中国の外縁を一周して 45: 昆明を訪ねて 1


1DSC00778-1

*1

 

 

最後の訪問地、昆明を2泊3日で巡ります。

訪れたのは2019年10月27日(日)~29日(火)でした。

今回は、昆明中心部の翠湖公園と飲食街・ショッピング街(昆明老街。南屏街)を紹介します。

 

 

2map

< 2. 昆明の訪問地、上が北 >

 

上: 私が訪れた所

赤枠A:翠湖公園と昆明老街・南屏街、赤四角B:雲南省博物館、赤枠C:雲南省民俗村と滇池海埂公园、赤枠D:西山風景区の龍門石窟、

S:列車の昆明駅、H:ホテル、黒矢印:昆明空港(ここから直行便で帰国)

昆明へは新幹線(黒線)で来ました。

空港へはホテルの前からのリムジンバス(茶色線)で直行出来ました。

 

昆明内の移動は全て公共機関のバスと地下鉄を利用しました。

昆明の観光では、一切通訳ガイドを付けず、自ら全てを行うようにしました。

北京もそうでしたが、北京は2回目であったし、開封は狭い範囲の移動でしたので、ほぼ問題無く観光出来ました。

昆明で、帰国日、一度バスを乗り間違いしたが、無事リカバリー出来ました。

 

 

下:上記の赤枠Aの部分を拡大

赤枠E:翠湖公園、赤枠F:昆明老街、赤枠G:南屏街

黒矢印:昆明駅、H:ホテル、昆明锦江大酒店

 

 

3

< 3. 翠湖公園に向かう >

 

27日(日曜日)、16時過ぎにホテル近くからバスに乗り、公園の近くの通りで降車した。

高層ビルの住宅街を抜けると、公園の門が見えて来た。

 

 

4

< 4. 翠湖公園に入る >

 

公園の門の周辺には多くの市民がおり、さらに公園から多くの人が出て来た。

ここに来ると急に民族衣装が増えて来た。

 

私がここを訪問したいと思ったのは、この公園が市民の憩いの場であると知ったからです。

訪れてみると予想以上の光景を見て、得るものがありました。

 

上: 公園から一団が揃って出て来た。

何かが行われている予感がした。

 

下: 門を抜けて真直ぐ進む。

 

 

5

< 5. 広い公園内は踊り手で一杯でした >

 

様々な少数民族の衣装を身に纏った人々が、集団で踊りに興じていた。

それを見入る多くの市民が彼らを取り囲んでいた。

 

衣装の識別が分からないのですが、概ね5から6組の少数民族の違いがあるようでした。

遊牧民族系のシンプルな衣装から、山岳民族の刺繍が凝らされた極彩色の衣装までありました。

 

 

6

< 6. イ族のグループ >

 

頭の冠にぼんぼりを付けたのはイ族と思われます。

このグループは幾つにも分かれて大きな輪になって踊っていた。

 

私が感動を覚えたのは、老若男女が共に民族衣装に身を正し、公然と誇らしく踊っていることでした。

けっして見世物では無く、自らの出自を恥じることなく、和気あいあいと行っている。

 

私が中国に「民族差別が中国崩壊の導火線にならないか?」との疑念を抱いてやって来たが、ここには答えが明瞭に示されていた。

開封や蘭州の回族についても、見た限りでは問題を見つけることは出来なかった。

中国政府は少数民族の扱いをうまくやっていると感じた。

もっとも蘭州の西隣り、新疆ウイグル自治区のウイグル族やチベット族については分からなかったが。

 

 

イ族は中国全体で7番目に人口が多く、雲南省最大の少数民族で、雲南省の11%を占める。

もともと雲南省で、漢民族が占めるのは67%にしかすぎず、残りを27%を7つの少数民族で占めている。

 

彝族(イ族)は、かつて蔑称の「夷」が通称であった。

「夷」は漢民族の中原からみれば古来より蛮族の一つでした。

イ族は中国西部のチベット族、納西族、羌族の先祖古羌の子孫ともいわれる。

彼らは南東チベットから四川を通り雲南省に移住してきており、現在では雲南に最も多く居住している。

「羌」は成都で紹介した紀元前1千年紀の金沙遺址や三星堆遺跡の住民でした。

 

 

 

7

< 7. 公園内の中央の通りに出た >

 

 

8

< 8. 通りを進み橋に出た >

 

これで公園の中心を南から北にほぼ抜けた。

この公園には幾つもの池があり、幾つもの島を橋と道で結んでいる。

 

 

9

< 9. 橋の上から >

 

周囲は高級住宅街でしょうか。

 

 

10

< 10. 公園の北門を出て >

 

バスに乗るために雲南大学の前の通りに向かう。

 

上: 公衆トイレ

今回の旅行で始めて使った街中の公衆トイレ、駅や観光施設内のトイレは使っていたが。

事前に日本で、散策ルート上のトイレをチェックしていて、中国のトイレは急速に整備が進んでいることを知ってはいたが、良くなっている。

綺麗で、無料で、数も沢山あるようだ。

 

昔、奥地の桂林や客家土楼の観光で経験した酷いトイレは今回の旅行ではなかった。

 

 

11

< 11. バスに乗って >

 

繁華街に向かう。

 

 

12

<  12.昆明老街周辺 >

 

昆明老街の一つを北から南に向かって歩いた。

数本ある中で、ここが最も古い佇まいが残っているようでした。

ここで夕食をとることにした。

 

上: 通り

 

中央: この店に入る

 

下: 店の中のテーブル席

開放的で凝った店内でした。

 

 

13

< 13. 店の中 >

 

上: 厨房の様子

 

中央と下: 頼んだ料理

中華料理と言っても、今回の旅行では私が日本でよく食べる中華料理にはほとんど出くわすことはなかった。

味も見栄えも様々で、けっこう楽しめた。

 

 

 

14

< 14. 店を出ると >

 

店を出たのは19時前、辺りはもう暗くなっていた。

1kmほど歩いて南屏街まで行く。

 

下: 繫華街の中心、南屏街。

幾つかのショッピングセンターやデパートを覗く。

出たのは20時頃でした。

 

ここは歩行者天国になっており、近くのバス停でバスを待つ。

バスは頻繁に来るのですが、思う行先のバスがなかなか来ない。

さすが大都会です。

 

 

15

< 15.バスに乗ってホテルへ >

 

やっとバスに乗り、ホテルに近いバス停を降りて、ホテルに向かう。

ホテルに到着したのは21時頃でした。

 

下: ホテル

便利で居心地が良く、高くないホテルでした。

 

 

公園の踊りのビデオで、約10秒間ほどです。

 

次回に続きます。

 

 

 

Categories: culture+society, 連載 中国の外縁を一周して, <japanese language, travel+photo, uncategorized | Tags: , | 5 Comments

Post navigation

5 thoughts on “中国の外縁を一周して 45: 昆明を訪ねて 1

  1. The colourful costumes of China are beautiful. I also love to eat Chinese food. Kind greetings from Moscow to Japan.

  2. 翠湖や昆明老街が懐かしくなりました。翠湖で民族衣装を着た人たちに私はまだ会ったことがありませんので、次に昆明へ行ったら楽しみにしています。

    • あなたは中国全体に関心があるのですか、それとも雲南が特に好きなのですか? 歴史や民族などの何かにこだわりがあるのですか? 私は色々関心が広がり過ぎて、深まることがないです。

      • こんばんは。私は中国も雲南省も好きです。奈良に埋まらないで育ったこともあり、中国には悠久な歴史を感じてきました。aquacompassさんの旅行記は日記のように細かく、一つ一つの記事に深みがありますよ。コロナがマシになれば私もまた中国へ行きたいです。

      • 返事をありがとう。中国の旅行記を楽しみにしています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a free website or blog at WordPress.com.

Aim 優美聡明

夫婦・日常・色々な事を書いていきます・・・

LIF:E - Love Is For Everyone

Pondering the present, while forgetting about the future and realising the past.

COLORFUL SISTERS

Traveling Fashion Designers 🌼

忍者くんのおススメでござる。

アマゾン流派の忍者でござるよ。

ばしブログ0314

東京の風景や日常、株式投資のつぶやき 

ゆたかなおなか

#元公務員 #早期退職 #52歳 #遠回りの人生

K's Travel Channel

躁うつ患者の旅

神様が先生:福田泰志 ( ふくだやすし )

萩市にメシアが現る。アーメン。日本共産党(しんぶん赤旗)・宮内欣二・五十嵐仁美、林哲也、を応援します。(持つべき者は友達だ)

Life...

What Life is all about

わが心はタイにあり Love Thailand

タイの文化と自然に魅せられて

Rtistic

I speak my heart out.

MiddleMe

Becoming Unstuck

COREspot

北海道の絶景をご紹介‼︎

NABE猫ブログ

NABE猫です。経済学、経営学、マーケティングを始めとした科学的な知識を総動員して、オリジナルのアイデアを提供していきます。アイデアの課題は、お金を稼ぐことです。稼げるアイデアを皆さんに!

%d bloggers like this: