress.com.

konleeblog

We learn the most interesting and exciting things in the whole world especially for you

Having a ball in Japan

Football as the catalyst to travel Japan

Schnippelboy

Ein Tagebuch unserer Alltagsküche-Leicht nachkochbar

Elli in Japan

Working Holiday in Japan

Neha Kundapur

Journey of a creative soul

anansi2050

Deep Thoughts and Ideas

99 Industrial Mart Blog

best industrial products manufacturers, suppliers, exporters and importers in India

Amazing Tangled Grace

A blog about my spiritual journey in the Lord Jesus Christ.

ハワイ旅行ブログ

ハワイ旅行のあれこれ

狂ったトウモロコシ

経過報告とか記録が主のコンテナ

The Story Factory

Dismantling my heart

旅するモデル

中西大樹の旅日記〜日本一周編〜

穏やかな日々

穏やかな日々の実現のために!!

DRS International School

Strive to Surpass

The Forest Dweller

Full of knowledge and inspirations

Cindyk

Lakukanlah sesuatu dengan keyakinan 😎

温泉大好き!温泉人間です。

温泉大好き!温泉ソムリエです。

Safira's Journey

Create Your Own Happiness