The society and the information 55: News media has fought 12


社会と情報 55: 戦った報道 12

1 戦車大展覧会

< 1. A tank exhibition hosted by Asahi Shimbun in 1939 >

< 1. 朝日主催の「戦車大展覧会」、1939年 >

 

From this issue, I examine the background that Japanese newspapers changed from pacifism to a favor of war.

This is a difficult problem, but I want to prevent only silly misunderstanding.

 

今回から、新聞が戦争反対から賛成へと転向した背景を考えます。

これは難題ですが、つまらない誤解だけは解きたい。

 

Preface

I wrote this article “News media has fought” because a man told me “Asahi Shimbun (newspaper) aided the war in those days”.

The conversion of the newspaper that represented anti-authority medias was surely a greet loss to people.

 

By the way, about this Japanese war, there are two extreme views.

A: Japan reluctantly moved into the continent for defense and strove for prosperity together with other race, but was trapped by the United States at last and suffered serious damage.

B: The old structure that had been symbolized by the Imperial system made the invasion of the Asian continent fanatical and impossible to restrain. And Japan caused serious damage at home and abroad.

 

Both include a truth, but these seem to be too unilateral.

Strangely, the person who criticized “the conversion of Asahi Shimbun ” has the opinion of A.

In other words, it has contradiction about criticizing the favor of war, and is merely problem of likes and dislikes.

However, in the underlying background of this criticizing, there is lack of understanding about “News media is forced into silence in the process that a nation advances to the war”.

 

When considering the world situation in those days, it can’t be denied that Japan was rescued from an invasion by achieving immediately the wealth and military strength of our nation.

(But, there are also countries that protected own independence by different ways in the same period, such as Thailand and Switzerland.)

 

We can’t avoid huger disaster that we may invite again without reflecting on that our nation invited the huge disaster at home and abroad.

All world history of warfare shows it.

 

 

はじめに

私がこの「戦った報道」を書いたのは、ある人から「当時の朝日新聞は戦争に加担した」と指摘されたことが一つの切っ掛けでした。

確かに反権力を代表した新聞の転向は痛恨の極みだった。

 

ところで日本の戦争について、大きく両極端な考え方があります。

A: 日本は防衛上やむなく大陸へ進出し、他民族との共栄を図ったが、ついには米国の罠に掛かり甚大な被害をこうむった。

B: 天皇制に象徴される古い体質が、大陸侵攻を狂信的で歯止めの効かないものにし、日本は周辺諸国に甚大な被害を与えた。

 

どちらも一理ありますが、一方的過ぎるようです。

不思議なことに、「朝日の転向」を非難した人はAの意見なのです。

つまり戦争加担を批難することに矛盾があり、単に好き嫌いの問題にすぎない。

しかし、この指摘の背景には「国が戦争へと進む過程で報道が沈黙させられる」ことへの無理解があります。

 

当時の世界情勢を考慮すれば、日本がいち早く富国強兵を達成したことにより国民を侵略から救った可能性を否定出来ない。

(もっとも、同時期、タイやスイスのように別の方法で独立を守った国もある)

しかし内外に甚大な被害をもたらし、たとえ国民の思いと異なったとしても侵略したことへの反省がなければ再び大きな災いを生むことになる。

これは世界の戦史が示すところです。

 

2 軍国主義

  • * 2

 

The reason that Asahi Shimbun aided this war

Because Asahi Shimbun wrote the reason in the book of “newspaper and war”, I use it as a reference.

I classified these reasons into three groups.

1A: News regulation and oppression by the government.

1B: Violent threat by the military, police, or right wing.

 

2A: Boycott campaign of Asahi Shimbun.

2B: The war coverage and the admiration for war attracted people’s attention.

2C: Newsperson became patriotic oneself.

 

3: The cooperation of military is indispensable for the information acquisition at battle area.

 

朝日が戦争に加担した理由

朝日新聞が「新聞と戦争」にその理由を書いていたので、これを参考にします。

 

理由を三つに分類しました。

1A:政府の報道規制と弾圧(新聞発禁、新聞紙配給制限、記者逮捕、記事検閲)。

1B:軍や警察、右翼の暴力による脅迫。

 

2A:朝日新聞の不買運動。

2B:戦争報道と戦争賛美は国民の注目を浴びた。

2C:記者自身が愛国的になった。

 

3:戦地での情報取得には軍の協力が不可欠。

 

3 治安維持法

< 3. Peace Preservation Law enacted in 1925 >

< 3. 治安維持法成立、1925年(大正14年) >

 

I add some explanation.

1A and 1B were reasons of the maximum that newspaper must convert.

The oppression was severe, and it became impossible even to report the actual situation.

As a result, to continue the true report meant that the newsperson was sacrificed and injured, or had to leave before it, and the newspaper only closed it

For a long time, the oppression had strengthened, but Peace Preservation Law enacted in 1925 came to stop their resistance finally.

The government officials not only used violence directly but also assisted violence by no arresting the right wing that penetrated into a newspaper office with having swords.

 

The people knew a part of the oppression and violence, but public opinion to stop it did not increase.

 

2A-C means the whole change of the society, and if it didn’t occur, the result would be different.

The social trend became exclusive, came to wish Japan’s advancement to the continent, and came to accept the domestic control.

 

3 is a peculiar problem of the war coverage, it continues to happen in the world.

The dilemma for news media to report truth has always been balancing military’s cooperation with military’s control.

 

This continues next time.

 

 

少し説明を加えます。

1A、1Bは新聞社への弾圧で、転向せざるを得ない最大の理由でした。

弾圧は過酷で、その実態を報道することすら不可能になっていました。

結局、真実の報道を続けることは記者が死傷するか辞めるかであり、新聞社は廃業する以外に道はなかった。

弾圧は以前から強まっていたが、止めは1925年の治安維持法発効で、1928年には同法に死刑が加わり、また憲兵隊に思想係がおかれ、警察に替わって徹底的な弾圧が行われるようになった。

政府批判を封じ込める弾圧は報道機関だけでなく議会にも及び、社会全体に浸透していった。

1Bでは、官憲は直接に暴力を振るうだけでなく、刀剣を持ち新聞社に乗り込む右翼分子を放任することで加担した。

 

国民はこの弾圧や暴力の一部を知ってはいたが、これを止める世論が高まることはなかった。

 

2A、B、Cは社会全体の変化で、もしこれがなければ結果は違ったことになっていただろう。

2Aについては組織的な煽動もあるが、社会の風潮は排他的になり、大陸進出を望むようになり、国内の統制も容認するようになっていた。

 

3は戦争報道特有の問題で、今も世界で起こり続けています。

報道が軍の協力を得ながら、その圧力に抗して真実を伝えることにはジレンマがあります。

第二次世界大戦時の独日米英の戦争報道には大きな差がありました。

そこには、長年築き上げた国民の報道意識の差が反映していたようです。

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories: culture+society, history+evolution, <english language, <japanese language, Series: The society and the information | Tags: , , , , , , | 2 Comments

Post navigation

2 thoughts on “The society and the information 55: News media has fought 12

  1. chicochhna

    久しぶりにこちらにコメントします。昨今の言葉狩りや政府による新聞各社や放送局への介入、国民の中に一部狂信的な嫌韓反中機運の高まりが目立つようになり(これを焚き付ける一部売り上げ至上主義の出版新聞社の加担も)、米国一辺倒の安全保障政策支持へと繋がっているように思えます。外交は停滞を余儀なくされ、一方の近隣諸国(ロシア、韓国、北朝鮮、中華)には足元を見られたり、歪な教育政策の結果不必要な軋轢を生み出されています。きな臭さは増すばかりですが、戦前とは違い情報が世界中を駆け巡り各国政府が不都合な事実を隠蔽しようにも、ウィキリークスを始め玉石混淆の情報ソースをてにいれることが可能になりました。ここは腰を落ち着けて難局に立ち向かいましょう。

    • コメントありがとうございます。私の周辺では、田舎のせいか保守的傾向が強くなり、マスコミの扇動に乗りやすい状況にあります。それで、少し不安なものですからがんばっています。ご助言ありがとうございます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Crafting Zone

Untuk bisa bertahan di dunia yang penuh dengan persaingan, menjadi kreatif adalah salah satu pilihan. So be creative yourself

ベルリンスタイル

ベルリン在住21年の筆者が、育児や仕事についてあれこれ書いています。

cocinaitaly

comida italiana

wanderlustplusone

Blog about the fun of travelling with children to weird and wonderful places across the world.

Musings of PuppyDoc

Poetry Behind a White Coat

Aotea Media

Photography | Promotion | Social Media | Creative Concepts | Graphic Design | Marketing | Video production | Video Marketing

Cradle of Joy

Food, Reviews and much more

Azzalea Arsyidna

Jika Kau Sedih Tersenyumlah dan Jika Kau Bahagia Tertawalah "AISHI-B217AN"

太郎

政治 風景 映画 芸能 有名人 ニュース 健康 医療 文化 放射能 中高年

Life in Minutes

Living in the moment

Indian e Tourist Visa

e tourist visa for India, ETV India, Urgent Tourist Visa for India, Visa online, e-Tourist Visa process

%d bloggers like this: